就活エージェントに騙された人は意外に多い?どのように活用すべきかを徹底解説

編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

「就活エージェントに騙されたと感じるのはどんなタイミング?」
「就活エージェントに騙されないためにはどうしたらいい?」

就活エージェントを利用してみたくても、騙されたという話が気になる方はいるのではないでしょうか。インターネットやSNSで就活エージェントに騙されたというコメントや口コミを見る機会は少なくありません。

今回は、なぜ就活エージェントに騙されたという人がいるのかを、実際の体験談とともに解説します。就活エージェントに騙されないためのコツや、利用する際におこなうべきことも解説するので、ぜひ参考にしてください。

エージェント選びに失敗したくない方はこちらをチェック
目次

就活エージェントに騙されたと感じる主な理由

就活エージェントに騙されたと感じる人がいるのは残念ながら事実です。しかし、利用者のなかには実際に騙されたわけではなく、使いこなすノウハウを知らなかっただけの人もいます。

就活エージェントに騙されたと感じる主な理由
  • 担当者が自分に寄り添ってくれなかったから
  • 内定が獲得できなかったから
  • 担当者が企業に関する情報を把握していなかったから
  • 希望していた内容とは違う求人を紹介されたから
  • 担当者が悪質だったから

就活エージェントの利用を検討している方は、利用者が騙されたと感じた理由を、あらかじめ把握しておいてもよいでしょう。

担当者が自分に寄り添ってくれなかったから

就活エージェントに騙されたと感じる理由として、担当者が自分に寄り添ってくれなかったことが挙げられます。就活によるストレスや就職先が決まるかわからない不安を相談したい人も少なくありません。

就活エージェントを利用している人にとっては、多かれ少なかれキャリアアドバイザーに話を聞いてもらいたいと考えるものです。

しかし、キャリアアドバイザー側が忙しいなどを理由に話を聞いてくれなかった際、不満を覚えてしまいます。

結果的には、「就活エージェントはサポートをしてくれないんだ」と騙された気分におちいってしまうのです。

内定が獲得できなかったから

就活エージェントに騙されたと感じる理由として、内定が獲得できなかったことも挙げられます。就活エージェントに登録すれば、必ず就職が決まると考える人もいるでしょう。しかし、登録したからといって、必ず内定が獲得できるとは限りません。

キャリアアドバイザーが十分にサポートをしていたにも関わらず、利用者側が積極的に動かなかった場合、就活エージェントの効果も薄れてしまいます。利用者側も、入念に書類の添削を受けてもらったり、面接対策をおこなってもらったりすることが大切です。

就活エージェントを利用する際は積極的な行動を心がけましょう。

担当者が企業に関する情報を把握していなかったから

担当者が自分の希望する企業や業界について詳しくなかった場合、就活エージェントに騙されたと感じる利用者もいるでしょう。

ほとんどの就活生は、キャリアアドバイザーのことを就活のプロだと認識して登録します。

しかし、実際に相談をしても有力な情報をもっていない場合もあります。キャリアアドバイザーが、企業の求める人材や収入、有利なスキルなどあらゆる項目について詳しくなかった場合、とくに騙されたと感じてしまいます。

キャリアアドバイザーに過度な期待をもたず、調べられることは事前に自分で調べておくようにしてください。

希望していた内容とは違う求人を紹介されたから

希望とは違う求人を紹介されたときも、騙されたと感じる人が多い傾向です。担当者が、就活生の相談内容を考慮せずに適当な求人を紹介したのであれば、騙されたと考えても無理はありません。

しかし、キャリアアドバイザーは就活生のスキルや能力を加味しておすすめの求人を紹介します。自分のスキルや実績によっては、期待通りの求人を紹介されない可能性もあるのです。

希望業界や求人を考える際は、自分にあった職種を選ぶよう心がけてください。

担当者が悪質だったから

就活エージェントに騙されたと感じる理由として、担当者が悪質だったからという事例も考えられます。キャリアアドバイザーから、あまり興味をもてない求人への応募を半ば強引に勧められた際に、騙されたと感じるのです。

キャリアアドバイザーは、就活エージェントの利用者が入社を決めるごとに収益を得られます。利益を増やすために、就活生に応募を強要してくる担当者がいる可能性も疑われます。

