就活に失敗したニートが内定を勝ち取る方法|就活を続けたほうがいい理由も解説

編集者
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

就職に失敗したことをきっかけにニートになってしまった方の中には、これから就職できるのかと不安を抱える方も少なくないでしょう。

しかし、就活に失敗したとしても、就活がなぜうまくいかなかったのか原因を考え、対策し、意欲を持って活動をすることで就職を叶えられる可能性があります。

そこでこの記事では、就活に失敗してニートになってからでも就職する方法や、就活をスムーズに進めるために使うべき就職・転職エージェントについてご紹介します。

今からでもチャンスをつかむことは可能なので、就活を成功させるために参考にしてください。

1分で無料登録!
年収&スキルアップしたい
フリーターにおすすめの転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト
えーかおキャリアえーかおキャリア
5.0
非公開求人
多数
【入社後の定着率97%】「ミスマッチゼロ」「何でも相談できる!」をモットーに全力サポート。初めての転職で進め方がわからない方も安心。
ハタラクティブ_ロゴハタラクティブ
4.8
公開求人数
約4千件
非公開求人数
非公開
【就職成功率80%】プロによる適職診断&徹底した面接対策で、利用者の8割が大企業へ。人柄採用・学歴不問などハタラクティブ独自の求人を数多く掲載。
キャリアパークキャリアパーク
4.6
非公開求人
多数
【書類選考なし】経歴よりもポテンシャル重視の企業を多数紹介。最短1週間で内定実績あり。スピード内定を目指したい方は迷わず登録!
就職カレッジ JAIC就職カレッジ
4.4
非公開求人
多数
【無料講座】ビジネスマナーや履歴書・面接対策まで、就職に関わる様々な知識を学べる講座あり。スキルに自信がない方・ニートや社会人未経験者も◎
キャリアスタート新卒キャリアスタート
4.2
非公開求人
多数
【年収アップ率83%】若者のキャリア形成支援に特化した20代・30代向けエージェント。高待遇案件の求人が多数。
2024年4月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト
えーかおキャリアえーかおキャリア
5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
ハタラクティブ_ロゴハタラクティブ
4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
キャリアパークキャリアパーク
4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
就職カレッジ JAIC就職カレッジ
4.4
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
キャリアスタート新卒キャリアスタート
4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年4月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
えーかおキャリアえーかおキャリア
5.0
口コミを読む
・自分一人で転職活動をしていたら、なかなか入れない企業への内定が決まりました。
・自分でもびっくりするくらいすぐに内定をもらえました!
ハタラクティブ_ロゴハタラクティブ
4.8
口コミを読む
・「ブラック企業は排除しています」ということを明言してくれていたので、安心感が持てました。
・主要都市の求人が多かったので、田舎にもあれば良いなと思いました。
キャリアパークキャリアパーク
4.6
口コミを読む
・求人の質は良く自身の希望条件にマッチした求人が比較的多くあり紹介数も多数あり利用感は良かったです。
・求人情報の一部が更新されず、情報の正確性に欠けることがある。
就職カレッジ JAIC就職カレッジ
4.4
口コミを読む
・まだまだ未熟だった自分でしたが、スキルアップに繋がる講義などもあり助かりました。
・転職が初めてだった自分としては本当に背中を押してもらえたようなサポート体制でした。
キャリアスタート新卒キャリアスタート
4.2
口コミを読む
・大変親身なサポートをしてもらえて、スキルに自信がなかった自分でも数社から内定を貰う事ができました。
・なんとなく登録しましたが、30代後半は募集案件がありませんでした。
2024年4月1日時点
あわせて読みたい
フリーターにおすすめの転職エージェント18社比較ランキング|選び方と転職/就職成功のポイント フリーターから正社員を目指す方は転職エージェントにサポートしてもらいながら進めるのがおすすめです。 自分一人で進める場合は、求人紹介から業界分析、面接対策をす...
目次

就活に失敗したニートでも就活を続けたほうがいい理由

過去の就活でお祈りメールを連続して受け取った経験があると、就職活動に消極的になってしまうのも無理はありません。しかし、自分を奮い立たせて努力すれば、就職への道が開ける可能性はあります。

過去に就活に失敗したニートが就活を続けたほうがいい3つの理由を解説します。

  • 未経験でも働ける求人があるから
  • 年齢を重ねるにつれて就職の難易度が上がるから
  • ニート期間が長いと社会復帰するハードルが上がるから

未経験でも働ける求人があるから

就活に失敗してニートになったからといって、就職のチャンスがなくなったわけではありません。未経験でも働ける求人に応募すれば、採用される可能性は十分にあるのです。

世の中には、社会人未経験者を歓迎する企業が数多く存在します。若い人材は、スキルや経験よりも、柔軟さや今後のポテンシャルに期待されるからです。

未経験可の企業を効率的に見つけて、自分のスキルに合った企業に就職したいのであれば、転職エージェントの利用がおすすめです。とくに、既卒やニートの就職支援を得意とする就職エージェントを利用すれば、未経験者を積極的に採用している企業や、入社後の研修が充実している企業の求人を中心に紹介を受けられるでしょう。

