新時代のCFOに求められるスキルセットとよくある誤解・注意点を解説

           

編集者
佐藤達也
【キャリアアドバイザー】国弁護士・公認会計士・税理士等の士業や、管理部門特化の転職サポートを行う人材紹介会社に在籍。士業・バックオフィスに特化した転職ノウハウ・企業調査を担当しています。分野特化だからこその、勘所を押さえたリアルな情報を発信できるよう心がけています。
CFOのスキルセット
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

CFOは、企業の財務に関する全般的な管理と監督を行う重要なポジションです。

財務領域の専門家と思われがちですが、財務に限らず経営やビジネスに関する知識、マネジメントスキルなど幅広い知識やスキルが求められます。経営幹部のひとりとして人間性や倫理観なども問われます。

CFOを目指している方はCFOに必要なスキルセットを理解し、ポジションとの適性確認や応募先へのアピールに役立てましょう。

この記事ではCFOの役割や責任を紹介したうえで、求められるスキルセットや、スキルセットに関するよくある誤解や注意点などについて解説します。

転職サービス概要
BEET管理部門・バックオフィス人材に特化した転職エージェントです。CFOなどCXO候補の求人も多数取り扱っています
ハイスタ公認会計士・税理士・USCPAなど、有資格者におすすめ。CFOになるための実績を積める転職先や必要なキャリアについて相談できます。
ビズリーチ求人の精査や企業調査が苦手・時間がない人は、ほか転職エージェントと並行して利用することをおすすめ。
WARCエージェント上場企業からベンチャー企業まで、幅広く取り扱う。IPO準備中企業の求人数が多く、チャレンジングな環境でCFOなどのキャリアを積みたい人におすすめ。
SOICO特化型エージェントのなかでも「副業CFO」に特化した、非常に珍しい転職エージェント。
CFOのための転職サービス

関連記事:ハイクラス向けおすすめ転職エージェント比較ランキング|年代別の転職成功のコツも解説

目次

CFOの主な役割と責任

CFOに必要なスキルセットを知るためには、まずはCFOの役割と責任について確認しておくことが大切です。

主な役割や責任は以下のとおりです。

財務戦略の立案と実行

財務戦略とは、企業の長期的な成長と収益性を確保するための方針や計画のことです。CFOは、経営陣や株主と連携して財務戦略を策定し、実行する責任があります。

具体的には資金調達や資本構成、投資や買収、リスク管理やコンプライアンスなど幅広い分野にわたる決定を行います。

CFOは財務戦略の立案と実行において、企業の価値創造に大きく貢献します。

ステークホルダーとの関係構築

CFOは経営陣や株主、投資家、金融機関や監査法人といったさまざまなステークホルダーとの関係を構築する役割を担います。

ステークホルダーとの関係構築を通じて企業の財務状況や将来展望を正確に伝えることができ、ステークホルダーからのフィードバックや要望を受け入れて経営判断に反映させることもできます。

