未経験からフロントエンドエンジニアになれる?未経験から転職するための方法やスキルを解説

CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

  • X
  • facebook
  • LINE
  • linkedin
  • URLcopy
   
本記事は、転職エージェント公式サービス(リクルート・マイナビ・ビズリーチ等)の広告リンクを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

「未経験でもフロントエンドエンジニアになれる?」

「フロントエンドエンジニアの年収はどれくらい?」

フロントエンドエンジニアは、ITエンジニアの職種の一つです。自分が設計・構築した部分が直接ユーザーの目に触れるため成果が分かりやすく、ITエンジニアの中でも人気の職種となっています。未経験からフロントエンドエンジニアを目指す人の中には、就職する方法や平均年収について知りたい人は多いのではないでしょうか。

この記事では未経験からフロントエンドエンジニアを目指すポイントや必要なスキル、おすすめの転職エージェントについて解説します。

なお、この記事の情報は各転職エージェントの公式サイトを参照しています。また、サービスをおすすめする基準として、サポート体制や求人数などに着目しています。

目次

フロントエンドエンジニアとは

フロントエンドエンジニアとは、Webサイトやアプリでユーザーが直接見たり操作をしたりする部分を設計・開発する職種です。そのため利用するユーザーの目線から、どのような設計にすることで使いやすいサービスになるのかを考えることが大切となります。

フロントエンドエンジニアは専門的な知識やスキルが必要な職種ですが、未経験からフロントエンドエンジニアを目指す人も多いです。企業からの需要も高い職種であるため、求人サイトにはフロントエンドエンジニアの求人も多く掲載されています。

実際、大手転職エージェントdodaには、フロントエンドエンジニアの求人が700件以上の掲載があります(2023年2月時点)。

【参考記事】フロントエンドエンジニア 東京の転職・求人・中途採用情報【doda(デューダ)】

フロントエンドエンジニアの仕事内容

フロントエンドエンジニアの仕事内容はさまざまです。「マークアップ」「プログラミング」「テスト・検証」など事業目的や状況に応じて多岐にわたります。SEO対策を実施しているサイトではマーケティングのノウハウや知識を求められることもあるため、広い領域に詳しい人材は重宝されるでしょう。

以下で主な仕事内容について、簡単に解説していきます。

マークアップ

マークアップとはHTMLCSSといった言語を使用して、Webサイトのテキストや画像の配置、サイト内の装飾などをおこないます。サイトやアプリの見た目を調整するため、Web制作には欠かせない業務となります。

プログラミング

Webサイトやアプリ内での動作をJavaScriptという言語を用いて実装する業務です。JavaScriptはフロントエンドエンジニアとして活躍していくためには欠かせない言語となるため、ぜひ覚えておきましょう。

テスト・検証

Webサイトやアプリの動作のテストをおこなうこともフロントエンドエンジニアの重要な仕事です。リリース後のバグや不具合が発生すると、クレームやリコールを受ける恐れもあるため、事前に問題なく動作するかをチェックしていきます。

フロントエンドエンジニアの平均年収

フロントエンドエンジニアの平均年収は500万円~600万円とされています。国税庁の令和3年度「民間給与実態統計調査結果」()によると、日本の平均年収は443万円となっており、一般的な職種と比較すると高い年収であるといえるでしょう。

【参考記事】民間給与実態統計調査結果│国税庁

フロントエンドエンジニアは勤務年数や実績によって、年収アップを図ることができます。長くフロントエンドエンジニアとして働くことで技術やスキルのレベルが高くなるためです。反対にフロントエンドエンジニアとしての経歴が浅いうちは年収を高めることが難しい場合もありますが、より多くの経験を積んでスキルを身に付けていくことで徐々に収入を上げていくことができるでしょう。

未経験でもフロントエンドエンジニアになれる?

未経験でもフロントエンドエンジニアへの転職を目指すことが可能です。もちろん技術やスキルを身に付けるための努力は必要ですが、未経験からフロントエンドエンジニアへの転職が可能な理由としては以下があげられます。

  • IT業界全体のエンジニアが不足しているから
  • エンジニア採用を強化している企業が増加しているから

まず、IT業界内でエンジニアの数が不足していることがあげられます。平成28年に経済産業省が発表した「IT人材の最新動向と将来推計に関する調査結果()によると、2030年にはITに携わる人材が約4080万人不足する可能性があると考えられています。

年々IT業界で働く人の数は増えていますが、それ以上に人材の需要が加速しており、継続的な人材不足に陥っているという背景があります。

そのためIT業界を経験者だけで支えていくことが厳しくなると想定され、未経験者でも業界で活躍できるチャンスが増えていくはずです。実際に未経験者を積極的に採用し、研修や実務を経て人材不足を解消しようという企業の動きも見られるため、未経験者からエンジニア職に転職できる可能性は高いと言えます。

