薬剤師の転職は30代でも難しくない!転職を成功させるポイントとは

編集者
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

薬剤師で転職を考えている方にとって、転職のタイミングは重要なポイントの一つです。

30代で薬剤師として転職を考えている方は、「この年齢では遅すぎるのではないか」「転職して年収をあげられるのか」など不安を感じているかもしれません。

しかし30代の薬剤師でも、転職は可能です。

この記事では30代で薬剤師として転職を考えている方が、転職を成功させるために注意するべきポイントや、おすすめの転職エージェントについて詳しく紹介します。本記事を読むことで、30代での転職をスムーズに進められるでしょう。

薬剤師向けのおすすめ転職エージェント3選
エージェント名 評価 特徴
薬ジョブヤクジョブ

5.0

48,000件以上の求人情報を保有し、質も量も満足できる転職エージェント
ファルマスタッフファルマスタッフ

4.8

はじめての転職で使いたい薬剤師転職サイトNO.1の転職エージェント

マイナビ薬剤師マイナビ薬剤師

4.5

利用者満足度が高く、親身なサポートに定評がある大手転職エージェント

関連記事:薬剤師向け転職エージェント16社を徹底比較|選び方や転職成功ポイントも

目次

30代薬剤師の転職事情|30代前半と後半でそれぞれ解説

30代薬剤師は、即戦力となり市場価値が高いので、転職しやすいです。人手不足などで求人を募集しているところは、即戦力として働いてくれる薬剤師を探しています。

ただ、30代の薬剤師といっても未経験かどうか、30代前半か後半かにより転職難易度は少し異なります。

未経験、30代前半、30代後半についてそれぞれ解説します。

未経験の場合

30代で未経験のまま薬剤師として就職することは可能です。薬剤師の資格は取得に6年という長い月日が必要なので、実務経験がなくても資格があれば採用される可能性が十分にあります

新卒採用のみおこなっている企業や、経験重視の企業は就職が難しいかもしれません。

未経験で転職する場合には、規模の大きい企業や、研修などのサポートが充実している企業などを選ぶと良いでしょう。

また薬剤師に特化した転職エージェントを利用し、コンサルタントに相談しながら就職先を探すのもおすすめです。

新しいことをどんどん学ぶ姿勢をアピールすることや、前職のキャリアを生かすことで、未経験の30代でも薬剤師として採用されるチャンスが広がります。

30代前半の場合

30代前半の薬剤師は、需要が高く転職しやすいです。

新卒から薬剤師として働いている方は5年以上の経験があり、即戦力として働けるため、積極的に採用されるでしょう。特に人材不足で困っている職場は、経験のある30代の薬剤師はほしい人材です。

長期キャリアを形成するため、35歳までの応募条件のある企業にも就職できます。薬剤師の30代前半は転職に有利な年代なので、病院からドラッグストアなど他の領域にキャリアチェンジも可能です。

30代後半の場合

すでに薬剤師としての実務経験がある場合でも、30代後半になると転職先の選択肢が狭くなる傾向にあります。

中途採用を募集している企業でも、長期キャリアを形成するため、35歳までなどの年齢制限を設けている場合があります。35歳の年齢制限は、薬剤師だけでなく一般企業でも設けていることが多いです。

そのため、30代で転職を検討している薬剤師の方は、その後のキャリア形成を考えつつ慎重に転職先を選ぶ必要があります。

30代後半は転職難易度が上がるため、今までの専門的なキャリアやスキルをアピールすることが大事です。「最後の転職にする」という気持ちで、慎重に就職先を選びましょう。

