施工管理に向いてない人の特徴30選!向いている人の特徴も解説

佐藤誠一
編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

施工管理に向いてない人の特徴を知りたいな。

もし向いているなら施工管理に転職も考えるけど、向いてないなら他の仕事にした方がいいかな…?

未経験で施工管理に転職する方法も知りたい。

こういった疑問に答える記事です。

この記事を読むことで、あなたが施工管理に向いているか・向いていないかがわかります。

もしあなたが施工管理に向いていそうなら、ぜひとも転職してみましょう。施工管理で活躍できる可能性が高いです。

この記事では、施工管理に向いている人向けに「未経験で施工管理に転職する方法」と、施工管理に向いてない人向けに「仕事を見つけるコツ」を解説しています。

自分に向いてる仕事に転職したい人は、最後まで読んでみてください!

 

この記事の執筆者
佐藤 誠一 氏Webライター
22〜26歳までフリーターを経験した後に正社員に就職した経験をもつ。 また「全国職業相談センター」というサイトで3000人以上の職業相談も実施。 数多くのフリーターの相談実績アリ。 ブログ「さとうのキモチ」を運営
目次

施工管理とは|仕事内容を解説

施工管理とは、建設工事の管理業務をおこなうことです。

具体的には、以下の仕事があります。

  1. 工程管理
  2. 品質管理
  3. 安全管理
  4. 原価管理
  5. 環境管理

これらは「施工管理の5大管理」といわれています。ひとつずつ解説していきます。

工程管理

「工程管理」とは、工事のスケジュール管理をおこなうことです。

建設工事は期限が決められているため、期限までに完成するようにスケジュールを管理する必要があります。

具体的な工程管理の仕事内容は以下のとおりです。

  1. まず工事全体のスケジュールを決める
  2. 工事の各所のスケジュールを決める
  3. 工事が遅れている部分があれば間に合うように調整する

たとえば、屋外の工事は天候不良が続くと工事ができず、工程が遅れることがあります。その場合に、スケジュール調整するのも施工管理の仕事です。

品質管理

「品質管理」とは、設計図面どおりに工事が進んでいるかチェックすることです。

設計図面と違う建設物ができるとクレームになってしまうため、施工管理がチェックをおこないます。

たとえばコンクリートを使う場合、コンクリートを流し込んでしまうと内部が見えなくなってしまいます。そのため、施工管理がコンクリートを流し込む前の写真を撮影し、きちんと図面どおりに工事が進んでいることを証明します。

安全管理

「安全管理」とは、工事現場で事故が起きないように対策することです。

工事現場では、以下のような事故が発生する可能性があります。

事故の例
  • 高所からの落下
  • 電気工事による感電
  • 人が重機の死角に入り接触

こうした事故を起こさないために、落下防止のネットを設置したり、注意喚起の看板を設置します。

また、朝礼で作業員さんに危険箇所を周知して、事故が起こらない環境づくりをおこないます。

原価管理

「原価管理」とは、利益が出るように工事を進めることです。

工事には以下のようなコストが発生します。

発生するコスト
  • 資材や部材
  • 重機のレンタル
  • 作業員さんの人件費

必要なコストをかけて品質を担保しつつ、会社に利益を残すのが施工管理の仕事です。

環境管理

「環境管理」とは、周辺環境に配慮して工事を進めることです。

具体的には、以下のような配慮が必要です。

  • 騒音対策
  • 塗料が風で飛ばないようにネットを貼る
  • 自然環境を壊さないように対策する

たとえば、住宅街で工事をおこなう際は、周辺住民に挨拶して回ることもあります。

こうした工事環境に配慮するのも施工管理の仕事です。

施工管理に向いていない人の特徴30選

施工管理に向いていない人って、どんな人なの?

結論、以下に多く該当する人は、あまり施工管理に向いていません

施工管理に向いていない人の特徴
  1. コミュニケーションが苦手
  2. リーダーシップがない
  3. マネジメントが苦手
  4. スケジュール管理が苦手
  5. 危機管理意識が低い
  6. 物事の理解が遅い
  7. パソコンが苦手
  8. 仕事が大雑把
  9. 整理整頓ができない
  10. 計算が苦手
  11. 柔軟性がない
  12. マルチタスクができない
  13. 全て自分でやろうとしてしまう
  14. 決断力がない
  15. メンタルが弱い
  16. 感情的になってしまう
  17. 自分の意見がない
  18. 体力がない
  19. 肌が弱い
  20. 大きな音が苦手
  21. タバコが苦手
  22. 暑さ・寒さに弱い
  23. 体育会系のノリが苦手
  24. 優しすぎる
  25. 真面目すぎる
  26. 向上心がない
  27. 理不尽に耐えられない
  28. 新しいことを受け入れるのが苦手
  29. ワークライフバランスを重視しすぎる
  30. 施工管理の仕事に興味がない

