不動産業界への転職はやめとけといわれる理由は?失敗しない転職方法やメリットも解説

編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

不動産業界に転職するのはやめとけ

不動産業界はブラック企業が多い

不動産業界への転職を検討すると、周囲の人たちから上記のような意見を述べられることもあるでしょう。

実際に、不動産業界は大変な仕事も多いですが、大きな活躍をみせている人もたくさんいます。

今回は、不動産業界の転職はやめとけといわれる理由を、失敗しない転職方法やメリットとともに解説します。不動産業界に興味があり、転職を考えている方はぜひ参考にしてください。

1分で無料登録!
不動産業界におすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト
RSG不動産RSG不動産
5.0
公開求人数
2.6万件
非公開求人数
非公開
不動産・建設・不動産管理の3大業界で活躍したいなら、必ず登録しておきたい特化系エージェント。収入UP率99.4%、平均1.2倍~1.5倍の年収UP実績あり!
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.8
公開求人数
36.5万件
非公開求人数
26.8万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。
ビズリーチビズリーチ
4.7
公開求人数
12.8万件
非公開求人数
2.3万件
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.5
公開求人数
4.8万件
非公開求人数
1.8万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。
dodadoda
4.3
公開求人数
21.4万件
非公開求人数
3.3万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト
RSG不動産RSG不動産
5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
ビズリーチビズリーチ
4.7
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.5
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
dodadoda
4.3
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
RSG不動産RSG不動産
5.0
口コミを読む
・面接した時に感じた事ですが、採用して頂く会社様からも信頼を得てる様に思いました。とてもオススメのエージェントだと思います。
・迅速な対応のお陰もあり、1ヶ月以内に内定まで至りました。
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.8
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!
ビズリーチビズリーチ
4.7
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.5
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。
dodadoda
4.3
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

関連記事:不動産業界の転職に強い転職サイト5選|選び方やポイントを解説

目次

不動産関連の転職はやめとけ?離職率の現状は

不動産業界の転職に強い転職サイト5選|選び方やポイントを解説

「転職するなら不動産だけはやめとけ」といわれたことはあるでしょうか。

不動産業界がすすめられないのには複数の理由が存在します。

実際に、不動産業界の仕事に転職するとどのような結果になるか気になる方もいるでしょう。ただ、離職率の観点でみるとやめておくべきというわけでもありません。

厚生労働省の令和4年雇用動向調査によると、不動産業・物品賃貸業の離職率は13.8%となります。

不動産業界に就職した方のなかで、およそ10人に12人は離職しているという結果から、数値的にはほかの業種とさほど差はないことがわかりました。不動産業界に一度就職した方たちの多くは、ある程度長く働いていることが予測されます。

次に、厚生労働省が発表した「新規大卒就職者の産業分類別就職後3年以内の離職率の推移」によると令和23月の大卒者において、不動産業界の3年以内の離職率は35.9%にいたっています。18の産業の中で8番目に多い結果でした。

さらに、同年同月の高卒では、不動産業界を3年以内に離職した割合が45.6という結果でした。大卒とは異なり、離職率は7番目に多い結果となりましたが、割合的には大卒よりも高くなっています。

ただ、ほかの業界を考慮すると、大卒も高卒もそれほど不動産業界の離職率は高くないことがわかります。数値を見ると、高すぎるわけでもなく、低すぎるわけでもないといえるでしょう。

不動産業界は人によって向き不向きがあるのかもしれません。「不動産業界に転職するのはやめとけ」といわれたことのある方は、自分にとって向いている仕事かどうかを見極めることが大切です。

