京都で弁護士に相談できる窓口はコチラ!土日祝・平日夜間対応OK

京都で弁護士に相談できる窓口はコチラ!土日祝・平日夜間対応OK
目次
  1. 【無料相談も有】京都で法律相談できる窓口【3選】
    1. 法テラス京都
    2. 京都の弁護士会
    3. 市区町村の法律相談窓口
  2. 京都の弁護士事情
  3. 自分で検索!京都でお悩み別に弁護士を探すなら【弁護士ナビ】
    1. 京都で離婚問題に困って弁護士を探すなら『離婚弁護士ナビ』
    2. 京都で相続問題に困って弁護士を探すなら『相続弁護士ナビ』
    3. 京都で交通事故問題に困って弁護士を探すなら『交通事故弁護士ナビ』
    4. 京都で刑事事件に困って弁護士を探すなら『刑事事件弁護士ナビ』
    5. 京都で労働問題に困って弁護士を探すなら『労働問題弁護士ナビ』
    6. 京都で債権回収に困って弁護士を探すなら『債権回収弁護士ナビ』
    7. 京都で借金問題に困って弁護士を探すなら『債務整理弁護士ナビ』
    8. 京都でIT問題に困って弁護士を探すなら『IT弁護士ナビ』
  4. 京都で法律相談する方法【4選】特徴と選び方
    1. 対面での法律相談
    2. 電話での法律相談
    3. メール・LINEでの法律相談
    4. オンラインでの法律相談
  5. 京都の弁護士に相談するときの【5つ】の注意点
    1. 相談前に時系列をメモでまとめておく
    2. 聞きたいことは箇条書きでまとめておく
    3. 証拠になりそうなものは持っていく
    4. 事実はありのまま伝える
    5. 目指すゴールを決めておく
  6. 京都で後悔しない弁護士選びをする【5つ】のポイント
    1. 相談内容と弁護士事務所の得意分野がマッチしているか
    2. 初回相談で弁護士事務所・弁護士との相性をチェック
    3. 料金体系が明確な弁護士事務所を選ぶ
    4. 18時以降(夜間)・土日祝の対応についても確認
    5. 自宅・最寄り駅からのアクセスの良さ
  7. 京都で弁護士事務所を探すなら【弁護士ナビ】で検索!

「交通事故に巻き込まれた」「借金問題でトラブルを抱えている」「配偶者と離婚したい」など、法律上のトラブルを抱えている場合は、ひとりで悩まずに弁護士に相談してみましょう。

とはいえ、これまで弁護士と関わりのなかった人には、「弁護士ってどうやって探せばいいの?」「相談にもお金がかかるの?」といった疑問や心配が尽きないでしょう。

京都府にも多くの弁護士事務所があります。また、弁護士に法律相談ができる公的な窓口も設置されています。無料あるいは安価で相談できる弁護士事務所や窓口を紹介するので、費用で悩んでいる方も参考にしてください。

また、本記事では手間のかかる弁護士選びを短縮する方法や、弁護士選びの注意点、法律相談を受ける際のポイントなども解説します。

【無料相談も有】京都で法律相談できる窓口【3選】

京都では、法律相談できる3つの窓口を設置しています。それぞれの窓口について詳しく紹介します。

法テラス京都

法テラス(日本司法支援センター)は、法務省が管轄する法律相談の「総合案内所」です。法テラスが行っているのは、主に次の2つの業務です。

1.情報提供業務

法テラス京都では、以下の情報を無料で提供しています。

2.民事法律扶助業務

民事法律扶助業務は、経済的に困窮している人に向けたサービスです。要件を満たした場合のみ、次のサービスを受けられます。

※民事法律扶助業務を利用できる要件については、法テラスのホームページに詳しく記載がありますので、そちらを参考にしてください。

民事法律扶助業務の資力基準について確認する

【電話によるお問い合わせ】

サポートダイヤル 0570-078374
営業時間 平日9時~21時
土曜9時~17時

【メールによるお問い合わせ】

メール受付はこちらから(24時間受付)

受付時間 平日 9時~17時
連絡先 0570-078332(一般)
050-3383-5433 (IP電話)
所在地 京都市中京区河原町通三条上る恵比須町427
京都朝日会館9F

