看護師転職での失敗例とは?失敗したと思う実例と失敗しないためのポイントも紹介

編集者
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

人間関係が悪い、過酷な労働環境、医療や医師の質が低いなどの理由で「転職したい」と考える看護師は多いでしょう。しかし、転職を考えるなかで下記のような不安や悩みを抱えている方も少なくありません。

今の勤務先から転職したいけど、転職が成功するか不安

転職に失敗し、働く環境や条件が悪くならないか心配

転職に失敗しないコツを知りたい

そこでこの記事では、転職を考えているものの不安で踏み切れない看護師の方のために、失敗しない転職のコツや注意点などを解説します。

看護師におすすめの転職サイト5選
サイト名 評価 強み

レバウェル看護

レバウェル看護

4.8

アドバイザーの対応No,1の転職サイト。充実のサポートで納得のいく転職を実現できる。

ナース人材バンク

 

ナース人材バンク

4.5

保有求人数No.1の転職サイト。まずは登録しておきたい転職サイト。

マイナビ看護師

マイナビ看護師

4.5

利用者満足度96%を誇る大手マイナビグループの転職サイト。

ナースではたらこ

 

ナースではたらこ

4.3

病院からのスカウトが受けられる!最短1か月で転職可能!

看護師ワーカー

看護師ワーカー

4.0

好条件の非公開求人多数!専門のアドバイザーが徹底支援

 

目次

看護師が転職に失敗したと思う主な理由

まず、看護師の方が「転職に失敗した」と思う主な理由としては以下の4つが挙げられます。

  • 人間関係が悪い
  • 過酷な労働環境
  • 給料・給与が下がった
  • 勤務条件や業務内容が違った

それでは、ひとつずつ見ていきましょう。

人間関係が悪い

看護師に限らず、転職先の人間関係が悪いと転職に失敗したと感じる人がほとんどです。

求人票や公式サイトではなかなか情報が入手できない人間関係については、実際に入社してからその違和感に気付くことになります。
どんなに条件が良く、やりたい仕事であっても人間関係が悪ければ気持ちよく働けません。

陰口を言われる、悪い噂を流される、パワハラがある、新人だからといってきつく当たられるなど、人間関係の悪さが当たり前になってしまっている職場に転職してしまった場合は、特に転職に失敗したと感じてしまう原因になるでしょう。

特に小さなクリニックなどの場合、人間関係が限定されるため、うまくいかないと勤務そのものが精神的につらくなってしまうことがあります。

過酷な労働環境

看護師は、サービス残業を強いられることが多かったり夜勤が多かったりと、過酷な状況で働いている人も多いです。

また、シフト制で生活が不規則になってしまう上に休みも取りにくく、精神的にも身体的にも大きな負担を感じてしまう方もいるでしょう。

転職先が慢性的な人手不足だった、転職をしたことで前の職場よりも過酷な環境になってしまったという場合は、転職を後悔するケースも見られます。

給料・給与が下がった

せっかく転職したのに給料が下がってしまうと「転職に失敗した」と感じてしまう方がほとんどでしょう。

とくに、賞与は経営状況により大きく変動するため、転職の際に聞いていた額よりも少なくなってしまうことも考えられます。また、転職直後は賞与が出ないという勤務先もあるため、予想よりも給料が減少してしまったというケースも想定されます。

勤務条件や業務内容が違った

事前に確認していた求人の情報と実際の勤務条件が違う、というケースもあります。

例えば、求人の情報では教育環境も整っていて自分のペースで学べるという職場であっても、実際に入ってみると慢性的な人手不足で、即戦力として期待されていたというケースもあるでしょう。
その場合、事前に聞いていた内容と業務内容が大きく変わり思っていたような仕事ができず、転職に失敗したと感じることがあります。

