実績が豊富な看護師転職サイト5選|求人数や賢い選び方も解説

編集者
看護師転職サイト選び方
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

高齢者が増加している日本において看護師のニーズは高く、長く看護師として働くためにも、自分に合った働き方や条件の職場を見つけることが大切です。

自分に合った職場へ転職したい場合、看護師転職サイトの利用を考える方も多いでしょう。しかし看護師転職サイトといっても、その数は豊富にあります。

そのため「実績のある転職サイトはどれ?」「転職サイトを選ぶ基準は?」など、転職サイトの選び方に悩む方も少なくありません。

そこで今回は、実績が豊富な看護師転職サイトの紹介とあわせて、転職サイトの賢い選び方やメリット・デメリット、転職成功のコツなどを解説していきます。

 

看護師におすすめの転職サイト5選
サイト名 評価 強み

レバウェル看護

レバウェル看護

4.8

アドバイザーの対応No,1の転職サイト。充実のサポートで納得のいく転職を実現できる。

ナース人材バンク

 

ナース人材バンク

4.5

保有求人数No.1の転職サイト。まずは登録しておきたい転職サイト。

マイナビ看護師

マイナビ看護師

4.5

利用者満足度96%を誇る大手マイナビグループの転職サイト。

ナースではたらこ

 

ナースではたらこ

4.3

病院からのスカウトが受けられる!最短1か月で転職可能!

看護師ワーカー

看護師ワーカー

4.0

好条件の非公開求人多数!専門のアドバイザーが徹底支援

 

関連記事:看護師におすすめの転職サイト比較ランキング!メリット・デメリットなど解説

目次

実績が豊富な看護師転職サイト5選

まずは、実績が豊富な看護師転職サイトを5つ紹介します。

レバウェル看護

レバウェル看護
  • 特徴① 求人数が多い
  • 特徴② 求人・病院ごとの情報が充実している
  • 特徴③ 「アドバイザー対応」「紹介案件の質」1位

レバウェル看護の強みは、充実した情報提供にあります。

 

10万件以上(※1)ある求人には一般的な求人詳細・施設詳細のほか、おすすめポイント、職場の雰囲気や福利厚生などの施設レビューが掲載されています。

さらに、求人によっては病院インタビューがあったり、医療方針や退職理由などを共有してもらえたりするため、具体的なイメージをもったうえで応募に進めるでしょう。

 

また、価値観や細かい条件をヒアリングしてからの求人紹介や入職後のアフターフォローなど、求職者に向き合ったサービスもポイントです。

「アドバイザー対応」「紹介案件の質」で1位を獲得した実績(※2)もあり、後悔しない転職を叶えたい方におすすめできます。

 

(※1)レバウェル看護の公式ホームページより

(※2)オリコン顧客満足度調査 2022年看護師転職 第1位

 

サービス名 レバウェル看護
運営会社 レバレジーズメディカルケア株式会社
公開求人数 154,456件
非公開求人数 非公開
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト
2024年5月15日時点

 

看護roo!

看護roo!の特徴
  • 10年以上の豊富な実績
  • 職場の詳細な情報を知ることができる
  • 安心のサポート体制

看護roo!転職は、人材サービスで30年以上の実績を誇る株式会社クイックが運営しており、看護師の転職支援実績は10年以上です。

他の求人情報には載らない詳細な転職情報と、初めての転職でも安心して転職活動をおこなえるサポートの充実さが特徴です。

サービス概要
サービス名看護roo!
運営会社株式会社クイック
公開求人数84,216件
非公開求人数非公開
対応地域全国
公式サイトhttps://hoiku.mynavi.jp/
※2024年5月17日時点

【関連記事】看護roo!の評判は?口コミからわかるサービスの特徴とメリットを解説

ナース人材バンク

ナース人材バンク
ナース人材バンクの特徴
  • 年間利用者数10万人以上
  • 顧客満足度調査2年連続1位(※1)
  • 各都道府県に担当キャリアパートナーが在籍

ナース人材バンクは、 株式会社エス・エム・エスが運営する、看護師特化型の転職エージェントです。

各都道府県にそれぞれ担当者が在籍しているため、地方の方でも納得のいく求人を幅広く探せます。

サービス概要
サービス名ナース人材バンク
運営会社株式会社エス・エム・エス
公開求人数18,729件
非公開求人数非公開
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイトhttps://www.nursejinzaibank.com/
2024年5月17日時点