就活エージェントを利用する際は、担当者が良質かどうかを見極めるのも大切です。

【実話】利用者が就活エージェントに騙されたと感じる場面

就活エージェントに騙されたという話は、全てが本当とも限らないのですが、単なる噂話ではないかもしれません。実際に、就活エージェントに騙されたと訴える利用者の体験談が複数存在します。

以下に、就活生が実際に利用してみて騙されたと感じた事例を紹介します。就活エージェントに騙されるまえに、事例を参考にして今のうちに対策を考えておきましょう。

企業から合否の結果がいつくるのかを聞いたとき

応募先の企業から合否の結果がいつ届くのかを聞いた際、虚偽の内容を伝えられた事例が挙げられます。

引用元:Yahoo!知恵袋

担当者の目的としては、おそらく現時点で獲得できている内定を辞退して欲しくなかったという心情が読み取れます。上記の例ではほかの内定も辞退しており、第一志望の最終面接に落ちてしまうと利益が得られないためです。

第一志望の企業を諦めてもらい、すでに内定が獲得できている企業に入社してもらう方が、担当者側としては得するのでしょう。

本当に勘違いをしていただけの可能性もありますが、利用者側の立場としては、騙されたと考える場合もあるかもしれません。

勧められた企業の説明会に参加したとき

利用者が就活エージェントに騙されたと感じる場面として、勧められた企業の説明会に参加した際、質の悪い企業であった事例も挙げられます。

引用元:Yahoo!知恵袋

希望している額や働き方にもよりますが、年収が200万円の企業は決して良質とはいえません。担当者から甘い言葉や念を押す勢いで勧められたとはいえ、該当の企業がよくなかった場合、騙されたと感じる人もいるでしょう。

担当者の知識不足か、騙していたのではなく利用者のスキルや実績に見合った企業を紹介した可能性が予測されます。よい企業に入社するためには、十分なスキルや実績も大切です。

担当者が勧める企業が安定しているかどうかを聞いたとき

担当者が上場企業だと勧めてきたところが、実際はまったく成長していなかった事例も、騙されたと思われやすい傾向です。

引用元:教えて!goo

就活エージェント側はおそらく、利益を得る目的で就活生にどこでもよいから入社させようと考えたのではないかと予測されます。

しかし、場合によっては利用者側のスキルが不足している関係で、紹介できる企業が限られていた可能性も否めません。担当者が、あまり質のよくない企業を就活生の気分を害さないよう、言葉を選んで紹介したことも考えられます。

企業情報の相違を指摘した際に開き直られたとき

担当者に開き直られたときも、就活エージェントに騙されたと考える人はでしょう。以下の文章は、上記の「担当者が勧める企業が安定しているかどうかを聞いたとき」の続きですが、のちの対応にも問題があったようです。

引用元:教えて!goo

初回面談の際に「力になりたい」と話していたにも関わらず、適当な企業を紹介された挙句に開き直られれば、騙されたと感じやすくなるでしょう。

コンサル時に十分な対応をしてもらえなかったとき

コンサル時の対応が不十分であった際も、就活エージェントに騙されたと感じやすい人はいます。時間を割いて日程を組んだにも関わらず、担当者が企業の紹介や就活に関するアドバイスをくれずに、短時間で切りあげられたときなどです。

引用元:教えて!goo(ベストアンサー)

また、担当者が上記のように礼儀の伴っていない態度であった場合、就活エージェントに対してさらに悪い印象が残るでしょう。

少しでも違和感を覚えた際は、すぐに別の就活エージェントに切り替えるべきです。

騙されたと思われやすい就活エージェントの特徴

キャリアアドバイザーのサポートが雑であったり、扱いが不誠実であったりする就活エージェントは「騙された」と思われやすい傾向です。

また、騙されたわけではないにしても、キャリアアドバイザーから嫌な扱いを受けて「騙された」と感じるケースも存在します。

以下に、騙されたと思われやすい就活エージェントの特徴を紹介します。

利用者のペースを考えない

騙されたと思われやすい就活エージェントの特徴として、担当者が利用者のペースを考えない場合が挙げられます。

利用者は自分のペースを乱されると「就活エージェントは仕事で仕方なくやっているだけ」と考え、最終的に騙されたと思ってしまうこともあります。

担当者が連絡の頻度を配慮せず何度も電話を掛けてきたり、利用者の勤務中に突然電話をかけてきたりするケースが該当します。また、選考対策などを慎重におこないたいのにも関わらず、企業選びを急かしてくる就活エージェントにも注意が必要です。