薬剤師向けのおすすめ転職エージェント3選
エージェント名 評価 特徴
薬ジョブヤクジョブ

5.0

48,000件以上の求人情報を保有し、質も量も満足できる転職エージェント
ファルマスタッフファルマスタッフ

4.8

はじめての転職で使いたい薬剤師転職サイトNO.1の転職エージェント

マイナビ薬剤師マイナビ薬剤師

4.5

利用者満足度が高く、親身なサポートに定評がある大手転職エージェント

30代で転職するメリット・デメリット

30代で薬剤師を転職する方は、20代の転職よりも慎重になる必要があります。

こちらの項目では、薬剤師が30代で転職するメリットとデメリット、強みやリスクなどをまとめましたので、転職するかどうかの判断材料にされてください。

先に30代薬剤師の転職についてまとめると、次のような特徴が挙げられます。

メリットデメリット
キャリア・給与UPが狙える
転職しやすい年齢
ライフステージの変化に合わせられる
即戦力が求められる
今後頻繁に転職しにくい

30代になると、キャリアや経験も積み上がってきている年齢になりますので、ご自身のキャリアに応じてどのような転職活動をするかを決めていく必要があります。

薬剤師が30代で転職するメリット

  • キャリア・給与UPが狙える
  • 転職しやすい年齢
  • ライフステージの変化に合わせられる

薬剤師が30代で転職するメリットには、主に上記のような内容があります。30代は実績も十分に判断できる年齢になりますので、働き先を変えることによって年収やキャリアを大きく向上させるチャンスも訪れます。

年齢的にも需要があり、かつ需要が高い職種ですので、これまで薬剤師としての経験を積んできた方であれば、優位性を持って転職活動に挑めるでしょう。

また、30代はプライベートでも変化が大きい年代です。結婚や出産などによって、ライフステージに変化が訪れた場合、ワークライフバランスの向上を目指した転職も受け入れられやすい点がメリットや強みにあります。

薬剤師が30代で転職するデメリットやリスク

  • 即戦力が求められる
  • 今後頻繁に転職しにくい

一方、30代で転職する薬剤師には、上記の2つの問題があります。

まず、30代になると即戦力が求められるようになりますので、薬剤師として経験が浅い方やブランクがある方は、転職活動で苦戦することも予想されます。場合によっては、希望条件の一部を下方修正しないと、採用してくれる企業・機関が現れてこないかもしれません。

また、30代での転職は十分に可能なのですが、年齢で考えた際、今後頻繁には転職をしにくくなります。「これで最後の転職にする」くらいの準備で転職に挑まなければ、転職を繰り返してしまうことも起こり得ます。

30代で転職を繰り返してしまうと、転職においてどんどん不利な状況になりやすいです。30代で転職する際は、希望条件をしっかり固めて、応募先の情報収集も徹底的におこないましょう。

30代の薬剤師に求められるスキル・経験

30代の薬剤師には、20代での転職とはまた違った部分が求められるようになります。30代の転職では、どのような部分を転職先にアピールすべきかをご紹介します。

実務経験

30代の転職で一番求められる部分は、やはり即戦力として働ける実務経験です。30代の転職で成功するためには、これまでの薬剤師での経験をアピールすることは必須になってくるでしょう。

具体的に、どのような施設でどのような方法で、どのくらいの長さ薬剤師の仕事に関わってきたかは明確に伝えられるようにまとめておきましょう。

一方で、経験が浅い方やブランクがある方は、転職先ですぐに働ける根拠をアピールしなくてはなりません。

他の職業をしていた方も、その仕事が薬剤師にどのように活かせるか?なぜ薬剤師の仕事から離れていたかなどを説明できるようにしましょう。

あまりにもブランクが長かった方は、一度アルバイト等で現場に慣れた後で再び転職活動を開始する方法もあります。

マネジメント経験

30代の薬剤師は、実務に加えてマネジメントや管理の経験があることで転職に有利に働きます。

30代の薬剤師に対して、実務だけでなくチーム全体をまとめて欲しいと考えて採用するところも多いため、自分の実力だけでなく、組織全体を見通したアピールも効果的です。

薬剤師としてのキャリアを振り返り、プラスに評価してもらえそうな経験や実績をまとめておくと、面接時に伝えることができます。

コミュニケーション能力

薬剤師に限りませんが、転職を成功させるにはコミュニケーション能力が求められます。

薬剤師のコミュニケーションは、職場内やお客さん、患者さんとのコミュニケーションだけでなく、他の医療従事者や行政などともおこなう場面が出てきます。

幅広い場面で柔軟なコミュニケーションが取れる方が、薬剤師の転職市場でも求められているでしょう。

また、30代の転職では、上記で述べたマネジメント能力も問われてきます。「一緒に働きたい」と思ってもらうだけでなく、「この人なら頼ることができそう」と、リーダシップを発揮できるとなお良いでしょう。

