管理栄養士の就職先おすすめランキング|自分に合った職場の選び方や転職時のポイントも解説

編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

国家資格である管理栄養士の就職先は多岐にわたります。飲食業界や食品関連の企業以外にも、さまざまな業界が栄養管理や食育に関する知識をもつ、管理栄養士の人材を求めています。

本記事では、管理栄養士の資格を活かせるおすすめの職場や職種を紹介します。これから管理栄養士として転職や就職活動を予定している方は、参考にしてください。

あわせて読みたい
栄養士におすすめの転職エージェント比較ランキング|役立つ資格や転職先も紹介 転職エージェントは、コンサルタントの経験や知識、ネットワークを活かして適切な求人案件を提案してくれるため、栄養士の転職において非常に役立ちます。 一方、転職サ...
あわせて読みたい
栄養士におすすめの転職サイト比較ランキング|キャリアアップできる転職先も紹介 栄養士が求められる業界や職場は幅広く、キャリアやスキルアップのために、また、現在の待遇や給与面も改善したいなどの理由で、転職を考えている方もいるのではないで...
目次

管理栄養士の主な就職先と業務内容

管理栄養士の就職先ランキングを紹介したところで、ここからは主な就職先や就職先別の業務内容を詳しく解説します。

管理栄養士の主な就職先
  • 病院
  • 保健所・保健センター
  • 学校・給食会社
  • 福祉・介護施設
  • 大学や食品メーカーの研究機関
  • スポーツ施設
  • 美容施設
  • フリーランス

それぞれの就職先でどのような業務を担うのか、どのようなやりがいがあるかを見ていきましょう。

病院

健康増進法や医療法によって管理栄養士の配置が義務付けられている病院があるほか、NSTと呼ばれる管理栄養士を含む栄養サポートチームを設置する病院が増えてきました。

病院における管理栄養士の業務内容は、大きく分けて給食部門と臨床部門の2つに分類されます。

病院における管理栄養士の業務内容

給食部門臨床部門
・入院患者の献立作成
・食材の発注、食札の作成、行事食の準備
・調理指導
・食事アンケートの実施など
・栄養管理計画書の作成
・栄養指導(外来・入院)
・NST委員会の運営や回診
・生活習慣病教室の開催
・摂食嚥下機能評価など

病院を含む医療業界における管理栄養士の役割は、患者一人ひとりに合わせた栄養管理と栄養指導です。

給食部門では、栄養面だけでなく、患者一人ひとりに合わせて味付けや調理方法を工夫しながら準備を進めます。入院患者だけでなく、外来患者の栄養指導も管理栄養士に託された業務のひとつです。

医師や看護師、患者や患者の家族など、さまざまな人たちと交流する機会が多いことから、コミュニケーション能力に長けた方に向いている仕事といえるでしょう。人の命に直結する現場での仕事は大きな責任をともないますが、その分、大きなやりがいも感じられます。

保健所・保健センター

管理栄養士は、地域の保健所や保健センターに就職することも可能です。

保健所や保健センターは行政機関であり、これらの施設で勤務する管理栄養士を行政栄養士と呼びます。

保健所や保健センターでは、地域住民を対象にした業務が中心です。乳幼児から後期高齢者まで幅広い年代の住民たちの健康づくりをサポートします。

地域と地域の人たちの健康づくりに貢献したい方に向いている就職先といえるでしょう。

保健所・保健センターにおける管理栄養士の業務内容
  • 食を通じた社会環境の整備
  • 地域住民を対象とした栄養相談会や健康増進を目的としたセミナーの開催
  • 給食施設の指導
  • 栄養調査の実施
  • 飲食店の業務許可
  • 高齢者向け食品やアレルギー対応食品の提供 など