【関連記事】ナース人材バンクの評判評判はしつこい?口コミから分かる特徴を解説

看護師ワーカー(旧 医療ワーカー)

看護師ワーカー
看護師ワーカーの特徴
  • 厚生労働省認定の転職事業者
  • 非公開求人を多数保有
  • 看護師以外の求人情報も豊富

看護師ワーカー(旧 医療ワーカー)は、トライトグループが運営する、医療従事者向けの転職エージェントです。

同社は分野横断的に転職エージェントを運営しているため、豊富な転職ノウハウで転職活動をサポートしてくれるのが特徴です。

サービス概要
サービス名看護師ワーカー
運営会社株式会社トライトキャリア
公開求人数63,459件
非公開求人数非公開
対応地域東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイトhttps://iryouworker.com/
※2024年5月15日時点

【関連記事】看護師ワーカー(旧 医療ワーカー)に騙された口コミは本当?転職を成功させるポイントも紹介

マイナビ看護師

マイナビ看護師
  • 特徴① 非公開求人多数
  • 特徴② 実際に足を使って収集した内部情報を提供
  • 特徴③ まだ転職を決めていない場合でも相談可能

マイナビ看護師は、大手人材紹介企業の株式会社マイナビが運営する転職エージェントとあって、信頼感をもって利用できるのが魅力です。

保有求人のうち3割程度(※1)が非公開の求人なので、登録すると思わぬ好条件の求人に出会える可能性があるでしょう。

 

また、情報力の高さにも定評があり、実際に病院に足を運んで収集した内部事情なども教えてもらえます。

職場の雰囲気や看護師長の人柄など、求人票からは得られないような情報も得られ、応募先の選定にも役立つはずです。

 

もちろん、履歴書の添削や面接練習、内定後の条件交渉などのサービスも手厚く、はじめて転職する方の心強い味方となってくれます。

 

「まだ転職を決めていない」という方も、まずは気軽に相談してみるのがおすすめです。

 

(※1)マイナビ看護師の公式ホームページより

 

サービス名 マイナビ看護師
運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数 65,328件
非公開求人数 16,147件
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト
2024年5月15日時点

 

【実績以外】看護師転職サイトを選ぶ際に比較すべきポイント

実績のほかにはどのような基準で看護師転職サイトを選べばよいのでしょうか?