受付日時 平日 9時~17時
連絡先 050-3383-0519
所在地 福知山市末広町1-1-1中川ビル4F

京都の弁護士会

弁護士として活動するためには、弁護士法によって「弁護士会」への登録が義務づけられています。弁護士会は、弁護士の指導や監督に加えて、弁護士による相談受付や弁護士の紹介業務なども行っています。

日本には52の弁護士会があり、京都にも弁護士会が存在します。京都の弁護士会の情報は次の通りです。

受付日時 月曜日~金曜日
9時15分~12時、13時~16時30分
(※年末年始、祝日を除く)
相談料 30分 5,500円(税込)
※法テラスの要件を満たす場合は無料相談も可能
(法テラス指定相談場所のため)。
連絡先 075-231-2378
所在地 京都市中京区富小路通丸太町下ル


また、京都府内には京都弁護士会館のほかにも11ヵ所の相談センターが設置されています。予約受付時間や相談日時、相談料は場所によって異なるので、詳細は以下よりご確認ください。

法律相談センターの場所について│京都弁護士会

京都弁護士会では、京都の弁護士を検索できるシステムを用意しています。以下のシステムを利用すれば、「人名・事務所名」「取扱業務」「地域」などから検索可能です。

京都弁護士会弁護士検索システムを利用する

京都で弁護士を探すなら、日本弁護士連合会による弁護士情報提供サービス「ひまわりサーチ」もあります。ただし、ひまわりサーチへの登録は弁護士の任意によるものです。なかには掲載されていない弁護士もいるので注意が必要です。

ひまわりサーチを利用する

市区町村の法律相談窓口

京都府内では、市区町村による法律相談窓口を設置しています。市区町村による法律相談は、基本的に無料で利用可能です。ただし、申し込み人数に上限があったり、開催日が限られていたりするため、急ぎの場合は注意が必要です。

京都市内では、消費生活総合センターや各区役所・支所において、法律上の疑問の解消や問題解決に向けた無料法律相談を行っています。詳細は下記より確認してください。

【消費生活総合センター】

受付日時 希望する相談日の前の週の月曜日から相談日当日までの9時~17時
無料相談実施日
【電話相談】
毎月第2・第4火曜日、第2・第4木曜日
18時~20時
電話番号 075-366-3349

【各区役所・支所】

受付日時 希望する相談日の前の週の月曜日から相談日当日までの9時~17時
無料相談実施日【対面相談】 毎週水曜日
13時15分~15時35分

【無料相談を実施している各区役所・支所】

区役所・支所 住所 電話番号
北区役所 北区紫野東御所田町33-1 075-432-1208
上京区役所 上京区今出川通室町西入堀出シ町285番地 075-441-5040
左京区役所 左京区松ケ崎堂ノ上町7番地の2 075-702-1029
中京区役所 中京区西堀川通御池下る西三坊堀川町521 075-812-2426
東山区役所 東山区清水五丁目130番地の6 075-561-9114
山科区役所 山科区椥辻池尻町14-2 075-592-3088
下京区役所 下京区西洞院通塩小路上る東塩小路町608番地8 予約専用:075-754-8769
問合せ先:075-371-7170
南区役所 南区西九条南田町1-3 予約専用: 075-632-8171
問合せ先:075-681-3417
右京区役所 右京区太秦下刑部町12番地 075-861-1264
西京区役所 西京区上桂森下町25-1 075-381-7197
西京区役所洛西支所 西京区大原野東境谷町二丁目1-2 075-332-9318
伏見区役所 伏見区鷹匠町39番地の2 075-611-1144
伏見区役所深草支所 伏見区深草向畑町93番地の1 075-642-3203
伏見区役所醍醐支所 伏見区醍醐大構町28番地 075-571-6135

【参考】京都市民法律相談

京都府では、府内在住・在勤の方を対象とした完全予約制の無料法律相談も行っています。

【府民総合案内・相談センター】

受付日時 相談日3日前の9時~(※先着順)
電話番号 075-414-4234
開催場所 住所 電話番号
園部総合庁舎 南丹市園部町小山東町藤ノ木21 0771-62-0360
舞鶴総合庁舎 舞鶴市字浜2020番地 0773-62-2500
福知山総合庁舎 福知山市篠尾新町1丁目91番地 0773-22-3901
峰山総合庁舎 京丹後市峰山町丹波855 0772-62-4301
宮津総合庁舎 宮津市字吉原2586-2 0772-22-2700

