医師の転職は誰に相談すべき?失敗しないコツとおすすめの医師転職エージェント

編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

「転職の相談を誰にすべきかわからない」「同僚や上司に転職の相談はしにくい」と悩む医師は多いでしょう。転職が現職や患者へ与える影響の大きさを考えると、相談相手の選択には慎重になるものです。結論、医師の転職は、医療業界に特化した転職エージェントに相談するのがおすすめです。

転職のプロである転職アドバイザーは、豊富な経験と知識から医師ひとりひとりに的確なアドバイスをおこないます。もちろん、転職活動が第三者へ漏れる心配もありません。

転職エージェントには、多忙を極める医師に代わって書類を作成したり、医療機関への条件交渉をおこなってくれたりするサービスがあります。転職活動にあてる時間を大幅に削減できるのが転職エージェントを利用するメリットのひとつです。

この記事では、転職エージェントをおすすめする多くの理由や活用方法、医師の転職を成功に導くポイントなどを詳しく解説します。

医師転職の専門家に無料相談してみよう

目次

転職を考える医師のよくある悩み

医師の転職にはさまざまな悩みがついてまわるものです。

ここでは、転職を考える医師のよくある悩みを紹介します。

転職活動の方向性が定まらない

転職活動の方向性が定まらず、頭を抱える医師は多いです。

理由には「すぐに退職したいけれど給与面は譲れない、キャリアも活かしたい」など、希望条件に優先順位がついていないことが挙げられます。

また「医局を出たくなった」という理由で初めて転職に挑む医師は、単純に転職の方法がわからない場合もあります。

医師の転職活動の方法には、ハローワークや知人の紹介、転職サイトや転職エージェントの利用などさまざまあります。

いずれにせよ、効率的に転職をさせるためにどのような方法が最適かを検討する必要があるでしょう。

キャリアプランを決められない

「現状を打破するために転職をしたいけれど、キャリプランが不透明」と悩む医師は少なくありません。

医師のキャリアアップは他の職種と比べて選択肢が豊富です。臨床医を続ける、研究に専念する、開業するなど、多様な将来像を描くことができます。

しかし日々業務に追われる中で、イメージするキャリアプランを具現化するのは容易いことではありません。

キャリアプランの確立から転職活動を成功させるまでの道のりを考えると、それだけで気負いしてしまうものです。

転職活動をする時間がない

医師が求人探しや面接を続けるのには多くのエネルギーを要します。

多忙な業務の合間や休日に転職活動をおこなうことで休息の時間が奪われ、転職を諦めてしまうケースは珍しくありません。

忙しい業務の合間をぬって医師ひとりで転職活動をおこなうのは、限界があるようです。

希望条件に合う転職先が見つからない

「希望条件に合う転職先が見つからない」というのも、転職を考える医師のよくある悩みです。

求人を探すのに時間がかかることや、より好条件の求人を待っていること、希望条件の優先順位が定まっていないことが要因に挙げられます。

理想の職場を見つけたいと思うのは当然のことですが、転職活動の長期化はモチベーションを下げる原因になりかねません。

転職を成功させるには、なるべく効率的に短期間で求人を探すことが重要です。

円滑に退職したい

医師の多くは「円滑に退職したい」と思うものですが、医師不足が問題とされている医療機関では、転職を考え直すよう諭されるケースが多くあります。

退職は本人の自由であるため転職をとりやめる必要はありません。

しかし、円滑に退職したい場合は、主治医として診ている患者数や職場の状況に合わせて、計画的に転職のスケジュールを組むことが必要不可欠です。

転職先が決まれば「一日も早く職場を変えたい」と焦ることがありますが、第三者による客観的なアドバイスを受けることで、円滑に退職するための冷静な判断ができるでしょう。

