野村證券からの転職先は豊富?満足度が高い転職をするコツとは

           

編集者
佐藤達也
【キャリアアドバイザー】国弁護士・公認会計士・税理士等の士業や、管理部門特化の転職サポートを行う人材紹介会社に在籍。士業・バックオフィスに特化した転職ノウハウ・企業調査を担当しています。分野特化だからこその、勘所を押さえたリアルな情報を発信できるよう心がけています。
野村證券からの転職先は豊富?満足度が高い転職をするコツとは
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

野村證券は、国内最大手の証券会社として圧倒的なブランド力や知名度を誇ります。

野村證券出身というだけで人材市場価値は極めて高く、転職先としてはさまざまな業界や職種を選択できますが、とくにどの分野でマッチする可能性が高いのでしょうか。

本記事では、野村證券からの転職先を紹介するとともに、満足度が高い転職を実現するためのポイントや活用するべき転職エージェント・転職サイトの紹介をおこないます。

目次

野村證券からの転職先

野村證券からの転職先候補は幅広いので、自分の興味や志向に合わせて多数の選択肢から選ぶことができます。

以下では、野村證券出身者のキャリアとして人気がある転職先を紹介します。

証券会社

まず考えられるのが、同業の証券会社です。

証券会社に転職する場合、すでにもっている金融商品の知識やマーケットの動向を把握する能力が役立ちます。

顧客との信頼関係を構築するスキル営業力も十分に活かせるでしょう。

ただし同業他社への転職は、転職前に所属していた企業と結んだ誓約の内容によって、競合避止義務違反にあたる場合があるかもしれない点に注意が必要です。

※参考:競業避止義務契約の有効性について|経済産業省

M&A仲介会社

M&A案件の増加を背景に、証券会社からの転職先として人気が高いのがM&A仲介会社です。

会社規模は、大手企業だけでなくスタートアップやベンチャー企業も人気があります。

野村證券からの転職では、企業分析財務分析評価交渉などのスキルを活かせるでしょう。

投資銀行

企業の資金調達やM&Aなどのアドバイザリー業務をおこなう、投資銀行も人気の転職先です。

野村證券から投資銀行に転職する場合、証券会社やM&A仲介会社と同様に、企業分析財務分析評価交渉などのスキルが活かせます。

また、投資銀行はグローバルな規模で事業を展開していることが多いです。

野村證券出身者は、英語力国際感覚が豊かなケースが多いため、その点でもマッチしやすいでしょう。

資産運用会社

金融商品の知識やマーケットの動向を把握する能力、顧客との信頼関係を築くためのコミュニケーションや営業力を活かせる、資産運用会社も転職先として挙げられます。

投信営業や経営企画ポジションなどへの転職ケースが、比較的多く見られます。

生命保険会社

生命保険会社も同じ金融業界なので、持ち合わせている金融知識営業スキル財務分析のスキルなどを活かすことが可能です。

人の生命や健康に関する保険商品を扱うという性質上、人の生活の一部に立ちたいという思い人の心に寄り添いたい気持ちが強い方に適性があるでしょう。

人材サービス会社

求職者と求人企業を結びつける、人材サービス会社に転職するケースもあります。

人材サービスは、信頼によって成り立つビジネスであることや無形商材を扱うことなど、証券会社との共通点が多いため親和性が高い転職先です。

とくに、金融領域に特化した人材サービス会社であれば、野村證券での経験も活かしやすいでしょう。

コンサルティングファーム

コンサルティングファームは、クライアント企業に対する戦略立案や業務改善、DX推進などのコンサルティングサービスを提供しています。

この業務には、野村證券で培った目標達成力情報収集スキル分析スキルなどが活かせます。

野村證券からの転職では、総合系ファームや独立系ファーム、業界特化型ファーム、外資系ファームなどが候補です。

事業会社の管理部門(IR担当、財務、経営企画など)

