四大法律事務所に転職するには?転職方法や評価ポイントを解説

           

編集者
佐藤達也
【キャリアアドバイザー】国弁護士・公認会計士・税理士等の士業や、管理部門特化の転職サポートを行う人材紹介会社に在籍。士業・バックオフィスに特化した転職ノウハウ・企業調査を担当しています。分野特化だからこその、勘所を押さえたリアルな情報を発信できるよう心がけています。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。
  1. 「四大法律事務所の採用難易度は高い?」
  2. 「四大法律事務所への転職は誰でもできるの?」

といった悩みを抱える方も多いのではないでしょうか。弁護士の憧れでもある四大法律事務所は、入所するだけで一目置かれます。その分、四大法律事務所への転職は難易度が高いのではないかと思う方も多いのではないでしょうか。

本記事では、四大法律事務所に転職をする際に知っておくべき各所の採用状況や入所難易度、必要なスキル・学歴について解説します。

四大法律事務所への就職・転職を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

>>法律事務所の求人紹介・転職支援はこちら

目次

四大法律事務所の特徴

四大法律事務所にはそれぞれ特徴があります。四大法律事務所のいずれかに転職をしようとしても、相性が合わない事務所を選んでしまうと「つらい」「つまらない」「転職したい」とネガティブな感情になってしまいます。

こうした状況を回避するためにも、事前に四大法律事務所の特徴を理解しなくてはいけません。四大法律事務所に転職を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

西村あさひ法律事務所(NA法律事務所)

西村あさひ法律事務所の特徴は以下のとおりです。

事務所名

西村あさひ法律事務所(NA法律事務所)

所在地

東京

所属弁護士数

633名(外国弁護士を含む)(2022年5月31日時点)

得意領域

・銀行

・金融

・不動産

M&Aコーポレート

・知的財産法

・情報法

・事業再生

・倒産

アンダーソン・毛利・友常法律事務所(AMT法律事務所)

アンダーソン・毛利・友常法律事務所の特徴は以下のとおりです。

事務所名

アンダーソン・毛利・友常法律事務所

AMT法律事務所)

所在地

東京

所属弁護士数

523名(2022年5月31日時点)

得意領域

・銀行

・金融

・キャピタルマーケット

・危機管理

・不祥事対応

長島・大野・常松法律事務所(NOT法律事務所)

長島・大野・常松法律事務所の特徴は以下のとおりです。

事務所名

長島・大野・常松法律事務所(NOT法律事務所)

所在地

東京

所属弁護士数

514名(2022年5月31日時点)

得意領域

・銀行

・金融

・キャピタルマーケット

森・濱田松本法律事務所(MHM法律事務所)

森・濱田松本法律事務所の特徴は以下のとおりです。

事務所名

森・濱田松本法律事務所(MHM法律事務所)

所在地

東京

所属弁護士数

522名(2022年5月31日時点)

得意領域

・銀行

・金融

・キャピタルマーケット

M&Aコーポレート

TMI総合法律事務所(弁護士法人TMIパートナーズ)

近年、法律事務所では、TMI総合法律事務所を含め、5大法律事務所とも呼ばれています。

TMI総合法律事務所の特徴は以下のとおりです。

事務所名

TMI総合法律事務所(弁護士法人TMIパートナーズ)

所在地

東京

所属弁護士数

527名(2022年5月31日時点)

得意領域

・知的財産

M&A

・ファイナンス

四大法律事務所に転職する5つのメリット

四大法律事務所に転職するメリットは以下のとおりです。

  • スペシャリスト集団の中で成長できる
  • 規模が大きい仕事に挑戦できる
  • 企業法務案件に強くなりやすい
  • 福利厚生が充実している
  • セカンドキャリアに活かせる

四大法律事務所だからこそ得られるメリットを理解できれば、明確な転職理由ができます。弁護士としてキャリアアップを目指して四大法律事務所に転職を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

