フリーランスコンサルタント向けの転職エージェントを紹介!選び方やポイントも解説

編集者
女性
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

フリーランスコンサルタントにおすすめのエージェントは?

上記のように、コンサルタント業務をフリーランスでおこないたい方は、フリーランスコンサルタント向けのエージェントの利用がおすすめです。

とくに、フリーランスとしての活動が未経験の場合、エージェントからサポートを受けたほうが案件獲得につながりやすいでしょう。

本記事では、コンサルタントの経歴を活かしてフリーランスで活動したい方に向けて、おすすめのエージェントを紹介します。

フリーランスの活動をはじめる前の準備や、エージェントの選び方も解説するので、ぜひ参考にしてください。

目次

未経験者にもおすすめ!フリーランスコンサルタント向けのエージェント

フリーランスが未経験で、案件の取り方がわからない方におすすめの、フリーランスエージェントを紹介します。

High Performer Consultant(ハイパフォコンサル)

High Performer Consultant ハイパフォコンサル
High Performer Consultantの特徴
  • 会員登録者数3万8,000人超えのフリーランスエージェント
  • 紹介業績20年の信頼
  • あらゆる企業の案件を取り揃えている

ハイパフォコンサルは、会員登録者数が3万8,000人を超えており、多くのコンサルタントに信頼されているエージェントです。

とくに、30~40代の年齢層を中心に、フリーランスコンサルタントの案件を紹介しています。

ハイパフォコンサルは、案件の紹介業績が20年目を迎えており、長年の信頼を得たエージェントです。一部上場企業や外資系企業など、あらゆる案件を取り揃えています。

さらに、利用者に合った案件を紹介できるように、ホームページには載っていない非公開案件を紹介しているところも魅力です。

公式サイト:https://www.high-performer.jp/consultant/

コンサルフリー(CONSULFREE)

コンサルフリー CONSULFREE
コンサルフリーの特徴
  • 豊富なコンサル案件を多数掲載
  • メーカー・TMT業界特化型エージェント
  • 業界最高水準の高単価案件が勢揃い

コンサルフリー(CONSULFREE)は、事業開発からマーケティングなど、あらゆるコンサル案件を取り揃えたエージェントです。

とくに、メーカーやTMT(Technology Media・Entertainment Telecom)業界の案件を豊富に保有しています。

単価の平均相場は、月額185万円となっており、全体的に高単価案件が揃っています。

また、コンサルフリーは企業からのオファーが受けられるスカウト機能が備えられているところも魅力的なポイントです。プロフィールを入力しておくだけで、企業からスカウトが届くため、より効率的に案件探しをおこなえます。

公式サイト:https://consulfree.com/

エミリーコンサルタント

エミリーコンサルタント
エミリーコンサルタントの特徴
  • 単価150万円超えの案件が豊富
  • SPA元請直案件が60%以上(※1)
  • 長年のサポート実績で安心

(※1 2024年3月時点でのエミリーコンサルタント事業部内取り扱い案件数と単価より算出)

エミリーコンサルタントは、高単価案件多数のコンサルタント特化型のフリーランスエージェントです。

一つひとつが優良案件であり、多くの案件は、1ヵ月の単価が150万円以上を超えており、なかには200万円を超えるものもあります。

また、上場企業や有名企業といった優良案件が豊富に取り揃えられているため、やりがいが期待できるところもメリットです。

15年以上にわたるコンサルティングや人材紹介の実績があるため手厚いサポートを受けることができるでしょう。

公式サイト:https://consultant.emilee.jp/

【関連記事】フリーランスにおすすめエージェント16選|口コミ・評判を比較

【戦略系案件向け】フリーランスコンサルタントにおすすめのエージェント

以下に、戦略系コンサルタントとして活躍したい方に向けたおすすめのフリーランスエージェントを紹介します。

PERSONA

PERSONA
PERSONAの特徴
  • PMO、SAP、戦略案件などのフリーコンサル案件を紹介
  • 連携先エージェントの案件にも効率的にエントリー可能
  • コンサル出身者による、理想のサービスを実現