年齢を重ねるにつれて就職の難易度が上がるから

年齢を重ねてニート期間が長くなると、それだけ就職の難度は高くなります。転職市場では、年齢とともに求人数が減っていくのが通常です。

また、将来性に期待して採用される20代とは違い、30代~40代には年齢に見合った経験やマネジメントスキルが求められる傾向があります。

将来的な経済面での不安を払拭するためには、就活を続けて、現状を打破することが大切です。

ニート期間が長いと社会復帰するハードルが上がるから

ニート期間が長くなるにつれて、社会復帰へのハードルも高くなります。ニート期間が長いと、働く意欲が低いとみなされ、企業は採用に消極的になるでしょう。

また、ニートが面接でよく聞かれる「空白期間に何をしていたか」の質問にも答えにくくなってしまい、就職成功の可能性がますます低くなってしまいます。

就職の意思があるのであれば、少しでもニート期間を短くできるよう、継続して就活に取り組むのが得策です。

就活に失敗してニートになってしまう人の割合

総務省が令和4年度に発表した「労働力調査」というデータでは、ニートの定義に当てはまる人の割合は各年代別人口のうち2.3%と発表されています。

【参考記事】令和4年度労働力調査 総務省

また、求人情報サイト「Biz Hits」を運営する株式会社ビズヒッツが発表したアンケートの結果では、ニートや無職になったきっかけに「新卒の就活に失敗した」と回答した割合は約6.5%でした。

ニート・無職になった理由
引用元:【ニートや無職になった理由と脱出方法】男女288人アンケート調査|Biz Hits

この結果を見ると、就活に失敗してニートになるケースは、前職の人間関係心身の不調に次ぐ理由に当てはまることがわかります。

就活に失敗してニートになりやすい人の特徴とは

就活に失敗しニートになってしまう理由はそれぞれですが、一例として、ニートになってしまう方には以下のような特徴が挙げられます。

  • やりたい仕事や就職したい企業が見つからなかった
  • 自分に自信がなく悩み過ぎてしまう
  • コミュニケーションが苦手

それでは、ひとつずつ詳しくみていきましょう。

やりたい仕事や就職したい企業が見つからなかった

就活を失敗してしまう方の中には自分の興味や関心が持てることがわからないという方も少なくありません。そのためにやりたい仕事や就職したい企業が見つけられず、就活に熱意を持って望めないため失敗につながってしまうのです。

目標が定まらないために仕事に対しての意欲が湧かず、就活に対して消極的になってしまう場合もあるでしょう。そのため、1~2社ほどへの応募で不採用になり、すぐに就活を諦めてしまう場合もあるのです。

自分に自信がなく悩み過ぎてしまう

就活を通して自分に自信を失ってしまった人も、就職せずニートになってしまう可能性があります。

例えば、不採用の結果が続きどうせ自分なんか採用してもらえない」「就職しても失敗するかもしれない」などマイナス思考に陥ってしまう、思い悩んでしまう、というケースも挙げられるでしょう。

なかには、面接時に面接官から心無い言葉をかけられてしまったり、圧迫面接を受けてしまったことで就活の自信をなくしてしまったというケースも見られました。

よく、ストレス耐性などを見るためにわざと圧迫面接するとも言いますがこれもそういった意図だったのでしょうか。

確かに臭いにまで気を配れなかったのは私のミスですが勝手に決めつけられたのは腹立たしいです。

今までそういった面接に遭遇したことがなく、ショックが大きいのですが、よくあることなんでしょうか。

ちなみに不採用でした。

これは圧迫面接なのか私の思い込みなのか…すっかり就活の自信をなくしてしまったので何かご意見いただけると嬉しいです。

引用元:Yahoo!しごとカタログ

コミュニケーションが苦手

コミュニケーションが苦手な場合、就活に大きなストレスを感じる方も少なくないでしょう。初対面の面接官とのやり取りや受け答えに疲弊してしまうケースも考えられます。

そのため、就活自体が苦痛になり、数件の応募でやめてしまった、就活を諦めてしまったという方もニートになってしまう可能性が高くなります。

実際、厚生労働省がおこなった「ニートの状態にある若年者の実態および支援策に関する調査研究報告書」でも、ニート状態にある人の意識面の特性として「将来に希望が持てない」「対人関係の苦手意識」「仕事に多くを期待しない」点が挙げられており、やはりこうした面が就活へも影響していると考えられます。