スペシャリスト集団の中で成長できる

四大法律事務所に転職をすると、スキルや知識、経験が豊富なスペシャリスト集団が揃っています。業界トップクラスである法律事務所で働けば、周囲からの刺激や影響で自然と自分のスキルや知識も向上し、成長できます。

また、先輩社員だけでなく同世代の弁護士も、中小規模の事務所の弁護士より競争意識が高い傾向にあるため、知識に限らず精神面でも高いレベルに身を置いて成長志向を保つことができます。

スペシャリスト集団の中で成長できればスキルや知識が向上し、さまざまな案件に挑戦できるだけでなく収入も上がるので、四大法律事務所に転職するメリットだと言えるでしょう

規模が大きい仕事に挑戦できる

規模が大きい仕事に挑戦できるのは、四大法律事務所に転職するメリットです。規模が小さい仕事より大きい案件に挑戦ができれば、自分の成長に繋がるだけでなく、収入アップにも繋がります。

四大法律事務所とそれ以外の法律事務所では、案件を取り扱う難易度が違います。依頼者は、お金を使用して問題を解決するため、依頼するのであれば、スキルや経験が豊富で信頼できる実績を積み重ねてきた企業に頼ります。

また、四大法律事務所は海外案件も取り扱っているため、経験を積んでグローバル進出をしたい方にもおすすめです。もちろん、小さい仕事でも成長はできますが、難易度が高い業務の方が成長できるスピードは違います。

乗り越えて成長した結果、新しい案件に次々に挑戦でき、その分収入も増えます。そのため、規模が大きい仕事に挑戦できるのは、四大法律事務所に転職するメリットだと言えるでしょう。

企業法務案件に強くなりやすい

企業法務案件に強くなりやすいのも、四大法律事務所に転職するメリットです。企業法務の仕事ができるようになれば、企業から求められるケースは多くなります。必要な人材と評価をされれば、新規案件獲得や収入アップに繋がるため、企業法務案件に強くなるのはメリットだと言えるでしょう。

企業法務は、契約書の作成や消費者・取引先との法的問題の解決、組織運営をするにあたっての法令に準拠できているかの確認を実施します。また、企業法務の役割は、「守り」と「攻め」の2つに分けられます。

企業法務は、会社が法令を遵守しているか内部規制を行い、外部との関係が危険ではないか確かめ、トラブルに発展しないように企業を「守る」役割を担います。

もうひとつの役割の「攻め」は、企業が成長するために新しい戦略を考える際、法律や契約面でサポートするための環境を整える仕事です。

企業が成長するには、会社を守ることと攻めることを同時に行う必要があるため、企業法務案件に強い人材を求めます。四大法律事務所では、こうした案件を多く取り扱っているため、企業法務案件に強くなりやすいのです。

企業法務案件に強くなれば、必要な人材として認められるため、幅広い案件に挑戦できるようになり年収アップも期待できます。そのため、企業法務案件に強くなりやすいのは、四大法律事務所に転職するメリットだと言えるでしょう。

福利厚生が充実している

福利厚生が充実しているのは、四大法律事務所に転職するメリットです。一般的な福利厚生は、社会保険や子育て拠出金が挙げられます。他にも「住宅補助」「交通費支給」「社員食堂」などがありますが、こうした福利厚生は会社独自の制度です。

住宅補助や交通費支給は、法律で設ける定めがないため、絶対にする必要はありません。そのため、会社によって設けている福利厚生は異なります。

こうした福利厚生が充実している企業の特徴は、売上が高く利益が安定している会社です。四大法律事務所は、他の法律事務所と比較して利益が安定しています。そのため、四大法律事務所に転職をすると、さまざまな福利厚生を受けられるでしょう。

西村あさひ法律事務所では、以下のような福利厚生を設けています。

  • 会員制リゾートホテル(初島)
  • スポーツクラブ法人開院
  • チケット配布(野球観戦、美術館、その他無料/優待券)
  • 所内カフェ
  • 所内リラクゼーションルーム
  • 退職金制度(勤続2年以上のスタッフに支給)
  • ベビーシッター 法人優待割引

