フリーランスから正社員になれる?転職を成功させるための方法とポイントとは?

編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

働き方が多様化し、「フリーランス」という働き方もたくさんの方が選択しています。

しかし、フリーランスで働いている方の中には、正社員に戻りたいと考えている方もいるのではないでしょうか?働く時間が自由なことや、がんばり次第では収入も青天井とメリットのあるフリーランスですが、その一方でデメリットもあります。

社会保障の手厚さや収入の安定さは、会社員として働くことのメリットです。また個人で働くため、大きな仕事はできず業務内容が制限され、キャリアやスキルアップに悩むフリーランスもいるかもしれません。中には、正社員に戻りたいと悩むフリーランスの方もいるでしょう。

本記事では、フリーランスから正社員への転職について紹介しています。働き方の選択肢を広げ、自分らしいキャリアを築くためにぜひご覧ください。

目次

フリーランスから正社員になれるのか?

フリーランスから正社員になれるか?疑問に思う方も多いでしょう。

結論からいうと、フリーランスから正社員への転職は可能です。

しかし、フリーランスから企業の正社員への転職は難航する場合もあります。

正社員に転職する際の心がまえとして、これから紹介する3つのポイントをチェックしてみてください。

正社員にはなれる

先述したように、フリーランスから正社員に転職することは可能です。なぜなら、フリーランスのスキルや経験に期待して採用する企業もあるからです。

多くの企業では、人材不足もあり即戦力となる人材を求めています。フリーランスは、自身のスキルや強みを活かしビジネスをしなければなりません。

強みやスキルを磨くことはもちろん、マーケティングや営業など、一人で幅広く対応しているフリーランスもいます。

このような即戦力となるスキルや幅広い経験に期待して、企業はフリーランスを採用します。

企業が求めるスキルや強みをアピールすることで、フリーランスから正社員として企業に採用される可能性が高まるでしょう。

企業によっては悪い評価を受ける

一方で、フリーランスの経歴を危惧したり不安に感じたりする企業もあり、採用が難航することもあります。

フリーランスは単独で仕事をするイメージが強く、「協調性がない」と判断する企業もあるでしょう。また、「会社になじめず会社員をやめたのでは?」とコミュニケーション能力に不安を感じ採用を見送られるケースもあります。

フリーランスから正社員に転職する場合は、このような企業の心配を払拭するアピールが必要です。

フリーランス以前の経歴やフリーランスになってからチームで進めた案件など、スキルだけでなくコミュニケーションや協調性のアピールも大切です。

収入に折り合いをつけることが大切

フリーランスから正社員になると、毎月安定した収入を得られます。しかし、月収70万円・100万円と稼いでいるフリーランスは、会社員の給与に満足できないかもしれません。正社員で月額70万円・100万円と受け取れる求人は少なく、収入が下がることがほとんどです。

給与が下がる一方で、会社員は福利厚生や社会保障がフリーランスで働くより充実してるメリットもあります。「年収が下がったとしても安定した収入を確保したい」「企業での仕事を通して、キャリアやスキルアップをしたい」など、収入に対して折り合いをつけることが大切です。

また、企業側も収入が下がるために、採用してもすぐに辞めてしまうのでは?と不安に思うこともあります

面接時には、収入よりもスキルアップや企業で働きたい理由があることなどをしっかりとアピールすることが重要です。

フリーランスが正社員に転職したい理由とは?

自由な働き方に憧れてフリーランスになった方もいるでしょう。しかし、正社員になりたいと考える方もいるかもしれません。

ここでは、フリーランスが正社員になりたい理由を3つ紹介します。

大きな案件に携わりたい

より大きな仕事をしたい」とスキルやキャリアアップを目指すケースです。

フリーランスは個人で仕事を請け負うため、規模の大きな案件を取り扱うことは少ないでしょう。

大きな案件になるほど、企業間の制約もあり外部へ発注するケースは少なく、フリーランスでは大きな案件に携われるチャンスはあまりありません。

そのため、大きな案件にチャレンジしたい場合、正社員になることで機会を増やしキャリアアップを目指せます。

また、大きな案件を通して、チームで仕事をしたい、マネジメントスキルをあげたい、などスキルアップも目指す場合も、正社員に転職したいことの理由として考えられます。

スキルアップ

フリーランスは、自身の持つスキルを活かして仕事をしていきます。そのため、スキルが伸びていないと不安に感じることもあります。

また、フリーランスは、自身のことを全ておこなうため、仕事をする以外にも時間が必要です。営業や帳簿付などにも時間を取られるため、勉強や資格取得のための時間を取りにくいこともあります。

