看護師が転職で後悔する理由とは?実例や悩み別に転職ポイントを解説!

北村由美

執筆者:北村由美

執筆者
看護師ライター
看護師として30年医療機関等に勤務。母の介護と仕事の両立に悩む中、ライターの仕事と出会う。 2022年11月よりフリーライターとして活動している。看護師」「介護支援専門員」をはじめ、多くの資格を保有。ブログ「看護師の働き方ブログ~アラフォーからの挑戦~」を運営
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

看護師の転職で後悔しないためには、事前に情報収集をおこない、勤務条件や待遇を十分に確認しておくことが重要です。

情報不足で確認を怠ると、転職で後悔してしまう可能性が高くなります。自己分析をし、自分の優先したい条件も明確にしておきましょう。複数の転職サイトに登録して、求人の選択肢を広げるのもおすすめです。

本記事では、独自のアンケート調査をもとに、看護師が転職して後悔する理由や、転職に成功するためのコツについて解説します。転職を成功させたい方はぜひ参考にしてください。

看護師におすすめの転職サイト5選
サイト名 評価 強み

レバウェル看護

レバウェル看護

4.8

アドバイザーの対応No,1の転職サイト。充実のサポートで納得のいく転職を実現できる。

ナース人材バンク

 

ナース人材バンク

4.5

保有求人数No.1の転職サイト。まずは登録しておきたい転職サイト。

マイナビ看護師

マイナビ看護師

4.5

利用者満足度96%を誇る大手マイナビグループの転職サイト。

ナースではたらこ

 

ナースではたらこ

4.3

病院からのスカウトが受けられる!最短1か月で転職可能!

看護師ワーカー

看護師ワーカー

4.0

好条件の非公開求人多数!専門のアドバイザーが徹底支援

 

あわせて読みたい
看護師向け転職サイト・転職エージェントおすすめ18選!メリットとデメリットも解説 転職エージェントなら看護師の転職成功に近づく! 自分に合った転職サービスを選ぶことで、希望条件に合う求人に出会えたり、担当のキャリアアドバイザーに転職を親身に...
目次

看護師の転職に関する実態調査

看護師が転職を考える際、多くの人はキャリアアップのためや、今よりよい生活を期待して転職します。ところが、転職で後悔したとの話を聞くときもあります。

転職して後悔した人は、どのような理由で後悔したのでしょうか。当編集部ではアンケート調査を実施しました。

【アンケート名】看護師の転職に関する実態調査
【調査日】2024年3月11日
【調査対象】看護師で転職したことがある男女
【調査人数】266人
【調査方法】アイブリッジ株式会社Freeasyを用いたインターネットリサーチ(調査元:キャリアアップステージ編集部)
Q1:看護師で転職経験があると回答した方に伺います。「転職して後悔した」と感じたことはありますか?最もあてはまるものをお選びください。

アンケート結果では「転職して後悔した」と感じたことのある人の割合は、約7割を占めていました。

なかでも「人間関係が悪かった」が17.5%と大きな割合を占めており、次いで「勤務条件や待遇面が求人情報と異なっていた」「前職より給料が下がった」の順でした。

次章ではアンケート結果、事例をもとに、看護師が転職して後悔する理由について解説します。

看護師が転職して後悔する理由5つ+α【実例あり】

看護師が転職して後悔する理由は、おもに以下の5つに分類されます。

一つずつ詳しくみていきましょう。

1.人間関係が悪かった

気分にムラがあるお局がいた。
(31歳・女性・病棟から外来)

閉鎖的な村社会で、同僚が上司のように君臨していた。上下関係の強い職場だった。
(53歳・女性・病院から無床の診療所)

看護師が転職をして後悔する最大の理由は、職場内の人間関係です。

人間関係の問題は看護師に限ったことではありませんが、チームで業務をおこなう機会が比較的多く、関係性がよくない職場ではストレスになる場合があります。

人間関係は事前の職場見学ではわかりにくいため、転職後後悔することになるのです。とくに人数の少ない部署では、トラブルがあると逃げ場がなく、つらいと感じる場面があるかもしれません。