行政栄養士は、地域住民の健康増進するためのイベント、健康上問題や課題を抱えた住民向けの栄養相談会を開催します。

そのほかにも、地域において飲食店の衛生環境のチェックや給食施設の栄養管理指導など、食環境の整備も実施しています。

ただし、保健所や保健センターで行政栄養士として活躍するためには、国家公務員、もしくは地方公務員の採用試験を受けて合格しなければなりません。

学校・給食会社

管理栄養士が教育業界で活躍できる就職先として、学校や給食会社(給食センター)があります。

学校や給食会社では、子どもたちの健康維持と成長を考慮した献立を考えるため、子どもが好きな方や教育現場で働きたい方におすすめの就職先です。

学校や給食会社における管理栄養士の業務内容
  • 学校給食の献立作成
  • 食材の発注や管理、調理
  • 給食だよりの作成

小中学校や企業などの大人を対象とした給食の場合は、利用する人たちの体質や年代を考慮した献立が必要です。

学校に就職する場合は、次の2種類の職種が存在します。

  • 学校栄養職員
  • 栄養教諭

学校栄養職員は、管理栄養士の資格があれば就職できますが、栄養教諭として就職するには管理栄養士の資格のほかに、栄養教諭普通免許状の取得が必要です。

栄養教諭は、食育の授業をはじめ、栄養に関する個人相談を担当するなど、業務の幅が広がります。

福祉・介護施設

管理栄養士の資格があれば、児童養護施設・障害者施設などの福祉施設や、介護施設にも就職できます。

日本では、近年、少子高齢化が深刻化しており、介護施設の数が年々増え続けています。高齢者の栄養管理をサポートする管理栄養士は、これまで以上に必要とされる職種となるでしょう。

福祉・介護施設における管理栄養士の業務内容
  • 献立作成
  • 食材の発注や管理、調理
  • 栄養ケアやマネジメント

福祉や介護業界における管理栄養士の役割は、施設を利用する方たちに適切な食事を提供することです。

施設に入居する利用者のなかには、嚥下機能が低下したり、硬いものを咀嚼できなかったりなど、利用者だけでは上手に食事ができないケースもあります。

全ての施設利用者が十分な栄養を摂取できるように、流動食やきざみ食など調理法を工夫することが、管理栄養士には求められています。医師や施設の職員と連携を図りながら、栄養管理を徹底します。

児童養護施設では、栄養アセスメントをもとに、子どもの成長を考慮した献立の作成が必要です。子どもが施設を退所後に生活に困らないよう、調理指導を実施するケースもあるでしょう。

大学や食品メーカーの研究機関

大学や食品メーカーなどの研究機関においても、管理栄養士として活躍できます。

たとえば、大学や公的研究機関で管理栄養士を必要とする分野は、保健や医療、福祉や介護、スポーツなどの領域があります。食品メーカーや医薬品メーカー、外食産業などの新商品開発部門での研究職としても活躍できるでしょう。

大学や食品メーカーにおける管理栄養士の業務内容
  • 大学:研究室における研究活動、学会への参加、論文作成や発表
  • 食品会社や栄養食品などのメーカー:レシピ開発や商品開発

研究機関で働く場合は、研究に励むのが主な業務です。研究した内容を論文にまとめたり、学会で発表したりします。

一般企業の研究職員として活躍する場合は、新商品の企画や開発、生産の業務を担うケースが一般的です。

栄養について研究したい方をはじめ、栄養に関する知識を活かして新商品開発に励みたい方におすすめの就職先といえるでしょう。

スポーツ施設

近年、スポーツ競技者のパフォーマンスを高めるためには、栄養管理や栄養サポートを重要視する動きが活発となっています。

スポーツ施設やスポーツ業界における管理栄養士は、プロのスポーツ選手の栄養サポートから、一般のスポーツ愛好者、ジュニアアスリートまで栄養を通してスポーツに励む人たちをサポートします。

スポーツ施設における管理栄養士の業務内容
  • 栄養指導やカウンセリング
  • 食事の個別指導
  • ダイエットプログラムの作成
  • 栄養セミナーの開催
  • 食事メニューの作成
  • 栄養サポートや選手の栄養チェック
  • プロアスリートの体調管理など