企業の正社員になれば、営業は営業部、帳簿付は経理部と、分業しているため自身の業務に集中できる環境があります。さらに、企業の案件をこなすことで、不得意な業務や苦手意識のある業務にも携わることがあるでしょう。

その結果、フリーランスの時よりも仕事の経験やスキルアップが期待できます。

企業によっては、福利厚生で資格取得をサポートしています。企業の制度を活用することで、よりスキルアップを目指すことが可能です。

収入が不安定

フリーランスは毎月の収入額が不安定のため、収入を安定させたいと考える方もいるでしょう。フリーランスは案件を獲得し継続的に仕事をすることもありますが、いつ案件が終了するかわからないリスクもあります。

そのため、「契約しているクライアントが1社しかない」「新しい案件獲得まで時間がかかり、その間は収入が途絶えたり減ったりする」といった不安を抱えています。

このような収入に対しての不安がストレスとなり、安定した収入が欲しいと考え、正社員へ転職を希望するフリーランスもいます。

会社員は、毎月一定額を受け取れるため収入が安定しています。

安定した収入を確保したいと正社員を目指す場合は、「案件が獲得できないフリーランスだった」と判断されないように、面接時には慎重に伝え得ることが大切です。

フリーランスから正社員に転職する時に面接でよくある質問

ここでは、フリーランスから正社員に転職する際に、面接でよく聞かれる質問を3つ紹介します。

面接時に、スムーズに答えられるように、自身の考えを掘り下げわかりやすく伝えられるように準備しておきましょう。

すぐにやめてしまうのでは?

面接官は、フリーランスは、正社員になってすぐに辞めてしまうのでは?と心配しています。

フリーランスは働く時間や就業規則にとらわれずに働いているため、会社に馴染めずにすぐに辞めてしまうのでは?と、不安に感じる企業もあるでしょう。

そのため、フリーランスを辞める理由や、またフリーランスに戻るのでは?などの質問をされるケースがよくあります。

このような企業側の心配を含んだ質問には、前向きに回答することが大切です。基本的にすぐに辞めることは考えていないことを回答しましょう。

長期的に案件に関わりたいことや会社や業界への貢献について、回答するなど、面接官や企業側のネガティブな思いを払拭することが重要です。

フリーランスになった理由は?

フリーランスになった理由を問われることもあります。「会社で働くことが合わなかった」「一人で仕事をしている方が合っている」「会社に縛られずに働きたい」などの理由からフリーランスを選んだ方もいるかもしれません。

しかし、正社員を目指すのであれば、企業側がネガティブな印象を持たれる回答は避けましょう

たとえば、企業のルールが合わずに辞めてしまったことを伝えてしまうと、採用後同じようにルールに馴染めずに退職を選ぶのでは?と面接官が不安に感じてしまいます。

また、家庭の事情でフリーランスの道を選んだ方は、事情を正直に伝えた上でフリーランスになった理由を前向きに伝えることがポイントです。

フリーランスになる前の仕事は?

フリーランスになる前の経歴も聞かれることがあります。

フリーランスになる前に企業に勤めていた方は、自身の経歴をまとめて、簡潔に伝えられるように準備しておきましょう。

応募した企業や業務内容に近い経歴や業務内容を伝えることで、自身のスキルや経験をアピールしましょう。

企業の採用担当者が気になるポイント

採用面接の際に、よく聞かれるポイントを紹介しました。

企業側は人材を採用する際に、コストや時間をかけています。そのため、採用した人材が簡単に辞めてしまうと、企業側の損失です。損失を最小限にするためにも、採用は慎重に行われます。

そのため、フリーランスの方が企業の正社員求人に応募した際、採用担当者が気になるポイントがあります。

ここでは、企業の採用担当者が気になるポイントを3つ紹介します。

給与に納得するのか?