30代薬剤師の転職を成功させる5つのポイント

薬剤師として30代から転職を成功させるためには、転職の目的を明確にしたり、自分に合う職場を探すなどいくつかのポイントがあります。

30代後半になると転職できる企業が減ってしまうことを考えると、転職先は慎重に選び、後悔のない選択をする必要があるでしょう。

納得できる転職ができるよう、5つのポイントを押さえておきましょう。

①転職の目的を明確にする

まずは、転職の目的を明確にすることが重要です。

「認定資格を生かして専門的な分野で頑張りたい」「家族との時間を優先できる職場に就職したい」などの明確な目標があると、転職先の候補を選びやすくなります。

そのためにはきちんと自己分析をして、どのような理由で転職したいのか、目的を明確にしておきましょう

②自分の経験やスキルにあった労働環境を探す

転職を成功させるためには、自分の経験やスキルにあった労働環境を探しましょう。スキルや経験がある分野では、年収アップなどの好条件で新しい仕事を見つけられる可能性が高まります。

30代の薬剤師で次の職場に生かせるスキルや実績があれば、即戦力として働けます。一方で新しい分野で未経験の場合だと、年収が下がる可能性があります。

転職を成功させるためには、「自分が得意なこと」と「自分が望むこと」の両面から、転職先を検討することが重要といえます。

③職場見学に行く

気になる求人があれば職場見学に行ってみましょう。求人票だけではわからない職場の雰囲気や、職場の先輩から業務内容についてお話が聞けるからです。

就職したあとで「思っていた職場と違っていた」などとならないように職場見学で自分に合う職場なのか事前に確かめましょう

④転職後のキャリアプランを立てる

30代以降の転職は、今後のキャリアプランがとても重要です。長い目で見て企業で勤めたいのか、独立したいのかなど次のステップを考えることが大切です。

今後のことを想定して転職先を選ぶことで、キャリア全体を通して満足感を持って働ける可能性が高まります。キャリアプランが明確になっていると、転職先も探しやすくなります。

⑤薬剤師特化の転職サイト・エージェントを探す

転職を成功させるためには、薬剤師特化の転職サイト・エージェントの利用がおすすめです。

転職エージェントは無料で、求人の紹介や面接対策などのサポートが受けられます。さらに薬剤師特化型のエージェントは薬剤師のキャリア形成に関する知識も豊富なので、個々の経験やキャリアに応じたアドバイスをしてくれます。

企業とのやり取りを転職エージェントが代行してくれるので、忙しい方でも隙間時間で転職活動が進められます。

いますぐに転職を考えていない方でも、会員登録をすれば求人を閲覧できるので、登録しておきましょう。

薬剤師向けのおすすめ転職エージェント3選
エージェント名 評価 特徴
薬ジョブヤクジョブ

5.0

48,000件以上の求人情報を保有し、質も量も満足できる転職エージェント
ファルマスタッフファルマスタッフ

4.8

はじめての転職で使いたい薬剤師転職サイトNO.1の転職エージェント

マイナビ薬剤師マイナビ薬剤師

4.5

利用者満足度が高く、親身なサポートに定評がある大手転職エージェント

30代薬剤師が転職を考える4つの理由

30代の薬剤師が転職を考えている主な理由は決して1つではありません。

特にライフステージが進む30代の転職は、自分のキャリア形成だけでなく、家族にまつわる理由を挙げる方も増えてきます。

転職理由としてよくあげられる事例をみてみましょう。

①年収をアップさせたい

30代薬剤師で転職を検討している理由に、年収アップを挙げる方は多いのではないでしょうか。

薬剤師は年収の高い職業ではありますが、30代はキャリアを通じた年収の上昇率についても悩む時期です。経験を積みさらに年収をアップさせたいと思う薬剤師は多いでしょう。

