CFO候補の転職で有利なスキルや経験は?採用されるための対策も解説

編集者
佐藤達也
【キャリアアドバイザー】国弁護士・公認会計士・税理士等の士業や、管理部門特化の転職サポートを行う人材紹介会社に在籍。士業・バックオフィスに特化した転職ノウハウ・企業調査を担当しています。分野特化だからこその、勘所を押さえたリアルな情報を発信できるよう心がけています。
CFO候補の転職で有利なスキルや経験は?採用されるための対策も解説
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

CFOは財務戦略の立案や実行、株主や投資家とのコミュニケーション、デジタル変革の推進などを担う経営幹部です。

CFOに求められるスキルや経験は多岐にわたるため、CFO候補として採用されるためにどんな対策をすればよいのか悩んでいる方は少なくないでしょう。

そこでこの記事では、CFO候補の選考で評価されるスキルや能力、経験について解説します。

採用されるパターンや選考プロセスごとのポイントについても解説するので、CFO候補として採用されるための対策にお役立てください。

転職サービス概要
BEET管理部門・バックオフィス人材に特化した転職エージェントです。CFOなどCXO候補の求人も多数取り扱っています
ハイスタ公認会計士・税理士・USCPAなど、有資格者におすすめ。CFOになるための実績を積める転職先や必要なキャリアについて相談できます。
ビズリーチ求人の精査や企業調査が苦手・時間がない人は、ほか転職エージェントと並行して利用することをおすすめ。
WARCエージェント上場企業からベンチャー企業まで、幅広く取り扱う。IPO準備中企業の求人数が多く、チャレンジングな環境でCFOなどのキャリアを積みたい人におすすめ。
SOICO特化型エージェントのなかでも「副業CFO」に特化した、非常に珍しい転職エージェント。
CFOのための転職サービス
目次

CFO候補に求められるスキルや能力

CFO候補として採用されるためには、CFOに必要なスキルや能力を知っておく必要があります。CFOは多様なスキルや能力を求められますが、代表的なものは以下のとおりです。

財務知識やデータ分析能力

CFOになるためには、財務知識やデータ分析能力が必要不可欠です。財務知識は、財務諸表の読み方や財務指標の算出方法、資金調達や予算管理などに関する知識を指します。

CFOは企業の財務状況を正確に把握して経営陣や株主に報告するとともに財務リスクを評価して適切な対策を立案する役割を担うため、財務知識が必要です。

データ分析能力は、財務データや競合の動向、顧客や従業員のニーズなどのさまざまなデータを収集・分析し、有効な情報に変換する能力です。

CFOはこれらのデータをもとにした戦略的な意思決定を行い、事業の成長や収益性の向上に貢献する必要があります。データ分析のツールや手法に精通し、最新の技術に対応することも求められます。

経営判断力

経営者の意思決定に寄与する経営判断力は、CFOに求められるスキルや能力の中でもとくに重要なもののひとつです。

経営判断力を備えたCFOは、財務戦略の立案や実行において経営者のパートナーとして活躍できます。財務だけでなく経営全体の視点から問題を分析し、最適な解決策を提案できるでしょう。

経営判断力は一朝一夕に身につくものではありませんが、まずは経営者の思考やビジョンを理解し、共有することが大切です。経営環境や競合他社の動向を常に把握し、変化に対応するための力を備えることも必要となるでしょう。

リスク管理能力

CFOには経営上の不確実性に対応するためのリスク管理能力も必要です。たとえば市場変動や規制変更、競合の動向、内部統制の不備といったリスクが挙げられます。

CFOはこうしたリスクに対して、適切な分析・評価・対策を行うことが求められます。そして危機的状況におかれた場合でも冷静に判断し、迅速に行動することが必要です。

コミュニケーションスキルやリーダーシップ

CFOは社内外のステークホルダーとの関係を構築し、財務戦略や業績をわかりやすく伝える必要があります。財務部門のメンバーや他部署のリーダーと協力して、組織の目標に沿った予算や計画を策定することも必要です。

そのためには聞く力や説得力、交渉力などを含めたコミュニケーションスキルが欠かせません。

また、CFOは財務部門のトップとして部下の育成やモチベーション、パフォーマンス管理などを行う責任があります。リーダーシップを発揮し、人や組織に影響を与えるポジションとしての役割を果たす必要があります。

