ファクタリングで売掛金を早期現金化!仕組みとおすすめのファクタリング会社を解説

ファクタリングで売掛金を早期現金化!仕組みとおすすめのファクタリング会社を解説

「資金が足りない。でも融資を待っている余裕もない。」

そんな時に便利なのが、ファクタリングで、入金待ちの売掛金を売却して現金を入手できます。

ファクタリングは入金サイクルを速めてくれる一方で、手数料をとられる、悪徳会社の詐欺被害にあう可能性などといったデメリットもあります。

安心して利用できるよう、ファクタリングの仕組みや優良ファクタリング会社の見分け方、おすすめのファクタリング会社について紹介していきます。

失敗しないファクタリング会社|信頼と実績で選んだ3社
ウィット
∟最短2時間で請求書を現金化
∟少額でも個人事業主でもOK
∟完全非対面手続き
運営会社:株式会社ウィット

 

事業資金エージェント
∟手数料は業界最低水準の1.5%~
∟500万円までなら最短3時間で対応
運営会社:アネックス株式会社

 

QuQuMo
∟オンライン完結
∟入金まで最短2時間
∟手数料は最安値水準の1%~
運営会社:株式会社アクティブサポート

ファクタリングとは?売掛金が早く現金になる仕組み

ファクタリングがなぜ売掛金を早期現金化できるのか、その理由や流れ、注意点について解説します。

ファクタリングは経産省に推奨される資金調達法

ファクタリングは経済産業省も推奨する売掛債権を利用した資金調達方法の一つです。

ファクタリングの利用で注意したいのは、取引先との関係です。

取引先との契約によっては、譲渡制限特約といった、債権の譲渡の禁止や制限がある場合があります。

このとき、場合によって取引先に支払先の変更などを依頼しなければなりません。

ただし、資金調達目的の債権譲渡は法律で守られた権利であり、これを理由にした契約解除などは取引先の権利濫用にあたりますので、毅然とした態度で望みましょう。

出典元:経済産業省|債権法改正により資金調達が円滑になります

売掛金が現金になるまでの流れ

ファクタリングには2社間ファクタリングと3社間ファクタリングがあります。

それぞれ売掛金が現金になるまでの流れが異なりますので注意しましょう。

2社間ファクタリングでは、ファクタリング会社に売掛金を売却して現金を得ます。

その後、売掛金が取引先から振り込まれたら、ファクタリング会社に一括で送金します。

3社間ファクタリングでは、ファクタリング会社に売掛金を売却すると同時に、売掛先に支払い先を変更してもらいます。

同意を得たら契約成立なので、現金を入手できます。

売掛金の入金期日になったら、取引先がファクタリング会社に送金を行います。

悪徳業者に注意

ファクタリングの仕組みを悪用した闇金の存在が確認され、金融庁からも注意喚起がでています。

内容としては、ファクタリングを装った事実上の売掛債権を担保にした貸付や、売掛債権の買戻し請求、未回収になった際の損害賠償請求などです。

ファクタリングは、売掛債権を売却した時点で未回収リスクはファクタリング会社のものとなります。

また、売却なので担保も必要ありませんし、金利もありません。

これらの単語が出てきた場合、悪徳業者の可能性があるので注意しましょう。

出典元:金融庁|ファクタリングに関する注意喚起

ファクタリングのメリット

融資や不動産担保ローンと比較して、ファクタリングにどのようなメリットがあるか解説します

売掛金の未回収リスクを減らせる

ファクタリングは売掛債権の売却になります。万が一売掛先が倒産しても、利用者に支払い義務はありません。

ファクタリングを装った闇金の場合、債権の買戻しや損害賠償を求めてくる場合があります。

契約内容を確認しておきましょう。

早期に現金を獲得できる

ファクタリング最大のメリットと言えば、期日を待たず早期に資金を手に入れられることです。

手数料はかかりますが、融資の様に返済義務もなく信用情報への影響もないので、早急に資金が必要な場合、ファクタリングは有効な手段と言えます。

融資に比べ審査が簡単

ファクタリングは審査に比べて融資が簡単です。

その理由は、ファクタリングを利用する自社に対しての審査がほぼ無いからです。

ファクタリングの審査対象はあくまでも売掛金の未回収リスクに対してです。

このため、売掛先の企業がどの程度支払い能力があるのか、取引規模や歴などについて審査されます。

必要書類も、利用するファクタリング会社によっては2種類だけの場合もあるので、即日現金化できる場合もあます。

返済義務がない

ファクタリングは借入ではありませんので、返済義務はありません。

このため利用の際に担保や保証人も不要です。

もしこれらを求めてくる業者であれば、闇金の可能性が高いので注意しましょう。

なお、返済義務が無いといっても、2社間ファクタリングの場合、利用者はファクタリング会社に一括送金する必要があるので覚えておいてください。

ただし売掛先が倒産した場合、送金義務はありません。

ファクタリングのデメリット

続いて、ファクタリングのデメリットについて解説します。

手数料をとられる

ファクタリングは、未回収リスクがある売掛債権を売却することで資金を得られます。

未回収のリスクがあるので、担保や保証人などが必要な融資・ローンなどと比較して、手数料が高い傾向にあります。

また、前述のとおりファクタリングは審査があまり厳しくありません。

このため売掛金に対して掛け目をかけられることもあります。

業者によって掛け目と手数料を統合していたりしますので、確認しておきましょう。

依存すると資金繰りが悪化する場合がある