不動産業界への転職はやめとけといわれる理由7

「不動産業界への転職はやめとけ」といわれるのにはさまざまな理由が考えられます。

おもに考えられる理由は以下のとおりです。

不動産業界に興味があり、上記の理由にひとつでも不安を感じる項目があった方は、苦手を克服する対策を考えておきましょう。

営業職の場合はノルマがきついから

不動産業界の営業職の場合、毎月のノルマが定められています。

企業によって内容は異なりますが、定められたノルマに対してきついと感じる方もいるでしょう。

ノルマの設定方法は賃貸仲介や不動産売買によっても変わりますが、基本的には売上金や獲得できた契約数でしめされます。

例として、ノルマは「1ヵ月に結ぶ契約数は5件以上」「今月の売上金300万円」など、数値で決められることが多い傾向です。

不動産業界はノルマを達成するのが難しい場合があり、やめとけといわれるケースがあります。

ストレスと疲労が溜まるから

不動産業界は、ストレスや疲労が溜まりやすい仕事としても知られています。

ノルマに追われる日々を送り、まったく進展がない状態が続くと、不安やプレッシャーが大きくなりストレスが溜まりがちです。

また、仕事内容や量においてもハードです。顧客に部屋を紹介する際に、実際に物件がある場所まで向かう必要があり、顧客からの相談にも応じなくてはいけません。1日に多くの顧客と対応しなくてはならず、疲労が溜まることも多くなる場合があります。

不動産業界への転職を考えている方は、ノルマに対するプレッシャーと、仕事のハードさを考慮したうえで検討しましょう。

時期によっては時間外労働も多いから

不動産業界は、時期によって時間外労働をせざるを得ないケースも多く見受けられます。

顧客と関わる仕事のため、要請があれば勤務時間外でも対応しなくてはいけません。

訪問客の用件は、賃貸物件を探したり、土地を購入したりするための相談だけではありません。緊急な用事があり、突然電話で相談される場合もあるため、顧客の都合で動く必要があります。

とくに、13月の引っ越しシーズンは新生活による賃貸物件の相談が多く寄せられるでしょう。とても忙しくなることが予測されるため、状況によっては休日出勤をしなくてはいけないことも考えられます。

「不動産業界に転職するのはやめとけ」といわれるのには、時間外労働をせざるを得ない状況があるからというのも理由のひとつです。

実力によって給与に影響が出るから

「不動産業界はやめとけ」といわれる理由として、実力によって給与に影響が出る心配も関係しています。

不動産業界の営業職に基本給はありますが、低い金額が設定されているため安定した生活は望めません

不動産の場合、基本給にくわえてインセンティブが設けられています。契約数や売り上げを伸ばした分だけ給与が高くなる形式です。

営業成績が上がれば高い収入を期待できますが、契約数や売り上げに貢献できなければ、収入は上がりにくくなってしまいます。実力が不足している方にとっては、収入が上がらないことが痛手になり、生活に支障をきたすおそれがあるかもしれません。

不動産業界への転職を検討している方は、自分がどれだけの実力が出せるかをあらかじめ予測してみましょう。

職場の人間関係が大変だから

職場の人間関係が大変になる部分も、不動産業界に転職するのをやめとけといわれる理由です。

ノルマが達成できず、業績が上がらない時期が続くと、上司にプレッシャーをかけられるおそれがあります。

上司からの圧力にくわえて、成績の良い同僚が身近にいる際のストレスも決して小さくはありません。「どうして自分だけ伸びないんだろう」という焦燥感にかられるリスクも生じます。

また、不動産業界は仕事内容によって施工会社や管理会社、現場職など多くの人と関わる場面もあります。それぞれの担当者や仕事内容によって用件も違うため、臨機応変に対応できなければ過度な疲労が溜まる場合もあります。

不動産業界を検討している方は、人間関係の大変さを把握しておきましょう。

顧客との関わりが難しいから

不動産業界は、さまざまな顧客と接しなければいけません。幅広い年代の方や、社会人や学生、独身者または既婚者など多くの方が相談に来ます。

顧客によって、距離感の保ち方や会話をするときの盛り上がり具合など、細かい気配りが大切です。

また、不動産業界ではさまざまな悩みをもった顧客一人ひとりに対応する必要もあります。不動産を購入するのか、アパートやマンションの一室を賃借するのかなど、要件によっても説明の内容や注意事項などが変わります。

