試用期間中の退職はバレる?履歴書の書き方や転職するポイントを解説

編集者
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

入社前と入社後の仕事内容が違った

試用期間中に退職をしたいけど、どうしたらいいかわからない

といった悩みを抱える方は多いのではないでしょうか。企業に入社をする前には、面接や面談を挟んで希望の仕事内容をヒアリングする場合があります。

基本的にはヒアリングした内容をもとに配属先を決めるケースがほとんどですが、希望した仕事に配属されない可能性もあります。

希望した仕事内容とは異なる業務だと、試用期間中であっても不満が溜まり転職したくなってしまうのも仕方のないことかもしれません。一方で、試用期間中に転職をすると、転職先の企業からの印象が悪くなるのではないかと、退職した事実を隠したくなるでしょう。

ただし、隠していた事実がバレてしまうと思いもよらない出来事が起こる可能性があります。そこで本記事では、試用期間中に退職をする際、やるべきことを解説します。

1分で無料登録!
おすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7.1万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年5月1日時点
目次

試用期間中に退職したことがバレるのは時間の問題

結論、試用期間中に退職をしたことがバレる可能性は高いです。バレる要因として挙げられるのは以下のとおりです。

  • 雇用保険の登録を行うために履歴を確認するとき
  • 年末調整時に源泉徴収票の帳尻が合わない

試用期間中に退職をすると、履歴書に傷がつくように感じるかもしれません。しかし、試用期間中に退職した事実を隠している方が、転職先の企業にとっては印象が悪くなる可能性があります。

もし、印象が悪くなった状態で働き続けると、先輩や同期の社員からの目線は冷たくなるケースは少なくありません。周りからの対応が冷たくなると、働きづらい環境になってしまうため、試用期間で再度転職活動をおこなう可能性が考えられます。

そのため、試用期間中に退職をしても、転職する際の手続きで経歴がバレるため、隠すのではなく素直に伝えるのがいいでしょう。

試用期間中に退職してもバレない場合もある

試用期間中に退職をしてもバレないのは雇用保険に未加入の場合です。雇用保険に加入していなければ、転職先の企業も把握できません。

しかし、厚生労働省は以下に該当する場合は雇用保険に加入する必要があると定めています。

  • 期間の定めがなく雇用される場合
  • 雇用期間が31日以上である場合
  • 雇用契約に更新規定があり、31日未満での雇止めの明示がない場合
  • 雇用契約に更新規定はないが、同様の雇用契約により雇用された労働者が31日以上雇用された実績がある場合
  • 1週間の所定労働時間が20時間以上である場合

会社に入社する場合は、ほとんどの企業が上記に該当するため、雇用保険に加入していないと法的処置が下されます。

そのため、企業に入社をすると雇用保険に加入するのが一般的なので、試用期間中に退職をしてもバレる可能性は高いでしょう。

参照元:厚生労働省 雇用保険の加入手続きはきちんとなされていますか!

試用期間は企業に適した人材か確かめる期間

そもそも試用期間が、何のために存在するのかを理解していない方は少なくありません。

試用期間とは、入社した企業で問題なく働けるかを試す期間です。企業によって試用期間は異なり、一般的には3ヵ月から6ヵ月で設定されています。中には、指定課題を終えるまで試用期間を設けているケースもあります。

試用期間を終えた状態で退職をするのと、試用期間の状態で退職するのでは、転職先の企業へ与える印象は変わるでしょう。

試用期間を終えた状態で退職をすれば、一定のスキルや知識があると判断されます。一方、試用期間中に退職をすると、「長続きしない人」だと判断される可能性があります。

また、企業側が確かめるだけでなく、働く側も試用期間で試用期間中に会社との相性を確かめます。転職者の中には、試用期間で企業との相性を確かめ、合わないと思ったら退職するケースは少なくありません。

そのため、企業だけが適した人材を確かめるだけではなく、自分でもこの先何十年も働き続けられるのか見極める期間でもあります。

試用期間中に退職する主な2つの理由

試用期間中に退職する理由は主に以下の2つが挙げられます。

  • 入社前の条件と違う仕事
  • 職場の雰囲気

一人ひとりによって試用期間中に退職したいと思う理由は異なりますが、その中でも多い原因は上記の2つです。試用期間中に退職を検討している人はぜひ確認してみてください。