30代後半からの転職はチャンスが限定されてしまうことを考えると、現職以上に年収をアップしたい場合には早めに行動することが重要です。

②キャリアアップしたい

よく転職理由として挙げられるのが、キャリアアップです。

新たな職場でのキャリアアップや、これからのキャリア形成のため30代で転職する薬剤師の方は多いです。同じ専門職に転職する場合や、新たな領域の職場に転職をする方がいます。

キャリア形成は自分の人生観とも強く結びついているものなので、何を最も大切に感じているかを自覚しておくことが転職の鍵です。

③結婚や出産を機に環境を変えたい

女性の薬剤師に多い転職理由として、結婚や出産を機に環境を変えたいという方です。

30代でライフステージが変わり、これまでの現職で同じ働き方を継続できなくなったり、よりフレキシブルな環境に移ったりするために転職を検討します。

転職することにより、正社員での時短勤務やパートタイムで働くこともできます。

④人間関係がうまくいかない

最後の転職理由は、現職での人間関係によるものです。

人間関係による悩みは、上司からのパワハラや性格の不一致などさまざまな理由があります。自分と相性の良くない方と一緒に過ごし続けることは精神的に負担が大きいため、こちらも転職理由としてよく挙げられます。

転職をすれば、環境がリセットされるため人間関係の悩みが解決できるでしょう。人間関係に悩み、心身を疲弊させるよりも、転職して新しい環境で働きたいと考えるのは当然です。

薬剤師向けのおすすめ転職エージェント3選
エージェント名 評価 特徴
薬ジョブヤクジョブ

5.0

48,000件以上の求人情報を保有し、質も量も満足できる転職エージェント
ファルマスタッフファルマスタッフ

4.8

はじめての転職で使いたい薬剤師転職サイトNO.1の転職エージェント

マイナビ薬剤師マイナビ薬剤師

4.5

利用者満足度が高く、親身なサポートに定評がある大手転職エージェント

転職に成功しやすい30代薬剤師の特徴

30代の薬剤師において、転職に成功しやすい特徴が3つあります。年齢だけでなく、これまで経験してきたスキルや認定資格の保有など、転職しやすい方の特徴をみてみましょう。

実務・マネジメント経験が豊富

30代の薬剤師は実務・マネジメント経験が豊富だと転職に有利に働きます。即戦力として働いてほしいと考える企業は多いため、転職しやすいです。

実務経験やマネジメントの経験は、採用する側が必ず確認する重要なポイントです。薬剤師としてのキャリアを振り返り、プラスに評価してもらえそうな経験や実務をまとめておくと、面接時に伝えることができます。

コミュニケーション能力がある

薬剤師にはコミュニケーション能力が求められます。

ほとんどの職場では患者さんや、お客さんなどと接するためです。病院など多職種と関わる職場であれば、スタッフ同士の円滑なコミュニケーション能力が必要です。

認定資格を持っている

認定資格を持っていると、転職をするうえで有利です。がん薬物療法認定薬剤師や漢方・生薬認定薬剤師など認定資格がある場合は、専門性が認められます。

新しい薬や治療法など、医療は日々進化しているので正しい知識を持った薬剤師は重宝されます

薬剤師向けのおすすめ転職エージェント3選
エージェント名 評価 特徴
薬ジョブヤクジョブ

5.0

48,000件以上の求人情報を保有し、質も量も満足できる転職エージェント
ファルマスタッフファルマスタッフ

4.8

はじめての転職で使いたい薬剤師転職サイトNO.1の転職エージェント

マイナビ薬剤師マイナビ薬剤師

4.5

利用者満足度が高く、親身なサポートに定評がある大手転職エージェント

30代薬剤師の転職が不利になりやすい条件

30代の薬剤師は転職に有利だとお伝えしてきましたが、不利になりやすい条件もあります

どのような条件が不利になりやすいのか、詳しくみていきましょう。

何度も転職をしている

今までに何度も転職をしている方は「採用しても続かないかも」と思われてしまう可能性があります。転職回数が多いと、履歴書や職務経歴書などの書類審査の通過が難しくなります。

