現場監督からのおすすめ転職先15選|成功させる方法も徹底解説

編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

現場監督の仕事内容や働き方が合わず、転職したいと考えている方も多いのではないでしょうか。

本記事は、現場監督からの転職先としておすすめする仕事15選や転職するメリット・デメリット、転職を成功させるポイントなどについて解説します。

現場監督から転職したい

いままでの経験を活かしてステップアップしたい

といった悩みをもつ方は、ぜひ最後まで読んで参考にしてください。

目次

現場監督からの転職におすすめする仕事15選

現場監督からの転職におすすめする仕事は、以下のとおりです。

  • ゼネコン
  • デベロッパー
  • ハウスメーカー
  • 改修工事業者
  • CADオペレーター
  • 建築・設備の保守点検会社
  • 不動産仲介
  • 不動産管理
  • 営業職
  • ハウスメーカー・ゼネコンの設計職
  • 技術系公務員
  • 自動車関連の製造業
  • ITエンジニア
  • 鉄道会社
  • 介護職

それぞれのおすすめ理由と仕事内容について見ていきましょう。

ゼネコン

ゼネコンをおすすめする理由は、現場監督の仕事で得られた経験・知識を活かせるからです。

現場監督とゼネコンの仕事では、建築現場の段取りや建築物完成までの工程を担うという点で共通する仕事が多く、採用されやすさにも期待できます。

ゼネコン(ゼネラル・コントラクター)とは、建設プロジェクトにおいて一括して工事を請け負う企業または組織を指します。

ゼネコンの主な仕事内容
  • 企画と提案
  • 設計と設計管理
  • 調達とサプライチェーン管理
  • 工事の施工
  • 品質管理と安全管理

ゼネコンは建築・土木・設備などの多岐にわたる建設プロジェクトに携わり、プロジェクトの企画から施工、完成までの全ての工程を一手に引き受けるのが特徴です。

デベロッパー

デベロッパーをおすすめする理由は、現場監督の経験・知識を活かせるからです。

デベロッパーとは、宅地や新築マンション、オフィスビル、都市計画、リゾート地など、規模の大きな開発を扱う業種で、不動産業界に分類されます。

現場監督では下請け業者に所属して、依頼された案件を完成まで遂行することが求められます。

一方、デベロッパーは開発者として発注側にまわり、土地開発プロジェクトを主体的に進めるのが特徴です。

デベロッパーの主な仕事内容
  • 用地取得
  • 土地活用の企画・開発
  • ゼネコンへの発注
  • 完成した建物の販売 など

現場監督で養った建設現場の知識を十分に活かせ、街づくりに携わることにやりがいを感じられるでしょう。

ハウスメーカー

ハウスメーカーをおすすめする理由は、現場監督の仕事に関係しているからです。

実際の現場で培った施工工程の管理や職人とのコミュニケーションスキルなど、ハウスメーカーで仕事を進めるうえでも大いに役立ちます。

ハウスメーカーは住宅を製造・販売する企業で、建築から住宅のデザイン、販売、施工、アフターサービスまで、住宅に関するさまざまな業務をおこないます。

ハウスメーカーの主な仕事内容
  • 住宅の企画・設計デザイン
  • 施工・建築業務
  • 営業・販売
  • アフターサービス
  • 法的手続きの対応
  • 新しい技術や素材の導入
  • 市場調査と競合分析

ハウスメーカーは顧客の住宅ニーズに応え、安心して快適な住まいを提供するために、多岐にわたる業務を展開しています。

改修工事業者

改修工事業者をおすすめする理由は、現場監督の経験を活かせるからです。

たとえば、住宅のリフォームをおこなう際、施工スケジュールの策定や職人の手配、近隣住民との交渉などの場面で、現場監督としての経験をそのまま活かせるでしょう。

改修工事業者は既存の建築物や施設の改修、修繕、リフォーム、アップグレードなどの工事を担当する専門業者です。

改修工事業者の主な仕事内容
  • 建築物の診断と評価
  • 提案と見積もり
  • 設計・施工
  • プロジェクト管理
  • アフターサービス

改修工事業者は建築物のライフサイクルを延長し、機能性・安全性を向上させるために、専門的な知識とスキルを駆使してさまざまなプロジェクトに取り組みます。

CADオペレーター

CADオペレーターをおすすめする理由は、現場監督の経験を活かせるからです。

CADオペレーターとは、Computer Aided Design(コンピューター支援設計)オペレーターの略で、ソフトウェアを使用して図面やデザインを作成するプロフェッショナルです。