財務領域の知識や市場動向の把握力、分析スキルなどを活かして、事業会社の管理部門に転職するケースもあります。

職種としては、IRや財務、経営企画など管理部門の中でも、財務に寄った知識が必要とされる職種を選ぶ方が多いです。

事業会社の管理部門は、社内外のさまざまなステークホルダーと連携することが多いため、野村證券で培ったコミュニケーション能力交渉力も活かせます。

スタートアップ企業

若手の間に責任がある立場で仕事をしたいと考えている方は、スタートアップ企業に転職して活躍している人もいます。

選ばれるサービス領域としては、HRテックやSaaS系、職種は営業だけでなく経営企画、事業開発などです。

野村證券での金融や財務領域の知識を活かせ、大手で働いた実績を評価されてCFOに就任するケースもあります。

大手メーカー

大手メーカーへの転職では、リテール営業として入るのが一般的です。

営業スキルコミュニケーションスキルなどを活かすことができます。

ただし、メーカーの場合は商材に関する専門的な知識が必要とされることが多く、新たに知識を習得する必要があります。

その他メーカーでは、会社の資産運用やリスク管理を担当するアセットマネジメント部門もあり、野村證券での金融商品や市場に関する知識や経験が役立ちます。

独立、起業する人も多い

転職ではなく、独立や起業という選択をする人もいます。

起業分野はさまざまですが、金融知識を活かせるFintech(フィンテック)分野業務効率化やDX推進を支援するコンサルタントなどの分野が挙げられます。

野村證券からの転職先が豊富な理由

野村證券出身者が多数の転職先からキャリアを選べるのは、以下のような理由からです。

圧倒的なブランド力から市場価値が高い

野村證券は日本最大の証券会社であり、国内外の多くの企業や個人に金融サービスを提供しています。

野村證券出身者は、その圧倒的なブランド力から市場価値が高くなります。

新卒の就職難易度も高く、その時点である程度スクリーニングされているため、野村證券で働いたことがあるというだけで人材の信頼性やスキルレベルを高いと評価されています。

営業能力の高さをアピールできる

野村證券では、顧客に合わせた最適な金融商品やサービスを提案するために、高い営業能力が求められます。

コミュニケーションや信頼関係構築を含む営業能力は、金融業界での営業職に限らずどんな業界や職種でも必要とされるスキルです。

金融業界の知識や数字の強さをアピールできる

野村證券では、金融市場の動向や金融商品の特徴を把握するために、金融業界の知識や数字の強さが必須です。

そのため、野村證券出身者は金融知識や数字の強さをアピールでき、ほかの業界や職種でも評価の対象となります。

ストレス耐性の高さが評価されやすい

野村證券で活躍するには、厳しいノルマや競争を突破するためにストレス耐性が必要です。

ストレス耐性の高さはどんな環境でも役立つため、応募先から重宝されます。

とくに、コンサルやM&A業界、スタートアップ企業など、ハードワークになりやすい環境で評価される可能性が高いでしょう。

野村證券出身者が満足度の高い転職を実現する5つの方法

野村證券出身者が転職先に困るということは考えにくいですが、満足度の高い転職を実現できるかどうかは別の話です。

転職における満足度を高めるには、強みを活かせる転職先の選定やキャリアプランの策定、情報収集などがポイントとなります。

強みを活かせる業界や職種を選ぶ

野村證券出身者の市場価値は高いため、幅広い業界・職種でも活躍できる可能性が高いでしょう。

しかし、転職後に最大限のパフォーマンスを発揮し、高いモチベーションを維持するためには、野村證券で鍛えた強みを活かせる業界や職種を選ぶことが大切です。

自分の強みや興味がある分野を見つけて、それに合った転職先を選びましょう。

短期~長期のキャリアプランを立てる

転職するだけでは、満足度の高いキャリアを築くことはできません。

転職後も仕事に対する満足度を維持するには、自分の成長や目標に向かって努力し続ける必要があります。

そのためには転職活動の段階から、短期~長期のキャリアプランを立てることが重要です。

具体的には、転職後1年以内・3年以内・10年以内のタイミングで達成したいことを明確にしておくとよいでしょう。

キャリアプランを明確にしておくことで転職先の選定がしやすくなり、面接の際には具体的なキャリアビジョンを採用担当者に説明することができます。

幅広い手段で転職情報を収集する

転職情報はインターネットだけでなく、転職エージェントや情報誌、セミナーやイベントなどの手段で入手できます。

野村證券出身者は、同業他社や顧客企業などとのネットワークも豊富にあるケースが多いので、そうした人脈を活かして情報を集めることも有効です。

幅広い手段で転職情報を収集することで、自分に合った求人や企業を見つけやすく、転職後のミスマッチも防ぎやすくなります。

ハイクラス向け転職サイトで質の高いスカウトを待つ

転職エージェントに相談することもおすすめです。

転職事情や企業情報を把握しているエージェントにキャリア相談をすれば、野村證券で得た経験や強みを最大限に活かすためのキャリアプランを提案してもらえます。

また、転職エージェントは高年収やハイポジションなど、一般公開されない求人を扱っており、自分ではアクセスできない求人に出会えるのも魅力です。

野村證券からの転職で活用すべき転職エージェント・転職サイト11選

野村證券から転職する際には、転職エージェントや転職スカウトサイトを使うのがおすすめです。

各エージェント・サイトの特徴や強みを把握し、自分に合ったサービスを選びましょう。

BEET

BEET(ビート)