就活に失敗したニートが就活を成功させるポイント7

就活に失敗してニートになってしまったとしても、就職をすることは可能です。ニートから就職するためのポイントとして、以下の7つが挙げられるでしょう。

  • 就職の目的を明確にする
  • 幅広い業界で就職先を探す
  • 「既卒歓迎」の求人へ応募する
  • 模擬面接や書類添削など選考対策に力を入れる
  • 友人や既卒者に相談してアドバイスを受ける
  • スキルを身につける
  • 就職・転職エージェントにサポートしてもらう

ひとつずつ詳しく解説していきます。

就職の目的を明確にする

就職を成功させるためには、就職をしたいと思った目的を明確にしましょう。ニートとしての期間が長いほど、面接官や採用担当者は「どうして就職したいと思ったのか?」と、質問を投げかけてくるケースも考えられます。

このとき、就職をする目的が明確でないと志望動機などの説明ができず、面接がうまくいかなくなる可能性があります。

就職をする目的の一例としては「自立した生活を送るために就職を考えた」「生活を安定させていきたいと思い就職活動を始めた」などが挙げられるでしょう。

フリーター・既卒向けの就職支援サービス「ハタラクティブ」がおこなったアンケートによると、ニート経験者の方が正社員やフリーターとして働きはじめた理由として、「収入(お金)」が半数以上を占めています。

ハタラクティブ アンケート
引用元:1年以内にニートを卒業したフリーターは8割|ハタラクティブ

自立するために収入を得なければならないという理由は合理的で、またそのためにニートをやめて働こうと決意した点は就職する目的としてベーシックであり、面接官の納得も得やすいと考えられます。

合わせて、今まで職に就かなかった理由や今後のビジョンも含めて考え、より具体的に就職する目的を考えるようにしましょう。

幅広い業界で就職先を探す

就職先を探す時にあまりにも希望する業種を絞りすぎてしまうと、応募先の範囲が狭まってしまいます。結果として、内定獲得の確率を下げることにつながるでしょう。

もちろん、まずは興味のある業界や職種に挑戦することもおすすめですが、企業の規模や知名度にこだわらず、業界を跨いで、視野を広げながら求人を探すこともおすすめです。中小規模の「優良企業」を狙い応募範囲を広げることも就職の可能性を高められるでしょう。

また、12社ほどの応募で就活を止めてしまうのではなく、ご自身が行動しやすいペースで企業への応募を継続していくことも重要です。

実際に、令和3年度に内閣府が行った調査では、就活生が面接を受けた企業数として最も多いのは1019、次いで59社、その次に14社という結果が見られました。就活の場面では、10社以上の面接を受けている就活生が一番多いという結果が出ているのです。

引用元:学生の就職・採用活動開始時期等に関する調査|内閣府

状況によっては複数の企業に応募しなくても就職が決まるというケースもあるでしょう。そのため、上記の資料は応募企業数の目安として参考にしてみてください。

「既卒歓迎」の求人へ応募する

近年では、既卒を積極的に採用する会社が増えています。理由としては、既に何年も前職で勤務している人と異なり仕事のスタイルが固まっておらず、柔軟に自社のやり方に馴染んでくれると期待できる点が挙げられます。

また、既卒歓迎の求人は、未経験者でも応募可能な求人も多くなっており応募へのハードルは比較的低いといえるでしょう。

しかしいくら応募へのハードルが低いといっても、どのように手続きをすすめればいいのかなど一人ではわからないことも多いはずです。

就職・転職エージェントの中には、既卒や第二新卒・フリーターに特化したものもあります。まずは登録をして、キャリアアドバイザーに相談してみるのも方法です。

プロの力を借りることで、不安や不明点が払拭され短期間での就職も望めるかもしれません。

とはいえニート期間が長くなると、多少なりとも不利となってしまう可能性があります。すぐにでも就職へ向けての行動を始めましょう。

模擬面接や書類添削など選考対策に力を入れる

就職を成功させるために、選考対策をする必要があります。そのために、第三者による模擬面接や書類添削などを受けるようにしましょう。

とくにニート期間がある場合、「なぜニートになったのか」「ニート期間中何をしていたのか」はほとんどのケースで聞かれる質問です。スムーズに受け答えできるようにしておきましょう。

「ハローワーク」や「就職・転職エージェント」では、無料で応募書類の添削や面接対策などをおこなっています。就職のプロから客観的なアドバイスを受けられるため、ぜひ活用しましょう。

友人や既卒者に相談してアドバイスを受ける

身近な友人や既卒で就職した経験のある人がいれば、相談してアドバイスを受けるのも有効でしょう。

第三者から客観的な意見をもらえば、自分がなぜ就活を失敗してしまったのかわかる可能性があります。 友人などに相談しにくい場合は、ハローワークや就職・転職エージェントなど、就職支援の利用も考えましょう。

アドバイスを受けることで、自分では気づかなかった強みが見つかる可能性もあります。第三者に認められた強みなら自信を持ってアピールできるでしょう。

うまく自己アピールできないことが就活失敗の原因になっていた方なら特に、就活を挽回できるきっかけになるかもしれません。

スキルを身につける

ニート生活を送っている人の中には、資格もスキルもなく自信がないために行動できない方もいるでしょう。就職するためにスキルを身につけることは、自身にも面接の際のアピールポイントにもなります。