ステークホルダーとの良好な関係を構築することで、企業の価値を向上させ、企業におけるCFOの信頼性や影響力を高めます。

管理部門の統括

CFOは財務部門のトップとしてだけでなく、管理部門全体の統括責任者として各部門の業務効率化やコスト削減、コンプライアンスの確保なども行います。

これらの部門の業務を効率的かつ効果的に遂行するために、組織構造や人材配置、業務プロセスやシステムなどを最適化する役割も担います。

CFOの基本的なスキルセット

CFOには多様なスキルが求められます。以下ではもっとも基本的なスキルセットについて解説します。

財務報告と分析スキル

財務報告と分析スキルとは、会社の財務状況や業績を正確に把握し、適切に伝える能力のことです。財務諸表や予算管理、監査対応や税務に関する知識やスキルが含まれます。

CFOは会計基準や法規制に準拠した正確かつ迅速な財務報告を行うとともに、財務データを分析し、経営判断に役立つ洞察や提言を行うことが求められています。

リスク管理やコンプライアンスに関する知識

企業が直面するさまざまなリスクを特定・分析・対策するリスク管理や、法律・規則・倫理などに従って企業活動を行うためのコンプライアンスに関する知識も必須です。

CFOはこれらの知識をもとに、経営陣や株主に対して財務戦略やリスク対策を提案し、実行する責任があります。

また、内部監査や外部監査に対応し、財務報告の信頼性や透明性を確保する役割も担います。

コミュニケーションやプレゼンテーションスキル

CFOは、株主説明会やメディア対応などの際に、さまざまなステークホルダーに対して財務情報や戦略をわかりやすく伝える能力が必要です。

そのためには、相手のニーズや関心に応じて適切な表現方法を選び、説得力や信頼感を高めることが重要です。

また、データや数字を効果的に視覚化し、ストーリー性のあるプレゼンテーションを行うことも求められます。

マネジメントスキル

CFOは、財務部門の組織や人材を効果的に管理し、高いパフォーマンスとモチベーションを維持することが求められます。そのためにはマネジメントスキルが必要です。

マネジメントスキルには、採用・育成・評価・報酬の決定に関するスキルや知識などが含まれます。

CFOはマネジメントスキルを発揮し、ほかの部門や事業部のリーダーと協力して、ビジネスの目標や課題に対応するための財務的な支援や助言を行うことが求められます。

転職サービス概要
BEET管理部門・バックオフィス人材に特化した転職エージェントです。CFOなどCXO候補の求人も多数取り扱っています
ハイスタ公認会計士・税理士・USCPAなど、有資格者におすすめ。CFOになるための実績を積める転職先や必要なキャリアについて相談できます。
ビズリーチ求人の精査や企業調査が苦手・時間がない人は、ほか転職エージェントと並行して利用することをおすすめ。
WARCエージェント上場企業からベンチャー企業まで、幅広く取り扱う。IPO準備中企業の求人数が多く、チャレンジングな環境でCFOなどのキャリアを積みたい人におすすめ。
SOICO特化型エージェントのなかでも「副業CFO」に特化した、非常に珍しい転職エージェント。
CFOのための転職サービス

CFOに求められるヒューマンスキル

CFOにはテクニカルなスキルや知識だけでなく、企業の成長を牽引するリーダーとしてヒューマンスキルも必要とされます。

社会的責任感

社会的責任感とは、自分の行動や決断が社会に与える影響を考え、その結果に責任をもつことです。

CFOは企業の財務戦略やリスク管理を担う重要な役割を果たすため、自社の利益だけでなく、ステークホルダーの利益も考慮しなければなりません。

また昨今はCSR(企業の社会的責任)に対する関心が高まっており、CFOにとっても重要なテーマです。CFOはCSRの戦略立案や実行において、財務的な観点からの助言や分析を行う必要があります。

CSRの成果や課題を適切に開示し、ステークホルダーとのコミュニケーションを円滑にする役割も担います。

倫理観

ステークホルダーとの良好な関係を築き、管理部門の統括責任者として部門を導くためには、倫理観も必要です。倫理観をもとに、正しい判断を下すことや透明性のある説明責任を果たすことが求められます。

倫理観が欠けていると自身が不正や不祥事を引き起こす可能性や、経営幹部や従業員の不正や不祥事を見逃してしまう可能性があります。その場合、企業の信頼や評判を失うことにもなりかねません。

リーダーシップ

組織のビジョンや目標を明確に伝え、メンバーを動機づけて協力させるリーダーシップも必要です。リーダーシップを発揮することで、CFOとしての自分の考えや意見を説得力や信頼性をもって伝えることができます。

また、部下に対して適切なフィードバックや評価を行い、成長をサポートすることにもつながります。

リーダーシップは財務だけでなく組織全体の成功にも貢献する重要なヒューマンスキルです。

エンパシー

エンパシーとは他者の感情や考えを理解し、共感する能力のことです。

CFOに求められるヒューマンスキルのひとつとしてエンパシーは重要な役割を果たします。エンパシーをもつことで、CFOはさまざまなステークホルダーに対し、相手の立場やニーズを考慮した判断や提案ができるようになります。

エンパシーは信頼関係の構築にも寄与します。CFOは財務戦略や経営判断に対して説明責任を負っていますが、エンパシーを示すことで相手に理解や納得を得やすくなります。

さらに、エンパシーはチームワークやリーダーシップの向上にもつながります。

重責とプレッシャーに負けない力

CFOは経営幹部の一員として、会社の財務戦略や予算管理を担当し、経営判断に影響を与えます。そのため、常に正確で迅速な情報提供や分析が求められます。

また、内部監査や税務対策、リスク管理などもCFOの重要な役割です。これらの業務は会社の成長や存続に直結するものであり、失敗すれば重大な損失や法的な問題を招く可能性があります。

