5月入社の転職はおすすめ?おすすめの理由と転職活動のコツを徹底解説

編集者
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

はじめて転職するとき、どんなスケジュールで転職活動を進めたらいいかわからない人も多いのではないでしょうか。

転職活動をスムーズに進めるためには、計画的に活動することと、転職活動のコツを押さえておくことが大切です。

そこでこの記事では、転職のスケジュールとして5月入社はおすすめなのかどうかを説明します。5月入社を目標とする場合のメリット・デメリットと、転職活動のコツを解説していきます。

おすすめの転職サイト・エージェントもあわせて紹介するため、転職に向けたアクションへと繋げてみましょう。

転職活動前の不安解消や、転職サイト・エージェント選びの参考にしてください。

1分で無料登録!
おすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7.1万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年5月1日時点
目次

転職するなら5月入社をおすすめする5つの理由

一般的に転職の最盛期は、1月~3月の間とされています。4月頃の入社を目指して、1~3月の間に盛んに転職活動が行われるのです。

ですが、5月入社を目指したスケジュールでの転職活動にも、実は大きなメリットがあるのです。ここからは、5月入社をおすすめする理由を5つ紹介していきます。

もしあなたが入社時期に迷っているなら、転職活動の計画を立てる上で参考になると思います。

仕事の区切りがつけやすい

会社では、一事業年度毎や半期毎で区切って事業をおこないます。一般的には、年度初めを4月とし3月を年度終わりとすることが多いです。

年度や半期の終わりには決算があり、会社の業績を集計します。一般的には、3月を一区切りにし、4月から引継ぎをスタートすることが多いです。

そのため、5月入社は仕事の区切りをつけやすいといえます。

引き継ぎがしやすい

4月は新たな年度がスタートする時期のため、人事異動もこの時期におこなわれるケースが多いです。そのため、人事異動がある春の時期は後任者とともに研修や引継ぎを指導してもらえる可能性が高い傾向にあります。

年度初めの4月は引継ぎで忙しい職場も、5月になると余裕をもって研修に取り組めます。

企業が採用を強化している

一般的に中途採用は、新卒採用がひと段落着いた6月以降に本格化します。ですが、その前の4月や5月に採用を強化する企業もあります。

5月は、採用を強化する企業がいるにもかかわらず転職者は少ないため、ライバルが少ない状況で転職活動ができる時期です。転職市場にとっては穴場の時期ともいえます。

ゴールデンウィークで準備ができる

5月は月初にゴールデンウィークがあります。

5月入社の場合、ゴールデンウィークを利用して入社準備を進められるのがメリットのひとつです。

4月末~5月にかけての連休を、休息期間に活用するのもいいでしょう。連休をはさむ5月に入社することで、余裕をもって入社に備えられます。

入社後会社に馴染みやすい

新卒など新たなメンバーが入社するのは、ほとんどの企業では4月です。春は新入社員が多いため、入社後すぐ会社に馴染みやすい時期であるともいえるでしょう。

同じく入社したての人が多いことから同期として仲間を作りやすい時期となっているため、5月は馴染みやすさという面でも入社しやすいタイミングだと考えられます。

企業が5月入社の人材を欲しがる理由

企業側の事情で、5月入社の人材ニーズが高まるケースはあるのでしょうか?

基本的に5月は、新卒採用に注力する時期でもあります。そのため、春の時期には中途採用を積極的におこなわない企業もあります。

ですが、中途採用の場合は企業側の事情で、5月でも採用を強化するケースもゼロではありません。新卒採用と違って1年を通して中途採用を継続する企業もあるため、むしろ5月入社のチャンスは充分にあります。企業がどんな理由で5月入社の人材を必要とするのかを見ていきましょう。

新卒入社の採用人数が少なかった

その年の4月に新卒採用したものの、内定を辞退されてしまったというケースがあります。新入社員が入社してすぐに辞めてしまったというケースも少なくありません。

企業側が必要としていた採用人数から欠員が出た場合に、追加で求人を出す可能性があります。

新卒採用の募集しかしていなかった企業でも、再募集では中途採用をおこなうこともあります。採用対象の新卒ではないから、という理由で応募できなかった求人にも、応募できるチャンスとなるかもしれません。

