7月からでも就活は間に合う?遅い?夏採用で内定を取る秘訣を解説

高橋宇内
編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

就活を7月から始めるときは何をしたらいいの?

7月まで内定がもらえなくて不安がある

といった悩みを抱える就活生も多いのではないでしょうか。

通常、大学4年生の7月は、就活も終盤へと差し掛かってくる時期です。しかし、中には出遅れてしまったり、内定が7月までもらえていなかったりする就活生もいるでしょう。

そこで本記事では、就活を7月からでも逆転させる方法について網羅的に解説します。

7月から就活を加速させたい学生は、最後まで読んで参考にしてください。

 

この記事の執筆者
高橋宇内
高橋 宇内 氏人事&キャリアドバイザー経験者
採用コンサルタントとして企業の人事を複数担当。転職後キャリアドバイザーとして、新卒・中途の求職者の支援。
目次

就活における7月の「夏採用」とは?

夏採用とは、6月~8月に実施される採用のことで、冬・春採用よりも内定獲得の難易度が高くなる傾向があります。

多くの企業では、10月におこなわれる内定式を目途に次年度の新入社員を決めるため、夏よりも春採用を活発におこなうのが一般的です。そのため、就活における7月は厳しい時期になる可能性が高いでしょう。

ただし、夏採用には冬・春採用にはないメリットがあるのも事実です。ここでは、7月の就活の特徴を詳しく解説します。

中小企業の求人が多い

7月の就活市場は、中小企業の求人が多くなります。なぜなら、冬・春採用で人員を確保できなかった中小企業が追加の募集をおこなうからです。

政府の「就職・採用活動日程に関する考え方」では、就職活動におけるスケジュールについて以下のように要請されており、多くの企業は同時期に採用活動をスタートします。

広報活動開始卒業・修了年度に入る直前の3月1日以降
採用選考活動開始卒業・修了年度の6月1日以降
正式な内定日卒業・修了年度の10月1日以降
引用元:就職・採用活動に関する要請|内閣官房

企業が同じタイミングで募集をかけると、有名・大手企業や成長速度が早いベンチャー企業のほうが、中小企業よりも人気になる傾向があります。

中小企業の中には、春採用で目標としていた人数を確保できず、夏採用に力を入れるケースも多いようです。

このような中小企業は、人員確保に積極的であるため、就活生にとっても内定獲得のチャンスが広がっているといえるでしょう。

一部の大手・有名企業も夏採用をしている

夏採用では中小企業の動きが活発になりますが、大手・有名企業の求人がまったくないわけではありません。

通年採用を実施していたり、想定よりも内定辞退者が多かったりする場合も、企業は夏採用を実施するからです。

企業は自社に合う優秀な人材がいれば、積極的に採用したいと考えています。夏採用の求人は中小企業のものが多いのも事実ですが、幅広く求人情報を収集すると、大手・有名企業の求人を見つけられる可能性があるでしょう。

7月時点の就活事情

リクルート社「就職みらい研究所」の2024年卒者を対象とした調査によると、2023年7月時点での内定率は83.2%でした。つまり、10人中8.3人の割合で内定が出ている計算となります。

7月時点で就活を続けている学生は残りの1.7人に入ることから、危機感をもって就活に臨むべきでしょう。

ただし、焦って就活に向き合うと希望とは異なる企業を選ぶ可能性があるため、現状を分析しながら慎重に進めるのが肝要です。

【参考記事】就職プロセス調査(2024年卒)「2023年7月1日時点 内定状況」|就職みらい研究所

以下では、7月まで就活が終わらない人の特徴を解説するので、自分の状況と照らし合わせてみてください。

7月に就活をしているのはどんな人?