就活エージェントを利用する際は、騙されたと感じてしまわないよう、自分のペースを守るよう意識しましょう。

面談を適当に済ませる

騙されたと思われやすい就活エージェントの特徴として、面談を適当に済ませるケースも存在します。初回の面談は、就活生について具体的に知るためにおこなうものです。

就活生の現状を知るための面談を適当に済ませる就活エージェントは、利用者の希望や悩みなどを真剣に考えていないおそれがあります。

良質な対応を心がけている就活エージェントは、初回面談の時点で就活生に真摯に向き合う姿勢を見せるのがほとんどです。

就活エージェントを利用する際は、初回面談をどの程度丁寧におこなってくれるかにも注目しましょう。

まともに選考対策をおこなってくれない

まともに選考対策をおこなってくれないのも、騙されたと思われやすい就活エージェントの特徴です。面接の練習や書類のチェックなどが十分におこなわれないと、利用者は不誠実な就活エージェントだと考える傾向にあります。

ESシートや履歴書の添削や、面接対策において不十分な対応をされた際、

「キャリアアドバイザーが就活のサポートをしてくれるのは表向きの話で、実際は適当なんだ」

という考えにいたり、騙されたと感じてしまうのです。

就活エージェントを利用する際は、入念な選考対策をおこなってくれるところを選びましょう。

自分の意見に対して否定的な態度を見せる

自分の意見に対して否定的な態度を見せる就活エージェントも、騙されたと思われやすい傾向です。就活エージェントに限らず、否定的な意見を言う人は、不快な印象のほかに不誠実なイメージまで持たれてしまいます。

自分の希望している企業や業界が合わないとしても、キャリアアドバイザーであれば納得いくようなアドバイスをするものです。

否定的な態度だけ見せ、改善策や足りない部分を教える姿勢のないキャリアアドバイザーは、とくに騙されたと思われやすくなります。

応募を急かしてくる

応募を急かしてくる担当者が多いのも、騙されたと思われやすい就活エージェントに該当します。就活生にとって、就活は人生を左右するほど大事な選択です。

一切の配慮もなしに応募を急かされた利用者は、担当者に対し「自分のことを考えてくれていない」と思ってしまいます。

自分のことを考えてくれない担当者への印象が、結果的に騙されたという考えにいたるのです。

内定の承諾を急かしてくる

応募を急かされるのと同様、内定の承諾を急かしてくる担当者が多い就活エージェントも、騙されたと思われやすい傾向にあります。

利用者は、応募した企業から内定を得たとしても、本当に承諾をしてよいのかを慎重に考えたいものです。とくに、ほかの企業が気になっていたり不安な気持ちが強かったりする場合は、内定を承諾するべきか迷ってしまうでしょう。

不安に思う就活生を考慮せずに内定の承諾を急かす担当者は、利益のことしか考えていない印象が強くなります。結果的に、利用者側から騙されたと思われやすくなるのです。

紹介する求人の欠点を教えてくれない

紹介する求人の欠点を教えてくれない担当者がいるのも、騙されたと思われやすい就活エージェントの特徴です。欠点を教えない担当者は、「マイナスの部分を教えると、就活生は応募を諦めてしまう」と考えている可能性があります。

デメリットを知らずに入社した利用者が、ミスマッチなどで短期間のうちに退職した際、騙されたと考える事態が予測されます。

実際に、就活生を入社させたいがためにデメリットを教えず、選考を進めようとするキャリアアドバイザーはいるかもしれません。

就活エージェントを使う際は、担当者がどんな人なのかを見極めるのも大切です。

「オワハラ」とも呼べる扱いをする

騙されたと思われやすい就活エージェントの特徴として、「オワハラ」とも呼べる扱いをする担当者が多いのも挙げられます。オワハラとは、「就活終われハラスメント」の略称です。