ジムのようなスポーツ施設に所属する管理栄養士は、幅広い業務を担当します。主に、運動能力を高めるための栄養指導やダイエットを目的とした方に対する食生活のアドバイスなどです。

スポーツチームや実業団に所属する管理栄養士も存在します。スポーツ業界では、スポーツに特化した公認スポーツ栄養士という認定資格もあり、取得することで管理栄養士としての可能性をより広げられるでしょう。

美容施設

エステティックサロンである美容施設や化粧品メーカーなどの美容関連の企業にも、管理栄養士として就職できます。

美容施設における管理栄養士の業務内容

美容系サロン美容系メーカー
・食生活のアドバイス
・栄養指導
・健康美容食品の販売
・レシピの提案
・セミナーやイベントの企画、運営
・マーケティングリサーチ
・商品の栄養設計
・成分表の計算
・研究開発
・商品企画

エステティックサロンのような美容施設では、利用者の栄養指導や食生活のアドバイスを行います。セミナーやイベントを企画、運営し、管理栄養士として登壇することもあるでしょう。食を通して、健康的な美しさを手に入れるサポートが大きな役割です。

化粧品や美容関連のメーカーの場合、お客様と直接関わる機会は少ないものの、市場調査や商品の栄養設計などを実施しながら、商品の研究開発に携わります。

フリーランス

近年は、在宅ワークやテレワークのような自由な働き方が定着したこと、クラウドソーシングが普及したこともあり、フリーランスの管理栄養士として活躍する方が増えてきています。

フリーランスにおける管理栄養士の業務内容
  • レシピ開発
  • 料理写真の撮影
  • セミナーでの講義
  • 料理教室の講師
  • 栄養士ライター
  • 特定保健指導 など

自宅やキッチンスタジオで定期的に料理教室を開催している方や、食や栄養に関するセミナーに登壇する方も存在します。

フリーランスの管理栄養士として活躍するためには、まずは管理栄養士として就職してキャリア形成したうえで独立するのがおすすめです。

国家資格に加えて、以下のような栄養関連の資格取得も検討しましょう。

  • 野菜ソムリエ
  • 特定保健指導担当管理栄養士
  • 産業栄養管理者

管理栄養士の就職先ランキング

管理栄養士は、幅広い業界において需要の高い職種であるとわかりました。就職先の選択肢が多いことから、どの業界に就職すべきか迷う方も多いでしょう。

一般社団法人全国栄養士養成施設協会が発表する「令和4年度:栄養士養成施設の卒業生の就職実態」によると、管理栄養士として就職した方たちの就職先は次のとおりです。

管理栄養士の就職先ランキング

順位就職先割合
第1位病院31.37%
第2位企業27.47%
第3位委託給食会社など11.44%
第4位児童福祉施設9.78%
第5位介護保険施設8.60%
第6位学校3.91%
第7位社会福祉施設3.27%
第8位行政2.66%
第9位その他1.01%
第10位教育機関0.49%
参照元:令和4年度:栄養士養成施設の卒業生の就職実態|一般社団法人全国栄養士養成施設協会

管理栄養士の資格を持つ方の就職先として最も割合が高いのは、病院の31.37%であるとわかりました。その次に企業や委託給食会社などが続きます。

病院や企業などが王道の就職先として人気を集めていますが、近年はフリーランスとして働く管理栄養士の方も増えてきているようです。

管理栄養士の業務内容は就職先によって異なる

管理栄養士とは、栄養に関する専門的な知識やノウハウを活かして、人々の健康や生活を支える仕事です。

管理栄養士と一言でいっても、活躍できる分野が幅広いため、業務内容は就職する企業や団体によって大きく異なります。

転職や就職後のミスマッチを防ぐためにも、それぞれの職場における仕事内容を事前に把握し、理解することが大切です。

そもそも管理栄養士とは

管理栄養士とは、食や栄養に関する専門的な知識の提供、食事や栄養の管理・調理など、食に関連するさまざまなサポートをする仕事です。健康な方からケガや病気を患っている方まで、幅広い人たちを対象に一人ひとりに合わせた栄養サポートを実施します。

