初心者がWebライターを始めるための5ステップ!未経験から稼ぐコツとは

編集者
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

「Webライター初心者が仕事を始める流れは?」「初心者から稼ぐことはできる?」など、Webライターとしてこれから仕事を受けたい方にとって悩みはそれぞれでしょう。

この記事では、Webライター初心者が仕事を始める方法や、仕事を続けていくコツなどを解説します。Webライター初心者の方は参考にしてください。

目次

初心者がWebライターを始める流れを解説

Webライターとしてキャリアをスタートするには、具体的なステップを踏むことが重要です。特に初心者の場合、書き方や案件の見つけ方、クライアントとのやりとりなど、学ぶべきことがたくさんあります。

ここでは、初心者がWebライターとしてスムーズに始められるよう、必要な準備から実際の仕事の流れまでを丁寧に解説します。

作業環境を整える

Webライターとしての仕事を始める最初のステップは、適切な作業環境を整えることです。

まず、快適に執筆できる環境を用意しましょう。安定したインターネット環境、適切なライティングスキル、基本的なSEO知識、そして書き方などの知識はWebライターにとって重要だからです。

また、文書作成ソフト(例えばGoogleドキュメントやMicrosoft Word)を使いこなせることも重要です。Webライターにとってパソコンは必須のツールなので、快適に作業できるスペックのものを選ぶことが大切です。

さらに、時間管理やタスクの整理も重要なスキルです。

これらの準備が整えば、仕事の質も向上し、効率的に作業を進めることができるでしょう。

クラウドソーシングサイトに登録する

Webライターとしての第一歩は、クラウドソーシングサイトへの登録から始まります。クラウドワークスやランサーズなどのサイトでは、多様なライティング案件が掲載されています。

これらのサイトに登録することで、さまざまなクライアントとの仕事の機会を得ることができます。

登録する際は、プロフィールを丁寧に作成し、自分のスキルや経験を明確に伝えましょう。未経験でも、学びの意欲や文章力をアピールすることが重要です。

また、どのようなジャンルの記事作成が得意か、どの程度の納期で作業が可能かなど、具体的な情報を提供することで、クライアントからの信頼を獲得しやすくなります。

案件に応募する

クラウドソーシングサイトに登録したら、実際に案件に応募していきます。ここでは、自分のスキルや興味に合った案件を見つけることが肝心です。

案件を選ぶ際は、単価だけでなく、仕事内容や納期、クライアントの評判なども考慮に入れることが大切です。

また、初心者のうちは、小規模な案件から始めることをおすすめします。これにより、ライティングの基本を学びつつ、徐々に実績を積むことができるでしょう。

応募時は、クライアントの求める内容を理解し、どのように自分がその要望に応えることができるかを具体的にアピールしましょう。

また、過去のライティング経験があれば、それを示すポートフォリオやサンプル記事を提出することも、信頼を得るための有効な手段です。

案件を受注する

案件に応募した後は、受注に向けてのコミュニケーションが重要になります。多くのクラウドソーシングサイトでは、クライアントからの返信や質問に対して迅速かつ丁寧に対応することが求められます。

過去の実績や経験を具体的に示し、クライアントに安心感を与えることも重要です。

この段階で、仕事の細かい内容や納期、報酬などの条件をしっかりと確認し、お互いの期待値を明確にすると作業にうつりやすいでしょう。

納品する

案件を受注した後は、納品に向けての作業が始まります。納品前には、文章の品質を確保するために、丁寧な校正やSEO対策を行うことが重要です。また、クライアントが求めるスタイルやフォーマットに合わせて文章を調整し、期限内に納品することが必要です。

納品時は、クライアントへの報告書や作業の詳細を添えることで、プロフェッショナリズムを示すことができます。また、フィードバックを受け入れ、必要に応じて修正を行う柔軟性も、長期的な関係構築には不可欠です。

Webライターを始めるメリット

Webライターとして活動することには、様々なメリットがあります。

好きな場所で働ける

Webライターの最大の魅力の一つは、場所を選ばずに働ける自由度です。

インターネット環境さえあれば、自宅、カフェ、旅行先など、どこでも執筆作業が可能です。

これにより、主婦や大学生、フリーランスの方など、さまざまなライフスタイルを持つ人々にとって魅力的な仕事となっています。

また、通勤時間が不要なため、その分を仕事や自己研鑽にあてることができるというメリットもあげられるでしょう。

副収入が得られる

Webライティングは、副業としても非常に人気があります。特に、本業を持つ会社員や自営業者にとって、副収入の源としてWebライティングは理想的です。

案件の多様性とフレキシブルな働き方によって、自分の空いた時間を利用して収入を得ることが可能となるでしょう。

また、文字単価や案件の規模によっては、相当な副収入を得ることも珍しくありません。安定した収入源を確保しながら、自分のスキルや経験を積む機会を持つことができます。

初心者でも始められる

Webライティングは、特別な資格や経験がなくても始めることが可能です。クラウドソーシングサイトを利用すれば、初心者向けの案件も豊富にあり、徐々にスキルを磨いていくことができます。