PERSONAは、コンサル出身者による選び抜かれたフリーコンサル案件を紹介するサービスです。

独自の顧客ネットワークがあり、100万円〜250万円の高単価案件を取り扱っています。

また、10社以上のエージェントと連携しており、他社エージェントの案件にもエントリーすることができるため、効率良く転職活動をすることができるでしょう。

公式サイト:https://persona-consultant.com

フリーコンサルタントスクエア

フリーコンサルタントスクエア
フリーコンサルタントスクエアの特徴
  • コンサルティング経験者が利用者に最適な案件を紹介
  • 案件獲得を迅速かつ丁寧にサポート
  • 高単価・高稼働率の案件を複数掲載

フリーコンサルタントスクエアは、コンサルティング経験のあるキャリアアドバイザーが多数在籍しているエージェントです。キャリア経験を活かして、利用者に最適な案件を紹介しています。

有益な情報を効率的に収集し、シンプルかつ丁寧にサポートをおこなっているため、無駄なくスムーズな案件探しが可能です。

月額の単価が120~150万円の案件や、稼働率50~100%の案件など優良な案件が揃っています。

非公開案件も積極的に紹介しているので、気になる方はぜひ登録してみてください。

公式サイト:https://freeconsultant-square.com/

フリーコンサルタント.jp

フリーコンサルタント.jp
フリーコンサルタント.jpの特徴
  • 業界最大級の登録者数
  • 高単価の案件も充実
  • 取引企業880社超えの実績

フリーコンサルタント.jpは、1万9,000人以上(※2023年6月末時点)の登録者数を誇る、国内最大級のフリーランスエージェントです。

高単価の案件を多数取り扱っており、月額200万円を超えるものも豊富に保有しています。

880件以上の企業と取引実績があり、効率的に利用者に合った案件を紹介しています。

案件探しの手間を省きたい方、高単価案件に挑戦したい方にはおすすめのエージェントです。

公式サイト:https://freeconsultant.jp/

POD(Professionals On Demand)

POD Professionals On Demand
PODの特徴
  • 利用者に合った最適な案件紹介
  • 大手事業の案件を多数掲載
  • 参画後のサポートも提供

POD(Professionals On Demand)は、経営・戦略やDX・新規事業などさまざまな案件を取り揃えるエージェントです。利用者に合った、最適な案件紹介を心がけているためミスマッチなどが起こりづらい効率的な案件探しが可能です。

また、大手事業会社から直接依頼された案件も多数保有しています。

営業代行だけでなく、案件への参画後もスケジュール調整やトラブルシューティングなど、さまざまなサポートをおこなっているため安心して活動を行うことができるでしょう。

公式サイト:https://pod.jp/consultant/

【IT・PMO向け】フリーランスコンサルタントにおすすめのエージェント

ここからは、IT・PMO系コンサルタント向けのフリーランスエージェントを紹介します。

プロフェッショナルハブ

プロフェッショナルハブ
プロフェッショナルハブの特徴
  • 多くの上場企業の信頼を得ている
  • プロのキャリアアドバイザーによる安心サポート
  • 月額120万円を超える高単価案件も多数

プロフェッショナルハブは、株式会社エル・ティー・エスの子会社であり、多くの上場企業と取引きをおこなってきたエージェントです。

専属のキャリアアドバイザーによるサポートも充実しており、多くのフリーランスコンサルタントに案件を紹介してきた実績があります。

月額120万円を超える高単価案件を多く取り揃えており、平均単価は136万円(※2020年12月コンサルタントレイヤー)にのぼります。

条件交渉やスケージュール管理、稼働中の困り事など多岐にわたって対応してくれます。

公式サイト:https://professional-hub.jp/

デジタル人材バンク

デジタル人材バンク
デジタル人材バンクの特徴
  • 平均の月額単価は193万円(※2022年5月時点)
  • 戦略・ITコンサル特化型エージェント
  • 上場企業案件も多数掲載