ニート期間中にスキルを習得するメリットは、就職に前向きであるとアピールができ、採用担当者へ好印象を持ってもらえる可能性があることです。

最短でスキルを身につけるには、ハローワークの職業訓練や一部の就職・転職エージェントで提供しているスキル習得講座などを利用するとよいでしょう。

ハローワークの職業訓練は、応募して審査を通れば受講が可能です。一方で就職・転職エージェントのスキル習得講座は登録すれば無料で受講できるものが多いため、ぜひ活用しましょう。

就職・転職エージェントにサポートしてもらう

就活をして内定を勝ち取るまでには、心身共にとてもエネルギーを使います。だからこそ、途中で心が折れて就活ができなくなってしまうための対策は欠かせません。

就職・転職エージェントでは、就職を勝ち取るためのさまざまなサービスが受けられます。主なサービスとして受けられるのは以下のとおりです。

  • 厳選した求人の紹介
  • 応募書類の書き方アドバイス・添削
  • マンツーマンでの面接対策
  • 面接の日時調整
  • 就職後の条件交渉 など

万が一面接で失敗してしまっても、キャリアアドバイザーが企業へヒアリングし理由を聞いてもらえる場合もあります。次の面接に活かせるため、同じ失敗を繰り返さないで済むメリットもあるでしょう。

あなたに合った企業をピックアップしてくれ、効率よく就活ができます。短期間での就職を目指すのであれば、ぜひ活用しましょう

1分で無料登録!
年収&スキルアップしたい
フリーターにおすすめの転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト
えーかおキャリアえーかおキャリア
5.0
非公開求人
多数
【入社後の定着率97%】「ミスマッチゼロ」「何でも相談できる!」をモットーに全力サポート。初めての転職で進め方がわからない方も安心。
ハタラクティブ_ロゴハタラクティブ
4.8
公開求人数
約4千件
非公開求人数
非公開
【就職成功率80%】プロによる適職診断&徹底した面接対策で、利用者の8割が大企業へ。人柄採用・学歴不問などハタラクティブ独自の求人を数多く掲載。
キャリアパークキャリアパーク
4.6
非公開求人
多数
【書類選考なし】経歴よりもポテンシャル重視の企業を多数紹介。最短1週間で内定実績あり。スピード内定を目指したい方は迷わず登録!
就職カレッジ JAIC就職カレッジ
4.4
非公開求人
多数
【無料講座】ビジネスマナーや履歴書・面接対策まで、就職に関わる様々な知識を学べる講座あり。スキルに自信がない方・ニートや社会人未経験者も◎
キャリアスタート新卒キャリアスタート
4.2
非公開求人
多数
【年収アップ率83%】若者のキャリア形成支援に特化した20代・30代向けエージェント。高待遇案件の求人が多数。
2024年4月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト
えーかおキャリアえーかおキャリア
5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
ハタラクティブ_ロゴハタラクティブ
4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
キャリアパークキャリアパーク
4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
就職カレッジ JAIC就職カレッジ
4.4
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
キャリアスタート新卒キャリアスタート
4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年4月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
えーかおキャリアえーかおキャリア
5.0
口コミを読む
・自分一人で転職活動をしていたら、なかなか入れない企業への内定が決まりました。
・自分でもびっくりするくらいすぐに内定をもらえました!
ハタラクティブ_ロゴハタラクティブ
4.8
口コミを読む
・「ブラック企業は排除しています」ということを明言してくれていたので、安心感が持てました。
・主要都市の求人が多かったので、田舎にもあれば良いなと思いました。
キャリアパークキャリアパーク
4.6
口コミを読む
・求人の質は良く自身の希望条件にマッチした求人が比較的多くあり紹介数も多数あり利用感は良かったです。
・求人情報の一部が更新されず、情報の正確性に欠けることがある。
就職カレッジ JAIC就職カレッジ
4.4
口コミを読む
・まだまだ未熟だった自分でしたが、スキルアップに繋がる講義などもあり助かりました。
・転職が初めてだった自分としては本当に背中を押してもらえたようなサポート体制でした。
キャリアスタート新卒キャリアスタート
4.2
口コミを読む
・大変親身なサポートをしてもらえて、スキルに自信がなかった自分でも数社から内定を貰う事ができました。
・なんとなく登録しましたが、30代後半は募集案件がありませんでした。
2024年4月1日時点

就活に失敗したニートが使うべき就活・転職エージェント5

就活に失敗してニートになってしまったとしても、就職・転職エージェントの利用は可能です。自分一人の力では就活が進められないと悩んでいる方は、ぜひ活用しましょう。この項目では、就活で失敗してニートになってしまった方におすすめの就職・転職エージェントを5つご紹介します。