CADオペレーターの主な仕事内容
  • 製図・設計データの作成
  • 3Dモデリング
  • 設計者とのコミュニケーション
  • テクニカルサポート

現場監督の中にはCADを操作できる人も多く、工事現場の知識が豊富な人材はCADオペレーターとして重宝されるでしょう。

建築・設備の保守点検会社

建築・設備の保守点検会社をおすすめする理由は、現場監督でのスキルや経験を活かせるからです。

建築・設備の保守点検会社は、建築物における設備機器やシステムの定期的な点検、保守、修理などのサービスを提供する企業です。

建築・設備の保守点検会社の主な仕事内容
  • 定期点検・保守作業
  • 保守計画の策定
  • 緊急対応と修理
  • エネルギー効率の向上

現場監督には、住宅、ガス・電気設備、空調設備、消防設備などの深い知識が備わっているため、未経験者でも転職できる可能性があります。

不動産仲介

不動産仲介をおすすめする理由は、現場監督の仕事を活かせるだけでなく、人手不足の傾向があり、採用される可能性が高いからです。

不動産仲介業者は、不動産の売買、賃貸、仲介など、不動産に関連する仲介役を担当するプロフェッショナルです。

不動産仲介の主な仕事内容
  • 売買仲介
  • 賃貸仲介
  • 契約管理
  • 市場調査
  • 法的アドバイス
  • 物件資料の作成

建築物や建築材料、建築設備に知見が深い現場監督経験者は、知識量の多さで内覧客に安心感を与えます。そのため、不動産仲介会社でも即戦力として歓迎されるでしょう。

不動産管理

不動産管理をおすすめする理由は、現場監督の経験を活かせるからです。

不動産管理は不動産の所有者や賃借人との連絡窓口として、不動産の日常的な運営・管理業務を担当するプロフェッショナルです。

不動産管理の主な仕事内容
  • 賃貸管理
  • 入居者対応
  • 契約管理
  • 資産価値の最大化
  • 家賃徴収と経理業務
  • メンテナンス・修繕
  • 法的コンプライアンス
  • 保険管理
  • 入退去管理

現場監督として働いて得た住宅に関する知識は、主にマンションやオフィスビルのメンテナンス・修繕において有用できるでしょう。

営業職

営業職をおすすめする理由は、どの企業も人手不足で、未経験者も転職しやすい職種だからです。

高いコミュニケーション力を有する現場監督経験者は、営業職としての活躍が見込めるでしょう。

営業職は商品やサービスを顧客に販売し、収益を生み出す役割を担当する職種です。

営業職の主な仕事内容
  • 顧客開拓
  • 商談と提案
  • 既存顧客のフォローアップ
  • 営業計画の策定
  • 市場調査と競合分析

現場監督は、さまざまな業者・職人と話し合いを重ね、建築物の完成まで現場をとりまとめる仕事です。

ハウスメーカー・ゼネコンの設計職

ハウスメーカー・ゼネコンの設計職をおすすめする理由は、現場監督の経験を活かせる可能性が高いからです。

ハウスメーカー・ゼネコンの設計職は、一般的に建築や土木プロジェクトにおいて設計に関わる仕事を担当します。

ハウスメーカー・ゼネコンの設計職の主な仕事内容
  • 住宅設計
  • コンセプト設計
  • 図面作成
  • 顧客対応
  • 建築プロジェクトの設計
  • 施工図の作成
  • 予算とスケジュールの考慮
  • 施工段階のサポート