そうした状況下で、CFOは冷静さと決断力を保ち続ける必要があります。

これからのCFOに求められるスキルセット

これからのCFOには、上記で紹介した基本的なスキルセットに加え、以下のようなスキルや資質も求められます。

グローバルな視野と柔軟性

グローバルな視野と柔軟性は、これからのCFOにとって欠かせないスキルセットです。ビジネスのグローバル化が進む現代では、経営戦略においてさまざまな国や地域、業界や部門と連携しなければならないからです。

グローバルな視野とは、自社のビジネスモデルや市場環境を広く深く理解し、国際的な基準や規制に対応する能力のことです。

柔軟性とは、変化に対応して新しい課題やチャンスを見つけ、創造的な解決策を提案できる能力のことです。

グローバルな視野と柔軟性を持つCFOは、自社の競争力を高め、持続的な成長を実現することができます。

チームビルディングや人材育成のスキル

CFOは、財務戦略や予算管理だけでなく組織のリーダーとしての役割も担います。そのため、自分の部下や他部署のメンバーと協力して、組織全体の目標に向かって効果的に働くことができるチームを作るスキルが必要です。

また、CFOが自分の専門知識や経験を次世代のリーダーに伝えることで、組織の持続的な成長に貢献することができます。そのためには人材育成のスキルも必要です。

チームビルディングや人材育成のスキルを身につけることで、CFOは組織の財務面だけでなく、人的資源面でも価値を創造することができるのです。

ビジネスパートナーシップ

経営陣や事業部門のリーダーと協力して、戦略的な意思決定や業績改善に貢献するビジネスパートナーシップも必要です。

ビジネスパートナーシップを実現するためには、ビジネスの全体像を理解し、分析や提言を行う必要があります。

ビジネスパートナーシップをもつCFOは、組織の成長や変革において大きな役割を果たすことができます。

コンセプチュアルスキル

コンセプチュアルスキルとは、概念化能力と呼ばれるスキルのことです。組織全体のビジョンや戦略を理解し、自分の役割や責任を適切に判断して実行する能力とも言い換えられます。

CFOにとってコンセプチュアルスキルは必須です。CFOは数字だけでなく、ビジネスの本質も把握し、複雑な問題に対して創造的で効果的な解決策を提案することができる人材であるべきだからです。

コンセプチュアルスキルを高めるには、自分の専門領域にとどまらず、ほかの分野や業界に関心をもち幅広い知識や視野を身につけることが重要です。

CFOが変化するビジネス環境に対応するために強化したいスキルセット

ビジネスを取り巻く環境がめまぐるしく変化している中、CFOは変化にあわせてスキルセットを強化し、対応していく必要があります。

変革マネジメント

変革マネジメントとは、組織やプロセスの変革に対応し、リスクや課題を管理する手法やスキルのことです。

CFOは財務面から自社の変革をリードする役割を担っていますが、そのためには自分自身や部下、関係者などの心理的な側面も考慮しなければなりません。

変革マネジメントのスキルを強化することで、組織の変化に対する抵抗や不安を減らします。コミュニケーションや協力を促進し、パフォーマンスやイノベーションを向上させることもできます。

DXに対応できるスキル

CFOはDX推進のリーダーとして、ビジネスモデルの変革やデータ分析の活用などさまざまな分野でDXに関わることが求められます。

たとえばデジタル技術の特徴や可能性を把握し、ビジネスに適用する方法を考えることです。また、デジタル技術の導入や運用に関するリスクやコストを評価できることも必要でしょう。

データを収集・分析・活用することで、ビジネスのパフォーマンスや将来の予測を行うことも可能です。

ESG経営に関する知識と戦略

ESG経営とは、環境・社会・ガバナンスの3つの観点から企業の持続可能性を評価する経営手法です。

近年、投資家やステークホルダーからESG経営への注目が高まっており、CFOはこのトレンドに対応する必要があります。

CFOはESG経営に関する国際的な基準や指標、投資家や顧客のニーズ、競合他社の動向などを常に把握して自社の経営戦略や財務戦略に反映させることが求められます。そのためにはESG経営に関する最新の知識を習得し、情報収集能力を高めることが重要です。

また、CFOはESG経営に関する戦略を立案・実行することで、自社の持続可能性を高めるとともに財務パフォーマンスや企業価値も向上させることができます。

そのためには、ESG経営に関する戦略を明確に定義し、目標やKPIを設定したうえで予算やリソースを配分する必要があります。進捗や効果を測定し、改善策を講じるなどの一連のプロセスを効率的かつ効果的に実行する力も必要です。