ひとつずつ解説していくので、適性診断してみましょう。

コミュニケーションが苦手

コミュニケーションが苦手な人は、施工管理に向いていません。施工管理は多くの人と話す仕事だからです。

施工管理が話す人
  • お客様
  • 関連業者
  • 職人さんなど

現場で必要な指示を出し、トラブルを迅速に解決するためには、コミュニケーションスキルが必要です。

そのため、コミュニケーションが苦手な人は、施工管理の仕事をやりにくいでしょう。あいさつや返事ができないのもNGです。

現場では年上の職人さんと話す機会もあり、あいさつや返事ができないと信頼関係が生まれず、良い仕事ができません。

リーダーシップがない

リーダーシップがない人も施工管理には向いていません。施工管理は現場をまとめるリーダーだからです。

たとえば、朝礼で当日の工事の指示を出したり、トラブル発生時には対応策の立案をする必要があります。

リーダーシップがないと現場全体を動かしにくいため、仕事をやりにくいでしょう。

これまでにリーダーシップを発揮した経験がある人は、施工管理でやっていける可能性があります。

マネジメントが苦手

施工管理は現場をマネジメントする仕事なため、周りをまとめるのが苦手な人も施工管理には向いていません。

マネジメントができないと、以下のようなトラブルが発生しやすくなります。

  • 工事の遅延
  • コストの増大
  • 現場の職人さんが指示を聞いてくれない

これまでに後輩の指導など、マネジメント業務をやったことがある人なら、施工管理もやっていける可能性があります。

スケジュール管理が苦手

施工管理は期限までに工事を完了させる義務があるため、スケジュール管理が苦手な人も、施工管理に向いていません。

スケジュール管理ができないと、以下のような問題が発生します。

  • 工事が遅れる
  • 工事を急ぐためにコストが増える
  • 工事を急ぐと品質が低下するリスクがある

これらを防ぐためにも、スケジュール管理能力が必要です。

スケジュールに間に合わせるために、何をすべきか考えられる人であれば、施工管理として活躍できるでしょう。

危機管理意識が低い

危機管理の意識が低い人も、施工管理には向いていません。施工管理は、現場で事故を起こさないように対策する仕事だからです。

危機管理の意識が低いと、現場の職人さんをケガさせてしまう恐れがあります。また、自分自身も現場でケガをすることがあるでしょう。

工事現場には危険がひそんでおり、ケガを防ぐためにも、危機管理意識が必要です。

物事の理解が遅い

物事の理解が遅い人も、あまり施工管理に向いていません。施工管理は、スピーディーな理解と判断が求められる仕事だからです。

物事の理解が遅いと工事の情報を正しく把握できず、ミスが発生しやすくなります。

わからないことがあったら、理解できるまで上司に質問しましょう。最初は慣れないかもしれませんが、徐々に理解できるようになります。

パソコンが苦手

パソコンが苦手な人は、施工管理の仕事をやりにくいです。

以下のようなパソコン業務があるからです。

施工管理がおこなうパソコン業務
  • 写真の整理
  • 報告書の作成
  • 請求書の作成など

パソコン操作に慣れていない人は、ワードやエクセルの基礎的な操作方法だけでも勉強しておきましょう。

仕事が大雑把

仕事が大雑把な人も施工管理には向いていません。施工管理は細かいことに注意する仕事だからです。

大雑把な仕事をすると、以下の問題が起きることがあります。

  • 工事のミス
  • 現場の事故
  • 細かい指示が伝わらず、間違った工事をして戻し作業が発生する

反対に、細かいことが気になる人は施工管理に向いています。

整理整頓ができない

整理整頓ができない人も、施工管理に向いていません。

きちんと整理整頓ができないと、以下のようなトラブルが発生するからです。

例えば…
  • 必要な書類が見つからない
  • 重要な工事の写真が見つからない
  • 現場の職人さんにすぐ指示を出せない

施工管理を目指す人は、普段から整理整頓のクセをつけておきましょう。

計算が苦手

計算が苦手な人も、あまり施工管理に向いていません。

施工管理は、以下のような計算業務をおこなうからです。

  • 発注書の作成
  • 請求書の作成
  • 寸法がわかる工事用の図面作成

こうした業務には計算能力が必要です。

もちろん電卓を使いますが、基本的な計算はできた方が良いでしょう。

柔軟性がない

工事のトラブルが発生したとき、以下のように柔軟に対応する必要があるため、臨機応変に対応することが求められます。

例えば…
  • 天候不良で工事が遅延した場合は、スケジュールを変更する
  • 予定していた工法が使えない場合は、代替案を協議する
  • 現場の人材を確保できない場合は、人材の配置や工事の順番を変更する

