ファクタリングは少額債権を低手数料でできる会社がおすすめ!フリーランス向け10社

ファクタリングは少額債権を低手数料でできる会社がおすすめ!フリーランス向け10社

借金を負うことなく短期間で現金化ができるファクタリング。

実はフリーランスでも利用可能で、手軽な資金調達手段として人気です。

フリーランスの場合は少額で、早期に現金化できる会社を利用するのがおすすめ。

また取引先との交渉の手間が省ける2社間ファクタリングの方がよいでしょう。

この記事ではフリーランスがファクタリングを利用するうえでの会社の選び方や、おすすめのファクタリング会社を紹介します。

また、後半ではファクタリングを利用するうえでの注意点についても解説。

フリーランスでファクタリング利用を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

失敗しないファクタリング会社|信頼と実績で選んだ3社
ウィット
∟最短2時間で請求書を現金化
∟少額でも個人事業主でもOK
∟完全非対面手続き
運営会社:株式会社ウィット

 

事業資金エージェント
∟手数料は業界最低水準の1.5%~
∟500万円までなら最短3時間で対応
運営会社:アネックス株式会社

 

QuQuMo
∟オンライン完結
∟入金まで最短2時間
∟手数料は最安値水準の1%~
運営会社:株式会社アクティブサポート

フリーランスでもファクタリングは利用できる?

中小企業の現金化手段として盛んに利用されるファクタリングは、実はフリーランスでも利用できます。

ただし、給与ファクタリングは法に抵触する可能性が高く、あくまでクライアント向けの請求書が中心となります。

フリーランスでもファクタリングは利用可能

ファクタリングはフリーランスや個人事業主でも利用可能です。

多数のファクタリング会社がフリーランスの審査を受け付けており、中にはフリーランスの顧客獲得に積極的な会社、独自の付帯サービスを提供している会社もあります。

フリーランスの場合は、主にクライアントから業務を受注し、完了した後に発行する請求書を売掛債権として利用できます。

その仕組みは企業のファクタリング会社と特に変わりません。

なお、フリーランスのファクタリングを受け付けている会社でも、請求書の資金の出し手である取引先は法人であることを条件としている場合もあるので注意しましょう。

給与ファクタリングは違法の可能性が高いので注意

個人のファクタリング自体は可能ですが、給与を受け取る権利を「債権」とはみなされません。

ファクタリングは通常「貸金業」には該当しないビジネスですが、令和2年に記入帳は「給与ファクタリングは貸金業に当たる可能性が高い」との見解を示しています(令和2年3月5日・金融庁における一般的な法令解釈に係る書面照会手続)。

しかし、ほとんどの給与ファクタリングは貸金業の登録を受けずに運営されていて、違法性が高くなっています。

高額な手数料を請求されるなどのトラブルの原因にもなるため、利用しないようにしましょう。

フリーランスに適したファクタリングの形態とは?

フリーランスには次のようなタイプのファクタリングが適しています。

ファクタリングには「3社間ファクタリング」と「2社間ファクタリング」がありますが、フリーランスには、取引先との関係性に影響が出ない2社間ファクタリングの方が安心です。