また、すでに出来あがっている雰囲気になじめず、居心地の悪さを感じる場合もあります。

2.勤務条件や待遇が求人情報と異なっていた

当初の説明と業務内容が異なり、希望した業務につけなかった。
(32歳・女性・医療機関から健診機関)

残業がないと転職したら、サービス残業がめちゃくちゃある職場だった。
(35歳・男性・前職、現職ともリハビリ病院)

勤務条件や待遇が、求人情報や聞いていた話と異なっていた場合、後悔する人が多いようです。

可能であれば、希望する職場の内部事情を事前に確認することをおすすめします。自分の情報不足が原因の場合もあるため、情報収集は十分におこなうようにしましょう。

希望や優先したい条件については忘れずに確認してください。

3.前職より給料が下がった

年収が100万円下がった。
(31歳・女性・総合病院から福祉施設へ)

面接で聞いていた条件と異なっており、ボーナスがなかった。
(35歳・女性・ペインクリニックから皮膚科クリニック)

自分の優先する条件により、給料が下がることはあり得ます。

とくに夜勤のない職場を希望する場合、夜勤手当や深夜割増がなくなるため下がると思っていいでしょう。設置主体や病床規模によっても、下がる可能性があります。

2022年病院看護・助産実態調査では以下のとおりでした。

設置主体・勤続10年、31~32歳 非管理職の看護師の月額給与(一部抜粋)

設置主体平均基本給与額平均税込給与総額
平均246,770円324,446円
国立260,737円341,930円
公立268,189円340,863円
医療法人234,537円312,614円
参考:2022年 病院看護・助産実態調査/日本看護協会

設置主体が国公立の場合、比較的高めであるのがわかります。

4.事前の情報収集が足りずギャップを感じた

病院から療養所に転職し、介護がメインになった。
(56歳・女性・精神科病院から療養所)

思っていた業務内容ではなかった。
(27歳・女性・総合病院から総合病院)

事前の情報収集が足りず、ギャップを感じ後悔する人もいます。

業務内容が思っていたことと異なっていたり、スキル不足を感じたりすると、自分には合わないと感じる可能性があります。

急性期で働いていた人が慢性期の病院に転職したときや、その逆パターンのときに、環境や業務内容の違いでギャップを感じる人が多いようです。小規模の病院から大規模な病院に転職したときや、その逆のパターンでも同様です。

5.医療や医師の質が低かった

病院自体の医療レベルが低く、スタッフの教育もなされていなかった。
(40歳・女性・総合病院から国立病院)

忙しくて時間に追われ、質の高い看護が提供できなかった。
(35歳・女性・総合病院から訪問入浴へ)

あまり指導されないまま転職2日目に10数名受け持たされた。教育体制が整っておらず、続けていくのに不安を感じすぐ辞めてしまった
(36歳・女性・がん専門病院からリハビリ病院へ)

教育担当者やフォローのスタッフがおらず、初日から自立させられた。
(34歳・女性・総合病院から精神科病院へ)

転職先の医療や医師の質が低いと感じてしまい、後悔する人もいます。

スキルアップやキャリアアップを望んで転職した人は後悔する割合が高いようです。教育体制の不備や看護の質が低い場合などです。電子カルテでなく紙カルテだった、医療物品が古かったなどを理由にあげる人もいました。