専任のキャリアアドバイザーやエージェントのサポートを通して自分の強みを見つけ、就職を成功させましょう。

えーかおキャリア

えーかおキャリア
  • 特徴① 入社後の定着率97%
  • 特徴② Google口コミ評価★4.8
  • 特徴③ 60%以上の求人が未経験でも応募できる

えーかおキャリアは20代の未経験転職に強い転職エージェントです。

 

フリーターから正社員就職を目指す方や、第二新卒としてキャリアチェンジしたい方など、一人ひとりの希望に合わせたサポートをマンツーマンでしてくれます。

 

求職者の希望はもちろん、自分でも気づいていないキャリアの可能性を考えて求人を紹介してくれるため、やりたいことが分からない方におすすめの転職エージェントです。

 

サービス名 えーかおキャリア
運営会社 株式会社For A-career
公開求人数 優良求人を直接ご紹介
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 初めての就職/転職をする方に
  • 未経験でキャリアチェンジ可能
  • 正社員就職を目指せる
対応地域
関東、関西、東海、九州
公式サイト

 

ハタラクティブ

ハタラクティブ
  • 特徴① 20代専門のキャリアアドバイザーによる就職支援
  • 特徴② 最短2週間とスピード内定の可能性あり
  • 特徴③ 8割以上が未経験可の求人

20代向けの就職支援を展開するハタラクティブでは、特に未経験者のサポートに力を入れています。

 

保有求人のうち、8割以上(※1)が未経験可の求人で、経歴よりも人柄を重視した採用をおこなう企業の求人を多数取り扱っています。最短2週間(※1)で内定を獲得した実績もあり、スピード内定にも期待できそうです。

 

また、キャリアアドバイザーからきめ細やかな就職支援を受けられることも強みです。スキルや適性・能力をもとにしたマッチングや、就職活動の悩みや将来的なキャリアプランの相談など、20代専門のキャリアアドバイザーだからこそのサポートが充実しています。

 

もちろん、面接対策や履歴書の添削などにも対応しており、はじめての正社員就職でも安心して就職活動に取り組めるでしょう。

 

(※1)ハタラクティブの公式ホームページより

 

サービス名 ハタラクティブ
運営会社 レバレジーズ株式会社
公開求人数 4,005件
非公開求人数 非公開
対応地域
東京、神奈川、埼玉、千葉、愛知、大阪、福岡
公式サイト
2024年5月15日時点

 

【ハタラクティブの口コミ・評判】

こまめにSNSチャットで連絡いただいてたので、その都度状況を報告してアドバイスを受けられたのは心強かったです。選考以外のことを考えずに集中でき、スムーズに内定まで進んだので驚きました。

引用元:多くの方が第二新卒・未経験から再スタート!|ハタラクティブ

やりたいことがなく、就活の軸が全くなかったので、不安だったのですが、アドバイザーが就職に対する不安一つひとつを的確に解決してくださり、それがきっかけとなってサクサク決まりました。

引用元:多くの方が第二新卒・未経験から再スタート!|ハタラクティブ

 

キャリアパーク!For 20's

キャリアパーク!For 20's
  • 特徴① 年間1,000人以上の面談をする担当者がサポート
  • 特徴② 最短1週間で内定をもらえる
  • 特徴③ 上場企業が運営

キャリアパーク!For 20'sは既卒や第二新卒向けのエージェントです。

 

保有している求人は取材して内情を理解しているため、優良企業を多く紹介してもらえます。

また特別選考ルートも用意されており、最短1週間で内定をもらうこともできます。

 

専任のキャリアアドバイザーがマンツーマンでキャリアプランを考えることからサポートしてくれるので、やりたいことがない方にこそおすすめのエージェントです。

 

サービス名 キャリアパーク!For 20's
運営会社 ポート株式会社
公開求人数 優良求人を直接ご紹介
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 自分に合った企業が分からない方に
  • 就活/転職の進め方が分からない方に
  • 今の仕事のままでいいのか不安な方に
対応地域
オンライン
公式サイト

 

就職カレッジ

就職カレッジ JAIC
  • 特徴① 就職成功率81.1%、入社後定着率92.21%(※1)
  • 特徴② 無料の就職講座や書類選考なしの集団面接会を開催
  • 特徴③ 実際に訪問して優良企業と判断した求人のみを紹介

フリーター・第二新卒の就職を支援する就職カレッジでは、2005年のサービス開始以来、33,000人以上(※2)の正社員就職を成功させた実績があります。

 

また、アドバイザーが実際に訪問して「安心して働ける」と判断した求人のみを紹介しているため、入社後3ヵ月の定着率は92.21%(※1)と高い数値になっています。

 

就職カレッジの特徴は、面談後に無料の就職支援講座を受けられることです。

 