看護師転職サイトを選ぶ際の大事なポイントを5つまとめました。

対応している地域

まずは希望する地域を担当しているかどうかを確認しましょう。

扱う求人の対応地域は、転職サイトによって異なります。

対応地域を確認せず転職サイトに登録してしまうと、希望する勤務地の求人がないことに後から気づくということになりかねません。

また、全国対応と記載している転職サイトも多くありますが、主要都市以外の求人は少なかったり、支店がなかったりする場合もあるので注意が必要です。

求人数の多さも非常に大事なポイントになってきます。

希望する地域の求人数が多いほど、自分が希望する条件を絞ることができるので、理想の転職先が見つかる確率が高くなります。

求人数の多さ

求人数の多さも非常に大事なポイントです。

求人総数の多さはもちろんですが、希望する地域の求人数がどのくらいあるのかも確認しておきましょう。

希望する地域の求人数が多いほど、自分が希望する条件を絞ることができるので、理想の転職先が見つかる確率が高くなります。

転職の実績

その看護師転職サイトで、どのくらいの方が転職を成功させているのかも確認しましょう。

後述しますが、転職サイトの実績はそのままアドバイザーの力量であるといえます。

実績が少ない場合、要望をうまく汲み取ってもらえない可能性や、実績に繋げるために無理に転職をすすめられる可能性がないとはいえません。

そのため転職実績の多いサイトを選ぶことも、失敗しない転職サイト選びのポイントのひとつなのです。

キャリアアドバイザーの質

看護師の転職を成功させるためには「看護師の転職に強いアドバイザーがいること」が大切です。

たとえばどんなに人気の美容室へ行っても、担当の美容師のキャリアがまだ浅かったり、技術に乏しかったりすると仕上がりには満足できません。

同じように、転職活動ではよい担当者やアドバイザーに出会えるかどうかが非常に重要になってきます。

また担当のキャリアドバイザーとの相性も判断ポイントのひとつです。担当アドバイザーとの相性次第で転職活動の結果が左右されることもあります。

転職サイト選びは、アドバイザーの質もふまえて慎重におこないましょう。

口コミの評価

実際に転職サイトを使った人たちの口コミも確認しておきましょう。

実際に利用した人の声を知ることは、その転職サイトを使っていいかどうかを決める貴重な判断材料となります。

登録した後で思わぬ後悔をしないためにも、事前に口コミを確認してから転職サイトを利用するようにしましょう。

ただし、サイトの使用感やアドバイザーとの相性は人によって感じ方がさまざまです。

口コミを鵜呑みにするのではなく、あくまで判断材料のひとつとして捉えることが大切です。

看護師におすすめの転職サイト5選
サイト名 評価 強み

レバウェル看護

レバウェル看護

4.8

アドバイザーの対応No,1の転職サイト。充実のサポートで納得のいく転職を実現できる。

ナース人材バンク

 

ナース人材バンク

4.5

保有求人数No.1の転職サイト。まずは登録しておきたい転職サイト。

マイナビ看護師

マイナビ看護師

4.5

利用者満足度96%を誇る大手マイナビグループの転職サイト。

ナースではたらこ

 

ナースではたらこ

4.3

病院からのスカウトが受けられる!最短1か月で転職可能!

看護師ワーカー

看護師ワーカー

4.0

好条件の非公開求人多数!専門のアドバイザーが徹底支援

 

あなたにぴったりの転職エージェントを診断!
看護師転職サイト診断ツール
性別
年齢
勤務形態

実績が豊富な看護師転職サイトを利用するメリット

「みんな使っているから…」といった理由で、なんとなく転職サイトを利用している人も多いのではないでしょうか。

しかし、看護師転職サイトのメリットを知っていれば、転職活動においてどのように転職サイトを活用すればいいのかがわかります。

ここでは看護師転職サイトを利用するメリットについて確認していきましょう。

レアな求人情報が得られる

転職サイトには、登録しなければ閲覧することができない非公開の求人情報があります。

高待遇な内容や、探しても見つからないようなレアな求人を紹介してもらえることは、転職サイトを利用する大きなメリットです。

専門性の高い病院など、希望を言えば探してもらえる可能性も高いため、ぜひ担当者に相談してみましょう。

サポートを受けながら転職活動ができる

転職サイトでは、担当者が一から丁寧にサポートしてくれるため、初めての転職で不安な方も安心して利用することができます。

応募書類の書き方や面接対策などもおこなってくれるケースが多いため、転職活動が苦手な方も、しっかりサポートしてもらえるでしょう。

働きながら転職活動が進められる

転職サイトを利用した場合、現職を続けながら転職活動を進めることができます。

仕事を続けながらひとりで転職先を探すことは、多くの時間と体力を使います。

転職サイトを利用することで、条件に合った職場のピックアップや情報収集などは、担当者がおこなってくれます。

また、面談の日程や時間の調整なども担当者に任せることができるので、応募先への連絡や調整に時間を割く必要がありません。

看護師向けの転職求人サイトを利用するデメリット

看護師転職サイトを利用するメリットを紹介しましたが、ここでは看護師転職サイトのデメリットをみていきましょう。

事前にデメリットを把握しておけば、いざデメリットに直面した際でも対策が可能です。

担当者と合わない可能性がある

転職サイトを利用する場合、担当者によっては性格やサポートのスタイルが合わないこともあるでしょう。

担当者が合わないと感じる事例
  • 連絡の頻度が多すぎる、少なすぎる
  • 希望と異なる求人をすすめてくる
  • 希望の求人を紹介してくれない

こちらの希望を担当者が把握しきれていない場合は、要望を具体的に伝えるなど、コミュニケーションを重ねることで改善されるケースもあります。

自分のペースで進められないことがある

転職サイトでは担当者とのやりとりが発生するため、転職活動をこちらのペースで進められないこともあります。

そのような場合は、転職時期を具体的に伝えたり、連絡方法や頻度の希望を伝えたりしてみましょう。

もし転職を急かしてくるなど、こちらの希望を受け入れてもらえない場合、担当者は成果だけを重視している可能性が考えられます。

転職サイトの報酬システム上、そのような担当者にあたってしまうケースもありますが、上記のように、自分のペースで進められる方法を取ってみましょう。

看護師におすすめの転職サイト5選
サイト名 評価 強み

レバウェル看護

レバウェル看護

4.8

アドバイザーの対応No,1の転職サイト。充実のサポートで納得のいく転職を実現できる。

ナース人材バンク

 