工事現場では予期せぬトラブルがつきものです。

そうしたトラブルに柔軟に対応するのも、施工管理の仕事です。落ち着いてトラブルの内容を把握して対処する必要があります。

マルチタスクができない

「マルチタスク」とは、複数の業務を同時に進めることです。

そして、マルチタスクができない人も、あまり施工管理に向いていません。施工管理は、以下のようにマルチタスクで仕事をするからです。

例えば…
  • 現場の職人さんに指示を出しながら、関連業者の電話に対応し、スマホで事務作業をおこなう。

「ひとつのことに集中して仕事をしたい」人には、施工管理は難しいかもしれません。

全て自分でやろうとしてしまう

全て自分一人でやろうとしてしまう人も、施工管理には向いていません。施工管理はチームワークを活かす仕事だからです。

施工管理は現場の監督です。現場の職人さんや作業員さんに指示を出して、仕事を割り振っていかないと工事は進みません。

部活動で団体競技をやってきた人や、チームで仕事をしたことがある人は、施工管理でもやっていける可能性があります。

決断力がない

決断力がない人も、施工管理の仕事は難しいでしょう。施工管理は現場の状況を見て、今後の方針を決断する仕事だからです。

決断の例
  • 工法の選択
  • 工事の順番の変更
  • 工事にかけるコスト

重要な決断を遅らせるほど、工事が遅延していく危険性があります。

反対に、先送りせずに決断できる人は施工管理でやっていけるでしょう。

メンタルが弱い

極端にメンタルが弱い人は、施工管理に向いていません。施工管理は、厳しい状況に立たされることがあるからです。

例えば…
  • 先輩や職人さんに怒られる
  • お客様と現場の板挟みになる
  • 工事の期限が迫ってくるプレッシャーを感じる

こうした事態が起きる可能性があるため、ある程度の強いメンタルがあった方が良いでしょう。

感情的になってしまう

感情的になってしまう人も、あまり施工管理に向いていません。施工管理は、現場のチームと良好な関係を築きながら工事を進める仕事だからです。

たとえば、感情的になって職人さんに暴言を吐いてしまったとしましょう。そうすると、その職人さんはあなたの指示を聞かなくなってしまうかもしれません。

この状態になってしまうと、工事が進まないだけでなく、お互いに気持ちよく仕事ができません。

感情的にならず、冷静な対応が求められます。

自分の意見がない

自分の意見がない人も、施工管理の仕事は難しいでしょう。相手の要望ばかり飲んでいると、板挟みになって身動きがとれなくなるからです。

もし、自分の意見を言えずにお客様や職人さんに対してYesマンでいると、お客様と職人さんの主張が違ったときに板挟みになります。

例えば…

お客様:◯◯◯◯の工法でやってほしい

職人さん:◯◯◯◯の工法はダメだ

この状態になると、施工管理は動けなくなってしまいます

相手の要望を聞きつつも、自分の意見をしっかり言えることが大切です。

体力がない

極端に体力がない人も、施工管理には向いていません。施工管理は残業が発生したり、休日出勤したりすることがあるからです。

  • 残業が発生する理由:昼間の工事が終わってから事務作業をすることがあるから
  • 休日出勤が発生する理由:緊急トラブルの対応

ただし、2024年から残業規制が始まるため、極端な長時間残業はなくなっていくでしょう。

働き方改革│厚生労働省
引用元:厚生労働省|働き方改革 ~ 一億総活躍社会の実現に向けて ~

また、建設業界では働き方改革を進めているため、今後は休日出勤も減っていく可能性があります。

週休2日工事の実施状況
引用元:国土交通省|建設業の働き方改革の現状と課題

ただし、働き方改革が進んでいるとはいっても、ある程度の体力は必要です。

肌が弱い

現場によっては屋外工事のため、日焼けしやすく極端に肌が弱い人は、施工管理の仕事がきついかもしれません。

ケガをしないために夏でも長袖長ズボンを着用しますが、顔は出ているため日焼けします。日焼け止めなど、スキンケアをするのも大切です。

大きな音が苦手

大きな音が苦手な人も、施工管理は辛いかもしれません。現場にもよりますが、工事現場では大きな音がするからです。

例えば…
  • 重機の音
  • 職人さんの作業音
  • トラックが通過する音

大きな音が苦手な人は、耳栓をするなど防音対策がおすすめです。

タバコが苦手

現場の職人さんなどは、タバコを吸う人が多い傾向があり、タバコが苦手な人は、施工管理の仕事をやりにくいことがあります。

特に休憩中や事務所内は、タバコの臭いがすることもあるでしょう。

タバコの臭いをかぐと体調が悪くなる人は、慎重に判断することも大切です。

暑さ・寒さに弱い

暑さ・寒さに弱い人は、あまり施工管理に向いていません。施工管理は空調が効いていない現場が多いからです。

以下のように、暑さ・寒さ対策をしましょう。

  • 夏:ファン付きの作業着を着る
  • 冬:重ね着をして寒さ対策をする

体育会系のノリが苦手

体育会系のノリが苦手な人は、施工管理に向いていないことがあります。職人さんの中には、体育会系のノリの人もいるからです。

例えば…
  • 口調が荒い
  • ストレートな表現
  • 上下関係を重んじる

ただし、学生時代に体育会系の環境にいた人は、施工管理にも馴染めるでしょう。

優しすぎる

優しすぎる人は、あまり施工管理に向いていません。工事を完了させるためには、ときに厳しいことを言わなければいけないからです。

職人さんによりますが、極端に優しくしすぎるとナメられることもあります。ナメられてしまうと、指示をしてもすぐ動いてくれないこともあるでしょう。