フリーランスで、特に高収入を得ていた方には企業が提示する給与に納得するのか気になるポイントです。

先述したように、月収70万円・100万円の給与を提示する企業はあまりありません。そのため、高収入を得ているフリーランスが正社員に転職する際は、収入が減少することを覚悟する必要があります。

収入が下がってでも企業に入社したい理由を考えておくことで、採用担当者の不安を解消しましょう。

協調性はあるのか?

企業で働く上で、人間関係や企業のルールに従うことは必須となります。フリーランスは、人間関係が苦手・ルールに馴染めない方が選んでいるなどと先入観をもつ方もいます。

そのため、コミュニケーション力や協調性をアピールする必要があるでしょう。

前職での企業で働いた経験や、フリーランスでチームで対応した案件などのエピソードがあれば、面接時にアピールすることで、採用担当者の不安を解消します。

フリーランスで働きながら、クライアントとのコミュニケーションで気をつけたこと、喜ばれたことなども、企業で働く上で欠かせないスキルのアピールポイントになるでしょう。

スキルは十分か?

即戦力のあるスキルを求められます。年代によって、求められるポイントは異なります。

たとえば、20代であれば、即戦力よりも成長する伸び代が認められれば採用されるケースがあります。

30代以降は、得意なスキルや強み、専門性なども求められる傾向があるでしょう。

さらに、40代・50代となると、マネジメント能力などリーダーシップを問われることもあり、より業界の専門性や人脈などを期待されることもあります。

企業により、求めている人材のスキルは異なるものの、採用担当者は、採用後企業にどのように貢献できるスキルを持っているかを見極めようとしています。自身のスキルが、企業の求める人材とマッチすることをアピールしましょう。

フリーランスが正社員への転職を成功させるポイント

ここまで、採用担当者が気になるポイントやよく聞かれる質問などを紹介しました。

採用担当者がもつフリーランスの懸念事項を払拭し、企業への貢献をアピールすることが大切です。

ここでは、より詳しくフリーランスから正社員への転職を成功させるポイントを紹介します。

フリーランスでの経験を伝える

フリーランスの経験をしっかりと伝えることで、自身のスキルや能力をアピールしましょう。

また、スキルや能力を企業へどのように貢献できるのかも合わせて伝えることで、採用担当者は具体的な採用後のイメージをもてます。

たとえば、フリーランスの業務内容を伝えることで、即戦力となるスキルの高さをアピールします。また、複数の案件をこなしたり、クライアントの要望に応えたりすることも、調整能力やコミュニケーション能力をアピールができるでしょう。案件をスケジュール通りに対応する計画性や最終的な売り上げなどの数値も、アピールポイントです。

フリーランスで得た経験を志望動機に盛り込み、転職の成功につなげましょう。

正社員を目指す理由をはっきりさせる

正社員を目指す理由をはっきりさせましょう

フリーランスは、会社などの組織にとらわれずに働きたいと選ぶ方が多い中で、どうして正社員になりたいのか?と疑問に思う採用担当者もいます。

収入が不安定であることや一人で仕事をすることが不安に感じたなどの、ネガティブな理由はポジティブに言い換えることがおすすめです。

また、安定した収入が欲しいことが理由の場合、スキルの低さを疑われてしまうことがあるため、注意が必要です。

そのほかに、企業の福利厚生を活用したスキルアップが目的の場合も、ストーレートに伝えすぎると採用担当者の印象が悪くなる恐れがあります。

スキルアップして企業に貢献したいなど、前向きな理由を含めることが大切です。

協調性をアピール

企業の採用担当者は、フリーランスで働いていた方の協調性を心配するケースが多いでしょう。なぜなら、フリーランスはルールや人間関係にとらわれずに自由に働きたい方が選択していると思われているからです。

一般的な面接でも、前職の人間関係やルールに馴染めなかったなどの理由は、採用担当者にネガティブな印象を与えてしまいます。
同じようにフリーランスから正社員への転職の際も、フリーランスになった理由が自由に働きたいでは、印象が悪くなってしまうでしょう。

フリーランスになった理由に気を配り、さらに企業で働いた経験、チームで案件を進めた実績などをアピールし、前向きに協調性があることをアピールしましょう。

書類・面接対策

転職する際は、履歴書や職務経歴書などの書類を提出する必要があります。また、採用面接があり、それぞれ対策が必要です。

そもそも、採用担当者の目にとまる応募書類を用意しなければ、面接に進めません。そのため、自身の経歴を棚卸し、企業側が会ってみたいと思う志望動機が書かれた書類が重要です。

