9月内定なしからの就活は厳しい?遅い?秋採用でホワイト企業に入社する方法を徹底解説!

編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

就活の時期はますます早まっていて、ピークは3年生の春からはじまると言われています。企業の採用時期に合わせて行動しないと、内定に至るのが難しくなるからです。

では、4年生の夏までに内定をもらう学生が多いなか、9月からの就活では遅いのでしょうか?

結論から言うと、9月就活は難易度が高めですが、決して内定をもらえないわけではありません。

本記事では、9月就活を成功させるポイントや、自身にマッチする企業の探し方を解説していきます。本記事を読み、内定までのステップを効率よく踏んでいきましょう。

あわせて読みたい
就活エージェントおすすめ比較21社|24卒・25卒向けに各社の特徴を徹底解説 「就活エージェント」って調べると口コミとして、イイこと悪いこと色々書いてあるから選びにくいと思います。会社自体が優れていても、担当者の質が低い事は良くある話...
目次

9月内定なしからの就活は厳しい?遅い?

結論から言うと、9月からの就活は遅めです。なぜなら、およそ7割の学生は、9月までに内定をもらっているからです。

文部科学省と厚生労働省では、令和33月大学等卒業予定者の就職内定状況を共同で調査し、令和2101日現在の状況を取りまとめましたので、公表します。取りまとめの結果、大学生の就職内定率は69.8%(前年同期比7.0ポイント低下)となりました。

引用元:令和2年度大学等卒業予定者の就職内定状況調査(10月1日現在)について

4年生の秋までに就活を終わらせている学生のほうが、割合としては多くなっています。

就活のピークは、大学3年生の3月〜4年生の6月頃と言われています。内々定を受ける時期は、12月〜3月までの方が多いです。

  • 内々定を受けた時期は、概ね昨年度と同様だが趨勢的に12月から3月までが高まっている。
  • 累計では6月までに約9割が最初に内々定を受けている。
引用元:学生の就職・採用活動開始時期等に関する調査結果について(概要)

ただし、9月以降の就職が無理なわけではありません。秋から就活に取り組み、内定をもらっている学生もいるからです。ポイントをつかんで、行動量を増やしていけば、いい結果をつかむことができるでしょう。

9月以降の就活は「秋採用」と呼ばれる

4年生の9月〜11月の就活を秋採用と言います。

秋採用という文字を見かけたら、9月以降も採用をしているとわかるので、覚えておくようにしましょう。

一方で、12月以降は冬採用と言われています。

9月まで就活が決まらない理由

4年生の9月まで内定が決まらないのは、どのような理由があるからでしょう。

結論、以下の通りです。

4年生の9月まで内定が決まらない理由
  • 就活に向き合っていない
  • 自己分析ができていない
  • 業界・企業分析ができていない
  • 大手企業ばかり受けている
  • 自己流で就職活動をしている

就活がうまくいかなくても、落ち込む必要はありません。なぜなら、原因を分析できれば、9月からの内定も可能だからです。

就活を成功させるコツは、同じ失敗を繰り返さないことです。1つずつ確認していきましょう。

就活に向き合っていない

9月まで内定が決まらない人のなかには、就活に本気で向き合っていない方も少なくありません。

就職したい気持ちが強ければ、業界や企業を前もって調査しているはずです。ところが、なんとなく就活してきて9月まで内定をもらえなかった人もいるでしょう。

また、どうやって就活を進めていけば、内定をもらえるのかとひとりで悩んでいる限り、このまま内定がもらえないままかもしれません。

就活に本気で向き合っている人と、向き合っていない人とでは、エントリーシートの内容や、面接時の受け答えで分かってしまうものです。

9月になっても内定がもらえない方は、ひとりで悩むのではなく就活エージェントにサポートしてもらって内定を勝ち取りましょう。

自己分析ができていない

自分の強みや弱み、性格を深く分析できていないと、内定をもらうのは難しいでしょう。その理由は、自分に合う企業がわかっていないからです。

たとえば、コミュニケーションが得意ではない人がいたとします。もし営業の仕事を選んだら、どうなるでしょう。おそらく、企業側は選考のときに、入社しても、マッチしないのでは?と考えるはずです。

