30代のフリーターでも転職は可能?やばいといわれる理由や転職に成功する方法を解説

編集者
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

フリーターしかやったことない30代でも転職は可能?

30代のフリーターでも正社員として転職できる?

現在、30代フリーターのなかには将来へ不安を覚えて、上記のような悩みを抱える方もいるでしょう。

今回は、30代フリーターの転職がなぜ難しいといわれるのかを、転職に成功させる方法と合わせて解説します。

正社員に転職したい、今よりもっとよいキャリアを積みたいと考えている30代フリーターは、本記事の内容を参考にしてください。

1分で無料登録!
フリーター・未経験者におすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 評価 ポイント 公式サイト

えーかおキャリア

えーかおキャリア

5.0
【入社後定着率97%】マンツーマンサポートで自分に合った企業が見つかる

ハタラクティブ_ロゴ

ハタラクティブ

4.8
【就職成功率80%】適職診断&徹底した面接対策を無料で受けられる

キャリアパーク

キャリアパーク

4.7
【書類選考なし】最短1週間で内定実績あり。

就職カレッジ JAIC

就職カレッジ

4.5
ビジネスマナーや履歴書・面接対策まで無料で学べる

キャリアスタート新卒

キャリアスタート

4.0
【年収アップ率83%】高待遇案件の求人を多数保有。
2024年4月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト
えーかおキャリアえーかおキャリア
5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
ハタラクティブ_ロゴハタラクティブ
4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
キャリアパークキャリアパーク
4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
就職カレッジ JAIC就職カレッジ
4.4
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
キャリアスタート新卒キャリアスタート
4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年4月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
えーかおキャリアえーかおキャリア
5.0
口コミを読む
・自分一人で転職活動をしていたら、なかなか入れない企業への内定が決まりました。
・自分でもびっくりするくらいすぐに内定をもらえました!
ハタラクティブ_ロゴハタラクティブ
4.8
口コミを読む
・「ブラック企業は排除しています」ということを明言してくれていたので、安心感が持てました。
・主要都市の求人が多かったので、田舎にもあれば良いなと思いました。
キャリアパークキャリアパーク
4.6
口コミを読む
・求人の質は良く自身の希望条件にマッチした求人が比較的多くあり紹介数も多数あり利用感は良かったです。
・求人情報の一部が更新されず、情報の正確性に欠けることがある。
就職カレッジ JAIC就職カレッジ
4.4
口コミを読む
・まだまだ未熟だった自分でしたが、スキルアップに繋がる講義などもあり助かりました。
・転職が初めてだった自分としては本当に背中を押してもらえたようなサポート体制でした。
キャリアスタート新卒キャリアスタート
4.2
口コミを読む
・大変親身なサポートをしてもらえて、スキルに自信がなかった自分でも数社から内定を貰う事ができました。
・なんとなく登録しましたが、30代後半は募集案件がありませんでした。
2024年4月1日時点

関連記事:30代向け転職サイトおすすめ比較ランキング【2024年最新】女性・男性・フリーターなど解説

目次

30代のフリーターが転職するのはやばい?正社員への転職事情

まず、30代のフリーターが転職する上でどのくらいの難しさがあるのかを、厚生労働省の資料などを参考にご説明します。

先に概要をお伝えすると次のとおりです。

フリーター期間が長くなるほど正社員転職に不利になる

フリーターから正社員になれた割合を見てみると、正社員になれるかどうかはフリーターの継続期間が関係しているのかもしれません。

2022年に労働政策研究・研修機構が調査した「フリーターの継続期間と正社員になれた割合」によれば、フリーター歴が短いほど正社員になれた割合が高くなっています。

引用元:労働政策研究報告書|労働政策研究・研修機構

上のグラフでは、フリーター継続期間が1年以内の場合、正社員になれた割合は男女合計で68.8%でした。

しかし、フリーターを5年以上続けている人は、32.3%と半分以上も減少していることがわかります。

以上のことから、とくに正社員として転職したい場合は、フリーター継続期間は短い方が有利であるといえるでしょう。

ただ、フリーター継続期間が34年の部分を見てみると、割合は若干上がっています。

フリーターの経験を活かして正社員になれた可能性もあり、正社員になれた割合は必ずしもフリーターの継続期間に影響しているともいいきれないようです。

フリーターでも業務内容や誠実さがあれば評価してくれる企業や職種がある

企業がフリーターを評価する際にとくに重視している項目が、企業規模別で厚生労働省のページに掲載されました。

引用元:フリーターになった理由|厚生労働省

とくに評価ポイントが高い項目は以下のとおりです。

  • フリーターであっても、募集する職種と関連があればプラスに評価する
  • フリーターであっても、ひとつの企業に継続して勤務している期間が一定期間あればプラスに評価する
  • フリーターであっても、経験から何を得てどのように活かしていくかが明確に説明できる場合はプラスに評価する