また、ライティングスキルやSEO知識など、Webライターとして必要なスキルは、インターネット上で無料または低コストで学ぶことができるでしょう。

Webライターを始めるデメリット

Webライターとして働くことは多くのメリットがありますが、一方でデメリットも存在します。

安定して稼ぎにくい

Webライティングの仕事は、案件によって報酬が大きく変動するため、安定した収入を確保することが難しいことがあります。特に初心者は、高単価の案件を獲得するのが難しく、安価な案件をこなして経験を積むことが多いです。

また、案件の流入量も不安定で、時には仕事が途切れることもあり得ます。

このため、定期的かつ安定した収入を得るには、一定の実績の積み重ねと高いライティングスキルが求められるでしょう。

自己管理能力がないと続けにくい

Webライターは自宅での作業が多く、自分自身で作業のスケジュールを管理する必要があります。

時間管理や納期の守り方、効率的な作業方法など、自己管理能力が不足していると、仕事を継続することが難しくなります。

また、フリーランスとして働く場合、自身で税金の計算や健康保険の手配など、事務作業もこなさなければなりません。

Webライターとして成功するためには、高い自己管理能力が不可欠です。

初心者Webライターにおすすめのクラウドソーシングサイト 

ランサーズエージェント

ランサーズエージェント

ランサーズエージェントは、しっかり稼げるような高単価案件の紹介を得意としているエージェントサービスです。ランサーズのグループ内60万社と連携しているため、高単価の案件が見つけやすく、基本元請け直案件となります。

ライティングの案件としては、週1稼働から週5稼働まで揃っており、私生活とバランスをとって働くことも可能でしょう。

レバテッククリエイター

レバテッククリエイター

レバテッククリエイターは、ライティングの求人や案件を扱うクリエイター特化のエージェントサービスです。

Web・ゲーム業界のクリエイター専門のフリーランスエージェントとされていますが、ライティングの案件も扱っています。

レバテッククリエイターに登録すると、担当者があなたの希望の労働条件や単価条件などをもとに受注まで徹底的にサポートしてくれるでしょう。

案件を受注した後も、レバテッククリエイターの担当者があなたの専任としてつき、定期的なコミュニケーションの場を提供してくれます。

WEBライターとしての仕事やキャリアに少しでも不安がある場合には相談してみましょう。

初心者がWebライターを始める際の注意点

Webライターとしてのキャリアをスタートする際には、いくつかの注意点があります。

すぐに稼げるという誤解を避け、副業であっても真剣に取り組む必要があります。

すぐには稼げないことを理解する

多くの初心者は、Webライティングで簡単に稼げると考えがちですが、実際にはすぐに高収入を得ることは難しいです。

初めてのうちは、低単価の案件や小規模な仕事を受けることが多く、十分な収入を得るまでには時間がかかります。また、ライティングスキルやSEO知識、クライアントとのコミュニケーション能力を磨くことが重要で、これらのスキルが成長するにつれて、より良い条件の仕事を受注できるようになるでしょう。

そのため、初心者は焦らずに、着実にスキルを積み上げることが大切です。

副業であっても仕事であることを意識する

副業としてWebライティングを始める場合でも、プロフェッショナルな仕事であるという意識を持つことが必要です。

納期の遵守、質の高い記事の提供、クライアントとの適切なコミュニケーションは、信頼関係を築き、継続的な仕事を得るために重要です。

初心者がWebライターとして案件を得るコツ

初心者がWebライターとして案件を獲得するためには、いくつかのコツがあります。

プロフィールを丁寧に作る

クラウドソーシングサイトでのプロフィールは、クライアントに自分をアピールする重要な手段です。プロフィールには、ライティングスキルや経験、得意分野を明確に記載し、自分の強みを強調しましょう。

未経験者の場合は、学びの意欲や関連する経験(ブログ執筆経験、特定の分野に対する知識など)をアピールすることが有効です。

プロフィールを丁寧に作成することで、クライアントに良い印象を与え、案件の獲得につながるでしょう。

サンプル文章を公開する

実際のライティング能力を示すためには、サンプル文章の公開が効果的です。これは、ブログやポートフォリオサイトを通じておこなうことができます。

サンプル記事には、SEO対策を施した質の高い内容を掲載し、様々なスタイルやジャンルに対応できることをアピールしましょう。

文字単価1円以上の案件をうける

初心者のうちは、文字単価が1円以上の案件を受けることを目指しましょう。低単価の案件では、労力に見合った報酬を得ることが難しく、長期的には持続可能なキャリア構築に影響を与える可能性があります。

文字単価1円以上の案件を選ぶことで、より良い報酬と効率的な仕事を実現できます。ただし、初心者の場合、初めは低単価の案件でも経験を積む価値はありますが、できるだけ早く高単価の案件に移行することを目標にすると良いでしょう。

また、案件を選ぶ際には、自分の興味や専門知識を活かせるものを選ぶことで、より高品質な記事を提供しやすくなります。

まとめ

Webライターとしてのキャリアは、自由度が高く、誰でも始めやすい魅力的な仕事です。

しかし、それには初心者が注意すべき点もあります。

初心者が円滑に仕事を始めるためには、副業エージェントに登録して、Webライティング業界のノウハウを知っているアドバイザーからアドバイスを受けると良いでしょう。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。