医師の転職相談には転職エージェントの利用がおすすめ

転職を検討している医師のよくある悩みを紹介しました。

医師の転職には医療業界特有の悩みもあるでしょう。

「誰に相談すればよいかわからない」と悩む医師には、医療業界に特化した転職エージェントの利用がおすすめです。

ここでは、医師に転職エージェントをおすすめする理由を5つ解説します。

豊富な知識をもつアドバイザーがいる

転職エージェントのキャリアアドバイザーは、医師の仕事や転職に関する豊富な知識をもっています。

転職に悩む医師本人に明確なビジョンがなくても、キャリアアドバイザーに相談する過程で、自分の理想や将来像が具現化されていくでしょう。

キャリアアドバイザーは、これまでに携わってきた医師の転職活動の事例をもとに、的確なアドバイスをおこなってくれます。

どんな小さな悩みでも、ためらわずに相談してみましょう。

客観的なアドバイスを受けられる

転職エージェントを利用するメリットのひとつに、客観的なアドバイスを受けられることが挙げられます。

医師の転職活動において、自分のスキルが求人に見合うものかを正確に判断することは重要です。

医師ひとりでの転職活動には、希望条件のみに焦点を合わせてしまうという落とし穴があります。

その点、医療業界の豊富な知識をもとに客観的なアドバイスをおこなってくれるのが、転職エージェントのキャリアアドバイザーです。

医師のスキルがどのような職場に適切か、年収の相場はどの程度であるかなどを第三者目線で判断してくれます。

転職先のピックアップから条件の交渉までおこなってくれる

転職を望む医師の多くは、求人探しや応募書類の作成、条件交渉などの転職活動を多忙な業務の合間をぬっておこなう必要があるでしょう。

転職エージェントは求人のピックアップや応募書類の作成代行、面接日の調整や給与などの条件交渉などをおこなってくれるため、医師は転職活動にあてる時間を大幅にカットすることができます。

現職の業務をこなしながら効率的に転職活動を進めたい医師に、転職エージェントの利用はおすすめです。

転職前に内部事情がわかる

転職活動の不安要素のひとつが、転職後のミスマッチです。

求人票のみで転職先の特徴や雰囲気をつかむのは、難しいでしょう。

転職エージェントのキャリアアドバイザーは、採用をおこなっている医療機関に直接足を運んでいるため、現場のリアルな雰囲気や、Web上では公開されていない内情を把握しています。

アドバイザーによっては、医療関係者との太いパイプをもっている場合もあるでしょう。

転職エージェントの利用には、自分では知りえない情報をキャッチできるメリットがあります。

円滑に退職するためのアドバイスを受けられる

医師不足の問題をかかえる医療機関では、医師の退職を引きとめる場合が多くあります。

実際に、担当する患者や医療体制に大きな影響を及ぼすことは事実です。

キャリアアドバイザーは多くの医師をサポートしてきた経験から、円滑に退職するための的確なアドバイスをおこなってくれます。

転職エージェントは、転職先の決定後も手厚いフォローを続けてくれますので、相談に遠慮はいりません。

医師の転職に強いおすすめの転職エージェント7選

ここでは、医師の転職に強い転職エージェントを7社紹介します。

各転職エージェントの特徴を解説しますので、気になる転職エージェントを見つけたら気軽に登録を進めてみてください。

マイナビDOCTOR

マイナビドクター

マイナビDOCTORは、人材サービス業界大手のマイナビが運営する、医師転職エージェントです。

20年以上にわたり培ってきた転職のノウハウを活かし、医師ひとりひとりに合ったアドバイスをおこなってくれます。

医療機関からの信頼が厚く、好条件の非公開求人も多く保有しているのが特徴です。年収アップを条件に転職を進める医師におすすめの転職エージェントといえるでしょう。

関東圏を中心とした全国の求人を保有しており、転職を機にUターン・Iターンを検討している医師にもおすすめです。

全国13カ所に面接の拠点をもつほか、Webや電話でも登録ができるため、隙間時間に登録だけでもおこなっておくとよいでしょう。

求人の種類常勤、非常勤、スポット
公開求人件数常勤 :15,425件
非常勤:16,747件
スポット:1,350件
運営会社株式会社マイナビ
対応エリア全国
公式ホームページhttps://doctor.mynavi.jp/
(2023年9月時点)

リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリア

医師の多様なニーズに対応してくれるのがリクルートドクターズキャリアです。

人材大手のリクルートグループが運営しており、医療業界に精通したアドバイザーが在籍しています。
病院との信頼関係が厚く、求人に掲載されていない病院の特徴なども把握しているため、求職中の医師へのアドバイスが的確です。

