美容外科へ転職したら失敗した!業界の現状や後悔しないためのコツを徹底解説!

編集者
美容外科へ転職したら失敗した!業界の現状や後悔しないためのコツを徹底解説!
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

美容外科へ転職して失敗したという方もいらっしゃると思います。

この記事では、美容外科業界の現状や後悔しないためのコツを解説します。

美容外科への転職で失敗したくない人は、ぜひ最後までご覧ください。

看護師におすすめの転職サイト5選
サイト名 評価 強み

レバウェル看護

レバウェル看護

4.8

アドバイザーの対応No,1の転職サイト。充実のサポートで納得のいく転職を実現できる。

ナース人材バンク

 

ナース人材バンク

4.5

保有求人数No.1の転職サイト。まずは登録しておきたい転職サイト。

マイナビ看護師

マイナビ看護師

4.5

利用者満足度96%を誇る大手マイナビグループの転職サイト。

ナースではたらこ

 

ナースではたらこ

4.3

病院からのスカウトが受けられる!最短1か月で転職可能!

看護師ワーカー

看護師ワーカー

4.0

好条件の非公開求人多数!専門のアドバイザーが徹底支援

 

目次

美容外科業界の現状

美容外科業界の現状は以下のとおりです。

ひとつずつ見ていきましょう。

美容クリニックは開業だけではなく閉院も多い

帝国データバンクの調査によると、2021年の医療機関(診療所・病院・歯科医院)の休廃業・解散が過去最高の567件となりました。

参照:帝国データバンク

新規開業と同じくらいクリニックが閉院しているということです。

過当競争が行われるようになってきた都内では、AGAや痩身や脱毛専門など各分野に特化したクリニックも増え、競争に対する対策が行われるようになりました。

美容医療市場の今後の成長

美容外科に対する認知度が高まり、美容医療市場は今後も将来性がある業界です。

特に豊胸手術に対しての需要が高まり、乳房の成型は一般的にも広く受け入れられるようになりました。

また美容内科というジャンルも生まれ、腸内フローラ検査や体内ミネラル検査などをおこなうことで、身体の内面から若さや美しさを求める新しい分野の医療として成長すると考えられています。

美容外科の需要

2021年のISAPS最新調査レポートによると、世界で美容整形を行った数がアメリカ・ブラジルに続いて、日本が第3位という結果が出ています。

また、美容整形外科医の数も日本が第4位という結果が出ていて、世界的に見ても需要がある国ということが分かります。

施術内容で見てみると、ボトックスや脱毛、ニキビ跡やしみ・あざ・ほくろ除去などの需要があり、脂肪吸引が2021年に最も行われた美容外科手術でした。

参照:ISAPS最新調査レポート

ダウンタイムによるリスクはあるものの、手術によって部分的に気になる脂肪を取り除ける脂肪吸引は、20代~40代の世代の需要が高まっています。

美容外科医へ転職して後悔する理由

美容外科医へ転職して後悔する理由は以下のとおりです。

転職してから後悔しないために、ひとつずつチェックしておきましょう。

人間関係が合わない

長く続いているクリニックでは、ある程度の人間関係が構築され、新しく入ってくる方が入りにくい場合があります。

新人をふるいにかけるお局のような人がいた場合、その人に嫌われてしまうと、働きづらい環境になってしまうでしょう。

転職して人間関係に悩んでしまうと、後悔してしまうのも無理はありません。

キャリア形成しにくい

本来ならば、専門分野を決めて日々の治療や勉強を続けていれば、キャリアアップが確保されているようなものです。

美容外科は他の科目とは違い、ゼロからのスタートとなるため、転職する場合はキャリアが断絶される可能性があります。

美容外科医へ転職して後悔しても、元の診療科に戻ることは難しいため、美容整形外科で働き続ける覚悟が必要です。

接客スキルがないと評価が下がる

美容クリニックを利用するお客様は、一般的な病院を利用するのとは目的が違うため、接客スキルが必要になります。

美しさを手に入れたいという理由で、施術内容によっては命をかけて手術を行うため、接客をとおして安心感を与えられるかどうかが重要です。

お客様によっては、いくつものクリニックで無料カウンセリングを受け、施術を受けたい先生を選びます。

接客スキルによってお客様から選ばれなかった場合、口コミでの評価が下がり、お客様の離脱に繋がってしまうでしょう。

クレームが多い

美容医療は成功の捉え方が人によって異なるため、お客様のイメージと違う場合、クレームが発生します。

お客様も自由診療により保険が適用されず、多額のお金を支払っているため、満足がいく結果になっているかどうかシビアにチェックしています。

医師から見ると成功だったとしても、お客様から見ると不満が残る場合もあるでしょう。

明確な成功がないジャンルだからこそ、数か月に1回は必ず起きるクレームの対応をしていると、メンタル的に消耗してしまいます。

やりがいがない

美容外科医になって、やりがいがないと感じる人もいます。

その理由は、医師になったのに、人命救助や健康維持に関わらないためです。

SNSで目立つ表現を使って発信していたり、ほかの科では考えられない派手な外見の医師が多いことから、美容外科医は落ちこぼれと言われることもあります。

美容外科への転職を考えている人は、自分が本当に美容外科医に向いているのか、よく考えないと後悔する可能性が高いです。

看護師におすすめの転職サイト5選
サイト名 評価 強み

レバウェル看護

レバウェル看護

4.8

アドバイザーの対応No,1の転職サイト。充実のサポートで納得のいく転職を実現できる。

ナース人材バンク

 