入社を希望する企業の採用ページは、こまめに最新情報をチェックしておくといいでしょう。

新しい組織や体制がスタートする時期

5月は、4月の人事異動によって新しい体制がスタートする時期でもあります。4月の事業年度初めに、組織改革で新たな組織がスタートすることもあります。

新しい事業計画で想定外の人材が必要になるなど、配置換えによる退職者が出るのもこの5月の時期です。

そのため、新しいポジションや、未経験でもOKの案件が出やすい時期だといえます。

配置換えなどで特定のポジションに欠員が出た際には、緊急度の高い求人が出されることもあります。気になる求人を見逃さないよう、心がけましょう。

夏休みに入る前に人員を確保したい

おおよその企業が、8月の夏休み期間を経て9月の半期決算に向かいます。夏休み明けからは業務の再始動にくわえて、決算に向けての活動で忙しくなる時期です。

夏休みに入って忙しくなってしまう前に、ある程度中途採用を進めておきたいと考える企業もいます。そのため、5月の春の時期も転職のチャンスがあるのです。

「ボーナスをもらってから転職したい」と考える人も多く、夏のボーナスが出たあとの8月~9月は転職希望者が多い傾向にあります。

5月入社のスケジュールで転職すれば、ライバルが少ない時期であるため、書類選考が通りやすいというメリットが期待できます。

逆に5月入社の転職をおすすめできない理由とは

では、5月入社を目標に転職するデメリットはあるのでしょうか?4月の新卒採用がひと段落着いたからといって、5月が暇な時期というわけではありません。5月入社するにあたってチェックしておきたい注意点がいくつかあります。

ここからは、5月入社の転職をおすすめできない理由を解説していきます。一般的な転職市場の最盛期である1月~3月から時期をずらして転職するぶん、想定されるデメリットを理解しておきましょう。

新卒社員の教育に追われている

4月は新卒採用者が一気に入社してくるタイミングです。つまり、新人教育に忙しい時期でもあると考えられるでしょう。

新卒社員は多くが4月に研修を受けます。4月の研修を終えて、ゴールデンウィーク前から5月にかけて部署に配属となるケースもあります。その場合、5月頃は部署内での研修や指導、フォローなどで忙しいことが多いのです。

部署内ルールについても一から教えることが多く、新入社員の教育やフォローで忙しくなります。そのため5月に入社すると、あまり一人ひとりには目をかけてもらえない可能性があります。

説明したとおり、新しい体制がスタートするのも4月頃です。新入社員の教育だけでなく、部署替えで手一杯になることも考えられます。

ゴールデンウィーク明けで社員の仕事が溜まっている

5月入社する場合、ゴールデンウィークが明けてはじめて内定をもらった会社に出社することになります。ゴールデンウィークの連休明けは、既存社員も自身の業務に追われる可能性があります。

ゴールデンウィーク中に客先などから問い合わせが来ていた件の対応や、溜まっていた業務などで忙しくなるケースも少なくありません。そうなった場合、中途採用の社員を充分にフォローする時間が取れないことが考えられます。

5月入社を考える際は、入社直後はあまり面倒をみてもらえない可能性も頭に入れておきましょう。

先輩社員の様子を見ながら、手すきのタイミングで指導をお願いするのを心がけてみてください。

求人数がそもそも少ない

転職活動の最盛期は、1月~3月です。最盛期には求人数が多くなりますが、その時期を過ぎると一気に求人が減る可能性があります。

求人を出すタイミングは企業によってさまざまです。1年を通して中途採用に力を入れている企業もあれば、最盛期やほんとうに必要なときにだけ求人を出す企業もあります。

自分が希望する企業が募集を出すタイミングにあわせて転職活動を進めることを心がけましょう。

大切なのは入社時期よりも、どんな会社で働きたいかです。何月に入社すればいいかということに左右され過ぎず、ひとつの時期の目安として捉えましょう。

5月入社を目指して転職活動をうまく進めるためのポイント

5月入社にはおすすめできるポイントと注意しなければならないポイントがあります。メリットとデメリットを確認したうえで5月入社を目指す場合、転職活動をうまく進めるポイントはあるのでしょうか?

