システムエンジニアを目指せるプログラミングスクールおすすめ10選!2023年最新版

編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

システムエンジニアを目指す方にとって、プログラミングスクール選びはとても重要な事柄です。プログラミングスクールは数多く存在するため、どのスクールを選べば良いかわからないと悩む方も多いかもしれません。

事前のリサーチがなければ、「このスクールはやめておけばよかった…」と後悔する可能性もあります。

この記事では、システムエンジニアを目指す方におすすめのプログラミングスクールの特徴を解説します。

【関連記事】未経験におすすめのプログラミングスクール25選!評判・口コミを徹底解説

目次

システムエンジニアを目指す方におすすめのプログラミングスクール一覧 

プログラミングスキルの習得から、エンジニアとしての転職支援まで、スクールごとに異なる特色とサービスがあります。

未経験からでも、適切なカリキュラムとサポートで、エンジニアへの道を切り拓くことが可能となるでしょう。

RUNTEQ(ランテック)

RUNTEQ(ランテック)

ランテック公式サイト:https://runteq.jp/

ランテックではWebエンジニア養成プログラミングスクールとして、開発現場に必要とされるスキルを習得できます。

1,000時間以上の圧倒的な学習量が特徴で、現役エンジニアの講師に、何度でも質問が可能です。

現場目線のレクチャーが受けられるため、実際の現場で役立つスキルが身につきます。

未経験の方へのおすすめポイント

企業での活躍を意識した学習を提供しているため、「ただプログラミングを勉強するだけ」で終わりません。OB・OGだけでなく講師とのコミュニケーションも活発なため、エンジニアの現場を知りながらのスキルアップが可能です。未経験からエンジニア転職を目指している方にぴったりのプログラミングスクールと言えるでしょう!

RUNTEQ代表 菊本氏

RUNTEQはコミュニティーが活発なので、心持ちを同じくする仲間と楽しみながら学ぶことが可能です。受験生同士の勉強会やオフ会が頻繁にあり、エンジニアとして働くビジョンが明確になりますよ

ランテックがWebエンジニアになるためにおすすめな理由

ランテックの圧倒的な学習量は、スキルを習得するために、ただ暗記を繰り返すようなものではありません。

現場のリアルな課題を解決するための考え方や、現場で活きる質問力を学ぶことができます

また、ランテックのもう一つの特徴は、受講生の目標に沿ったモデルでの学習が可能な点です。

働きながら隙間時間に学習したいなら「すきま時間活用型」、学習に専念したいという方には「短期集中型」など、個々の生活スタイルにあわせて学習を進められます。

フルリモートでも連携が取れるような現場のノウハウをしっかりと教え込んでくれます。

おすすめのコース費用

Webマスターコース:437,800円(税込)

【参考記事】Webエンジニア就職のためのプログラミングスクール | RUNTEQ(ランテック)

COACHTECH(コーチテック)

COACHTECH(コーチテック)

COACHTECH公式サイト:https://coachtech.site/

COACHTECH(コーチテック)はフリーランスエンジニアを目指す方へのサポートを充実させたプログラミングスクールです。

学習をすすめていくうえでの疑問はチャットで手軽に質問でき、基本的に30分以内に返事が来るようになっています。

わからないことをすぐに解決しながら進められるため、学習もはかどります。

また、フリーランスとして必要なお金周りの知識や案件獲得に必要なブランディング力についての教材も用意されています。

未経験の方へのおすすめポイント

未経験からでも卒業時には即戦力フリーランスエンジニアになれるよう、実践的に学習ができる模擬案件開発を提供。案件獲得・転職成功の確率を最大化する「案件保証のCOACHTECH Pro」が備えられています。