変化に対応できる柔軟性や創造性

柔軟性や創造性を持ち合わせていることも必要です。

CFOには、市場環境や競合の状況、技術革新などに応じて財務戦略を見直し、イノベーションを推進することが求められます。そのためには常に市場や競合の動向を分析し、適切な判断を下す必要があります。

また、数字やルールに従うだけでなく、新しいアイデアやソリューションを提案できる能力も必要です。組織の中でさまざまな部門と連携する際にはコミュニケーションや交渉のスキルだけでなく、異なる視点や意見に対して柔軟に対応できる姿勢も大切です。

CFO候補になるために有利な経験

CFO候補として採用されるためには、どんな経験があると有利にはたらくのでしょうか。評価の対象となりやすい経験について解説します。

IPO準備や達成経験

IPO準備や達成経験は、CFO候補として評価される経験のひとつです。こうした経験があるとIPOに関する法令や会計の知識、ノウハウを持っているため、転職先でも上場に向けた準備をスムーズに進めることができます。

またIPOによって生じる財務戦略やリスク管理の課題へ対応でき、上場後の株主とのコミュニケーションや開示業務に関する期待を得られやすいでしょう。

管理部門の責任者

CFOは財務部門のトップであると同時に、総務や人事などの管理部門全体を統括する責任者でもあります。管理部門の責任者は会社の経営方針や戦略にそって各部門の業務を効率的に運営し、コスト削減やリスク管理を行うことが求められます。

管理部門の責任者としての経験があると、他部門と連携して業務を進める能力やコミュニケーションスキルがあると判断されやすいです。

内部統制や財務アドバイザリーの経験

企業の業務プロセスや経営活動において不正やミスを防止し、効率性や有効性を高めるために活動する内部統制の経験も有利にはたらきます。内部統制の経験があると会計監査や税務対策に強く、リスク管理やコンプライアンスに精通していると判断されやすいでしょう。

ほかには企業の財務戦略や資金調達、M&Aなどの業務を支援する財務アドバイザリーの経験も評価されやすい経験のひとつです。財務分析や財務報告などの基本的なスキルがあることや、企業の成長戦略や資本政策に関する知識や視点をもてることなどが評価される可能性があります。

転職サービス概要
BEET管理部門・バックオフィス人材に特化した転職エージェントです。CFOなどCXO候補の求人も多数取り扱っています
ハイスタ公認会計士・税理士・USCPAなど、有資格者におすすめ。CFOになるための実績を積める転職先や必要なキャリアについて相談できます。
ビズリーチ求人の精査や企業調査が苦手・時間がない人は、ほか転職エージェントと並行して利用することをおすすめ。
WARCエージェント上場企業からベンチャー企業まで、幅広く取り扱う。IPO準備中企業の求人数が多く、チャレンジングな環境でCFOなどのキャリアを積みたい人におすすめ。
SOICO特化型エージェントのなかでも「副業CFO」に特化した、非常に珍しい転職エージェント。
CFOのための転職サービス

CFO候補として評価される資格

CFO候補の選考において評価の対象となり得る資格について解説します。

公認会計士

公認会計士は法定監査を行う専門職として、クライアントである企業の財務状況や内部統制を正確に分析し、適切なアドバイスを提供しています。

会計基準や税制などの専門知識があり、監査を独占業務とする唯一の国家資格なので、社会的な信頼性が高い資格です。

CFOになった際にはステークホルダーからの信頼も得られやすいため、CFO候補の求人では公認会計士を歓迎資格として挙げているケースも見られます。

CFO資格

CFO資格は日本CFO協会が認定する、財務経営の専門家としての能力を証明する資格です。

スタンダードCFO・プロフェッショナルCFO・グローバルCFOの3つの資格と、ビジネス知識を身につけていることを証明するジェネラルCFOの合計4つがあります。

これらの資格を取得することで、経営のスキルや知識があると評価される可能性があります。

※参考:一般社団法人日本CFO協会|CFO資格

CFO候補になるには資格よりもどのような経験を積んだのかが重要

上記の資格はCFO候補の選考で有利にはたらく可能性がありますが、資格があるだけで採用されることはありません。それよりも経験やスキル、自社とのマッチングが重視されます。