上記ふたつ目の項目は、フリーターの継続期間についてプラスに評価しています。

正社員になれた割合でお話しした、フリーター歴が34年の割合が若干高めだったのは、経験を活かしたことだけでなく継続期間も評価されているのかもしれません。

ただ、やはりフリーターの継続期間が1年以内の「正社員になれた割合」は、もっとも高い数値となっています。

30代のフリーターで転職を考えている方は、早めの転職活動にうつり、企業がプラスのイメージをもつ部分を意識することが大切です。

30代フリーターが転職するのがやばいと言われる理由

30代のフリーターが転職するのはやばいといわれる理由は以下のとおりです。

フリーターや年齢は転職活動にとても左右します。

転職活動を検討している30代フリーターの方は、年齢や経歴を意識することが大切です。

年齢的に採用される可能性が低いから

フリーターの30代が転職するのは難しいといわれる理由に、年齢が関係していることがあげられます。

30代は20代と比べると年齢が高く、若手の人材を求めている企業が採用しづらくなるためです。

30代は、20代と比べて体力的にも余裕がなくなるうえ、企業側から新しい仕事を覚えるためのキャパシティが少ないと思われやすくなります。

とくに30代後半になると、フリーターを採用してくれる企業はさらに減るでしょう。30代は、20代が求められるような「若さ」ではなく、別のスキルに注目されます。

若手を募集する求人がたくさんあるから

30代のフリーターの転職が難しい理由には、若手の人材を求める求人が多いことあげられます。

とくに、未経験可能で募集している求人は、20代の若手を求める傾向にあります。

若手を募集する企業は、おもに体力的な仕事ができる方や、手厚く教育すれば将来的に活躍できそうな人材を求めがちです。30代は20代と比べると体力が減り、年齢を重ねているぶん、勤続年数も少なくなるため敬遠される傾向にあります。

30代で転職をする際は、若手を求める企業を選択肢から外した方がよいでしょう。

30代はある程度のスキルや知識が求められるから

30代の転職では、仕事に関してある程度のスキルや知識が求められます。

30代のフリーターの転職が難しいといわれる理由として、スキルや知識が少ないことも挙げられます。

一般的に30代の求職者は、年齢的に20代よりも長く働いているため、実務経験や専門知識が備わっているとみなされます。

企業側が、いざ送られてきた書類に目をとおした際、とくに役立ちそうなスキルやアピールポイントがなければ採用する気を失くしてしまうでしょう。

年齢の割にスキルや経験がないから

30代という年齢でスキルや経験が少ないことも、採用されづらくなる理由のひとつです。

30代でフリーターの場合、スキルや経験がないのではと考えられ、採用を見送られる可能性が高くなります。

継続年数や経歴にもよりますが、フリーターで生計を立てていると、スキルを身につけるのは難しいかもしれません。

転職の際に求められるスキルは年齢によって異なります。30代の場合も歳相応のスキルを求められるのです。

30代フリーターで転職をしたいのなら、企業側が魅力に思うスキルをもち合わせておく必要があります

フリーターは真面目な印象をもたれづらいから

30代のフリーターが転職するのが難しい理由として、真面目な印象がもたれづらいことも予測されます。

一般的な観点で、30代は社員として就職しているはずだと考えられるからです。

フリーターは、「なぜその歳で定職に就いていないんだ」と怪訝な目で見られやすくなります。そのため、「真面目でないから仕事に就けない人」という印象をもたれる場合もあるようです。

あまり責任を問われないフリーターの身では、具体的な根拠がないとしても不真面目な印象をもたれやすくなるでしょう。

30代フリーターが正社員に転職する方法

30代のフリーターは転職が難しいと思われがちですが、方法次第で成功することは可能です。

労働政策研究・研修機構が、フリーターが正社員になるためにおこなった取り組みについて調査し、まとめました。

本記事では、とくにおすすめできる取り組みについて紹介します。

実際におこなわれた、正社員になるための取り組みは以下のとおりです。

正社員になるための取り組み割合
(30~34歳の男性)
割合
(30~34歳の女性)
ハローワークなどの公的機関に相談した39.5%38.7%
両親や知人・友人に仕事の紹介を依頼した14.2%13.6%
ほかの会社の正社員に応募した24.7%32.7%
正社員になる見込みのある企業に応募した28.4%33.7%
引用元:労働政策研究報告書|労働政策研究・研修機構