しかし、履歴書や志望動機を書き慣れている方は少ないのではないでしょうか?応募書類は、自己アピールのための重要な手段の一つで、採用担当者がよくチェックしています。そのため、丁寧に応募書類を記入することが重要です。

面接に進んだ場合は、慣れない面接に緊張し伝えたいことが面接官へ伝わらないかもしれません。

想定される質問に対しての回答を用意し、的確に伝えられるように準備しましょう。書類や面接の対策を十分にすることで、転職の成功につながります。

フリーランスから正社員になる方法

フリーランスから正社員への転職時に、企業側が気になるポイントや採用時のポイントについて紹介してきました。

ここでは、正社員の求人をどうやって探すのか?と疑問に思う方へ、フリーランスから正社員になる方法を紹介します。

取引先からの相談

フリーランスの取引先から正社員への登用を打診されるケースがあります。この場合、正社員へのオファーを受けることで、正社員へスムーズに転職ができる可能性が高いでしょう。

取引先の関係者との信頼関係もあるため、新しい職場に突然勤める不安感を軽減できるメリットもあります。

また、仕事内容もあらかじめ知っているためスムーズに業務を開始できるでしょう。 

SNSで探す

近年ではSNSも、転職活動のツールの一つとなっています。一般的な求人サイトだけでなく、企業の想いや求人内容をより詳しく知り、応募できるサービスもあります。

また、X(旧Twitter)やInstagramで求人のお知らせをする企業もあり、SNSを通じて求人情報を探せます。

一般的な求人サイトと異なる点は、採用プロセスです。SNSで気になる求人があった場合、すぐに面接などの採用プロセスにならず、企業の担当者とメッセージでやり取りをし詳細を聞いた上で応募できるケースもあります。

求人情報だけではわかりにくい社風や仕事内容を理解することができ、ミスマッチを防ぎながら就職先を探すことに役立つでしょう。

転職エージェントを利用する

転職エージェントを利用して、転職先を探します。転職エージェントは、応募書類の書き方や面接対策など、転職サポートが充実していることが特徴です。

また、各業界を専門的に取り扱っているエージェントもあり、業界に詳しく自身のスキルや経験を活かす転職先をおすすめしてくれる場合もあります。

フリーランスから正社員への転職を成功させるためには、先述したようにフリーランスとしてのスキルや経験を企業が求める人材とマッチさせることが重要です。
効果的な自己アピールのための書類の書き方や面接での受け答えなど、転職をサポートしているエージェントもあり、初めての転職活動も安心できます。

どの転職エージェントを活用すればいいか?不安のある方は、次の章でおすすめの転職エージェントを紹介しています。

自身にあった転職エージェントを見つけるために、複数登録することもおすすめです。

フリーランスから正社員への転職におすすめの転職エージェント

ここでは、フリーランスから正社員におすすめの転職エージェントを紹介します。

複数登録することで、スムーズな転職活動に役立ちます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)
  • キャリアアドバイザーの提案力に定評がある
  • 公開・非公開を合わせて約70万件以上の求人を保有

 

『リクルートエージェント』は、転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)です。
※2022年6月時点、厚生労働省「人材サービス総合サイト」における有料職業紹介事業者のうち無期雇用および 4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(リクルート集計)

 

リクルートエージェントの注目すべき特徴は「キャリアアドバイザーの提案力に定評がある」点でしょう。

 

あなたの気づいていない価値を見つけ出し、活かせる転職先を紹介してくれ、採用担当者にあなたのことを売り込んだり、入社後の条件を交渉したりすることを得意としています。

 

サポート力には定評があるため、「自分自身を売り込むのが苦手」「年収などの条件交渉を代行してもらいたい」といった人におすすめです。

 

サービス名 リクルートエージェント
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数 364,283件
非公開求人数 225,664件
おすすめポイント
  • 求人数の多さが売り
  • 質の高いキャリアアドバイザーがトータルサポート
  • 多くの転職者が給料アップを実現
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
※求人数は2024年2月現在

 