デジタル人材バンクは、平均の月額単価が193万円(※2022年5月時点)にのぼる高単価案件が豊富なフリーランスエージェントです。

掲載案件のなかで、月額の単価が200万円を超えるものは、全体の40%に及びます。

おもに、戦略やITコンサルの領域で活躍できる案件を専門としているエージェントで、DXや事業戦略のコンサル案件を全体の35%以上扱っています。

また、一部上場企業の案件を68%の割合で取り扱っているため、大手の仕事に携わりたいフリーランスの方にはおすすめのエージェントです。

公式サイト:https://consultant.digital.hr-bank.co.jp/

コンサルキャリアナビ

コンサルキャリアナビ
コンサルキャリアナビの特徴
  • 180万円超えの高単価案件を多数掲載
  • 独立やキャリアに関するサポートも充実
  • 在宅ワーク希望者に嬉しいリモートワーク案件を紹介

コンサルキャリアナビは、平均月額180万円以上の高単価案件を多数取り扱うフリーランスエージェントです。

おもに、150〜250万円といった高単価案件を取り揃えています。

他社にはない、独自の非公開案件も扱っているため、今まで目にすることのなかった貴重な案件に出会えるでしょう。

また、コンサルキャリアナビは今後の独立や、利用者のキャリアに関する相談も対応しています。フリーランスとしての活動を考えているコンサルタントにはおすすめのエージェントです。

公式サイト:https://navi.consul-career.com/

BTCエージェント

BTCエージェント
BTCエージェントの特徴
  • さまざまな働き方が選べる
  • 大半の案件が継続率1年以上
  • IT・PMO系案件が80%超えのフリーランスエージェント

BTCエージェントは、在宅やリモートワーク可能な案件を多く取り扱っているPMO・IT専門のフリーランスエージェントです。

掲載しているIT・PMO系案件に関しては、全体の80%を超えています。

BTCエージェントは、案件の平均継続が11.5ヵ月となっています。割合にすると、1年以上が58%、6ヵ月〜1年が23%となり、概ね継続一年以上の長期案件を多く取り扱っているといえます。

また、1ヵ月の平均単価は147万円にのぼり、十分に高単価案件が狙えます。

IT・PMO系コンサルタントとして活躍したい方は、ぜひBTCエージェントに登録してみましょう。

公式サイト:https://freeconsultant.btcagent.jp/

【関連記事】コンサルタントにおすすめの転職エージェントランキング比較|戦略コンサル・ITコンサル・未経験向けに解説

フリーランスコンサルタントとして活動するために準備すべきこと

フリーランスとしてコンサルタントをはじめる際は、以下の準備をおこないましょう。

フリーランスで活動するのであれば、上記のような自分のスキルを全面的にアピールする対策が必要です。

自分の経歴を振り返る

フリーランスコンサルタントとしての活動を決めた際は、今までの自分の経歴を振り返りましょう。

コンサルタントとして、自分がどのような知識を活かして働いていたかをあらためて把握するためです。

振り返るべき自分の経歴として、今まで携わってきた業界や仕事内容など、フリーランスとしての活躍に役立つものが挙げられます。

立派なフリーランスコンサルタントとして信頼を得るには、自分が活躍できそうな分野を認識する事が大切です。

自分の得意分野を把握する

自分の経歴を再認識したあとは、コンサルタントとしての得意分野を把握しましょう。

フリーランスとしての活動は、高いスキルや実績があってこそ成り立つものです。得意分野をわかっていたほうが、フリーランスコンサルタントとして自分が活動できるジャンルが明確になります。

コンサルタントを例に挙げれば、おすすめのエージェントで記載した「戦略系」や「IT・PMO系」などが該当します。

自分の経歴のなかで、得意な分野を把握し、コンサルタントとして活かせないかを見極めてください。

コンサルタント用のポートフォリオを作成する

フリーランスの活動をはじめる際、重要となるのがポートフォリオの作成です。

ポートフォリオは、自分のスキルや経歴をアピールするために作成します。ポートフォリオには、コンサルタントとしての実績や勤務経験、経験年数などを記載すると良いでしょう。