一般的に多くの人が転職を目指す時期とはずれるため、5月入社ならではのポイントを押さえておくのが大切です。転職活動をうまく進めていくため、転職を始める時期やコツをあらかじめ知っておくといいでしょう。

ここからは、5月入社を目標にするときにチェックしておきたいポイントを紹介していきます。

遅くても2月には転職活動を始める

転職活動は計画的に始める必要があります。一般的に転職活動は3ヵ月前から始めるのがいいとされています。

したがって、5月入社を目指すのであれば、2月には転職活動にとりかかるといいでしょう。

提出書類の作成から面接を経て内定をもらうまでには、およそ1ヵ月半~2ヵ月かかります。内定をもらってから退職・入社準備することを考えると、遅くても2月には転職活動を始めるのがおすすめです。

2月~3月は年度末の対応で忙しく、面接の時間が取りにくい場合もあります。選考スピードも企業によって異なり、時間がかかるケースもあります。時間がかかってしまう可能性があるなど、念のため早めに活動を始めたい人は、1月頃からスタートしてもいいでしょう。

転職サイト・エージェントを利用する

はじめて転職するのであれば、転職サイト・エージェントを活用するのがおすすめです。とくに5月入社を考えている場合、求人数が限られていたり、転職活動を始めるタイミングがわかりづらかったりします。

転職サイト・エージェントを活用すれば、自分の希望にあっていて5月入社できそうな求人を紹介してもらえる可能性があります。

そもそも5月入社の場合は求人数が少なくなりがちなので、エージェントから紹介してもらって応募するのは非常におすすめな方法です。

エージェントに「5月入社を目指したい」「できるだけ早く入社したい」という旨を伝えればその希望に沿って転職活動をサポートしてもらえます。転職が不慣れで不安な人は活用を検討してみましょう。

1分で無料登録!
おすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7.1万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年5月1日時点

5月入社を目指すならいつから転職活動をするのがベスト?

5月入社を目標とするなら、どういったスケジュールで転職活動を進めたらいいのでしょうか?いつから転職活動を始めたらいいかを解説していきます。おおまかなスケジュールもあわせて紹介します。

解説したとおり、5月入社を目指すのであれば、2月から活動を始めるのがおすすめです。

転職活動では、やることが多くあります。どの作業にどの程度時間がかかるのかの目安を以下に例を記載します。転職活動の計画を立てる際の参考にしてみてください。

2~3週間

自己分析、情報収集、書類作成期間

1~2ヵ月

応募、面接期間

1~3ヵ月

内定、入社までの期間

応募の前には、行きたい企業の情報収集や自己分析などの事前準備が大切となります。応募するときには履歴書や職務経歴書など、いくつか書類を作成しなければなりません。

事前サーチと書類作成にはだいたい2~3週間を目安に時間を確保しておきましょう。

書類審査の結果が出るスピードや面接にかかる時間は、企業によって大きく変わります。長めに時間がかかる企業もあるため、入社希望時期までに余裕をもって転職活動を進められる計画を立てましょう。

失敗しない転職サイト・エージェントの5つの選び方

ここからは、転職サイト・エージェントの選び方を紹介していきます。転職サイト・エージェントは多くの種類があります。転職活動を始めようと思っていざ転職サイトを調べてみると、どこで調べればいいのか迷ってしまいます。

結論、複数の転職サイト・エージェントに登録するのがおすすめです。

利用するサイトやエージェントをひとつに絞り込まず、いろんなサイトを見てみるのが有効だといえます。

転職サイト・エージェントによって紹介している求人は違います。一部のサイトでしか保有していない求人もあるため、複数登録してチェックしておくのがおすすめなのです。

転職を成功させるためには、サイト選びにも気を付けたいところです。ここからは、失敗しない転職サイト・エージェントの選び方5つを紹介します。

総合型と特化型をそれぞれ登録する

転職サイト・エージェントは「総合型」と「特化型」の2種類に分類されます。「総合型」はあらゆる種類の求人を総合的に取り扱っているのに対し、「特化型」は専門領域の求人に特化しています。