法律相談の開催日については、こちらのページ(府民無料法律相談)から最新情報をお確かめください。

【参考】府民無料法律相談

京都の弁護士事情

日本弁護士連合会が公表しているデータによれば、近畿地方の都道府県ごとの弁護士数は以下の通りです。

【近畿地方の弁護士数別による順位】

順位 都道府県 弁護士数(人)
1位 大阪府 4857
2位 兵庫県 999
3位 京都府 837
4位 奈良県 186
5位 滋賀県 164
6位 和歌山県 147

※2022年6月1日時点

京都府は近畿地方で3番目に弁護士の数が多いエリアです。1位の大阪とは大きな差があるものの、近畿地方全体で見れば弁護士数の多い地域といえるでしょう。

また、男女別に見た弁護士数や弁護士事務所の数は以下の通りです。

【京都府内の男女別弁護士数】

弁護士数(男性) 弁護士数(女性) 弁護士事務所数
651人 186人 398件

※弁護士数は2022年6月1日時点

※弁護士事務所数は2021年3月31日時点

京都府で活動する弁護士の2割強が女性です。割合だけみると全国的にも女性弁護士の数が多いので、京都は女性弁護士を希望する際の相談先が見つかりやすいといえるでしょう。

【参考】弁護士会別会員数

【参考】法律事務所の共同化及び弁護士法人の現状|日本弁護士連合会

自分で検索!京都でお悩み別に弁護士を探すなら【弁護士ナビ】

上記で紹介した以外にも、ネット上の弁護士検索サイトを利用する方法があります。

当社が運営する「弁護士ナビ」は、弁護士探しに特化した検索サイトです。無料で利用でき、会員登録なしで誰でもすぐに利用できます。

相談内容やお住まいの地域など、設定した検索条件に当てはまる弁護士を一括表示するので、比較検討にも役立ちます。弁護士探しで悩んでいる方は気軽に利用してみましょう。

弁護士・法律事務所探しのポータルサイト「弁護士ナビ」にアクセスする

以下では、分野ごとにおすすめの弁護士検索サイトを紹介します。

京都で離婚問題に困って弁護士を探すなら『離婚弁護士ナビ』

離婚弁護士ナビ

「離婚弁護士ナビ」は、上記のような離婚に関するトラブルを抱えている方が、一緒に悩みを解決していく弁護士を探せるサイトです。

弁護士を頼ることで、慰謝料や財産分与、養育費、親権獲得について、より納得できる内容での解決が見込めるでしょう。また、弁護士という第三者を通すことによって、当事者同士では話し合いが難しいケースにも対応できます。

離婚弁護士ナビでは、次のような内容について相談できます。

京都で離婚問題が得意な弁護士一覧はこちら

京都で相続問題に困って弁護士を探すなら『相続弁護士ナビ』

相続弁護士ナビ

「相続弁護士ナビ」は、上記のような相続に関するトラブルを抱えている方が、一緒に悩みを解決していく弁護士を探せるサイトです。

弁護士を頼ることで、相続人同士の人間関係などに縛られることなくスムーズに遺産分割が実現できる可能性が高まります。

相続弁護士ナビでは、次のような内容について相談できます。

京都で遺産相続が得意な弁護士一覧はこちら

京都で交通事故問題に困って弁護士を探すなら『交通事故弁護士ナビ』

交通事故弁護士ナビ

「交通事故弁護士ナビ」は、上記のような交通事故に関するトラブルを抱えている方が、一緒に悩みを解決していく弁護士を探せるサイトです。

弁護士に頼ることで、慰謝料や後遺障害の等級、交通事故によって受けた損害賠償などについて、より納得できる内容での解決が期待できます。

交通事故弁護士ナビでは、次のような内容について相談できます。

京都で交通事故トラブルが得意な弁護士一覧はこちら

京都で刑事事件に困って弁護士を探すなら『刑事事件弁護士ナビ』

刑事事件弁護士ナビ

「刑事事件弁護士ナビ」は、上記のような刑事事件に関するトラブルを抱えている方が、一緒に悩みを解決していく弁護士を探せるサイトです。

弁護士に頼ることで、被害者との示談成立による早期の身柄釈放、不起訴処分の獲得、減刑などが期待できます。刑事事件は対応のスピードが明暗を分けます。
今後の人生を大きく左右する可能性があるので、刑事事件に関する悩みを抱えている場合は、ただちに弁護士に相談しましょう。