日常的に設計図面を見てきた現場監督経験者は、即戦力として重宝されるはずです。とくに、図面を書いた経験がある方、建築士資格を有している方に向いているでしょう。

技術系公務員

技術系公務員をおすすめする理由は、現場監督での経験を活かせるからです。

技術系公務員は、土木、電気、機械、電気などの専門職に就いていた方が受験でき、行政系公務員よりも倍率が低いのが通常です。

技術系公務員は、技術や専門知識を有効活用して、行政機関でさまざまな業務に従事する公務員を指します。

技術系公務員の主な仕事内容
  • 調査業務
  • 医療・衛生管理
  • 情報技術業務
  • 法務業務

各自治体で公務員試験の日程や募集要項は異なるため、技術系公務員を目指す方は、早めに情報を収集するようにしましょう。

自動車関連の製造業

自動車関連の製造業をおすすめする理由は、仕事の雰囲気が似ており、経験やスキルを活かせるからです。

自動車関連の製造業でも同様に、複数の職種にまたがる同僚とともに、ひとつの自動車の完成を目指す点で、現場監督との共通点が多いのです。

自動車関連の製造業は、自動車や自動車部品の製造をおこないます。

自動車関連の製造業の主な仕事内容
  • 自動車製造
  • 車両組み立て
  • 塗装
  • 自動車部品製造
  • 研究開発

現場監督の仕事では、職人や専門業者などをとりまとめ、ひとつの工事現場を完成に導きます。

ITエンジニア

ITエンジニアをおすすめする理由は、人手不足で採用される可能性が高いからです。

ITエンジニアは技術力を身につけていれば未経験者でも挑戦しやすい職種で、将来性の高さにも期待できます。

ITエンジニアはIT分野において、システムやネットワーク、ソフトウェア、ハードウェアなどに関する業務を担当するプロフェッショナルです。

ITエンジニアの主な仕事内容
  • システム設計・構築
  • ネットワーク構築・管理
  • ソフトウェア開発
  • データベース管理
  • サーバ管理
  • セキュリティ対策

ITエンジニアは技術だけでなく、顧客やチームでのコミュニケーションスキルも求められます。

ITエンジニアの中でも、プログラマーやテストエンジニアは未経験でも採用されやすいでしょう。

鉄道会社

鉄道会社をおすすめする理由は、現場監督の経験を活かせるからです。

現場監督経験者の中には、電気系統の豊富な知識を有している方も多いでしょう。鉄道会社の技術職であれば、知識と経験を活かして即戦力としての転職が可能です。

鉄道会社は列車の運行や保守、サービス提供、インフラの管理など、鉄道輸送に関するさまざまな領域が含まれています。

鉄道会社の主な仕事内容
  • 列車の運行管理
  • 車両の保守・点検
  • 新規プロジェクトの計画・実施

鉄道会社では、安全性や効率性・サービス品質の向上を図りながら、利用者のニーズに応えるためにさまざまな業務を展開しています。

介護職

介護職をおすすめする理由は、人材不足で転職できる可能性が高いからです。少子高齢化にともない、介護職の人員確保は急務となっています。

介護職は高齢者や障がいを抱える方、病気・けがなどによって自立が難しい状態にある人の生活支援をおこなう仕事です。

介護職の主な仕事内容
  • 身体介助
  • 食事介助
  • 健康管理
  • ケアプランの作成と記録

現場監督とは大きく異なる仕事ですが、屋内での仕事なので危険が少ない点、シフト制勤務で前もってのスケジュールが立てやすい点は、現職にはない魅力でしょう。

介護職は、人とのコミュニケーション能力や思いやりが求められる職業です。利用者が尊重され、快適に生活できるように支えることにやりがいを感じられる方に向いています。

現場監督から転職する5つの理由

現場監督から転職する理由は、以下のとおりです。

  • 仕事に危険がともなうから
  • 人間関係にストレスを感じるから
  • 休日が確保しづらいから
  • 給料が安いから
  • 出張が多いから

それぞれの理由について詳しく見ていきましょう。

仕事に危険がともなうから

現場監督から転職する理由のひとつは、仕事に危険がともなうからです。

建築や工事現場などの現場監督は、日常的に危険な状況に直面する可能性があるため、安全管理が欠かせません。

建設現場では高所作業や重機操作が必要な場面もあり、労働災害のリスクが高まります。

そのため、個々の安全意識や職場の安全体制に不満を感じ、ほかの仕事への転職を検討する方も多いでしょう。

人間関係にストレスを感じるから

人間関係にストレスを感じるのも、現場監督から転職する理由のひとつです。

建築や工事の現場では、同僚や上司、職人、作業員、設備業者など、現場で携わる全ての人とのコミュニケーションが欠かせません。

しかし、立場や意見が交錯する中での問題解決は容易ではなく、人間関係が複雑化するときがあります。

ストレスの原因としては、作業チームや協力会社との調整、工事の進捗に対するプレッシャー、意思疎通の難しさなどがあげられます。とくに、建築現場ではスケジュールの遅れや仕様変更によるトラブルが発生しやすく、人間関係に悪影響を与えることもあるでしょう。

