POSTED 2021/10/13

弁護士ドットコムキャリアの評判・口コミやサービスの特徴を解説|併用がおすすめのエージェントまで

士業・管理部門TEAMのアバター
CAREERUPSTAGE編集部

士業・管理部門TEAM

  • URLcopy

弁護士ドットコムキャリアとは、弁護士ドットコム株式会社が運営する弁護士・法務担当者の転職支援に特化した転職エージェントです。

国内最大級の法律ポータルサイトを運営する弁護士ドットコムが提供するサービスとなれば、気になる弁護士の方も多いのではないでしょうか。とはいえ、弁護士ドットコムの本業は人材紹介ではないため、サービスの質には多少の不安を覚えますよね

この記事では、弁護士ドットコムキャリアを利用するメリット・デメリット、実際に利用した人の評判などを詳しく解説します。

公式サイト:https://career.bengo4.com/

弁護士ドットコムキャリアってどんなサービス?

弁護士ドットコムが運営する弁護士や法務担当者を対象とした転職エージェントです。

近年は、企業内弁護士需要の高まりや経済・雇用情勢の変化などの影響により、法務人材に求められる役割も高度化してきています。

そうした環境下において、弁護士ドットコムが掲げる「専門家をもっと身近に」という理念を法務人材の採用・キャリア支援をとおして実現すべく、2016年に開始した比較的新しいサービスです。

【運営会社情報】

会社名 弁護士ドットコム株式会社
本社所在地 〒106-0032
東京都港区六本木四丁目1番4号 黒崎ビル6階
※このほか、都内に分室2つ、福岡・大阪に支社をもつ
設立 2005年7月4日
代表取締役会長 内田陽介
企業サイト https://corporate.bengo4.com/

弁護士ドットコムキャリアを利用するメリット

弁護士ドットコムキャリアを利用するメリットは以下の3つ。

  • 法律事務所や企業の詳しい情報が得られる
  • 専任のコンサルタントが転職活動をサポートしてくれる
  • ひまわり求職求人ナビでは扱ってない事務所や企業の求人が見られる

それぞれ確認していきましょう。

法律事務所や企業の詳しい情報が得られる

独自のネットワークを活かし、さまざまな法律事務所や企業の情報を提供できるのが弁護士ドットコムキャリアの強みの一つです。

現在では、弁護士の3人に1人が登録している弁護士ドットコム。

多くの事務所と直接取引した実績を持つからこそ、事務所の雰囲気や所員の人柄など、求人票からではわからないような情報が提供できます

また、最近ではクラウドサインを通じて、一般企業との取引も急速に増加しています。

幅広くさまざまなサービスを手がける弁護士ドットコムだからこそ、多くの事務所や企業の詳しい情報ができるといえます。

専任のコンサルタントが転職活動をサポートしてくれる

弁護士ドットコムキャリアを利用すれば、専任コンサルタントによるさまざまな転職活動に関するサポートが受けられる点も見逃せません。

はじめての転職活動では、どういった点を意識して履歴書の文面や面接の受け答えを考えればよいか、わからないという方も少なくないかと思います。

特に、企業のインハウスを考えている場合は、スキルや経験のアピール方法に悩みますよね。

弁護士ドットコムキャリアでは、専任のコンサルタントが求人紹介から履歴書の添削・面接対策、条件交渉に至るまで、あなたの転職活動をサポートしてくれます

また、事務所や企業との日程調整もしてくれるため、在職中の方でも安心です。

ひまわり求人求職ナビでは扱ってない事務所や企業の求人が見られる

転職活動の際には、ひまわり求人求職ナビを活用する弁護士も多いと思いますが、必ずしもすべての法律事務所が登録しているとは限りません。

企業に関しては、ひまわり求人求職ナビの存在自体を知らない可能性が高いといえます。

そうしたひまわり求人求職ナビに掲載されてない求人を探す際に役立つのが、弁護士ドットコムキャリアのような転職エージェントです。

特に、弁護士ドットコムキャリアは上場企業が運営していることもあって信用できますし、知名度の高さから利用者もそれなりにいると判断がつきます。

ピンポイントで弁護士や法務の人材を探している事務所や企業にとっては、ひまわり求人求職ナビよりも使い勝手が良いわけです。

弁護士の転職支援・法務求人情報サ...
弁護士がひまわり求人求職ナビを利用するメリットは?転職活動における使い方・エージェントとの比較まで -... 「ひまわり求人求職ナビ」とは、日本弁護士連合会が運営する弁護士と司法修習生を対象とした求人サイトです。この記事では、基本的な概要や使い方、デメリット、転職エージ...