したがって、内定をもらうためにも自分はどんな人間なのか、深く洞察する必要があります。

以下の内容は事前に考えたほうがいいでしょう。

内定をもらうために事前に考えたほうがいい内容
  • 得意なこと
  • 好きなこと
  • やりたいこと

強みとなる部分をアピールできれば、きっと就活もうまくいくはずです。

業界・企業分析ができていない

以下のような2名の学生がいたとして、どちらを採用するでしょうか。

  • 業界や企業について勉強していて、前向きである
  • 事前にまったく勉強せずに、やる気が見えない

おそらく前者を採用するでしょう。入社してからも成長し、会社にとって貴重な人材になる可能性があるからです。

このように、新卒採用ではやる気があるかを見られます。

学生のときから、社会人としての能力が高い人もいますが、ごくごくわずかです。成長したい気持ちが強い人のほうが、採用につながりやすいでしょう。

大手企業ばかり受けている

ビジネスモデルの完成度が高く、周りからの信頼が厚い就活生にとって大手企業は人気があります。

研修制度の整っている大手に入社したい、と思っている就活生が多い分、内定をもらうのは簡単なことではありません。また、大手企業は安定しているという考え方も、今後は必ずしも当てはまるとは限りません。

大手企業ばかり受けるとしたら、中小企業やベンチャー企業といった他の企業にも目を向けたほうがいいでしょう。

自己流で就職活動をしている

就活には、内定をもらうまでの流れがあるなかで、その流れを無視して、自己流で就活していると、うまくいかない可能性があります。

以下のような方は、うまくいかない可能性が高いでしょう。

自己流で就活してうまくいかない可能性が高い方
  • 自己分析をせずに企業を選んでいる
  • 身だしなみに気をつかってない
  • 自己PRや志望動機の内容が薄い
  • 面接対策をしていない

自分一人でどこが間違っているのか気づいて、対策することは簡単なことではありません。初めておこなう就職活動でわからないことばかりで悩んでしまうのは当然のことでしょう。