就職先によって業務内容は異なるものの、食事の力で対象者の栄養状態を良くすることは、どの業界においても共通する業務です。

幅広い業界において必要とされる職種であることから、社会的な需要が高く、食を通して社会貢献できる、とてもやりがいのある仕事といえるでしょう。

管理栄養士と栄養士の就職先の違いとは

管理栄養士と似た職種に栄養士があります。どちらも食と栄養の専門家であることは共通していますが、資格や業務内容が異なるため注意しましょう。

こちらでは、栄養士と管理栄養士の業務内容の違いや就職先の違いを詳しく解説します。

栄養士

栄養士は、厚生労働大臣から栄養士養成施設として認められた学校を卒業後、都道府県知事から免許を受けることで取得できる資格です。

栄養士の就職先として、学校や病院、福祉施設や給食会社など、さまざまな就職先があり、どの就職先においても健康な人を対象とした栄養管理や食事管理を担当します。

勤務する施設に合わせて、給食などの食事計画や調理、提供業務を行います。

人々が健康的に生活できるよう、食や健康に関する知識を伝えることも大切な業務のひとつです。

管理栄養士

管理栄養士として活躍するためには、国家試験に合格する必要があり、厚生労働大臣から免許を受ける資格です。栄養士よりも高度な知識や技能が求められるため、栄養のスペシャリストとしての活躍が期待されます。

管理栄養士は栄養士に比べて、実施できる業務の幅が広く、より高度で専門的な業務を担当します。管理栄養士は、健康な人たちだけでなく、けがや病気を患っている人を対象にした栄養指導や栄養管理も実施するのが特徴です。

給食施設全体の運営管理に関する業務も担当するケースがあり、幅広いジャンルの業務を兼任する職種といえます。

【就職先別】管理栄養士の年収の違いはどのくらい?

就職先によって管理栄養士の年収は異なります。

こちらでは、管理栄養士全体の平均年収と年収の高い就職先を見ていきましょう。

管理栄養士全体の平均年収

厚生労働省が発表する「令和4年賃金構造基本統計調査」によると、管理栄養士を含む栄養士全体の平均給与は月に25万4,800円、年間ボーナスの平均額は57万2,700円でした。年収に換算すると300〜400万円であるとわかります。

管理栄養士のみの平均年収は公表されていないものの、栄養士よりもより専門的な知識や幅広い業務を担当することから、給与も高くなる傾向にあります。年間で50〜150万円ほど高くなるケースが多いようです。

経験を積むことで年収アップが期待できる

管理栄養士としての年収アップを目指すためには、スキルアップをすること、現場での経験を積むことが重要です。

管理栄養士の仕事は、栄養管理や栄養相談だけではなく、献立作成や衛生管理などの業務も担当します。現場に合わせた献立づくりや調理は、現場での経験値が必要です。

一般的に、大卒のほうが年収の高いイメージがありますが、管理栄養士の年収は学歴よりもどれだけ経験を積んだかが重要視されます。

管理栄養士としての経験を積むことで、年収アップにつながるだけでなく、転職する際にも有利に働くでしょう。

公務員は年収が高い傾向にある

同じ管理栄養士として活躍したとしても、就職先によって業務内容や給与体系が異なるため、年収にも大きな差が生じます。

管理栄養士のなかでも特に年収が高いのが、公務員として勤務する行政栄養士です。公務員として働くことで安定した収入が得られること、民間企業の平均年収よりも高い傾向にあることが大きなメリットです。