とはいえ、医療や看護の質は、経営状況や職場環境にも左右されます。現場以外の状況も見極める必要があるでしょう。

6.+αの理由

そのほかアンケート結果では、医師やリハビリ職、介護職との連携がうまくいかないことを理由にあげている人もいました。

看護師の転職で後悔する人の特徴5つ

転職して後悔する人には、共通する特徴があります。おもに以下の5つです。

それぞれ詳しく解説しますので、後悔したくない人は参考にしてください。

1.給料だけを重視している

給料だけを重視して転職した人は、後悔しやすいです。

労働条件や職場の雰囲気など他のことを考えずに選んだ場合、転職先の雰囲気がよくなかったり、残業が多かったりする可能性があります。

後悔しないためには、給料以外の条件も十分に確認するのが大切です。

2.今の環境から逃れることだけを考えている

現職場に不満があり、今の環境から逃れることだけを考え転職した場合です。

人間関係に悩んだり、仕事の負担を感じたりすると「辞めたい」「転職したい」と考える人もいるでしょう。

しかし、よく考えずに転職すると、転職先でも同じことを繰り返す可能性があるため、立ち止まって冷静に考えるのが大事です。同僚や信頼できる上司に相談するのも一つの方法です。

辞めたい一心で、次の転職先を決めずに退職した人も後悔しやすいでしょう。焦って転職を決めた結果、前職場よりも労働条件や待遇が悪化する可能性もあります。

3.情報収集不足

事前の情報収集が不十分な人は、後悔する可能性が高いです。

求人情報を見るだけでは把握できない情報があります。後悔しないためには給料のほか、労働条件や病院・施設の雰囲気を確認することが重要です。

応募前に病院や施設のホームページを確認したり、見学したりして情報収集するのがおすすめです。

転職サイトを活用すると、効率的に情報収集できるでしょう。

4.キャリアの目標が明確でない

自分の将来の目標や、望む働き方が明確でない人は、後悔するかもしれません。

将来の目標を達成するためにどのような職場で働きたいのか、どのような看護をおこないたいのか、目指す看護師像を明らかにしておく必要があります。

目標が曖昧だと、やりがいを見い出せずすぐに辞めてしまう可能性が高いです。一度紙などに書き出し、整理してみるといいでしょう。

5.前職場と比較してしまう

転職すると、さまざまな点で前の職場と比較してしまうときがあります。

月額の給料は上がってもボーナスが少なかったり、希望の病院に転職できても人間関係が悪かったりして、前の職場の方がよかったと感じるのです。

環境に慣れてくると、転職してよかったと思う場面も出てくるでしょう。

看護師の転職を成功させるコツ5つ

転職を成功に導くためには、コツを知って行動することが大切です。コツは以下の5つです。

一つずつ解説しますので、できることを取り入れてみてください。

1.条件の優先順位を決める

転職先に求める条件の優先順位を決めておきましょう。

優先順位を決めないまま転職活動をすると、何を基準に選べばよいか迷う可能性があります。自分の基準を明らかにしておくのが重要です。

以下の条件から何を優先にするか考えておくといいでしょう。

希望条件の例
  • 雇用形態:正社員・非常勤など
  • 勤務時間・勤務形態
  • 休日・休暇:年間休日数や特別休暇の種類など
  • 看護内容
  • 給料、ボーナスなど
  • 教育体制やキャリアアップ支援
  • 福利厚生:退職金制度の有無や託児所の設置など

ただし、自分が求める条件がすべてそろうとは限りません。譲れない点、妥協できる点を考慮し決めましょう。

2.自己分析をおこなう

自己分析をおこない、自分を客観的にみることも重要です。

経験やスキルを整理し、強みや弱みなどを明らかにできれば、自分に合う職場を見つけられるようになります。後悔する可能性を低くできるでしょう。

簡単にできる自己分析の方法を紹介します。紙とペンを用意し、以下を書き出してみましょう。

自己分析の項目
  • 退職したい理由
  • 仕事で重視していること
  • 自分の強みや弱み、スキル
  • 自分が得意なこと・不得意なこと
  • プライベートで大切にしたいこと
  • 今後の目標