現場の人間関係を良好に保ちつつも、ある程度の厳しさをもって接することが大切です。

真面目すぎる

真面目すぎる人は、施工管理の仕事をしにくくなることがあります。現場の職人さんと円滑なコミュニケーションを取りにくいからです。

休憩時間に職人さんと雑談したり、笑い話をすることで仲良くなれるものです。真面目すぎると、職人さんもコミュニケーションをとりにくいでしょう。

真面目に仕事をするのは大切ですが、少しのユーモアがあると仕事をしやすいです。

向上心がない

施工管理は、向上心をもって仕事に取り組む必要があるため、向上心がない人は施工管理に向いていません。

施工管理はいずれ「施工管理技士」という国家資格を取得することが望ましいです。施工管理技士は現場に配置が必要な責任者になれるため、会社に貢献できます。

施工管理技士を取得するには、帰宅後や休日に勉強する必要があるでしょう。向上心がなくて資格を取得しなければ、キャリアアップも難しくなります。また、工事の技術はどんどん進化しているため、そうした新技術も勉強していく必要があります。

施工管理は向上心がないと続けていけない仕事です。

理不尽に耐えられない

理不尽なことに耐えられない人も、施工管理に向いていません。

理不尽なことの例
  • 急な仕様変更がある
  • 元請から無理な要求をされる
  • 天候不良で工事が進まない

こうした理不尽を乗り越えていくのも施工管理の仕事です。

新しいことを受け入れるのが苦手

新しいことを受け入れるのが苦手な人も、施工管理に向いていません。建設業界では、新しい技術や工法が次々に出てくるからです。

新技術の例
  • AIを使った建設機械
  • ドローンを使った測量
  • ゼロエネルギーハウス

新しいことを受け入れて、勉強していく姿勢が求められます。

ワークライフバランスを重視しすぎる

施工管理はワークライフバランスを保ちにくいときもあるため、ワークライフバランスを重視しすぎる人も、あまり施工管理に向いていません。

例えば…
  • 朝が早い:朝7時に現場入りすることが多い
  • 夜が遅い:残業することがある
  • 夜勤がある:道路工事や鉄道工事は深夜におこなうことが多い

もちろんプライベートの時間を確保できることもありますが、ワークライフバランスを保ちにくいことがあると知っておきましょう。

施工管理の仕事に興味がない

そもそも施工管理の仕事に興味がない人は、施工管理に向いていません。仕事自体に興味がないと、情熱をもって働けないからです。

これは施工管理でなくても言えることです。

仕事を選ぶときは、興味をもてる仕事を選びましょう。

施工管理に向いてない人はあなたに向いてる仕事に転職しよう

もし施工管理に向いてなさそうなら、念のため他に向いてる仕事がないか探してみましょう。

向いてる仕事の探し方がわからない…

という人は、こちらの記事を参考にしてみてください。

あなたに向いてる仕事を見つける方法がわかります。

向いてる仕事がわからないときはキャリアアドバイザーに相談

自分に向いてる仕事がわからないときは、キャリアアドバイザーに相談してみましょう。

しっかりとヒアリングしてくれて、あなたに向いていそうな仕事の候補を挙げてくれます。

転職エージェントのキャリアアドバイザーは、無料で適職診断をしてくれます。さらに、あなたに向いてる仕事にフィットする求人も紹介してくれるので、情報収集に活用してみてください。

キャリアアドバイザーのスキルが高い転職エージェントは、こちらの記事で紹介しています。

施工管理へ転職したい人におすすめの転職エージェント

続いて施工管理へ転職したい人におすすめの転職エージェントを5社紹介します。

リクルートエージェント

リクルートエージェント
リクルートエージェントの特徴
  • 転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)
  • キャリアアドバイザーの提案力に定評がある
  • 公開・非公開を合わせて約70万件以上の求人を保有

 

『リクルートエージェント』は、転職支援実績NO.1の転職エージェント(※)です。
※2022年6月時点、厚生労働省「人材サービス総合サイト」における有料職業紹介事業者のうち無期雇用および 4ヵ月以上の有期雇用の合計人数(リクルート集計)

 

リクルートエージェントの注目すべき特徴は「キャリアアドバイザーの提案力に定評がある」点でしょう。

 

あなたの気づいていない価値を見つけ出し、活かせる転職先を紹介してくれ、採用担当者にあなたのことを売り込んだり、入社後の条件を交渉したりすることを得意としています。

 

サポート力には定評があるため、「自分自身を売り込むのが苦手」「年収などの条件交渉を代行してもらいたい」といった人におすすめです。

 

サービス名 リクルートエージェント
運営会社 株式会社リクルート
公開求人数 364,283件
非公開求人数 225,664件
おすすめポイント
  • 求人数の多さが売り
  • 質の高いキャリアアドバイザーがトータルサポート
  • 多くの転職者が給料アップを実現
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト
※求人数は2024年2月現在

 

【リクルートエージェントの口コミ・評判】

模擬面接を通して「何をメインに伝えたらよいか」「企業側はどういう考えか」など、本番の面接で役に立ったことを学べました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