CFOになるために資格を取得しようと考えている方は、その前に業務経験の棚卸しを行い、必要な経験やスキルがあるのかを確認することが大切です。

CFO候補になる人の経歴

CFOになるにはどんな経歴が必要なのか気になる方もいることでしょう。CFOになるために決まったルートはありませんが、以下のような経歴の方が採用されるケースがよくあります。

監査法人

まずは監査法人での経験が挙げられます。

監査法人では、会計や財務の専門知識だけでなく、さまざまな業界や企業のビジネスモデルやリスク管理に関する知見を身につけることができます。クライアントとのコミュニケーションや交渉力、チームワークなどのスキルも磨かれます。

これらのスキルはCFOとして企業の財務戦略を立案し、経営陣や株主との対話を行ううえで必要不可欠です。

コンサルティングファーム

コンサルティングファーム出身者もCFO候補として採用される場合があります。

コンサルティングファームではさまざまな業界や企業の経営課題に対して、戦略的な視点で分析や提案を行います。

そのため選考の際には課題抽出力や解決力、分析スキルなどが評価の対象となります。多くのクライアントと関わることからコミュニケーションや交渉スキルも評価されやすいでしょう。

ベンチャーキャピタルやPEファンド

ベンチャーキャピタルやPEファンドでの勤務経験を経てCFOになるパターンもあります。

ベンチャーキャピタルやPEファンドでは、投資先企業の財務戦略や経営改善に深く関与することが求められます。

そのため、財務分析や資金調達、M&Aなどのスキルを身につけることができます。さまざまな業界や規模の企業と接することで幅広い知識や視野をもつことも可能です。

銀行や証券会社などの金融機関

CFOが銀行や証券会社出身というケースもあります。

金融機関で働くことで財務管理やリスク管理などのスキルが身につくほか、多くの企業との関わりを通じて業界や市場の動向に精通することができます。

これらの知識や経験はCFOとして企業の成長戦略を立案し、実行する際に役立ちます。

財務・会計以外の分野からキャリアチェンジするケースも少なくない

CFOの経歴が財務や会計の専門家というケースはよくあることですが、一方で財務・会計以外の分野からキャリアチェンジするケースも少なくありません。

たとえばマーケティングや営業などの部門で活躍した後にCFOに就任する人もいます。このような人たちは財務・会計の知識だけでなく、ビジネス全体の視野や戦略的思考力を持っているという強みがあります。

また、異なる部門の経験を積んでいることで、組織の横断的な連携やコミュニケーション能力も備えています。

転職サービス概要
BEET管理部門・バックオフィス人材に特化した転職エージェントです。CFOなどCXO候補の求人も多数取り扱っています
ハイスタ公認会計士・税理士・USCPAなど、有資格者におすすめ。CFOになるための実績を積める転職先や必要なキャリアについて相談できます。
ビズリーチ求人の精査や企業調査が苦手・時間がない人は、ほか転職エージェントと並行して利用することをおすすめ。
WARCエージェント上場企業からベンチャー企業まで、幅広く取り扱う。IPO準備中企業の求人数が多く、チャレンジングな環境でCFOなどのキャリアを積みたい人におすすめ。
SOICO特化型エージェントのなかでも「副業CFO」に特化した、非常に珍しい転職エージェント。
CFOのための転職サービス

CFO候補として採用されるパターン

CFO候補として採用されるパターンとしては主に4つあります。

リファラル採用

CFOは企業経営に深く関わる重要なポジションなので、企業が信頼できる自社の社員を通じてリファラル採用するケースがあります。CFOになりたい人から見ると、自分の知人や友人を通じて企業にCFO候補として紹介される形です。

リファラル採用の場合、その企業の社員からの紹介という信頼性が担保されているため、採用されやすいという特徴があります。書類選考がなく、いきなり面接からというケースも少なくありません。

そのため「自分の会社でCFO候補を探している」という知人や人脈があれば、紹介してもらうのは有効な方法です。

ただし、応募先企業の情報や条件などについては、紹介者からの情報を鵜呑みにせず、自分でしっかりと調べておく必要があります。

転職イベントへの参加

CFO候補として採用されるためには、自分の経験やスキルをアピールする機会を増やすことが重要です。そのひとつの方法が転職イベントへの参加です。

CFO候補を探している企業がイベントに参加していることがあるため、転職イベントに参加することで企業の担当者と直接話すことができます。これは、自分の強みや志向を伝えるだけでなく、企業のビジョンや方針を聞くこともできる貴重な機会です。