就活で行き詰まっている方は、自己流での就活をいったんやめて、多くの就活生をサポートしてきたエージェントに相談するのをおすすめします。

9月就活で募集をかけている企業の特徴

すべての企業が、9月に採用活動をしているわけではありません。すでに内定枠が埋まっていて、活動しなくてもいい企業はたくさんあります。

では、秋採用で募集をかけている企業は、どのような特徴をもつのでしょうか。

結論から言うと、以下の通りです。

秋採用で募集をかけている企業の特徴
  • ベンチャー企業
  • 目標人数を確保できなかった企業
  • 内定辞退者が出た企業

それぞれ解説していきます。

ベンチャー企業

就活は3年春から、4年夏までにピークを迎える期間に、採用に力をいれているベンチャー企業が多いのは事実です。

一方で、新規事業の立ち上げや事業拡大により、人手が少なくなったタイミングで採用をおこなう企業もあります。

大企業や有名企業のように、人手が足りているベンチャー企業はそう多くありません。就活生の少ない9月以降に、募集をかけるケースは少なくないのです。

人気のある企業から、いきなり募集がかかることもあります。気になる企業があったら、チェックしてみましょう。

目標人数を確保できなかった企業

内定枠の埋まらなかった企業は、秋採用にも引き続き力を入れています。

目標人数に達しなかったのは、以下の理由が考えられるでしょう。

内定枠が目標人数に達しなかった理由
  • 入社希望者が想定よりも少なかった
  • 目標人数を多く見積もった

内定者を多く必要とする組織には、大手企業やグループ会社が当てはまります。人気のある大手企業でも、必要な人数に足りていない場合は、募集をかけるケースもあります。

内定辞退者が出た企業

内定辞退者が出ると、秋採用に手を上げる企業が出てきます。内定辞退者が出る理由は、主に以下の通りです。

内定辞退者が出る理由
  • 他の企業の内定が決まった
  • 勤務地や給料などの条件に折り合いがつかなかった
  • 社風が合わないと判断した

どの企業でも、内定辞退によって採用枠が空く可能性はあります。募集のかかる時期は企業によって変わるので、こまめにチェックしましょう。

9月就活のデメリット

秋までにおよそ7割の学生が就活を終わらせています。そこからわかるように、9月就活にはいくつかデメリットがあり、以下の通りです。

9月就活のデメリット
  • 優秀な人材と競争になる
  • 企業の募集が少ない

とはいえ、9月からの内定をあきらめなくても大丈夫です。デメリットを受け入れながらも、積極的にチャレンジしていきましょう。

優秀な人材と競争になる

9月就活をしている学生のなかには大学の研究に没頭していた人や、留学から帰ってきて就活をはじめる人もいます。

人気のある大企業や、有名企業の選考ではライバルが増える傾向があります。

要するに、9月から就活をする場合、優秀な人との戦いとなる可能性があります。

企業の募集が少ない

就活の流れとして、夏までに採用を終わらせる企業が多いです。したがって、秋採用に乗り出す企業が少なくなります。

内定辞退者が出て、急ぎで採用するケースもあるでしょう。しかしながら、多くの人気企業は夏までに採用を終わらせる傾向にあります。

9月就活のメリット

それでも、9月から就活をはじめるのは、デメリットばかりではありません。秋からでも採用に力を入れている企業はあるからです。

9月就活のメリットは、以下の通りです。

9月就活のメリット
  • 優良企業と出会える可能性がある
  • 競争率が低い

それぞれ解説していきます。

優良企業と出会える可能性がある

多くの企業は、夏までに採用を終わらせますが、秋に採用をしている企業もあります。

その中には、福利厚生の整ったホワイト企業や、BtoB企業で就活生には知名度の低い優良企業が募集をかけているケースもあります。

採用に苦戦していて、優良企業にも関わらず9月まで採用活動をしている企業もあるのです。

すでに内定をもらっている学生の中には、さらなる上を目指して9月でも就活している方もいます。9月就活は遅いと決めつけずに、就活にトライしていきましょう。

競争率が低い

ほとんどの学生は夏までに内定が決まっているので、ピーク時と比べるとライバルが少ないのはメリットの1つです。しかし、ライバルが少ないからといって、採用されやすいわけではありません。

周りに就活をしている人が少ないと気が緩みがちですが、きちんと準備して就活に臨みましょう。

自身にマッチする企業の探し方

ここからは、自分に合う企業の探し方を、具体的に解説していきます。就活に意気込んでいても、企業選びでミスマッチが起こると、早期離職してしまう可能性があります。

ポイントは、以下の通りです。

自分に合う企業の探し方
  • 業界を知る
  • 直接企業HPを確認する
  • 就活エージェントを活用する

それぞれ、わかりやすく解説していきます。

業界を知る

企業を選ぶ前に、まずは業界の知識を増やしましょう。なぜなら、興味のある業界を理解しなければ、企業選びはできないからです。

物を作ったり、売ったりするのが好きなのか。それとも、サービスを提供することが好きなのか。個人によって違うため、まずは自分と向き合う必要があります。

ある程度方向性が決まったら、業界を深掘りしていきましょう。業界分析のおすすめの方法は合同説明会への参加です。

直接話を聞けるので、業界の知識が深まりますし、わからないことは質問できるのがメリットです。また、どこか他人事で、働くイメージの湧かない方にはうってつけです。イメージが鮮明になり、自分事として働くイメージが湧くでしょう。