「総合型」と「特化型」の両方の転職サイト・エージェントに登録するのがおすすめです。

掲載している求人情報以外にも2種類のサイト・エージェントそれぞれの特徴があります。

「総合型」は大手の転職サイトに多く見られ、求人数が多く大手でしか保有していない求人を見つけられます。「特化型」は、特定の分野の業界に精通したアドバイザーが在籍しており、専門性の高いアドバイスを受けられます。

「総合型」「特化型」サイト両方に登録して、求人情報を漏れなくチェックすることが、妥協なく転職するうえで大切だといえるでしょう。

アドバイザーとの相性を重視する

転職エージェントに登録する際は、アドバイザーとの相性をチェックするのが大切です。

転職活動をうまく進めていくうえで、アドバイザー選びも大事なポイントのひとつといえます。

エージェントのサポートを受けながら転職活動を進めていく場合、あらゆる局面でアドバイザーと連携をとっていきます。求人紹介だけでなく、書類の添削や面接対策もアドバイザーからサポートしてもらうことになります。

優秀かつ相性がいいアドバイザーに出会うためにも、転職サイト・エージェントは複数登録し、実際に面談などして確かめてみるのがおすすめです。

いっしょに転職活動を進めていくパートナーともいえるため、相性のいいアドバイザー選びを心がけましょう。

求人数の多いサイト・エージェントを利用する

転職サイト・エージェントに登録するときは、求人数が多いサイトに登録しましょう。豊富な種類の求人が載っているサイトを見れば、仕事選びの選択肢を大きく広げられます。

とくに「総合型」タイプの転職サイト・エージェントでは幅広い種類の求人情報を保有しています。

「総合型」は求人数・業種どちらも豊富で、対応エリアが広いのも特徴です。複数の転職サイト・エージェントに登録する際には、「総合型」に1社以上登録しておくのがおすすめだといえます。

求人数が多い「総合型」とあわせて、志望する業界の情報に特化した「特化型」を選びましょう。

両方のタイプの転職サイト・エージェントをかけあわせることで、幅広い求人情報をチェックできるようになります。

口コミサイトで評判をチェックする

どの転職サイト・エージェントがいいかを判断するときには、口コミサイトをチェックしてみるのがいいでしょう。口コミサイトには、公式ホームページには書かれていない情報が載っています。

転職サイト・エージェントを実際に使っている人の感想がわかるため、サイト・エージェント選びの前にチェックしておくのがおすすめです。

口コミを確認することで、その転職サイト・エージェントが自分の希望とあうかどうかの感覚が掴めます。

自分が希望する求人が載っていそうか、求人が見やすく探しやすいかなどを口コミで確かめてみましょう。

とくにエージェント選びの際は、一度そのサイトに登録して話してみないとわからない部分もあります。アドバイザーと話してみての感想に関する口コミが載っていることもあるため、チェックしてみましょう。

自分の年代に対応しているか確認

今の自分の年齢によって、おすすめの転職サイト・エージェントは変わります。20代~40代までそれぞれ適した転職サイト・エージェントが存在するのです。

自分の年代にふさわしい転職サイト・エージェントを選びましょう。

年齢制限を定めての求人は法律で禁止されています。そのため、年齢のせいで不採用となることは基本的にありません。ですが、どの年代やキャリアを持った人に適している募集枠かといった観点で求人を探すことも必要です。

若手求職者であれば第二新卒を募集している求人がおすすめですし、ハイキャリア求人がある転職サイトなら、30代~40代の転職希望者におすすめです。

年齢制限はなくても、年齢やキャリアに適した求人が載っているかは重要なので、自分の年代に対応した転職サイト・エージェントを選びましょう。

1分で無料登録!
おすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7.1万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年5月1日時点

転職エージェントを利用するメリット

初めて転職を考えている人はとくに、転職エージェントの利用がおすすめです。転職エージェントとは、専属のアドバイザーが一人ひとりの転職活動を手厚くサポートしてくれるサービスです。希望に沿った求人の紹介、書類作成や面接をアドバイスしてくれます。転職成功まで一から支援してくれるサービスといえます。

転職活動ではやることが多く、スケジューリングも大変です。はじめてだとなおさら不安も多いものでしょう。転職エージェントに登録してアドバイザーからサポートしてもらうことで、スムーズに転職活動を進められます。