AIの活用スキル

近年、AIはビッグデータやクラウドコンピューティングなどの技術発展により、さまざまな分野で活用されるようになっています。CFOはAIを活用することで、財務業務の効率化と精度向上を図ることができます。

またAIは財務データ・市場データ・社会データといったさまざまなデータを統合的に分析し、インサイトやレコメンデーションを提供するため、CFOは経営判断に必要な情報や知見を得ることができます。

こうしたAIのメリットを享受するためには、CFOはAIの基礎知識と理解力を得ることが欠かせません。それによりAIの活用可能性や適用範囲を把握することができます。

AIを自社に導入する際や運用する際の、コミュニケーションや協働もスムーズに行えるように準備しましょう。

転職サービス概要
BEET管理部門・バックオフィス人材に特化した転職エージェントです。CFOなどCXO候補の求人も多数取り扱っています
ハイスタ公認会計士・税理士・USCPAなど、有資格者におすすめ。CFOになるための実績を積める転職先や必要なキャリアについて相談できます。
ビズリーチ求人の精査や企業調査が苦手・時間がない人は、ほか転職エージェントと並行して利用することをおすすめ。
WARCエージェント上場企業からベンチャー企業まで、幅広く取り扱う。IPO準備中企業の求人数が多く、チャレンジングな環境でCFOなどのキャリアを積みたい人におすすめ。
SOICO特化型エージェントのなかでも「副業CFO」に特化した、非常に珍しい転職エージェント。
CFOのための転職サービス

CFOのスキルセットに対するよくある誤解や注意点

ここまで紹介したようにCFOには多岐にわたるスキルが求められますが、財務部門のトップというイメージが先行して誤解されている部分もあります。

以下では、CFOのスキルセットに対するよくある誤解や注意点を確認しましょう。

数字だけでなくビジネス全体を理解する必要がある

CFOは財務のプロとして会社の財務状況や業績を分析し、経営陣や株主に報告する役割を担っています。しかし、数字だけにとらわれず、ビジネスの本質や背景を見ることが重要です。

ビジネスの戦略や目標、市場や競合の動向、顧客のニーズなどを把握したうえで数字に裏付けられた意思決定や提言を行うことが求められます。

テクニカルなスキルだけでなく柔軟性や創造性も求められる

CFOは財務分野の専門知識や技能はもちろん、データ分析や予算管理、リスク管理などの能力が必要です。しかし、これらのテクニカルなスキルだけでは不十分です。

環境や状況が変化する中で柔軟に対応し、新しいアイデアや解決策を提供できることも求められます。テクニカルなスキルに加えて、柔軟性や創造性も磨くことが大切です。

財務だけではない広範なスキルや経験が求められる

CFOは財務だけではなく、他の部門とも連携し、協力することが必要です。たとえば営業部門とは売上や利益の予測や計画を共有し、マーケティング部門とはコスト効果の高い施策を検討します。

そのためには、財務だけではない広範なスキルや経験が求められます。交渉力やマネジメントスキル、他の部門での経験や知見などが役立ちます

スキルセットのアップデートが必要

CFOは常に変化するビジネス環境に対応するために、自身のスキルセットをアップデートする必要があります。特に近年は、デジタル化やグローバル化などのトレンドにより、CFOの役割も変化しています。

たとえばクラウドやAIなどのテクノロジーを活用して財務業務を効率化したり、海外市場への進出やM&Aなどの成長戦略に関与したりすることが増えています。

そのためには、最新のテクノロジーやビジネスモデルに関する知識やスキルを身につけることが必要です。CFOは自ら学び続ける姿勢を持つことが重要です。

転職サービス概要
BEET管理部門・バックオフィス人材に特化した転職エージェントです。CFOなどCXO候補の求人も多数取り扱っています
ハイスタ公認会計士・税理士・USCPAなど、有資格者におすすめ。CFOになるための実績を積める転職先や必要なキャリアについて相談できます。
ビズリーチ求人の精査や企業調査が苦手・時間がない人は、ほか転職エージェントと並行して利用することをおすすめ。
WARCエージェント上場企業からベンチャー企業まで、幅広く取り扱う。IPO準備中企業の求人数が多く、チャレンジングな環境でCFOなどのキャリアを積みたい人におすすめ。
SOICO特化型エージェントのなかでも「副業CFO」に特化した、非常に珍しい転職エージェント。
CFOのための転職サービス