フリーランスになりたい方にCOACHTECHがおすすめな理由

COACHTECHには、テストに合格した人のみが入会できるコミュニティ「COACHTECH Pro」があります。

COACHTECH Proでは報酬の発生する実際の案件開発を行います。

初めはPMがサポートしてくれるため安心してやり遂げられるだけでなく、プロの実践的なノウハウを学ぶことができるメリットがあります。

フリーランスになると、なかなか目の前で先輩の技術を学ぶ機会は少ないため、貴重な経験を積むことができます。

また、未経験者がフリーランスの仕事をいきなり取るのは難しい現実があるなか、COACHTECH Proでこなした案件はポートフォリオとして活用できるため、今後案件を取得する際の実績として提示できます。

未経験からプログラミングを学習できるだけでなく、フリーランスエンジニアとしての足がかりになるコミュニティも用意されている点がほかにはない、おすすめのポイントです。

おすすめのコース費用

5ヵ月プラン:440,000(税込)
7ヵ月プラン:550,000(税込)

【参考記事】フリーランスエンジニアを目指すなら COACHTECH | プログラミングスクール

TECH I.S.(テックアイエス)

TECH I.S.(テックアイエス)

テックアイエス公式サイト:https://techis.jp/

テックアイエスは「自立」と「スキル」をサポートすることをポリシーに、実際の現場で役立つプログラミング技術の取得をサポートしてくれるスクールです。

6ヶ月間の学習期間と6ヶ月間のキャリアサポートがついているため、プログラミングの学習からエンジニアとしての転職までを一貫して支えてもらえます。

未経験の方へのおすすめポイント

一生モノのスキルを提供するために、1年間コース(6ヶ月学習+6ヶ月のキャリアサポート)と最長期のサポートを提供!未経験からでもしっかり学べて、フルスタックエンジニアを目指せる。

テックアイエス(長期PROスキルコース)がおすすめな理由

テックアイエスのカリキュラムは実際の現場で必要とされるスキルをベースに作成されています。

カリキュラムの中にはチーム開発もあり、ただプログラミングを学ぶだけでなく、現場できちんとプログラミングを扱えるエンジニアとして自立するまでをサポートしてくれます

オンライン授業がメインになりますが、愛媛、広島、島根、名古屋には実店舗のスクールもあります。

仲間で情報を共有しながら学習を進めたい、励まし会いながら学習したい方には実店舗のスクールを利用するのも一つの手段です。

テックアイエスは、経済産業省がおこなっている教育訓練給付金制度の認定を受けているため、対象のコースを受講した場合授業料が最大70%割引になります。

「長期PROスキルコース」はこの対象となっているため、6ヶ月の学習期間+6ヶ月のキャリアサポートを手頃な授業料で受けることができます。

おすすめのコース費用

長期PROスキルコース:686,400円(税込)

長期PROスキルコース:給付金適用⇒205,920円(税込)

TECH CAMP(テックキャンプ)

TECH CAMP(テックキャンプ)

公式URL:https://techcamp.jp/

テックキャンプは「未経験から最短10週間」でITエンジニアを目指せるプログラミングスクールです。

約5年間(2016年9月1日〜2021年12月31日)の累計実績において、テックキャンプの転職成功率は、「98%」と非常に高い水準を保っています。

さらにそのうち、正社員として雇用されているのは83.7%に上ります。

転職に失敗した場合は、条件を満たしていれば全額返金保証を受けられるのも特徴です。

そしてテックキャンプは、経済産業省の第四次産業革命スキル習得認定講座で、厚生労働省指定の専門実践教育訓練給付制度の対象となっています。

条件を満たすことで支払った受講料の最大70%(最大56万円)が給付金として支給されます。

詳しくはカウンセリングの際に問い合わせてみると良いでしょう。

テックキャンプが転職に強い理由

テックキャンプは、コース料金の中に「専属のキャリアアドバイス」が含まれています

キャリアアドバイザーは、受講生が転職を開始し完全に修了するまで、面接対策や履歴書の添削などのサポートを実施してくれます。

また、テックキャンプ限定の就活イベントも開催しており、企業の人事や担当と直接話しができるチャンスもあります。

うまくいけば説明会からそのまま選考に進むことも可能です。

おすすめのコース費用

オフラインプラン(短期集中スタイル):657,800円
※給付金適用後実質197,340円

オンラインプラン(夜間休日スタイル):877,800円
※給付金適用後実質317,800円(税込)