行政栄養士以外にも、大手食品メーカーや病院なども給与が高い傾向にあります。

管理栄養士が自分に合った就職先を選ぶコツ

管理栄養士が自分に合った就職先を選ぶために知っておきたいコツは、次の3つです。

自分に合った就職先を選ぶコツ
  • 管理栄養士としてどんな仕事をしたいのか明確にする
  • 条件にこだわりすぎない
  • 将来のキャリアを見据えて選ぶ

それぞれの内容を詳しく解説します。

管理栄養士としてどんな仕事をしたいのか明確にする

自分に合った就職先を見極めるためには、管理栄養士としてどのような仕事に携わりたいかを明確にすることが大切です。そのため、転職や就職活動する際は、自己分析を重ねましょう。

自己分析することで、管理栄養士になりたい理由やどのような仕事がしたいかが見えてきます。

やりたいことや目標が明確になれば、自分に合った就職先を選びやすくなるだけでなく、仕事が行き詰まった際も前向きにとらえられるでしょう。

条件にこだわりすぎない

給与や福利厚生など、転職先や就職先の条件は誰もが気になるポイントです。条件次第では職場の満足度が異なるため、転職や就職する際には必ず条件を確認すべきといえます。

しかし、高い理想を抱えすぎるあまり応募先の企業が見つかりにくかったり、条件以外の就職や転職理由が明確でないために熱意が伝わらなかったりなど、条件にこだわりすぎると失敗してしまうケースも少なくありません。

もちろん、条件にはこだわるべきですが、こだわりすぎは禁物です。どうしても譲れない条件は何かを洗い出し、ポイントを絞るように意識しましょう。

将来のキャリアを見据えて選ぶ

管理栄養士は、女性が多い職場であることから、女性特有のライフステージの変化にも臨機応変に対応できる職種です。せっかく管理栄養士の資格を取得したのであれば、キャリアアップを目指して長期にわたり働き続けたいものです。

将来長く働き続けるためにも、管理栄養士の資格をどのように活かしていきたいか、そのためにはどのような就職先や転職先を選択すべきかを見極めていきましょう。

管理栄養士として活躍できる人の特徴とは

管理栄養士として活躍できる人には、次のような特徴があります

管理栄養士として活躍できる人の特徴
  • コミュニケーション力がある人
  • 情報収集や勉強が苦にならない人
  • チームで仕事をすることが得意な人

それぞれの特徴について詳しく解説します。

コミュニケーション力がある人

管理栄養士は、栄養面や食事面から人々の健康をサポートする仕事です。さまざまな立場の人たちと接する機会が多い職種のため、高いコミュニケーション能力が求められます。

コミュニケーション能力が不足していると、必要な情報を伝えられなかったり、食事の効果を十分に発揮できなくなったりする恐れがあります。

栄養に関する知識がない方でも理解できるよう分かりやすく話すのはもちろん、職場の人たちとのスムーズに意思疎通するためにも、コミュニケーション能力は必要です。

情報収集や勉強が苦にならない人

食や栄養のプロフェッショナルである管理栄養士は、常に新しい情報にアップデートし続ける姿勢が求められます。そのため、資格があるから問題ないと安心するのではなく、新しい情報がないかとこまめにチェックすることが大切です。

学校を卒業してからも、自力で情報収集し続けられる勉強熱心な人に向いているでしょう。

チームで仕事をすることが得意な人

管理栄養士は、職場のスタッフと連携しながら業務にあたるケースが多い職種です。

たとえば、病院での仕事の場合は、現場の医師や看護師と連携しながら患者の栄養指導を行います。食品会社で商品開発に携わる場合は、営業職や販売職のスタッフと連携しながら開発にあたります。

管理栄養士はチームとして業務にあたるケースが多いため、立場の異なる人の意見を上手に取り入れながら仕事を進めることで、より良い結果が得られるでしょう。

管理栄養士の就職は難しい?

管理栄養士の資格取得後は、スムーズに就職できるのでしょうか?

