管理栄養士の給料・年収はどのくらい?職種や職場別に比較して紹介!

編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

管理栄養士として働いているご自身の給料が、業務内容や役職に適正であるか気になる方も多いのではないでしょうか。

管理栄養士の給料の相場は、平均月給27万円、平均年収は350万円~450万円といわれています。

この記事では、管理栄養士の職種ごとの給料や年収アップの方法について解説します。

参考:厚生労働省「令和2年賃金構造基本統計調査」

あわせて読みたい
栄養士におすすめの転職エージェント比較ランキング|役立つ資格や転職先も紹介 転職エージェントは、コンサルタントの経験や知識、ネットワークを活かして適切な求人案件を提案してくれるため、栄養士の転職において非常に役立ちます。 一方、転職サ...
あわせて読みたい
栄養士におすすめの転職サイト比較ランキング|キャリアアップできる転職先も紹介 栄養士が求められる業界や職場は幅広く、キャリアやスキルアップのために、また、現在の待遇や給与面も改善したいなどの理由で、転職を考えている方もいるのではないで...
目次

管理栄養士の給料・平均年収はどのくらい?|全職種・栄養士と比較

管理栄養士は、栄養士と比較するとより高度な知識や業務が求められます。

厚生労働省によると、管理栄養士の年収は栄養士よりもおおよそ50万円~150万円ほど高くなる傾向にあります。

また、管理栄養士の給料は、全職種と比べると比較的高い水準であるようです。

職種平均年収
管理栄養士322万円~500万円
栄養士280万円~410万円
全職種443万3000円
厚生労働省「令和3年賃金構造基本統計調査」

管理栄養士の給料・平均年収

厚生労働省の調査によると、管理栄養士の平均月給は27万円、ボーナスや手当も含めた平均年収だと350万円~450万円ほどとなるようです。

ただし、管理栄養士は様々な場所で幅広い業務に携わるため、それぞれの労働環境によって給与も変わります

施設名平均年収
病院450万円
介護施設341万円
保育園380万円
行政施設600万円
食品メーカー550万円
給食センター400万円
※マイナビコメディカル掲載求人、厚生労働省「令和3年賃金構造基本統計調査」

病院

病院で働く管理栄養士の平均年収は、公的データによると約450万円です。

病院の規模や地域によっても変動しますが、管理栄養士としての専門性を活かし、献立作成や栄養指導などの業務を行います。

大きな病院や専門病院では、給与が高めに設定されている傾向があります。

介護施設

介護施設での管理栄養士の平均年収は約341万円と、病院よりやや低めです。

しかし、高齢化社会の中でのニーズは増加しており、給与アップの可能性も秘めています。具体的な業務としては、高齢者の食生活の管理や栄養指導を行うことが主となります。

保育園

保育園で働く管理栄養士の平均年収は約380万円です。

子どもたちの健やかな成長をサポートするため、食育の指導や献立作成が主な仕事内容となります。

また、保育園の規模や経営形態によって給与にばらつきが見られる場合があります。

行政施設

行政施設、特に保健所や保健センターに勤務する管理栄養士の年収は、平均で約600万円と高めです。

公務員としての安定した待遇や賞与、福利厚生が魅力となっています。業務内容としては、地域住民への栄養指導や食生活の啓発活動が中心となります。

食品メーカー

食品メーカーに勤務する管理栄養士の平均年収は、約550万円程度です。

新商品の開発や品質管理など、専門的な知識を活かした業務が求められます。大手メーカーでは、給与や待遇が良好な場合が多いです。

給食センター

給食センターでの管理栄養士の年収は約400万円程度です。

大量の食事を提供する中での献立作成や品質管理が主な業務となります。

しかし、求人の需要は高く、転職を考える際の一つの選択肢として考えられます。

行政(公務員)と民間企業だと管理栄養士の給料に差がある理由

行政機関(例えば保健所)で働く管理栄養士と、民間企業での給料には一般的に差が見られます。公務員としての安定した雇用環境や、制度上の賞与、福利厚生などが影響しています。