SAMURAI ENGINEER

SAMURAI ENGINEER

公式URL:https://samurai-enginner/

SAMURAI ENGINEER(侍エンジニア)は、ゼネラルリサーチの調査において、挫折しないプログラミングスクールNo.1に輝いています。(2019年12月13日〜16日のイメージ調査)

さらに、SAMURAI ENGINEER受講生の途中離脱率は2.1%と低い水準です。
※2021/10〜2022/3の期間にて挫折が理由で学習を途中で辞退された方の割合

このため、独学で一度自信を喪失した方や、継続力に自信のない方におすすめのプログラミングスクールです。

目的に応じて以下の7つのコースの中から、希望のコースを選ぶとよいでしょう。

  • 副業スタートコース
  • フリーランスコース
  • 転職保証コース
  • AIコース
  • エキスパートコース
  • LPIC資格対策コース
  • Java資格対策コース

なかでもおすすめなコースは、転職保障コースです。

SAMURAI ENGINEER(転職保障コース)がおすすめな理由

転職保障コースは、未経験から最短でエンジニアへの転職を目指す転職特化型のカリキュラムとなっており、週1回のマンツーマンレッスンをメインに学習していきます。

就職に有利なAWSの資格も取得でき、より良い条件での就職を目指せます。

就職・転職活動のサポートも同時に行っており、期間内に内定が出なかった場合、入学金・受講料が全額返金という保証が付いています。

おすすめのコース費用

転職保証コース16週間プラン:594,000円(税込)

【参考記事】SAMURAI ENGINEER - 人生を変える超実践型プログラミングスクール)

CodeCamp(コードキャンプ)

CodeCamp(コードキャンプ)

コードキャンプ公式サイト:https://codecamp.jp/

コードキャンプは、300社以上のIT企業の研修プログラムに採用(2021年07月時点)されています。

レッスンの満足度も97.4%(2022年1月-9月期集計)と非常に高い水準を誇ります。

コードキャンプは、短期間のオンライン学習でエンジニアスキルを獲得し、活躍できるプログラミングスキルの習得を目指すプログラミングスクールです。

目的に合わせて、以下のようなコースが用意されています。

  • プログラミングコース:ゼロからプログラミングを勉強してサイトを作れるまでのスキルを習得したい方向け
  • エンジニア転職コース:短期集中でWeb業界への転職を目指す方向け
  • オーダーメイドコース:自由にカリキュラムを構成できる

また学びたい言語が決まっている方には「Rubyマスターコース」や「Javaマスターコース」も用意されています。

これからのキャリアについて明確に描けているならこうしたコースで学習することも検討してみましょう。

コードキャンプ(エンジニア転職コース)がWebエンジニアになるためにおすすめな理由

コードキャンプはWeb関連の職業に就きたい方や未経験の学生の方におすすめです。

ただページを作るだけでなく、グルメサイトや掲示板のような投稿機能・ショッピングサイトのような検索やログイン機能・出品などができるフリマサイトなど、0からWebサイトやWebアプリを作ることができるようになります。

HTMLやCSS、PHP、Laravelなどの学習からはじまり、アプリケーションを開発するためのデータベース設計技術の習得など実務で活用できる内容まで学習できます。

現役エンジニアが講師としてマンツーマン指導してくれるため、プロ品質のコードを書く技術も磨けます

カリキュラムにはチーム開発演習もあるため、まさに実践さながらの学習ができる環境が整っているおすすめのコースです。

4ヶ月間の集中でスキルを身に付けたら、キャリアサポートを活用して転職活動を進めることもできます。

おすすめのコース費用

エンジニア転職コース:594,000円(税込)(入学金33,000円+受講料561,000円)