30代前半の例ですが、35歳以降でも参考にできる方法です。

上記の方法を試せば、30代のフリーターでも転職できる可能性は十分に高められます

正社員になりたい、もっとよい待遇で働きたいと考えている方は、これから紹介する方法を実行してみてください。

ハローワークを利用する

30代のフリーターが転職する方法として、ハローワークの利用が挙げられます。

ハローワークは、公的機関が設けている就職支援サービスのようなものであり、求職者に求人が紹介されるところです。

転職について相談に行くと、担当のスタッフがサポートをしてくれるため、求人についての情報などを仕入れることができます。ハローワークは、とくに自宅の近くなどで働きたい方におすすめです。

一人で転職活動ができるか不安な方は、ハローワークに相談してみましょう。

信頼できる方に相談する

信頼できる方に相談するのも、30代のフリーターが転職する方法のひとつです。

自分のことをよく知っている家族や友人に相談することで、自分に合った仕事を紹介してもらえる可能性があります。

人手不足に陥っていて、30代の働き手は十分な戦力として考えている会社も多いです。

知人が働く会社や関連企業を紹介してもらうことができれば、比較的簡単にフリーターから転職できることもあるでしょう。

ほかの企業に目を向ける

フリーターとして働いている現職に気が進まない方は、ほかの業界や職種にも目を向けてみましょう。

今まで関わる機会のなかった仕事を調べると、興味のある職業に出会えるかもしれません。

経験がない職種は、最初から正社員として採用されるのは難しいかもしれませんが、まずはアルバイト形態から勤務してみるのもおすすめです。

現時点で興味をもてる仕事がない場合は、自分なりに情報収集をしてみてください。

正社員登用があるアルバイトをする

正社員登用とは、パートやアルバイト社員を将来的に正社員にすることがある制度のことで、アルバイト求人には「正社員登用あり」などと記載されています。

30代フリーターとなると、いきなりの正社員転職が難しいケースも出てきますが、アルバイトからの正社員登用であればチャンスも広がることでしょう。

ただし、正社員登用があるアルバイト求人には「小売業」「サービス業」などが多い傾向にあり、求人が限られている点に注意が必要です。

また、今働いているアルバイト先が気に入っているのであれば、話によっては正社員にしてくれる場合があります。

担当する社員やマネージャーなどに社員登用の話を聞いてみても良いでしょう。

紹介予定派遣で働く

紹介予定派遣とは、将来的に正社員(直接雇用)になるかどうかの話し合いの機会が設けられる派遣社員の働き方の一種です。

働く側としては、実際の職場で働いてみて、その仕事や職場の雰囲気が自分に合っているかを判断できるメリットがあります。

アルバイトの正社員登用と似たような正社員へのなり方ですが、「オフィスワーク」や「介護・福祉」「工場」などでの仕事も見つけやすい点が特徴です。

転職エージェントを利用する

30代のフリーターが正社員に転職する方法として、転職エージェントを利用するのも手段のひとつです。

転職エージェントは、プロのキャリアアドバイザーから転職のサポートをしてもらえます。

サポート内容は、書類対策から面接の練習、企業の紹介から条件交渉まで全て網羅しています。

転職エージェントはハローワークと同様、一人で転職活動をおこなうのが不安な方におすすめです。

1分で無料登録!
フリーター・未経験者におすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 評価 ポイント 公式サイト

えーかおキャリア

えーかおキャリア

5.0
【入社後定着率97%】マンツーマンサポートで自分に合った企業が見つかる

ハタラクティブ_ロゴ

ハタラクティブ

4.8
【就職成功率80%】適職診断&徹底した面接対策を無料で受けられる

キャリアパーク

キャリアパーク

4.7
【書類選考なし】最短1週間で内定実績あり。

就職カレッジ JAIC

就職カレッジ

4.5
ビジネスマナーや履歴書・面接対策まで無料で学べる

キャリアスタート新卒

キャリアスタート

4.0
【年収アップ率83%】高待遇案件の求人を多数保有。
2024年4月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト
えーかおキャリアえーかおキャリア
5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
ハタラクティブ_ロゴハタラクティブ
4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
キャリアパークキャリアパーク
4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
就職カレッジ JAIC就職カレッジ
4.4
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
キャリアスタート新卒キャリアスタート
4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年4月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
えーかおキャリアえーかおキャリア
5.0
口コミを読む
・自分一人で転職活動をしていたら、なかなか入れない企業への内定が決まりました。
・自分でもびっくりするくらいすぐに内定をもらえました!
ハタラクティブ_ロゴハタラクティブ
4.8
口コミを読む
・「ブラック企業は排除しています」ということを明言してくれていたので、安心感が持てました。
・主要都市の求人が多かったので、田舎にもあれば良いなと思いました。
キャリアパークキャリアパーク
4.6
口コミを読む
・求人の質は良く自身の希望条件にマッチした求人が比較的多くあり紹介数も多数あり利用感は良かったです。
・求人情報の一部が更新されず、情報の正確性に欠けることがある。
就職カレッジ JAIC就職カレッジ
4.4
口コミを読む
・まだまだ未熟だった自分でしたが、スキルアップに繋がる講義などもあり助かりました。
・転職が初めてだった自分としては本当に背中を押してもらえたようなサポート体制でした。
キャリアスタート新卒キャリアスタート
4.2
口コミを読む
・大変親身なサポートをしてもらえて、スキルに自信がなかった自分でも数社から内定を貰う事ができました。
・なんとなく登録しましたが、30代後半は募集案件がありませんでした。
2024年4月1日時点