転職に失敗した看護師のリアルな声

ここで、実際に転職に失敗した看護師の、リアルな声を事例としてご紹介します。

看護師を辞めたいです。

看護師3年目です。急性期の総合病院で働いていましたが激務で体調をずっと崩しており退職。人材会社を経由して地元の小さい病院に就職し2ヶ月経ちました。人間関係は良く皆さん優しいのですが年齢層が高く(30代後半以上)全く馴染めません。また就職前に聞いていた内容と違う業務内容もあり、正直続けていく自信がないです。

そもそも看護師を辞めたいと日々思っていてツラいです。

使用期間が3ヶ月なのでその間に辞めた方が良いのではと思う一方、人材を使って早期退職は文句を言われることもあると聞くので悩んでいます。

また2.3ヶ月で辞めてしまうとやはり次の就職活動にも影響があるのでしょうか。

引用元:YAHOO!知恵袋

聞いてください。

介護施設に転職して、5日目なんですがすでに辞めたいです。理由はパートで短い間の勤務なのですが、残業が毎回当たり前のようにあり、まわりはサポートしてくれません。最初は勉強だと思ってとかなにかしらいいくるめられて帰る時間にあわせてわざわざ20分くらいかかる仕事をふられます。それに記録の時間は空いてる時間にかくように言われてたのですが、空いてる時間なんてなく、退勤前にかくのですが担当がたくさんいるので時間におわれます。

落ち着いて空いた時間があったのでかいてたら今記録なんてする時間でないといわれ、結局あとまわしにされます。残業申請はできません。もう辞めたいのですがそこは2ヶ月前に退職届けをかかないと通らないとこらしく2ヶ月も続けられないと感じてます。辞められる理由とかありますか?

引用元:YAHOO!知恵袋

相談です!看護師で試用期間1週間しかたっていませんが、退職したいと思ってます。

どういう段取りで退職したらいいのか悩んでます!

看護師として新しい職場(外来のみの小さな病院)に再就職し、1週間たちましたが退職したいと思ってます。

理由としては、そこの医師の考え方と自分の考えが違うこと、

すぐにちょっとしたことで周りのスタッフに当たり散らしたり、患者さんの前でも気にせずスタッフに対して怒ったり文句をいう、

少しの時間ロスも許されない為早くしろとせかす。

せかすから、ミスがでる。ミスするからまた怒る。怒られるから早くしようと焦る。焦るからまたミスする。の悪循環。

忙しいのはわかりますが、それってどうなの・・・。

毎日雰囲気悪く、怒られないようびくびくしながら働いているスタッフを見てて

自分はこんな医師にはついて行きたくないと感じました。

やめるのであれば、時間を割いて指導してくれている人達にも迷惑なので、一刻も早く退職したいと思ってますが、こんな短期での退職が初めてなのでどういった段取りで退職したらいいのか悩んでます。

誰に申し出たらいいのか?主任さん?医師?

ちなみに面接を担当していたのは代表取締役社長とかいう人でこの人は常に病院内にはいない人ですが、面接担当してるくらいなのでこの人に言ったらいいのか?

混乱です(+_+)

もう出勤はするつもりはないので、明日の朝に電話で事情を話したいと思ってますが、

やっぱり電話での申し出は失礼でしょうか?

カギなど返品しなくてはいけないものなどあるので、1度は行くことになるとは思いますが・・・。

意見をお願いします(_ _)

引用元:YAHOO!知恵袋

23歳、看護師です。中途入職して、1ヵ月経ちました。

中途ですが、新卒(未経験)ということで

・教育体制のしっかりしている病院

・急性期に強い(急性期に興味があったので。)

この2点で病院を探し、決めました。

教育はプリセプターにも付いて頂き、他の看護師さんも親切、丁寧に教えてくれます。

ただ、面接時には救急の受け入れも多く、急性期が勉強出来ますよ!との話でしたが、、、実際は非常に高齢者が多く、ベッドのほとんどは寝たきりの患者さんが占めており、療養に近い雰囲気です。

人間関係で悩むことが多いだろう看護の現場で、今の病棟は凄く恵まれてると思います。ただ、自分が勉強したい分野となると違ってきます。数か月で辞めてしまうのはもったいないと思いますか?それとも、疑問を抱えつつ勤める今が、もったいないでしょうか。

勉強したい分野に本当に強い病院をまた探すべきでしょうか?