DMM WEBCAMP

DMM WEBCAMP

公式URL:https://dmmwebcamp.jp/

DMM WEB CAMPには、以下の3種類のコースがあります。

  • 短期集中コース:最短3ヶ月でプロのITエンジニアへ転職を目指す方向け
  • 専門技術コース:最新の技術でキャリアアップを目指す方向け
  • 商業両立コース:働きながら学びたい方向け

また、ゼネラルリサーチによるプログラミングスクール会社10社を対象としたイメージ調査において、転職型プログラミングスクールNo.1の座を獲得しています。

DMM WEBCAMPは、「最速でスタートラインに立つ」を宣伝しているプログラミングスクールです。

独自の基準で、合格率10%と厳しい試験を勝ち抜いた現役エンジニアが、メンターとして日々の学習をサポートしてくれます。

DMM WEB CAMPが未経験の人におすすめの理由

オンラインプログラミングスクール最大のネックは挫折しやすいことが挙げられますが、DMM WEB キャンプは未経験でも挫折しにくい環境を整えています。

そのため、実は大学生にもおすすめのプログラミングスクールなのです。

独自で開発したオンライン教材を使用し、開発に必要なプログラミング言語を習得できます。

途中でつまずいても、質問し放題なのでわからなくてモチベーションが下がってしまう心配は不要です。

多くのプログラミングスクールでは、講師との面談回数や時間に制限があるためにわからない点があると動けなくなってしまいますが、DMM WEB キャンプでは安心して学びに集中できます。

DMM WEB CAMPが転職に強い理由

転職支援として、専属キャリアアドバイザーがサポートしてくれる制度があります。

紹介企業は600社以上あり、相談回数に制限はありません

卒業生限定のエンジニアコミュニティも開催されており、エンジニア同士でコミュニケーションを図りキャリアアップ・スキルアップの場を設けていることも大きな魅力です。

また、2022年2月時点の実績において、転職率は98%を誇ります。

イメージに恥じぬ実績のあるプログラミングスクールです。

こちらも、転職失敗した場合、条件を満たせば全額返金保証が受けられます。

おすすめのコース費用

短期集中コース:総額690,800円(税込)

専門技術コース:総額910,800円(税込)

※給付金適用実質350,800円

就業両立コース:756,800円(税込)

ウズウズカレッジ

ウズウズカレッジ公式サイト:https://uzuz-college.jp/ccna/

ウズウズカレッジは受講者数が5万名以上を超えているプログラミングスクールで、就職・転職まで完全にサポートしてくれるサービスです。

担当講師が1on1でついてくれるため、挫折することなく学習を進めることができます。

またリスキングを通じたキャリアアップ支援事業の対象となるIT転職支援サービスであるため、最大70%の補助金を受けることができます。

正社員はもちろん、契約社員や派遣社員で働いている人も補助金の対象となるため、ぜひ一度ウズウズカレッジの無料カウンセリングで補助金対象なのか相談してみてください。

ウズウズカレッジはこんな方におすすめ

ウズウズカレッジは、就職や転職まで見据えてスキルを身につけたい方におすすめです。

ウズウズカレッジの運営元は20代向けの転職エージェントのUZUZであるため、エンジニアとして就職・転職のノウハウを多く保有しています。

入社半年後の定着率が97%と高い水準であるため、学んだことを仕事に活かしたい方に特におすすめのプログラミングスクールです。

Tech Academy(テックアカデミー)

Tech Academy(テックアカデミー)