BEETは、管理部門・バックオフィス系職種に特化した転職エージェントです。

管理部門の働き方に精通したアドバイザーに、キャリアアップをサポ-トしてもらえます。

とくに、事業会社の財務や経理、経営企画などへの転職を検討中の方におすすめです。

公式サイト:https://beet-agent.com/

マイナビ金融エージェント

マイナビ金融エージェントは、金融業界からの転職または金融業界への転職に特化した転職エージェトです。

金融業界専任のアドバイザーが、金融業界の業種による役割の違いを踏まえて最適な求人を紹介してくれます。

とくに、20代・30代の若手人材の転職を得意としています。

公式サイト:https://mynavi-agent.jp/finance/

コトラ

コトラ

コトラは、金融・コンサル・ハイクラスに強みをもつ転職エージェントです。

コンサルタントの専門性が高く、企業のカルチャーや面接官の特徴などの内部情報にも詳しいため、確度の高い転職活動を展開できます。

野村證券から、金融系やコンサルティングファームへの転職を検討している方におすすめです。

公式サイト:https://www.kotora.jp/

LHH転職エージェント

LHH転職エージェントは、ハイクラス人材の転職支援を得意とするエージェントです。

LHH転職エージェントでは、職種別の担当制を採用しているため、専門分野に精通したコンサルタントによる質の高い提案を受けられます。

公式サイト:https://jp.lhh.com/

アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングは、コンサル業界に精通した転職エージェントです。

未経験からのコンサル転職にも強く、中途採用でコンサルタントへ転身する際に活かせる経験やスキルを熟知しています。

公式サイト:https://www.axc.ne.jp/

JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントは、世界11ヵ国、33拠点をもつグローバルな転職エージェントです。

ハイクラス・ミドルクラスの転職で実績のある転職エージェントなので、野村證券で一定の経験を積んだミドル層におすすめします。

公式サイト:https://www.jac-recruitment.jp/

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは、ハイクラス人材や管理部門を中心に、マッチング力と提案力に強みをもつ転職エージェントです。

30歳~45歳の転職支援実績が豊富なので、ミドル層の転職に適しています。

パソナキャリアだけの独占求人が多数あるのも魅力の一つです。

公式サイト:https://www.pasonacareer.jp/

ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチは、即戦力のハイクラス人材を対象にしたスカウト型転職サイトです。

経営幹部や管理職、プロフェッショナル人材の求人が豊富にあります。

職務経歴書を登録すると厳選企業やヘッドハンターからのスカウトを受けることができ、現在の市場価値を判断するのにも役立ちます。

公式サイト:https://www.bizreach.jp/

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウトは、ハイクラス・エグゼクティブ人材限定の転職スカウトサイトです。

業界最大規模のネットワークを活かした豊富な求人を保有しています。

質問に答えるだけで経歴を簡単にまとめられるレジュメ機能や、レジュメと企業の人材要件を分析するAI機能など、転職活動の負担を減らす便利な機能があるのも魅力です。

公式サイト:https://directscout.recruit.co.jp/

ムービンストラテジックキャリア

ムービン・ストラテジック・キャリア

ムービンストラテジックキャリアは、コンサル業界に特化した転職エージェントです。

業界特化型として25年以上の実績があり、優れたノウハウが蓄積されているため、コンサル希望の方におすすめします。

戦略・経営、財務・FAS、IT・デジタルなど、多様なコンサル求人を扱っています。

公式サイト:https://www.movin.co.jp/

doda X

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: dodaX.png

doda Xは、ハイクラス人材に特化した転職サービスです。

ヘッドハンターからスカウトが届くヘッドハンティングサービスと、自分で求人を探して応募する求人紹介サービスの2つを利用できます。

これにより、成功確率の高い転職活動を展開できるのが魅力です。

公式サイト:https://tenshokuagent-pro.com/links/dodax156/

まとめ

野村證券からの転職先は、M&A仲介会社や投資銀行、スタートアップ企業など幅広い業種が候補にあります。

満足度の高い転職を実現するためには、自分の強みを活かせる転職先の選定やキャリアプランの策定、情報収集などを意識することが大切です。

現職が忙しい方は、転職エージェントや転職スカウトサイトを活用して、効率よく転職活動を進めましょう。

運営者情報

キャリアアップステージ」は、有料職業紹介事業許可番号13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが運営する転職メディアです。
会社名 株式会社アシロ(ASIRO Inc.)
2021年7月20日 東証グロース上場(7378)
URL https://asiro.co.jp/
本社所在地 160-0023
東京都新宿区西新宿6丁目3番1号
新宿アイランドウイング4F
法人番号 9011101076787
設立日 2009年11月
代表者(代表取締役社長) 中山博登
主な事業内容 HR事業、インターネットメディア事業(リーガルメディア、派生メディア)、少額短期保険事業
許認可 有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可 許可番号13-ユ-313782)
グループ会社 株式会社アシロ少額短期保険
株式会社ヒトタス
運営者情報の詳細はこちら
  • URLcopy
佐藤 達也のアバター
キャリアアドバイザー

佐藤 達也

弁護士・公認会計士・税理士等の士業や、管理部門特化の転職サポートを行う人材紹介会社に在籍。士業・バックオフィスに特化した転職ノウハウ・企業調査を担当しています。分野特化だからこその、勘所を押さえたリアルな情報を発信できるよう心がけています。