【リクルートエージェントの口コミ・評判】

模擬面接を通して「何をメインに伝えたらよいか」「企業側はどういう考えか」など、本番の面接で役に立ったことを学べました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

職務経歴書の添削を丁寧にしていただき、各企業に精通した担当者からのアドバイスが、とても参考になりました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

 

  

マイナビエージェント

マイナビエージェント
マイナビエージェントの特徴
  • 20~30代の転職に強み
  • きめ細やかなサポートに定評あり
  • 夜間・土曜日にも相談可能

 

マイナビエージェントは、はじめて転職する方におすすめの転職エージェントです。

 

キャリアアドバイザーの徹底したサポートに定評があり、ヒアリングに力を入れた面談を経て、希望条件に合う求人を紹介してもらえます。

 

応募書類の添削や模擬面接などにも対応してもらえるため、安心して転職活動に取り組めるでしょう。

 

保有求人数は7万件超(※1)あり、特に20~30代向けの求人を多く取り扱っています。

 

また、平日夜間は20:30まで、土曜日は9:30~17:30まで営業(※2)しているため、都合のいい時間に相談できることもメリットです。

 

(※1)2024年2月時点の求人数

(※2)店舗によって異なります。詳しい営業時間は各店舗に確認してください。

 

サービス名 マイナビエージェント
運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数 53,661件(※1)
非公開求人数 16,211件(※1)
おすすめポイント
  • キャリアドバイザーにしっかり相談できる
  • はじめての転職活動でも安心の徹底したサポート
  • 夜間や土曜日に相談できる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト

 

【マイナビエージェントの口コミ・評判】

大変お世話になり感謝しております。もし知り合いで転職を考えている方がいればぜひ紹介させて頂きたいです。大変お世話になりありがとうございました。初回の面談からしっかりと聞き取りいただき、合致する求人を紹介頂きました。こまめにフォローを頂き、質問に対すても素早く返答頂きました。また常に的確にハッキリと根拠に基づくアドバイスを頂き、とても頼りにさせて頂きました。ありがとうございました。

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

マイナビエージェントを利用させて頂いたことで、転職という自分の人生の転機に力になって頂き、非常に感謝しております。間違いなく自分ひとりでは何をしたら良いかもわからず、現職でただただ働き続けていて、動き出すことが出来ていなかったと思います。転職に際してどう動いたら良いかを丁寧に教えて下さり、より自分に合った求人をたくさん提供頂いたこと結果が、自身の満足のいく転職先の決定に繋がったと思っております。ひとりひとりにしっかり寄り添って提案頂けるとても良いサービスだと感じました。キャリアアドバイザーには初めてお会いしてから長い時間になりましたが、定期的に気にかけて下さり、私の希望条件もしっかり加味してフォローをして頂き、本当に感謝しております。

(後略)

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

 

  

doda

doda

dodaの特徴
  • 圧倒的な求人数
  • 顧客満足度No.1を獲得
  • 直接応募も可能

 

dodaは、圧倒的な求人数と顧客満足度の高さが特徴の転職エージェントです。

 

保有求人は公開・非公開合わせて20万件超(※1)と多数で、キャリアカウンセリングを受けられる拠点は全国に12ヵ所あり、大手エージェントの中でも有数の規模を誇ります。

 

また、顧客満足度ランキングで1位(※2)を獲得した実績もあり、手厚いサポートと質の高い求人紹介に期待できるでしょう。

 

dodaでは、転職エージェントを介した応募のほか、気になる求人に自分で直接応募できる機能も備えられています。さらに、企業から直接スカウトが届くサービスもあり、自分に合った方法で転職活動を進められるのも魅力です。

 

(※1)2023年3月時点の求人数
(※2)2023年オリコン顧客満足度調査 「転職エージェント 20代」で1位

 

サービス名 doda
運営会社 パーソルキャリア株式会社
公開求人数 239,252件(※3)
非公開求人数 38,315件(※3)
おすすめポイント
  • 多くの求人の中から選べる
  • 自分のペースで転職活動を進められる
  • 徹底してサポートしてもらえる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト
(※3)2024年2月時点

 