またスピーディに現金化できて負担の少ない、即日・オンライン手続きが可能なファクタリングもおすすめです。

他にもおすすめの形態は、少額債権に対応したファクタリング会社です。

フリーランスは数万円~10万円程度の少額請求書を振り出すシチュエーションも多いので、このような会社の方が便利です。

フリーランスに適したファクタリング会社を選ぶポイント

フリーランスがファクタリングをスムーズに進めるには、ファクタリング会社選びが大切です。次のような着眼点でファクタリング会社を探すとよいでしょう。

フリーランスのファクタリングを扱っている

ファクタリング会社のなかには、利用者を法人に限定している会社もあります。

まずはフリーランスのファクタリングを取り扱っている会社を選ぶことが大前提なので覚えておいてください。

少額債権に対応している

フリーランスはビジネスの契約内容によっては少額の請求書を発行することも少なくありません。

少額債権に対応したファクタリング会社の方が柔軟に活用できるでしょう。

中には1万円~数万円のファクタリングを受け付けている会社もあるので、スモールビジネスが中心となっている人は、積極的に利用を検討しましょう。

手数料が安い

手数料が高いとファクタリングの結果受け取れる現金が少なくなってしまいます。

フリーランスの現金はビジネスの継続だけでなく生計にも影響します。

そのため、できるだけ低い手数料でファクタリングを実行してくれる会社を厳選したほうがよいでしょう。

手数料の上限が定められているとさらによい

下限手数料が低水準であることを示している会社は多いですが、フリーランスの場合は上限が示されている会社にも着目しましょう。

また次のような理由から、実際に適用される手数料は公表されている下限よりも高めになる可能性があります。

上限がわかっていれば、売掛債権の額面から差し引かれる手数料に目途をつけやすいので、安心して利用できます。

業者の信頼がおける

フリーランスが好んで利用する2社間ファクタリングを手掛ける組織の中には、一部悪徳業者も存在します。

ほとんどは正当なファクタリング会社ですが、思わぬトラブルに引っかからないよう、実績豊富な大手のファクタリング会社を利用する方が安心です。

審査及び入金までが早い

フリーランスでは資金不足はそのまま生活が立ち行かなくなるリスクがあります。

そのため、できるだけすぐに入金可能なファクタリング会社の方が便利でしょう。

多くの会社が即日でのファクタリングに対応しているため、即日対応の会社を優先的に検討するのがおすすめです。

オンラインで手続きが完結する

一人でビジネスを回すフリーランスは、付帯作業に時間を使う余裕があまりない人が多いでしょう。

その中で対面での手続きが必要となると、事務所に訪れたり、面談の準備をしたりする手間や時間が負担になります。

その点、オンラインだけで完結するファクタリング会社なら、仕事場から直接手続きを進められるので便利です。

フリーランスにおすすめのファクタリング会社10選

フリーランスが利用できるファクタリング会社は多数あります。

ここではその中でも実績が豊富で、安心して契約できるファクタリング会社を10社紹介します。

ファクタリング会社選びに悩んだら、まずこちらを参考にしてください。

少額取引におすすめのファクタリング会社5選

フリーランスは個人でビジネスをおこなうことから売掛債権も小口になるケースが多いです。

そのため少額でのファクタリングに対応している会社の方が便利でしょう。

ペイトナーファクタリング

ペイトナーファクタリングは1万円の少額債権から受け付けています。

フリーランスをメインターゲットとしたファクタリング会社です。

業種について制限はなく、フリーランスだからといって断られることも、審査が厳格化したり、手数料が高くなったりする心配もありません。

また法人でも同じ条件で利用は可能です。

手数料は固定で10%とシンプルなため、現金化できる金額が始めから明確なのも特徴です。

手続きも迅速で最短10分で審査は完了するため、午前中に申し込めば即日で現金化できます。

PayToday(ペイトゥデイ)

PayTodayは10万円からファクタリングが可能で、法人、個人事業主問わず受け付けているため、フリーランスももちろん利用できます。

手数料は1~9.5%と上限・下限が明記されているため安心です。

特に上限9.5%は2社間ファクタリングとしてはリーズナブルで、売掛債権に対して多くの金額を現金化可能です。

審査は最短30分で完了し、即日の振込もできます。

手続きはオンラインで完結するため、事務所に行く手間をかける必要がないのも便利です。

これまで累計で20億円と豊富な現金化実績があるため、安心して現金化を依頼できます。

labol(ラボル)

Labol(ラボル)はフリーランスや個人事業主をメインターゲットとしたファクタリング会社です。

独立直後の新規事業なども含めて、幅広い案件を買い取り対象として受け付けているので、他社で断られた請求書でも対応してもらえる可能性があります。

1万円から買い取り対象のため、少額の債権にも便利です。

手数料は一律10%で、現金化で受け取れる金額があらかじめわかるシンプルな体系も特徴です。

審査や手続きはメールもしくはチャットで完結します。

対面での対応はもちろん、電話などでのコミュニケーションも不要なので、利用者にとって負担になりません。

最短30分で審査は完結し、即日で現金化することも可能です。

QuQuMo(ククモ)