こちらでは、管理栄養士としての就職の難易度を解説します。

実際には有資格者のほとんどが就職している

管理栄養士は、国家資格にも関わらず就職が難しいという噂を耳にしたことがある方もいるでしょう。

結論から伝えると、国家資格を有する管理栄養士は、就職先を見つけること自体は難しくありません。

一般社団法人全国栄養士養成施設協会が発表する「令和4年度:栄養士養成施設の卒業生の就職実態」よると、令和4年度の卒業生の就職率は90.3%でした。

進学や独立などを理由に就職しなかった方が4.9%存在することから、ほぼ100%近い学生が就職できています。

条件の良い職場は倍率が高い傾向がある

管理栄養士の就職や転職が難しいといわれる大きな理由として、希望する職場への就職が困難であることがあげられます。

人気の就職先である学校や保健所・保健センターなど公的機関の募集人数が少ない傾向にあるためです。

就職先にこだわらなければ、管理栄養士の資格を活かせる就職先や転職先は幅広い業界で存在します。

第一希望の就職先への入社が難しい場合は、ほかの就職先で管理栄養士としてのキャリアを積んでから挑戦するのもおすすめです。

管理栄養士の就活・転職をスムーズに進めるコツ

管理栄養士の就職や転職活動をスムーズに進めるためのコツは、次のとおりです。

就活・転職をスムーズに進めるコツ
  • スケジュール管理を徹底する
  • 説明会やインターンシップで現場の雰囲気を知っておく
  • 実際に働く人の生の声を聞く
  • 転職エージェントなど第三者の意見を取り入れる

それぞれの内容を詳しく解説します。

スケジュール管理を徹底する

管理栄養士の転職活動を成功させるためには、スケジュール管理が重要です。

基本的に、次の職場に入社したい時期のおよそ3ヵ月前から準備を始めていきます。実際に面接を受けるタイミングは、入社時期の1〜2ヵ月前と考えて行動しましょう。

入社までの期間を逆算してスケジュール管理をすることも重要ですが、管理栄養士の求人は、欠員が出た際に出されるケースがほとんどです。ボーナス後や年明け後などに求人募集をするケースが多いため、転職先を探すときの目安にしてください。

説明会やインターンシップで現場の雰囲気を知っておく

転職を成功させるためには、説明会やインターンシップに参加して、現場の雰囲気を知ることも大切です。

管理栄養士が活躍する現場は、就職先によって業務内容が大きく異なります。

説明会などでは企業の良い部分をアピールするのが基本ですが、求人募集要項には記載されないようなネガティブな条件をあえて伝える企業も少なくないため、非常に参考になるでしょう。

実際に働く人の生の声を聞く

説明会やインターンシップへの参加だけでなく、OB・OG訪問を通じて実際の現場で働く人の声を聞くのもおすすめです。

職場ごとの特徴や将来性、働きやすさ、職場の雰囲気など、働いている人でなければ分からない内容を知れるでしょう。

OB・OG訪問をスムーズに進行するためにも、事前に質問したい内容をまとめておきましょう。

転職エージェントなど第三者の意見を取り入れる

管理栄養士の転職を成功させるためには、転職エージェントや転職サイトに登録して、第三者の意見を上手に取り入れることが大切です。

転職エージェントは、自分の希望に合った転職先を見つけてくれるだけでなく、転職を成功させるためのアドバイスもしてくれます。

転職エージェントを利用する際は、複数の転職エージェントを利用するのがおすすめです。

各転職エージェントが持っている非公開求人にアクセスできるだけではなく、キャリアアドバイザーの比較ができたり、転職エージェントごとの強みを理解して使い分けしたりできるなどのメリットがあります。