オワハラをする担当者は、面倒な就活サポートを早く終わらせたい、就活生を入社させて利益を得たいなどと考えている可能性があります。

前項の「応募を急かす」「内定の承諾を急かす」という特徴も、オワハラになりかねません。

オワハラ的な扱いを受けた就活生側も、「キャリアアドバイザーが就活にまったく協力してくれない」と考え、騙されたと思ってしまうのです。

リスクだけじゃない!就活エージェントを利用するメリット9選

就活エージェントは、騙されたと感じてしまう場面もあるかもしれませんが、十分に役立つサービスもたくさん存在します。

就活エージェントのメリットは以下のとおりです。

  • プロのキャリアアドバイザーに相談ができる
  • 就活についてのアドバイスをしてもらえる
  • 就活に対する不安が払拭できる
  • 選考対策を受けられる
  • 自分にあう求人が紹介してくれる
  • 就活を効率的におこなえる
  • 非公開求人を紹介してもらえる
  • 不採用の原因を教えてもらえる
  • 就活イベントを紹介してもらえる

誠実で頼りにできるキャリアアドバイザーが揃っていれば、さまざまなメリットが得られます。

プロのキャリアアドバイザーに相談ができる

就活エージェントを利用するメリットとして、プロのキャリアアドバイザーに相談ができることが挙げられます。

就活エージェントに登録すると、キャリアアドバイザーから利用者のスキルや実績、人柄などをもとにサポートしてもらえます。就活エージェントは、内定獲得までを有利に進めるために効果的です。

選考対策や企業選びなどでわからないことや困ったことがあれば、就活のプロに相談し、マンツーマンで指導を受けられます。

とくに、一人で就活をおこなうのが不安な方にはおすすめです。

就活についてのアドバイスをしてもらえる

就活エージェントを利用するメリットとして、就活のアドバイスをしてもらえるところも挙げられます。キャリアアドバイザーからアドバイスを受けることで、内定を獲得するのに不足している部分や改善点を知れるためです。

また、ESシートの書き方や面接のしかた、企業選びはどのようにすればよいかなどについてもアドバイスをもらえます。

就活エージェントは、就活を進められる自信がない方には心強い存在です。

就活に対する不安が払拭できる

不安を払拭できるのも、就活エージェントを利用するメリットです。一人で就活する場合、選考対策や企業選び、応募や面接の日程調整まで全て自分でおこなわなくてはいけません。

しかし、就活エージェントを利用すれば、プロのキャリアアドバイザーが就活を終えるまで寄り添ってくれます。

就活を一人でおこなう場合、少なからず不安が生じてしまうものですが、就活エージェントに登録すれば、就活をするうえでの大事な項目を全て見てもらえます。就活において、自分に足りない部分に対する不安を払拭できるのです。

選考対策を受けられる

選考対策を受けられるのも、就活エージェントにおいての強みです。就活エージェントに登録すれば、ESシートや履歴書の添削や、模擬面接までおこなってくれます。

企業から内定をもらうには、選考の際に魅力的なアピールが必要です。キャリアアドバイザーから添削やフィードバックなどを受ければ、応募を考えている企業ごとに有利なアピール方法がわかります。

書類選考ではどのようにアピールすればよいか、第一志望の企業へはどんなアピールが有効かなど、重要な点を知るのに効果的です。

自分にあう求人を紹介してくれる

就活エージェントは、自分にあう求人を紹介してくれるのもメリットとして挙げられます。自分のスキルや性格にあった企業がわからない方は、就活エージェントに登録するのがおすすめです。

自分にはどんな業界が向いているのか、どんな職場環境が向いているのかなど、あらゆる要素から求人を紹介してくれます。

とくに、求人選びで迷いすぎる就活生には有効です。キャリアアドバイザーに相談すれば、よりスムーズに企業選びを進められます。

就活を効率的におこなえる

就活エージェントを利用すると、一人でおこなうよりも効率的に就活をすすめられます。本来、就活生自身でおこなう項目を、ほとんどキャリアアドバイザーがおこなってくれるためです。

就活エージェントの利用は、選考対策や企業選びに関しても有効ですが、就活でおこなう内容はそれだけではありません。入社までには面接の日程調整から内定辞退などもおこないます。