30代のフリーターが転職できる可能性を上げるためのコツ

転職できる方法がわかったあとは、30代のフリーターでも転職できる可能性を上げるコツを把握しておきましょう。

本項目では、おもに以下のコツを解説します。

内容によっては時間がかかるかもしれませんが、誰にでもできるものばかりなので、すぐに実行してみましょう。

早めの転職を決意する

30代のフリーターで正社員になりたいと考えている方は、できるだけ早めに転職を決意するよう心がけましょう。

30代は、とくに前半と後半でも採用確率が変わります。年齢的には大差ないように思うかもしれませんが、企業側は年齢のわずかな差にも注目しています。

同じ30代といっても、31歳や32歳と比べて、38歳や39歳は「40近い年齢」とも表現されます。

今以上に年齢を重ねないためにも、30代のフリーターで転職を検討している方は、すぐに行動にうつる準備をしてください。

自己分析をおこなう

30代のフリーターで正社員になりたいと考えている方は、転職活動に入る前に自己分析をおこなうのも大切です。

自己分析では、フリーターでの経験をもとに自分の得意な仕事はなにか、逆に苦手なことはなにかを分析します。

自分に合った仕事や働き方が自ずとわかってくるため、分析データは転職活動に活かせます。

活躍できそうな企業を選んだり、アピールするべきポイントがわかったりするのも期待できるため、自己分析は入念におこなっておきましょう。

自分に向いている業界を探す

30代のフリーターで転職を考えている方は、自分に向いている業界探しも視野に入れましょう。

前項で紹介した自己分析をおこなえば、どの業界が自分に向いているかがわかりやすくなります。

自己分析のデータをもとに、どの業界が活躍できそうかを見極めます。たとえば、コミュニケーションスキルに自信がある場合は接客業や営業職など、得意分野で考えると相応しい業界を見つけやすくなります

正社員への転職を考えている方は、自己分析をおこなうとともに自分に向いている企業の研究にも力を入れておきましょう。

自分に合った企業選びをおこなう

30代のフリーターで転職したいと考える方は、自分に合った企業選びをおこないましょう。

自分が働けそうな企業を選択しないと、入社後のミスマッチなどですぐに辞めるリスクが生じます。

企業の雰囲気や働き方、勤務地はどこにあるのかなど、さまざまな要素に注目して選ぶのがおすすめです。

なるべく多くの企業に目をとおして、とくに自分に合いそうな企業を見極めましょう。

現職と同業の転職先を探す

フリーターとして、現職の仕事を問題なくこなせている方は、現職と同業の転職先を探すのもひとつの方法です。

フリーターとはいえある程度の仕事のコツはわかっているはずなので、転職後も覚え直す項目が少ない状態で業務に取りかかれます。

企業からも「要領はつかめているだろう」と思われ、正社員として採用される可能性も期待できます。現職が好きな方、やりがいを感じられる方は、同業の転職先を探してみてもよいでしょう。

企業は30代フリーターに何を求めているのか

転職活動をする際、30代であれば以下のスキルが求められます。

転職を検討している30代のフリーターの方は、上記のスキルを身につけるよう心がけましょう。

コミュニケーションスキル

30代で転職する場合、コミュニケーションスキルが求められます。

とくにフリーターしか実務経験がなく、目立つスキルがない場合は、最低限もっておくべきスキルです。仕事の要領や質は、コミュニケーションに大きく左右されます。

仕事面でのコミュニケーションは報連相が大事なのはもちろんですが、さらに連絡をするタイミングや言葉遣いも重視しましょう。正確なコミュニケーションをとることで、効率よく仕事がまわります。

新たな環境に対する適応力

30代で転職を目指す場合は、新たな環境に対する適応力も意識しておきましょう。

30代は20代とは違い、体力的にも余裕がありません。新しい仕事内容を覚えたり、新たな環境に慣れたりするための余裕は決して多くはないかもしれません。

しかし、適応力を身につけておけば、周囲にいる同じ転職希望者の30代に差をつけることができます。20代ほどではありませんが、全体的には30代も若い世代です。新たな環境でも十分にやり直せます。