ナース人材バンク

4.5

保有求人数No.1の転職サイト。まずは登録しておきたい転職サイト。

マイナビ看護師

マイナビ看護師

4.5

利用者満足度96%を誇る大手マイナビグループの転職サイト。

ナースではたらこ

 

ナースではたらこ

4.3

病院からのスカウトが受けられる!最短1か月で転職可能!

看護師ワーカー

看護師ワーカー

4.0

好条件の非公開求人多数!専門のアドバイザーが徹底支援

 

あなたにぴったりの転職エージェントを診断!
看護師転職サイト診断ツール
性別
年齢
勤務形態

看護師が転職サイトを活用して転職を成功させるコツ

転職を成功させるためには、次の3つのコツを押さえて活用することが大切です。

看護師転職サイトの選び方とあわせて、参考にしてみてください。

転職の目的をはっきりさせる

まず転職活動を始める前に、自分の転職目的をはっきりさせておくことが大切です。

目的がはっきりしていれば選ぶ基準がぶれにくく、転職先選びに失敗する可能性が低くなります。

「人間関係がつらい」「夜勤がきつい」など、現在の職場を辞めたい理由だけでなく、転職してどんな働き方を実現したいかまで具体的に考えておきましょう。

転職目的が具体的になると、転職先に求める条件や譲れないポイント、妥協できる部分が見えてきます。

担当者との相性が悪い場合は変更を申し出る

担当者とのコミュニケーションでやりにくさを感じたり、連絡頻度やサポートのスタイルが合わない場合は、遠慮せず担当者の変更を申し出ましょう。

看護師転職サイトの比較ポイントでもお伝えしましたが、担当者との相性は転職活動を左右する重要な要素です。

もし担当者を変えるほどではなかったとしても、やりとりが負担に感じる場合は素直に担当者に伝えることが大切です。

サポートの仕方や連絡頻度を変えてもらうことで、転職活動がおこないやすくなるでしょう。

複数のサイトに登録して判断する

看護師転職サイトを利用する際は、複数登録するのがおすすめです。

転職サイトによって掲載されている求人情報は異なります。また先ほどもお伝えしたとおり、担当者との相性が合わないことも考えられます。

複数登録しておくことで、希望の転職先が見つかる可能性だけでなく、自分に合った担当者に出会える可能性が高くなるでしょう。

看護師におすすめの転職サイト5選
サイト名 評価 強み

レバウェル看護

レバウェル看護

4.8

アドバイザーの対応No,1の転職サイト。充実のサポートで納得のいく転職を実現できる。

ナース人材バンク

 

ナース人材バンク

4.5

保有求人数No.1の転職サイト。まずは登録しておきたい転職サイト。

マイナビ看護師

マイナビ看護師

4.5

利用者満足度96%を誇る大手マイナビグループの転職サイト。

ナースではたらこ

 

ナースではたらこ

4.3

病院からのスカウトが受けられる!最短1か月で転職可能!

看護師ワーカー

看護師ワーカー

4.0

好条件の非公開求人多数!専門のアドバイザーが徹底支援

 

転職サイトを使わない方がいい看護師もいる?