ファクタリングは、将来受け取るはずだった売掛債権を、手数料・掛け目の分だけ割り引かれた状態で、すぐに現金に換えられる資金調達方法です。

つまり、入金額が目減りします。

資金繰りが既に火の車の中ファクタリングに依存してしまうと、火に油を注ぐ結果となりかねないので、慎重に判断しましょう。

債権譲渡登記を求められる場合がある

債権譲渡登記とは、売掛債権の受け取り権利が移動したことを公的に証明するための登記です。

売掛債権登記を行うと、登記情報を調べればファクタリングの利用を知ることができるようになります。

取引先との関係に配慮して2者間ファクタリングを利用した場合でも、知られるリスクが出てしまうのです。

なお、債権譲渡登記には債権1件につき7,500円の登録免許税が必要になります。

資金繰り難という悪い噂が出てくる可能性がある

経営者にとって仕入れなどの調達や商品の売却先などは、ある程度安定して取引できる環境が望ましいものです。

ファクタリングを利用した事実を知られてしまうと、「資金繰りが厳しいのではないか」「経営が悪化しているのではないか」といった悪い噂が立つ恐れがあります。

こうした噂が、安定した取引を望んでいる取引先に知られてしまった場合、契約解除や取引縮小といった悪影響を及ぼす可能性があります。

優良ファクタリング会社の選び方

ファクタリングは合法的な手段ですが、中にはファクタリングを装った詐欺会社もあります。

優良会社の特徴を押さえておきましょう。

ファクタリング会社の登記情報を確認する

利用する会社の登記情報を調べましょう。所在地・代表者名・電話番号等は必ずチェックすべき項目です。

また、日本貸金業協会などでは「ヤミ金(悪質業者)の実例検索」といったサービスを行っています。

会社名・代表者名・電話番号などで検索が可能ですので、利用前にチェックしましょう。

契約条件が明示されているか

ファクタリングには手数料がかかりますが、売掛金に対しての掛け目と受取手数料が別になっているなど、会社によって書き方が異なります。

契約内容にはしっかり目を通しましょう。

また、担保・利息といった単語が見つかった場合は注意が必要です。

ファクタリングを装った貸付を行う闇金業者の可能性があります。

極端な手数料になっていないか

手数料が20%以上であれば注意が必要かもしれません。

一般的なファクタリング会社は、手数料の上限を決めています。

また、契約内容と比較して実際に受け取った額が少ない場合もあります。

この場合、何か理由をつけて債権を買い戻させたりする詐欺会社の可能性もあるので気を付けましょう。

保証人や担保を求められないか

ファクタリングは売掛金の売却なので、担保や保証人といったものは必要ありません。

それでも担保などを求められる場合、ファクタリングを装った貸付の可能性があります。

売掛金の「買取」だと明確に記載されているか

契約内容に売掛債権の所有権が移転する旨が記載されているか確認しましょう。

譲渡や売却、移転といった単語があれば所有権が移る事になります。

これらの単語が見つからない場合、貸付の可能性があります。

注意深く契約内容をチェックしてください。

安心して利用できるおすすめファクタリング会社

安心して利用できる優良ファクタリング会社を紹介します。

ベストペイ

ベストペイは24時間受付のオンライン完結型ファクタリング会社です。

電話も平日なら受け付けています。

親会社のアレシアは東京・大阪にオフィスがあり、ファクタリングのほか財務コンサルなども手掛けています。

QuQuMo

QuQuMoは株式会社アクティブサポートが運営するオンライン完結型ファクタリングサービスです。

必要書類は2枚のみ、最短1時間で現金化ができます。

ベストファクター

ベストファクターは電話・オンライン・出張訪問などの方法で審査依頼が可能な独立系ファクタリング会社です。

手数料の上限を最大20%に定めています。

審査の通過率が92%以上という点も魅力です。

アクセルファクター

アクセルファクターはネクステージグループのファクタリング部門です。

50%以上のユーザーを即日入金で対応しています。

専属の担当によるサポートを受けることができ、対面での面談・審査も対応可能。

もちろんWeb審査も対応しています。

ウィット

ウィットは小口専門の独立系ファクタリング会社です。

メール・電話・オンラインでの審査に対応しています。

建設や運送業界に強みがあり、それぞれ専門の窓口を設けているのが特徴です。

早期の資金調達にファクタリングは有効

ファクタリングは売掛金をその日のうちに現金化できるので、早期に資金調達が必要な事業者にとって非常に有効な手段の一つです。

ただし、どのファクタリング会社も審査は行います。

書類の準備や利用会社の調査など、事前準備はしっかり行いましょう。

失敗しないファクタリング会社|信頼と実績で選んだ3社
ウィット
∟最短2時間で請求書を現金化
∟少額でも個人事業主でもOK
∟完全非対面手続き
運営会社:株式会社ウィット

 

事業資金エージェント
∟手数料は業界最低水準の1.5%~
∟500万円までなら最短3時間で対応
運営会社:アネックス株式会社

 

QuQuMo
∟オンライン完結
∟入金まで最短2時間
∟手数料は最安値水準の1%~
運営会社:株式会社アクティブサポート

この記事の調査・編集者
みーさん
2017年にライターとしてアシロに入社し、主に交通事故とIT分野の執筆に携わる。2019年によりIT媒体の専任ディレクターになり、コンテンツの執筆・管理などを行っている。