顧客の相談内容に合わせて、あらゆる知識を駆使しながら対応していかなくてはいけないため、大変な仕事になります。

休日が不規則になりがちだから

休日が不規則になりがちなところも、「不動産業界に転職するのはやめとけ」といわれる理由です。

職種や企業にもよりますが、顧客を相手にする手前、どうしても土日に仕事をしなくてはいけないケースが多くなります。

土日が休みの顧客に合わせて働かなくてはならないため、家庭がある方にとっては、家族との休日を過ごせない可能性が高くなります。

ただ、不動産の管理会社や開発事業者であるデペロッパーなど、企業や職種によっては土日や祝日が休みのケースもあります。

不動産業界そのものに興味があり、営業職でなくても良い方は、別の職種を検討するのも良いでしょう。

不動産業界は悪いことだけじゃない?転職して得られる5つのメリット

「不動産業界はやめとけ」といわれたり、やめとけといわれる理由を把握すると、不動産業界はデメリットしかない印象が根づいてしまいます。

しかし、不動産業界にも以下のようなメリットがあります。

不動産業界に興味のある方は、やめとけという意見に惑わされず、メリットにも目を向けてみましょう。

高い業績を出せば高収入を得られる

不動産業界のメリットとして、高い業績を出せば高収入を得られることが挙げられます。

前項でお伝えしたように、不動産業界は基本給にインセンティブが足されるので、契約数や高い売り上げを出した分、収入も高くなります。

ノルマ以上の業績が出せれば、年齢や勤続年数に関係なく高収入が狙えるでしょう。営業成績によっては、100万円の収入も実現できるかもしれません。

営業力に自信のある方や、収入を増やしたい願望のある方は、不動産業界に挑戦しても良いでしょう。

学歴に関係なく活躍できる

不動産業界で挙げられる2つ目のメリットは、高い学歴や経験がなくても転職可能なところです。

不動産業界は実力社会のため、転職後にどれだけ活躍できるかが重視されます。

実際に、不動産業界の営業職では学歴不問で未経験可能な求人は多く出ています。不動産業界で活躍するには、学歴ではなく高いコミュニケーションスキルと企業に貢献できる実力が重要です。

顧客の生活を支えられる

顧客の生活を支えられるところも、不動産業界のメリットです。土地を購入したり、賃貸を借りたりする際、顧客は自分にとって住みやすい場所を選びます。

しかし、顧客自身は引っ越し先について、土地勘もなければ詳しくもありません。

そこで、顧客の住みたい場所の条件を聞き、最適だと思える場所を提案することで、住みやすい暮らしを提供することができます。

顧客に満足されるたびにやりがいを感じる方もいるはずです。さまざまな顧客とコミュニケーションをとりながら暮らしを支えたい方は、不動産業界に向いているといえるでしょう。

地域をよりよくする手伝いができる

地域をより良くするサポートができるのも、不動産業界に転職して得られるメリットです。

空いている土地を有効活用したり、新たな建物の建設に携わったりすることで、地域を発展させる手助けができます。

地域によって、人々はあらゆる施設や店舗を必要としています。

「食料の買出しが大変だから近くに食料品店を建てて欲しい」「運動不足だからジムを建設してほしい」「病院を近くに建てて欲しい」など、地域住民の要望に応える活躍ができるのも、不動産業界のメリットといえます。

人々の暮らしをより良くしたいという思いがある方は、不動産業界への転職を検討してみましょう。

実力をつければ多くのキャリアプランを計画できる

不動産業界は、実力をつければさまざまなキャリアプランを計画できます。

仕事で培った知識や経験は、不動産関連の現場においてさまざまなところで重宝されます。

おもに、不動産業界に転職したあとのキャリアプランとして、以下のような例が挙げられます。

  • 現職より高い収入を目指せる同業他社へ転職
  • 現職で昇進を目指す
  • 現職の上司が独立して新たに設立した企業でともに働く
  • 独立し、自身で不動産業を経営する

仕事に対して、大きな目標を掲げたい方は、不動産業界への転職を考えてみても良いでしょう。

1分で無料登録!
不動産業界におすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト
RSG不動産RSG不動産
5.0
公開求人数
2.6万件
非公開求人数
非公開
不動産・建設・不動産管理の3大業界で活躍したいなら、必ず登録しておきたい特化系エージェント。収入UP率99.4%、平均1.2倍~1.5倍の年収UP実績あり!
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.8
公開求人数
36.5万件
非公開求人数
26.8万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。
ビズリーチビズリーチ
4.7
公開求人数
12.8万件
非公開求人数
2.3万件
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.5
公開求人数
4.8万件
非公開求人数
1.8万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。
dodadoda
4.3
公開求人数
21.4万件
非公開求人数
3.3万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト
RSG不動産RSG不動産
5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
ビズリーチビズリーチ
4.7
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.5
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
dodadoda
4.3
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
RSG不動産RSG不動産
5.0
口コミを読む
・面接した時に感じた事ですが、採用して頂く会社様からも信頼を得てる様に思いました。とてもオススメのエージェントだと思います。
・迅速な対応のお陰もあり、1ヶ月以内に内定まで至りました。
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.8
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!
ビズリーチビズリーチ
4.7
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.5
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。
dodadoda
4.3
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

不動産業界への転職に向いている人の特徴とは?