CFOを目指す人が今からできること

最後に、CFOを目指す人が、キャリアの実現に向けて今からできることを紹介します。

財務分析や会計の知識などの基礎スキルを強化する

CFOは財務諸表や予算管理などの財務情報を正確に把握・分析・報告する能力が必要です。また、国際会計基準や税務法規などの最新の知識も求められます。

これらの基礎スキルを強化するための方法としては、定期的に研修やセミナーに参加したり、資格や認定を取得したりすることが考えられます。

業界や市場の動向に関する情報収集や分析を行う

CFOには自社の業界や市場の動向を常に把握し、競争力や成長機会を評価する能力が求められます。また社内外のステークホルダーとコミュニケーションをとり、財務戦略や経営判断に影響を与える能力も必要です。

これらの能力を高めるためには、定期的に業界や市場のレポートやニュースを読んだり、専門家や同業者と交流したりすることなどが効果的です。

倫理観やコンプライアンスに対する意識を養う

CFOは企業の財務情報を公正かつ透明性をもって開示し、企業の社会的責任や信頼性を守るために、倫理観やコンプライアンスに対する意識が高いことが求められます。

また、不正やリスクに対して迅速かつ適切に対処する能力も必要です。

これらの意識や能力を養うためには、定期的に倫理研修やコンプライアンス教育を受けることなどが役立ちます。

語学力やグローバルマインドの向上に取り組む

CFOは、国内だけでなく海外の市場や規制、文化などにも精通している必要があります。そのためには、語学力を磨くことやグローバルマインドを向上させることが重要です。

英語や他言語の学習をしたり、海外のニュースや事例をチェックしたりしましょう。

ロールモデルやメンターを見つける

CFOを目指す人は、自分の目標やキャリアプランを明確にするためにロールモデルやメンターを見つけることが有効です。

自分が尊敬するCFOや経営者などの人物を参考にしたり、アドバイスやフィードバックをもらったりしましょう。

CFOに転職するならおすすめ転職支援サービス5選

転職によってCFOに就任するなら、転職支援サービスの利用は欠かせません。なぜなら、CFO候補は公募されていないケースが大半だからです。

CFOに転職する際に使ってほしい、おすすめの転職支援サービスを5つご紹介します。

BEET|CFO候補・財務の転職におすすめ

公式サイト:https://beet-agent.com/

管理部門・バックオフィスで確実にキャリアを積んできた人なら、特化型転職エージェント「BEET」の利用がおすすめです。

メンバー・マネージャークラスから、CFO候補など経営層の求人まで、幅広く取り扱っています。また、上場企業からIPO準備中企業まで、企業規模も様々です。

CFOになって実現したいことや、自分の価値観を担当エージェントに共有すると、ぴったりの求人を紹介してもらえます。BEETでは企業研究の担当者がいるので、部署の雰囲気や経営陣の考えなど企業の内情も把握したうえで求人提案が可能なのです。

現職が忙しく、求人探しや企業研究に時間を割けない人に、特におすすめの転職支援サービスです。

公式サイト:https://beet-agent.com/

Hi-Standard|有資格者の転職におすすめ

ハイスタ_CFO
公式サイト:https://hi-standard.pro/cpa/

公認会計士・USCPAなど、有資格者なら「ハイスタ会計士」を利用するのがおすすめです。

CFO候補など経営陣を外部から採用する場合、採用要件に公認会計士・UACPA・税理士・科目合格・簿記1級など資格の有無を記載している企業も少なくありません。

会計士資格など、専門性を最大限に発揮したい方は、ハイスタ会計士を使って転職活動をすると理想の求人に出会えます。CFO候補以外にも、部長職やハイレイヤー人材の求人など、ハイクラスの非公開求人を保有しています。

公式サイト:https://hi-standard.pro/cpa/

ビズリーチ|有料サービスで確実に転職成功を目指す

ビズリーチ

テレビCMでお馴染みの「ビズリーチ」は、スカウト型の転職サイトです。

スカウト型という特徴から、CFO向きの経歴を歩んできた人であれば、すぐに企業やヘッドハンターとつながることができるでしょう。特に、有料サービスを利用すると転職活動がスムーズに進みます。