職務経歴書の添削を丁寧にしていただき、各企業に精通した担当者からのアドバイスが、とても参考になりました。

引用元:ご利用者の声|リクルートエージェント

 

ビズリーチ

ビズリーチ
  • 特徴① 年収の高い求人情報に出会える
  • 特徴② ハイクラス向けの求人数を多く保有
  • 特徴③ ヘッドハンターからスカウトが届く

ビズリーチは、圧倒的な知名度があるためハイクラス求人が非常に多く、保有求人の3分の1以上が年収1,000万円を超えています。

 

ビズリーチを使った転職活動は2つあります。

 

1つは採用企業から直接スカウトを受けることです。採用企業と直接やり取りできるため効率よく活動を進められます。
もう1つは所属ヘッドハンターのサポートを受けて活動を進める方法です。

 

希望の条件を伝えることでより希望にマッチした求人を提案してもらえる場合や、職務経歴書の書き方や面接対策などのサポートを受けられる場合があります。

 

なお、ビズリーチは転職サービスでは珍しい有料のサービスです。


一部無料でも利用できますが、有料プランでないと使える機能が限られるため、本格的に転職を考えている場合は有料プランの利用を検討しましょう。

 

有料というとデメリットと捉えられがちですが、有料である分、掲載企業や提携コンサルタントの利益のみを追求したサービスになりにくいのが魅力です。

 

サービス ビズリーチ
運営会社 株式会社ビズリーチ
公開求人数 106,511件(※)
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • 高待遇の求人を多数保有
  • 質の高いスカウトが届く
  • 自分の市場価値を測れる
対応地域
全国、海外
公式サイト
(※)2024年2月時点

マイナビエージェント

マイナビエージェント
マイナビエージェントの特徴
  • 20~30代の転職に強み
  • きめ細やかなサポートに定評あり
  • 夜間・土曜日にも相談可能

 

マイナビエージェントは、はじめて転職する方におすすめの転職エージェントです。

 

キャリアアドバイザーの徹底したサポートに定評があり、ヒアリングに力を入れた面談を経て、希望条件に合う求人を紹介してもらえます。

 

応募書類の添削や模擬面接などにも対応してもらえるため、安心して転職活動に取り組めるでしょう。

 

保有求人数は7万件超(※1)あり、特に20~30代向けの求人を多く取り扱っています。

 

また、平日夜間は20:30まで、土曜日は9:30~17:30まで営業(※2)しているため、都合のいい時間に相談できることもメリットです。

 

(※1)2024年2月時点の求人数

(※2)店舗によって異なります。詳しい営業時間は各店舗に確認してください。

 

サービス名 マイナビエージェント
運営会社 株式会社マイナビ
公開求人数 53,661件(※1)
非公開求人数 16,211件(※1)
おすすめポイント
  • キャリアドバイザーにしっかり相談できる
  • はじめての転職活動でも安心の徹底したサポート
  • 夜間や土曜日に相談できる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国/海外
公式サイト

 

【マイナビエージェントの口コミ・評判】

大変お世話になり感謝しております。もし知り合いで転職を考えている方がいればぜひ紹介させて頂きたいです。大変お世話になりありがとうございました。初回の面談からしっかりと聞き取りいただき、合致する求人を紹介頂きました。こまめにフォローを頂き、質問に対すても素早く返答頂きました。また常に的確にハッキリと根拠に基づくアドバイスを頂き、とても頼りにさせて頂きました。ありがとうございました。

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

マイナビエージェントを利用させて頂いたことで、転職という自分の人生の転機に力になって頂き、非常に感謝しております。間違いなく自分ひとりでは何をしたら良いかもわからず、現職でただただ働き続けていて、動き出すことが出来ていなかったと思います。転職に際してどう動いたら良いかを丁寧に教えて下さり、より自分に合った求人をたくさん提供頂いたこと結果が、自身の満足のいく転職先の決定に繋がったと思っております。ひとりひとりにしっかり寄り添って提案頂けるとても良いサービスだと感じました。キャリアアドバイザーには初めてお会いしてから長い時間になりましたが、定期的に気にかけて下さり、私の希望条件もしっかり加味してフォローをして頂き、本当に感謝しております。

(後略)

引用元:転職成功事例|マイナビエージェント

 

建設・設備求人データベース

建設・設備求人データベース
  • 特徴① 1万6,000件以上の求人数
  • 特徴② 企業情報の提供に強み
  • 特徴③ 内定獲得のための手厚い転職サポート

建設・設備求人データベースは、施工管理・設備管理・設計などの正社員求人を取り扱う転職エージェントです。

さまざまな企業の求人の取り扱いがあり、約1万6,000件(※)の公開求人のほか、登録すると非公開求人の紹介も受けられます。

 

細かな企業情報の共有に強みがあり、待遇や社風のほか、受注実績や業界内での立ち位置、福利厚生、転勤・出張の有無などを一社ごとに詳しく教えてもらえるのが特徴です。

応募書類の作成や面接指導時にも、企業の採用傾向や理想とされる人物像、求められる経験などの情報をもとに、選考突破のためのアドバイスを受けられるでしょう。

 