「不動産業界への転職はやめとけ」という言葉を一概に信じる必要はありません。

人によっては、十分に活躍できる可能性もあります。

以下に、不動産業界への転職に向いている人の特徴を紹介します。

ひとつでも該当する方は、不動産業界への転職に挑戦してみましょう。

目的を達成したいという思いが強い人

不動産業界への転職に向いている人の特徴として、目的達成のために頑張れる方が挙げられます。総じて、競争心が強い方に多い傾向です。

たとえ毎月の売り上げや契約数が伸び悩んでいても動じることなく、設定されたノルマ以上に多くの業績を残したいという強い意思をもつ方には向いています。

また、目的意識が強い方は簡単に心が折れることはありません。より具体的な目的をあらかじめ設定できているため、達成したいという思いを強くもち続けられます。

上昇志向が強い人

上昇志向が強い方も、不動産業界に向いている人の特徴です。

上昇志向をもっていれば、ノルマを達成できなったとしても不安やストレスの感情に負けず、原因を追求しようとします。

働き方を改善するには、どうして契約できなかったのか、どの部分が足りなかったのか、どうすれば契約数を増やせるのかなどの追及が大切です。原因を追求して、「翌月はもっと業績を伸ばそう!」と前向きに考えられる方が、営業成績を上げられます。

また、職場の同僚と大きな差をつけたいという願望がある方も、上昇意欲が強いタイプといえます。

仕事において、少しずつでも成長していきたいと考えている方は、不動産業界への転職も視野に入れてみましょう。

体力と忍耐力に自信がある人

不動産業界で活躍するためには、体力と忍耐力が必要不可欠です。

業務上体力を使ううえに、ノルマが達成できなかったときのストレスに耐える必要があります。体力と忍耐力があれば、疲れやストレスに負けず、常に平常心で仕事ができるでしょう。

一方、ストレスに弱く、感情の浮き沈みに影響を受けやすい方は注意が必要です。

不動産業界に転職したいと考えているのであれば、あらかじめ体力と忍耐力を鍛えておきましょう。

コミュニケーション能力が高い人

不動産業界で営業職として働くのであれば、高いコミュニケーションスキルが必要です。

不動産業界は、場所や仕事内容によってさまざまな人と関わります。

職場では上司や同僚と関わる機会が多く、仕事面では別の職種の方たちと連携することもあれば、年齢や性別が異なる顧客と接する機会もあります。

不動産業界に転職したいと考えている方は、自身のコミュニケーションスキルがどの程度あるのかを今一度把握しておきましょう。

働く日時に条件がない人

働く日時に条件がない方は、不動産業界に向いているといえます。

顧客に合わせる関係で、休日のコントロールがしづらく、平日が休みになりがちです。

家庭の事情で休日に働きづらい方や、毎週末に予定を入れたいと考えている方は、働きづらい環境になってしまうかもしれません。

定期的な用事がなく、必要なときに出勤できるような方は、不動産業界に転職しても良いでしょう。

不動産業界への転職に成功するための5つの方法

不動産業界に転職したい方は、まず転職に成功するための方法を把握しましょう。

本項目では、以下の方法について解説します。

転職する方法をきちんと理解して準備することにより、「不動産業界に転職するのはやめとけ」という言葉に惑わされず、理想とする企業に出会えるでしょう。

転職後の目標を明確にしておく

転職に成功するための方法として、まずは転職後の目標を明確にしておきましょう。

不動産業界への転職目標を明確にしておけば、「なんとしてでも実現させよう」という高いモチベーションをもって転職活動ができるはずです。

また、目標を立てる際はできるだけ具体的に決めることをおすすめします。昇進を目指すのか、月の契約数をどれほど獲得するのか、目指したい月収額など、自分のやる気が上がるような目標を立てると有効です。