転職活動を考えている方は、新しい環境や仕事内容に適応できるように、事前に職場環境や仕事内容をできる限り調べておきましょう。

忍耐力・継続力

30代でフリーターをしている方は、忍耐力や継続力があまりないと判断されてしまうことも少なくありません。

忍耐力がないと判断されてしまうことで、採用してすぐに退職されることを懸念され、結果として不採用になってしまいます。

しかし、フリーターとしての経歴でも、同じアルバイト先を続けてきた場合とアルバイトを転々としていた場合とでは印象が違います。

同じアルバイトを続けてきた方は、そこがアピールに繋がらないかどうか考えてみましょう。

また、何かしらの理由や目標があってフリータをしていた方であれば、仕事以外のことで何かを継続していたことや、アルバイトをしながら目標に向けた活動をしてきた忍耐力などをアピールできる場合があります。

惰性でフリーターを続けていた場合以外はアピールできる部分も多いため、いろいろな観点から自分のこれまでの取り組みを振り返ってみると良いです。

即戦力

30代が求められるスキルとして、即戦力も挙げられます。

30代は仕事の経験があり、すぐに活躍できると期待されやすいためです。

即戦力をアピールするには、過去に経験したことのある職種を希望するのがおすすめです。フリーターであっても、正社員として即戦力で活躍できる仕事はたくさんあります。

30代で正社員として転職したいと考えている方は、即戦力として活躍できる仕事を選んでみましょう。

マネジメント能力

30代が正社員として転職する際は、少なからずマネジメント能力にも注目されます。

30代は、20代よりも実務経験が多く、仕事の要領もつかめているとみなされます。そのため、社員をまとめるマネジメント能力も、多少は備わっているだろうと考えられます。

フリーターの場合でも、周囲の方をまとめたり、指導したりする機会はあるでしょう。

たとえば、新人バイトの指導をしたり、シフトリーダーとして業務管理をおこなったりなどの経験がある方は、十分にマネジメント力をアピールできます。

30代のフリーターが転職するのにおすすめの業界や職種5選

30代のフリーターで転職をしたいと考えていても、どの業界に進めばよいかわからなかったり、就きたい職種が決まっていなかったりする方もいるでしょう。

転職先などの進路が不明な方は、以下の業界がおすすめです。

ひとつずつ紹介します。業界や職種で悩んでいる方は、ぜひ参考にしてください。

運送業界

30代のフリーターが転職する業界として、運送業界がおすすめです。

運送業界では20代や30代を対象に、トラックなどのドライバーを募集している企業も存在します。

ドライバー業務をおこなう際は大型免許が必要ですが、入社後に免許を取得できる制度を備えている企業もあります。

ただ、はじめから大型免許を保有していれば面接に通過する可能性が高まるうえ、正社員として採用されやすくなります。

転職先で悩んでいる方で、とくに車の運転などが好きな方は、運送業界に目を向けてみてもよいでしょう。

介護業界

30代のフリーターで転職先に悩んでいる方には、介護業界もおすすめです。

介護業界は、少子高齢化の影響で人手不足が懸念されています。30代の年齢でも十分に若いとされ、未経験のフリーターなどでも採用されやすいのです。

また、介護業界は高齢者との会話や生活の介助をする機会が多いため、コミュニケーション能力と体力が求められます。

2つのスキルに自信があり、高齢者の生活を支えたいと考えている方は、介護業界に応募するのもひとつの方法です。

IT業界

30代のフリーターで転職先を探している方には、IT業界もおすすめです。

IT業界は、インターネットなどの情報通信サービスが普及したことにより、人材確保が追いついていない傾向にあります。

人材確保を目的として、教育制度を整えている企業も多く存在するため、未経験でも挑戦できる可能性は十分にあるのです。

さらに、IT業界はプログラミングやデザインのスキルを身につければ、収入アップも狙えます。

実力次第では、フリーターからエリートサラリーマンへ一気にのぼりつめるのも可能なため、転職先の候補として考えてよいかもしれません。

営業職

転職先を探している30代のフリーターは、営業職にも目を向けてみましょう。

営業職は、業界問わず実力を求められる職種です。学歴や年齢などは関係なく、コミュニケーションスキルがあればフリーターでも挑戦できます。

営業職の給与形態は、基本給にくわえて歩合制で成り立っているため、実力次第では高収入も狙えます。契約数や売り上げを伸ばせた場合は、年収1,000万円の可能性も捨てきれません。