ここでの出会いをきっかけに企業とのやり取りが始まる場合があるため、転職イベントには積極的に参加してみるとよいでしょう。

ヘッドハンターや企業からの直接スカウト

転職サイトに登録することで、ヘッドハンターや企業からのスカウトを受けることができます。

登録した経歴や実績がCFO候補を探している企業の目にとまった場合に、スカウトをきっかけに企業とのやり取りが始まり、選考に参加するというパターンです。

このパターンでは登録後にスカウトを待つだけで、転職エージェントを介さず企業と直接やり取りできるため、効率的な転職活動を展開できるというメリットがあります。まずは市場価値を知りたいという場合にも有効です。

ただし、企業の目を引くような経歴や実績がなければ熱量の高いスカウトは受けられないため、市場価値によっては活用できません。

転職エージェント経由

転職エージェントからの紹介を受けて選考に臨み、採用されるパターンもあります。

転職エージェントを使った場合、経歴や希望などを伝えておくことで自分に合った企業を紹介してくれるため、自分で求人を探す必要がありません。

応募書類の添削や面接対策などのサポートを受けられるほか、応募先が求めているスキルや経験を把握しているため、採用される可能性も高まります。

ただし、転職エージェントにも得意とする職種や業界があります。CFO候補として採用されるためには、CFOや財務人材の転職に強い転職エージェントに相談することが大切です。

転職サービス概要
BEET管理部門・バックオフィス人材に特化した転職エージェントです。CFOなどCXO候補の求人も多数取り扱っています
ハイスタ公認会計士・税理士・USCPAなど、有資格者におすすめ。CFOになるための実績を積める転職先や必要なキャリアについて相談できます。
ビズリーチ求人の精査や企業調査が苦手・時間がない人は、ほか転職エージェントと並行して利用することをおすすめ。
WARCエージェント上場企業からベンチャー企業まで、幅広く取り扱う。IPO準備中企業の求人数が多く、チャレンジングな環境でCFOなどのキャリアを積みたい人におすすめ。
SOICO特化型エージェントのなかでも「副業CFO」に特化した、非常に珍しい転職エージェント。
CFOのための転職サービス

CFO候補の採用プロセス

CFOの採用プロセスは書類選考、カジュアル面談や会食、面接という流れになることが一般的です。

最初の関門は書類選考

CFO候補の選考において最初の関門は書類選考です。書類選考のポイントは、自分の経験や実績を具体的かつわかりやすくアピールすることです。

CFOとして求められる能力は、財務管理や戦略立案だけでなく、リーダーシップやコミュニケーション能力も重要です。そのため応募書類では自分がどのように財務戦略を策定し、チームやステークホルダーと協働して成果を出したかを明確に伝える必要があります。

カジュアル面談や会食

CFO候補の選考において、企業がもっとも重視するのは自社との相性です。

企業側は理念や事業方針、カルチャー、経営幹部や従業員との相性が極めて重要だと考えています。そのためCFO候補の人間性や考え方、経営幹部たちとの相性を確認する場としてカジュアルな面談や会食が実施されるケースがあります。

基本的には応募先の企業や経営幹部の人柄、経歴などについて興味があることを何でも質問できるカジュアルな場ですが、CFO候補者としても人柄や興味関心をアピールするチャンスです。

CFOとしての目標や応募先のどんな点に興味があるのかなどについて、自分の言葉で具体的に語ることを心掛けましょう。

また面接のようなかしこまった場ではないものの、服装はビジネスカジュアルで清潔感があること、飲酒はほどほどにすることなど基本的なマナーは忘れないことが大切です。

経営幹部が参加する面接

採用プロセスの終盤には面接が実施されます。一般的な面接では人事担当者→部門長→経営幹部と面接官が変わっていきますが、CFO候補の採用ではこうしたステップを経ずに最初から経営幹部との面接になることが多いです。