ナース人材バンク

4.5

保有求人数No.1の転職サイト。まずは登録しておきたい転職サイト。

マイナビ看護師

マイナビ看護師

4.5

利用者満足度96%を誇る大手マイナビグループの転職サイト。

ナースではたらこ

 

ナースではたらこ

4.3

病院からのスカウトが受けられる!最短1か月で転職可能!

看護師ワーカー

看護師ワーカー

4.0

好条件の非公開求人多数!専門のアドバイザーが徹底支援

 

美容外科へ転職するメリット

美容外科へ転職するメリットは以下のとおりです。

ここから詳しく解説していきましょう。

年収が上がりやすい

美容外科医は他の医師よりも、年収が上がりやすいところがメリットです。

その理由は、保険が適用されない自由診療がメインとなるためです。

医師の平均年収は1,500万円前後と言われますが、美容外科医の場合は平均年収2,000万円~5,000万円と言われています。

経験年数が豊富な医師の場合は、1億円以上の年収を得ている医師もいるそうです。

副業がしやすい

昨今の働き方改革の影響で、クリニックによっては副業が可能な場合があります。

もちろん、勤務先の就業規則で認められている場合のみです。

本業と掛け持ちで、セミナー講師や医療系ライターとして記事執筆や監修を行う医師もいます。

本業の収入だけでは物足りない場合、副業して更なる高収入を目指すことができます。

未経験でも転職可能

美容外科への転職は、未経験でも受け入れられやすい医療分野です。

なぜならば、美容外科に転職する医師は、ほぼ未経験からスタートしているためです。

未経験でもやる気のある医師であれば、積極的に採用するクリニックが数多くあります。

医師免許を持っていることは必須になりますが、未経験からでも努力次第で美容外科医として勤務可能です。

今後残業が少なくなる

美容外科は残業が少なくなる傾向にあります。

その理由は、美容外科は営業時間内で予約したお客様のみ対応し、ひとり当たりの対応時間もある程度決まっているためです。

明らかな異常が出た場合は残業が発生しますが、その件数が数多いことはないため、長時間の残業を強いられることはほぼないといえます。

転職エージェントに、転職先の優先順位として残業がないことを希望として伝えておけば、より確実に残業が少ないクリニックに転職することもできます。

開業しやすい

美容外科医は、開業しやすいことがメリットとして挙げられます。

その理由は、給与水準が高く、美容医療のスキルを磨きながら開業資金を貯めていくことがやりやすいためです。

美容クリニックで数年間勤務し経験を積むと、開業できる十分な状態を作ることが可能です。

スキルを磨きながら開業の準備ができることは、メリットとして考えられるでしょう。

美容外科へ転職するデメリット

美容外科へ転職するデメリットはこちらです。

デメリットもひとつずつ見ていきましょう。

キャリアアップが見込めない

美容外科へ転職した場合、今まで積み重ねてきた医師としてのキャリアを断絶することになります。

その理由は、美容外科は他の科とは違い、治療から離れることになるためです。

一般的な医療から離れると、元の科に戻ることは難しいでしょう。

美容外科へ転職すると、そのクリニックが合わなかった場合、美容クリニックを転々とすることになります。

技術だけでは成り立たない

美容外科は、技術だけでは成り立たせることが不可能です。

美容に興味関心があるお客様を接客し、お客様に満足していただく必要があるためです。

考え方としては、病院と考えるより、店舗として考えお客様満足度を重視する必要があります。

美容医療に関する技術だけに特化していては、お客様が増えることはないでしょう。

クレームにつながる可能性が高い

先ほども述べましたが、お客様の満足度が低ければ、クレームにつながる可能性が高いです。

術後のダウンタイムの期間など、不安を抱えたお客様の心に寄り添う対応をする必要があります。

どれほど最善を尽くしても、美的感覚は人によって異なるため、数か月に1回は発生するクレームは避けることができません。

ノルマがある場合もある

美容クリニックによっては、ノルマがある場合があります。

企業の営業と同様に、新規顧客数と売上に対するノルマです。

もちろん、すべてのクリニックにノルマがあるわけではないので、転職する際はよく調べるようにしましょう。

看護師におすすめの転職サイト5選
サイト名 評価 強み

レバウェル看護

レバウェル看護

4.8

アドバイザーの対応No,1の転職サイト。充実のサポートで納得のいく転職を実現できる。

ナース人材バンク

 

ナース人材バンク

4.5

保有求人数No.1の転職サイト。まずは登録しておきたい転職サイト。

マイナビ看護師

マイナビ看護師

4.5

利用者満足度96%を誇る大手マイナビグループの転職サイト。

ナースではたらこ

 

ナースではたらこ

4.3

病院からのスカウトが受けられる!最短1か月で転職可能!