直接企業HPを確認する

業界の方向性が決まり、説明会にも足を運んだら、気になる企業も決まってくるはずです。そこまできたら、企業のHPを確認してみましょう。

ここで確認する主なポイントは、企業理念と事業内容です。

企業理念と自らの価値観がマッチしてないと、働いてから違和感を感じてしまいます。ミスマッチを避けるために、理念に共感できるかは事前にチェックしましょう。

また、事業内容にも目を通しておきましょう。事業内容まで調べると、志望動機の自己PRや、面接のときに深みのある対応ができます。

企業HPを確認すると、企業への理解が深まり、より戦略的なアプローチができるようになります。

就活エージェントを活用する

ここまで、業界研究と企業研究の必要性について説明してきました。ここまで読んでも、就活の方向性にピンとこない方も多いでしょう。

そんな方におすすめしたいのは、就活エージェントです。

就活エージェントは、就職をサポートするプロです。希望を聞き取り、個人の強みを活かせる職場を紹介してくれます。自分一人で考えていても、なかなか答えが出せない方には、ピッタリのサービスでしょう。

9月に内定がない就活生におすすめの就活エージェント

ここからは、内定につながりやすい就活エージェントを紹介します。利用した就活生から評判のよかったものを厳選しました。

質の高いサービスを受けるのに料金はかかりません。すべてのサービスを無料で受けられます。

キャリアスタート

キャリアスタート新卒
  • 特徴① 最短2週間で内定を狙える
  • 特徴② 入社実績2,000名以上
  • 特徴③ 定着率92%

キャリアスタートは一人ひとりのあった企業を紹介してくれるため、入社後定着率が90%以上と高いのが特徴の就活エージェントです。

また、学生から人気の高い有名企業への就活サポートをもしてくれます。

 

質の高い求人紹介から、一人ひとりに合わせた面接サポートまで無料で対応してくれるため、就活がなかなかうまくいかず悩んでいる方におすすめです。

 

最短2週間で内定獲得している実績もあるため、できるだけ早く内定がほしい方はぜひとも利用したい就活エージェントです。

 

サービス名 キャリアスタート
運営会社 キャリアスタート株式会社
公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • あなたの個性にあった求人を紹介
  • マンツーマンで就活をサポート
  • 全国どこでも対応可能
対応地域
北海道、東京、神奈川、埼玉、千葉、愛知、大阪、福岡など全国
公式サイト
2024年2月時点

LHH就活エージェント

LHH就活エージェント
  • 特徴① 最短ルートで内定を狙える
  • 特徴② 企業ごとにESを添削してくれる
  • 特徴③ 入社後のキャリアを考えたサポート

LHH就活エージェントはただ求人を紹介するのではなく、入社後のキャリアを見据えたサポートをしてくれます。

また、グローバル求人や一般的な就活サイトには登録されていない求人を多く保有しています。

 

企業に合わせた自己PRや志望動機の添削から面接対策まで、一緒に担当者がサポートしてくれるため、自分の描きたいキャリアを実現できる企業から内定をもらうことができるでしょう。

 

サービス名 LHH就活エージェント
運営会社 アデコ株式会社
公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 一人ひとりにあった求人を紹介
  • 非公開求人を多く保有
  • 就活イベントを定期的に実施
対応地域
全国
公式サイト

 

DiG UP CAREER

DIG UP CAREER
  • 特徴① 最短2週間で内定獲得
  • 特徴② 首都圏に特化した求人を保有
  • 特徴③ 完全オーダーメイドの就職サポート

DiG UP CAREER は、利用者満足度90%、友人紹介率60%の支援が手厚い就活エージェントです。

キャリアアドバイザーがしっかりと自己分析に向き合ってくれるから、あなたに合った企業が見つかりやすいでしょう。

 

さらに、LINEを使って密にコミュニケーションがとれるのも特徴です。 メールや電話と違い、スピード感をもって相談できるため、早期の就職成功も難しくありません。

紹介企業は、メーカーや商社、アパレル、金融などを取り扱っており、幅広い業界からあなたにあったところを選べます。

 

