東京の弁護士に法律相談できる窓口3選!土日祝日・24時間対応ならコチラ

東京の弁護士に法律相談できる窓口3選!土日祝日・24時間対応ならコチラ

離婚、相続、事故などのトラブルに直面してしまったとき、どのような対応をすればいいのかわからない方も多いでしょう。

この記事では、東京の弁護士に法律相談ができる窓口を紹介しています。

法的トラブルに直面してしまったときに、ぜひご活用ください。

相談したい分野から無料相談できる弁護士を探す
相談料無料、分割払いOK、完全成功報酬の事務所もすぐに見つかる
『弁護士ナビ』は、それぞれの分野を得意とする弁護士を探せるサイトです。掲載弁護士・法律事務所には無料相談に対応している場合も多いので、あなたが相談したい分野に注力している弁護士がみつかります。
債務整理
【対応内容】借金減額、任意整理、自己破産、個人再生、過払い金請求など
離婚問題
【対応内容】慰謝料(請求・減額)、財産分与、養育費、親権獲得、その他調停・裁判など
交通事故(被害者用)
【対応内容】慰謝料の増額請求、示談交渉、後遺障害、過失割合など ※加害者の相談先はこちら
刑事事件(加害者用)
【対応内容】痴漢・わいせつ、詐欺、傷害、薬物、窃盗、暴行、殺人など ※被害者の相談先はこちら
遺産相続問題
【対応内容】遺産分割、遺留分請求、使い込み返還、遺言書、相続放棄、成年後見など
労働問題
【対応内容】未払いの残業代請求、不当解雇、雇い止めなど
ネット誹謗中傷
【対応内容】掲示板の投稿削除、発信者情報開示請求、名誉毀損など
債権回収
【対応内容】売掛金、残業代、家賃、養育費・慰謝料、キャンセル代など

東京の弁護士に相談できる相談窓口

どこに相談すればいいのか迷っている人は、各窓口を詳しく見ていきましょう。

法テラス

法テラスでは「あなたの悩みに応じた相談窓口の紹介」や「無料の法律相談」を受けつけています。

また、弁護士に相談する際に必要な費用を立て替えてくれる制度もあり、せっかく相手から金額を獲得できる状況なのに手元に費用がなくて弁護士に依頼できないといった悩みを解決できる可能性があります。

しかし、法テラスの立て替え制度を利用するためには条件があります。

法テラスについての知識は下記の記事で紹介していますので、確認してみましょう。

法テラス東京の電話番号

法テラス東京の電話番号は以下の通りです。

0570-079301

IP電話を利用されている方は以下の電話番号から電話可能です。

050-3383-5300

法テラス東京の所在地

東京の法テラスの所在地は以下の通りです。

〒160-0023 新宿区西新宿1-24-1 エステック情報ビル13F
JR「新宿駅」西口から徒歩8分
地下鉄丸ノ内線「新宿駅」A12出口から徒歩10分
地下鉄大江戸線「都庁前駅」B1出口から徒歩3分

引用元:法テラス東京 所在地

法テラス東京の営業時間

平日なら朝の9時から夜の17時まで。

土曜日は前日までに予約された方のみの相談に対応しています。

東京弁護士会

東京弁護士会は約8000人の弁護士が所属する日本最大規模の弁護士会です。

相談を受けつけてくれるのは、すべて現役の弁護士のみ。

平日の朝10時から夕方の16時まで対応しています。

15分を目安に無料で法律相談を行ってくれます。

まずは弁護士を利用した際に実現できる解決方法を知りたいという方にはお勧めの相談先です。

東京弁護士会のホームページはこちら

区役所の法律相談窓口

東京23区の役所では、定期的に弁護士による無料相談を受けつけています。

いつ開催されるのかは区の広報誌やサイトに記載されているため、相談したい方はチェックしてみましょう。

また東京都北区では、区民相談室を設けて無料の法律相談を受けつけています。

一人30分を目安に、税金や法律にまつわるトラブルの相談を聴いてくれます。

無料相談を活用する際には、事前の予約が必要ですのでご注意ください。

【参考リンク】無料法律相談・交通事故相談:新宿区

土日対応の弁護士を探す際には弁護士ポータルサイトを活用することがおすすめ

土日対応の弁護士を探すには土日対応可の弁護士だけを抽出できる弁護士ポータルサイトの利用がお勧めです。

なぜなら法テラスをはじめ、前述で紹介した機関自体が土日祝日休みの場合が多いからです。

東京で土日対応可能な弁護士を探しているあなた自身も土日しか休みがなく、相談予約すらできないことが多いですよね。

そのような場合は、日常生活の隙間時間を活用して弁護士ポータルサイトで土日対応可能な弁護士を探し出して、メールや電話で相談することによって効率的な相談が可能となります。