TechAcademy公式サイト:https://techacademy.jp/

GMOリサーチの調査で受講者数No.1に輝いたTechAcademy(2021年8月12日~8月16日)。

通過率10%の難関試験を突破した現役エンジニアで構成された講師陣が最大の特徴です。

副業・転職などの目的に合わせてさまざまコースが用意されており、自由に選択することが可能です。

TechAcademyではパーソナルメンターが一人ひとりについてくれるため、質問がしやすいだけでなく、挫折しない、学習しやすい環境が整っています。

【参考記事】プログラミングスクール | 受講者数No.1のテックアカデミー

TechAcademy(Unityコース)がおすすめな理由

ゲーム開発エンジンUnityを短期間で学べるコースです。

週2回のメンターとのメンタリングによるマンツーマントレーニング、チャットサポート等により、最終的に自分のオリジナルゲームアプリを開発できるまでのレベルになります。

卒業後は、アプリ開発会社の代表等が審査員を務めるテックアカデミー コンテストへの応募資格が与えられます。

卒業してもスキルに磨きをかけられる場が提供されている点も大きな魅力の一つです。

おすすめのコース費用

社会人 4週間プラン(Unityコース):174,900円(税込)

INTERNET ACADEMY(インターネットアカデミー)

INTERNET ACADEMY(インターネットアカデミー)

公式サイト:https:/internet-academy.jp/

インターネットアカデミーは日本初のWeb専門スクールとして、インターネット黎明期から選ばれ続けてきた老舗のプログラミングスクールです。

経済産業省の教育訓練給付制度の対象にもなっており、比較的安価に通えるのが特徴です。

INTERNET ACADEMYはこんな方におすすめ

インターネットアカデミーは社会人として働きながら学習したい方におすすめです。

とくにWeb担当に配属された方には、「プログラマー入門コース」が一押しです。

フルタイムで働いている社会人の方は、なかなか通学が難しいという方もいるでしょう。

インターネットアカデミーは、オンラインマンツーマン・オンデマンド授業・チャットサポートやZoomでの質疑など、さまざまなサポート体制が整っています

なお、「プログラマー入門コース」のみでは給付金の対象になりませんが、PHPといった他の科目も並行すると、給付金を受けられるようになります。

プログラミングスクールの失敗しない選び方とは

システムエンジニアを目指す方々にとって、プログラミングスクールの選択はキャリアの方向を大きく左右します。成功への道を切り開くためには、スクール選びで重要なポイントを押さえる必要があります。

ここでは、失敗しないスクール選びのための具体的なアドバイスを提供します。

【関連記事】初心者におすすめのプログラミングスクールの選び方

システムエンジニアを目指せる内容か確認する

スクール選びの最初のステップは、提供されているカリキュラムがシステムエンジニアに必要なスキルを網羅しているかを確認することです。

システムエンジニアとして求められるのは、プログラミング技術だけでなく、システム設計やデータベース管理など幅広い知識ですので、各スクールのカリキュラムを詳しく調べておく必要があるでしょう。

実際の業務に即した技術が学べるかをチェックしましょう。また、最新の技術動向に対応した教育内容が提供されているかも重要なポイントです。

受講は通学・オンラインのどちらか確認する

プログラミングスクールには、通学型とオンライン型があります。自分のライフスタイルや学習環境に合った形式を選ぶことが重要です。

通学型は対面での指導が受けられ、直接質問やフィードバックが可能です。一方、オンライン型は自宅や好きな場所で学ぶことができ、時間や場所に縛られない柔軟性があります。

自分の学習スタイルや日常のスケジュールを考慮して、適切な形式を選びましょう。

受講料金を分割支払いできるかを確認する

プログラミングスクールの受講料は、一括払いの場合、高額になることがあります。そのため、分割支払いのオプションがあるかどうかは重要な判断材料となるでしょう。

分割払いが可能なスクールでは、経済的な負担を軽減しながら学習を続けることができます。また、各スクールが提供する奨学金制度や給付金制度の有無も確認しておくと良いでしょう。