7月に就活をしているのは、以下に該当する方です。

  • 留学から帰国した人
  • 公務員志望の人
  • 就活を始めるのが遅かった人
  • 納得できる内定を獲得できていない人

それぞれの特徴について詳しくみていきましょう。

留学から帰国した人

7月に就活をしている人の例として、留学から帰国した学生があげられます。

留学の時期にもよりますが、4年生の春以降に帰国した学生は就活に出遅れてしまう可能性があります。自己分析や情報収集は日本にいなくてもできますが、多くの方は語学習得に専念するため、留学先で就活に取り組むのは難しいかもしれません。

また、とくに長期間留学していた方は、帰国後に日本文化に再適応するのが難しいと感じるときもあります。

7月に就活をする留学経験者は、自己分析や自己PRの作成、会社説明会への参加を早期に進め、適切なアプローチを取る必要があるでしょう。

公務員志望の人

直近まで公務員試験を受けていたり、まだ公務員試験が進行中であったりして、7月に就活をしている学生もいます。第一志望は公務員であるものの、滑り止めとしてこの時期に民間企業の就活に取り組む方もいるでしょう。

公務員試験は民間企業の選考とは異なり、選考のスケジュールが決まっているのが特徴です。一般的には3月〜4月頃に出願して、筆記試験、面接と進み、8月~9月頃に内定が出ます。

そのため、公務員試験を受けている学生は、7月までに就活が終わらないのも仕方ない一面があります。

公務員試験で思うような結果を得られず、7月から就活を始める学生は、気持ちを切り替えて、早急に自己分析や企業へのエントリーを進めることが大切です。

就活を始めるのが遅かった人

就活を始めるのが遅かった学生には、さまざまな理由により適切なタイミングでのスタートが難しかったり、計画的な準備ができなかったりなどの事情があります。

たとえば、部活や研究で多忙な日々を送っていた学生は、就活にかけられる時間が限られてしまい、適切な企業研究や職務経歴書の作成に手間取るかもしれません。

また、自己分析が不十分だったり、将来の職業に対する明確なビジョンがなかったりする場合もあります。

就活を始めるのが遅くなった学生は、自身の強みやキャリアの方向性を見つけるための十分な時間と努力が必要です。

高橋 宇内氏

焦らずに着実なステップを踏みながら、自己分析や企業リサーチを進め、慎重かつ戦略的なアプローチを心がけましょう。

納得できる内定を獲得できていない人

まだ納得できる内定を獲得できていない方も、7月以降も就活を続けることになるでしょう。

たとえば、特定の職種に絞って求人をみていたり、希望するポジションに多くの競合相手がいたりして、まだ内定を得られていない方が該当します。

また、すでに内定はもらっているものの、その結果に満足できず、夏採用でほかの企業から内定を得たいと考える方もいるかもしれません。

7月までに納得した内定を獲得できていない学生は、焦らず慎重になって、自分のキャリア目標に合ったポジションを見つける努力をすることが重要です。

適切な選考対策を続けることで、理想とする企業から内定を獲得できるチャンスが広がるでしょう。

7月まで内定が出ていない理由3つ

ここでは、7月以前から就活を開始していたにもかかわらず、内定がもらえなかった理由について解説します。

以下の理由を把握していないと、7月以降も内定を獲得できないかもしれません。

  • 適切な選考対策をしていない
  • 落ちた原因を分析・改善してしない
  • 受けている業界・職種・企業との相性が悪い

7月以降に納得する内定を獲得するためにも、理由をひとつずつ確認しましょう。

適切な選考対策をしていない

7月まで内定がもらえなかった理由のひとつは、選考対策を怠っていたからです。企業は書類選考や面接を通じて、就活生のスキル・適性を評価します。

履歴書やESは自分自身について企業に知ってもらう大切な手段であり、スキルや経験を的確にアピールすることが求められます。選考対策を怠ると、ESや面接での受け答えの完成度が低くなってしまい、企業に魅力的な人材だと思ってもらえないかもしれません。

面接は直接企業と対話する場であり、自分の強みや志望動機を明確に伝えることが重要です。しかし、適切な回答や表現ができていないと、企業に求められている情報を伝えられず、結果的に不採用となってしまうのです。

7月まで内定がもらえない学生は、自身の選考対策を見直し、重点的にブラッシュアップする必要があります。充実した履歴書やESの作成と、適切な面接対策を徹底的におこなうことで、内定獲得の可能性を高められるでしょう。

高橋 宇内氏

いますぐ選考対策の方法を知りたい就活生は、「7月からの就活ですべき対策6選」をご覧ください。

不採用になった原因を分析・改善していない

不採用になった原因を分析・改善していないことが、7月まで内定を獲得できていない理由かもしれません。選考で不採用になったという結果には、何らかの原因があるはずです。