また、大手転職エージェントdodaに、フロントエンドエンジニアの未経験求人の掲載があることからも、「未経験でフロントエンドエンジニアへ転職は可能」といえるでしょう。

フロントエンドエンジニアに必要なスキルと勉強法

フロントエンドエンジニアとして活躍するために必要なスキルとして、基本的なプログラミング言語の取得やツール操作の技術などがあげられます。

フロントエンドエンジニアに必要なプログラミング言語には「HTML」「CSS」「JavaScriptといった基本的な言語があります。これらは実務に携わる中で習得していくこともできますが、独学で言語について学ぶことでよりスムーズに実務に入ることができるでしょう。

また、「PHP」などの習得難易度が上がるプログラミング言語を習得していると対応できる業務の幅が広がるため、実務に慣れてきたら習得するとよいでしょう。

また、技術的なスキルだけではなく、マネジメントや営業の経験やスキルがあるエンジニアは重宝されやすいです。チームやプロジェクトで中心となって業務を進めるにはマネジメントスキルが必要となり、社内外で円滑にコミュニケーションを取るためには営業スキルを役立てることができるためです。

このようにフロントエンドエンジニアは、幅広い業務での活躍が期待される職種です。フロントエンドエンジニアを目指す人は自身のスキルアップを図るように努力していきましょう。

フロントエンドエンジニアへの未経験転職が成功しやすい人の特徴

次にフロントエンドエンジニアへの未経験転職が成功しやすい人の特徴について整理します。

独自でスキル取得のための勉強ができる

未経験からフロントエンドエンジニアを目指すためには、独自でスキル取得のために勉強を継続できることが重要です。エンジニアは最新の技術やトレンドを常に追いかけていくことで、高品質なシステム設計や改善を実施することができます。そのようなエンジニアは企業からも重宝されることでしょう。

特に未経験からフロントエンドエンジニアを目指す場合、就職後の研修だけでなく、独学でスキル取得のために時間を使うことも大切となります。

ポートフォリオをもっている

未経験からフロントエンドエンジニアを目指す場合、自身のポートフォリオがあるとスキルや実力をアピールしやすくなります。ポートフォリオとは、制作実績やスキルが分かるデータなどをまとめたもののことです。フロントエンドエンジニアの場合は、自身で制作したWebサイトがあるとスキルレベルを伝えやすくなるでしょう。

未経験者がポートフォリオを制作することは簡単ではありませんが、エンジニアに対する熱意や意欲を伝えるといった点でも大きなメリットがあります。そのため、作成に自信がなかったとしても、ポートフォリオサイトを作成してみることをおすすめします。

明確なキャリアプランがある

未経験転職では、将来に向けた明確なキャリアプランがあると採用されやすいです。企業にとって未経験者を採用することは少なからずリスクがある採用となるため、入社後に活躍するイメージをもってもらうことが重要となります。

5年後、10年後のビジョンを伝えることで、企業とのミスマッチがないかと判断することができます。企業や業界に対する熱意や意欲も伝えることができますので、明確なキャリアプランや転職理由を事前にまとめておきましょう。

フロントエンドエンジニアへの未経験転職に失敗しやすい人の特徴

次に未経験からのフロントエンドエンジニアへの転職に失敗しやすい人の特徴についても解説します。以下の特徴に当てはまる人は転職成功率が下がることも予想されますので確認しておきましょう。

転職条件のこだわりが強い

転職に対する条件が高すぎたり、こだわりが強すぎたりすると採用につながりにくくなります。すべて理想通りの求人を見つけること自体が難しく、また見つけられたとしても採用条件に当てはまっているかが分からないためです。

そのため、転職の軸を最初に決めておくとよいでしょう。例えば「年収アップを第一にこだわりたい」「給料が下がってもこの職種で頑張りたい」といったイメージです。転職の軸が明確になっていると転職理由も伝えやすく、企業選びもスムーズにおこなうことができます。

転職回数が多い

転職回数が多い人は採用で不利になることがあります。具体的には3回以上の転職となる人は、企業に「転職回数が多い」と思われてしまう傾向があります。

転職回数が多いと不利?年代別の転職回数と採用実態│リクナビNEXT
引用元:転職回数が多いと不利?年代別の転職回数と採用実態│リクナビNEXT

複数回転職している人でも、何かしらの事情があっての転職をしているはずです。過去の転職理由について面接で聞かれる可能性もあるため、面接官が納得できる理由を用意しておきましょう。

