鳥取で弁護士に無料相談できる窓口一覧|検索する方法も解説

鳥取で弁護士に無料相談できる窓口一覧|検索する方法も解説

「法律トラブルなんて自分には縁遠いもの」

そう思う方も多いかもしれませんが、実は誰もが巻き込まれる可能性があります。

いざ巻き込まれたときは、やはり専門家の力を借りるのが解決への近道です。

しかし、「弁護士の知り合いなどいないし、どのように探せばよいのかもわからない」などと困ってしまう方も多いでしょう。

そんなときに役立つのが「ベンナビ」です。

あなたの抱える悩みに強い弁護士を地域ごとに探せます。

本記事では、各ベンナビを紹介するほか、鳥取県内で弁護士に無料相談できる窓口、無料相談をする弁護士を選ぶ際に意識したいポイント、無料相談に備えておこなっておきたい準備事項を紹介します。

鳥取県内で無料相談ができる弁護士を探している方は、ぜひ参考にしてください。

小日向文世 ベンナビは、各分野に強い弁護士を多数掲載中! 相談内容から無料相談できる弁護士を探す ベンナビで弁護士を探す
トラブル別で弁護士に無料で相談できます*
※一部の法律事務所に限り初回相談無料の場合があります。
    ※一部の法律事務所に限り初回相談無料の場合があります。    

この記事を監修した弁護士
社内弁護士アイコン
当社在籍弁護士(株式会社アシロ)
この記事は、株式会社アシロの「法律相談ナビ編集部」が執筆、社内弁護士が監修しました。

鳥取県で無料相談ができる弁護士は「ベンナビ」で検索しよう

無料相談ができる弁護士を探しているなら「ベンナビ」がおすすめです。

ベンナビは日本全国の弁護士を検索できるポータルサイトであり、鳥取県で無料相談が可能な弁護士も数多く登録されています。本項では、ベンナビをおすすめする理由をみていきましょう。

ベンナビならトラブルの種類ごとに弁護士を検索できる

「ベンナビ」は法律分野ごとにポータルサイトが独立しており、各分野の対応を得意とする弁護士を探せます

そのためベンナビを使えば、あなたの悩みを解決してくれる、頼りになる弁護士を簡単に見つけられるでしょう。

各「ベンナビ」と、掲載弁護士に相談できる主な内容は以下のとおりです。

ご自身が相談したい内容を見つけたら、早速「ベンナビ」で弁護士を検索してみましょう。

ベンナビの種類相談可能な内容さ
ベンナビ離婚離婚前相談、離婚協議、離婚調停、財産分与、親権、養育費、DV、モラハラ、国際離婚、不倫・離婚慰謝料、離婚裁判、面会交流、離婚手続き、別居、男女問題、熟年離婚、婚姻費用
ベンナビ相続相続トラブル、遺産・財産の使い込み、遺産分割、遺留分、相続放棄、遺言書、代襲相続、成年後見、不動産の相続、相続人調査、相続財産調査、相続登記、家族信託、事業承継
ベンナビ刑事事件性犯罪、痴漢・わいせつ、買春・援助交際、盗撮・のぞき、レイプ・強姦・不同意わいせつ、児童ポルノ・児童買春、暴行罪・傷害罪、正当防衛、殺人罪、恐喝罪・脅迫罪、器物損壊罪、窃盗罪・万引き、横領罪・背任罪、住居侵入罪、詐欺罪、賭博・裏カジノ・闇スロット、薬物・大麻、覚せい剤、ひき逃げ・当て逃げ、少年事件
ベンナビ債務整理任意整理、個人再生、自己破産、過払い金請求、時効援用、闇金問題、法人(会社)破産、住宅ローン、カードローン・クレジット会社、借金返済相談・交渉、消費者金融・サラ金、相談料無料、分割・後払い可能
ベンナビ労働問題残業代請求、不当解雇、解雇予告、内定取消、雇い止め、労働災害、労働審判、ハラスメント、退職代行、給与未払い、退職金未払い、
ベンナビ交通事故慰謝料・損害賠償、示談交渉、過失割合、死亡事故、後遺障害、むちうち、休業損害、自動車事故、自転車事故、バイク事故、人身事故
ベンナビ債権回収売掛金、業務請負・委託代金、家賃・地代、給料・賃金・残業代、借金・貸金・出資、養育費・慰謝料、立替金、投資詐欺、差押・仮差押、遅延損害金、債権額100万円未満、その他の債権
ベンナビIT掲示板・SNS削除、口コミ・レビュー削除、発信者情報開示請求、ネット誹謗中傷、名誉毀損、私的情報・画像流出、リベンジポルノ、著作権・商標権侵害、IT・ネット法務、逮捕・犯罪歴記事の削除