一方、民間企業では経営状況や業績に応じて給与が変動するため、平均的な年収が公務員より低くなることもあるようです。

しかし、実績や能力を正当に評価される場が多いため、高収入を得るチャンスも広がっています。

管理栄養士の平均年齢・月給・賞与の比較

管理栄養士の平均年齢は、厚生労働省の調査によると20代後半~30代初めとされています。

この年齢層は経験を積み、専門性が高まる時期であり、月給や賞与も上昇する傾向があります。

特に賞与に関しては、勤務先の経営状況や業績、さらには職種や勤務地域によっても大きく差が出ることがあります。

管理栄養士栄養士
平均年齢36歳35歳
平均月給26.9万円24万円
平均賞与107万円57.4万円
平成30年賃金構造基本統計調査」(厚生労働省)

管理栄養士の平均年収の推移

20代の管理栄養士の平均年収は約380万円、30代で420万円、40代で460万円と、経験とともに徐々に上昇します。

しかし、キャリアアップや専門性の向上によって、更なる給与アップを目指すことも可能でしょう。

左右にスライドできます
年代平均年収平均月給平均ボーナス
20歳~24歳279万円20.7万円30.5万円
25歳~29歳325万円22.5万円55.6万円
30歳~34歳348万円24.1万円59.3万円
35歳~39歳358万円 24.7万円62.3万円
40歳~44歳386万円26.2万円72.4万円
45歳~49歳402万円27.0万円78.2万円
50歳~54歳412万円27.6万円81.5万円
55歳~59歳422万円28.1万円85.3万円
参考:求人ボックス

管理栄養士の平均年収を雇用形態で比較

正規雇用の管理栄養士の平均年収は、派遣社員やアルバイトと比較して一般的に高くなっています。

特に、大手民間企業や公務員としての雇用は、給与や待遇が良好であるため、平均年収が高くなる傾向があります。

雇用形態平均年収
正社員321万円
アルバイト・パート175万円
(時給:1,042円)
派遣社員205万円
(時給:1,222円)
参考:求人ボックス

管理栄養士が給料をアップさせる方法

管理栄養士が給料アップをするためには、転職や資格取得が主な対策となるでしょう。

関連資格を取得して専門性を高める

専門的な知識や技術を持つことは、給料アップの大きな要因となります。国家資格やその他の資格取得により、より高度な業務に従事することで、給与の向上が期待できます。

資格の例として、ケアマネジャーや専門管理栄養士が挙げられます。そのほかにも、公認スポーツ栄養士、栄養教諭、フードコーディネーター、食育インストラクター、食生活アドバイザー、調理師などがあります。

ご自身の職場や興味に応じて、取得するスキルを考えてみると良いかもしれません。

参考:公益社団法人 日本栄養士会

公務員を目指す

前述の通り、公務員としての雇用は安定しており、給与や福利厚生が充実しています。管理栄養士としての公務員の求人も多く、転職を検討する際の一つの選択肢として考えられます。

管理栄養士が公務員として働く場合、学校栄養士、行政栄養士、栄養系技官、病院栄養士が挙げられます。

公務員の採用試験に合格する必要があるため、それなりに難易度は高い選択肢かもしれません。

より待遇の良い環境に転職する

給与が低い場合やキャリアアップを望む場合、転職を検討することも一つの方法です。転職市場の動向や、求人の条件をしっかりとチェックすることで、自分に合った職場を見つけることができます。

待遇をよくしたい場合には、給料交渉を行ってくれる転職エージェントに登録することをおすすめします。

給与アップを希望する管理栄養士におすすめの転職エージェント

年収アップを目指したい管理栄養士におすすめの転職エージェントを紹介します。

栄養士人材バンク

栄養士人材バンク
栄養士人材バンクの特徴
  • 栄養士の転職に特化
  • 全国の求人を網羅
  • 専任のコンサルタントが転職をサポート
  • 運営会社が上場企業なので安心
  • 登録・利用は完全無料

栄養士の転職に特化している栄養士人材バンクは、栄養士の転職に特化した会社です。そのため、栄養士の転職に必要な情報やノウハウを豊富に持っています。

また、全国の求人を網羅しているため、大都市圏以外に住んでいる方も安心して利用できます。さらに、専任のコンサルタントが転職をサポートしてくれるため、求職者の希望や条件を理解し、それに合った求人を紹介してくれるでしょう。