質の高い面接対策を受けられる

転職で大きなハードルになるもののひとつが面接です。面接では、どうしても緊張することが多く不安です。一人だと練習もしにくいため、アドバイザーが面接対策してくれるサービスはとても有益であるといえます。

企業にどう伝えたらいいかや、話し方のコツなどをアドバイスしてくれるのです。アドバイザーは多くの転職活動者をサポートしてきた実績があります。

質の高い面接対策を受けられるため、面接に不安がある人はぜひ、転職エージェントを活用してみてください。

書類の添削をしてもらえる

転職エージェントのアドバイザーは、転職を一からサポートしてくれます。

第一関門である書類審査で提出する履歴書などの書類を添削してもらえるのは大きなメリットといえるでしょう。

はじめにキャリアの棚卸をアドバイザーとともにおこないます。転職希望者も、アドバイザーに経歴を伝えることで、キャリアの整理ができることでしょう。

キャリアの棚卸にくわえて、自分のアピールポイントもいっしょに探してもらえます。志望動機や自己PRを添削してもらえるので、より企業に伝わりやすい履歴書を提出できるようになります。

非公開求人を紹介してもらえる

転職エージェントは基本的に、一般に公開されていない求人情報を持っています。転職サイトで条件にあう求人を見つけられなくても、転職エージェントが保有している可能性があります。

そのため、転職エージェントを利用すれば選択肢が広がることでしょう。

アドバイザーが、希望条件や経歴にあった最適な求人を紹介してくれます。職選びの参考になり、さらには思わぬ企業の求人を紹介してもらえるかもしれません。

転職サイトでなかなか行きたい企業が見つからない場合は、転職エージェントに相談してみるのもひとつの方法です。自分では見つけられなかった最適な企業が見つかるかもしれません。

転職活動で役立つおすすめエージェント・サイト5選

ここからは、転職活動を進めていくときにおすすめの転職サイト・エージェントを具体的に紹介していきます。転職活動は、転職サイト・エージェント選びから始まります。

これまで紹介した転職サイトの失敗しない選び方を踏まえたうえで、自分にはどんな転職サイト・エージェントがあうか見てみてください。

最適な転職サイト・エージェントを選んで、転職成功を掴みましょう。厳選5選を紹介するので、転職サイト選びで迷っている人は参考にしてみてください。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

公式ホームページ:https://www.r-agent.com/

リクルートエージェントは、大手転職エージェントならではの豊富なノウハウで転職をサポートしてくれる転職エージェントです。全年代に対応した非公開求人20万件のなかから、自分にぴったりの求人を探し出してくれます。

株式会社リクルートが運営する「リクルートエージェント」は、独自に分析した業界情報や企業情報を元に、転職成功へ手厚くサポートしてくれます。対面または電話にてキャリアアドバイザーとの面談が可能です。

内定後も、年収の交渉や円満退社のための手続きまでアドバイスしてくれるため、安心して任せられる転職エージェントといえるでしょう。

求人紹介が非常に多く、そのせいでなかなか選びきれないという意見もあります。最大手であることからなかなか面談予約が取れないこともあるため、頭に入れておきましょう。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

公式ホームページ:https://mynavi-agent.jp/

マイナビ転職は、仕事やキャリアに関するコンテンツが豊富な転職サイトです。転職サイトとしては日本最大級で圧倒的な求人情報数を誇り、全国各地の求人を取り扱っています。

株式会社マイナビが運営する「マイナビ転職」は、あらゆる角度から求人検索ができるのが特徴です。働く場所や業界、働き方、年収など、さまざまな方法で自分にぴったりの求人を見つけ出せるでしょう。

企業ブログや転職のノウハウ、活躍する人へのインタビューなど、ホームページには多くのコンテンツが掲載されています。転職を始めてみようと思っている人はぜひ登録しておきたい転職サイトです。