弁護士ドットコムキャリアを利用するデメリット

場合によっては、弁護士ドットコムキャリアを利用しても、良い結果につながらないこともあります。

弁護士ドットコムキャリアのデメリットについて確認しておきましょう。

登録しないとどんな求人を扱っているかわからない

弁護士ドットコムキャリアが扱う求人情報は、会員登録しないと閲覧することはできません

一部の求人については、勤務条件や業務内容等は確認できるようになっていますが、企業名はわからないようになっています。

登録したはよいものの、希望の事務所や企業の求人は扱っておらず、時間を無駄にしてしまうかもしれません。

地方求人はそれほど多くはない

弁護士ドットコムの拠点は都内と福岡、大阪にしかありません。

そのため、基本的には関東圏と大都市の求人が中心で、地方求人の扱いはそれほど多くないです。

地方での転職を考えている場合は、ひまわり求人求職ナビを利用するか、地域に特化して運営している転職エージェントを利用したほうがよいでしょう。

採用の基準が上がる

弁護士ドットコムキャリアに限った話ではありませんが、転職エージェントを利用する場合、採用基準が上がる可能性があるため注意が必要です。

例えば、ひまわり求人求職ナビは求人の掲載、採用にお金が一切かかりません。転職サイトの場合は求人掲載料に、転職エージェントの場合は採用時に紹介手数料が発生します。

特に、転職エージェントは採用した人の年収30%~50%を紹介手数料として、支払わなくてはなりません。

年収400万円の人を採用するだけでも、手数料は100万円を超えるわけです。

それだけ高い費用がかかるとなれば、できるだけ優秀な人を雇おうとするのは当然です。結果として、企業の採用基準がシビアになりやすいため、注意が必要です。

弁護士の転職支援・法務求人情報サ...
弁護士におすすめの転職エージェントと利用メリット|支援内容・転職成功事例有り - NO-LIMIT【公式】 弁護士の転職を専門に行う転職エージェント「NO-LIMIT(ノーリミット)」が、弁護士向け転職エージェントの賢い選び方と利用法を徹底解説。弁護士の方が転職エージェントを利...

弁護士ドットコムキャリアの利用が向いている人

以下のいずれかに当てはまる方は、積極的に弁護士ドットコムキャリアを活用したほうが良いでしょう。

弁護士ドットコムキャリアの利用がおすすめな人

  • キャリアアップしたい
  • 情報収集したい
  • 転職するか悩んでいる
  • インハウスに転職したい
  • 転職活動の進め方に不安がある

反対に、次のいずれかに当てはまる場合は、良い結果が得られない可能性もあるため、慎重な利用を心掛けてください。

弁護士ドットコムキャリアを慎重に利用したほうが良い人

  • 弁護士としての経験が浅い
  • 地方での転職を考えている
  • 中規模・小規模事務所への転職を考えている

もちろん、向いているからといって必ず合うとは限りませんし、不向きな人でも良い転職先が見つかることもあります。

求職者の利用は無料なので、気になる方は気軽に登録してみるとよいでしょう。

弁護士ドットコムキャリアを利用した人の口コミ・評判まとめ

司法修習後に入った法律事務所に長年勤務し、パートナーとして勤務していました。その法律事務所では営業活動がほとんど制限されており、経費負担が重いことや、パートナーでなく勤務弁護士として案件対応に集中したいことから、転職を検討し始めました。知人の勧めで弁護士ドットコムキャリアに相談したところ、自分では見つけられない求人を多く紹介してもらい驚きました。弁護士ドットコムキャリアの方には、履歴書の指導から面接対策、面接への同席まで細やかにサポートしていだだき、短期間で希望していた法律事務所の内定を得ることができました。また、仕事をしながらの転職活動だったので、面接日の調整など代わりに対応してもらえて助かりました。
引用元:弁護士ドットコムキャリア

弁護士ドットコムキャリア利用時によくある質問

一度も利用したことがなく勝手がわからないサービスにいきなり登録するとなると、不安も多いですよね。

この項目では、弁護士ドットコムキャリア利用時によくある質問をまとめたので、確認していきましょう。

なぜ無料で利用できる?