選考を通過できなかった原因を冷静に分析し、原因に沿った改善を繰り返すことで、納得できる内定に近づけるでしょう。

たとえば、特定の質問に対して苦手意識がある場合、模擬面接や面接のフィードバックを活用した改善が有効です。

7月まで内定が獲得できていない学生の中で、不採用になった原因を分析していない人は、まずはこれまでの選考を振り返ってみてください。原因が見つかったら、早急に改善するよう取り組みましょう。

受けている業界・職種・企業との相性が悪い

内定がもらえない理由のひとつとして、受けている業界・職種・企業との相性が悪いことがあげられます。

就活生の中には、適性や相性に着目せず、自身の希望だけを優先して選考を受け続けている方もいるかもしれません。求められるスキルや働き方が合致しない業界に力を入れてしまうと、選考で自身の強みをうまく発揮できないため、内定が遠のきます。

希望条件をもつことは重要ですが、適性に合っているかどうかにも着目し、広い視野で応募先を選ぶと、新たな可能性が増えるはずです。

不採用になり続けている方は、自己分析や企業研究をやり直すことが大切です。客観的に分析をおこなうことで、自分でも気づかなかった特徴を見つけられるかもしれません。

志向や適性に合った求人選定をおこない、企業との相性も重視することで、内定獲得の可能性を高められるでしょう。

7月以降の就活ですべき対策6選

7月からの就活ですべき対策は、以下のとおりです。

  • 過去の経験を分析する
  • 自己分析を改める
  • OB・OGを訪問して相談する
  • 大学のキャリアセンターを利用する
  • スカウト型の求人サイトを活用する
  • 就活エージェントを併用する

7月までに内定が決まらないと、焦りを感じるかもしれません。しかし、適切な対策をおこなわないと、現状を打破できない可能性があります。

7月以降の就活で納得する内定を勝ち取るためにも、それぞれの対策方法について把握しておきましょう。

過去の経験を分析する

7月からの就活で内定を獲得するには、過去の経験を分析することが大切です。

過去の経験を分析すると、履歴書・ESの充実度を高めたり、面接でのアピールポイントを見つけたりする手助けとなります。

具体的には、学業や部活動、課外活動、アルバイトなどで残した実績を振り返って、それらの経験で会得できたスキルを分析し、どのようにアピールにつなげるかを考えます。

次に、いままで不採用になった原因を分析し、改善策を練りましょう。具体的な質問や場面を考え、なぜ対処できなかったのかを振り返ります。

模擬面接やフィードバックを活用して、自身の弱点に焦点を当てながら対策を講じるのが有効です。

高橋 宇内氏

不採用になった原因に対して、過去の経験をもとに強みをアピールできれば、ほかの就活生との差別化ができるはずです。

自己分析を改める

自己分析の見直しは、7月からの就活を加速させる対策のひとつです。なぜなら、自己分析が不十分だと、自分に合う職種や企業を見つけることが難しくなるからです。

自己分析を改める際は、過去・現在・未来に分けて、それぞれ以下の事柄について深掘りしていきます。

過去現在未来
・楽しかった経験
・挫折した経験
・挫折を乗り越えた経験
・選考で不採用になった理由
・ほかの就活生に負けない強み
・志望先に就職したい理由
1年後・3年後・5年後・10年後・20年後の目標

7月からの就活を成功に導くためには、時間をかけて自己分析に取り組み、自身の強みを的確にアピールできるように対策することが不可欠です。

妥協せずに、一つひとつの分析を丁寧におこないましょう。

OB・OGを訪問して相談する

OB・OGは過去に同じ道を歩んでおり、同じ立場から就職活動を成功させた先輩です。OB・OGのアドバイスを聞くことで、就活の戦略や企業選定に関する貴重な情報を得られます。

OB・OG訪問は、アプリやSNS、大学のキャリアセンターを通じて依頼するのが一般的です。

OB・OG面談のときは、自分の進路や志望企業に関する具体的な質問を準備しておきましょう。

実際の経験者の質問や感想を参考にしながら、深く掘り下げた内容について具体例を交えて質問することで、より有益な情報を引き出せるはずです。OB・OG訪問を通じて得た情報は、履歴書やES、面接などの就活全般に活かせます。

7月からの就活を成功に導くには、OB・OG訪問を通して先輩の経験を学び、自身がやるべきことをより具体的に、かつ戦略的に考えることが肝要です。

大学のキャリアセンターを利用する

7月からの就活を有利に進めるためには、大学のキャリアセンターを積極的に利用することが重要です。大学のキャリアセンターでは、学生の職業選択や就職活動に関するサポートを提供しています。