ただし、営業職は契約を結んでもらうために忍耐力やコミュニケーションスキル、提案力などが必要です。

スキルに自信がある方は、転職先に考えてもよいでしょう。

事務職

30代のフリーターで転職先に悩んでいるのであれば、事務職にも注目してみましょう。

事務職もまた、未経験ではじめられる仕事のうえ、正社員として採用されやすい職種といえます。

近年では、社内データを電子保存している企業が増えています。年齢や学歴に関係なく、社員のサポートや正しい作業ができれば十分活躍できる職種です。

パソコンを使うスキルや、正確な作業に自信のある方は、事務職への転職も検討してみましょう。

1分で無料登録!
フリーター・未経験者におすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 評価 ポイント 公式サイト

えーかおキャリア

えーかおキャリア

5.0
【入社後定着率97%】マンツーマンサポートで自分に合った企業が見つかる

ハタラクティブ_ロゴ

ハタラクティブ

4.8
【就職成功率80%】適職診断&徹底した面接対策を無料で受けられる

キャリアパーク

キャリアパーク

4.7
【書類選考なし】最短1週間で内定実績あり。

就職カレッジ JAIC

就職カレッジ

4.5
ビジネスマナーや履歴書・面接対策まで無料で学べる

キャリアスタート新卒

キャリアスタート

4.0
【年収アップ率83%】高待遇案件の求人を多数保有。
2024年4月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト
えーかおキャリアえーかおキャリア
5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
ハタラクティブ_ロゴハタラクティブ
4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
キャリアパークキャリアパーク
4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
就職カレッジ JAIC就職カレッジ
4.4
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
キャリアスタート新卒キャリアスタート
4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年4月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
えーかおキャリアえーかおキャリア
5.0
口コミを読む
・自分一人で転職活動をしていたら、なかなか入れない企業への内定が決まりました。
・自分でもびっくりするくらいすぐに内定をもらえました!
ハタラクティブ_ロゴハタラクティブ
4.8
口コミを読む
・「ブラック企業は排除しています」ということを明言してくれていたので、安心感が持てました。
・主要都市の求人が多かったので、田舎にもあれば良いなと思いました。
キャリアパークキャリアパーク
4.6
口コミを読む
・求人の質は良く自身の希望条件にマッチした求人が比較的多くあり紹介数も多数あり利用感は良かったです。
・求人情報の一部が更新されず、情報の正確性に欠けることがある。
就職カレッジ JAIC就職カレッジ
4.4
口コミを読む
・まだまだ未熟だった自分でしたが、スキルアップに繋がる講義などもあり助かりました。
・転職が初めてだった自分としては本当に背中を押してもらえたようなサポート体制でした。
キャリアスタート新卒キャリアスタート
4.2
口コミを読む
・大変親身なサポートをしてもらえて、スキルに自信がなかった自分でも数社から内定を貰う事ができました。
・なんとなく登録しましたが、30代後半は募集案件がありませんでした。
2024年4月1日時点

転職だけじゃない?30代フリーター向けのキャリアプラン

30代のフリーターで、正社員になりたいと考えている方は、転職活動以外にも目を向けてみましょう

キャリアアップや正社員になることを重視している方は、以下のプランを実行するのもひとつの手段です。

具体的に説明していきます。キャリアで悩んでいる方は、参考にしてください。

まずは契約社員として働いてみる

正社員以外のキャリアプランとして、まずは契約社員としての勤務が挙げられます。

契約社員は雇用期間が決まっており、満期に達した際に契約を更新するか、解除するかを決められる雇用形態です。

契約社員として勤務している間に、職場が自分に合っているか、やりがいをもって仕事に取り組めるかなどを見極めることができます。

気に入った職場であればさらに契約を更新し、合わないと思った際は契約を解除して再び転職活動をするのもよいでしょう。

はっきりとしたプランが決まっていない方は、契約社員という働き方を検討みてはいかがでしょうか。

派遣社員として働いてみる

契約社員のほかに、派遣社員という働き方もプランとして挙げられます。

派遣社員とは、人材派遣会社と雇用契約を結び、指定された企業に派遣される社員のことです。

派遣会社の担当者とともに、勤務地や勤務時間、雇用期間などの条件を考え、自分に合った職場を選ぶことができます

派遣社員は正社員とは異なり、残業する必要もなければ追加の業務を与えられることもありません。あらかじめ決められた業務のみをこなし、定時になれば退勤できます。

派遣社員も契約社員と同様、雇用期間が決まっています。契約を更新したいと思った際は、引き続き勤務してみましょう。

派遣社員は契約社員とは異なり、契約を解除しても職を完全に失うのではなく、引き続き派遣会社からのサポートを受けられます。

派遣社員として職探しをおこなえるので、正社員になるまでのつなぎとして利用するのもひとつの方法です。

正社員登用制度を利用する

30代でフリーターとして働いている場合、いきなり転職で正社員を目指すのではなく、正社員登用制度の利用も検討してみましょう。

正社員登用制度とは、一定期間働いたのち審査にとおれば、現職で正社員として働ける制度をいいます。

フリーターやアルバイト・パートだった方たちが、実力次第では正社員として採用してもらえるのです。派遣社員や契約社員などの非正規雇用の従業員も、雇用期間中に職場が気に入った際は制度を利用ができます。

