フリーランスのWebライターになるには?未経験向けに年収など解説

編集者
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

好きな場所・好きな時間で働けるフリーランスWebライターという仕事に興味がある方も多いでしょう。

フリーランスでWebライター業務をこなしている方であれば、誰でもWebライターを名乗ることができます。

しかし、Webライターを始めるにあたって然るべき準備をしなければ、フリーランスとして失敗する可能性もあるかもしれません。

この記事では、フリーランスWebライターになる方法や案件獲得のポイントなどを解説します。

目次

そもそもフリーランスWebライターとは?

フリーランスWebライターとは、インターネット上のコンテンツ制作に関わるライティング業務を自由業として行う職種を言います。

多様なメディアや企業からの案件に応じて、記事執筆やコンテンツ作成、SEO対策を含むテキスト制作など幅広い仕事を手がけます。

Webライターには、専門性や文章力、リサーチ能力が求められます。

また、AIの活用など、デジタル環境の変化に柔軟に対応する必要があるでしょう。

フリーランスWebライターの仕事内容

フリーランスWebライターの主な仕事内容は、クライアントから依頼されたテーマに基づく記事やコンテンツの作成です。

SEO対策を意識したブログ記事、企業のプロモーション資料、商品のレビュー、専門的な知識を要する解説記事など、ジャンルは多岐にわたります。

Webライターは、指定されたKWに対する情報収集やリサーチを行い、読者に価値ある内容を提供するための文章を構築します。

また、クライアントの要望に応じて納期や文章のスタイルに柔軟に対応する能力も重要となるでしょう。

フリーランスWebライターの平均年収

フリーランスWebライターの平均年収は、経験やスキル、取り組む案件の量や質に大きく依存します。

フリーランス白書によると、2019年の調査ではフリーランスライターの32%が年収200万円未満とされています。

また、26.9%が年収200〜400万円未満と回答していることから、フリーランスライターの半数以上が年収400万円未満であるといえそうです。

なお、初心者では年収200万円程度からスタートすることが多く、実績や専門性を高めることで年収500万円以上を目指すことも可能でしょう。

中には、高い文章力やSEO知識を持ち、継続的な案件を獲得することで、年収1,000万円を超えるフリーランスも存在します。

フリーランスWebライターとして働くメリット

フリーランスとしてWebライター業務に従事することには、多くのメリットがあります。

【関連記事】副業でWEBライターを始めるメリットは?初心者が副業を始める方法や稼ぐコツを解説

ライターの仕事は案件が多い傾向にある

Webライティングの需要は年々増加しており、フリーランスライターにとって案件は豊富です。

特にSEO対策を意識した記事作成や専門性を要するテーマに関する執筆は、常に高い需要があります。

クラウドソーシングサイトやライター専門のエージェントを通じて、多様な業界やテーマに関する仕事を見つけることが可能です。

場合によっては会社員より稼げる

フリーランスWebライターとしての収入は、スキルと経験に応じて大きく変動します。

高い専門性や独自の視点を持つライターは、単価が高い案件を獲得しやすく、一定の実績を築けば、会社員と比較して高い収入を得る可能性があります。

さらに、時間管理や作業の効率化を行い、複数の案件を同時にこなすことで、収入の最大化を目指すことができます。

自分の好きな働き方ができる

フリーランスとして働く最大の魅力は、自分のライフスタイルに合わせた働き方を実現できる点にあります。

自宅やカフェ、旅行先など、インターネット環境さえあればどこでも仕事ができ、仕事とプライベートのバランスを自分で調整することが可能です。

また、自分が得意とする分野や興味を持つジャンルの案件を選ぶことで、仕事の充実感を高めることもできます。

フリーランスWebライターとして働くデメリット

フリーランスとしてWebライター業務に従事することには、デメリットも伴います。

収入が不安定なケースもある

フリーランスライターの収入は案件の量や単価に左右されるため、特に初心者の段階では収入が不安定になることがあります。

案件の獲得が困難な時期や、季節による仕事量の変動により、月収が一定しないケースもあるでしょう。

このため、安定した収入を得るためには、複数のクライアントとの関係を構築し、継続的な案件を確保する努力が必要です。

修正対応で時間が必要な場合がある