社会人に必要なビジネスマナーを学べるほか、自己分析・企業分析の支援や応募書類の指導、面接練習もあり、知識を身につけたうえで就職活動に臨めます。

 

また、優良企業約20社を集めた集団面接会があり、書類選考なしで参加できることもメリットです。

 

(※1)2022/8/1~2023/1/31に入社した人材の3か月定着率
(※2)2005/5/1~2023/4/30の当社主催の面接会参加人数

 

サービス名 就職カレッジ
運営会社 株式会社ジェイック
公開求人数 優良求人を直接ご紹介
非公開求人数 非公開
対応地域
東京、大阪など全国
公式サイト

 

【就職カレッジの口コミ・評判】

20代の私でも再就職できました!
大学卒業と同時に就職しましたが、職場に馴染めずに約8ヶ月で退職してしまいました。
(中略)
いろいろな国家資格を有した就職アドバイザーが在籍していて、不安に思うことや分からないことなどを、何でも相談できるのが良かったです。以前は自分で履歴書やエントリーカードを作成していましたが、JAICには就職カレッジというのがあって、自己分析や企業研究もサポートしてくれたので、履歴書などを一から作り直すことができ、内定獲得にも役立った気がします。
また、書類選考なしの集団面接会があり、私の場合は14社が参加した面接会でしたが、一度にいろいろな企業の方とお会いして話せたので、自分に合う会社がすぐに見つかり内定をもらうことができました。
その間サポートしてくれただけでなく、就職後もビジネスマナーや仕事の進め方などで分からないことも継続サポートしてくれたので、安心して職場に馴染めています。今度こそ長続きできそうで、新しい会社で頑張っています。

引用元:就職カレッジの口コミ・評判 |みん評

サポートが手厚く、相談にのってもらえる
ジェイックの研修では、人間性とコミュニケーションについて学ぶことができます。また、グループワークがたくさんあるので、普段、話すことに慣れていない人は、すごく成長することができると思います。なので、面接の時には、あまり緊張することなく話すことができます。
また、講師の方もすごく明るい人たちで、思いやりのある方ばかりです。私も悩んでいる時に相談にのってもらいました。
私は、ジェイック大阪支店の研修を受けたのですが、研修を受けて良かったと思いますし、何より自分自身が成長することができました。
就職、転職で悩んでいたら、ジェイック大阪支店さんをおすすめします。

引用元:就職カレッジの口コミ・評判 |みん評

 

キャリアスタート

キャリアスタート
  • 特徴① 18~25歳の就職支援に強み
  • 特徴② 未経験可の求人が1,000件以上
  • 特徴③ 丁寧なサポートに定評あり

キャリアスタートは、主に18~25歳前後の第二新卒・フリーターの就職に強みがある就職エージェントです。未経験可の求人が1,000件以上(※)保有されているため、スキルや経験に自信がない方でも気軽に応募できるでしょう。

 

登録すると、経験豊富なキャリアコンサルタントからマンツーマンでの支援を受けられます。適性に合った求人の紹介から応募書類の添削、企業ごとの面接対策、内定後の条件交渉まで、時間をかけて丁寧にサポートしてもらえるのが特徴です。

 

じっくり話を聞いたうえで一緒にアピールポイントを考えてもらえるため、一人での就職活動に不安を抱える方は、登録して相談してみるといいでしょう。

 

(※)キャリアスタートの公式ホームページより

 

サービス名 キャリアスタート
運営会社 キャリアスタート株式会社
公開求人数 優良求人を直接ご紹介
非公開求人数 非公開
対応地域
北海道、東京、神奈川、埼玉、千葉、愛知、大阪、福岡など全国
電話番号
070-1202-4387
※登録後上記から電話があります
公式サイト

 

【キャリアスタートの口コミ・評判】

キャリアスタートに相談して、自分の目標が明確になりました。これから営業として、頑張っていきたいと思います。

引用元:USER VOICE|キャリアスタート

右も左もわからなかった僕に手を差し伸べていただきありがとうございました。これからも貪欲に成長していきます!

引用元:USER VOICE|キャリアスタート

 

就活に失敗したニートでも就職しやすい人の特徴とは

就活に失敗しニートになってしまったとしても、就職を諦める必要はありません。では、どうすれば就職することができるのでしょうか。

ニートからでも就職しやすい人の特徴は、以下の3つが挙げられます。

  • 自己分析ができる人
  • 就職に向けた行動に移せる人
  • 仕事や業界にこだわりすぎない人

それぞれ詳しく解説しますので、就職するためにも意識してみましょう。

自己分析ができる人

自己分析をすることができれば、ニート状態から抜け出す可能性は高まります。自分に合う仕事を探すためだけでなく、「就活に失敗した原因」からも目をそらさず分析することが大切です。