また、自身の業績以外にも、顧客に向けた目標を立てるのも良いでしょう。顧客の相談に対し、最適な解決策を提供したいなど、サービスの質を意識するのも有効です。

転職活動をおこなう前に、不動産業界で達成したい目標を明確にしておきましょう。

不動産業界を意識した自己分析をおこなう

不動産業界への転職に成功するには、自己分析を十分にすることが大切です。

とくに、不動産業界を意識した自己分析を心がけてください。

自己分析のコツとして、前項の「不動産業界の転職に向いている人」を参考にすると効果的です。

方法としては、はじめに向いている方の特徴や不動産業界で必要なスキルを挙げます。それらをもとに自身に該当する強みや弱みを洗い出します。次に、自身に不足している点や、不足部分を補うにはどうすれば良いかなどを考えてみましょう。

上記の手順までおこなうと、不動産業界に向いている人に近づくことができます。

本格的な転職活動に入る前に、不動産業界を意識した自己分析を徹底しておこなってください。

不動産関連の企業研究と分析を徹底する

不動産関連の企業研究と分析を徹底するのも、転職に成功するための方法です。

企業研究や分析は、自分が活躍できそうな職場を選ぶことを目的としています。

すべての業界に該当しますが、世の中にはいわゆる「ブラック企業」と呼ばれるところも存在します。ブラック企業にあたらないためにも、企業の労働時間や環境、福利厚生などを入念に調べてみることをおすすめします。

環境の悪い職場にあたらないためにも、事前に企業研究と分析は入念におこないましょう。

転職エージェントを利用する

不動産業界への転職を成功させるために、転職エージェントを利用するのもひとつの方法です。

自分で転職活動がおこなえるか不安な方はとくに検討してください。

転職エージェントに登録すれば、プロのキャリアアドバイザーが書類選考から面接対策まですべてサポートしてくれます。また転職のサポートだけでなく、企業選びも一緒におこなってくれるため、ブラック企業を避けたい場合にも有効です。

転職活動の対策や企業選びに自信がない方は、転職エージェントの利用も検討してみましょう。

不動産業界で役立つ資格を取得する

不動産業界で役立つ資格を事前に取得するのも、転職に成功するための方法です。

資格を保有していれば、より責任のある仕事や専門的な業務に携われる可能性があります。また、専門的な業務にくわえて仕事の幅が増えるため、昇進できる可能性も高まります。

求人を募集している不動産業界のなかには、資格を保有している方を優先している企業も存在します。

不動産業界に転職したい方におすすめの資格は、あとの項で紹介しますのでぜひ最後までご覧ください。

不動産業界の転職におすすめの転職エージェント

確実に不動産業界へ転職したい方は、転職エージェントを利用しましょう。転職エージェントにはさまざまな種類があります。

不動産業界の情報が豊富な転職エージェントもありますので、以下で紹介しているサービスをぜひ参考にしてください。

RSG不動産転職

RSG不動産転職
  • 特徴① 年収アップ率99.4%
  • 特徴② 面接対策や履歴書・職務経歴書の添削などのサポートが充実
  • 特徴③ 不動産業界に特化

不動産業界に特化したRSG不動産転職では、月収・年収アップの支援を得意としています。

平均して1.2倍〜1.5倍の収入増(※)を実現しており、現職の収入に不満を抱える方に最適なエージェントです。

 

内定獲得に直結する面接対策にも特徴があり、1,000回以上の面接同行から得られた面接官の傾向をもとに、各企業ごとの「面接攻略法」を共有してもらえます。

また、不動産業界に限定せず、建設業界・不動産管理業界も含めてキャリアアップの提案を受けられるのが魅力です。

 

幅広い業界で転職支援をおこなっている株式会社RSGならではのサービスといえます。

 

(※)RSG不動産転職の公式サイトを参照

 

サービス名 RSG不動産転職
運営会社 株式会社RSG
公開求人数 優良求人を直接ご紹介
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • RSGオリジナルの面接対策
  • 年収を上げたい方に
  • 建設、不動産管理業界の転職サポートも可能
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト
2024年4月時点

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)
  • キャリアアドバイザーの提案力に定評がある
  • 公開・非公開を合わせて約70万件以上の求人を保有

 

『リクルートエージェント』は、転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)です。
※2022年6月時点、厚生労働省「人材サービス総合サイト」における有料職業紹介事業者のうち無期雇用および 4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(リクルート集計)