フリーランスエージェントを利用する場合も、ポートフォリオがあればキャリアアドバイザーにとって、求人を探しやすくなります。

ポートフォリオを作成する際は、できるだけ長くならないよう、コンパクトに正確なアピールポイントを記載してください。

勤務先の肩書きがないフリーランスにとって、案件獲得のためにポートフォリオの作成は重要な対策です。

自分に合ったエージェントを利用する

フリーランスとして活動する際は、自分に合ったエージェントを利用しましょう。

フリーランスコンサルタントを目指す場合、フリーランス未経験であればエージェントを利用するのがおすすめです。

コンサルタント専用もありますが、エージェントの種類によって特色は異なります。

フリーランスエージェントを選ぶときは、自分に合ったエージェントを見極めてください。

フリーランスが未経験で、どのエージェントを選べば良いかがわからない場合は、前項の「未経験者にもおすすめ!フリーランスコンサルタント向けのエージェント」を参考にしてください。

【関連記事】コンサルのキャリアプランとは?転職時にチェックするべきポイントを解説

フリーランスコンサルタントエージェントを選ぶときのポイント

フリーランス未経験の方は、どのようにエージェントを選べば良いかわからなくなる場合もあるでしょう。

フリーランスエージェントを選ぶときは、以下のポイントを参考にしてください。

フリーランスエージェントは、使いこなすだけでなく選び方も重要です。

自分のスキルにマッチしているか

フリーランスエージェントを選ぶときは、自分のスキルにマッチしているかをチェックしましょう。

自分のスキルに合っていなければ、仮に案件を獲得できたとしても、あまり継続にはつながりません。

生成AIジャンルが得意にもかかわらず、人材組織系のコンサルティングを担当しても、まともに活躍できないでしょう。

エージェントを選ぶ際は、自分の得意分野を見直して、活躍できそうな職種かを確認してください。

コンサルタントに詳しいキャリアアドバイザーが在籍しているか

フリーランスエージェントを選ぶときは、コンサルタントに詳しいキャリアアドバイザーが在籍しているかを確かめましょう。

とくに、コンサルティング経験が浅い方は注意が必要です。

コンサルタントとしての意向や今後の仕事事情など、有益な情報をもつキャリアアドバイザーはたくさんいます。

気になる情報があった際、詳しい説明が聞けるように、コンサルタントに精通したキャリアアドバイザーの存在は重要なため、良く見定めるべきでしょう。

福利厚生は充実しているか

フリーランスの案件を探す際、福利厚生の充実度は大切です。

フリーランスエージェントでも、紹介求人に正社員並みの福利厚生が備わっている案件はたくさんあります。

なぜなら、競合との差をつけるために福利厚生制度を導入しているエージェントが多いからです。

とくに、自分の求める福利厚生の有無や、フリーランスの不安を払拭してくれる支援が備わっているかを確かめてみましょう。

働き方の選択肢が揃っているか

フリーランスを希望する際、多様な働き方に期待している方もいるでしょう。

働き方を重視している方は、勤務形態の選択肢が豊富に揃っているかもチェックしてください。

エージェントで紹介された案件によっては、常駐での勤務形態を求める所も多く存在します。仕事内容や単価自体は魅力的でも、出社が必須なために断念せざるをえないケースも否めません。

働き方の例として、完全リモートワーク可能な案件や、週1日出社の案件などが該当します。

フリーランスコンサルタントの場合は、リモートでの会話や職場以外の場所を設けて対話するケースが多くなるでしょう。

自由な場所でコンサルティング業務をこなしたい方は、働き方についてもチェックすべきといえます。

高単価案件を扱っているか

フリーランスエージェントを選ぶ際は、高単価の案件が多く扱われているかもチェックしましょう。

案件によっては、単価の金額に大きな差があります。

とくに、未経験の場合はフリーランスの相場がわからず、安い単価で仕事を引き受けてしまう場合もあるかもしれません。

月額100万円を超える案件を多く取り扱っているエージェントも多く存在します。可能な限り、自分が満足できる単価の案件が揃っている所を選ぶべきです。

エージェントの賢い使い方について詳しく知りたい方は、以下の記事にも目をとおしてみましょう。フリーランスエージェントの記事ではありませんが、使い方の解説内容は十分参考にできます。