就活エージェントに登録しておくと、上記の項目をキャリアアドバイザーが代わりにおこなうため時間の確保に有効です。

非公開求人を紹介してもらえる

就活エージェントに登録すると、非公開求人を紹介してもらえることもあります。一人で就活を進めている人には見つけられない求人を取り揃えているため、企業選びの幅を広げるのに効果的です。また、非公開求人の場合は就活生による知名度が低い求人も揃っているため、競争率の面でも有利になります。

非公開求人を含め、より多くの企業を選べるようになると、自分にあった企業に出会える確率が高くなります。

企業へのこだわりを重視している方は、就活エージェントの登録を検討しておきましょう。

不採用の原因を教えてもらえる

就活エージェントに登録しておくと、不採用だった場合の原因を教えてもらえます。

書類選考や面接に落ちた際、当然ながら落とされた理由を企業から教えてもらえることはありません。不採用後も、落ちた理由や自分に足りない部分などを知らないまま就活を続けなくてはいけないのです。

しかし、就活エージェントを利用していると書類や面接それぞれの場合で不採用だったときに、担当者から原因を教えてもらえます。

内定を獲得するための改善点につながるので、就活において不採用の原因を教えてもらえるのは効果的です。

就活イベントを紹介してもらえる

就活イベントを教えてもらえるのも、就活エージェントを利用するメリットのひとつです。就活エージェントに登録していると、キャリアアドバイザーからのサポートだけでなく、特別な就活イベントに参加できることがあります。

おもなイベント内容として、求人選びに特化したものや書類選考に特化したもの、年齢別の就活対策などが挙げられます。

もちろん、就活エージェントに登録していればキャリアアドバイザーから毎日サポートを受けられます。しかし、イベントに参加することで、新たな気づきを得られる場合もあるのです。

「就活エージェントに騙された!」とならないためのコツ

就活エージェントの利用を検討している方は、騙されたとならないよう、あらかじめ対策を知っておきましょう。就活エージェントは、正しく使えば十分なサポートを期待できます。

以下に、就活エージェントに騙されないためのコツを解説します。

担当者が合わないと思ったときはすぐに変えてもらう

就活エージェントの担当者と相性が合わない場合は、すぐに別の人に変更を依頼してください。

相性のよくない担当者にサポートを受けても、気分を害する機会が増えるだけで、就活に対するモチベーションが下がってしまいます。担当者との空気感や性格など、合わないと思う要素はどんなに小さなものでも注意が必要です。

はじめに担当することになったキャリアアドバイザーと合わないからといって、ほかの担当者との相性も合わないとは限りません。

変更後の新しい担当者が、誠実で親身に向き合ってくれるような人であれば、騙されたと思わずに済むでしょう。

複数の就活エージェントに登録しておく

就活エージェントに騙されないためには、複数の就活エージェントに登録しておくのもおすすめです。ひとつの就活エージェントのみを使っていると、担当者からの不誠実な対応に気づきにくい場合があります。

冷たい態度や遅い返信、否定的な言い方など、とくにはじめて利用する方にとっては「これが普通なのか」と思ってしまうでしょう。

しかし、別の就活エージェントに登録することで「今までの担当者が不誠実だったんだ」と気づく機会を得られるかもしれません。

就活エージェントに騙されたくないと考えている方は、あらかじめ複数の就活エージェントへの登録を検討してください。

就活エージェントに頼りきらない

就活エージェントに騙されないためには、キャリアアドバイザーに頼りきらないことが大切です。就活のほとんどをキャリアアドバイザーに頼っていると、応募や内定などのときに自分で判断ができにくくなってしまいます。

利益重視のキャリアアドバイザーが担当になった際、自分で判断できない就活生は急かされるがままに応募や内定を決めてしまいかねません。

就活は、最終的には自分で判断して決めるものです。就活エージェントの利用を検討している方は、担当者に頼りきらないよう注意してください。

意見をはっきり伝えることを意識する

就活エージェントを利用する際は、意見をはっきりと伝える心構えをもってください。自分の意見をはっきり伝えることで、担当者も就活生の考えを理解しやすくなります。

また、自分の意思を強くもっている就活生に対しては、悪質な就活エージェントも理不尽な扱いができにくくなります。

希望の職種や条件、応募したい企業などに否定的なことをいわれた際も、意見をはっきりと伝えるよう意識しましょう。

就活に対する強い意思をもっておく

就活エージェントに騙されないためには、就活に対する強い意思をもっておくのも大切です。強い意思はキャリアアドバイザーに伝わりやすいため、全面的に協力する姿勢を見せてくれるようになります。