入社前の条件と違う仕事

入社前に面接や面談で話していた条件と違う仕事をする可能性はどの企業にも考えられます。

しかし、志望していた仕事と違う業務をするようになると、モチベーションが下がり退職したいと思う方は多くなるでしょう。

入社前は、企業分析や業界分析によって「この仕事がしたい」と思い、選考を受けて入社します。そんな苦労をして入社した企業の仕事が、希望と違う業務だと「仕事がしたい」というよりかは、「やりたい仕事じゃない」とマイナス思考で考えてしまいます。

マイナス思考になると、仕事へのモチベーションは下がる一方なので、入社前の条件と違う業務をする場合は、退職したくなるといえるでしょう。

職場の雰囲気

働くうえで職場の環境は大切です。たとえば、仕事への不満や不安、わからない内容があるときに相談できない環境があると、社員は気持ちよく働けるでしょうか。

悩みを抱えたまま働くと、ストレスが溜まり「この企業では働きたくない」と思うようになります。企業には、体育会系や文化会系といったさまざまな雰囲気があり、会社によって異なります。

そのため、いざ入社をしたら説明会や面接のときに話していた情報と違う場合があるでしょう。仕事を続けるうえで、自身にとっての働きやすい環境はモチベーションに直結するため、職場の雰囲気は重要であるといえます。

試用期間で退職をして履歴書に記載しないと経歴詐称になる

試用期間で退職をした際、履歴書に記載していないと、経歴詐称となり解雇にいたる可能性があります。企業によっては懲戒処分にするのではなく、注意で終わる可能性も考えられますが、会社内での立場や友好関係は悪化するでしょう。

これらの問題を引き起こさないためには、試用期間で退職をしたとしても、履歴書には必ず職歴を記載しなくてはいけません。採用担当者は面接をする際、試用期間で退職しているからダメだ、と判断するのではなく理由を大事にしています。

試用期間で退職しても、会社都合の場合もあれば、私情による場合も考えられます。そのため、試用期間で退職しても、評価が下がるわけではありません。

ただし、試用期間で退職をした事実は変えられないため、真摯に受け入れ次の企業では同じ状況にならないように、履歴書に記載して必ず伝えましょう。

試用期間中に退職したときの履歴書の書き方3選

試用期間中に退職したときの履歴書の書き方を以下のパターンに分けて解説します

  • 入社前の情報と異なる場合
  • 私情による場合
  • 企業との相性が悪いと感じた場合

試用期間中に退職をすると、転職先の企業は「なぜ退職したのか」疑問に思います。そのため、試用期間中に退職した理由は具体的に書かなければいけません。

書き方がわからない方、ぜひ参考にしてください。

入社前の情報と異なる場合

試用期間の仕事内容が入社前と異なった場合の履歴書の例は以下のとおりです。

「入社前の情報と異なる場合の例文」

商品企画業務に携わると聞いて就職を決意しましたが、実際には商品管理業務が主な仕事でした。商品の企画出しや試作品作りは他社で活動しており、自社内では企画業務に携われない可能性がわかったため、退職を決意しました。商品管理の経験を積んでからの転職も考えましたが、若いうちから商品企画の経験を積み、いままでにない価値を生み出す力を身につけ、貴社へ貢献するために入社を希望します。

上記のように、まずは入社前に話していた仕事と違う業務になった事実を説明します。その後、退職予定の企業では希望した仕事ができない環境であることを伝えます。

次に、ただ転職したいといった理由ではなく、なぜ転職をしたいのか明確に書き、最後は熱意を伝えられれば、試用期間で退職しても企業側に問題があったのだと判断できます。

しっかり説明をしないと面接官には伝わらないため、必ず細かく記載するようにしましょう。

私情による場合

私情による場合の履歴書の例は以下のとおりです。

「私情による場合」

前職を退職したのは、父の介護が必要となったためです。前職に就職してすぐ父が病気にかかり、介護が必要な状況となりました。幸い命に問題はありませんが、日常生活は病院で送らなければいけないため、生活のサポートが必要をしなくてはいけません。私は父親ひとりで育てていただいたため、一人息子である私がサポートする必要があります。そのため、就職した仕事との両立が難しく、退職させていただきました。その後、父親の病状は良くなり続けていますが、まだひとりで生活するのは困難な状況です。前職では営業職での配属だったため、時間を取るのが難しいと考えましたが、リモートワークを推奨している貴社の環境であれば、父をサポートしながら働けると判断できたため、入社を希望します。