職場によっては「転職歴は2回までとする」と提示しているところもあるので、注意が必要です。

転職理由がぼんやりしている

面接で転職理由を聞かれた際などに、転職理由がぼんやりしていると、転職が不利になりやすいでしょう。「職場が合わなかった」などの理由は、「嫌なことがあればすぐに辞めてしまうのでは」と思われてしまう可能性もあります。

自分がどのような理由で転職したいのか自己分析をおこない、面接で聞かれたらきちんと説明できるようにしましょう。

30代薬剤師の転職におすすめの職場

薬剤師の転職には、さまざまな職場があります。理想の職場を見つけるためにも、どのような職場があるのかを知っておきましょう。

ここでは30代薬剤師におすすめの職場を紹介します。

病院

病院勤務では調剤業務、入院患者への病棟薬剤業務、医薬品情報業務など仕事は多岐にわたります。また医師や看護師と連携が必要であり、チーム医療の一員として働きます。

薬剤師には人気の職業ですが、未経験者は採用していない病院も多く、就職難易度は高いです。

診療所

診療所では院内で処方する調剤業務をおこないます。院外処方と違い、患者さんの服薬情報を管理したり、服薬の効果や副作用を把握したりします。診療所も医師や多職種と連携して働くチーム医療です。

学校

大学以外の学校に、薬剤師の設置が義務付けられており、学校薬剤師といいます。

通常の薬剤師業務だけでなく、衛生科学の知識が必要です。

また教育にふさわしい人間性や、教育に関して正しい理解が必要です。

調剤薬局

調剤薬局は薬剤師が多く従事している職場です。医療機関が発行した処方箋をもとに、調剤し、服薬指導をおこないます

未経験でも募集しているところも多く、転職におすすめの職場です。

ドラッグストア

ドラックストアでの業務は、薬の処方だけでなく商品の陳列やレジなど多岐にわたります

未経験でも募集しているドラッグストアは多いですが、店舗に1人の勤務や、拘束時間が長いところもあります

企業

企業薬剤師は、勤務する企業により仕事内容はさまざまです。また中途採用をおこなっていない企業も多く、就職難易度は高いといわれています。

企業薬剤師のなかでもMRは転職しやすい傾向です。MRとは製薬会社の営業職であり、病院などに訪問し、新薬などの説明をします

薬剤師が企業に転職するメリットは、企業の給与形態により大きく年収が上がる可能性があることです。

薬剤師向けのおすすめ転職エージェント3選
エージェント名 評価 特徴
薬ジョブヤクジョブ

5.0

48,000件以上の求人情報を保有し、質も量も満足できる転職エージェント
ファルマスタッフファルマスタッフ

4.8

はじめての転職で使いたい薬剤師転職サイトNO.1の転職エージェント

マイナビ薬剤師マイナビ薬剤師

4.5

利用者満足度が高く、親身なサポートに定評がある大手転職エージェント

おすすめの転職エージェント4選

薬キャリエージェント

薬剤師の求人・転職・募集なら【薬キャリエージェント】
  • 特徴① 独自のネットワークで集めたここにしかない情報を提供
  • 特徴② コンサルタントの質が高い
  • 特徴③ 利用者満足度95%、年間2万人以上の薬剤師が利用(※)

薬キャリエージェントは、医療関連ビジネスを展開する「エムスリーグループ」に属する転職エージェントです。

 

独自のネットワークから求人・内部情報を収集しているため、ここでしか入手できないような情報に出会えるかもしれません。

 