転職エージェントを活用して、自分に適した職場を効率良く見つけましょう。

管理栄養士が利用すべき転職エージェント

管理栄養士として就職したい方は、管理栄養士の転職に強いエージェントを活用しましょう。

管理栄養士に特化した転職エージェントを利用することで、次のようなメリットが得られます。

転職エージェントを利用するメリット
  • 手厚いサポートを受けられる
  • 希望する条件の企業とマッチングしやすい
  • 推薦状を出して企業にアピールしてくれる
  • 新着情報を教えてくれる

転職エージェントを利用する最大のメリットは、転職のプロによる手厚いサポートを受けられることです。履歴書や職務経歴書の添削や面接対策などのサポートが充実しています。

また、希望の条件を伝えるだけで、条件に合った求人情報を提示してくれるため、時間短縮や正確な情報収集につながるでしょう。

管理栄養士の方におすすめの転職エージェントは次の3つです。

管理栄養士が利用すべき転職エージェント3選
  • 栄養士人材バンク
  • 栄養士ワーカー
  • レバウェル栄養士

それぞれの転職エージェントの特徴や利用するメリットを解説します。

栄養士人材バンク

栄養士人材バンク

栄養士人材バンクは、非公開求人の紹介や面接対策、書類添削など面接対策に特化した転職エージェントです。

栄養士人材バンクの特徴
  • 管理栄養士や栄養士に特化した転職エージェント
  • 上場企業のため安心して利用できる
  • 非公開求人や面接対策などのサポートが充実

栄養士人材バンクの運営元である株式会社エス・エム・エスは上場企業であり、初めて利用される方も安心して利用できるでしょう。

給与や福利厚生、職場の立地だけでなく、施設の方針や雰囲気、今後のキャリアなどさまざまな要素を合わせながら、求職者一人ひとりに合った働き方やキャリアに合わせて求人募集を紹介してくれます。

ブランクがあるけれど管理栄養士として復職したい方、自分に合う求人を紹介してほしい方におすすめの転職エージェントです。

栄養士ワーカー

栄養士ワーカー

栄養士ワーカーは、好条件の非公開求人情報を多数掲載する管理栄養士に特化した転職エージェントです。

栄養士ワーカーの特徴
  • 好条件の非公開求人を数多く掲載
  • 交渉条件や転職後のサポートが充実している
  • 転職成功者数が年間3万人以上

栄養士ワーカーは、全国各地でサービス展開をしているため、地方在住の方も利用しやすいのがうれしいポイントです。

求人の紹介だけにかぎらず、履歴書や職務経歴書の書き方のアドバイス、面接対策のサポートを無料で受けられるため、転職経験のない方も安心して利用できるでしょう。

面接の日程調整や条件交渉などに加えて、転職後のサポートまで充実しているのも大きなメリットです。

レバウェル栄養士

レバウェル栄養士
レバウェル栄養士の特徴
  • 求人票に掲載されていない詳細情報が充実
  • 企業からスカウトが届く
  • LINEで気軽に相談できる

レバウェル栄養士は、人材業界大手のレバレジーズ株式会社のグループ会社が運営する、栄養士に特化した転職求人サービスです。

施設の雰囲気や人間関係に関する評判が掲載されていたり、希望の転職条件を登録することで企業からスカウトが届いたりするため、スムーズな転職活動を実現できるでしょう。

LINEを使って気軽に相談できるのも大きなメリットです。利用が無料のため、費用の負担なく転職活動できるのも、うれしいポイントといえるでしょう。

ただし、求人は都市部が多いため、地方では求人募集がないケースもあります。登録する際に、希望するエリアの求人があるかを確認してください。

自分に合った管理栄養士の職場を選ぼう

高齢化や健康志向の高まりにともなって、管理栄養士の需要は年々増え続けています。

国家資格を取得しなければならない職種であることから、栄養士に比べて就職先の範囲や携われる業務も多く、ライフステージが変わったとしても長い期間働き続けられます。

また、就職先によって業務内容は大きく異なります。管理栄養士としてどのような仕事をやりたいのか、将来どのように働きたいかをイメージして、自分に合った職場を探していきましょう。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。