医師と医療機関、両者のヒアリングを丁寧におこなうことで、転職後のミスマッチを防いでくれます。

求人検索は条件を細かく絞ることができるため、ライフワークバランスを重視した医師におすすめの転職エージェントです。

好条件の求人は応募が殺到する場合があるため、早めに登録をおこないましょう。

求人の種類常勤、非常勤
公開求人件数常勤 :12,736件
非常勤:5,513件
運営会社株式会社リクルートメディカルキャリア
対応エリア全国
公式ホームページhttps://www.recruit-dc.co.jp/
(2023年9月時点)

エムスリーキャリアエージェント

M3キャリアエージェント

日本最大級の医療従事者専用サイト「m3.com」のエムスリーグループが運営するエムスリーキャリアエージェントは、独自の調査でしか得られない病院の内部事情を把握しているのが特徴です。

給与相場や医療機関の構図など、細かい情報を収集し転職希望者へ提供してくれます。

条件交渉を強みとしているため、希望条件に合わない求人を理想に近づけてくれる場合もあるでしょう。

「年収1800万円可能」「当直なし」「60歳以上OK」など特徴別の求人検索が可能で、忙しい医師にとって好条件の求人を素早くピックアップできるのは魅力のひとつです。

求人の種類常勤、非常勤
公開求人件数常勤 :14,841件
非常勤:6,820件
運営会社エムスリーキャリア株式会社
対応エリア全国、海外
公式ホームページhttps://agent.m3.com/
(2023年9月時点)

医師転職ドットコム

医師転職ドットコム

医師転職ドットコムは、キャリアアドバイザーの丁寧な対応とスピード感に定評があります。

これまでに50,000人以上の医師の転職をサポートしてきた実績があり、利用した医師からも高い評価を得ています。
後悔のない転職活動をしたい医師が利用すべき転職エージェントといえるでしょう。

キャリアアドバイザーは転職のメリットとデメリットを踏まえた中長期的な視点で、キャリアプランやライフプランの相談に応じてくれます。

また面談までは全て匿名で進行されるため、現職に転職活動の情報が漏れないか心配な医師も安心して利用することが可能です。

求人の種類常勤、非常勤
公開求人件数常勤 25,793件
非常勤 17,281件
運営会社株式会社メディウェル
対応エリア全国
公式ホームページhttps://www.dr-10.com/
(2023年9月時点)

民間医局

民間医局

民間医局は登録会員数約153,000人、契約医療機関約17,000施設を誇る転職エージェントです。

1997年の創業以来、時代のニーズに応用した細やかなサービスと、将来を見据えたキャリアプランのサポートを提供しています。

女性医師への手厚いサポートも魅力のひとつです。
求人情報のほかに、エリアの生活環境や地域に密着した情報を紹介してくれます。

転居を兼ねた転職を検討している女性医師に、特におすすめです。

また業界大手の「ベビーシッターのHAS」と業務提携し、低料金でベビーシッターのサービスを提供しているため、小さな子供がいる女性医師も安心して利用できます。

求人の種類常勤、非常勤、スポット
公開求人件数常勤 :17,232件
非常勤:9,020件
スポット:6,655件
運営会社株式会社メディカル・プリンシプル社
対応エリア全国
公式ホームページhttps://www.doctor-agent.com/
(2023年9月時点)

ドクタービジョン

ドクタービジョン

ドクタービジョンは調剤薬局大手「日本調剤」のグループ企業が運営しており、独自のネットワークを構築しています。

法令遵守の一定の基準を満たした職業紹介優良事業者認定を取得しているので、初めて転職エージェントを利用する医師におすすめです。

医師ひとりひとりとの綿密なカウンセリングを重視しているため対面での面談を基本としていますが、遠方の医師向けに電話やメールでの面談もおこなっています。

全国の医療機関と強い信頼関係を築き、求人票では知りえない職場状況などを提供してくれます。
時間のある時に登録だけでも済ませておくとよいでしょう。

求人の種類常勤、非常勤、スポット
公開求人件数常勤 :12,101件
非常勤:5,000件
スポット:1,811件
運営会社株式会社メディカルリソース
対応エリア全国
公式ホームページhttps://www.doctor-vision.com/
(2023年9月時点)

Dr.転職なび

Dr転職なび

Dr.転職なびは“持続可能な医療の未来”を掲げるエムステージグループが運営する、医師向け転職エージェントです。

特徴のひとつに、医療経営士の資格を保有する「コンサルタント」と、エリア内の医療機関に詳しい「求人担当」の二人体制でサポートする「分業制コンサル」を採用していることが挙げられます。