入社後も安心して働き続けたい方におすすめのエージェントです。

 

※)2024年1月時点

 

サービス名 建設・設備求人データベース
運営会社 株式会社クイック
公開求人数 16,047件
非公開求人数 求人数のうち70%
おすすめポイント
  • 多くの求人から転職先を探したい人に
  • さまざまな条件から比較検討できる
  • 自信をもって書類選考・面接に臨める
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト
(※)2024年2月時点

 

施工管理の転職エージェント

施工管理の転職エージェント
  • 特徴① 働きやすさに注力する企業の求人のみを厳選
  • 特徴② 内定獲得まで寄り添う転職サポート
  • 特徴③ 年収600万円以上の求人多数

施工管理経験者向けの「施工管理の転職エージェント」は、転職によって労働環境や待遇の改善を実現したい方におすすめのエージェントです。

厳格な審査のもと、働きやすさに注力する企業の求人のみを取り扱っているので、理想に近い求人の紹介を受けられるでしょう。

 

2023年にスタートした新しいサービスではあるものの、運営会社の株式会社学情は20代の就職支援で豊富な実績があり、求職者に寄り添った就職サポートに定評があります。

履歴書・職務経歴書の添削や面接対策など、内定獲得のためのノウハウの共有にも期待できるはずです。

 

年収600万円以上の好条件の求人が充実しており、年収アップを実現できるかもしれません。

 

サービス名 施工管理の転職エージェント
運営会社 株式会社学情
公開求人数 非公開
非公開求人数 非公開
おすすめポイント
  • ブラック企業から転職したい人に
  • 施工管理の経験者の人に
  • 内定獲得まで手厚いサポートを受けられる
対応地域
東京、名古屋、大阪、福岡など全国
公式サイト

 

施工管理に向いている人の特徴10選

施工管理に向いている人の特徴も知りたいな。

結論、施工管理に向いている人の特徴は以下のとおりです。

施工管理に向いている人の特徴
  1. 情熱がある
  2. 観察力がある
  3. 頭の回転が速い
  4. 人に可愛がられる
  5. モノづくりが好き
  6. 論理的思考ができる
  7. ストレス耐性がある
  8. 物事を俯瞰的に見れる
  9. チームワークを活かせる

こちらもひとつずつ解説します。

情熱がある

情熱がある人は施工管理に向いています。

前述のとおり、施工管理は天候不良や予期せぬトラブルなど困難な状況が発生し、それを乗り越える必要があるからです。繁忙期は残業が増えたり、休日返上で働くこともあるでしょう。