就活エージェントに騙されたと感じる場面のひとつは、キャリアアドバイザーから不誠実な対応をされたときです。不誠実な対応をされる就活生は、担当者から舐められている、もしくは適当にあしらわれているかもしれません。

強い意思がある就活生は、担当者側から舐めた態度を取られにくくなる傾向にあります。自分の意思や担当者に対して意見がある場合ははっきりと伝えるよう意識しましょう。

就活エージェントを利用するまえにおこなうべきこと

就活エージェントに騙されたり、嫌な思いをさせられたりしないためにも、利用を開始するまえにおこなうべきことがあります。事前に対策を済ませておけば、就活エージェントをより効果的に利用できるようになるでしょう。

以下に、就活エージェントを有効活用するためにおこなうべきことを紹介します。

自己分析をおこなう

就活エージェントを利用するまえにおこなうべき対策として、自己分析が挙げられます。自分の実績やスキルを再確認することで、どの業界で活躍できるか、どの企業に応募すればよいかがわかりやすくなるためです。

就活サポートは、利用者の得意としているスキルや希望したい職種などを考慮しておこなわれます。

自己分析をおこなっておけば、分析データをもとにキャリアアドバイザーからより効果的なサポートを受けやすくなるのです。

企業研究をおこなう

就活エージェントを利用するまえに、企業研究をおこなっておいてください。企業研究は、自分にあう環境が揃っている職場を探すのに効果的です。

また、自分が活躍できるような企業をあらかじめ見つけておけば、就活エージェントからのサポートをスムーズに受けられます。

企業研究の際に注目すべき項目
  • 企業の雰囲気
  • 企業の求めるスキル
  • 企業の求める人材
  • 年収
  • 勤務地
  • 福利厚生

企業を選ぶ際は上記の例を参考に、あらかじめ自分が重視している条件を、2~3個ほど選んでおきましょう。

本当に就活エージェントの利用が必要なのかを再確認する

就活エージェントを利用するまえに、本当に就活エージェントの利用が必要なのかも確認しておきましょう。

人によっては、就活を自分自身でおこなえる可能性もあるため、サポートが不要な場合があります。

十分なスキルのある人が就活エージェントに登録し、悪質なキャリアアドバイザーにあたってしまえば損でしかありません。キャリアアドバイザーからのサポートにより、判断が揺らぐリスクもあるため注意が必要です。

書類選考や面接対策に自信のある方、応募を検討している企業が明確になっている方は、就活エージェントが不要の可能性もあります。

スキルに自信のある方は、就活エージェントが必要か再度確認してみましょう。

就活エージェントの口コミや評判をチェックする

就活エージェントを利用するまえにおこなうべきこととして、口コミや評判のチェックも挙げられます。自身が登録しようとしていた就活エージェントが、実際は評判が悪かったなどの場合も考えられるためです。

なにも考えずに登録すると、「就活エージェントに騙された!」と感じる羽目にもなりえます。大学生の場合、大学時代の先輩などに話を聞いてみるのもひとつの方法です。

就活エージェントを利用する際は、必ず評判や口コミを確認しておきましょう。

ほかの就活方法も調べておく

就活エージェントを利用するまえに、ほかの就活方法にも目を向けてみてください。複数の就活方法を試すほど、自分がよいと思える企業に出会える可能性は上がります。

就活エージェント以外にも、就活には以下の方法が存在します。

その他の就活の方法
  • 求人サイトに登録する
  • ハローワークに通う
  • 求人誌や折込チラシをチェックする
  • スカウト型求人サイトに登録する

就活の方法はひとつだけではありません。あらゆる就活方法を同時に試せば、自分にあった企業に出会いやすくなるのです。

就活生に評判がいい就活エージェント3選

就活エージェントに登録しようと考えている方のなかには、どのサービスを利用すべきか迷うこともあるでしょう。今回は、就活生に評判がいい就活エージェントを3個ご紹介します。