コンサルタントの質の高さに特徴があり、カウンセリング後、最大10件の求人を紹介してもらえたり、最短3日のスピード内定が叶ったりすることもあるようです。

また、条件交渉や内部調査も依頼でき、後悔しない転職を実現するための支援が充実しています。

 

コンサルタントに対する利用者満足度は95%(※)と高く、はじめて転職活動をする方にもおすすめのエージェントです。

 

年間2万人以上(※)の薬剤師に選ばれるサービスをぜひ体感してみてください。

 

(※)2024年3月 薬キャリAGENT公式サイトより引用

 

サービス名 薬キャリエージェント
運営会社 エムスリーキャリア株式会社
公開求人数 20,508件
非公開求人数 非公開
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト
2024年5月15日時点

 

ファーマキャリア

ファーマキャリア
  • 特徴① 希望条件に合わせたオーダーメイドの求人作成
  • 特徴② 大手転職エージェント出身のコンサルタントが設立
  • 特徴③ コンサルタントと二人三脚で転職活動に取り組める

ファーマキャリアの最大の特徴は、「オーダーメイド型求人」があることです。

希望条件に合致しそうな病院・薬局に直接交渉し、求職者のために新たに求人を作成してくれます。

 

大手転職エージェント出身のコンサルタントが設立したからこその交渉力で、理想に近い求人を提案してくれるでしょう。

 

質の高いサポートにも力を入れており、蓄積してきたノウハウをもとに、きめ細やかなサービスを提供しています。

 

どのコンサルタントに当たっても満足できるよう、教育にも重点を置いているため、安心してサポートを受けられるのも特徴です。

あえてコンサルタント一人あたりの担当人数を絞り込み、求職者一人ひとりに寄り添った転職支援をおこなっています。

 

ほかのエージェントでは満足できなかった方も、ファーマキャリアなら理想の転職を叶えられるかもしれません。

 

サービス名 ファーマキャリア
運営会社 エニーキャリア株式会社
公開求人数 36,290件
非公開求人数 非公開
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト
2024年5月15日時点

 

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師
  • 特徴① 「顔が見える面談」による丁寧なヒアリング
  • 特徴② 手厚い転職サポート
  • 特徴③ 臨床開発室・治験コーディネーターなど取り扱い職種が幅広い

マイナビ薬剤師は、大手人材紹介企業である株式会社マイナビが運営する転職エージェントです。

 

対面、またはWebでおこなわれる「顔が見える面談」にこだわりがあり、今後のキャリアプランや仕事に求めることなど、求職者の話に耳を傾けて、叶えたい転職内容を汲み取ってくれるでしょう。

 

サポートの手厚さに定評があり、求人紹介や書類添削、面接対策などの支援にくわえ、面談同行や給与交渉なども任せられます。

 

求人情報の読み方や内部情報も教えてもらえるため、気になることは何でも質問してみるのがおすすめです。

 

取り扱い職種の幅が広いことも特徴で、薬局、病院、ドラッグストアのほか、臨床開発室・治験コーディネーターなどの企業勤務の求人も保有されています。

 

さまざまなキャリアの選択肢を検討したい方に、うれしいポイントでしょう。

 

サービス名 マイナビ薬剤師
運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数 46,723件
非公開求人数 非公開
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト
2024年5月15日時点

 

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ
  • 特徴① 業界最大レベルの求人数と地方求人の多さに強み
  • 特徴② 転職相談満足度96.7%
  • 特徴③ 薬剤師のための教育サービスも提供

全国12拠点を有するファルマスタッフでは、2024年1月現在、4万9,000件超(※1)の求人が保有されており、大都市だけでなく地方の求人も充実しています。

 

「年収600万円以上」「土日休み」「派遣」など、希望条件に合う求人が見つかるでしょう。

 

また、転職相談満足度が96.7%(※1)と高く、転職サポートが充実していることも魅力です。

 

書類作成や条件交渉の支援のほか、コンサルタントが実際に足を運んで収集した内部情報の提供もおこなっており、転職後のミスマッチを最小限に抑えられるはずです。

 