もし電話するだけのまとまった時間がない場合は、メールなどで土日対応可能な弁護士に面談日程を抑えることもお勧めの方法です。

東京の弁護士数の推移

東京の弁護士の人数は年々増加しています。

2006年に4,800人あまりだったのが、2016年になると7,700人に。

10年でこれだけの弁護士が増えているのです。

ちなみに、全国で最も弁護士の人数が多いのは東京です。

どの分野の法律相談でも、実績豊富な弁護士をきっと見つけられるでしょう。

【相談方法別】相談を活用する際の注意点

法律相談を活用するときのポイントや、注意点をご紹介します。

電話相談

電話相談は15分や30分など、あらかじめ時間が区切られていることが多いです。

そのため、あらかじめ聞きたいことを箇条書きにしておくことが大切です。

メモ書きでも構わないので、悩んでいることをわかりやすくリストアップしておきましょう。

聞きたいことを紙に書き出すことで、自分のモヤモヤした気持ちを整理させるメリットもあります。

メール相談

電話と異なり、メールで相談する際には『自分の伝えたいこと』が一方通行になりがちです。

いつから、どんなことが起こっているのかを、時系列ごとに具体的に書きましょう。

また、『相手を訴えたいのか・示談に持ち込みたいのか・穏便に解決したいのか』あなたの希望を書き添えることで、弁護士もリクエストに沿ったアドバイスを出しやすくなります。

直接会って面談形式での相談

顔を合わせながら相談することで、弁護士との相性などを確認しやすいのが面談形式で相談するメリットのひとつです。

不慣れな面談で言いたいことを忘れてしまわないように、事前に書いたメモを持参することが大切です。

また担当弁護士の方が教えてくれた内容を忘れてしまわないように、了承を得たうえでボイスレコーダーに録音しておくこともおすすめです。

時間制限が設けられていることが多いため、聞きたいこと・教えてもらいたいことを事前にまとめておきましょう。

まとめ

この記事では、東京で無料の法律相談ができる窓口をご紹介しました。

ここで紹介した窓口以外にも、個別の法律事務所などでも無料相談を受けつけているところは多くあります。

ご自身が抱えている問題が、そもそも弁護士に相談するべきことなのかわからない方も多いでしょう。

そのような際は、ぜひここでご紹介した無料相談窓口を活用してみてください。

相談したい分野から無料相談できる弁護士を探す
相談料無料、分割払いOK、完全成功報酬の事務所もすぐに見つかる
『弁護士ナビ』は、それぞれの分野を得意とする弁護士を探せるサイトです。掲載弁護士・法律事務所には無料相談に対応している場合も多いので、あなたが相談したい分野に注力している弁護士がみつかります。
債務整理
【対応内容】借金減額、任意整理、自己破産、個人再生、過払い金請求など
離婚問題
【対応内容】慰謝料(請求・減額)、財産分与、養育費、親権獲得、その他調停・裁判など
交通事故(被害者用)
【対応内容】慰謝料の増額請求、示談交渉、後遺障害、過失割合など ※加害者の相談先はこちら
刑事事件(加害者用)
【対応内容】痴漢・わいせつ、詐欺、傷害、薬物、窃盗、暴行、殺人など ※被害者の相談先はこちら
遺産相続問題
【対応内容】遺産分割、遺留分請求、使い込み返還、遺言書、相続放棄、成年後見など
労働問題
【対応内容】未払いの残業代請求、不当解雇、雇い止めなど
ネット誹謗中傷
【対応内容】掲示板の投稿削除、発信者情報開示請求、名誉毀損など
債権回収
【対応内容】売掛金、残業代、家賃、養育費・慰謝料、キャンセル代など
この記事の調査・編集者
みーさん
2017年にライターとしてアシロに入社し、主に交通事故とIT分野の執筆に携わる。2019年によりIT媒体の専任ディレクターになり、コンテンツの執筆・管理などを行っている。