人間関係のストレスを軽減し、仕事により集中できる環境を見つけることで、キャリアの充実度やワークライフバランスの向上につながるはずです。

休日が確保しづらいから

現場監督は、工事の進捗や工程管理のために、長時間労働・休日出勤が発生しやすい仕事です。また、現場監督の休日は、現場の職人の出勤日や天候にも左右されます。

不定期な勤務時間により、休日を確保することが難しくなり、生活環境が不規則になる点は仕事のデメリットといえます。

また、休息やリフレッシュの時間が不足すると、仕事だけでなく生活全般においてもストレス・疲労が蓄積され、ワークライフバランスの乱れが生じる可能性が高まるでしょう。

その結果、うつ病のような病気にかかり、今後の仕事に悪影響を与える事態も起こり得ます。

休日がとれないで悩んでいる方は、定期的な休日が確保されている仕事に転職すると、仕事とプライベートの両面で充実感を得られるようになるはずです。

給料が安いから

現場監督は工事の進捗管理や品質管理・安全管理などさまざまな責任を担い、役割の重要性に比例して報酬が支払われます。

しかし、ときには経験やスキル、業務量の多さに見合った給与が支給されていないと感じ、転職の決定的な要因となるでしょう。給与が低い状況では、生活の充実度やモチベーションに影響が及ぶときがあります。

転職を通じて適切な給与水準が確保できれば、仕事に取り組む意欲が向上し、達成感や満足度も高まるはずです。

転職先を選ぶ際は、給与だけでなく福利厚生やボーナス制度なども比較検討し、経済的な安定感を確保することを目指しましょう。

転勤・出張が多いから

現場監督の仕事は工事現場の進行管理や品質管理をおこなう重要なポジションであり、担当する建築現場が変わるごとに、転勤や長期出張が発生します。

どの建築現場や工事プロジェクトを担当するかは自分では選べず、数ヵ月単位での引越しや長期出張を余儀なくされることもあるようです。

しかし、出張や転勤が頻繁に発生する場合、家族との時間や趣味、自己のリフレッシュの時間が不足してしまうかもしれません。また、長時間の移動や宿泊先での労働により、仕事への疲労・ストレスが蓄積しやすくなるでしょう。

これが継続的に続くと、ワークライフバランスの崩れや健康への影響を引き起こす可能性があります。

生活の改善や家族との時間の確保のために、現場監督からの転職を検討する人も多いようです。

現場監督から転職するメリット3つ

現場監督から転職するメリットは、以下のとおりです。

  • 危険を回避できる
  • ワークライフバランスを整えられる
  • 給与・待遇が良くなる

それぞれのメリットについて見ていきましょう。

危険を回避できる

現場監督から転職するメリットのひとつは、危険を回避できる点です。

建築や工事の現場では、高所作業や重機操作などが日常茶飯事であり、これにともなう事故・リスクがつきものです。現場監督は工事現場全体を監督し、安全管理に大きな責任を負わなければいけません。

現場監督の仕事は危険な状況に常にさらされ、労働災害のリスクが低くないのが実情です。

しかし、現場監督からの転職によって、より安全でリスクの少ない職場環境に移ることが可能となります。

転職できれば、自身の健康や安全を守りながら仕事に専念でき、将来的なキャリアの発展や満足度の向上につながるでしょう。

ワークライフバランスを整えられる

ワークライフバランスを整えられるのも、現場監督から転職するメリットです。

現場監督の仕事は、現場の進捗管理や品質管理、作業員の指導など多岐にわたり、長時間勤務や休日出勤が求められます。

その結果、ワークライフバランスが乱れがちになり、家庭や趣味、健康に割く時間が不足してしまうのです。

現場監督から転職できれば、ワークライフバランスを整えやすい環境に移れる可能性があります。

転職するときは、労働時間の柔軟性や休暇制度の整備状況を確認し、プライベートの時間を確保しやすい職場を選ぶのがおすすめです。

ワークライフバランスの改善は、仕事に対するモチベーション向上やストレスの軽減につながります。また、家庭や趣味、健康への投資ができるようになり、より満足度の高いライフスタイルを築けるようになるでしょう。