書き出した内容を整理し、どのような職場が自分に向いているか考えてみてください。

3.職場見学をおこなう

転職で後悔しないためには、現地に足を運び、自分の目で確かめることも重要です。求人情報や口コミではわからないこともあるためです。

チェックポイントは以下のとおりです。

職場見学のチェックポイント
  • 働いている職員の雰囲気、表情
  • 院内(施設内)の掃除は行き届いているか
  • 来客への対応
  • 職員の人員構成

自分が働くことを想定しチェックしてみるといいでしょう。

4.複数の転職サイトに登録する

転職を成功させるためには、複数の転職サイトに登録して、求人を比較検討するのがおすすめです。

それぞれの転職サイトから複数の求人の紹介を受けることができ、選択肢の幅が広がります。一般には公開されていない非公開情報も保有しているため、好条件の求人が見つかる可能性も高くなります。

ベテランのキャリアアドバイザーは、内部情報に詳しい人もおり、他では聞けない情報を得られる場合もあります。転職サイトは複数登録して、上手に利用しましょう。

また、口コミをチェックするのもおすすめです。よい口コミだけでなく、悪い口コミも掲載しているサイトは信頼性が高いといえるでしょう。

5.現状について上司や同僚に相談してみる

すぐに転職を考えるのではなく、現職場の環境が改善できないか考えるのも一つの手です。相談してみると、悩んでいたことが意外にすぐ解決できる場合もあります。

たとえば、給料が低いのが悩みの場合、資格取得や役割を持つことで改善できる場合もあるでしょう。

働き方が合わない場合は、部署異動などの選択肢もあります。自分にとって何がいいのか冷静に考え決断するのが重要です。

看護師におすすめの転職サイト5選
サイト名 評価 強み

レバウェル看護

レバウェル看護

4.8

アドバイザーの対応No,1の転職サイト。充実のサポートで納得のいく転職を実現できる。

ナース人材バンク

 

ナース人材バンク

4.5

保有求人数No.1の転職サイト。まずは登録しておきたい転職サイト。

マイナビ看護師

マイナビ看護師

4.5

利用者満足度96%を誇る大手マイナビグループの転職サイト。

ナースではたらこ

 

ナースではたらこ

4.3

病院からのスカウトが受けられる!最短1か月で転職可能!

看護師ワーカー

看護師ワーカー

4.0

好条件の非公開求人多数!専門のアドバイザーが徹底支援

 

転職がすぐ決まる人となかなか決まらない人の違い

転職は、活動してすぐ決まる人となかなか決まらない人がいます。両者は何が違うのでしょうか。すぐ決まる人は以下の特徴があります。

それぞれ詳しく解説しますので、転職を考えている場合はすぐ決まる人を目指しましょう。

1.情報収集は十分におこなっているか

すぐ決まる人は、希望の医療機関や施設について十分に情報収集しています。

どのような看護師を採用したいか把握しているため、自分のスキルやアピールポイントを活かし、履歴書作成や面接対策をおこなえるのです。

一方、なかなか決まらない人は情報が不足している傾向にあります。ニーズを把握していないため、効果的な対策ができません。

2.複数応募している

すぐ決まる人は、複数の医療機関や施設に応募しています。

勤務条件や待遇を同時期に比較できるため、自分に合った職場がわかります。

なかなか決まらない人は、一つずつ応募する傾向にあります。不採用の通知を受けてから、次の選定をおこなうため時間もかかり、なかなか決まらないといった事態になるのです。

3.優先したい条件が明確

転職で優先にしたい条件が明確な人は、すぐ決まる傾向にあります。

優先条件を曖昧にしていると、選択肢に迷い、なかなか決められなくなります。キャリアアドバイザーの意見にも左右される可能性もあります。

また、高い希望だけをあげている人もなかなか決まりません。妥協できる点をいくつか決めておくことも大事です。

4.面接対策をおこなっている

面接対策は転職活動において重要です。面接で聞かれる内容は、どの医療機関でも大きく変わらないので、想定される質問の回答を考えておきましょう。

以下はよく聞かれる質問の一例です。

面接で聞かれる内容の例
  • 自己紹介
  • 今までの経歴、スキル
  • 志望動機
  • 今まで勤務した職場の退職理由
  • 長所と短所
  • 看護観
  • 勤務条件