【dodaの口コミ・評判】

初めての転職におすすめ
初めての転職で使用しました。最初はdodaさんではないところを使っていたのですが求人が最初来たきり紹介がなく他も利用しようと思いdodaさんを登録。エージェントも登録し担当についてくれた方がとても熱心でした。コロナ禍で書類通過率はかなり悪かったですが絶えず求人紹介を頂けましたし、転職活動を進めるにつれ書類通過率も上がってきました。他サイトの口コミなどであるように専門性には欠けるかもしれませんが初めてで右も左も分からない方にはおすすめです。在職中で忙しい人もlineでやりとりできますし、職務経歴書や志望動機などもざっくりした文章でも添削と調整をしてくれてサポートはかなり手厚いです。

引用元:doda/デューダの口コミ・評判

こちらの不安や要望に適した丁寧な対応に満足でした
印象的なテレビCMのキャッチコピーに背中を押されて、登録をしました。
担当の方は、とても穏やかで丁寧な対応をしてくださいました。
求人情報に関しても、こちらの要望に沿うように、繰り返し複数求人をご紹介くださいました。
また、私が職選びや面接や転職後のことで抱える不安や疑問にも一つ一つ答えて下さり、大変心強かったのが印象的でした。レスポンスに関しては、まれに時間がかかることもありましたが、全体的に満足しています。
おかげさまで無事に転職もでき、最後まで面倒を見てくださった担当者様には大変感謝しております。

引用元:doda/デューダの口コミ・評判

 

 

レバテックキャリア

レバテックキャリア
レバテックキャリアの特徴
  • 15年以上IT・Web業界に特化
  • ITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1
  • 現場社員から収集した企業の内部情報を共有

 

レバテックキャリアは、IT・Web業界の転職支援において15年以上(※1)の歴史を有する転職エージェントです。

 

職種ごとに分かれたキャリアアドバイザーのサポートに定評があり、ITエンジニアが利用したい転職エージェントNo.1(※2)を獲得した実績もあります。

 

また、企業の内部情報の収集に力を入れており、現場社員からヒアリングした生きた情報を共有してもらえることも特徴です。

 

社員のマネジメント方法や職場の雰囲気・スキル感など、入社前に知っておきたい情報を得られることは、転職の失敗を避けるためにも有効といえます。

 

(※1)レバテックキャリアの公式ホームページより
(※2)日本マーケティングリサーチ機構調べ 「2021年1月期 サービスの比較印象調査」1位

 

サービス名 レバテックキャリア
運営会社 レバテック株式会社
公開求人数 22,024件(※3)
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 応募前に企業の詳しい情報を把握できる
  • ITエンジニアのキャリアについて相談できる
  • 年収アップに期待できる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
(※3)2024年2月時点

 

マイナビITエージェント

マイナビITエージェント
マイナビITエージェントの特徴
  • 企業規模や募集職種など、取り扱い求人の幅が広い
  • 企業情報の収集を担当するリクルーティングアドバイザーが在籍
  • 非公開求人多数

 

マイナビITエージェントは、人材紹介企業大手の株式会社マイナビが運営する転職エージェントで、IT・Webエンジニアの転職に特化しています。

 

業界の転職事情に詳しい専任のキャリアアドバイザーが、ベンチャー企業から大手企業まで、さまざまな選択肢の中から最適な求人を紹介してくれます。

 

ITコンサルタントやインフラエンジニア、社内SEなど募集職種が幅広く、非公開求人が多数あることも、大手エージェントならではの特徴でしょう。

 

また、企業の情報収集を担当するリクルーティングアドバイザーが在籍しており、企業が求める人物像や内部情報を把握したうえで応募に進めるのもうれしいポイントです。

 

応募書類の添削や面接対策などの転職支援も充実しているため、一人で転職活動を進めるのが不安な方にもおすすめのサービスといえます。

 

サービス名 マイナビITエージェント
運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数 18,105件(※)
非公開求人数 6,002件(※)
おすすめポイント
  • 幅広い選択肢の中から自分に合った求人を見つけられる
  • 企業の詳しい情報を教えてもらえる
  • 初めての転職活動でも安心の転職支援
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
(※)SE・システムエンジニア(IT/通信/インターネット)、2024年2月時点

 

Geekly

geekly
Geeklyの特徴
  • IT・Web・ゲーム業界の求人多数
  • IT業界に特化した口コミサイトがある
  • 11年以上蓄積したノウハウをもとに求職者をサポート