上記の場合、家族が病気になり介護しなくてはならない状況を例として挙げました。こうした私情があり、やむを得なく退職した場合、前職で何かしらの問題があったわけではないと判断できます。

書類選考や面接のときに、しっかりと伝えられれば問題ありませんが、現在は就業時間の確保ができるという事実を伝える必要があります。時間の確保が問題なくできるのであれば、試用期間で退職しても就職できる可能性はあるでしょう。

企業との相性が悪いと感じた場合

企業との相性が悪いと感じた場合の履歴書の例は以下のとおりです。

「企業との相性が悪い場合」

前職では、IT業界のシステム開発業界に勤務していました。前職に就職した理由は、大学時代に習得したIT資格や将来的にプロジェクトマネージャーとして活動し、より大きな規模の企業課題に取り組みたいと考えたためです。しかし、実際に働くと、企業の利益を優先し、とりあえず仕事をこなすだけの作業をしているだけでした。入社前に気づけなかったのは、自分の確認不足であると思います。今回の転職では、企業の課題を解決するために、チームとして活動している貴社に興味を持ちました。貴社でより企業課題に寄り添った解決を続けることで、将来的な目標を達成し、貴社の掲げるビジョンに貢献していきたいと考えています。

上記の場合、入社後に自分が思っていた仕事環境とは異なる社風があり、自身が求める仕事場に転職をする例として挙げました。

就職をすると、説明会や面接で話していた内容とは異なるケースは少なくありません。企業としても優秀な人材に入社をしてもらいたいため、話しを盛る場合があります。

こうした状況は実際に働かないと確かめようがないため、入社前と入社後にギャップを抱える方は、転職先で本音を伝える必要があります。

ただ、環境について説明をすると言い訳をしているだけだと判断されやすいです。そのため、自分が聞いていた情報と違った事実を説明し、転職先では自身の働き方があるとアピールするだけでなく、企業に貢献できるという内容を盛り込みましょう。

試用期間で退職したときの転職方法3選

試用期間で退職したときの転職方法は以下のとおりです。

  • リファラル採用
  • フリーランスとして活動
  • 転職エージェントを活用

試用期間中に退職をして転職をする際、どのような方法があるか理解していないと、転職先の企業が見つけられない可能性があります。同じ状況にならないためにも、上記の方法を理解して活動しましょう。

リファラル採用

リファラル採用とは、友人や知人経由の紹介によって企業に入社する方法です。リファラル採用の場合、友人や知人が仲介するため、詳しい状況や人柄を事前に伝えられます。

また、状況や人柄を伝えたうえで、面接や入社させる意思決定をするため、転職できる可能性は高くなります。近年では、リファラル採用をおこなっている企業は少なくありません。

そのため、試用期間中に退職をする際は、友人や知人にリファラル採用を実施しているか聞いてみるのがおすすめです。もし、リファラル採用を取り入れている場合は、積極的に申し込みましょう。

フリーランスとして活動

試用期間中に退職をする場合、フリーランスとして活動を進めるのも方法の一つです。フリーランスは、自身で好きな仕事を選んで進められるため、業務内容や人間関係、職場の雰囲気などの悩みを抱えずに働けます。

ただし、フリーランスは、スキルや知識、技術などがないと仕事を獲得するのが難しいため、能力に自信がある方は挑戦してみるのがいいでしょう。

また、フリーランスになる場合は、経験した仕事内容をもとに活動するのがおすすめです。経験した仕事内容であれば、ある程度の知識が身についているので、仕事を獲得できる可能性が上がります。