社会人として、客観的にみて、どう感じるのか教えてください。m(- -)m

引用元:YAHOO!知恵袋

また、Twitterでは「自力で転職活動をして後悔した」という声が見られました。

転職先がすぐ決まらない看護師の特徴

転職活動をしているにも関わらず、なかなか就職先が決まらない看護師もいます。

すぐに転職先が決まらない場合、もしかすると下記の特徴に当てはまっているかもしれません。

  • 主体性がない
  • 転職意思が明瞭でない
  • 情報収集をしていない

ここからご紹介する各特徴を確認し、自分の状況と照らし合わせてみましょう。

主体性がない

主体性がなく、なんでも人の意見を鵜呑みにしてしまったり、人任せになってしまったりする人は転職がスムーズに進みにくい傾向にあります。

人の意見を素直に聞き入れることは良いことですが、あくまでも参考として聞いた上で自分自身でしっかり考え、自分で責任を持って決断し行動することが大切です。

転職意思が明瞭でない

「なんとなく転職しようと思っている」「転職できれば何でも良い」など、転職に対する意思が明瞭でない場合も注意が必要です。

転職したい理由が明確でなければ、せっかく転職してもまた同じように転職したいと思う状況に陥ってしまう可能性が高くなります。

また、転職の軸がぶれやすいため、自分が本当にやりたい仕事を見つけにくく、転職活動が難しい状況になることもあります。

情報収集をしていない

転職先について事前の情報収集が足りなかったもしくはしていない、という方は転職を失敗してしまう可能性があります。

例えば、求人に記載のある内容だけで判断し、情報が少ないまま転職活動を進めてしまうと、転職が決まったとしても「思っていた働き方と違う」「希望条件がかなわなかった」などのミスマッチを感じ転職したことを後悔してしまうかもしれません。

このような事態を防ぐためにも、転職先の情報を調べたうえで転職活動を進めることが大切です。

看護師が転職に失敗しないための仕事の探し方

同じキャリアや職歴であっても、転職活動の進め方次第で、成功するか失敗するかが大きく変わってきます。

そこで、看護師が転職に失敗しないための仕事の探し方を、下記のポイントでそれぞれ解説します。

  • 入念に情報収集をする
  • 転職サイトを複数活用している
  • キャリアアドバイザーから情報を入手する
  • 同時進行で複数に応募する
  • 応募先に合わせて志望動機を書く 
  • 転職する理由と自分の強みを明確にする

入念に情報収集をする

転職先の情報を、できる限り細かく入手しておくことは、失敗しない転職のための欠かせないポイントです。

求人票に記載がある情報は最低限な場合もあり、実際の勤務は異なることもあるため入念な情報収集を行いましょう。

  • 仕事内容
  • 待遇
  • 年収
  • 医療方針
  • 理念
  • 職場の雰囲気
  • 人間関係

これらについて、実際の情報を把握することが大切です。

実際に働いている人や患者の口コミや評判を確認したり、実際に施設へ出向いて職場見学をしたりしてみましょう。

転職サイトを複数活用する

転職サイトはそれぞれで独自の案件を掲載していたりするため、複数活用すると転職先の選択肢を広げることができます。

選択肢が多ければ、自分の希望に合う転職先を見つけやすくなるため、とても効果的です。

また、複数の求人を比較することで、より条件の良い勤務先を見つけやすくなることもポイントです。同じ勤務先でも、転職サイトによって情報量が異なることもあるため、じっくり比較検討してみましょう。