給与・待遇が良くなる

現場監督からの転職の魅力のひとつは、給与や待遇の向上に期待できる点です。

現場監督は工事現場全体を管理する仕事であり、多岐にわたる責任を負わなければいけません。

仕事のやりがいにつながる一方で、長時間労働や工事の繁忙期におけるストレスがつきものです。人によっては、給与水準が割に合わないと感じるときもあるでしょう。

転職先を選ぶ際に、業界の平均給与やボーナス制度、福利厚生などを検討することで、自身のスキルや労働時間に見合った対価を得られるようになる可能性があります。

また、転職先でのキャリアの成長やステップアップにともない、将来的な給与の向上にも期待できるでしょう。

現場監督から転職するデメリット

現場監督から転職するデメリットは、新しいスキルや知識・技術を覚える必要があることです。

転職する業種によって異なりますが、現場監督から異業種への転職では、必要なスキルや知識を一から習得することになるでしょう。

その一方で、現場監督経験者は、転職市場で高く評価される人材にもなり得ます。一般的に、ビジネスマンは多くのスキルや経験がある人材のほうが希少性が高くなります。

なぜなら、どんな場面でも柔軟に対応できるからです。

企業は、自社の売上を上げるために貢献してくれる人材を常に求めています。リーダーシップを発揮し、どんな場面でも柔軟に対応できる現場監督経験者は、企業が求める人物像にマッチする可能性が高く、転職先で重宝されるはずです。

現場監督からの転職では、新しいスキルなどを覚えるデメリットがあります。同時に、現場監督の仕事をとおして得られたスキル・経験は、さまざまな企業で歓迎されるでしょう。

現場監督からの転職で活かせるスキル5選

現場監督からの転職で活かせるスキルは、以下のとおりです。

  • コスト管理
  • 責任感
  • リーダーシップ力
  • コミュニケーション能力
  • 交渉力

それぞれのスキルについて見ていきましょう。

コスト管理

現場監督からの転職で活かせるスキルのひとつは、コスト管理です。

現場監督は工事現場全体の予算をもとに、資材の調達、重機のレンタル、作業員の給与管理などの原価管理をおこない、企業に利益が出るように予算内での工事完了を目指します。

習得したコスト管理のスキルは、転職先でも広く活かされます。たとえば、ほかのプロジェクト管理職や経営陣と連携して予算の策定・管理をおこなう場面で、その重要性が発揮されるはずです。

コストの効果的な管理は、企業の収益性や持続可能な成長に直結し、戦略的な意思決定に貢献できるでしょう。

また、コスト管理のスキルはプロジェクトだけでなく、企業全体や部門の予算編成や経費管理にも適用可能です。

経済的な視点から効率的かつ持続可能なビジネス運営を支え、企業の競争力の向上にもつながり、組織全体の成功に寄与するでしょう。

責任感

現場監督の経験で養った責任感は、ほかの職種や業界でも高く評価される重要なスキルのひとつです。

現場監督は、工事現場全体の責任を負い、工事の進捗、品質管理、安全確保などさまざまな側面で責務を果たします。

この責任感は、さまざまな企業で高く評価されるはずです。ほかのチームメンバーや上司、クライアントとの連携を円滑に進め、問題発生時には迅速かつ適切な対応ができると期待されるからです。

仕事に対する強い責任感が身についていると、新しい環境での信頼構築にも貢献し、組織の中でのリーダーシップが発揮されるでしょう。

責任感の強さは、変化の激しいビジネス環境においても頼りにされる特長といえます。

リーダーシップ力

現場監督としての経験は、強力なリーダーシップ力を養ううえでの理想的な土壌となります。

工事現場全体を取りまとめ、社内外を問わず、さまざまな関係者と協力しながら目標達成を目指す中で、リーダーシップの重要性が一層際立ちます。

転職によって業界や職種がかわったとしても、リーダーシップ力が求められる状況は数多くあるはずです。

新しい環境でメンバーや同僚との連携を図り、共通の目標に向けて方針を明確に示しながら組織を牽引する能力は、リーダーシップ力として評価されるでしょう。

リーダーシップは単なる指揮命令だけでなく、チームメンバーのモチベーション管理やコミュニケーション能力も含みます。現場監督から転職する際には、これらの要素を強化し、柔軟かつ適応力のあるリーダーシップ力をアピールすることが重要です。