文章にしてまとめ、面接場面を想定し練習しておくのがおすすめです。

転職サイトのなかには面接対策に力を入れているところもあるので、ホームページや電話で確認するとよいでしょう。

転職で後悔したくない看護師はプロの手を借りるのもあり

レバウェル看護

レバウェル看護
  • 特徴① 求人数が多い
  • 特徴② 求人・病院ごとの情報が充実している
  • 特徴③ 「アドバイザー対応」「紹介案件の質」1位

レバウェル看護の強みは、充実した情報提供にあります。

 

10万件以上(※1)ある求人には一般的な求人詳細・施設詳細のほか、おすすめポイント、職場の雰囲気や福利厚生などの施設レビューが掲載されています。

さらに、求人によっては病院インタビューがあったり、医療方針や退職理由などを共有してもらえたりするため、具体的なイメージをもったうえで応募に進めるでしょう。

 

また、価値観や細かい条件をヒアリングしてからの求人紹介や入職後のアフターフォローなど、求職者に向き合ったサービスもポイントです。

「アドバイザー対応」「紹介案件の質」で1位を獲得した実績(※2)もあり、後悔しない転職を叶えたい方におすすめできます。

 

(※1)レバウェル看護の公式ホームページより

(※2)オリコン顧客満足度調査 2022年看護師転職 第1位

 

サービス名 レバウェル看護
運営会社 レバレジーズメディカルケア株式会社
公開求人数 154,456件
非公開求人数 非公開
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト
2024年5月15日時点

 

ナース人材バンク

ナース人材バンク
  • 特徴① 年間10万人以上の看護師が利用
  • 特徴② 各都道府県を専任で担当するキャリアパートナー
  • 特徴③ 病院勤務以外のキャリアも支援

ナース人材バンクは、年間10万人以上(※1)の看護師が利用する転職支援サービスです。

 

各都道府県ごとに担当が分かれた看護師専門のキャリアパートナーが、数ある求人の中から最適な求人を紹介してくれます。

地域密着型ならではの一歩踏み込んだ情報提供にも期待できるため、求人で気になることは気軽に尋ねてみるといいでしょう。

 

また、姉妹サイトの「ナース専科」では、求人元の病院で実際に働く方の口コミも検索可能です。 取り扱い職種は、病院勤務の看護師のほか、トラベルナースや美容クリニック、企業看護師、保育園看護師、看護教員など、多岐にわたります。

 

悩みを解決するための多彩な選択肢が用意されていることも、ナース人材バンクの強みといえるでしょう。

 

(※1)ナース人材バンクの公式ホームページより

 

サービス名 ナース人材バンク
運営会社 株式会社エス・エム・エス
公開求人数 18,729件
非公開求人数 非公開
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト
2024年5月1日時点

 

マイナビ看護師

マイナビ看護師
  • 特徴① 非公開求人多数
  • 特徴② 実際に足を使って収集した内部情報を提供
  • 特徴③ まだ転職を決めていない場合でも相談可能

マイナビ看護師は、大手人材紹介企業の株式会社マイナビが運営する転職エージェントとあって、信頼感をもって利用できるのが魅力です。

保有求人のうち3割程度(※1)が非公開の求人なので、登録すると思わぬ好条件の求人に出会える可能性があるでしょう。

 

また、情報力の高さにも定評があり、実際に病院に足を運んで収集した内部事情なども教えてもらえます。

職場の雰囲気や看護師長の人柄など、求人票からは得られないような情報も得られ、応募先の選定にも役立つはずです。

 

もちろん、履歴書の添削や面接練習、内定後の条件交渉などのサービスも手厚く、はじめて転職する方の心強い味方となってくれます。

 

「まだ転職を決めていない」という方も、まずは気軽に相談してみるのがおすすめです。

 

(※1)マイナビ看護師の公式ホームページより

 

サービス名 マイナビ看護師
運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数 65,328件
非公開求人数 16,147件
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト
2024年5月15日時点

 

看護師の転職でよくある質問

看護師の転職でよくある質問は以下の4つです。

それぞれお答えしていきます。

1.転職をしまくる看護師は不利になる?