具体的なサポート内容としては、専門のカウンセラーによる個別相談があげられます。自分のキャリアビジョンに関する疑問や不安を相談することで、進むべき方向性を明確にできるでしょう。

また、企業との連携イベントや求人情報の提供なども、キャリアセンターで受けられるサポートのひとつです。活用すると、就活情報を入手できたり、企業とのコネクションを築くチャンスが広がったりします。

さらに、定期的なセミナーやワークショップも開催されており、履歴書・職務経歴書の作成や、効果的な面接方法などを学ぶ良い機会となるでしょう。

大学のキャリアセンターをまだ利用したことがない方は、一度訪れてみると、思わぬ発見があるかもしれません。

スカウト型の求人サイトを活用する

スカウト型の求人サイトを利用すると、企業側が求職者にアプローチする形式で、個々のスキルや経験にマッチした仕事の提案を受けられます。ただし、適切なスカウトを受けるには、自分のプロフィールやスキル、キャリアの希望条件などの詳しい登録が必要です。

登録後は、企業からスカウトメールやメッセージが送られてきます。登録した情報に興味をもった人事担当者からアプローチが届くため、求人のマッチ度が高く、選考がスムーズに進む可能性が高いのが特徴です。

また、スカウトの中には通常の求人検索だけでは見逃してしまうような求人もあり、思わぬチャンスにつながるでしょう。

7月からの就活を成功させるためには、多様な求人情報を手に入れるためにも、スカウト型の求人サイトに登録するのがおすすめです。

就活エージェントを併用する

就活エージェントは、就職活動に必要な対策を網羅的にサポートしてくれるサービスです。

具体的には、以下のようなサポートを受けられます。

  • 就活生との面談
  • 自己分析のサポート
  • 業界・職種・企業情報の提供
  • 履歴書・ESの作成サポート
  • 面接対策
  • 面接のフィードバック
  • 内定後のフォロー

7月以降の就活では、スピード感と慎重さが欠かせません。就活エージェントはあなたの現状を把握したうえで、適切なサポートを実施してくれるでしょう。

ただし、就活エージェントを選ぶ際は、信頼性や実績を確認することが大切です。口コミや評判、実績データなどを参考にし、自分の希望・ニーズに合った就活エージェントを選んでください。

また、複数のエージェントを併用すると、求人情報の幅が広がり、選択肢を増やせるはずです。

高橋 宇内氏

就活エージェントのサポートを受けることで、7月以降の就活成功の可能性を高められるでしょう。

7月の就活でも服装はスーツが基本

就活生の中には、7月の服装について悩む方もいるはずです。

結論、7月の就活でもスーツを着用するのが一般的です。企業から服装について指示がない限り、スーツを選ぶのが無難でしょう。

夏用のスーツがおすすめ

7月の猛暑日であっても、面接や企業訪問の際にはジャケットを着用するのが基本です。面接の予定が入る前に夏用のリクルートスーツを購入し、真夏の就活に備えましょう。

スーツには、オールシーズン対応できるもののほか、季節に合わせたつくりになっているものがあります。

夏用スーツは通気性が良い素材でつくられており、背中部分に裏地がないため、涼しく着用できるのが特徴です。洗濯できる素材のスーツを選べば、真夏でも清潔感を保てます。

また、ジャケットを脱ぐシーンを想定し、スーツの中には長袖シャツを着るのが無難です。暑い日でも、Yシャツは第一ボタンまで留めてネクタイを締め、腕まくりは避けてください。女性はストッキングを着用します。

7月の就活では、会場を出たらジャケットを脱ぐ、冷感スプレーを利用するなどの工夫をして、無理のない体温調節を心がけるのがポイントです。

クールビズの指定がある場合も

企業によっては、7月の服装でクールビズを指定しているケースがあります。

企業からクールビズの指定があった場合にも、念のためジャケットを持参するのがおすすめです。会場の様子をみて、その場で着用するかどうかを判断するとよいでしょう。

7月の就活で活用すべきエージェント3選

7月以降就活を行う方におすすめの就活エージェントを3社紹介します。

本章で紹介するエージェントは、7月からでも内定を獲得できるように手厚いサポートをしてくれる就活生から評判のいいエージェントです。就活を無事成功させるためにもぜひ就活エージェントの力を借りましょう。