転職エージェントを活用

転職エージェントは、試用期間中に退職をしたとしても、転職活動に力を貸してくれるので活用がおすすめです。転職をするには、求職者全員に以下の手順が必要です

  1. 転職活動の準備
  2. 履歴書と職務経歴書の作成
  3. 求人に応募
  4. 書類選考
  5. 面接
  6. 内定
  7. 退職手続き

上記の手続きをひとりで進めると、時間や工数を費やしてしまうため、転職する期間が長引いてしまいます。また、試用期間中に退職するため、通常の転職者よりも難易度が高くなるでしょう。

これらの悩みを解決するには、転職エージェントを活用して進めることがおすすめです。転職エージェントは、転職活動だけでなく、企業や業界の知識があります。そのため、ひとりで悩むより、転職エージェントと一緒に進めることで効率良く転職活動を進められます。

また、転職エージェントは、早期に退職している状況を求職者と企業の間に立ってフォローしてくれるため、ひとりで進めるより転職活動がおこないやすくなるのがメリットです。

試用期間中に転職活動をするときの3つのポイント

試用期間中に転職活動をするときの3つのポイントは以下のとおりです。

  • 専門家に頼る
  • 在職中に活動する
  • 今後のキャリアを明確にする

転職活動を進めるうえで、上記のポイントは重要です。詳しくは各項目で解説するので、試用期間中に転職をする方は、ぜひ参考にしてください。

専門家に頼る

試用期間中に転職をする場合は、専門家を頼るのがおすすめです。専門家とは、転職エージェントを指します。

転職活動を正しく進めるには、いくつかの方法があります。専門家は、転職を正しく進める方法を熟知しているため、独学で始めるのではなく、専門家に頼って進めるとスムーズに活動できるでしょう。

また、試用期間中に退職するという条件を背負っているため、簡単に転職できるとは限りません。専門家は、転職者の状況に合わせて、活動のプランを立て伴走型で進めてくれるため、ひとりで進めるより早く転職先が決まりやすくなります。

試用期間中に退職をして転職しようと考えている方は、専門家を頼りましょう。

在職中に活動する

試用期間中に退職をして転職活動をする場合は在職中がおすすめです。転職活動は、一般的に1ヵ月から3ヵ月を見込んでいるといいでしょう。ただし、中には1ヶ月で終わらせる人がいれば、6ヵ月かかる人もいます。

仮に、試用期間中に退職をしてから転職活動をした場合、安定した収入源がありません。

安定した収入がない中で、転職活動が長引いてしまうと、生活すら困難になります。こうした状況を起こさないためには、試用期間中に退職したいと思っても、在職中に転職活動をする必要があるといえるでしょう。

今後のキャリアを明確にする

試用期間中に退職をするのであれば、今後のキャリアを明確にする必要があります。退職する理由は、一人ひとりによって異なります。

そんな理由の中でも共通するのは「この企業では働きたくない」ということです。「働きたくないから退職する」とすぐ行動を起こしてしまうと、次にやりたい内容が決まっていないため、転職活動が困難になります。

転職活動が難しくなると、やりたい仕事に就ける可能性は低くなるので、同じ状況になるケースも少なくありません。そのため、試用期間中に退職をしたいと思ってすぐ転職活動を始めるのではなく、辞めた後に何がしたいのか、明確な目標や目的を決めます。

目標や目的の設定ができれば、同じ状況にならないための企業選びができるため、転職活動前に明確なビジョンは必要だといえるでしょう。

まとめ|試用期間中の退職でも問題はないが戦略が大事

試用期間中に退職をした事実を隠し、バレることを恐れて転職活動をおこなうと、自分が思うような結果に結びつくのは難しくなります。

試用期間中に退職をしたとしても、隠すのではなく「なぜ退職したのか」明確な理由が伝えられれば、転職活動は不利になることは少ないでしょう。

採用担当者は、試用期間で退職しているから自社には合わないと判断するケースは稀です。面接では、試用期間で退職した理由を聞き、求職者の価値観やスキルを重視します。そのため、試用期間で退職したとしても、戦略を考えて転職活動をおこなえば、志望した企業に就職できる可能性は高くなります。

試用期間で退職して転職に不安がある方は、しっかり書類選考や面接の対策をして、取り組みましょう。

1分で無料登録!
おすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7.1万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年5月1日時点
  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。