学習サポートが充実しているか確認する

プログラミング学習は独学では難しい部分も多く、適切なサポート体制が整っているかどうかは非常に重要です。

講師からの個別指導や質問対応、学習進捗の管理などが充実しているスクールは、学習者が挫折しにくく、効率的にスキルを習得できる傾向にあります。

また、特に未経験から学ぶ場合、分からない点をすぐに質問できる環境や、適切な学習計画の提供が大切です。カリキュラムの進行に合わせて、適時フィードバックがもらえるかどうかもチェックポイントとなるでしょう。

就職・転職活動のサポートがあるかを確認する

プログラミングスキルを習得する目的として、就職や転職をあげる方は少なくないでしょう。スクール選びでは、就職・転職サポートの質と範囲を確認することも重要です。

履歴書の作成支援、面接対策、求人の紹介など、就職・転職に直結するサポートが充実しているスクールを選ぶと、エンジニアとしてのキャリア構築がスムーズになるはずです。

また、スクールが持つ業界内のネットワークや実績も、成功の鍵となり得ます。

システムエンジニアの輩出実績があるかを確認する

プログラミングスクールがこれまでにどれだけのシステムエンジニアを輩出してきたかは、そのスクールの実力を示す重要な指標となるでしょう。

卒業生のキャリアパス、転職成功例、受講後の平均年収など、具体的な実績を確認しましょう。

実際の卒業生の声や、卒業後のキャリアに関する詳細な情報は、スクール選びの大きな手がかりになります。

カウンセリングで雰囲気が良いかを確認する

最後に、スクールの雰囲気やスタッフの印象も重要な選択基準となることを覚えておきましょう。

無料カウンセリングを利用して、スクールの雰囲気を直接感じ取ることをおすすめします。教育方針、講師の質、学習環境など、実際に体験することで分かることも多いです。

自分に合った環境で学ぶことが、モチベーション維持と学習効果の向上につながるはずです。

プログラミングスクールに通うと実現できること

プログラミングスクールに通うことで、様々なキャリアの道が開けます。特に未経験からシステムエンジニアを目指す方にとっては、新しい職業への扉を開く重要なステップとなり得るでしょう。

以下では、プログラミングスクールを通じて実現できる具体的なキャリアパスを紹介します。

未経験からのシステムエンジニア就職

多くのプログラミングスクールは、未経験者を対象にカリキュラムを提供しています。基本的なプログラミング言語から始め、段階的にシステムエンジニアとして必要なスキルを身につけることができるでしょう。

さらに、現代のIT業界では、実際のスキルだけでなく企業への理解度も重視する傾向にありますので、スクールでの学習や現役エンジニアとの関わりが直接就職に結びつくケースも多いようです。

異業種からのシステムエンジニア転職

既に別の職種で働いているが、キャリアチェンジを考えている人にとっても、プログラミングスクールは有効な選択肢です。

異業種からの転職者にとって、スクールは必要な技術知識と実践的な経験を短期間で習得する場となるでしょう。

また、転職サポートやキャリアカウンセリングを通じて、新しい職種への移行をサポートしてくれるスクールも多いです。

副業での収入アップ

プログラミングスキルは、副業を始める際の勉強の場としても非常に有用です。フリーランスのプロジェクトや、短期間のフリーランスエンジニアとしての仕事を通じて、追加の収入を得ることが可能です。

プログラミングスクールで身につけたスキルを活かして、Web開発、アプリケーション開発、データベース管理などのプロジェクトに参加することで、本業以外の収入源を確立することができます。

特に、フリーランス市場では多様な技術が求められており、スクールで学んだ最新の技術を活かせる機会が豊富にあります。

フリーランスとして独立

プログラミングスキルは、フリーランスエンジニアとして独立するための強力なツールになり得ます。

プログラミングスクールでは、技術的なスキルだけでなく、プロジェクト管理やクライアントとのコミュニケーションスキルも学ぶことができます。これらのスキルは、フリーランスとして活動する際に不可欠です。