就活に失敗した原因がわかれば、次に活かすことができるでしょう。

  • 就活の準備は万全だったか
  • 応募企業を規模や人気などで選んでいなかったか
  • 仕事内容や業界を絞りすぎていなかったか

上記のようなことを客観的に分析してみましょう。そのうえで、「自分で応募する範囲を狭くしてしまっていた可能性がないか」「自分の強みや弱みはなんだったのか」という点に目を向け、分の可能性に気づくことができれば応募範囲を広げて就活ができ、就活成功の可能性を高めることができるでしょう

就職に向けた行動に移せる人

就職するためには、まず、就職活動に向けた行動を起こす必要があります。

自分に向いている仕事がわからず行動ができないのであれば、第三者に頼ってみるのも一つの手です。

ニートから脱出し、就職を目指す方のための相談先として以下のような場所もあるため、就活に向けてなんとか行動したいと考えている方は利用してみてもよいでしょう。

地域若者サポートステーション(サポステ)全国170ヵ所以上。
15〜39歳が利用対象年齢(地域によって異なる)。
就業体験やコミュニケーション講座など、就活に自信のない方やコミュニケーション能力を高めたい方など、就活の前段階のサポートや相談に乗ってくれる。
ハローワーク誰でも利用可能。
職業訓練も実施。地元を中心に求人を調べたり紹介してもらったりすることができる。
ジョブカフェ(若者のためのワンストップサービスセンター)46都道府県に設置されている。
若者を対象に、自分に合った仕事を見つけるためのサポートやカウンセリング、職業相談をおこなっている。
就職・転職エージェント就活や転職をサポートし、求職者と求人企業をマッチングするサービス。求職者の希望や悩みの相談に乗りながら、条件に合う求人を紹介してくれる。就職に関するさまざまな手続きもサポートしてくれる。

誰かに相談すれば、客観的な意見を聞くことができます。自分では見つけられなかった強みや可能性が見つかでば、就活も前向きに行動できるようになるかもしれません。

一人で求人を探し、いきなり応募するのは難しいと感じる場合も、上記のような就職支援サービスでの相談から始めるなどハードルを下げて取り組んでみることも大切です

仕事や業界にこだわりすぎない人

仕事や業界にこだわりすぎてしまうと、就職できるチャンスを逃してしまう可能性が考えられます。今まで見向きしていなかった業種でも、自分に合った仕事が見つかる可能性があります。

まずは視野を広げて、さまざまな業種で応募企業を探してみることをおすすめします。

もちろん、まったく向いていない業種に就職してしまってもすぐに辞めてしまうことにつながりかねません。事前におこなった自己分析と、求人先の業務内容などを照らし合わせ特性があっているかどうかを確認するのも大切です。

視野を広げることで、自分の特性や好きなことに合った職種が意外なとこから見つかるかもしれません。

選択肢を広げればそれだけ多くの求人に応募もできるため、就職の可能性を高めることにつながるでしょう。

就活に失敗したニートが注意すべき点

就活に失敗したニートが就活を続ける際は、以下の3点に注意する必要があります。

  • ニート期間に関する面接対策をおこなう
  • 希望条件を増やしすぎない
  • 大手企業以外も選択肢に入れる

それぞれの注意点について詳しく説明します。

ニート期間に関する面接対策をおこなう

ニートの採用面接では、「空白期間に何をしていたか」の質問は避けて通れません。企業側はこの質問をもとに、求職者の働く意欲の度合いを測り、すぐに辞めないかどうかを判断しているのです。

ニート期間に関する質問は答えにくいからこそ、入念な対策が必要になります。ニートの転職支援を得意とする転職エージェントを利用し、マイナスな印象を与えない回答方法について相談しましょう。

詳しい回答内容は、【就活に失敗したニートが抱える不安やお悩みQ&A】の章で解説しています。

希望条件を増やしすぎない

就職先の希望条件を明確にすると、就活の軸が定まり、応募企業の選定をスムーズに進められるようになるメリットがあります。

しかし、求める条件が多すぎる場合、それに適う選択肢が少なくなるため、就活成功の可能性が低くなってしまうでしょう。

たとえば、「通勤15分圏内」「17時退社」「残業なし」「未経験可」「従業員1,000人以上」「年収500万円以上」のように条件を挙げすぎると、全てを満たす企業を見つけ出すのは困難です。

希望条件には優先順位をつけ、ときには自分の理想と現実とで折り合いをつけることが重要といえます。

大手企業以外も選択肢に入れる

就活をしていると、大手企業や有名企業が魅力的にみえるものです。たしかに、安定性があって福利厚生が充実している大手企業は、就職のメリットが大きいでしょう。

しかし、就活を成功させたいのであれば、大企業ばかりに応募するのは避けるべきといえます。中小企業庁が2016年に公表したデータによると、全事業者のうち、中小企業が占める割合は99.7%、大企業の割合はわずか0.3%です。