キャリアアドバイザーから情報を入手する

転職エージェントに登録すると、キャリアアドバイザーのサポートを受けることができます。

履歴書や職務経歴書の添削や面接対策だけでなく、転職先の内部情報を得られることがメリットです。

一般的にはなかなか知ることができない内部のリアルな人間関係や仕事の雰囲気なども、キャリアアドバイザーなら知っている可能性が高いでしょう。

また、キャリアアドバイザーがいれば、ちょっとした質問も気軽に聞くことができるので、安心して転職活動を進められます。

看護師におすすめの転職サイト5選
サイト名 評価 強み

レバウェル看護

レバウェル看護

4.8

アドバイザーの対応No,1の転職サイト。充実のサポートで納得のいく転職を実現できる。

ナース人材バンク

 

ナース人材バンク

4.5

保有求人数No.1の転職サイト。まずは登録しておきたい転職サイト。

マイナビ看護師

マイナビ看護師

4.5

利用者満足度96%を誇る大手マイナビグループの転職サイト。

ナースではたらこ

 

ナースではたらこ

4.3

病院からのスカウトが受けられる!最短1か月で転職可能!

看護師ワーカー

看護師ワーカー

4.0

好条件の非公開求人多数!専門のアドバイザーが徹底支援

 

同時進行で複数に応募する

転職先の希望をひとつに絞って進めてしまうと、採用に至らなかった場合にまたゼロからのスタートとなってしまいます。

採用に至らないケースが続くと、転職に対するモチベーションも下がり、なかなかスムーズに進まなくなることもあるでしょう。

そこで、同時進行で複数の求人に応募することがおすすめです。

複数の求人案件に応募しておくことで、万が一、応募先のうち1件が不採用となった場合でも他の応募先に期待を持つことができます。

効率的に転職活動を進めることができ、転職活動期間も短くすることが可能です。

応募先に合わせて志望動機を書く

志望動機は、一般的でどこでも通用する内容ではなく、応募先に合わせて記載内容を検討する必要があります。
数ある求人から、なぜその企業に応募したのかが明確でなければ、採用されにくくなるためです。

「応募先の経営理念や医療方針に共感した」「御社の特徴である○○こそ自分のスキルを活かせると考えています」など、その企業でなければならない内容にすることがポイントです。

転職エージェントを利用している場合は、キャリアアドバイザーにアドバイスをもらうのも有効です。

転職する理由と自分の強みを明確にする

なぜ転職をしたいのかという理由は、必ず明確にしておく必要があります。

キャリアアップのためなのか、自分が目指す看護師像に近づくためなのか、給料をアップさせるためなのかなど、具体的な理由が必要です。

これは転職する際の軸となるため、焦らずじっくりと考えてみましょう。また、自己分析をして自分の強みをハッキリさせておくことも欠かせません。

自分の強み、弱み、スキル、実績、看護師像などをどんどん書き出し、自分を客観的に見つめ直してみましょう。

転職で後悔したくない看護師におすすめの転職エージェント

転職で後悔したくない看護師におすすめしたい転職エージェント5社をご紹介します。

それぞれに特徴があるので、自分に合うエージェントを選ぶことが大切です。また、1社だけでなく、複数社を利用するのもおすすめです。

ナース人材バンク

ナース人材バンク

年間10万人以上の看護師が利用していて、利用者満足度が97%ととても高いのが、「ナース人材バンク」です。約4万件の求人数を誇り、地域専任のキャリアパートナーが希望に合うものを紹介してくれる仕組みです。

キャリアパートナーは、給与や勤務条件の交渉なども行ってくれるため、より希望に合う勤務先を見つけられるでしょう。

拠点は全国に13ヶ所あり、キャリアパートナーは、それぞれの地域の医療機関や交通手段にも精通しています。

求人数が多いからこそ、貴重な求人に出会える可能性があることも、魅力のひとつです。

【参考記事】ナース人材バンク

レバウェル看護

レバウェル看護

レバウェル看護は、非公開求人を含めると約12万件もの求人数を保有する、日本最大級の看護師転職に特化したサイトです。

LINEで求人情報を受け取ったり相談したりすることができる手軽さと、丁寧なサポート力が魅力です。

在籍しているキャリアアドバイザーは、転職理由や将来のキャリアプランなどをしっかりヒアリングしてくれ、転職後もしっかりアフターフォローしてくれます。

年間4,000回以上もの職場訪問を行っているため、職場の実際の雰囲気や医療方針だけでなく、辞めることになった人のリアルな声まで情報を集めていることもレバウェル看護の特徴です。