【関連記事】転職エージェントの賢い使い方|利用の流れや使い倒すコツを徹底解説

フリーランスコンサルタント向けのエージェントを選ぶメリット

フリーランスエージェントを利用すると、以下のメリットが得られます。

フリーランスエージェントは、案件探しの有効性と、時間の節約に効果的です。

自分のスキルを最大限に活かしてくれる

フリーランスエージェントを利用するメリットとして、案件探しの際に自分のスキルを最大限に活かしてくれる点が挙げられます。

キャリアアドバイザーは、仕事を見つけるプロの存在です。

自分の経歴やスキルなどを提示すれば、スキルを活かして企業の目を引くようなアピールをおこなってくれます。

自分のスキルのアピール方法がわからない方、アピールできる部分がわからない方は、ぜひエージェントに登録してみましょう。

自分に合った働き方を紹介してくれる

フリーランス希望のコンサルタントがエージェントを利用するメリットとして、自分に合った働き方が見つかる部分も挙げられます。

とくに、希望したい働き方がある方には、エージェントへの相談がおすすめです。

働き方の紹介例として、リモートワーク可能な案件や、週に1~2日出社または必要時のみの出社で良いなどの案件です。

フリーランスコンサルタントとして、とくに働く場所にこだわりがある方は、エージェントに相談すべきといえます。

自分の代わりに案件を探し紹介してくれる

自分の代わりに案件を探して紹介してくれるところも、フリーランスエージェントを利用するメリットです。

本来、フリーランスは自分で案件を探さなくてはいけません。

しかし、エージェントに登録すれば、キャリアアドバイザーが代わりに案件を紹介してくれます。

自分で探す手間が省けるため、時間の確保に効果的です。自分をアピールする対策に時間を割く余裕ができるでしょう。

フリーランスコンサルエージェントのメリットは、転職エージェントにも共通する部分があります。

エージェントのメリットについて、さらに詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてください。

【関連記事】転職エージェントのデメリット・メリットは?最大限活用するためのポイントを解説

フリーランスコンサルタント向けのエージェントを選ぶデメリット

フリーランスコンサル向けのエージェントを利用する際、メリットだけでなくデメリットの把握も必要です。エージェントを利用するときは、以下の項目に気をつけましょう。

デメリットの要素には、運が関係する場合もあります。

しかし、エージェントに登録する前に、必ずデメリットの対策も考えておいてください。

担当者との相性が合わない可能性がある

フリーランスエージェントを利用する際は、キャリアアドバイザーとの相性が合わない可能性が生じます。

キャリアアドバイザーとマンツーマンで案件を探すため、相性が悪ければ有効な案件探しがおこなえないかもしれません。

相性の善し悪しが決まる要素として、性格の相性や案件探しのペース、連絡頻度などが挙げられます。

キャリアアドバイザーとの相性に違和感を覚えたときは、運営に担当を変えられないかを相談してみましょう。

フリーランスエージェントではありませんが、担当者と相性が合わない場合の対処法に関して、以下で詳しく解説しています。気になる方は、ぜひ目をとおしてみてください。

【関連記事】転職エージェントが合わないときは担当を変えたほうが良い?変更の仕方と注意点

求めている案件が見つからない場合がある

フリーランスエージェントを利用する際、求めている案件が見つからない可能性にも注意してください。

転職エージェントや自分のスキルによっては、理想とする案件が見つからない場合もあります。

スキルが不足していたり、コンサルタントとしての経験年数が浅かったりすると、高単価案件は狙えないかもしれません。

すべてのフリーランスにいえますが、経験が浅い場合、条件は多少妥協する必要があります。

折り合いをつけながら案件を獲得していき、コンサルタントとして少しずつスキルアップしていくと良いでしょう。

働き方の条件が合わない可能性がある

紹介された働き方の条件が合わない可能性があるのも、フリーランスエージェントを利用するデメリットです。

フリーランスを希望している方は、とくに働き方にこだわりをもつケースもあるでしょう。

しかし、利用するエージェントによっては、自分が求めている働き方を条件とした案件がない場合が考えられます。案件探しの際、在宅ワークを希望しているのに、常駐の案件を紹介されることも起こらないとは言い切れません。