利用したい地域に絞って検索が可能

ベンナビでは地域ごとに絞り込んで弁護士を探せます。

希望の地域で弁護士が見つからない場合は、近くに事務所はなくてもオンライン面談や電話相談を受け付けている弁護士を検索することも可能です。

相談したい弁護士が見つかったら、ぜひ活用してみてください。

休日相談や初回無料などの条件を絞って検索できる

ベンナビは「初回無料相談可能」など詳しい条件の設定もできます。

ほかにも「休日相談可能」「夜間相談可能」といった条件もあり、ご自身のライフスタイルに合った弁護士も見つけやすいでしょう。

小日向文世 ベンナビは、各分野に強い弁護士を多数掲載中! 相談内容から無料相談できる弁護士を探す ベンナビで弁護士を探す
トラブル別で弁護士に無料で相談できます*
※一部の法律事務所に限り初回相談無料の場合があります。
    ※一部の法律事務所に限り初回相談無料の場合があります。    

鳥取県で弁護士に無料相談ができるその他の窓口

鳥取県内には法テラスや法律相談センター、市役所など、公的機関による弁護士の無料相談窓口もあります。

法テラス鳥取|経済的に困窮している方は無料で法律相談が可能

法テラスは法的トラブル解決のための総合案内所として国が設立した機関です。

経済的に困った状態にある方のために、民事法律扶助制度が設けられており、法テラスの設定した資力要件を満たせば、弁護士に無料で相談できます。

詳しい利用基準については、下記法テラスホームページで紹介されているほか、法テラスの各事務所に電話で問い合わせても確認できます。

【参考】法テラス|無料の法律相談を受けたい

住所電話番号
法テラス鳥取鳥取市西町2-311 鳥取市福祉文化会館5F0570-078357
法テラス鳥取法律事務所鳥取市西町2-311 鳥取市福祉文化会館5F050-3383-5496
法テラス倉吉法律事務所倉吉市山根572 サンク・ピエスビル202号室050-3383-5497

鳥取県弁護士会法律相談センター | 法テラスの制度を使い無料相談が可能な場合も

法律相談センターでの弁護士への相談は原則有料です。

しかし、法テラスの民事法律扶助制度を利用すれば、無料で相談できます。

法律相談センターは鳥取県内に3ヵ所あるので、近くのセンターを利用するとよいでしょう。

また、交通事故の民事トラブルであれば、日弁連交通事故相談センターで、誰でも、1人5回まで無料で相談できます。

こちらも鳥取県内に3ヵ所あるので、近くのセンターを利用しましょう。

名称住所問い合わせ先
鳥取県弁護士会法律相談センター鳥取鳥取市東町2-2210857-22-3912
鳥取県弁護士会法律相談センター倉吉倉吉市葵町724-150858-24-0515
鳥取県弁護士会法律相談センター米子米子市西福原2-1-10 米子しんまち天満屋(4階  第5教室)0859-23-5710
(公財)日弁連交通事故相談センター 鳥取相談所鳥取市東町2-221 鳥取県弁護士会館内0857-22-3912
(公財)日弁連交通事故相談センター 米子相談所米子市加茂町2-72-2 鳥取県弁護士会米子支部内0859-23-5710
(公財)日弁連交通事故相談センター 倉吉相談所倉吉市葵町724-15 法律相談センター倉吉内0858-24-0515

鳥取市役所・米子市役所 | 予約制で弁護士への無料相談が可能

鳥取市役所では原則、毎週火曜日13時〜15時30分に弁護士による無料相談を実施しています。

相談時間は1人30分、各日の定員は5名です。

詳しい日時については、鳥取市役所のホームページを確認してください。

また、米子市役所では、毎月1回、14時〜16時に法テラスによる無料法律相談を実施しています。

無料相談をできるのは、民事法律扶助制度の対象者のみですが、経済的に困っている方は利用するとよいでしょう。

具体的な相談可能日は法テラス鳥取に問い合わせてください。

相談会場住所問い合わせ先
鳥取市役所鳥取市幸町710857-30‐8181(市民総合相談課)
米子市役所米子市加茂町1丁目10570-078357(法テラス鳥取)