QuQuMoは買い取り金額が上限、下限とも無制限で、フリーランスや個人事業主でも利用しやすいファクタリング会社です。

多額のファクタリングにも対応しているので将来ビジネスが大型化したときにも利用し続けられる会社でもあります。

手数料の下限は1%と業界最低レベルの水準です。

最終的な手数料は審査を経て決定されるものの、低コストでの現金化が実現する可能性があります。

手続きは全てオンラインで完結するので、オフィスから出る必要がないのも便利です。

必要書類がそろっていれば、現金化までは最短2時間程度で完結します。

順調に進めば午後から手続きを始めても当日中に入金が完了します。

ウィット

ウィットは限度額が明記されていませんが、利用実例から見ると、少なくとも30万円の売掛債権はファクタリング可能です。

個人の顧客にも柔軟に対応する旨が書かれているため、フリーランスでも利用しやすいファクタリング会社です。

現金化は最短2時間で完了するため、即時で現金化が可能です。

全国対応しているため、首都圏に住んでいないフリーランスの人でも利用しやすくなっています。

審査や手続きは完全非対面で実行してくれます。

電話やLINEで連絡すればオンラインですべての手続きが完結します。

事務所に訪れる必要がないため、忙しいフリーランスの方にも便利です。

フリーランスに適したサービスを展開するファクタリング会社5選

フリーランス向けのファクタリング会社の中には、独自のサービスやフリーランスに適したサービス体系を設定しているファクタリング会社もあります。

ここからはそのなかから特にフリーランスにおすすめのファクタリング会社を5つ紹介します。

フリーナンス

フリーナンスはフリーランス向けにさまざまな機能を提供するサービスで、そのうちの一つ「フリーナンス即日払い」が2社間ファクタリングとして機能します。

請求書をフリーナンスに譲渡すれば、最短即日で現金化が可能です。

手数料は3~10%で上限が明記されているため、安心です。

また金額の上限・下限はありませんが、フリーランスに特化したサービスなので、ある程度少額の債権でも審査通過は可能とみられます。

またランサーズでのクラウドソーシングビジネスにおける請求書もファクタリング可能です。

フリーナンスでは業務上の事故に対する補償である「あんしん補償」、病気やケガで仕事ができない期間の所得保障をしてくれる「所得保障保険」など、フリーランス向けの多様ンサービスを展開しています。

電ふぁく

電ふぁくでは独自の2.5社間ファクタリングを実施しています。これは、契約は2社間で行うものの、ファクタリング専用口座を作成して、資金回収についてはファクタリング会社が管理するというもの。

2社間ファクタリングでのリスクである資金回収リスクが下がるため、低い手数料でサービスを提供可能になっています。

その結果、手数料は1.8~8%と上限でも10%以下の低手数料を実現しています。

また現金回収についてファクタリング会社が対応してくれるのは、余裕のなりフリーランスにとってはむしろメリットといえるでしょう。

同社では独自の信用スコアを設定しており、利用して正常な現金回収が完了するたびに信用スコアが上昇し、手数料が下がる仕組みです。

現金化が必要となるたびに、繰り返し使い続けるのがおすすめです。

olta(オルタ)