また、スクールのネットワークを利用して、最初のクライアントを見つけることも可能となるでしょう。

プログラミングスクール受講前に知っておくべきこと5つ

プログラミングスクールを受講する前に、いくつかの重要な点を理解しておくことが重要です。以下では、受講前に知っておくべき5つの重要なポイントについて解説します。

未経験からエンジニアになるまでにかかる時間

プログラミングスクールでは、通常、数ヶ月から1年程度で基本的なプログラミングスキルを身につけることができます。

しかし、実際のスキル習得や転職までの時間は個人によって大きく異なるでしょう。

自身の学習ペースや、既存の知識、学習に費やせる時間などによって、必要な期間は変わってきます。リアルな期待値を持つためにも、スクールのカウンセリングで実際の期間について相談してみることが重要です。

なお、PRTIMESに掲載されていた情報によると、未経験からITエンジニアを目指している方の半数以上が1年未満で現場でITエンジニアとして働いていることが伺えます。

学習開始からITエンジニアになるまでにかかった時間
出典:侍エンジニアブログ

未経験からエンジニアになるまでにかかる費用

プログラミングスクールの受講料は、スクールによって大きく異なります。一般的には数十万円から数百万円の範囲ですが、分割払いや給付金制度を利用することで、費用の負担を軽減することが可能です。

また、無料のカウンセリングを活用して、実際にかかる費用の詳細を確認することをおすすめします。

例えば、厚生労働省が認定した専門実践教育訓練給付制度の対象であれば、受講料の70%が給付されるケースもあります。

費用にハードルを感じている方は、プログラミングスクールに直接相談してみると良いでしょう。

システムエンジニアとして就業した時の年収

システムエンジニアとして就業した際の年収は、経験やスキル、勤務地などによって大きく変わります。一般的には、初心者の場合でも年収300万円からスタートすることが多く、経験を積むにつれて年収は上昇していきます。

また、フリーランスとして独立する場合、プロジェクトの種類や規模によって収入が変動します。

なお、前項と同様の調査では、未経験からITエンジニアに転職した方の年収で一番多い価格帯は300〜350万円でした。未経験からの就職を目指している方は参考にしておくと良いでしょう。

ITエンジニアに就職・転職した年の年収
出典:侍エンジニアブログ

エンジニアになるまでの流れ

エンジニアになるための一般的な流れは、まず基本的なプログラミングスキルの習得から始まります。

その後、実際のプロジェクトでの経験を積み、必要な知識とスキルをさらに深めていくようなカリキュラムが組まれていることが通常です。

エンジニアになるまでの学習の例
  1. 基本的なコーディングスキルを体系的に学習する
  2. 既存アプリの模写やサンプルアプリ開発など応用の学習をする
  3. 模擬案件開発やチーム開発などを通じて即戦力レベルの学習をする
  4. オリジナルアプリ開発などを通じて課題発見及び解決の学習をする