コミュニケーション能力

現場監督から転職する際に活かせるスキルとして、コミュニケーション能力もあげられます。

ビジネスの世界では、さまざまな関係者と連携し、プロジェクトの進捗や課題に関する情報を円滑に共有する役割が必要です。

異なる部署やプロジェクト、クライアントとの円滑なコミュニケーションは、組織全体の調和と効率向上に貢献します。プロジェクトの成功には、メンバーや関係者との適切な情報共有や調整が欠かせません。

部下や同僚との信頼関係を築き、意見交換・フィードバックを円滑におこなうことは、組織内での協力関係を強化し、共通の目標達成に向けて動機づける要因となるでしょう。

交渉力

現場監督がもつ優れた交渉力は、転職先でも価値のあるスキルとなります。

工事の進行において協力会社や関係者との交渉は日常茶飯事であり、予算、スケジュール、品質などさまざまな要素に関わるスキルが必要とされます。

交渉力は、どのような企業やプロジェクトにおいても重宝されるものです。他部門やクライアントとの商談では、的確で効果的な交渉が求められます。

複雑なビジネス環境での効果的な交渉は、組織内外の関係者との信頼関係構築に貢献し、成果の最大化に寄与するでしょう。

交渉力があると、プロジェクトの課題解決やリスクマネジメントが円滑に進み、円満なビジネス関係の構築が可能となります。さらに、組織内での昇進や新規プロジェクトのリーダーとしての起用につながるかもしれません。

高い交渉力をもったリーダーは、変化する状況にも柔軟に対応でき、組織を成功に導く存在として期待されるでしょう。

現場監督から転職するポイント5つ

現場監督から転職するポイントは、以下のとおりです。

  • 転職する目的を明確にする
  • 経験を活かせる仕事にする
  • キャリアビジョンを決める
  • 希望条件に優先順位をつける
  • 転職エージェントを併用する

それぞれのポイントについて見ていきましょう。

転職する目的を明確にする

現場監督から転職するポイントのひとつは、転職する目的を明確にすることです。明確な目的をもつことは、転職活動をスムーズかつ効果的に進める基本です。

まず、なぜ転職を考えるのか整理しましょう。キャリアアップ、給与の向上、ワークライフバランスの改善など、それぞれの個人的な目標や価値観に基づいて目的を具体的に明示します。

転職の目的を明確にできれば、求人情報や転職エージェントからの紹介において、適切な情報収集が可能となります。また、面接や職務経歴書で自分の目標をアピールする際にも、自己PRが具体的かつ説得力をもつものとなるはずです。

現場監督からの転職は、明確な目的をもつことで、自分の成長や満足度を追求できるようになり、より良いキャリアのステージへ進むための一歩となるでしょう。

経験を活かせる仕事にする

現場監督からの転職では、これまでの豊富な経験を新しい仕事でも活かすことが重要です。経験を活かせる仕事を選ぶと、スムーズに職場に適応でき、新しいポジションでの成功に期待をもてます。

まず、自身の経験やスキルを客観的に評価しましょう。プロジェクトマネジメント、リーダーシップ、コミュニケーション能力など、現場監督として培ったスキルや知識は、ほかの業界や職種でも高く評価される可能性があります。

次に、経験を活かせる仕事を見つけるために市場調査をおこないましょう。転職エージェントや求人情報サイトを活用して、自身の経験が求められている業界・企業をリサーチします。

また、ネットワークを活かして業界のトレンドや需要の高い分野を把握し、自分の経験が別の職種でどのように活かせるかを洗い出します。経験を活かせる仕事を見つけることで、新しい職場での適応期間を短縮でき、即戦力として期待される可能性が高まるはずです。