転職回数に制限はなく、必ずしも不利になるわけではありません。

とはいえ、転職回数が多い場合、退職理由など懸念を持たれる可能性はあります。退職理由がネガティブな理由だったとしても、ポジティブな理由に変換するようにしてください。

転職はできれば3~4回程度にとどめておくのが望ましいでしょう。

2.転職先が合わない場合はどうしたらいい?

転職後、転職先が合わないと感じ、すぐ辞めたくなる人もいるでしょう。

看護師は常に人材不足であり、辞めたとしても他の求人を見つけやすい職種です。しかし、職歴として残ってしまうため注意が必要です。

再び辞める前に以下のポイントで転職先をみてみましょう。

  • 人間関係はよくなったか
  • 転職してよかったこと

先述したとおり、看護師が転職する大きな理由は人間関係です。人間関係が理由で退職した人は、前職場と比較してみてください。以前よりよくなっている場合は、留まることを考えてみましょう。

転職してよかったことも考えてみてください。理想としていた条件を一つは叶えているかもしれません。

3.転職サイトを使わない方がいいのは本当?

転職サイトを利用すると、多くの求人を紹介してもらえたり、キャリアアドバイザーのサポートを受けられたりするメリットがあります。

しかし、看護師転職サイトを使わない方がいい、といわれているのも事実です。理由は以下のとおりです。

転職サイトを使わない方がいいといわれる理由
  • 頻繁に連絡が来るときがあり、しつこいと感じる
  • 自分の希望に合わない求人を紹介される場合がある
  • 事前情報と実際の条件が異なる可能性がある

頻繁に連絡が来る場合は、連絡頻度や連絡方法について自分から希望することが大切です。また、希望を明確に伝えることで、合わない求人を紹介される機会は少なくなります。

キャリアアドバイザーとの相性もあるので、合わない場合は担当を変更してもらうのも一つの方法です。

あわせて読みたい
看護師は転職サイトを使わない方がいい?不利になる理由や使うべき人の特徴を解説 「看護師は転職サイトを使わない方がいいって口コミを聞いたことあるけど、理由は何?」 「看護師転職サイトを利用する前に、メリット・デメリットを詳しく把握しておき...

4.失敗しない時期やタイミングはあるの?

転職に適している時期は4月または10月です。

4月の入職を目指す場合、前年度末から3月にかけて転職活動するといいでしょう。人員補充や新しい体制づくりのための採用活動が活発になるためです。10月は下半期が始まる時期であり、人事異動があるためです。

この時期を目指して情報収集をおこない、余裕を持って転職活動することをおすすめします。

まとめ

看護師が転職して後悔する理由は、人間関係や勤務条件、情報収集不足が大きな割合を占めています。

求人情報だけではわからないこともあるため、実際に職場見学をおこない、雰囲気や職員の様子を確認してみるといいでしょう。

情報収集する手段には、転職サイトの利用がおすすめです。効率的に転職活動をおこない、後悔しない転職を目指しましょう。

看護師におすすめの転職サイト5選
サイト名 評価 強み

レバウェル看護

レバウェル看護

4.8

アドバイザーの対応No,1の転職サイト。充実のサポートで納得のいく転職を実現できる。

ナース人材バンク

 

ナース人材バンク

4.5

保有求人数No.1の転職サイト。まずは登録しておきたい転職サイト。

マイナビ看護師

マイナビ看護師

4.5

利用者満足度96%を誇る大手マイナビグループの転職サイト。

ナースではたらこ

 

ナースではたらこ

4.3

病院からのスカウトが受けられる!最短1か月で転職可能!

看護師ワーカー

看護師ワーカー

4.0

好条件の非公開求人多数!専門のアドバイザーが徹底支援

 

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。