ここではCFOとしてのビジョンや戦略が会社の方針や目標に合致しているか、リーダーシップや協働性があるかなどを確認されます。

CFO候補者としての強みや価値観を明確に伝えるとともに、質問に対して具体的かつ論理的に回答することを心掛けましょう。

CFO候補として採用されるには

CFO候補として採用されるための対策について解説します。

自分のキャリアビジョンや志向性、目指すCFO像を明確にする

まずはキャリアビジョンや志向性、目指すCFO像を明確にしましょう。

これによりキャリアプランを策定でき、それにそった行動をとることができるとともに、自分のビジョンや志向性に合った企業を見つけることにつながります。CFO候補としての自己PRや面接対策にも役立ちます。

財務や会計だけでなく経営に関する幅広い知識を身につける

CFOには財務や会計の専門性はもちろん必要ですが、それだけではCFOとしての役割を果たせません。経営幹部の一員として事業戦略にも関与するため、業界や市場の動向を把握し、経営判断に貢献できるようになる必要があります。

そのためには経営に関する幅広い知識を身につけることが大切です。たとえば財務や会計以外の分野の書籍を読む、セミナーや異業種交流会に参加するといった方法があります。

ネットワークを広げる

積極的にネットワークや人脈を広げることも大切です。これにより情報交換や相談、紹介などのメリットを受け取れます。

ネットワークを広げる方法としては、セミナーや勉強会への参加やSNSの活用などがあります。先輩や知人など既存のネットワークを活用し、CFOになりたいという意思を伝えておくことも必要です。紹介やアドバイスを受け取れる可能性があります。

知識やスキルを常にアップデートする

CFO候補として活躍するためには、常に学び続ける姿勢が大切です。財務や会計の最新動向や法改正などに敏感になり、自分の知識やスキルをアップデートすることが欠かせません。

また、他部署や外部専門家などとの連携も重要なので、今の職場や日常生活などさまざまな場面を通じてコミュニケーション能力や交渉力も磨くことが求められます。

応募先にあった面接対策を実施する

面接では、CFOとしての役割や責任、貢献できる点や目標などを具体的に伝えることが求められます。そのためには応募先のビジョンや戦略、財務状況や課題などを事前に調べておき、応募先のニーズを把握することが必要です。

自分の経歴やスキル、強みや弱み、志望動機や適性などを明確に整理しておくことも欠かせません。

CFOの面接でよくある質問

CFOの面接では志望動機や自己PRといった定番の質問のほかに、CFOの業務や役割に関する質問もあります。CFOの仕事に対する理解度やそれに対応できる経験を確認するための質問です。

また、面接官が設定する課題に対して解決策を提示するケーススタディも実施されます。たとえば収益の低下が予測される場合にCFOとしてどんな対策をとるのかといった質問です。

そのほか、よくある質問例です。

  • CFOとしてのビジョンや目標を教えてください
  • あなたがCFOとして活躍するための最大の強みは何ですか?
  • CFOとしての経験や実績はどのようなものがありますか?
  • 入社した場合にCFOとしてどのようなリーダーシップスタイルをとりますか?
  • CFOとしてどのように財務戦略を立てて実行しますか?

転職支援サービスを利用する

転職エージェントやスカウト型転職サイトなどの転職支援サービスを利用することも大切です。

転職エージェントを利用すると、CFOの転職に詳しいキャリアコンサルタントが求職者のスキルや経験を評価し、マッチする求人を紹介してくれます。応募書類の添削や面接対策などもサポートしてくれるので、自信をもって選考に臨めるでしょう。

スカウト型転職サイトでは自分の市場価値を判断するとともに、効率的な転職活動を展開できます。

CFOを目指すならおすすめの転職支援サービス5選

CFOのようなハイクラスの転職は非常に難易度が高いため、転職活動をサポートしてくれるサービスを利用するのがおすすめです。

以下では、CFOや関連職種の転職に強いおすすめの転職エージェントや転職サイトを紹介します。

BEET|CFO・バックオフィス特化型エージェント

公式サイト:https://beet-agent.com/

転職エージェントの「BEET」は、CFOなど管理部門・バックオフィス人材に特化したエージェントです。

在籍しているアドバイザーは管理部門の業務やキャリアパスを熟知しているため、紹介求人のマッチ度が高いと評判です。一度登録して、求人紹介を受けてみることをおすすめします。