どれを選べばよいかわからない方は、ぜひ以下の就活エージェントを参考に選んでみてください。

キャリアスタート

キャリアスタート新卒
  • 特徴① 最短2週間で内定を狙える
  • 特徴② 入社実績2,000名以上
  • 特徴③ 定着率92%

キャリアスタートは一人ひとりのあった企業を紹介してくれるため、入社後定着率が90%以上と高いのが特徴の就活エージェントです。

また、学生から人気の高い有名企業への就活サポートをもしてくれます。

 

質の高い求人紹介から、一人ひとりに合わせた面接サポートまで無料で対応してくれるため、就活がなかなかうまくいかず悩んでいる方におすすめです。

 

最短2週間で内定獲得している実績もあるため、できるだけ早く内定がほしい方はぜひとも利用したい就活エージェントです。

 

サービス名 キャリアスタート
運営会社 キャリアスタート株式会社
公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • あなたの個性にあった求人を紹介
  • マンツーマンで就活をサポート
  • 全国どこでも対応可能
対応地域
北海道、東京、神奈川、埼玉、千葉、愛知、大阪、福岡など全国
公式サイト
2024年2月時点

LHH就活エージェント

LHH就活エージェント
  • 特徴① 最短ルートで内定を狙える
  • 特徴② 企業ごとにESを添削してくれる
  • 特徴③ 入社後のキャリアを考えたサポート

LHH就活エージェントはただ求人を紹介するのではなく、入社後のキャリアを見据えたサポートをしてくれます。

また、グローバル求人や一般的な就活サイトには登録されていない求人を多く保有しています。

 

企業に合わせた自己PRや志望動機の添削から面接対策まで、一緒に担当者がサポートしてくれるため、自分の描きたいキャリアを実現できる企業から内定をもらうことができるでしょう。

 

サービス名 LHH就活エージェント
運営会社 アデコ株式会社
公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 一人ひとりにあった求人を紹介
  • 非公開求人を多く保有
  • 就活イベントを定期的に実施
対応地域
全国
公式サイト

 

DiG UP CAREER

DIG UP CAREER
  • 特徴① 最短2週間で内定獲得
  • 特徴② 首都圏に特化した求人を保有
  • 特徴③ 完全オーダーメイドの就職サポート

DiG UP CAREER は、利用者満足度90%、友人紹介率60%の支援が手厚い就活エージェントです。

キャリアアドバイザーがしっかりと自己分析に向き合ってくれるから、あなたに合った企業が見つかりやすいでしょう。

 

さらに、LINEを使って密にコミュニケーションがとれるのも特徴です。 メールや電話と違い、スピード感をもって相談できるため、早期の就職成功も難しくありません。

紹介企業は、メーカーや商社、アパレル、金融などを取り扱っており、幅広い業界からあなたにあったところを選べます。

 

面接後には企業からフィードバックがもらえるので、次に活かせるのもメリットです。

 

サービス名 DiG UP CAREER
運営会社 NaS株式会社
公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 利用者満足度90%の就活エージェント
  • LINEを使って密にコミュニケーションがとれる
  • 面接後に企業からフィードバックがもらえる
対応地域
東京、神奈川、埼玉、千葉
公式サイト

 

「就活エージェントに騙された!」とならないように事前調査をしておこう

就活エージェントに騙されたと話す人は、過去に少なからず嫌な思いをさせられた経験のある人が多いでしょう。担当者が悪質だった場合は、とくに騙されたと考える傾向が強くなります。

しかし、事例によっては就活エージェントだけが問題なわけではありません。就活生側のスキルの問題や行動量の少なさ、対策の甘さなどにより有効活用できなかった場合も十分に考えられます。

「就活エージェントは騙されるだけだから利用しない方がいい」という意見を聞いても、鵜呑みにしないよう気をつけてください。

就活エージェントを利用するまえに、自身でおこなえる対策も存在します。

就活は、人生を左右する一大イベントのひとつです。就活エージェントに振り回されないよう、常に強い意思をもって就活に挑みましょう。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。