刑事事件弁護士ナビでは、次のような内容について相談できます。

※「刑事事件弁護士ナビ」は加害者や加害者家族向けです。被害者の方や、その他の悩みは法テラスへ相談する方が良いでしょう。

京都で刑事事件の加害者や逮捕された方の弁護・相談が得意な弁護士はこちら

京都で労働問題に困って弁護士を探すなら『労働問題弁護士ナビ』

労働問題弁護士ナビ

「労働問題弁護士ナビ」は、上記のような労働に関するトラブルを抱えている方が、一緒にお悩みを解決していく弁護士を探せるサイトです。

弁護士に頼ることで、未払いの残業代や不当解雇、労働災害など、労働上で発生したトラブルについて使用者側と交渉してもらえます。また、必要に応じて労働審判にも対応してもらえるでしょう。

労働問題弁護士ナビでは、次のような内容について相談できます。

京都で労働問題が得意な弁護士一覧はこちら

京都で債権回収に困って弁護士を探すなら『債権回収弁護士ナビ』

債権回収弁護士ナビ

 

「債権回収弁護士ナビ」は、上記のような債権回収に関するトラブルを抱えている方が、一緒に悩みを解決していく弁護士を探せるサイトです。

弁護士に頼ることで、適切な回収方法を提案してもらえるほか、訴訟や強制執行などにも対応してもらえるでしょう。

債権回収弁護士ナビでは、次のような内容について相談できます。

京都の債権回収が得意な弁護士はこちら

京都で借金問題に困って弁護士を探すなら『債務整理弁護士ナビ』

債務整理ナビ

「債務整理弁護士ナビ」は、上記のような債務整理に関するトラブルを抱えている方が、一緒に悩みを解決していく弁護士を探せるサイトです。

弁護士に頼ることで、適切な債務整理の提案や手続きのサポートが受けられます。借金の減額、取り立ての停止などが期待できるでしょう。

債務整理弁護士ナビでは、次のような内容について相談できます。

京都で債務整理が・借金減額が得意な弁護士はこちら

京都でIT問題に困って弁護士を探すなら『IT弁護士ナビ』

「IT弁護士ナビ」は、上記のようにITに関するトラブルを抱えている方が、一緒に悩みを解決していく弁護士を探せるサイトです。

弁護士に依頼することで、不当な書き込みを削除できる可能性や、書き込みをした人に民事的・刑事的責任を追及できる可能性が高まります。また、あなたが書き込みをしてしまい、発信者情報開示請求を受けた場合のサポートも依頼できます。

IT弁護士ナビでは、次のような内容について相談できます。

京都でIT・インターネット問題が得意な弁護士一覧はこちら

京都で法律相談する方法【4選】特徴と選び方

法律相談の方法は4つに分けられます。それぞれの特徴と選び方について解説します。

対面での法律相談

最もポピュラーなのは、弁護士と対面して相談する方法です。対面の場合は、基本的に弁護士事務所や相談会場、先方から指定された場所にこちらから出向くことになるでしょう。

対面相談のメリットは、相手の雰囲気や表情、人柄などを直接感じられる点です。また、相談内容に関する資料や証拠などをリアルタイムで共有できるため、複雑な情報のやり取りもスムーズに行えるでしょう。情報共有がうまくいきやすい分、弁護士からのより適切なアドバイスが期待できます。

※なお、債務整理の場合は「直接面談義務」という決まりがあるため、弁護士に依頼する際には原則として対面相談が必要です。弁護士と会わずに電話やメールだけで依頼すると、規定違反にあたります(債務整理事件処理の規律を定める規程第3条|日本弁護士連合会)。

電話での法律相談

弁護士事務所を訪問する時間が取れない方や、一刻も早くアドバイスが欲しい方は、電話による相談も可能です。電話相談であれば、自宅や出先など場所を選ばずに相談できるうえ、移動の手間がかからないので時間を有効に使えます。

ただし、口頭でのやり取りになるため、資料や物的な証拠の共有ができない点には注意が必要です。細かいニュアンスや複雑な情報が伝わりにくく、対面相談に比べるとアドバイスの精度が低くなる恐れがあるでしょう。