CFO求人やCFO候補となる財務の求人のほか、監査法人・コンサル・金融業界の求人もあるため、求人の幅を広げたい人におすすめです。

公式サイト:https://beet-agent.com/

Hi-Standard|有資格者ならハイスタ会計士

ハイスタ_CFO
公式サイト:https://hi-standard.pro/cpa/

公認会計士・USCPA・税理士・科目合格など関連資格を持っているなら、「ハイスタ会計士」に登録しましょう。

ハイスタ会計士を使って採用活動を行う企業は、有資格者を求めています。CFO候補など、優遇して選考に進める求人が多数存在します。

経験やスキルを最大限に活かした転職は、働くモチベーションが向上し、定着率が上がります。転職の満足度を高めるなら、ハイスタ会計士がおすすめです。

公式サイト:https://hi-standard.pro/cpa/

ビズリーチ

ビズリーチ

ハイクラス向け転職サイト「ビズリーチ」も、CFOの転職におすすめです。

スカウト型転職支援サービスの最大手で、職務経歴書を登録すると企業やヘッドハンターからスカウトが届きます。経歴に自信がある方や、自分の市場価値を試したい方は登録してみましょう。

ハイクラス向け、ということもあり、CFO候補などポジションや年収帯がハイレベルな求人・スカウトが多数そろっています。

公式サイト:https://www.bizreach.jp/

WARCエージェント

管理部門特化の転職エージェントには、「WARCエージェント」もあります。

年収600万円以上の管理部門人材が利用するというWARCは、求人の約1/3が年収1,000万円以上とのこと。転職によって年収アップを狙うなら、おすすめの転職エージェントです。

ベンチャーから上場企業まで、幅広い規模の企業の採用をサポートしているため、CFO候補の業務内容も様々です。一度求人紹介を受けてみることをおすすめします。

公式サイト:https://agent.warc.jp/

SOICOエージェント

SOICOエージェント

「SOICOエージェント」は、経理・財務・管理部門長・CFOに特化した転職エージェントです。

SOICOのファイナンス事業から派生してできた人材サービスのため、独自のファイナンスネットワークを活かして、独占求人を保有しています。

応募先の企業と綿密なコミュニケーションがとれているため、条件交渉に長けています。1番良い条件で転職するなら、頼るべきエージェントの一つといえるでしょう。

公式サイト:https://www.soico.jp/service/soico-agent_to-c/

転職サービス概要
BEET管理部門・バックオフィス人材に特化した転職エージェントです。CFOなどCXO候補の求人も多数取り扱っています
ハイスタ公認会計士・税理士・USCPAなど、有資格者におすすめ。CFOになるための実績を積める転職先や必要なキャリアについて相談できます。
ビズリーチ求人の精査や企業調査が苦手・時間がない人は、ほか転職エージェントと並行して利用することをおすすめ。
WARCエージェント上場企業からベンチャー企業まで、幅広く取り扱う。IPO準備中企業の求人数が多く、チャレンジングな環境でCFOなどのキャリアを積みたい人におすすめ。
SOICO特化型エージェントのなかでも「副業CFO」に特化した、非常に珍しい転職エージェント。
CFOのための転職サービス

まとめ

CFO候補として採用されるには、CFOに求められるスキルや能力、採用パターンやプロセスなどを理解しておくことが大切です。そのうえで今の自分に不足している点を洗い出し、強化しましょう。

転職エージェントなどの転職支援サービスを活用することもおすすめです。

転職サービス概要
BEET管理部門・バックオフィス人材に特化した転職エージェントです。CFOなどCXO候補の求人も多数取り扱っています
ハイスタ公認会計士・税理士・USCPAなど、有資格者におすすめ。CFOになるための実績を積める転職先や必要なキャリアについて相談できます。
ビズリーチ求人の精査や企業調査が苦手・時間がない人は、ほか転職エージェントと並行して利用することをおすすめ。
WARCエージェント上場企業からベンチャー企業まで、幅広く取り扱う。IPO準備中企業の求人数が多く、チャレンジングな環境でCFOなどのキャリアを積みたい人におすすめ。
SOICO特化型エージェントのなかでも「副業CFO」に特化した、非常に珍しい転職エージェント。
CFOのための転職サービス
  • URLcopy
佐藤 達也のアバター
キャリアアドバイザー

佐藤 達也

弁護士・公認会計士・税理士等の士業や、管理部門特化の転職サポートを行う人材紹介会社に在籍。士業・バックオフィスに特化した転職ノウハウ・企業調査を担当しています。分野特化だからこその、勘所を押さえたリアルな情報を発信できるよう心がけています。