正社員登用制度を設けている職場で働いている方は、転職活動をはじめる前に制度を利用も考えてみましょう。

資格を取得する

30代のフリーターで転職を希望している方は、転職活動の前に資格の取得を目指してみてもよいでしょう。

なにかしらの資格を取得すると、業界や職種によっては専門的な仕事に着手できるようになります。

専門的な仕事ができるようになれば、将来的には上の立場に昇進したり、キャリアアップが目指せたりするかもしれません。また、特定の資格をもつ人を求めている企業では、資格があると採用率も高まります

資格取得にはある程度の学習期間は必要ですが、資格は取っておいて損はないのでおすすめです。とくに、もち合わせているスキルに自信のない方は、資格取得も視野に入れておきましょう。

就職以外の働き方を考える

確かに正社員は社会的信用も高く安定性もありますが、正社員として働くことだけが正解だとは限りません。

ご自身の考え方やライフワークと正社員としての働き方が一致していないようであれば、他の働き方も検討しても良いでしょう。

近年では、インターネットを通じて案件を受注するクラウドワークの働き方も増えてきています。動画編集やライティング、プログラミングなどの経験がある方は、フリーランスとしての働き方も始めやすいでしょう。

営業などの人と触れる仕事に適性がある方は、歩合制の仕事もあります。

売れない時のリスクは伴いますが、売れる営業になれれば給料も高くなる傾向にありますし、採用する側も「結果さえ出してくれれば良い」の考えを持っていることが多いので、これまでのフリーターの経歴を気にされないこともあります。

このように、正社員への転職以外にもいろいろな働き方はありますので、どのような方法が一番自分に合っていて、効率的に収入を得られるかを考えてみても良いでしょう。

30代フリーターにおすすめの転職エージェント

上でも触れましたが、30代のフリーターから正社員転職を目指す場合は、転職エージェントを利用することもおすすめです。

ただし、転職エージェントは基本的にこれまでの職歴に基づいてマッチした職業を紹介してくれるサービスです。

社会人になってからずっとフリーターを続けてきた方は、これと言ってアピールできる職歴がない場合も考えられます。

その場合、転職エージェントからの求人紹介も厳しいものになる可能性があることも考慮しておきましょう。

転職エージェントを利用しつつも、社員登用があるアルバイト求人を探したり、紹介予定派遣の求人を探したりする方法も取っておきましょう。

転職エージェントによっては、それらの求人を紹介してくれるケースもありますので、最初の面談時に相談してみても良いでしょう。

こちらでは、比較的に求人数が多くて、幅広い職種を取り扱っている大手エージェントをご紹介します。

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績No.1の転職エージェント
  • 公開・非公開を合わせて約70万件以上の求人を保有
  • 「未経験可」の求人も約5万件保有

『リクルートエージェント』は、転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)です。

求人数が非常に多く、公開求人・非公開求人を合わせて70万件以上の求人数を保有しています。また、「未経験可」の求人も5万件ほどありましたので、フリーターから正社員に転職を考えている30代の方でも、求人は探しやすい転職エージェントに挙げられるでしょう。

契約社員の求人も取り扱っているようなので、契約社員から正社員を目指すような手法の提案も受けることができるでしょう。

求人の多さは圧倒的ですので、転職エージェントを使う際にはまずは登録しておいて間違いない転職エージェントに挙げられます。

(※)2022年6月時点、厚生労働省「人材サービス総合サイト」における有料職業紹介事業者のうち無期雇用および 4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(リクルート集計)

サービス概要
サービス名リクルートエージェント
運営会社株式会社リクルート
公開求人数395,821件
非公開求人数347,727件
対応地域東京・名古屋・大阪・福岡など全国/海外
公式サイトhttps://www.r-agent.com/
2024年5月15日時点

関連記事:リクルートエージェントの評判や口コミから分かるメリット・デメリットを解説

マイナビエージェント

マイナビエージェント
マイナビエージェントの特徴
  • 20代~30代の転職に強み
  • 夜間や土曜日にも相談可能
  • 約5,000件の「業界未経験歓迎」求人を保有