大手企業だけに目を向けていると、数多くの選択肢を逃してしまうことにもなりかねません。

とはいえ、聞き慣れない企業に応募することにためらいを感じる方もいるでしょう。そのようなときは、就職エージェントに相談するのがおすすめです。

就職エージェントでは、さまざまな規模の企業の求人を紹介してもらえるうえ、各企業の事業内容についても詳しく教えてもらえます。

【参考記事】中小企業・小規模事業者の数(2016年6月時点)の集計結果を公表します|中小企業庁

就活に失敗したニートが抱える不安やお悩みQ&A

就活に失敗してニートになってしまうことで、悩みや不安を抱える人は少なくないでしょう。

ここでは、ニートが就職をする際に抱える悩みと解決法をご紹介します。悩みや不安を解消し、勇気を出して就職活動をしましょう。

就活に失敗してニートになったが就活を続けるべき?

就活に失敗してしまうと自信をなくしてしまいがちですが、就活は続けることがおすすめです。ニート期間が短ければ、就活への影響を小さくすることができるでしょう。

新卒時に就職先が決められなかったとしても、既卒の3年間は新卒枠での応募ができる企業が多いため、内定を得られる可能性は高まります。

20代のうちであれば、「若さ」や「やる気」といった部分で評価をしてくれる企業も多くあるでしょう。

ニート生活が長く続くとどうなる?

ニートでいる期間が長くなってしまうと、就職しづらくなる可能性が高くなります。年齢が高くなると、採用の条件として経歴や即戦力などが求められる求人が増えるためです。

また家族に依存して生活をしていると、援助が受けられない事態になってから困ることになるでしょう。高齢になってから慌てて就職しようと思っても、ニートで就業経験がなければ就職のハードルは相当高くなっていることが想像できます。

ニートでいた経歴は就活で不利になる?

ニートでいた経歴が就活で不利になる、とは言い切れません。

ただ、「未経験者歓迎」「既卒歓迎」の求人であったとしても、20代~30代前半あたりまでを想定して募集をかけているケースがあるため、年齢が高くなればなるほど就職のハードルが上がってしまう可能性があります。

ニートだった期間のことをどう説明すればいい?

ニート期間があった場合、面接では応えにくい質問をされると想定しておく必要があります。よく聞かれる質問として、以下の3つは押さえておくようにしましょう。

  • 「なぜニートになったのか」
  • 「ニート期間中は何をしていたのか」
  • 「なぜ働こうと思ったのか」

大事なのは嘘を言わず、正直に説明することです。しかし、いくら正直にといっても「働きたくなかったから」などネガティブな理由は避けましょう。空白期間での気付きや発見したことなどを、「自分にとって無駄な時間ではなかった」と、ポジティブに伝えられるように工夫する必要があります。

自分ではうまく説明する自信が持てないのであれば、就職・転職エージェントのアドバイザーにサポートしてもらうのも一つの方法です。面接対策で何度か練習すれば、自信をもって面接に臨めるでしょう。

就活に失敗したらもう人生終了?

就活に失敗したからといって、決して人生終了ではありません。諦めずに就活を続けることをおすすめします。

既卒であれば、まだまだ就職できるチャンスがあります。このまま働かずに引きこもりになってしまうと、どんどん就職の難易度が上がってしまいます。

就活に失敗して落ち込んでしまうのは仕方ありませんが、無理しない程度で就活を続けましょう。

就活に失敗して引きこもりに…何から始めればいいか分からない

就活に失敗して引きこもりになってしまった場合は、まずは生活習慣を整えることから始めましょう。また自分一人で悩むのではなく、就活をサポートしてくれる転職エージェントを利用するのがおすすめします。

就活失敗してよかったと思えることはある?

就活に失敗したことで自分とより向き合える時間を作ることができます。もし仮に入社しても自分と合わずに早期離職する可能性もありえます。

そのため、より自分にあう企業を見つけることができる期間だと前向きにとらえて、就職活動を続けていきましょう。

新卒で就活失敗したけどその後はどうすればいい?

新卒の就活に失敗した方は、まずはなぜ失敗したのかを分析しましょう。うまくいかなかった原因を分析できないと、同じ失敗を繰り返すかもしれません。

企業研究が足りないのか、書類選考の対策が足りていないのか、どこがダメだったのかを分析することで、内定をもらえる可能性を高めることができます。また自分自身だけではなく、転職エージェントに相談しながら進めることも就活失敗したその後のアクションとしておすすめです。

まとめ|就活に失敗してニートになっても就職はできる!

就活に失敗してニートになってしまったとしても、就職をあきらめる必要はありません。ニートになった期間が短いほど、就職できるチャンスは広がります。

ニート期間が長くなれば就職しづらくなってしまう可能性が高くなるため、少しでも早く行動を起こしましょう。「また失敗するかも」と不安があるのであれば、就職・転職エージェントでサポートを受ける方法もあります。

あなたの就職が成功するように尽力してくれるので、就職・転職エージェントで力を借りてみてはいかがでしょうか。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。