OLTA(オルタ)は買い取り金額に上限・下限ともありませんが、少なくとも30万円を現金化した事例が複数掲載されています。

個人でも利用可能である旨もWebサイトに明記されているのでフリーランスにも安心です。

また多額のファクタリングにも対応しているので、将来ビジネスが大型化したときにも使い続けることができます。

手数料は2~9%と上限、下限とも低水準です。上限でも一桁なので、あまりコストをかけずにファクタリングできます。

オンラインで全ての手続きを完結させることが可能。書類などのファイルアップロードで進められるので、事務所などを訪れる必要がなく便利です。

AIでの合理的な審査により迅速に対応してくれるため、最短即日で現金化できます。

プロテクト・ワン

プロテクト・ワンは買い取り金額10万円からファクタリングに対応しているため、フリーランスでも利用しやすいファクタリング会社です。

フリーランスをはじめとした個人利用の促進に積極的で、個人が審査に通るためのポイントを独自に情報発信しています。

参考にすることで、審査が通りやすくなるでしょう。審査は最短30分で完了し、即日で現金化が可能で便利です。

手数料は1.5%~の低水準となっており、コストをかけずに現金化できます。

2社間ファクタリングと3社間ファクタリング双方に対応しているので、3社間を利用すればより低コストでの現金化を進めやすくなるでしょう。

ビートレーディング

ビートレーディングは最短で即日対応が可能なファクタリング会社。

審査完了まで30分程度、最短で即日での現金化が可能です。

オンラインで手続きが完了するため、オフィスや作業場所から手間なく手続きを進められます。

限度額は上限、下限とも明示されていません。過去3.7万社、累計900億円の現金化をおこなっており、豊富な実績を持つので安心して任せられます。

手数料は最低2%と低水準で、フリーランスをはじめとした個人でも問題なく利用可能です。

また、同社では注文書のからのファクタリングも受け付けています。

注文書も現金化に活用すれば、さらに迅速に現金化ができるため、収入の安定化につながるでしょう。

フリーランスでファクタリングを利用する際の注意点

続いて、フリーランスでファクタリングを利用する際の注意点をいくつか紹介します。

利用する際にはこれらの注意点を理解したうえで、手続きを始めましょう。

審査に落ちれば現金化はできない

ファクタリングは審査に落ちれば現金化はかないません。

フリーランスの利用が可能でも、対応が不誠実で取引相手として疑念を持たれたり、売掛債権の現金回収リスクが懸念されたりすれば、審査で落とされるリスクはあります。

現金回収の可能性が高い信頼できる売掛債権を出すとともに、審査に必要な情報はすぐに出せるようにする、問い合わせ誠実に対応するなど、信頼を勝ち取る工夫をしましょう。

フリーランスでファクタリング会社の信頼をえるポイント

フリーランスは法人と比較して信用されづらく、そもそもファクタリングを利用できなかったり、審査が厳しくなったりするケースも少なくありません。

そのため、信頼できる取引相手として認識してもらう工夫も大切です。

例えば、次のような工夫は信頼を得るうえで有効です。

取引相手として信頼されるための誠実な対応は最低限必要ですが、法人化して信頼を得やすい状況をつくるのも一案です。

また、売掛債権の信用力は重要になります。

信頼のおける相手先からの債権や、まとまった金額で返済期限がはっきりしている債権を優先的にファクタリングに出しましょう。

手数料がかかるので手に入る現金は売掛債権の額面より減る

ファクタリング会社は必ず手数料を徴収します。

この手数料がファクタリング会社の収益源のため、ゼロになることがありません。

つまり、ファクタリングを利用すると、売掛債権の額面より現金として受け取れる金額は少なくなります。

特にフリーランスは少額債権の2社間ファクタリングを利用するケースが多いですが、これらは一般的に手数料が高くなる要因となりますので注意しましょう。

手数料をどうしても抑えたいなら3社間ファクタリングを検討

長期的な取引先とのリレーションを考えれば、基本的にはフリーランスの人は2社間ファクタリングを利用するのが無難です。

しかし、長期で大口の取引先などで親密なリレーションが築けていて、ファクタリング利用の承諾を得られる先がある人は、3社間ファクタリングの利用を検討してもよいでしょう。

手数料を抑えられるうえ、もしも返済が滞った場合にはファクタリング会社が回収を進めてくれるので、フリーランスの人には手間がかかりません。

悪徳業者に注意する

ファクタリング会社のほとんどは正当な金融機関ですが、中には悪徳業者も潜んでいます。

高額な手数料を請求されたり、本来請求されるはずのない利息を求められたりなど、トラブルのもとになるため、ファクタリング会社の質には注意しましょう。

迷う場合は、先ほど紹介したおすすめのファクタリング会社を参考にしてください。

スケジュールに余裕をもって利用する

ファクタリングの審査は、売掛債権のステータスや必要書類の揃うタイミング、手続きを開始した時間帯等によって変わってきます。

最短で即日対応のファクタリング会社でもその日に必ず現金化できるわけではありません。

普段から資金管理を丁寧におこない、資金状況に不安がある場合は、致命的な状態になる前に余裕をもってファクタリング手続きを始めるようにしましょう。

フリーランスもファクタリングを利用して収入を安定させよう

フリーランスでもファクタリングを利用することは可能で、今回紹介したおすすめのファクタリング会社をはじめ、多くの会社がフリーランス向けにビジネスを展開しています。

少額債権に対応している、即日で現金化できる、オンラインで完結するなど、フリーランスのファクタリングに適した特徴を持つ会社を利用して債権の迅速な現金化を進めましょう。

期先の請求書を早めに現金化することで、フリーランスのビジネス運営や生活の土台となる現金を潤沢な状態に保ちやすくなります。

失敗しないファクタリング会社|信頼と実績で選んだ3社
ウィット
∟最短2時間で請求書を現金化
∟少額でも個人事業主でもOK
∟完全非対面手続き
運営会社:株式会社ウィット

 

事業資金エージェント
∟手数料は業界最低水準の1.5%~
∟500万円までなら最短3時間で対応
運営会社:アネックス株式会社

 

QuQuMo
∟オンライン完結
∟入金まで最短2時間
∟手数料は最安値水準の1%~
運営会社:株式会社アクティブサポート

この記事の調査・編集者
みーさん
2017年にライターとしてアシロに入社し、主に交通事故とIT分野の執筆に携わる。2019年によりIT媒体の専任ディレクターになり、コンテンツの執筆・管理などを行っている。