マイナビ転職の特徴である豊富な求人数は、ぜんぶチェックするのは難しい量です。求人数が多すぎて希望の求人情報にたどりつけないといった声もあります。マイナビ転職で求人を探す際には、自分の希望をある程度固めたうえで探すのがいいでしょう。

doda

doda

公式ホームページ:https://doda.jp/

dodaは、求人サイトとして求人検索もあわせてできる転職エージェントです。エージェントに頼りながら、自分でも求人を探したいという人におすすめです。

求人件数約20万件(※2023年3月時点、非公開求人を含む)を保有しており、自分にあう会社を探しやすいのが特徴です。

転職タイプ診断やキャリアタイプ診断など、今の自分の状態を見つめ直せるツールも豊富です。転職者満足度も高く、全年代だれにでもおすすめできる転職エージェントです。

自分にあう求人に出会えなかった、紹介してもらえなかったといった声もあります。エージェントからの紹介にくわえて、自力でのサイト検索が必要になる可能性があります。

ビズリーチ

ビズリーチ

公式ホームページ:https://www.bizreach.jp/

ビズリーチは、優良企業から直接スカウトが届く、30代以上向けのハイクラス転職サイトです。登録求人の3分の1以上が年収1,000万円以上で、管理職などのプロフェッショナル向けです。

株式会社ビズリーチが運営する「ビズリーチ」は、スカウト型の転職サイトであるのが特徴です。スカウトを受けることで、自分の市場価値やキャリアの選択肢がわかるようになるでしょう。

優秀なヘッドハンターが在籍しており、転職相談ができるのも魅力のひとつです。30代以上からの転職に関するコラムが掲載されているため、年齢を重ねてからの転職に不安がある人はチェックしてみましょう。

ヘッドハンターへの相談はできるものの、面接対策などのサポートはあまり受けられません。手厚いサポートでエージェントとともに転職を成功させたいと考える人にはあまり向かないといえるでしょう。

ハタラクティブ

ハタラクティブ

公式ホームページ:https://hataractive.jp/

ハタラクティブは、経歴に自信がない20代の転職をサポートする転職エージェントです。フリーターや中退して学歴に自信がない人向けに特化しています。

レバレジーズ株式会社が運営する「ハタラクティブ」は、利用者の9割以上が20代であることが特徴です。利用者は、高卒者が37.9%、専門卒者が15.1%と、学歴に自信がなくてもハタラクティブなら手厚くサポートしてくれます。

オンライン・オフラインでアドバイザーに相談でき、面接対策などをしっかりサポートします。入社後まで長期的にサポートしてくれるため、はじめての転職も安心して任せられます。

中小企業の求人が多く、ハイクラス向けの求人は少ないため、大企業への転職を目指したい人にはおすすめできません。

転職サイト・エージェントは複数併用するべき!

転職サイト・エージェントは多くの種類があります。どこに登録しようか迷うよりも、複数のサイトに登録し、併用して活用するのがおすすめです。

自分に相性のあう転職サイト・エージェントを見つけるためにも、複数登録して利用してみましょう。

転職サイト・エージェントにはそれぞれメリット・デメリットがあります。「総合型」「特化型」両方の転職サイト・エージェントに登録して、自分のやりやすい転職スタイルを探していくのがおすすめです。

複数の転職エージェントに相談することで、提案してもらえる求人数が多くなります。優良企業や優秀なアドバイザーに出会える可能性を高めて、転職を成功させましょう。

残念ながら、アドバイザーによっては、自分の意思を尊重してくれないことも少なくありません。

アドバイザーとの面談のときには、自分の希望を尊重してくれるか、企業に自分を売り込んでくれるかを見極めましょう。

まとめ

転職活動は人生の大きな分岐点ともなり得ます。転職がはじめての人はとても不安に感じるのではないでしょうか?転職で失敗した、ということは誰しもが避けたいでしょう。

転職に焦りは禁物です。転職を成功させるためには計画的に進めることが大切となります。

転職時期にこだわりすぎず、しっかりと準備を重ねて転職活動に臨むようにしましょう。

転職サイト・エージェントも「総合型」と「特化型」の両方をうまく活用しながら、キャリアの棚卸をすれば、自分にぴったりの企業や業界が見えてきます。

最初は複数のエージェントを利用しながら相性のいいアドバイザーを見つけて絞っていき、協力してもらいながら準備を重ねて転職を成功させましょう。

1分で無料登録!
おすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7.1万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年5月1日時点
  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。