エージェントを利用するときは、事前に働き方の条件をきちんと調べておいてください。

フリーランスコンサルタントに向いている人の特徴

フリーランスで、コンサルティング業務をおこないたいと考えている方は、以下の特徴をチェックしておきましょう。

上記の項目は、コンサルタントだけでなく、フリーランスとしても大事な要素です。今のうちに十分に理解しておきましょう。

高い専門知識をもっている

フリーランスのコンサルタントには、高い専門知識が求められます。

とくに、経験の浅いコンサルタントは注意が必要です。

フリーランスは、会社員とは異なり自分のスキルをクライアントに認めてもらわなくてはいけません。認められなければ、案件が獲得できず収入がなくなってしまいます。

コンサルタントは、自分がもっている専門知識を活かして、顧客の問題解決をサポートする仕事です。専門知識がなければ、コンサルタントとして務まりません。

フリーランスとして活動したいのであれば、絶対的な知識を備えておきましょう。

自己管理能力がある

フリーランスのコンサルタントは、活動するにあたって自己管理能力が必要です。

フリーランスとして働く場合、健康管理だけでなく時間の管理やスケジュール管理を自分でおこなう必要があります。健康管理ができていなければ、体調を崩しやすくなり稼働ができなくなるでしょう。

また、自己管理能力がなければスケジュールが乱れてしまい、予定どおりに稼働できなくなるケースもあります。

フリーランスとしての活動を決意したからには、自己管理を徹底しておこなってください。

常に学習意欲が備わっている

フリーランスコンサルタントに向いている方は、常に学習意欲をもっている傾向にあります。企業や組織に属していたときは、人との関わりがあるため情報提供がおこなわれていたでしょう。

上司や同僚などから、コンサルティング業界に関する市場動向や、新たな情報を耳にする機会も多かったはずです。

しかし、フリーランスとなれば組織に属していたときとは異なり、周囲からの情報提供はなくなります。

コンサルタントには、それぞれ担当する職種の専門知識が必要です。新たに導入された情報や、アップデートされた知識などは、すべて自分で調べなくてはいけません。

フリーランスコンサルタントとして活動する際は、常に学習意欲をもっておきましょう。

コミュニケーション能力が高い

フリーランスコンサルタントには、当然ながらコミュニケーション能力が必要です。

コンサルタントは、個人や組織問わず多くの顧客を相手にします。自分にとって合わないと感じる顧客とも親身に向き合わなくてはいけません。

コミュニケーション能力がなければ、合わない顧客との対応が務まらないおそれが生じます。また、新たに案件を探さなければならない場合にも、大きなストレスがかかるでしょう。

フリーランスにもコンサルタントにも、高いコミュニケーション能力が求められます。自信のない方は、案件を探す前にコミュニケーション能力の向上を意識してください。

フリーランスコンサルタントになりたい人はエージェントを活用しよう

フリーランスとして活動するには、いかに自分のスキルをアピールできるかが重要です。

コンサルティングスキルに自信がない方や、実務経験が浅い方は、どのようにアピールすれば案件が獲得できるかを考えてください。

また、未経験でフリーランスのコンサルタントに挑戦する方は、組織に属していたときとは異なり、自分で顧客を獲得しなくてはいけません。

とくに、はじめてフリーランスとして活動する方は、案件探しに手間取るでしょう。

しかし、フリーランスエージェントを利用すれば、キャリアアドバイザーが自分に合った案件を見つけてくれます。

とくにフリーランス未経験者には安心して活動が始められるため、フリーランスコンサルタント向けのエージェントでの案件探しがおすすめです。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。