など

上記のように、さまざまな福利厚生が設けられています。福利厚生があれば、仕事だけでなく私生活での負担も減らせます。そのため、充実した福利厚生が受けられるのは、四大法律事務所に転職をするメリットだと言えるでしょう。

セカンドキャリアに活かせる

セカンドキャリアに活かせるのは、四大法律事務所に転職をするメリットです。もし、四大法律事務所から転職する場合、スキルや知識、経験が豊富であれば有利に進められます。どの企業においても優秀な人材は常に求めているため、スキルや知識があるに越したことはありません。

四大法律事務所の場合、企業法務や海外案件のような多岐にわたる仕事に携われます。さまざまな業務に関われば、選択肢の幅が広がるだけでなく、経歴に一目置かれます。また、四大法律事務所の人数規模を活かして、人脈を広げることが可能です。

四大法律事務所に転職するだけでも一目置かれますが、さらにスキルや知識、経験があれば転職先に困る心配は少ないでしょう。ただし、四大法律事務所から転職する際、経歴だけで活動するのはおすすめしません。

経歴だけで転職活動をしてしまうと、自分のやりたい仕事や希望先の企業でどんな事業に貢献できるのか判断できなくなります。こうした状況を避けるためにも、経歴を活用しつつ、自分の将来像を明確にする必要があります。

さらに良い条件で転職するには、まず四大法律事務所での経験が必要です。そのため、四大法律事務所に転職すると、スキルや知識、経験が身につくので、セカンドキャリアに活かせるのはメリットだと言えるでしょう。

>>法律事務所の求人紹介・転職支援はこちら

四大法律事務所に転職する3つの方法

四大法律事務所に転職する方法は以下のとおりです。

  • 直接応募する
  • ヘッドハンティングされる
  • 弁護士求人に強い転職エージェントを利用する

四大法律事務所に転職したいと思っても、転職方法がわからなければ就職は困難です。四大法律事務所に転職を考えている方は、ぜひ参考にしてください。

直接応募する

四大法律事務所に転職をする方法のひとつとして、直接応募する方法が挙げられます。四大法律事務所のホームページには、新卒・中途採用の求人情報が掲載されているのが一般的です。

たとえば、西村あさひ法律事務所のホームページの場合、採用ページに「弁護士採用」「スタッフ採用」「その他の採用」と分けて掲載されています。弁護士採用には「新卒採用」「中途採用」「インターンシップ」と分かれており、エントリーフォームに従って応募できます。

他にも、求人広告に採用情報を掲載している場合もあるので、四大法律事務所に転職する際は、ホームページまたは求人広告からのエントリーが可能です。

直接応募で注意したいのは、エントリーから内定まですべて自分で行う点です。エントリーをする書類作成や面接対策、企業分析など、内定を獲得するための準備が必要です。そのため、直接エントリーする方は、事前の準備があるのを忘れずに応募しましょう。

参照元:西村あさひ法律事務所ホームページ

ヘッドハンティングされる

四大法律事務所に転職する方法には、ヘッドハンティングも挙げられます。ヘッドハンティングとは、転職希望者から応募するのではなく、企業から「この人材が欲しい」と思った方に直接スカウトする方法です。

四大法律事務所に限らず、どの企業も専門知識や豊富な経験を持った優秀な人材の採用を目指しています。弁護士としてスキルや知識、実績があればヘッドハンティングされる可能性があります。

ヘッドハンティングの場合、採用難易度が高い四大法律事務所でも、年収や待遇面の条件交渉が行いやすいのがメリットです。そのため、直接応募するよりも好待遇が期待できます。

ヘッドハンティングされるには、弁護士としての実績はもちろん必要ですが、求人広告に登録する必要もあります。弁護士として優れていても、個人の情報を閲覧できるモノがないと、採用側は判断できません。