ファルマスタッフの母体は日本調剤株式会社とあって、教育面でも転職したい薬剤師を応援してくれます。

 

転職を機にキャリアアップやスキルアップしたい方におすすめのエージェントです。

 

(※1)ファルマスタッフの公式ホームページより

 

サービス名 ファルマスタッフ
運営会社 株式会社メディカルリソース
公開求人数 51,094件
非公開求人数 非公開
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト
2024年5月15日時点

 

お仕事ラボ

お仕事ラボ
  • 特徴① 「逆指名」での求人作成サービスがある
  • 特徴② 職場の内部事情に精通したコンサルタントが転職支援
  • 特徴③ 転職後3ヶ月の定着率95.6%

お仕事ラボは、株式会社アイセイ薬局をグループ会社にもつ転職エージェントです。

 

大手薬局チェーン系列のエージェントとあって、薬剤師に寄り添った転職支援に特徴があります。

 

条件に合う求人を見つけられない場合、病院・薬局に逆指名しての求人作成にも対応しているので、理想の職場について伝えてみるといいでしょう。

 

一人のコンサルタントが求職者支援と企業対応の二役を担っているのも特徴的で、双方の希望や内部事情を把握したうえでミスマッチの少ない転職を実現しています。

 

転職後にもコンサルタントへの相談が可能で、入職後の不安や悩みの解消にも役立てられるでしょう。

 

転職後3ヵ月の定着率が95.6%(※1)であることからも、納得できる転職が叶えられていることと、アフターサポートの充実ぶりが伺えます。

 

(※1)お仕事ラボの公式ホームページより

 

サービス名 お仕事ラボ
運営会社

株式会社AXIS

(アイセイ薬局グループ)

公開求人数 16,633件
非公開求人数 非公開
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国(※2)
公式サイト
2024年5月15日時点
(※2)面談会場は東京のみ

 

30代薬剤師転職についてのQ&A

30代薬剤師の転職に関する、よくあるQ&A をまとめました。ぜひ参考にしてみてください。

30代薬剤師の平均年収は?

マイナビ薬剤師によると、薬剤師の平均年収は583.4万円です。年代別でみてみると30〜34歳は564.1万円、35〜39歳は608.1万円でした。

【参考記事】最新版!全国の薬剤師年収ランキング

よくある転職理由は?

薬剤師でのよくある転職理由は上記でも詳しくお伝えしましたが、「年収アップしたい」「キャリアアップしたい」「ライフステージの変化により転職を希望している」などが多いです。

転職に年齢制限はある?

転職に年齢制限はありません

しかし長期キャリアを形成するため、一般企業でも35歳までの年齢制限を設けている企業も多いのが現状です。そのため35歳以上は転職の幅が狭くなる可能性はあります

薬剤師に求められるスキルはありますか?

コミュニケーション能力や薬剤に関する正しい知識が求められます。認定薬剤師などの資格を取得していると、スキルが認められ転職に有利に働きます。

まとめ

30代での薬剤師の転職は、即戦力として働けるため市場価値が高いことがわかりました。特に30代前半で、経験があると積極的に採用されるでしょう。

一方で、30代後半以降の転職は30代前半に比べてチャンスが狭まる傾向にあるため、最後の転職になるかもしれないことを想定し、長期的なキャリアビジョンを持つことが重要です。

未経験の場合でも、募集しているところもあるため転職は可能です。

転職後に納得して働けるよう、薬剤師特化型エージェントなどを上手に活用して転職活動を進めてください。

薬剤師向けのおすすめ転職エージェント3選
エージェント名 評価 特徴
薬ジョブヤクジョブ

5.0

48,000件以上の求人情報を保有し、質も量も満足できる転職エージェント
ファルマスタッフファルマスタッフ

4.8

はじめての転職で使いたい薬剤師転職サイトNO.1の転職エージェント

マイナビ薬剤師マイナビ薬剤師

4.5

利用者満足度が高く、親身なサポートに定評がある大手転職エージェント
  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。