ただし、まだ実績が十分でなく、段階的にCFOを目指したい人には最適なスカウトが届かないかもしれません。ほかサービスと併用しての利用をおすすめします。

公式サイト:https://www.bizreach.jp/

WARCエージェント|管理部門のハイクラス人材特化

求人と担当アドバイザーの『質』を求めるなら、「WARCエージェント」がおすすめです。

求人の約1/3が年収1,000万円以上など、ハイクラス向け求人を多数保有しています。かつ、アドバイザーの質や求職者の理想実現にこだわっており、安心して転職相談ができます。

応募書類や面接対策など、転職活動に不安や懸念がある人は、まずはWARCに相談してみましょう。

公式サイト:https://agent.warc.jp/

SOICO|CFOの「副業」という選択肢

SOICOシェアリングCFO

SOICOが掲げているのは、「シェアリングCFO」という新たなジャンルです。

正規雇用のCFOではなく、「副業でCFOになる」という新しい働き方を提案してくれます。転職を迷っている人は、副業の事例を聞いてみるだけでもキャリアの幅が広がることでしょう。

副業でCFOをするには心身ともに負担がかかる部分もありますが、それ以上に経験や知識を深めたい欲求が強い人には最適なサービスです。

公式サイト:https://www.soico.jp/agent_cfo/

転職サービス概要
BEET管理部門・バックオフィス人材に特化した転職エージェントです。CFOなどCXO候補の求人も多数取り扱っています
ハイスタ公認会計士・税理士・USCPAなど、有資格者におすすめ。CFOになるための実績を積める転職先や必要なキャリアについて相談できます。
ビズリーチ求人の精査や企業調査が苦手・時間がない人は、ほか転職エージェントと並行して利用することをおすすめ。
WARCエージェント上場企業からベンチャー企業まで、幅広く取り扱う。IPO準備中企業の求人数が多く、チャレンジングな環境でCFOなどのキャリアを積みたい人におすすめ。
SOICO特化型エージェントのなかでも「副業CFO」に特化した、非常に珍しい転職エージェント。
CFOのための転職サービス

まとめ

CFOには財務知識やコミュニケーションスキルなどの基本的なスキルのほかに、社会的責任感や倫理観などのヒューマンスキルも求められます。ESGやAIなど新しい分野に関する知識やスキルも必要です。

CFOを目指している方は日々の業務や学習、人との出会いを通じて多様なスキルセットを備えましょう。

転職サービス概要
BEET管理部門・バックオフィス人材に特化した転職エージェントです。CFOなどCXO候補の求人も多数取り扱っています
ハイスタ公認会計士・税理士・USCPAなど、有資格者におすすめ。CFOになるための実績を積める転職先や必要なキャリアについて相談できます。
ビズリーチ求人の精査や企業調査が苦手・時間がない人は、ほか転職エージェントと並行して利用することをおすすめ。
WARCエージェント上場企業からベンチャー企業まで、幅広く取り扱う。IPO準備中企業の求人数が多く、チャレンジングな環境でCFOなどのキャリアを積みたい人におすすめ。
SOICO特化型エージェントのなかでも「副業CFO」に特化した、非常に珍しい転職エージェント。
CFOのための転職サービス

運営者情報

キャリアアップステージ」は、有料職業紹介事業許可番号13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが運営する転職メディアです。
会社名 株式会社アシロ(ASIRO Inc.)
2021年7月20日 東証グロース上場(7378)
URL https://asiro.co.jp/
本社所在地 160-0023
東京都新宿区西新宿6丁目3番1号
新宿アイランドウイング4F
法人番号 9011101076787
設立日 2009年11月
代表者(代表取締役社長) 中山博登
主な事業内容 HR事業、インターネットメディア事業(リーガルメディア、派生メディア)、少額短期保険事業
許認可 有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可 許可番号13-ユ-313782)
グループ会社 株式会社アシロ少額短期保険
株式会社ヒトタス
運営者情報の詳細はこちら
  • URLcopy
佐藤 達也のアバター
キャリアアドバイザー

佐藤 達也

弁護士・公認会計士・税理士等の士業や、管理部門特化の転職サポートを行う人材紹介会社に在籍。士業・バックオフィスに特化した転職ノウハウ・企業調査を担当しています。分野特化だからこその、勘所を押さえたリアルな情報を発信できるよう心がけています。

エージェント診断
DIAGNOSE
  • X
  • facebook
  • LINE
  • linkedin
  • URLcopy