前述のように企業はミスマッチや早期退職を不安視していることもあります。企業側の不安や疑問を解決できるよう対策していくことが重要です。

将来のビジョンがない

将来のビジョンがない人は転職に失敗しやすい傾向があります。「何となく良さそうだから」という理由で転職してしまうとミスマッチが起こりやすいだけでなく、企業側から仕事が長続きしないと思われてしまう可能性もあるためです。

特に年齢が30代後半や40代になると転職のハードルが高くなります。30歳を過ぎてからの転職で失敗してしまうと後が無くなってしまう可能性もありますので、自分の将来のビジョンをよく考えたうえで転職活動をおこなうとよいでしょう。

フロントエンドエンジニアへの未経験転職で気を付けるべきポイント

フロントエンドエンジニアへの転職で気を付けるべきポイントについて解説します。

研修が充実しているか

フロントエンドエンジニア職に未経験で転職する場合、研修制度の充実さは重要なポイントとなります。実務経験がない状態で入社するため、より早く業務に携わるためには技術やスキルだけでなく、企業の方向性やクライアントの特徴などを理解しておく必要があるでしょう。

そのため、基礎的な業務内容や実践での研修が充実している企業を選ぶようにしましょう。企業の研修については「openwork」などの口コミサイトを参考にするなどの方法をおすすめします。

 業務に対する給与は適切か

業務内容に対する給与が適切であるかも重要なポイントとなります。未経験者の場合、職種の給与相場が分からず、業界平均よりも大幅に低い年収で入社してしまうケースも想定されます。

未経験入社の場合、入社直後は仕方のないケースもありますが、スキルや実績が付いてきたタイミングでしっかりと昇給できるかどうかを入社前に確認しておくようにしましょう。

 やりたい業務に就くことができるか

自分がやりたい業務に就くことができるかという点も、入社前に確認しておくことが大切です。

例えば、「プログラミングの仕事を希望したのに、テストや研修しか対応させてもらえない」といったケースがあります。このような場合モチベーションに影響するだけでなく、今後のキャリアプランにも影響してしまうため注意が必要です。

フロントエンドエンジニアといってもさまざまな業務があるため、実際に入社後に携わる業務については事前に明確にしておきましょう。

フロントエンドエンジニアへの転職におすすめのエージェント

フロントエンドエンジニアへの転職におすすめの転職エージェントを紹介します。

 マイナビIT AGENT

マイナビIT AGENT

マイナビIT AGENTは、ITwebエンジニアの無料転職サポートエージェントです。

キャリアアドバイザーが全面的に転職活動をサポートしてくれるので、初めての転職でも安心感がありますITエンジニアをはじめとしたIT業界の求人も多く、優良企業や大手企業の求人も多数掲載されています。

また、専門業界・職種に特化した求人を多く掲載しているのもマイナビIT AGENTの特徴です。面接の日程調整や、履歴書の添削など手厚いサポートが受けられます。

 レバテックキャリア

レバテックキャリア

レバテックキャリアは、ITエンジニア専門の転職エージェントです。

利用者の96%が希望の企業の転職成功した実績を誇ります。ITエンジニア専門のため、未経験転職OKの求人も多数掲載されています。

【参照記事】レバテックキャリア

レバテックキャリアでは未経験者でも転職に成功するよう、IT業界に特化した情報提供や面接対策を受けることができます。キャリア設計を一緒に考えてくれるエージェントなので、将来的なエンジニアとしてのビジョンに迷っている人にもおすすめです。

 リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、多数の非公開求人を抱える大手転職エージェントです。

IT業界だけでなく幅広い業界に精通したキャリアアドバイザーがサポートしてくれるため、視野を広く持った転職活動ができます。

また、提出書類の添削や面接対策など、転職をスムーズに進めるためも実用的なサポートも充実しています。自分のアピールポイントがわからない場合でも、面談を重ねる中でプロから強みや適性を提示してもらえるでしょう。

まとめ

未経験からフロントエンドエンジニアに転職するためのポイントやおすすめ転職エージェントについて解説しました。ITエンジニアは専門的な職種であり、エンジニアの中でも複数の職種に分けることできます。自分のやりたい業務に携わるためには、それぞれに必要な知識やスキルを身に付けることが重要です。

また、未経験からフロントエンドエンジニアへの転職を成功させるためには記事で紹介している転職エージェントの活用をおすすめします。転職エージェントでは面接対策や書類添削、業界に特化した転職サポートを受けることができます。自分で転職活動を進めるよりも効率的に行動することができ、転職成功率や年収をアップさせる可能性も高まりますので、ぜひご活用ください。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。