自分の強みを理解し、それを最大限に発揮できる職場を見つけることが、現場監督からの転職の成功につながるでしょう。

キャリアビジョンを決める

キャリアビジョンとは、将来のキャリアの方向性や目標を指し、それを定めることで効果的な転職活動が可能になります。

まず、自身の短期・中期・長期の目標を整理しましょう。キャリアの方向性や理想的な職務、成長したいスキルを具体的にリストアップします。キャリアビジョンを明確にすれば、転職先に希望するポジションや環境が明確にでき、無駄な転職活動を避けられるはずです。

また、求人情報や企業の評価などをキャリアビジョンに基づいて選別することで、自分にとって最適な職場を見つけられる可能性が高まります。

キャリアビジョンの明確化は、新しい挑戦に対して自信をもち、転職先での成功に向けた具体的なステップを踏む助けになるでしょう。

このポイントを踏まえた転職活動は、自己成長やキャリアの進展につながり、満足度の高い新たな職場を見つける手助けとなるのです。

希望条件に優先順位をつける

現場監督からの転職を検討する際、希望条件を整理して優先順位をつけることは重要です。

優先順位をつけることで、求人情報を探したり転職エージェントに求人を紹介してもらったりするシーンにおいて、自分にとってもっとも重要な要素を見極められます。

まず、自身が求める条件を具体的に洗い出しましょう。給与水準、勤務地、職務内容、福利厚生、ワークライフバランスなど、自分にとって譲れない条件や譲れる条件をリストアップします。

その後、リストアップした条件に優先順位をつけることで、自分に適した企業を見つけられるようになります。

現場監督からの転職では、焦らず冷静に希望条件を整理し、優先順位をつけることで、より適切な転職先に出会えるでしょう。

転職エージェントを併用する

現場監督からの転職では、いくつかの転職エージェントを併用することが重要です。

転職エージェントは専門的な知識やネットワークをもとに、求人情報の提供や企業との交渉など、転職活動のプロセス全般でサポートしてくれる頼りになる存在です。

まず、利用する転職エージェントを選定する際には、信頼性や実績を確認しましょう。口コミや評判、過去の成功事例などを調査し、自分の希望やニーズにマッチする転職エージェントを選びます。

担当するキャリアアドバイザーとの相性も重要なので、初回の面談や相談を通じて信頼関係を築くことが大切です。もし、担当アドバイザーとの相性が悪いと感じた場合は、変更を依頼しましょう。

転職エージェントを併用すれば、より多くのアドバイスを受けられ、現場監督からの転職の成功に向けて一歩前進できるはずです。

現場監督からの転職におすすめするエージェント3選

ここでは現場監督から転職したい方におすすめの転職エージェントを3社紹介します。

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)
  • キャリアアドバイザーの提案力に定評がある
  • 公開・非公開を合わせて約70万件以上の求人を保有

 

『リクルートエージェント』は、転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)です。
※2022年6月時点、厚生労働省「人材サービス総合サイト」における有料職業紹介事業者のうち無期雇用および 4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(リクルート集計)

 

リクルートエージェントの注目すべき特徴は「キャリアアドバイザーの提案力に定評がある」点でしょう。

 

あなたの気づいていない価値を見つけ出し、活かせる転職先を紹介してくれ、採用担当者にあなたのことを売り込んだり、入社後の条件を交渉したりすることを得意としています。

 

サポート力には定評があるため、「自分自身を売り込むのが苦手」「年収などの条件交渉を代行してもらいたい」といった人におすすめです。

 

サービス名 リクルートエージェント
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数 364,283件
非公開求人数 225,664件
おすすめポイント
  • 求人数の多さが売り
  • 質の高いキャリアアドバイザーがトータルサポート
  • 多くの転職者が給料アップを実現
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
※求人数は2024年2月現在

 

【リクルートエージェントの口コミ・評判】

模擬面接を通して「何をメインに伝えたらよいか」「企業側はどういう考えか」など、本番の面接で役に立ったことを学べました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

職務経歴書の添削を丁寧にしていただき、各企業に精通した担当者からのアドバイスが、とても参考になりました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

 

建設・設備求人データベース

建設・設備求人データベース
  • 特徴① 1万6,000件以上の求人数
  • 特徴② 企業情報の提供に強み
  • 特徴③ 内定獲得のための手厚い転職サポート

建設・設備求人データベースは、施工管理・設備管理・設計などの正社員求人を取り扱う転職エージェントです。

さまざまな企業の求人の取り扱いがあり、約1万6,000件(※)の公開求人のほか、登録すると非公開求人の紹介も受けられます。

 