看護師ワーカー

看護師ワーカー

4.0

好条件の非公開求人多数!専門のアドバイザーが徹底支援

 

美容外科へ転職して後悔しないためのポイント

美容外科へ転職して後悔しないためのポイントはこちらです。

転職してから後悔しないように、ポイントをひとつずつチェックしておきましょう。

志望動機を明確にする

美容外科へ転職する前に、志望動機をよく考えて明確にすることが大事です。

美容外科の現実を知らないままに、今の職場への不満という理由だけで転職してしまうと、後悔する場合があるからです。

今の職場への不満があるなら、どういう条件であれば不満がなくなるのか、明確にしたうえで転職先を決めることが大事です。

ノルマがあるか確認しておく

美容クリニックによっては、売り上げや新規顧客数に対してのノルマがある場合があります。

ただ施術をするだけではなく、新規顧客獲得やお客様満足度アップを考えながら、クリニックの売り上げを上げていく必要があるからです。

すべてのクリニックにノルマがあるわけではないので、転職前に確認しておくようにしましょう。

情報収集を徹底する

美容外科へ転職する際に後悔したいためには、転職先の美容クリニックの情報収集を大事にしましょう。

収集すべき情報とは、クリニックがどの施術に力を注いでいるか、待遇面やノルマの有無、客層などがあります。

インターネットに掲載されている、求人情報を確認するだけでは不十分で、転職後に理想と現実とのギャップがあるかもしれません。

美容外科に特化した転職エージェントを利用して、情報収入に時間をかけることが重要です。

経営状況を把握しておく

転職する前に、会社の経営状況を把握しておくようにしましょう。

美容外科の求人の中には、業務内容や待遇が理想どおりでも、実は経営状況がよくないという求人も潜んでいます。

美容クリニックが経営難だと、最悪の場合転職した直後に閉院してしまうというケースもゼロではありません。

実際に働いていた医師の口コミや評価をチェックすることをおすすめします。

転職エージェントを活用する

転職して後悔しないようにするためには、転職エージェントを活用することもおすすめです。

美容外科業界に特化した転職エージェントを利用すれば、インターネットには乗っていない情報を知ることができるからです。

転職エージェントを利用することで、希望条件に沿った会社を選ぶことができ、転職後イメージと違ったというギャップをなくすことができます。

美容外科に転職したい方におすすめの転職エージェント

美容外科に転職したい方におすすめの転職エージェントは以下のとおりです。

美容外科に転職したい方におすすめの転職エージェント

ひとつずつ詳しく紹介します。

レバウェル看護

レバウェル看護
レバウェル看護の特徴
  • 求人数が多い
  • 好条件・好待遇の非公開求人もある
  • 内部情報を教えてもらえる

レバウェル看護は他のエージェントよりも求人情報が多く、約13万件以上掲載されています。

非公開求人数も約6万件掲載されており、好条件・好待遇の案件が多数あります。

また現場スタッフへのインタビューを行っており、各施設の調査を徹底しているエージェントから、内部情報を教えてもらうことも可能です。

  • 人間関係の良好な職場に転職したい方
  • 複数の求人を比較したい方
  • LINEでスキマ時間に転職相談したい方
レバウェル看護の詳細情報
サービス名レバウェル看護(旧:看護のお仕事)
運営会社レバレジーズメディカルケア株式会社
公開求人数154,456件
非公開求人数非公開
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイトhttps://kango-oshigoto.jp/
※2024年5月15日時点

※ユーザーアンケートより抜粋

担当の方に勤務地や病院の特色など細かい要望をお伝えした際に、私の要望に合った就職先を的確にピックアップしていただけました。各求人先について、細かい情報をお持ちだったので安心して利用する事ができました。