そのため、弁護士としてヘッドハンティングを狙うのであれば、求人広告に登録しながら実績を積み重ねましょう。

弁護士特化型の転職エージェントを利用する

四大法律事務所に転職をするのであれば、弁護士求人に強いエージェントの活用がおすすめです。四大法律事務所に転職するのは難易度が高く、簡単に採用されるわけではありません。

採用されるためには、四大法律事務所が欲しいと思うアピールをする必要があります。たとえば、業務内容やビジョンが的外れな話を繰り広げる人と、自分の得意分野や貢献できる仕事、意欲を事務所の意向に合わせてアピールした場合、どちらを採用したいと思うでしょうか。

企業としては、自分の会社で頑張ってくれる人材の方が採用する可能性が高くなります。こうした準備をするには、転職エージェントの存在が必要です。

エージェントの中でも、総合的な転職エージェントの場合は法律事務所の内情にそこまで詳しくありません。弁護士特化型の転職エージェントは、履歴書や職務経歴書にアピールすべきポイントのアドバイスや面接対策を、応募先の事務所の傾向に沿って行ってくれます。

特に、四大法律事務所への転職は難易度が高いため、事前の対策は重要です。弁護士としてのキャリアを成長させるために、四大法律事務所への転職を考えている方は、ぜひ転職エージェントの活用がおすすめです。

四大法律事務所に転職するときに評価される5つのポイント

四大法律事務所に転職するときに評価されるポイントは以下のとおりです。

  • 学歴
  • 司法試験の結果
  • 弁護士としての経験
  • 語学力
  • 明確な強み

四大法律事務所に転職する方法を理解した次は、評価されるポイントを覚えましょう。評価されるポイントを理解していれば、事前にどんな準備をすればいいのかが明確になります。

四大法律事務所への転職を目指している方は、ぜひ参考にしてください。

学歴

四大法律事務所に転職するには、ある程度の学歴が重要です。学歴は、いままでの努力を客観的に判断できるからです。

四大法律事務所に所属する弁護士は、以下のような学歴を持っています。

  • 東京大学 大学院卒
  • 慶應義塾大学 大学院卒
  • 早稲田大学 大学院卒
  • 上智大学 大学院卒
  • 大阪大学 大学院卒

上記の大学が特に多いといわれています。基本的には、大学卒業ではなく大学院まで取り組み、基礎的なスキルや知識が必要です。

四大法律事務所が取り扱う仕事内容は、難易度が高い民事や刑事案件になるので、学歴がある方が安心して任せられます。特に新卒(司法修習生)の採用の場合は、依頼者の不安を無くすためにも、学歴が高く基礎的な知識を持った人材を採用します。

また、学歴を活用して転職する際は、何を経験し学んだのかを簡潔に伝え、どんな仕事に貢献できるのか話せるとより高い評価を得られるでしょう。

参考:マイナビ2024 西村あさひ法律事務所

司法試験の結果

法律事務所に転職する際、司法試験の結果を評価しますが、特に四大法律事務所はチェックする傾向があります。司法試験の理想順位は100位以内といわれています。

司法試験は弁護士の仕事に直接関わるため、順位が高いに越したことはありません。法律事務所としては、より優秀な人材を集めているため、司法試験の結果は評価するポイントです。

そのため、四大法律事務所への転職を目指している方は、司法試験の結果を上げてから挑戦するのも手段のひとつだと言えるでしょう。

弁護士としての経験

弁護士としてのいままでの経験も、四大法律事務所に転職するときに評価されるポイントです。たとえば、プロ野球球団が選手を新しく獲得する際、甲子園優勝した経験がある場合と、県大会出場した場合、どちらを採用するでしょうか。

プロ野球球団は、甲子園優勝した経験がある選手を新しく加入させます。弁護士でも同様に、難易度が高い案件を経験した場合と、難易度が低い案件を経験した場合、より難しい仕事を経験したことがある人材を採用するでしょう。