ここまで、看護師転職サイトの選び方や利用するメリットを紹介してきましたが、看護師転職サイトを使わない方がよい場合もあります。

国公立病院への転職を希望している

国公立病院への転職を希望している場合、看護師転職サイトのメリットを活かせないため、使わない方がよいといえます。

国公立病院の求人は公募が主流のため、そもそも転職サイトにおける国公立病院の求人数自体が多くありません。

また求人にかけられる予算が少ないことも理由のひとつでしょう。

国公立病院への転職を希望している場合は、直接応募やハローワークの利用がおすすめです。

働きたい転職先が決まっている

働きたい転職先が決まっている方は、希望する施設の公式サイトなどから直接応募する方が早いでしょう。

希望先に求人情報が載っていない場合であれば、転職サイトに登録して情報収集するのもひとつの方法です。

担当者に転職したい施設が決まっていることを伝えておけば、求人が出た際にいち早く紹介してもらえる可能性があります。

断るのが苦手で流されやすい

他者からの提案を断ることが苦手な方や、相手の意見に流されやすい方は、転職サイトの利用に向いていない可能性があります。

希望に合わないと感じた時にきちんと断ることができないと、入職後にミスマッチが起きやすくなり、再転職を検討することにもなりかねません。

転職成功につなげるためには、自分の要望を明確にして、担当者にしっかりと意見を伝えられることが大切です。

看護師転職サイトを使わずに転職する方法

現在では看護師転職サイトを利用することが一般的ですが、転職サイトを使わずに転職する方法は4つあります。

施設の公式サイトの求人に直接応募する

施設の公式サイトに掲載されている求人情報をもとに、施設に直接応募する方法です。

先ほど紹介したように、転職したい施設が決まっている場合などにこの方法がおすすめです。

必ず内定がもらえたり有利になったりということではありませんが、直接応募はその施設で働きたいという意思が伝わりやすいほか、紹介報酬がかからないことで選考のハードルが低くなる可能性があります。

ハローワークやeナースセンターを利用する

地元で仕事を探している方などは、ハローワークやeナースセンターを利用して転職するという方法があります。

特にeナースセンターのスタッフは看護師資格を持っているため、安心して転職の相談ができるでしょう。

しかし、ハローワークは求人情報が古いまま掲載されているケースも多く、転職の後のミスマッチが起きやすい可能性があります。

また、看護師転職サイトのようなサポートが受けられない点にも注意が必要です。

看護師転職サイトと異なるメリットとして、施設側に紹介料がかからないため、地元の小さなクリニックや国公立病院などの求人情報も得やすいことが挙げられます。

転職サイトでは地元の求人が少ない場合などには、ハローワークやeナースセンターを利用してみるとよいでしょう。

求人サイトで探す

転職サイトではなく、求人サイトで求人情報を探すという方法もあります。

担当者とやりとりせず転職活動をおこないたい場合や、失業認定のために急いで実績を作りたい方などにおすすめです。

情報収集から応募まで自分のタイミングでおこなえるため、自分のペースで転職活動を進めることができるでしょう。

知り合いに紹介してもらう

人脈のある方や転職時期を特に決めていない場合は、知り合いに紹介してもらうという方法もよいでしょう。

知り合いが転職先に勤めている場合は、人間関係などの内部情報を教えてもらえたり、転職先の信用を得やすいというメリットもあります。

デメリットとしては、断りにくい・辞めづらいといった人間関係ならではの問題のほか、条件の交渉がしにくいといった点が挙げられます。

まとめ

今回は実績の豊富な看護師転職サイトや、転職サイトの選び方などを紹介しました。

看護師転職サイトは非常に便利なサイトですが、サイト選びを間違えてしまうと、理想と現実のギャップが大きく、転職を繰り返すことになってしまうかもしれません。

しかし、看護師転職サイトをしっかり活用することができれば、自身の転職活動に大いに役立ちます。

ひとつのサイトのみを使用するのではなく、複数のサイトのいいところを活用して、ぜひ転職成功に繋げていきましょう。

看護師におすすめの転職サイト5選
サイト名 評価 強み

レバウェル看護

レバウェル看護

4.8

アドバイザーの対応No,1の転職サイト。充実のサポートで納得のいく転職を実現できる。

ナース人材バンク

 

ナース人材バンク

4.5

保有求人数No.1の転職サイト。まずは登録しておきたい転職サイト。

マイナビ看護師

マイナビ看護師

4.5

利用者満足度96%を誇る大手マイナビグループの転職サイト。

ナースではたらこ

 

ナースではたらこ

4.3

病院からのスカウトが受けられる!最短1か月で転職可能!

看護師ワーカー

看護師ワーカー

4.0

好条件の非公開求人多数!専門のアドバイザーが徹底支援

 

あなたにぴったりの転職エージェントを診断!
看護師転職サイト診断ツール
性別
年齢
勤務形態

 

  • URLcopy
医療/介護系転職TEAMのアバター
CAREERUPSTAGE編集部

医療/介護系転職TEAM

医師・看護師・介護業界の転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。