担当の方はベテランの方で知識も豊富でしたし、今後のキャリアプランまで親身になりアドバイスしてもらえたので助かりました。

求人数が多かった分、自分にどの職場があっているのかを見極めることがやや難しく、面接までに時間を要しました。


関連記事:『レバウェル看護(旧:看護のお仕事)』の評判は?サービス内容の特徴やメリットなどを徹底解説

【アンケート概要】
調査期間:2024年2月22日
調査方法:インターネットアンケート
調査対象:レバウェル看護利用者の男女

ナース人材バンク

ナース人材バンク
ナース人材バンクの特徴
  • 地域ごとに求人・年収などをデータ化
  • 利用者の97%が満足している
  • 非公開求人が多い

ナース人材バンクでは、都道府県別の平均年収や施設形態の割合、配属先の割合などを専用サイトで閲覧することが可能です。

ナース人材バンクが実施したアンケートで、利用者の97%が満足しているという結果が出ています。

また、非公開求人が多いことも特徴のひとつです。

こんな方におすすめ
  • 地方で転職を検討している看護師
  • 入職後のミスマッチを避けたい方
  • すぐに転職を考えておらず、相談だけしたい方
ナース人材バンクの詳細情報
サービス名ナース人材バンク
運営会社株式会社エス・エム・エス
公開求人数18,729件
非公開求人数非公開
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイトhttps://www.nursejinzaibank.com/
2024年5月17日時点

※ユーザーアンケートより抜粋
対応がスピーディー

3歳の子供がいる時に利用しました。夫が多忙のため、細かい希望を出させてもらっていましたが、テンポよく新しい求人を紹介していただきました。候補の病院が求人は出しておらず、自分で問い合わせた人に対応しているという情報なども頂けて有り難かったです。

ナース人材バンクを利用して、自分に合った職場を紹介してもらえました。最初に紹介してくれた病院が勝手な自分のイメージで何となく嫌ですと伝えたところ、今は子育て支援に力を入れてて急な休みにも理解がありますよと教えていただきました。病院の中のことまで詳しく教えてくれるので、すごく参考になりました。

求人によっては20日前に更新されたものがあり、ずっと掲載されていてあまり良い印象ではなかったです。比較的求人の掲載更新日時が近いものが多ければ良いなと思いました。


関連記事:ナース人材バンクの評判評判はしつこい?口コミから分かる特徴を解説

【アンケート概要】
調査期間:2024年2月22日~2024年2月29日
調査方法:インターネットアンケート
調査対象:ナース人材バンク利用者の男女

マイナビ看護師

マイナビ看護師
マイナビ看護師の特徴
  • 転職サイト大手なので安心感がある
  • 転職相談会や転職セミナーを開催している
  • 専門知識があるキャリアアドバイザーが所属している

運営会社であるマイナビは、創業から35年以上の歴史があるため、転職支援に関するノウハウも豊富です。

医療業界に精通した、キャリアアドバイザーによるサポートもあります。

また転職相談会や転職セミナーを開催しているため、まだ転職するか迷っている人も利用しやすいという特徴があります。

  • 夜勤なし(日勤のみ)の職場で働きたい方
  • 年収を下げたくない方
  • 求人票では分からないリアルな情報を知りたい方
マイナビ看護師の詳細情報
サービス名マイナビ看護師
運営会社株式会社マイナビ
公開求人数65,339件
非公開求人数16,147件
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイトhttps://kango.mynavi.jp/
※2024年5月15日時点

※ユーザーアンケートより抜粋

担当者が親身になって相談に乗ってくれた。転職活動に関する的確なアドバイスを受けられた。

サイトを利用しての転職は初めてでしたが、スピーディな対応をしていただけて内定まで1ヶ月程度で決まりました。

面接対策のサポートが充実していなかった。一部の求人情報の更新頻度が低かった。


関連記事:マイナビ看護師の評判は?|口コミからわかる実態やメリット・デメリットを徹底解説

【アンケート概要】
調査期間:2024年2月22日~2024年2月29日
調査方法:インターネットアンケート
調査対象:マイナビ看護師利用者の男女

まとめ

最後に、美容外科へ転職して後悔しないためのポイントをまとめます。

美容外科へ転職して後悔しないためのポイントはこちらです。

美容外科へ転職して後悔しないためのポイント
  • 志望動機を明確にする
  • ノルマがあるか確認しておく
  • 情報収集を徹底する
  • 経営状況を把握しておく
  • 転職エージェントを活用する

この記事を参考に、美容外科医への後悔のない転職を目指しましょう。

看護師におすすめの転職サイト5選
サイト名 評価 強み

レバウェル看護

レバウェル看護

4.8

アドバイザーの対応No,1の転職サイト。充実のサポートで納得のいく転職を実現できる。

ナース人材バンク

 

ナース人材バンク

4.5

保有求人数No.1の転職サイト。まずは登録しておきたい転職サイト。

マイナビ看護師

マイナビ看護師

4.5

利用者満足度96%を誇る大手マイナビグループの転職サイト。

ナースではたらこ

 

ナースではたらこ

4.3

病院からのスカウトが受けられる!最短1か月で転職可能!

看護師ワーカー

看護師ワーカー

4.0

好条件の非公開求人多数!専門のアドバイザーが徹底支援

 

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。