面接後には企業からフィードバックがもらえるので、次に活かせるのもメリットです。

 

サービス名 DiG UP CAREER
運営会社 NaS株式会社
公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 利用者満足度90%の就活エージェント
  • LINEを使って密にコミュニケーションがとれる
  • 面接後に企業からフィードバックがもらえる
対応地域
東京、神奈川、埼玉、千葉
公式サイト

 

9月就活を成功させるためのポイント

9月からの就活は、世間からは厳しいと思われるでしょう。しかし、決してあきらめてはいけません。

9月就活で、内定をもらっている人もたくさんいるからです。成功させるためのポイントは、以下の通りです。

9月就活を成功させるためのポイント
  • 自己分析を徹底する
  • 就活の軸を見直す
  • 面接マナーを確認する
  • 志望する業界知識を増やす

それぞれ解説していきます。

自己分析を徹底する

まずは自己分析を徹底しましょう。なぜなら、自分の性格や強みを知らないと、どの業界や企業が向いているかわからないからです。

コミュニケーションをとるのが苦手なのに、営業職ばかりを選んでいては、内定をもらうのは難しいでしょう。コミュニケーションコストの少ない業種を選んだほうが、結果は出やすくなります。

少なくとも、以下の項目は考えておきましょう。

自己分析で考えておくポイント
  • 得意なこと
  • 苦手なこと
  • 好きなこと
  • 将来やりたいこと

自分をよく知っていると、面接時の自己アピールもスムーズになります。9月の就活を成功させるためにも、まずは自己分析を徹底しましょう。

就活の軸を見直す

9月就活を成功させるためには、就活の軸を見直すのが大切です。軸がブレると、就活のゴール地点を見失うからです。

見直すべき就活の軸
  • なぜ就活するのか?
  • 就活において譲れないポイントはどこか?
  • 就職してから何をしたいか?

上記の問いを見直すことで、軸がはっきりするはずです。

9月からの就活は、残されている時間も少ないことから、効率的に就活する必要があります。したがって、就活の軸をしっかりもって臨みましょう。

面接マナーを確認する

面接のときに、相手に好印象を与えるためにも、マナーを確認しましょう。

どの点に注意すべきかは、以下の通りです。

面接のマナーで注意するポイント
  • 身だしなみを整える
  • 相手の目を見て話す
  • 正しい姿勢を心がける

まずは清潔感のある身だしなみを心がけましょう。視覚情報で人の印象の55%が決まるというメラビアンの法則もあるように、見た目が好印象だと内定をもらいやすくなります。

相手の目を見て話したり、姿勢を整えるのは、面接官に良い印象を与えます。ありのままの自分を伝えるのも大事ですが、最低限のマナーは守って臨みましょう。

志望する業界知識を増やす

9月からの就活を成功させるためにも、業界知識を増やしましょう。業界に詳しくなれば、面接でも深いコミュニケーションがとれるからです。

知識を増やすためには、ネットで探すのもいいのですが、四季報がおすすめです。四季報には、企業ごとの財務情報や、業績比較がこと細かに記載されています。

志望している業界の今後の展望や、勢いのある企業の分析にも役立ちます。

まとめ

本記事では、9月就活の実情や、内定に至るまでのポイントを解説してきました。

4年生の夏までに、ほとんどの企業では採用が終わっているため、9月からの募集は少ないのが現状です。

しかし、決して内定をもらえないわけではありません。まずは、自分に合う企業を探すところからはじめましょう。探し方は、以下の通りです。

自分に合う企業の探し方
  • 業界を知る
  • 直接企業HPを確認する
  • 就活エージェントを活用する

自己分析を徹底し、業界知識を増やしても社会人になるイメージが湧かない方は、就活エージェントを活用してみましょう。就活を支援するプロが、あなたに寄り添って、一緒に考えてくれます。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。