細かな企業情報の共有に強みがあり、待遇や社風のほか、受注実績や業界内での立ち位置、福利厚生、転勤・出張の有無などを一社ごとに詳しく教えてもらえるのが特徴です。

応募書類の作成や面接指導時にも、企業の採用傾向や理想とされる人物像、求められる経験などの情報をもとに、選考突破のためのアドバイスを受けられるでしょう。

 

入社後も安心して働き続けたい方におすすめのエージェントです。

 

※)2024年1月時点

 

サービス名 建設・設備求人データベース
運営会社 株式会社クイック
公開求人数 16,047件
非公開求人数 求人数のうち70%
おすすめポイント
  • 多くの求人から転職先を探したい人に
  • さまざまな条件から比較検討できる
  • 自信をもって書類選考・面接に臨める
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト
(※)2024年2月時点

 

ビズリーチ

ビズリーチ
  • 特徴① 年収の高い求人情報に出会える
  • 特徴② ハイクラス向けの求人数を多く保有
  • 特徴③ ヘッドハンターからスカウトが届く

ビズリーチは、圧倒的な知名度があるためハイクラス求人が非常に多く、保有求人の3分の1以上が年収1,000万円を超えています。

 

ビズリーチを使った転職活動は2つあります。

 

1つは採用企業から直接スカウトを受けることです。採用企業と直接やり取りできるため効率よく活動を進められます。
もう1つは所属ヘッドハンターのサポートを受けて活動を進める方法です。

 

希望の条件を伝えることでより希望にマッチした求人を提案してもらえる場合や、職務経歴書の書き方や面接対策などのサポートを受けられる場合があります。

 

なお、ビズリーチは転職サービスでは珍しい有料のサービスです。


一部無料でも利用できますが、有料プランでないと使える機能が限られるため、本格的に転職を考えている場合は有料プランの利用を検討しましょう。

 

有料というとデメリットと捉えられがちですが、有料である分、掲載企業や提携コンサルタントの利益のみを追求したサービスになりにくいのが魅力です。

 

サービス ビズリーチ
運営会社 株式会社ビズリーチ
公開求人数 106,511件(※)
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 高待遇の求人を多数保有
  • 質の高いスカウトが届く
  • 自分の市場価値を測れる
対応地域
全国、海外
公式サイト
(※)2024年2月時点

現場監督からの転職によくある質問

現場監督からの転職によくある質問は、以下のとおりです。

現場監督の平均年収は?

マイナビ転職が公表している「2023年版職種別モデル年収平均ランキング」では、現場監督に該当する「建築施工管理・工事監理者」の年収は601万円となっています。

同調査の全体の平均年収は約562万円であるため、現場監督の年収は平均年収を上回っているようです。

しかし、現場監督は休日出勤や残業が多い仕事であり、給料と労働時間が見合っていないと感じる方も多いでしょう。

【参考記事】【全317職種】職種別モデル年収平均ランキング2023(1~50位)|マイナビ転職

現場監督からのおすすめの転職先はある?

現場監督からのおすすめの主な転職先は、以下のとおりです。

  • ゼネコン
  • デベロッパー
  • ハウスメーカー
  • 改修工事業者
  • CADオペレーター

転職に成功しやすい時期は?

一般的に、8月~10月、1月~3月は、新年度や下半期に向けて求人数が増える時期です。

仕事の選択肢を広くもちたい方は、この時期に転職活動を進めるのがおすすめといえます。

一方で、転職希望者の数が増える時期でもあるため、自分のペースで転職活動に取り組みたい方は、この期間を避けるのもひとつの方法です。

まとめ|現場監督からの転職ならプロに頼るのがおすすめ

現場監督からの転職では、ほかの業界・職種でも活用できるスキルや経験が求められます。

しかし、自分のスキルに自信がもてない方も多いはずです。

そのような方は、転職エージェントを活用すれば、客観的に自身の市場価値を判断してもらえるため、自分の強みや弱みの理解につながります。結果、効果的な自己アピールを作成でき、転職成功の可能性が高まるでしょう。

現場監督から転職するときは、無料で利用できる転職エージェントにまずは相談してみてはいかがでしょうか。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。