電話での法律相談は、相談内容があまり複雑ではなく、口頭のみで十分説明できる場合に有効です。

メール・LINEでの法律相談

メールやLINEを利用して相談する方法もあります。この方法のメリットは、相談内容を漏れなく伝えられる点です。
文章に書き起こすことで、トラブルの内容や時系列の整理にも役立つでしょう。また、必要に応じて資料や証拠の画像を添付することもできます。

やり取りが記録として残るため、弁護士からのアドバイスをあとから見返したい場合にも便利です。
口頭で説明するのは苦手、口頭だと聞き忘れが心配という方に向いています。

ただ、表情や声によるコミュニケーションではないため、対面や電話相談に比べると、弁護士の雰囲気や人柄が掴みにくいかもしれません。
また、やり取りにタイムラグが出る点もネックです。

オンラインでの法律相談

近年流行した新型コロナウイルスの影響もあり、Skype(スカイプ)やZoom(ズーム)などのツールを用いたオンライン相談に対応している弁護士が増えてきています。

オンライン相談のメリットは、移動の手間をかけずにお互いの顔を見ながら相談できる点です。事務所を訪問する時間がとれないけれど、電話やメールでのやり取りでは安心できない方におすすめです。

ただし、オンライン面談を利用する際は、通信環境が整っていることが前提となります。また、通信環境があっても、接続がうまくいかなかったり、映像や音声が乱れたりする恐れがあるので注意が必要です。

京都の弁護士に相談するときの【5つ】の注意点

弁護士との法律相談には、通常30分程度の時間制限が設けられています。限られた時間を有効に使うための5つのポイントを紹介します。

相談前に時系列をメモでまとめておく

相談する前に、必ず時系列をメモでまとめておきましょう。

対面してから記憶を呼び起こすとなると、話が前後したり、肝心なことを伝え忘れたりして、スムーズに情報共有ができません。状況説明でもたつくと、弁護士からアドバイスを受けられる時間も減ってしまいます。

最低でも以下の内容はメモにまとめておきましょう。

聞きたいことは箇条書きでまとめておく

弁護士に質問がある場合も、箇条書きでメモにまとめておきましょう。

メモにまとめておけば手元で確認できるため、重要事項の聞き忘れが防止できます。相談を終えてから「あれも聞けばよかった」「これを聞くのを忘れた」とならないためには、こうした事前の準備が大切です。

証拠になりそうなものは持っていく

証拠になりそうなものがあれば持参しましょう。証拠があることによって、弁護士が状況を把握しやすくなります。また、持参した証拠の活かし方や、証拠の内容を踏まえたより具体的なアドバイスが期待できるでしょう。

ただ、何が証拠になるかの判断は、素人には難しい部分です。「これは証拠になるの?」と迷った場合は、とりあえず持参することをおすすめします。どんなに些細なものであっても、法律上はとても重要な証拠である可能性があります。

事実はありのまま伝える

嘘はつかず、事実はありのままに伝えましょう。隠し事をすると、弁護士も正確な状況が把握できず、アドバイスの内容も的外れになってしまいます。

弁護士には守秘義務があります。相談したことが外に漏れることはありません。また、もしあなた自身が倫理上や道徳上よくないことを行っていたとしたら、その事実も含めてトラブルを解決していくのが弁護士の務めです。

あとから異なる事実が発覚した場合、さらに深刻な事態になる可能性も否めません。自分に不利なことであっても、事実はありのまま伝えましょう。この人なら信頼して話せる、という弁護士を見つけることが大切です。

目指すゴールを決めておく

法律相談にあたっては、目指すゴールをあらかじめ決めておきましょう。どこをゴールにするかによって弁護士からのアドバイスは変わってきます。

たとえば、配偶者の浮気が発覚した場合、不倫相手と関係を断ち切ることをゴールにするのか、離婚をゴールにするのかでは有効なアプローチが変わります。ゴールを明確に伝えることでより有益なアドバイスが得られるでしょう。

どこをゴールにするか悩んでいる場合は、弁護士にその旨を伝えて、解決に向けて一緒に舵を切っていきましょう。

京都で後悔しない弁護士選びをする【5つ】のポイント

あなたが今抱えているトラブルを解決するうえで、弁護士は頼もしい存在になってくれるでしょう。しかし、弁護士であれば誰でもいいわけではありません。誰に依頼するかによって得られる結果が変わることもあります。