全国に11の拠点があり、特に病院や介護施設、訪問看護の求人が多く掲載されています。

【参考記事】レバウェル看護

マイナビ看護師

マイナビ看護師

転職業界大手の株式会社マイナビが運営する「マイナビ看護師」は、幅広い求人を保有していることが特徴です。

非公開求人も含めると8万件以上を保有していて、一般的な病院でのお仕事だけでなく、一般企業やトラベルナースなど、数多くの求人に出会えます。

職場の雰囲気や人員体制などの情報を徹底的に収集していることもあり、転職後のミスマッチが起きにくいことも、マイナビ看護師の特徴です。

キャリアアドバイザーによる履歴書の添削や面接対策はもちろん、転職先が決まったら現職の退職交渉までサポートしてくれることも見逃せません。

好条件で高待遇の求人だけでなく、レアな求人も保有しているため、転職の選択肢を広げるのに最適と言えるでしょう。

【参考記事】マイナビ看護師

看護師ワーカー(旧 医療ワーカー)

看護師ワーカー

転職サポートに定評がある「看護師ワーカー(旧 医療ワーカー)」は、全国31ヶ所に事業所を構える看護師専用の転職エージェントです。

365日、電話での問い合わせを受け付けているほか、面接へ同行してくれるなど、手厚いサポートが魅力です。

約5万8,000件の求人は、非公開求人情報も含めてメールで受け取れる手軽さも看護師ワーカー(旧 医療ワーカー)の魅力となっています。

特に首都圏、関西エリアの求人が多く、Webでカウンセリングができることも特徴です。

【参考記事】看護師ワーカー(旧 医療ワーカー)

ナースではたらこ

ナースではたらこ

大手人材会社であるディップ株式会社が運営している「ナースではたらこ」は、看護師専門の転職サイトです。

特徴的なのは「逆指名システム」で、自分から気になる応募先にアプローチできる仕組みです。

本来であれば選ばれるのを待つのが一般的な転職活動ですが、逆指名システムを利用すれば自分から積極的にアピールすることができます。

また一人ずつにキャリアアドバイザーがつき、相談や求人紹介、書類の添削や面接対策までを手厚くサポートしてくれます。

「あんしんサポート窓口」ではキャリアアドバイザーに関する悩みを相談できることも、大きな特徴です。

求人数は約1万4,000件で、対象地域は全国となっています。

【参考記事】ナースではたらこ

まとめ

看護師の転職は、主体性がなかったりブランクが長かったり、転職回数が多かったりすると失敗しやすい傾向にあります。

成功させるためには、自分の強みや転職の軸を明確にする他、事前にしっかり情報を収集して自分に合う転職先を選ぶことが欠かせません。

また、転職サイトや転職エージェントを利用することもおすすめです。

複数のサービスを利用することでより効率的な活動ができるので、転職を成功させるためにぜひ活用してください。

看護師におすすめの転職サイト5選
サイト名 評価 強み

レバウェル看護

レバウェル看護

4.8

アドバイザーの対応No,1の転職サイト。充実のサポートで納得のいく転職を実現できる。

ナース人材バンク

 

ナース人材バンク

4.5

保有求人数No.1の転職サイト。まずは登録しておきたい転職サイト。

マイナビ看護師

マイナビ看護師

4.5

利用者満足度96%を誇る大手マイナビグループの転職サイト。

ナースではたらこ

 

ナースではたらこ

4.3

病院からのスカウトが受けられる!最短1か月で転職可能!

看護師ワーカー

看護師ワーカー

4.0

好条件の非公開求人多数!専門のアドバイザーが徹底支援

 

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。