プログラミングスクールの制度に関する知識

プログラミングスクールには様々な制度が設けられています。以下では、主要な制度について解説します。

転職保証制度とは

多くのプログラミングスクールでは、転職保証制度を提供しています。

この制度は、スクール卒業後に一定期間内に適切な職に就けなかった場合、受講料の一部または全額を返金するものです。

この保証は、スクールが提供する教育の質と転職支援の自信の表れであり、受講生にとってはリスクを減らすための重要な要素となるでしょう。

ただし、制度の詳細には個々のスクールで差があり、対象条件や返金の範囲を事前に確認しておく必要があります。

【関連記事】プログラミングスクールの転職保証とは?利用するメリットや注意点を解説

案件獲得サポートとは

特にフリーランスや副業を目指す受講生向けに、案件獲得サポートを提供するスクールもあります。

これは、実際のプロジェクト案件を獲得するためのアドバイスや、クライアントとのマッチングサービスを提供するものです。

このサポートを通じて、受講生は実務経験を積む機会を得ることができ、キャリア形成の大きな助けとなるでしょう。

給付金制度とは

一部のプログラミングスクールでは、教育訓練給付金の対象となるコースを提供しています。

これは、厚生労働省が定める条件を満たした教育機関のコースを受講した場合、受講料の一部を国から給付金として支給される制度です。

この給付金制度を利用することで、受講料の負担を軽減することが可能です。

ただし、制度の利用条件や手続きには複数の要件があるため、事前に詳細を確認することが必要でしょう。

プログラミングスクールに関する注意点

プログラミングスクールを選ぶ際には、以下のような注意点を考慮することが重要です。

学習内容を選択できないプログラミングスクールもある

スクールによっては、カリキュラムが固定されており、受講生が学習内容を選択できない場合があります。

自分の学習目的や興味に合わせてコースを選べない場合、効率的な学習が難しくなる可能性があります。

そのため、受講前にカリキュラムの内容と構成を確認し、自分のニーズに合ったスクールを選ぶことが重要となるでしょう。

サポート制度には条件がつく場合もある

転職支援や案件獲得サポートなどの制度は、一定の条件を満たす必要がある場合があります。

例えば、特定の成績を維持する、定期的な進捗報告をする、年齢が35歳以下であるなどの条件が設けられていることがあります。

これらの条件を事前に理解し、自分がそれらを満たせるかどうかを考慮することが大切です。

返金対応の有無はスクールによって異なる

転職保証制度の返金対応はスクールによって異なります。

返金の条件、対象となる期間、返金の範囲などを事前に確認し、自分にとって最適な保証内容を提供するスクールを選ぶことが重要です。

また、契約時には返金に関する条項をしっかりと理解し、必要に応じて質問や確認を行うことが推奨されます。

プログラミングスクールに関してよくある質問

システムエンジニアがプログラミングスクールで学ぶ場合によくある質問を紹介します。

プログラミングは独学よりもスクールで学ぶべき?

プログラミングの学習方法は個人の学習スタイルや目的によって異なります。

独学は自由度が高く、費用を抑えることができますが、学習の進行に自己管理が必要となるでしょう。また、実際の現場を知る機会も少ないため就職の際に不利になる傾向があります。

一方、スクールでは体系的なカリキュラムと専門家のサポートを受けられ、効率的にスキルを習得できる可能性が高いです。また、転職支援やキャリア形成のアドバイスも受けられるため、特に未経験からプロのエンジニアを目指す場合は、スクールでの学習が推奨されます。また、プロジェクトベースの学習やチームでの作業を通じて、実務に近い経験を積むことができるのもスクールの大きな利点です。

ただし、費用や時間の投資は考慮する必要があり、自身の状況と目標を照らし合わせて選択することが重要でしょう。

プログラミングスクールが「やめとけ」と言われる理由は?

プログラミングスクールに対する否定的な意見は、主に期待と現実のギャップに起因することが多いようです。

一部のスクールでは過大な宣伝や、現実離れした成功事例の提示が見られ、実際には習得に時間がかかるスキルや、厳しい転職市場の状況が見落とされがちです。また、個人の学習姿勢や努力による成果の差が大きいため、一律の成功が約束されるわけではありません。

そのため、受講前にはスクールの評判や実績をよく調べて、自身の学習目標や期待値を現実的に設定することが大切になるかもしれません。

いずれにしても、プログラミングスクールの受講を検討しているのであれば、一度相談に行ってみることをおすすめします。

まとめ

プログラミングスクールは、システムエンジニアとしてのキャリアを築くための有力な手段の一つです。ただし、スクール選びには慎重になる必要があり、自身の目標やライフスタイル、予算に合った選択をすることが大切です。

また、スクールでの学習は、新しいキャリアへの一歩であると同時に、自身での継続的な努力が不可欠であることを理解しておく必要があるでしょう。

適切なスクールを選び、効果的な学習方法を取り入れることで、システムエンジニアとしての夢を実現することができるでしょう。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。

エージェント診断
DIAGNOSE
  • X
  • facebook
  • LINE
  • linkedin
  • URLcopy