キャリアスタート

キャリアスタート新卒
  • 特徴① 最短2週間で内定を狙える
  • 特徴② 入社実績2,000名以上
  • 特徴③ 定着率92%

キャリアスタートは一人ひとりのあった企業を紹介してくれるため、入社後定着率が90%以上と高いのが特徴の就活エージェントです。

また、学生から人気の高い有名企業への就活サポートをもしてくれます。

 

質の高い求人紹介から、一人ひとりに合わせた面接サポートまで無料で対応してくれるため、就活がなかなかうまくいかず悩んでいる方におすすめです。

 

最短2週間で内定獲得している実績もあるため、できるだけ早く内定がほしい方はぜひとも利用したい就活エージェントです。

 

サービス名 キャリアスタート
運営会社 キャリアスタート株式会社
公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • あなたの個性にあった求人を紹介
  • マンツーマンで就活をサポート
  • 全国どこでも対応可能
対応地域
北海道、東京、神奈川、埼玉、千葉、愛知、大阪、福岡など全国
公式サイト
2024年2月時点

LHH就活エージェント

LHH就活エージェント
  • 特徴① 最短ルートで内定を狙える
  • 特徴② 企業ごとにESを添削してくれる
  • 特徴③ 入社後のキャリアを考えたサポート

LHH就活エージェントはただ求人を紹介するのではなく、入社後のキャリアを見据えたサポートをしてくれます。

また、グローバル求人や一般的な就活サイトには登録されていない求人を多く保有しています。

 

企業に合わせた自己PRや志望動機の添削から面接対策まで、一緒に担当者がサポートしてくれるため、自分の描きたいキャリアを実現できる企業から内定をもらうことができるでしょう。

 

サービス名 LHH就活エージェント
運営会社 アデコ株式会社
公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 一人ひとりにあった求人を紹介
  • 非公開求人を多く保有
  • 就活イベントを定期的に実施
対応地域
全国
公式サイト

 

DiG UP CAREER

DIG UP CAREER
  • 特徴① 最短2週間で内定獲得
  • 特徴② 首都圏に特化した求人を保有
  • 特徴③ 完全オーダーメイドの就職サポート

DiG UP CAREER は、利用者満足度90%、友人紹介率60%の支援が手厚い就活エージェントです。

キャリアアドバイザーがしっかりと自己分析に向き合ってくれるから、あなたに合った企業が見つかりやすいでしょう。

 

さらに、LINEを使って密にコミュニケーションがとれるのも特徴です。 メールや電話と違い、スピード感をもって相談できるため、早期の就職成功も難しくありません。

紹介企業は、メーカーや商社、アパレル、金融などを取り扱っており、幅広い業界からあなたにあったところを選べます。

 

面接後には企業からフィードバックがもらえるので、次に活かせるのもメリットです。

 

サービス名 DiG UP CAREER
運営会社 NaS株式会社
公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 利用者満足度90%の就活エージェント
  • LINEを使って密にコミュニケーションがとれる
  • 面接後に企業からフィードバックがもらえる
対応地域
東京、神奈川、埼玉、千葉
公式サイト

 

7月以降の内定を目指す就活生はエージェントの利用がおすすめ

7月からの就活は、冬・春採用と比較して難度が高くなるのが一般的です。

研究や部活で忙しく、7月に就活を開始した就活生は、早急に選考対策を講じる必要があります。7月までに内定を獲得できなかった学生は、不採用になった理由を分析し、原因に合わせた対策をおこなうことが大切です。

7月以降の内定を目指す方は、具体的に以下のような対策を実施しましょう。

  • 過去の経験を分析する
  • 自己分析を改める
  • OB・OGを訪問して相談する
  • 大学のキャリアセンターを利用する
  • スカウト型の求人サイトを活用する
  • 就活エージェントを併用する

とくに、就活エージェントでは、あなたの現状を徹底的に分析し、適切なアドバイスを提供してくれます。不採用になった理由も含めて分析を受けられるため、納得感のある内定へと近づけるでしょう。

7月以降に就活に取り組む学生は、無料で利用できる就活エージェントにまずは相談してみてはいかがでしょうか。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。