こうした状態を乗り越えるためにも、情熱をもって働くことが大切です。そのため、情熱をもって物事に取り組める人は施工管理に向いています。

観察力がある

観察力がある人も施工管理に向いています。施工管理は細部に注意を向けて、問題点を見つけて解決していく仕事だからです。

たとえば、ヘルメットのアゴひもをしていない作業員がいた場合、すぐに気づき注意する必要があります。ヘルメットのアゴひもをしないと、ケガをする恐れがあるからです。

細かいことに気づける観察力がある人は、施工管理でやっていけるでしょう。

頭の回転が速い

施工管理は早く問題を把握して、解決策を提示する必要があるため、頭の回転が速い人も施工管理に向いています。

たとえば、発注した資材の種類や数が違った場合、早急に関連業者に連絡して正しい資材をそろえる必要があります。ここで時間がかかってしまうと、工事が遅れてしまいます。

そのため、普段から頭の回転が速い人は、施工管理で活躍できるでしょう。

人に可愛がられる

人に可愛がられる人も施工管理に向いています。特に職人さんに可愛がられると、職人さんとコミュニケーションを取りやすくなり、仕事が円滑に進みます。

人間関係が良好だと、納期など相談しにくいことも話しやすくなります。

年上に可愛がられる人や、人から好かれる人は施工管理の仕事をしやすいです。

モノづくりが好き

モノづくりが好きな人も施工管理に向いています。

そもそも施工管理はモノづくりの仕事だからです。モノづくりが好きであれば、建設物ができていく様子は楽しいものです。

前向きに仕事ができるため、施工管理でも大きな成果を出せるでしょう。

論理的思考ができる

施工管理は、問題が発生したときに論理的思考を使って、ひとつずつ問題解決していく必要があります。

以下のような論理的思考を普段からしている人であれば、施工管理でも活躍できます。

論理的思考ができる人の特徴
  • 逆算して考える
  • 仮説を立てて実行する
  • 行動した結果を分析する

そのため、論理的思考ができる人も施工管理に向いています。

ストレス耐性がある

ストレス耐性がある人も施工管理に向いています。お伝えしてきたとおり、施工管理はストレスがかかることがあるからです。

代表的な施工管理のストレス
  • 現場の人間関係に悩む
  • 繁忙期は残業が増える
  • 工事がスケジュールどおりに進まない

これまでにストレスがかかる状況を乗り越えてきた人は、施工管理でも活躍できるでしょう。

物事を俯瞰的に見れる

物事を俯瞰的に見れる人も施工管理に向いています。施工管理は現場を俯瞰的に見て、工事全体を進めていく仕事だからです。

ひとつのことに集中すると、工事全体のマネジメントができなくなってしまいます。

そのため、以下を俯瞰的に見て管理することが求められます。

  • 現場の安全
  • 工事の品質
  • 工事の予算
  • 工事のスケジュール

普段から物事を俯瞰的に見れる人は、施工管理でもやっていけるでしょう。

チームワークを活かせる

工事現場は単独で仕事をすることはなく、チームで動くため、チームワークを活かせる人も施工管理に向いています。

くりかえしですが、施工管理は現場の職人さんや作業員さんと協力しながら工事を進めます。

チームワークを活かして仕事をしたことがある人は、施工管理に向いているでしょう。

施工管理に向いている前職

ちなみに、以下の職種を経験している人は、施工管理に向いている可能性があります。

施工管理に向いている前職
  • 営業職
  • コンサルタント
  • システムエンジニア
  • プロジェクトマネージャー

先ほど紹介した「施工管理に向いている人の特徴」に合致するものが多いからです。

施工管理に向いている人の特徴
  1. 情熱がある
  2. 観察力がある
  3. 頭の回転が速い
  4. 人に可愛がられる
  5. モノづくりが好き
  6. 論理的思考ができる
  7. ストレス耐性がある
  8. 物事を俯瞰的に見れる
  9. チームワークを活かせる

施工管理への転職を検討してみましょう。

施工管理に転職するメリット5選

施工管理に挑戦してみようかな…!

施工管理に転職するメリットも知っておきたい。

結論、施工管理に転職するメリットは以下の5つです。

施工管理に転職するメリット
  1. 自分の仕事が形に残る
  2. 工事完了時の達成感が大きい
  3. スキルアップや資格取得で高年収を稼げる
  4. 転職が有利になる
  5. 今後も仕事が安定している

施工管理には多くのメリットがあり、とてもやりがいのある仕事です。こちらもひとつずつ解説します。

自分の仕事が形に残る

施工管理は、自分の仕事が形に残ります。

建設物は長く使われるため、自分の仕事が形になった姿を長く見られる魅力があります。

大規模工事を担当すると「地図に残る仕事」ができて、大きなやりがいを感じます。

工事完了時の達成感が大きい

工事が完了すると大きな達成感があります。

前述のとおり、工事はいくつもの困難を乗り越えるケースもあるでしょう。

現場で一緒に働いてくれた職人さんたちと完成を喜び合えるのも、大きな魅力です。

スキルアップや資格取得で高年収を稼げる

施工管理は、スキルアップや資格取得で高年収を稼げます。特に1級の施工管理技士を取得すると、年収が上がりやすいです。

くりかえしですが「施工管理技士」とは、施工管理の国家資格です。

1級と2級があり、1級は大規模な現場を担当できて、大手ゼネコンに転職できる可能性もあります。1級の施工管理技士を取得して、大手ゼネコンで働くと、年収1,000万円以上を稼ぐ施工管理もいます。

高い年収を稼ぎたい人は、施工管理でスキルアップ+資格を取得していきましょう。

転職が有利になる

施工管理で経験を積んでいくと、転職が有利になります。どこも施工管理が不足しているからです。

特に施工管理技士の資格があると、主任技術者や監理技術者など現場に配置が必要な責任者になれるため、転職はかなり有利です。1級の施工管理技士を取得すれば、大手ゼネコンに転職できる可能性もあります。

転職先に困りたくない人や、手に職をつけたい人にも施工管理はおすすめです。

今後も仕事が安定している

施工管理は今後も仕事が安定しています。

そもそも建設物がなくなることは考えにくく、建設物がある限りは施工管理が必要です。

また、以下のような工事も控えているため、今後も仕事は安定しているでしょう。

  • 大阪万博
  • 災害復旧
  • リニア新幹線
  • 社会インフラの補修工事

今後も長く安定して稼ぎたい人は、施工管理に転職してスキルアップしていきましょう。

未経験で施工管理に転職する方法

未経験で施工管理に転職してみたいけど、どうやって転職すればいいの?

結論、以下で未経験者向けの求人を探しましょう。

  • 転職サイト
  • 転職エージェント
  • ハローワーク

どれで求人を探せばいいかは人によって変わるので、あなたに合うもので求人を探しましょう。ひとつずつ解説していきます。

転職サイトで求人を探して応募する

転職サイトで、未経験者向けの施工管理の求人を探すことができます。

メリットたくさんの求人情報を見れる
デメリット一人で転職活動しなければいけない
転職サイトが合う人転職活動に慣れている人

おすすめの転職サイトはこちらの記事にまとめたので、登録して求人を見てみましょう。

転職エージェントに求人を紹介してもらう

「転職エージェント」とは、転職する人と企業をマッチングしてくれるサービスです。

転職する人は無料で利用できます。未経験者向けの施工管理の求人も紹介してくれるので、活用してみましょう。

メリット・プロのキャリアアドバイザーが転職をサポートしてくれる
・あなたに合う求人を絞って紹介してくれる
デメリット求人を絞って紹介されるので、たくさんの求人を見れない
転職エージェントが合う人転職活動に慣れていない人