マイナビエージェントも大手運営の転職エージェントで、はじめて転職する方におすすめです。

全体の求人数は約6万件とそこまで多いわけではありませんが、マイナビ独自のネットワークによって、マイナビでしか見られない求人も多く保有してあります。

また、「業界未経験歓迎」の求人も5,000件ほどありました。

マイナビエージェントでは、厳選された求人が多い印象を受けるため、フリーターで職歴に自信がない方は、十分な求人紹介を受けられない可能性が考えられます。

ただ、20〜30代の転職に強みを持っている転職エージェントでもありますので、これからのキャリアを考えたい場合に相談に行ってみることもおすすめです。

サービス概要
サービス名マイナビエージェント
運営会社株式会社マイナビ
公開求人数58,835件
非公開求人数14,190件
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイトhttps://mynavi-agent.jp/
2024年5月15日時点

関連記事:マイナビエージェントの口コミ・評判まとめ|口コミから利用するメリットも解説

ハタラクティブ

ハタラクティブ
ハタラクティブの特徴
  • 求人全体の約8割が未経験OK
  • 利用者の8割が大企業に就職
  • 書類通過率96%以上、内定率80%以上

「ハタラクティブ」は、主にフリーターや第二新卒・既卒をターゲットにした未経験求人を豊富に取り扱う転職エージェントです。

利用者は20代が想定されていますが、転職成功体験の項目に30歳の方の体験談も載っていたため、30代前半の方であれば、ギリギリ求人を紹介してもらえる可能性もあるでしょう。

フリーターから正社員に転職したいと考えている場合、多くが未経験者として考えられて採用試験を受けることになります。

効率的に未経験可の求人を探せる転職エージェントですので、未経験でも応募しやすい求人を知りたい方におすすめの転職エージェントです。

サービス概要
サービス名ハタラクティブ
運営会社レバレジーズ株式会社
公開求人数4,005件
非公開求人数非公開
対応地域全国
公式サイトhttps://hataractive.jp/
2024年5月15日時点

関連記事:ハタラクティブの評判はやばい?やめとけ?口コミから利用するメリット・デメリットを解説

30代のフリーターでも転職は可能だがハードルは上がる

30代のフリーターの場合、転職は可能ですがハードルが上がるでしょう。

20代と比べると年齢的にも不利なうえ、フリーターという立場からスキルや実力の面でどうしても懸念点が生まれるためです。

ただ、たとえ30代のフリーターであっても、工夫次第で転職を成功させることはできます。

自分のスキルや実務経験が不足しがちで、キャリアアップを諦めかけている方もいるでしょう。しかし、諦める必要はありません。

転職活動のやり方がわからない方は、企業に採用されるにはどうすればよいかを、あらためて考え直してみてください。

1分で無料登録!
フリーター・未経験者におすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 評価 ポイント 公式サイト

えーかおキャリア

えーかおキャリア

5.0
【入社後定着率97%】マンツーマンサポートで自分に合った企業が見つかる

ハタラクティブ_ロゴ

ハタラクティブ

4.8
【就職成功率80%】適職診断&徹底した面接対策を無料で受けられる

キャリアパーク

キャリアパーク

4.7
【書類選考なし】最短1週間で内定実績あり。

就職カレッジ JAIC

就職カレッジ

4.5
ビジネスマナーや履歴書・面接対策まで無料で学べる

キャリアスタート新卒

キャリアスタート

4.0
【年収アップ率83%】高待遇案件の求人を多数保有。
2024年4月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト
えーかおキャリアえーかおキャリア
5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
ハタラクティブ_ロゴハタラクティブ
4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
キャリアパークキャリアパーク
4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
就職カレッジ JAIC就職カレッジ
4.4
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
キャリアスタート新卒キャリアスタート
4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年4月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト
えーかおキャリアえーかおキャリア
5.0
口コミを読む
・自分一人で転職活動をしていたら、なかなか入れない企業への内定が決まりました。
・自分でもびっくりするくらいすぐに内定をもらえました!
ハタラクティブ_ロゴハタラクティブ
4.8
口コミを読む
・「ブラック企業は排除しています」ということを明言してくれていたので、安心感が持てました。
・主要都市の求人が多かったので、田舎にもあれば良いなと思いました。
キャリアパークキャリアパーク
4.6
口コミを読む
・求人の質は良く自身の希望条件にマッチした求人が比較的多くあり紹介数も多数あり利用感は良かったです。
・求人情報の一部が更新されず、情報の正確性に欠けることがある。
就職カレッジ JAIC就職カレッジ
4.4
口コミを読む
・まだまだ未熟だった自分でしたが、スキルアップに繋がる講義などもあり助かりました。
・転職が初めてだった自分としては本当に背中を押してもらえたようなサポート体制でした。
キャリアスタート新卒キャリアスタート
4.2
口コミを読む
・大変親身なサポートをしてもらえて、スキルに自信がなかった自分でも数社から内定を貰う事ができました。
・なんとなく登録しましたが、30代後半は募集案件がありませんでした。
2024年4月1日時点
  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。