医療業界の知識に精通しているのはもちろんのこと、有資格者ならではの視点で支援をおこなってくれるのが魅力で、的確な求人のピックアップと、さまざまな悩みを抱える医師への親身なアドバイスが期待できます。

求人の種類常勤、非常勤、スポット
公開求人件数常勤 :14,464件
非常勤:6,987件
スポット:5,967件
運営会社株式会社エムステージ
対応エリア全国
公式ホームページhttps://tenshoku.doctor-navi.jp/
(2023年9月時点)

医師が転職に成功するための転職エージェント活用方法

医療業界に特化したおすすめの転職エージェントを7社紹介しました。

転職エージェントのメリットを最大限に活用するためには、おさえておくべきポイントがあります。

転職の意思がかたまっていなくても登録しておく

転職エージェントは転職に迷いのある医師や、どんな求人があるか確認したいという医師でも利用が可能です。

登録後はWeb上での求人検索が簡略化するだけでなく、転職に関するあらゆる悩みを相談することが可能になります。

転職エージェントは登録したからといって必ず求人に応募する必要はありません。

いざという時すぐに転職活動を進められるように、まずは気軽に登録しておきましょう。

転職エージェントは複数利用する

転職エージェントは複数の利用がおすすめです。

A社では掲載していない求人がB社に載っていたり、非公開求人や独占求人を保有していたりするからです。

複数の転職エージェントを利用することで、求人の質や特徴を比較することもできます。

納得のいく転職活動を進めるには、自分に合う転職エージェントを見つけることが大きな鍵になります。

少なくとも2~3社のエージェントを利用・比較し、転職活動をスムーズに進めましょう。

担当者に希望条件を詳細に伝える

転職エージェントのアドバイザーは最適な求人をピックアップするために、詳細なヒアリングをおこないます。

転職の方向性や希望条件が定まっている医師はもちろん、まだ転職自体に迷いがある医師も、思いつく限りの意向をアドバイザーに伝えましょう。

アドバイザーはこれまでの経験を最大限にいかして効果的なアドバイスをおこないます。

転職する方が伝える内容が具体的であるほど、より的確な判断ができるのです。

書類添削や面接対策サービスを活用する

多くの転職エージェントには、医師の効率的な転職活動を実現するために、応募書類の添削や面接対策のサービスがあります。

多忙な医師に代わって応募書類をブラッシュアップしたり、各医療機関が求める人材に合わせた面接対策をおこなってくれたりします。

医師がどんなに優秀なスキルをもっていても、書類や面接で選考から外されてしまうのはもったいないことです。

転職エージェントのメリットを大いに活用しましょう。

担当者が合わない場合は変更を依頼する

転職エージェントを利用する際に、残念ながら担当するアドバイザーと相性が悪いと感じる場合があります。

転職の成功には、アドバイザーの対応スピードや判断力が重要になりますが、「対応が遅い」「意向を無視して急かす」などと医師が不満に思うケースがあるのは事実です。

アドバイザーの対応に疑問を感じた場合には、担当者の変更を申し出るか、エージェントの変更を検討しましょう。

医師が転職に「失敗した」と感じるよくある理由

全国的に医師不足が叫ばれる中で、医師の転職は比較的早く決まる傾向があります。
一方で「転職に失敗した」と感じる医師は少なくないようです。

ここではよくある失敗の理由を紹介します。

想像していた職場と違った

焦って転職活動をした医師が「イメージと違った」と感じることは、よくある失敗の一例です。

理想条件と求人内容を照らし合わせることにとどまり、十分な下調べをおこなわなかったことが原因のひとつといえます。

求人票や医療機関のホームページを見るだけでは、実際に働く環境や医療機関の特徴を完全につかむのは困難です。

現状を改善するための転職を成功に導くには、綿密な情報収集が必要とされます。

年収がダウンした

労働環境を変える目的で転職した医師が「給与が下がり転職に失敗した」と感じることはよくあります。

ハードワークが原因で、自分や家族の時間を確保するため、当直やオンコール回数が少ない職場に転職したことが理由に挙げられます。

しかし、ライフワークバランスを向上させたいと考えるのは自然なことです。

あらかじめ給与面の優先順位を下げていれば懸念はありませんが、ライフワークバランスを確保しながら給与も維持したいと思う場合は、理想の求人に巡り合うまでじっくりと転職活動することをおすすめします。