 

リクルートエージェントの注目すべき特徴は「キャリアアドバイザーの提案力に定評がある」点でしょう。

 

あなたの気づいていない価値を見つけ出し、活かせる転職先を紹介してくれ、採用担当者にあなたのことを売り込んだり、入社後の条件を交渉したりすることを得意としています。

 

サポート力には定評があるため、「自分自身を売り込むのが苦手」「年収などの条件交渉を代行してもらいたい」といった人におすすめです。

 

サービス名 リクルートエージェント
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数 395,821件
非公開求人数 347,727件
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
※2024年5月15日現在

 

【リクルートエージェントの口コミ・評判】

模擬面接を通して「何をメインに伝えたらよいか」「企業側はどういう考えか」など、本番の面接で役に立ったことを学べました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

職務経歴書の添削を丁寧にしていただき、各企業に精通した担当者からのアドバイスが、とても参考になりました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

 

ビズリーチ

ビズリーチ
  • 特徴① 年収の高い求人情報に出会える
  • 特徴② ハイクラス向けの求人数を多く保有
  • 特徴③ ヘッドハンターからスカウトが届く

ビズリーチは、圧倒的な知名度があるためハイクラス求人が非常に多く、保有求人の3分の1以上が年収1,000万円を超えています。

 

ビズリーチを使った転職活動は2つあります。

 

1つは採用企業から直接スカウトを受けることです。採用企業と直接やり取りできるため効率よく活動を進められます。
もう1つは所属ヘッドハンターのサポートを受けて活動を進める方法です。

 

希望の条件を伝えることでより希望にマッチした求人を提案してもらえる場合や、職務経歴書の書き方や面接対策などのサポートを受けられる場合があります。

 

なお、ビズリーチは転職サービスでは珍しい有料のサービスです。


一部無料でも利用できますが、有料プランでないと使える機能が限られるため、本格的に転職を考えている場合は有料プランの利用を検討しましょう。

 

有料というとデメリットと捉えられがちですが、有料である分、掲載企業や提携コンサルタントの利益のみを追求したサービスになりにくいのが魅力です。

 

サービス ビズリーチ
運営会社 株式会社ビズリーチ
公開求人数 117,375件
非公開求人数 非公開
対応地域
全国、海外
公式サイト
2024年5月15日時点

不動産業界への転職を考えている人におすすめの資格5

不動産業界への転職を考えている方は、事前に資格を取得するのがおすすめです。

本項では、以下の資格を紹介します。

資格を取得していれば有利な立場で転職できるため、「不動産業界への転職はやめとけ」といわれることも少なくなるでしょう。

宅地建物取引士

不動産業界に転職する方には、宅地建物取引士の資格がおすすめです。

宅地建物取引士は、不動産売買や不動産仲介の際、おもに以下の業務を担います。

  • 重要事項説明書面に関する内容説明
  • 同書面への記名・押印
  • 契約内容書面への記名・押印

宅地建物取引士の資格を取得するには、宅地建物取引士資格試験に合格する必要があります。

合格率は決して高くはありませんが、きちんと学習することで取得可能です。資格取得を目指している方は、ぜひ受験してみましょう。

不動産鑑定士

不動産鑑定士もまた、不動産業界へ転職する際に有利な資格です。

不動産鑑定士は、土地や建物などの経済価値を見定めて適切な価額を判断する人を指します。

複数ある鑑定評価の項目を確認した後、不動産鑑定士としての良心に従って、適正と判断される鑑定評価額を決定します。

不動産鑑定士の資格を取るためには、不動産鑑定士試験を受験する必要があります。短答式と論文式で構成されており、両方に合格することで資格の取得が可能です。

賃貸不動産経営管理士

不動産関連の資格には、賃貸不動産経営管理士という資格も存在します。

賃貸不動産経営管理士は、2021年から正式に国家資格として認定された資格です。賃貸住宅管理に関する知識・技能・倫理観を持った専門家として、賃貸不動産の管理を適切におこないます。

賃貸不動産所有者の資産の有効活用や不動産に居住する賃借人の安全・安心を確保するなどの業務をおこないます。

賃貸不動産経営管理士の資格は、賃貸不動産経営管理士試験に合格すれば取得可能です。毎年1回おこなわれ、四肢択一方式で50問出題されます。

マンション管理士

マンション管理士も、不動産業界に転職するうえで有利な資格です。

マンション管理士は、おもにマンション管理についてのコンサルティングをおこないます。マンションに関する多くの専門知識が問われるため、資格取得は難易度が高い傾向です。