対応エリア 日本全国
公開求人数 非公開
公式サイト https://ejb.eichie.jp/
2023年11月時点

栄養士ワーカー

栄養士ワーカー
栄養士ワーカーの特徴
  • 転職成功者数は年間約30,000人(※)
  • 栄養士専門のアドバイサーが対応
  • 面接対策や条件交渉をしっかりサポート

※【参考記事】栄養士ワーカー トライトグループ合計 20204月~20213月実績

栄養士ワーカーは、全国の求人を掲載しており、多くの求職者が転職に成功しています。

栄養士専門のアドバイザーが面接対策や条件交渉もおこなうため、転職が初めての方でも安心して利用できるでしょう。

対応エリア 日本全国
公開求人数 9,957件
公式サイト https://eiyoushi-worker.com/
2023年11月時点

レバウェル栄養士

レバウェル栄養士
レバウェル栄養士の特徴
  • 栄養士に特化
  • キャリアアドバイザーが丁寧にカウンセリング
  • 給与や勤務時間の相談も可能
  • 職場の雰囲気を教えてくれる

レバウェル栄養士は、栄養士や管理栄養士の求人が豊富であり、キャリアアドバイザーのサポートも充実しています。

給与や勤務時間の相談も可能なので、年収をアップさせたい方やフレックスを希望する方なども、条件に合った転職先を見つけられる可能性が高まるでしょう。

また、職場の雰囲気について事前に知ることができるのため、特に人間関係のトラブルを避けたい方や働きやすさを重視している方におすすめします。

対応エリア 日本全国
公開求人数 非公開
公式サイト https://levwell.jp/profession/rd/
2023年11月時点

栄養士転職ナビ

栄養士転職ナビ
栄養士転職ナビの特徴
  • 栄養士に特化
  • 全国の求人を網羅
  • コンサルタントの手厚いサポートが受けられる
  • 検索条件を細かく設定できる
  • コラム記事で有益な情報が得られる

栄養士転職ナビは、栄養士や調理師に特化している転職サイトであり、コンサルタントの手厚いサポートが特徴です。

全国の求人を網羅しており、また、検索条件を細かく設定できるため、転職が初めての方でも希望の転職先を見つけやすいといえるでしょう。

また、公式サイトに掲載されているコラム記事の内容が充実しているため、うまく利用することで有益な情報が得られる可能性があります。

対応エリア 日本全国
公開求人数 9,986件
公式サイト https://eiyoushi-tensyoku.com/
2023年11月時点

しんぷる栄養士

しんぷる栄養士の特徴
  • 栄養士に特化した転職支援サービス
  • 求職者に寄り添った転職サポートに特徴あり
  • 一都三県で転職したい方におすすめ

しんぷる栄養士は、栄養士に特化した転職支援サービスです。一都三県の求人を中心に取り扱っており、保育園、病院、介護施設など、さまざまな施設の求人を紹介してもらえます。

求人提案の際には、職場の雰囲気や上司の人柄などの詳しい情報の共有も受けられるため、入職後のギャップを最小限に抑えられるはずです。

登録すると、一人ひとりに専属の担当者がつき、きめ細やかなヒアリングがおこなわれます。転職に対する求職者の思いをもとに、希望のキャリアプランに寄り添ったアドバイスをしてもらえるのが特徴です。

サポートは基本的に電話・LINEで実施されるため、忙しい栄養士にもおすすめのサービスといえるでしょう。

対応エリア東京、神奈川、千葉、埼玉が中心
公開求人数非公開
公式サイトhttps://simple-eiyoushi.com/entry/sp_92/
※2023年11月時点

管理栄養士の給料は職種によって異なる|給料が低い場合は転職も検討しよう

管理栄養士としての業務は多岐にわたります。そのため、職種や勤務地によって給与に大きな違いが生まれることがあります。

自身のキャリアや収入を考える上で、転職を検討することも大切です。特に、転職活動を通じて、待遇や職場環境を改善するチャンスが広がるでしょう。

転職に興味がある方は、転職エージェントに登録して転職活動を有利に進めていきましょう。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。