自分の希望を伝えにくい

自分の希望を伝えにくい状況におかれた場合に「失敗した」と感じるケースがあります。知人の紹介で転職した医師に多いパターンです。

好条件を並べられ転職したものの、実際の労働環境が異なる場合には、やはり不満が生じます。ところが紹介者の手前、転職後すぐは口に出すことを我慢せざるを得ないでしょう。

知人の紹介による転職は、初めはスムーズに事が進む反面、後から問題が発生する場合があることを念頭におく必要があります。

医師が転職を成功させるための3つのポイント

医師が転職に「失敗した」と感じるよくある理由を紹介しました。

ここでは転職を成功させるために重要な3つのポイントを解説します。

転職の目的や条件を明確にする

転職活動において重要なのは、転職の目的や理由を明確にすることです。

「転職の時期がきたような気がする」「もっと条件のよい医療機関で働きたい」と思うことは、転職を考えるきっかけであり、理由ではありません。

まずはキャリアビジョンやライフプランなどの目的を明確にし、転職条件に優先順位をつけましょう。漠然としていたイメージが現実味を帯びて、後悔のない転職活動のスタートをきることができます。

余裕のあるスケジュールを組んで情報収集をする

次に転職活動のスケジュールを組みます。

先におおよその入職日を設定すると、応募書類作成などの準備がはかどります。

転職活動に焦りは禁物です。

職場環境やポジション、患者数などにより退職に要する日数は医師によって異なります。余裕のあるスケジュールを組みましょう。

スケジュールを決めたら、希望条件に沿う求人をピックアップし、情報収集をします。

情報量は多ければ多いほど、転職後のミスマッチを防ぐのに役立ちます。

転職エージェントを利用する

医師が転職活動を効率的におこなうためには、転職エージェントの利用が必要不可欠です。

転職に関わる全ての悩みをアドバイザーに相談することで、転職の目的や条件がクリアになります。

転職活動のスケジューリングや希望条件に合う求人のピックアップはもちろん、応募書類添削や面接対策、入職時の条件交渉など、一連のサポートをおこなってくれるため、転職活動を効率的に進めることができます。

キャリアアドバイザーは医療機関に直接足を運び採用担当者の綿密に打ち合わせをおこなっているため、求人票には載っていない情報を得ることが可能です。

転職エージェントは入職後のトラブルの相談にも対応してくれます。

多忙を極める医師の転職活動に、転職エージェントの利用は欠かせないといえるでしょう。

医師転職エージェントでよくある質問

最後に、医師転職エージェントによくある質問をまとめました。

費用はかからない?

転職エージェントのほとんどは無料で利用することができます。

転職を決断する前に登録だけでもおこなっておくと、いざという時すぐに転職活動を進めることが可能です。

転職活動が職場にバレない?

転職エージェントは個人情報を第三者に開示することはありませんので、安心して転職活動ができます。

不安な場合は個人情報管理を徹底している証「プライバシーマーク」を取得しているエージェントを選びましょう。

採用者が求職者の在籍を確認する「リファレンスチェック」については、転職エージェントの担当者に相談するとより安心です。

登録後は必ず転職しなければならない?

転職エージェントの登録後は、必ず転職をする必要はありません。

「転職に迷っている」「とりあえず話を聞いてみたい」という方でも気軽に登録することができます。

非公開求人とは?

非公開求人は、転職エージェントが自社の求人サイトに掲せていない保有求人です。

採用側が即戦力となる人材を求める場合や、効率的な採用活動を進めるために、求人を非公開とする場合があります。

非公開求人に応募できるのも、転職エージェントを利用するメリットのひとつです。

まとめ

転職を検討する医師の相談相手に転職エージェントをおすすめする理由や転職エージェントの活用方法、転職を成功に導くコツなどを紹介しました。

転職の相談相手に悩んだ際には、医療業界に特化した転職エージェントを利用してみてください

医療業界に精通したキャリアアドバイザーが的確なアドバイスをおこなうとともに、多様なサービスを駆使して医師の転職活動の負担を軽減してくれます。

転職エージェントは無料で利用できるほか、転職自体に迷いがある医師の相談にも対応してくれます。まずは気軽に2~3社登録してみてください。

転職アドバイザーと二人三脚で、自分の理想に合う医療機関への転職を叶えましょう。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。