四大法律事務所は、弁護士のレベルが業界トップクラスです。そこに入所するには、浅い経験ではなく、より多くの経験を持った弁護士の方が転職できる可能性は高くなります。そのため四大法律事務所に転職する際は、経験が重要になると言えます。

語学力

四大法律事務所に転職するには、語学スキルが必要です。法律事務所によって語学スキルの必要性は変わりますが、海外案件も取り扱う四大法律事務所にとっては、語学スキルは転職のときに評価するポイントのひとつです。

語学スキルは、主に英語のスキルを指します。四大法律事務所に転職するのであれば、TOEIC80点以上は必要と言われています。また、英語スキルだけでなく、中国語など他の語学力があるとさらに評価されます。

また、英語や中国の語学力は、仕事以外の私生活で海外に行ったときに会話ができたり、四大法律事務所から転職するときにも活用できるでしょう。

四大法律事務所に転職をするのであれば、海外案件に取り掛かるためにも、語学力を身につけておくのが重要です。

明確な強み

四大法律事務所に限らず、明確な強みがある人材は評価されやすいポイントです。ここでいう強みとは、先述した「守り」や「攻め」の得意領域です。

たとえば、サッカー選手をスカウトする際、既に自分のチームに得点を決めるのが得意な選手が多く所属していたとします。この際、次に獲得したい選手はどのようなスキルを持った人材でしょうか。

  • 攻めのスキルを持った選手
  • 守りのスキルを持った選手

ほとんどの場合、守りのスキルを持った選手の獲得をします。すでに民事に強い弁護士が所属している場合は、刑事に強い人材を求める、というような形です。

既存の弁護士で補えない穴を埋めてくれる人材を求めるため、ピンポイントで強みを持った弁護士は採用されやすいでしょう。

四大法律事務所への転職を実現するために

四大法律事務所への転職は、難易度が高く採用されづらい傾向です。採用されるには、学歴や経験だけでなく、履歴書や面接で自分をアピールしなくてはいけません。

弁護士としての憧れである四大法律事務所への転職は、簡単ではありませんが、しっかり準備をすれば就職することは可能です。「自分には無理だ」と考えて行動をしないままだと、転職活動をしても不合格になる可能性が高くなります。

これから弁護士としてキャリアアップを目指し、さらに活躍したいと考えている方は、自分に自信を持つことが大切です。

司法試験に合格し弁護士になるのは誰でも実現できるわけではありません。学生時代から勉強に励み努力をしたからこそ、弁護士になれています。

諦めずに努力をし続けることで四大法律事務所に転職できる可能性は高くなります。四大法律事務所への転職を目指している方は、ぜひ本記事で解説したポイントを参考にしてください。

>>法律事務所の求人紹介・転職支援はこちら

運営者情報

キャリアアップステージ」は、有料職業紹介事業許可番号13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが運営する転職メディアです。
会社名 株式会社アシロ(ASIRO Inc.)
2021年7月20日 東証グロース上場(7378)
URL https://asiro.co.jp/
本社所在地 160-0023
東京都新宿区西新宿6丁目3番1号
新宿アイランドウイング4F
法人番号 9011101076787
設立日 2009年11月
代表者(代表取締役社長) 中山博登
主な事業内容 HR事業、インターネットメディア事業(リーガルメディア、派生メディア)、少額短期保険事業
許認可 有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可 許可番号13-ユ-313782)
グループ会社 株式会社アシロ少額短期保険
株式会社ヒトタス
運営者情報の詳細はこちら
  • URLcopy
佐藤 達也のアバター
キャリアアドバイザー

佐藤 達也

弁護士・公認会計士・税理士等の士業や、管理部門特化の転職サポートを行う人材紹介会社に在籍。士業・バックオフィスに特化した転職ノウハウ・企業調査を担当しています。分野特化だからこその、勘所を押さえたリアルな情報を発信できるよう心がけています。