おすすめの転職エージェントはこちらの記事にまとめたので、無料で登録して求人を見せてもらいながら考えていきましょう。

ハローワークで求人を探して応募する

ハローワークでも施工管理の求人が出ていることがあります。

メリット地方の中小企業の求人が多い
デメリット無料で求人を出せるので、資金力がない企業の求人も混ざっている
ハローワークが合う人地方の中小企業に転職したい人

近くのハローワークを検索して、求人情報を見にいってみましょう。

施工管理でよくある質問

最後に、施工管理でよくある質問に答えていきます。転職の参考にしてみてください。

施工管理と現場監督の違いは?

明確な違いはありません。会社によって呼び方が違うケースが多いです。

以下はあくまで一例ですが参考に

施工管理現場監督
時代最近昔から
資格の有無施工管理技士あり施工管理技士なし
事務作業の有無ありなし
企業規模大企業中小企業

おとなしい人でも施工管理はできる?

できます。事実、おとなしい施工管理の人もいます。

おとなしくても、適切に仕事ができれば問題ありません。

施工管理に転職するのに資格は必要?

資格は不要です。

前述のとおり、施工管理向けの資格に「施工管理技士」がありますが、実務経験がないと受験できません

そのため、まずは無資格×未経験で転職して、実務経験を積んだら施工管理技士を取得すればOKです。

施工管理技士にはどんな種類があるの?

施工管理技士の資格には、以下の7種類があります。

施工管理技士の種類
  1. 建築施工管理技士
  2. 土木施工管理技士
  3. 造園施工管理技士
  4. 管工事施工管理技士
  5. 電気工事施工管理技士
  6. 電気通信工事施工管理技士
  7. 建設機械施工管理技士

それぞれ1級と2級があり、1級は大規模現場の責任者になれます。

施工管理一年目の年収は?

会社によりますが、300万円台のところが多いです。

その後、経験を積んだり、施工管理技士を取得していくと年収が上がります。

施工管理のきついところは?

一般的に言われる「施工管理のきついところ」は、以下のとおりです。

  • 残業が多い
  • 休みが少ない
  • 暑い・寒い
  • IT化が遅れている
  • 工期が厳しいことがある
  • トイレが汚いことがある

どんな仕事でもきついところがあるものですが、当然ながら施工管理にもきついところがあります。

ですが、前述のとおり、以下のメリットもあります。

施工管理に転職するメリット
  1. 自分の仕事が形に残る
  2. 工事完了時の達成感が大きい
  3. スキルアップや資格取得で高年収を稼げる
  4. 転職が有利になる
  5. 今後も仕事が安定している

きついところとメリットを理解した上で、転職を検討してみてください。

施工管理の意外と楽なところは?

問題なく工事が進んでいると、楽に感じるときがあります。

また、大手は働き方改革が進んでいるため、そこまで厳しくない環境で働けることがあるでしょう。

施工管理はサービス残業が多いの?

会社によります

ただし、前述のとおり2024年から残業規制が始まるため、サービス残業は減っていくでしょう。

【参考記事】厚生労働省|建設業 時間外労働の上限規制 わかりやすい解説

施工管理にもホワイト企業がある?

あります

くりかえしですが、大手は働き方改革を実施しており働きやすいです。中には、週休2日で残業がない施工管理もあります。

文系や高卒でも転職できる?

できます

施工管理は不足しているため、文系出身者や高卒でも転職しやすいです。

施工管理は女性にはきつい?

確かに体力的にきついことはあるでしょう。ですが、女性の施工管理で働いている人もたくさんいます

コミュニケーション能力の高さ、きめ細やかさなど、女性の施工管理も活躍できます。

まとめ|施工管理職の向き不向きを確認してから転職しよう

施工管理に転職を考える人は、さっそく転職活動を始めましょう。まずは、どんな求人があるかチェックしてみてください。

くりかえしですが、未経験者向けの施工管理の求人は以下で探せます。

  • 転職サイト
  • 転職エージェント
  • ハローワーク

おすすめの転職サイトと転職エージェントは、こちらの記事にまとめたので、登録して求人を見てみましょう。

また、施工管理に向いてなさそうな人は、あなたに向いてる仕事を探してみてください。自分に向いてる仕事がわからないときは、キャリアアドバイザーにも相談してみましょう。ヒアリングしてくれて、あなたに向いていそうな仕事を紹介してくれます。

転職エージェントのキャリアアドバイザーは、無料で適職診断を受けられます。さらに、あなたに向いてる仕事にフィットする求人も紹介してくれるので、情報収集に活用してみてください。

適職診断に強い転職エージェントは、こちらの記事で紹介しています。

まずは転職に向けて一歩を踏み出してみましょう。あなたの今回の転職活動がうまくいくことを祈っています!

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。