確かで、わかりやすく。

確かな法律知識をお届けするために、法ナビ労働問題では、法律・弁護士業界に精通した編集部が記事を作成、全ての記事を弁護士が法律的に正しいかチェックしています。加えて、ベンナビに掲載中の弁護士から、無料相談対応の弁護士を探すことも可能です。あなたの悩みが一刻も早く解決するよう、ぜひご活用ください。

Piont 01

全てのコラムを
弁護士がチェック

Piont 02

法律・弁護士業界に
詳しい編集部が作成

Piont 03

弁護士検索サイト
ベンナビが運営

NEW ENTRY

新着の労働問題記事

2024.07.16 2024.07.16
給与未払いの請求方法を解説!法的手続きの違いや弁護士に依頼するメリットも

「会社から給与が支払われていないが、給与未払いとして認められるのか」 「未払いの給与はどのように請求すればよいのか」 会社から規定の給与が支払われず、労使間でトラブルになるケースは少なくありません。 しかし、給与の支払い...

給与未払いの請求方法を解説!法的手続きの違いや弁護士に依頼するメリットも
2024.07.16 2024.07.18
会社都合退職とは?会社都合となる16ケースと自己都合退職との違い・失業保険の手続きまで

「会社都合退職と自己都合退職では何が違うのか」 「会社都合退職となるのはどのようなケースなのか」 会社を退職する際に、会社都合退職と自己都合退職のどちらで扱われるかによって、その後の生活や就職活動への影響は大きく変わって...

会社都合退職とは?会社都合となる16ケースと自己都合退職との違い・失業保険の手続きまで
2024.07.12 2024.07.12
労働問題の解決を依頼した場合の弁護士費用はいくら?相談から解決までの目安を紹介

「会社とのトラブルを弁護士に依頼すべきかどうか迷っている」 「どの程度の費用がかかるのか事前に把握しておきたい」 労働問題に直面した際は、複雑化・長期化を防ぐためにも、できるだけ早く弁護士に相談することが大切です。 しか...

労働問題の解決を依頼した場合の弁護士費用はいくら?相談から解決までの目安を紹介
2024.07.12 2024.07.12
弁護士と労働問題について無料相談ができる窓口5選|弁護士選びのコツも紹介

労働問題は、放置していると複雑化・長期化を招くおそれがあるので、できるだけ早く弁護士に相談することが重要です。 しかし、弁護士への相談には通常30分5,000円程度の費用がかかります。 そのため、まずは無料で弁護士に相談...

弁護士と労働問題について無料相談ができる窓口5選|弁護士選びのコツも紹介
2024.04.30 2024.05.17
【労働者向け】退職勧奨とは?退職を促されたときの流れと判断するときのポイント

会社が労働者を退職させたいと考える場合は、厳しい解雇規制を回避するため、解雇ではなく退職勧奨をおこなうことがあります。 退職勧奨に応じるかどうかは、労働者が任意に判断できます。 会社側の条件提示が適切でなければ、受け入れ...

【労働者向け】退職勧奨とは?退職を促されたときの流れと判断するときのポイント
2024.04.30 2024.05.17
パワハラで上司や会社を訴えたいけど証拠がない!今すぐやるべき5つの対応を解説

パワハラの被害を受けたときは、加害者の上司や会社に対して損害賠償を請求できます。 ただし、パワハラの証拠がないと、損害賠償請求が認められる可能性は低いです。 手元にパワハラの証拠がない場合には、利用できる証拠がないかをよ...

パワハラで上司や会社を訴えたいけど証拠がない!今すぐやるべき5つの対応を解説
2023.11.16 2024.05.17
給料が振り込まれないときの対処法|退職後も働いた分はもらえる!

「退職月の給料が振り込まれていない」 「もう退職しているが、どうやって会社に未払いの給料を請求すればよいだろうか」 退職して会社との関係がなくなったあとに給料が振り込まれていないことに気づいた場合、どうすればよいかわから...

給料が振り込まれないときの対処法|退職後も働いた分はもらえる!
2023.11.13 2024.05.17
労働基準法違反に当たる行為とは? 企業が遵守すべきルール・違反のリスクや予防策などを解説

労働者を雇用する企業は、労働基準法を遵守しなければなりません。 労働基準法に違反すると、労働基準監督署による行政指導等の対象となるほか、損害賠償責任や刑事罰のリスクも生じてしまいます。 弁護士のアドバイスを受けながら、労...

労働基準法違反に当たる行為とは? 企業が遵守すべきルール・違反のリスクや予防策などを解説
2023.11.13 2024.05.17
給料の減額は拒否できるのか? 拒否できないケースや打診された場合の対処法などを解説

給料は労働契約の内容であるため、会社が労働者の給料を一方的に減額することは原則としてできません。 ただし、例外的に一方的な給料の減額が認められるケースもあります。 労働者としては、会社から給料の減額を打診されたら、即答せ...

給料の減額は拒否できるのか? 拒否できないケースや打診された場合の対処法などを解説
2023.11.02 2024.05.17
36協定の全てがわかる|時間外労働の規制から違反事例まで詳しく解説

「会社に長時間働かされているが、違法ではないか」 「残業代をきちんと支払ってもらっていない気がする」 「36協定とは、どんなものだろう」 長時間労働や残業代未払いなどの問題に悩み、調べていたところ36協定というものがある...

36協定の全てがわかる|時間外労働の規制から違反事例まで詳しく解説
弁護士の方はこちら