マンション管理士の国家試験もまた、賃貸不動産経営管理士と同様四肢択一方式の問題が出題されます。

合格率は低い割合なので、資格の取得を検討している方は多くの時間を確保して勉強しなければいけません。

普通自動車免許

不動産業界への転職を検討している方は、普通自動車免許の取得も重要です。

顧客に物件を紹介する際、職場から距離の離れたところへ移動するときに、自動車免許を保有していないと案内することができません。

職場においても活躍が期待できず、契約数や売上などのノルマにも影響するでしょう。

不動産業界への転職を検討している方は、普通自動車免許は取得しておく必要があります。

不動産業界への転職に関するよくある質問

不動産業界への転職については、以下のような質問が多くみられます。

気になる内容がある方は、ぜひ参考にしてみてください。

不動産業界に向いていない人は?

体力的に自信のない方や、学びの意欲が少ない方、土日に休みを取りたい方には向いていないかもしれません。

不動産業界のガラが悪いのは本当?

企業により職場環境は変わります。

ただ、なかなかノルマを達成できない方に対しては、上司からのプレッシャーがかかるかもしれません。

不動産業界のホワイト企業を見極める方法は?

不動産業界のホワイト企業を見極める方法は事前の企業研究が必要です。

自身でおこなえるかが不安な方は、転職エージェントの利用をおすすめします。

不動産業界のブラックリストは存在する?

信頼できるブラックリストは存在しません。

ただ、国土交通省が設けた「ネガティブ情報等検索サイト」では、過去に行政処分を受けた記録のある不動産業者を検索できます。

行政処分を受けたことのある業者を避け、できるだけ評判の良い職場に注目すれば、ブラック企業にあたる可能性は減らせるでしょう。

参考記事:ネガティブ情報等検索サイト|国土交通省

20代未経験では不動産業界への転職は難しい?

きちんと対策をおこなえば、誰にでも転職できる可能性はあります。


20代から転職を成功させるコツは「20代未経験でも不動産業界に転職できる!仕事の種類や魅力、転職成功のポイント」で詳しく解説しています。

「不動産業界への転職はやめとけ」という意見を気にする必要はない

転職活動をおこなう際、「不動産業界に転職するのだけはやめとけ」という言葉を耳にすることもあるでしょう。

しかし、やめとけという言葉を鵜呑みにし、はじめから転職を諦める必要はありません。

不動産業界は、大変な部分もたくさんありますが、魅力的なメリットも多く存在します。働く意思の強さによっては、十分な活躍と収入アップも期待できます。

不動産業界への転職を考えている方は、多少の不安はあるかもしれませんが、良い職場環境の転職先に出会うためにも転職エージェントのサポートを受けながら転職活動を始めてみましょう。

1分で無料登録!
不動産業界におすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト
RSG不動産RSG不動産
5.0
公開求人数
2.6万件
非公開求人数
非公開
不動産・建設・不動産管理の3大業界で活躍したいなら、必ず登録しておきたい特化系エージェント。収入UP率99.4%、平均1.2倍~1.5倍の年収UP実績あり!
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.8
公開求人数
36.5万件
非公開求人数
26.8万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。
ビズリーチビズリーチ
4.7
公開求人数
12.8万件
非公開求人数
2.3万件
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.5
公開求人数
4.8万件
非公開求人数
1.8万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。
dodadoda
4.3
公開求人数
21.4万件
非公開求人数
3.3万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト
RSG不動産RSG不動産
5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
ビズリーチビズリーチ
4.7
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.5
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
dodadoda
4.3
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
RSG不動産RSG不動産
5.0
口コミを読む
・面接した時に感じた事ですが、採用して頂く会社様からも信頼を得てる様に思いました。とてもオススメのエージェントだと思います。
・迅速な対応のお陰もあり、1ヶ月以内に内定まで至りました。
リクルートエージェントリクルートエージェント
4.8
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!
ビズリーチビズリーチ
4.7
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。
マイナビエージェントマイナビエージェント
4.5
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。
dodadoda
4.3
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。
  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。