企業や事務所に求職者を紹介した際の手数料で運営しているからです。

事務所に転職活動をしていることがバレない?

所属している事務所が弁護士ドットコムで掲載している場合、そこから転職活動をしているのがバレるのではと心配になるかもしれません。

弁護士ドットコムキャリアと弁護士ドットコムは、それぞれ異なる部署が運営しており、個人情報は厳重な管理のもと扱っています。

まず事務所に転職していることがバレる心配はありません。

求人を紹介されたら応募しなきゃならない?

必ずしも紹介された求人に応募する必要はありません。自分の希望とは合わないと感じた場合には、応募を断って大丈夫です。また、転職活動をすぐに始めるはなく、情報収集だけしたいという利用の仕方でも問題ありません。

遠方住まい・多忙で面談にいけない

遠方に住んでいる、忙しくて時間がないという場合、スカイプや電話での面談も可能です。また、場合によってはコンサルタントが近場まで伺うことも可能なため、ご自身の状況に応じた対応が期待できます。

弁護士ドットコムキャリアと併せて登録をおすすめする特化型転職エージェント3選

弁護士ドットコムキャリア意外にも、弁護士に人気の転職エージェントがありますので、必見の転職サイトをご紹介します。

NO-LIMIT|弁護士専門の転職エージェント

NO-LIMIT

NO-LIMIT』は弁護士業界に特化した転職支援サービスです。求人提案先の法律事務所は、案件の獲得経路、事務所の体勢、所属弁護士の人間関係も把握しておりますので、面接対策もしっかりサポートできます。

面接日時の設定や給与などの条件交渉はもちろん、あなたの仕事に対するスタンスに合った事務所を選定します。

NO-LIMITのキャリアアドバイザーは法律事務所の内情や代表弁護士の人柄など、細かいけれど知っておきたい情報まで事前に提供してくれるため、マッチングの精度が高いのが魅力です。

応募書類の作成や面接対策などのサポートも手厚く、利用者からは希望した先から内定をもらえたとの声も多く聞かれました

公式サイト:https://no-limit.careers/

弁護士転職.jp

弁護士転職.jp

弁護士転職.jpは、弁護士や法務人材の中心とした転職サイトです。

C&R リーガル・エージェンシー社が運営している老舗のサービスですので、信頼感はあります。アトーニーズマガジンという弁護士や法務部など法曹界に従事する皆様の情報誌を発行していることでも有名です

MS-JAPAN

「MS-JAPAN」では、企画管理・資格別にて転職先をリサーチできるので、士業の方の管理部門転職に最適なサービスです。

年収や年齢によるリサーチもできるサイトですので、利便性を感じて素敵な転職先を見つけることが可能なサイトです。各地でセミナーも行っているので、近くの方は出かけてみると、さらによいマッチングがあることでしょう。

あわせて読みたい
弁護士特化の転職エージェントサイトおすすめ9社徹底比較|選び方と転職成功のポイント 弁護士の転職活動は、 ひまわり求人求職ナビや転職サイトで求人を探す 法律事務所のHPを見て応募する ほかの弁護士からの紹介で入職するなど 複数の方法があります。そ...

まとめ

弁護士ドットコムキャリアは、国内最大級の法律相談ポータルサイトを運営する弁護士ドットコム株式会社がサービス提供する転職エージェントです。

弁護士ドットコムキャリアの魅力は大きく3つ。

  • 法律事務所や企業の詳しい情報が得られる
  • 専任のコンサルタントが転職活動をサポートしてくれる
  • ひまわり求人求職ナビでは扱ってない事務所や企業の求人が見られる

2016年運営開始と比較的新しめのサービスで、まだまだ弁護士業界では転職エージェントに対する馴染みが薄いため、サービスの評判はそれほど多くはありません。

ですが、弁護士ドットコムやクラウドサインなどの運営により、さまざまな業界の情報が入ってきているとは、思います。

  • URLcopy
士業・管理部門TEAMのアバター
CAREERUPSTAGE編集部

士業・管理部門TEAM

弁護士・公認会計士・管理部門特化の転職コンテンツを作成。士業・管理部門の転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカス。転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。