フリーランスWebライターは、クライアントの細かい要望に応じた修正が求められることが多く、これには予想以上に時間がかかることがあります。

特に、SEO対策や専門性の高い内容を要する記事では、詳細なリサーチや表現の工夫が必要となり、一つの記事に多大な時間を費やすことも珍しくありません。

こういった作業は、時間管理やスケジュール調整に影響を及ぼし、結果として他の案件に影響を及ぼす可能性もあります。

稼げるようになるまで時間がかかる

フリーランスWebライターとして高い収入を得るまでには、時間がかかることを理解する必要があります。

文章力や専門性、クライアントとの信頼関係構築など、高収入を得るために必要なスキルや実績を築くには、一定の努力と時間が要求されるからです。

特に未経験からスタートする場合、初期の低い単価を乗り越え、実績を積み重ねることで徐々に単価を上げていく必要があります。

【未経験必見】初心者がフリーランスWebライターになる手順

未経験や初心者がフリーランスWebライターとして成功するためには、段階的なアプローチが重要です。

ライティングに必要なスキルをつける

Webライティングには、優れた文章力、正確な情報収集とリサーチ能力、SEOに関する基礎知識などが求められます。

このスキルは、オンライン講座の受講、専門書の学習、または独学による情報収集を通じて身につけることができます。

初心者は、基礎から応用まで段階的に学び、実践を通じてスキルを磨くことが重要です。

クラウドソーシングでライターとして案件を受ける

スキルの習得後、実践の場としてクラウドソーシングサイトの利用が有効です。

ランサーズやクラウドワークスなどのプラットフォームでは、多様なジャンルのライティング案件が掲載されており、初心者でも応募が可能です。

ここでの経験は、実際の案件に取り組むうえでの実践的な学びとなり、実績の構築にも繋がります。

実績を作り継続案件を受ける

初めての案件を成功させた後は、その経験をもとにさらなる案件を受注し、実績を積み重ねることが重要です。

質の高い記事を納品し、クライアントからの評価を高めることで、継続的な仕事の依頼が増える傾向にあります。

ポートフォリオの構築や、クライアントとの良好な関係維持も、継続案件を獲得する上での鍵となります。

Webライターとして収入アップの工夫をする

フリーランスライターとしての収入を増やすためには、執筆スピードの向上、より高単価の案件への挑戦、自身の専門性や独自の視点を生かした記事の提供などが有効です。

また、マーケティングや編集スキルを身につけることで、より幅広い案件に対応可能となり、収入源を多様化することも可能です。

フリーランスWebライターとして独立する

一定の実績と経験を積んだ後は、フリーランスとしての独立を目指します。

これには、自身のブランド構築、独自のクライアントネットワークの構築、そして事業としての運営能力が必要です。

独立に際しては、確定申告や税務処理などの事務作業も自己管理する必要があります。

自分の強みや得意分野を活かしつつ、安定した収入を確保し、自由な働き方を実現することが独立の鍵となります。

フリーランスWebライターとしてスキルを身に着ける方法

フリーランスWebライターとして成功するためには、必要なスキルの習得が不可欠です。これには、実務経験の積み重ね、継続的な学習、そして実践的な練習が含まれます。

本業と並行して副業としてライターを始める

本業を持ちながら副業としてWebライティングを始めることは、リスクを最小限に抑えつつスキルを身につける良い方法です。

実際の案件を通じてライティングスキルや業界の理解を深めることができ、徐々にフリーランスとしてのキャリアを構築することが可能です。

Webライターを募集している企業に就職する

Webライティングに特化した企業に就職することも、スキルの習得に役立ちます。

企業での勤務は、記事作成のプロセス、クライアント対応、SEOなどの専門知識を身につける絶好の機会を提供します。

また、チームでの仕事は、コミュニケーション能力や協働スキルの向上にも寄与します。

個人ブログで執筆の練習をする

自分のブログを持ち、定期的に執筆することは、スキルアップに非常に効果的です。

ブログでは自分の興味や専門分野に基づいた内容を自由に書くことができ、読者の反応を直接見ることができます。

この経験は、文章力の向上だけでなく、読者の興味をひく内容の企画や構成能力の向上にもつながります。

フリーランスWebライターが高収入を目指すには

フリーランスWebライターとして高収入を得るためには、いくつかの重要なポイントがあります。

【関連記事】Webライターで高年収を稼ぐ方法とは?月収50万円を達成するために必要なこと

文章力をあげる

高い文章力は、フリーランスWebライターにとって最も重要なスキルです。