 

Geeklyは、IT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェントで、非公開求人を含めて27,000件超(※1)と、圧倒的な求人数の多さが特徴です。

 

11年以上にわたって蓄積されたノウハウを活かした転職支援が魅力で、たとえば、応募書類を添削する専門チームがあったり、コンサルタントの専門分野が職種別に細分化されていたりと、きめ細やかなサービスで転職を成功へと導いてくれます。

 

また、同社が運営する「Geeklyレビュー」では、企業で実際に働く社員から寄せられた口コミを閲覧できます。

 

応募前に活用すれば、社風や実情を把握でき、自身のアピールポイントの整理にも役立てられるでしょう。

 

(※1)Geeklyの公式ホームページより

 

サービス名 Geekly
運営会社 株式会社Geekly(ギークリー)
公開求人数 21,290件(※2)
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 幅広い選択肢の中から希望に合う求人を見つけられる
  • 東京23区内の求人が見つかる
  • 応募書類の作成をサポートしてもらえる
対応地域
東京23区内が中心
公式サイト
(※2)2024年2月時点

 

type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェント

type女性の転職エージェントは、25年以上続く実績と経験があります。

専任のキャリアアドバイザーが、スキルの棚卸や経験の整理をサポートし、女性ならではの面接時の身だしなみの悩みにも寄り添ってくれます。

悩み別に相談会も実施しているので、転職に悩んでいる方は相談会へ参加してみましょう。

サービス名type女性の転職エージェント
ホームページhttps://type.woman-agent.jp/
求人数求人総数:29,477件
非公開求人数:18,571件
運営会社株式会社キャリアデザインセンター
※2023年10月時点

ビズリーチ

ビズリーチ
  • 特徴① 年収の高い求人情報に出会える
  • 特徴② ハイクラス向けの求人数を多く保有
  • 特徴③ ヘッドハンターからスカウトが届く

ビズリーチは、圧倒的な知名度があるためハイクラス求人が非常に多く、保有求人の3分の1以上が年収1,000万円を超えています。

 

ビズリーチを使った転職活動は2つあります。

 

1つは採用企業から直接スカウトを受けることです。採用企業と直接やり取りできるため効率よく活動を進められます。
もう1つは所属ヘッドハンターのサポートを受けて活動を進める方法です。

 

希望の条件を伝えることでより希望にマッチした求人を提案してもらえる場合や、職務経歴書の書き方や面接対策などのサポートを受けられる場合があります。

 

なお、ビズリーチは転職サービスでは珍しい有料のサービスです。


一部無料でも利用できますが、有料プランでないと使える機能が限られるため、本格的に転職を考えている場合は有料プランの利用を検討しましょう。

 

有料というとデメリットと捉えられがちですが、有料である分、掲載企業や提携コンサルタントの利益のみを追求したサービスになりにくいのが魅力です。

 

サービス ビズリーチ
運営会社 株式会社ビズリーチ
公開求人数 106,511件(※)
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 高待遇の求人を多数保有
  • 質の高いスカウトが届く
  • 自分の市場価値を測れる
対応地域
全国、海外
公式サイト
(※)2024年2月時点

最後に|フリーランスから正社員への転職のポイントをおさえて転職を成功させよう

フリーランスから正社員へ転職することは可能です。企業側もフリーランスで培った経験やスキルを期待して採用するケースがあります。一方で、フリーランスの経歴を心配する採用担当者もいます。

フリーランスは、組織に縛られない働き方のため、「採用しても職場に馴染めずやめてしまうのでは?」と不安視されることがあるでしょう。

また、高収入なフリーランスは正社員になることで、収入が減少します。収入が減少しても、企業でやりたいことなどの志望理由をはっきりさせておくことが重要です。

フリーランスから正社員になるためには、取引先からのオファーやSNSで求人情報を探すなどの手段があります。転職エージェントを活用すれば、不慣れな転職活動をスムーズに進められるでしょう。さらに、サポート体制を活用すれば、転職の成功につながりやすくなります。

働き方の多様化に伴い、フリーランスを目指す方やフリーランスの認知度も高まっています。

フリーランスから正社員として働きたい場合は、経験やスキルはもちろん、志望理由を前向きに企業側にアピールすることが転職の成功につながります。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。