弁護士選びで後悔しないためには、下記のポイントをチェックしておきましょう。

相談内容と弁護士事務所の得意分野がマッチしているか

まずは、あなたの相談内容と弁護士の得意分野がマッチしているかを確認しましょう。医者に専門があるように、弁護士にも得意な分野、あまり経験のない分野があります。得意な分野ほど対応に慣れており、また、ノウハウも培われているためより理想に近い形での問題解決が期待できるでしょう。

弁護士や弁護士事務所の得意分野を確認する際は、ホームページなどに記載されている「解決実績」に注目します。ただ、数ある弁護士事務所のホームページをひとつひとつ確認するのは大変な作業です。

あまり時間がない、効率的に調べたいといった場合には、得意分野やお住まいの地域から弁護士を検索できる「弁護士ナビ」のようなポータルサイトを利用するといいでしょう。

初回相談で弁護士事務所・弁護士との相性をチェック

正式な依頼の前に、初回相談で弁護士事務所や弁護士との相性をチェックしましょう。

トラブルを解決するにあたって、弁護士とのコミュニケーションは欠かせません。「こちらの意図がなかなか伝わらない」「威圧的で気になることがあっても聞けない」など相性に問題があると、不満が残る結果になるかもしれません。

「優しい雰囲気の人がいい」「淡々としていてもいいから、こちらの話を遮らずに聞いてくれる人がいい」など、相性は人それぞれなので、実際に会って確認してみるのがいちばんです。

料金体系が明確な弁護士事務所を選ぶ

弁護士事務所を選ぶ際は、料金体系が明確かどうかも必ず確認しましょう。かつては日本弁護士連合会によって弁護士報酬の基準が設けられていましたが、現在では廃止されています。つまり、弁護士費用は弁護士側が自由に設定できるのです。

ほとんどの弁護士事務所では、ホームページに料金体系が記載されています。しかし、なかには詳しく記載していないケースもあり、結果として高額な費用を請求されることも考えられます。依頼を検討している場合は、初回相談で依頼した場合の費用の総額についても確認しておきましょう。

弁護士事務所によっては、初回相談を無料にしているところもあります。無料相談に対応している弁護士事務所は、当社が運営する「弁護士ナビ」からも調べられます。

18時以降(夜間)・土日祝の対応についても確認

平日夜間や土日祝の対応が可能かどうかも確認しておきましょう。平日に仕事をしている場合は、相談できる時間が就業後や土日祝日に限られがちです。トラブルによってはスピーディな対応が求められる法律相談では、自分が動ける時間帯や曜日に弁護士が対応してくれるのかを必ず確認しましょう。

弁護士ナビ」には、「夜間の相談可能」「土日祝の相談可能」「24時間相談受付(メール対応)」などの弁護士事務所も多数掲載されています。

自宅・最寄り駅からのアクセスの良さ

地味なポイントですが、自宅や駅からのアクセスの良さも実は重要です。法律相談は、弁護士事務所で行われることが多いです。依頼に進んだ場合は、さらに何度か通うことも考えられるでしょう。自宅や駅から離れている場合はいちいち足を運ぶのが負担になってしまう恐れもあるため、弁護士事務所の位置も確認しておくと安心です。

京都で弁護士事務所を探すなら【弁護士ナビ】で検索!

京都で法律相談ができる窓口には、「京都弁護士会」「法テラス京都」「市区町村の法律相談窓口」などが挙げられます。

法律相談は30分程度と時間が限られているため、事前にトラブルの時系列や相談のポイントを整理しておくとスムーズです。

また、弁護士選びの際には、あなたが抱えているトラブルの内容に対して、解決実績が豊富な弁護士事務所を選ぶといいでしょう。対応に慣れているだけでなくノウハウもあるため、早期に納得のいく結果が望める可能性が高くなります。

ただ、トラブルを抱えながら平行して条件に合う弁護士を探すのは大変です。

弁護士ナビ」ならトラブルの内容・お住まいの地域・対応可能時間などから条件に合う弁護士を一括表示できるため、弁護士選びに無駄な時間を使わずに、トラブルの解決に集中できます。

初回は無料で相談できる弁護士事務所も数多く掲載しています。相談したからといって無理に契約を迫られることはないので、気軽に利用してみてください。

この記事の調査・編集者
ぐっぴー
法律ライターとして入社後、新規事業部のコンテンツSEO、外部ライターディレクション、SNSマーケティング、インフルエンサーマーケティングに従事。ほぼ全ての法律分野の執筆に携わる。