魅力的で読みやすい内容を提供することで、読者の関心を引き、クライアントからの評価も高まります。

定期的な執筆練習や、他の優れたライターの作品を読むことで、文章力を向上させることができます。

執筆スピードをあげる

執筆スピードを上げることは、効率的な仕事の進行と収入アップに直結します。

タイピング速度の向上、効率的なリサーチ方法の習得、テンプレートの使用などにより、より多くの案件をこなすことが可能になります。

自身の専門性を高める

特定の分野における専門性を高めることで、高単価の案件を獲得しやすくなります。

特定の分野に精通することで、その分野の専門ライターとしての地位を確立し、クライアントにとって代替不可能な存在となることができます。

この専門性は、特定の業界知識や特定のテーマに関する深い理解を通じて培われます。

編集スキルやマーケタースキルを身に着ける

ライティングだけでなく、編集スキルやマーケタースキルを身につけることも重要です。

これらのスキルは、記事の質を高め、より効果的なコンテンツを作成するのに役立ちます。

また、マーケティングの観点からコンテンツを考えることで、クライアントのビジネス目標に貢献し、より価値の高いサービスを提供できるようになります。

フリーランスWebライターにおすすめのエージェント

フリーランスWebライターとして活躍するためには、案件の獲得が重要です。

このため、適切なエージェントの利用が効果的です。

【関連記事】フリーランスにおすすめエージェント16選|口コミ・評判を比較

ランサーズエージェント

ランサーズエージェント

ランサーズエージェントは、しっかり稼げるような高単価案件の紹介を得意としているエージェントサービスです。

ランサーズのグループ内60万社と連携しているため、高単価の案件が見つけやすく、基本元請け直案件となります。

ライティングの案件としては、週1稼働から週5稼働まで揃っており、私生活とバランスをとって働くことも可能でしょう。

レバテッククリエイター

レバテッククリエイター

レバテッククリエイターは、ライティングの求人や案件を扱うクリエイター特化のエージェントサービスです。

Web・ゲーム業界のクリエイター専門のフリーランスエージェントとされていますが、ライティングの案件も扱っています。

レバテッククリエイターに登録すると、担当者があなたの希望の労働条件や単価条件などをもとに受注まで徹底的にサポートしてくれるでしょう。

案件を受注した後も、レバテッククリエイターの担当者があなたの専任としてつき、定期的なコミュニケーションの場を提供してくれます。

WEBライターとしての仕事やキャリアに少しでも不安がある場合には相談してみましょう。

フリーランスWebライターについてよくある質問

フリーランスWebライターとして活動する上で、よくある質問について解説します。

確定申告する必要はある?

フリーランスWebライターとして収入を得た場合、年間の所得が一定額を超えると確定申告が必要になります。

これは税務上の義務であり、正確な収入の申告と税金の納付が求められます。基本的に年間所得48万円が確定申告が必要かどうかを確認する必要があります。

確定申告の方法や必要な書類については、税務署や税理士などの専門家に相談することが推奨されます。

納品した記事の著作権はどうなる?

納品した記事の著作権は、通常、クライアントに帰属します。

これは、契約内容や仕事の性質によって異なる場合がありますが、多くの場合、ライターが作成した記事の権利はクライアントに譲渡されることが一般的です。

著作権に関する取り決めは契約時に明確にすることが大切です。

1記事執筆するのにどのくらいの時間がかかる?

記事の執筆にかかる時間は、記事の長さ、内容の複雑さ、リサーチが必要な程度によって大きく異なります。

一般的なブログ記事であれば数時間から1日専門的な内容や詳細なリサーチが必要な場合はそれ以上の時間が必要になることもあります。

効率的な執筆技術の習得と経験の積み重ねにより、時間短縮を図ることが可能です。

最後に|未経験でもフリーランスWebライターになれる!

フリーランスWebライターとして活躍するためには、スキルの習得、適切な案件の選択、継続的な学習と実践が不可欠です。

メリットとデメリットを理解し、自分に合った働き方を見つけることが成功への鍵です。

また、専門性を深め、編集やマーケティングのスキルを身につけることで、収入の向上を目指すことができます。

これらのポイントを踏まえつつ、フリーランスWebライターとしてのキャリアを築いていくことが重要です。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。