鳥取県で弁護士を選ぶ際のポイント

せっかく無料相談をするなら、なるべくよい弁護士を選びたいと考えるのは当然です。

ここでは弁護士を選ぶ際にチェックしたいポイントについて紹介します。

相談分野の経験が豊富である

弁護士によって、実績が豊富な分野や得意な分野が異なります。

無料相談をするのであれば、自分が抱えている法律トラブルの分野が得意な弁護士を探した方がよいのはいうまでもありません。

コミュニケーションが取りやすい

依頼後は、弁護士と何度も打ち合わせをしたり連絡を取ったりする必要が生じることが少なくありません。

そのため、コミュニケーションが取りやすく、連絡が苦にならないような弁護士を選んだほうがよいでしょう。

コミュニケーションが上手く取れなければ、弁護士も業務を進めにくく、相談者が望む結果に導きにくいものです。

初回の相談では、弁護士との相性もよくチェックし、依頼するかどうかを決めたほうがよいでしょう。

弁護士費用を丁寧に説明してくれる

トラブル解決にかかる弁護士費用をあらかじめ説明してくれる弁護士であれば、安心して任せられます。

明瞭な料金体系になっていれば、不当に高く請求される心配もありません。

また、費用について不安に思う依頼者を配慮し、丁寧に説明してくれる弁護士であれば、依頼者に寄り添いながら進めてくれると期待できるでしょう。

口コミなどの評判が良い

過去に依頼したことのある方からの評判がよければ、安心して依頼できます。

口コミなども参考程度にチェックしておくとよいでしょう。

ただし、ネットに書かれている内容全てをうのみにしてしまうのはおすすめできません。

弁護士の提供するリーガルサービスは、依頼者それぞれの事情によって内容が大きく異なるものですし、そこから受ける印象も人それぞれ違うものだからです。

また、相手方が悪意をもって書き込んでいるケースも少なくありません。

ネットの情報をそのまま受け取るのではなく、実際に弁護士に相談をして、自分の目で確かめるのが望ましいといえます。

事務所までのアクセスが良い

弁護士に依頼後は、打ち合わせのために何度も事務所に足を運ばねばならないことも少なくありません。

そのため、自宅や職場からのアクセスがよく、訪問しやすいところにある事務所を選ぶのがおすすめです。

小日向文世 ベンナビは、各分野に強い弁護士を多数掲載中! 相談内容から無料相談できる弁護士を探す ベンナビで弁護士を探す
トラブル別で弁護士に無料で相談できます*
※一部の法律事務所に限り初回相談無料の場合があります。
    ※一部の法律事務所に限り初回相談無料の場合があります。    

鳥取県で弁護士に無料相談をする際に準備すべきこと

無料相談を有効活用するには、当日までにいくつかの準備をしておくことが大切です。

ここでは、無料相談の際に準備しておきたいことを4つ紹介します。

情報を時系列順にメモにまとめておく

無料相談の時間は限られています。

そのため、トラブルに至る経緯や背景となる事情などはできる限り要領よく弁護士に伝えたいところです。

スムーズに説明するためにも、当日までに、できる限り情報を整理しておくほうがよいでしょう。

その際、時系列順にまとめるとわかりやすくなります。

また、伝え漏れを防ぐためにも、メモを作成しておくと安心です。

聞きたいことを箇条書きにしておく

相談時間中は、どのように話が展開するものかわかりません。

弁護士と質疑応答を繰り返すうちに、思わぬ方向へ話が進み、本来知りたかった内容を忘れてしまう可能性もあるでしょう。

そのような失敗を防ぐためにも、弁護士に聞きたいことを箇条書きにしたメモを準備しておくことをおすすめします。

資料や証拠を持参する

相談内容に関係する資料や証拠はできる限り持参しましょう。

資料があることで、弁護士が事実関係を正確に把握しやすくなり、より適切なアドバイスを受けることが期待できるからです。

さらに、訴訟になった際に証拠として利用できるかどうかも判断してもらえます。

自分では関係ないと思ったものでも、弁護士が有効と判断する可能性もあるため、少しでも関係するものであれば持参しましょう。

どうトラブルを解決したいか、希望する結末(ゴール)を決めておく

自分は、最終的にどうなることを望むのかを明確にしておきましょう。

「離婚したい」「相手に慰謝料を支払ってほしい」など、相談者がどうしたいのかがわかれば、弁護士もアドバイスがしやすくなります

現時点でどうしたいのかわからないなら、無料相談におけるゴールを決めておきましょう。

「今の状況で、どのような選択肢があるのかを知りたい」「取りうる選択とそれぞれのリスクを知りたい」など、何が知りたいのかを明確にしておくだけでも、何らかの収穫はあるはずです。

さいごに

鳥取県内には、弁護士に無料相談ができる窓口が複数あります。

しかし、対象となる人が制限されていたり、相談日が限られていたりするなど、利用しにくく感じるケースも多いかもしれません。

そのような方には、全国の弁護士を検索可能なポータルサイト「ベンナビ」の利用がおすすめです。

ベンナビは、法律分野ごとに用意されており、各分野に強い弁護士ばかりが掲載されています。

地域のほか、「初回無料相談可能」など詳しい条件からも絞り込んで探せるため、希望にあう弁護士を見つけやすいでしょう。

また、希望にあう弁護士が近くにいない場合は、事務所が遠方にあってもオンライン面談や電話相談が可能な弁護士を探すこともできます。

ぜひあなたの悩みに合った「ベンナビ」で、自分にぴったりの弁護士を探してください

小日向文世 ベンナビは、各分野に強い弁護士を多数掲載中! 相談内容から無料相談できる弁護士を探す ベンナビで弁護士を探す
トラブル別で弁護士に無料で相談できます*
※一部の法律事務所に限り初回相談無料の場合があります。
    ※一部の法律事務所に限り初回相談無料の場合があります。    
この記事の調査・編集者
アシロ編集部
本記事は法律相談ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。※法律相談ナビに掲載される記事は、必ずしも弁護士が執筆したものではありません。本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。
    弁護士の方はこちら