動画編集スクールおすすめ比較ランキング!副業で稼ぐ方法や収入相場を解説

編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

動画編集スキルは、今多くの企業やクライアントに求められており、クリエイティブ産業の中でも特に需要が高まっている分野です。

未経験の方がスキルを身につけるうえでのハードルは高くはありませんが、スクール選びに失敗してしまうと時間とお金の無駄になる可能性もあるため注意が必要です。

本文では、失敗しない動画編集スクールの選び方を解説し、副業や転職市場での収入相場についても触れます。

目次

動画編集スクールおすすめ比較一覧表

左右にスライドできます
スクール名料金学習期間学習スタイル使用ソフトおすすめな人
studio US・55,000円
・99,000円
・220,000円
1ヶ月~オンライン・Premiere Pro
・After Effects
・Photoshop
・illustrator
・Cinema 4D
学生、フリーターなど集中的に学べる人
デジハク・148,000円
・248,000円
・90日
・180日
オンライン・Premiere Pro
・After Effects
・Photoshop
・Illustrator
社会人など本業が忙しい人
チャプターツー398,000円12週間オンライン・After Effects
・Premiere Pro
社会人など本業が忙しい人
ムークリ・297,000円
・374,000円
・594,000円
3~4ヶ月・対面
・オンライン
・ブレンド
・After Effects
・Premiere Pro
・Photoshop
After Effectsをメインで学びたい人
デジタルハリウッド STUDIO by LIG・330,000円
・132,000円
・195,800円
・184,800円
・77,000円
・1ヶ月
・2ヶ月
・3ヶ月
・対面
・オンライン
・ブレンド
・After Effects
・Premiere Pro
・Photoshop
社会人など本業が忙しい人
ヒューマンアカデミー・267,168円
・465,692円
・1,009,563円
・6ヶ月
・12ヶ月
・対面
・オンライン
・ブレンド
・Premiere Pro
・After Effects
・Photoshop
・Illustrator
社会人など本業が忙しい人
MOVA825,000円6ヶ月対面・After Effects
・Premiere Pro
・Photoshop
学生、フリーターなど集中的に学べる人
DMM WEBCAMP・169,800円
・224,800円
・279,800円
・334,800円
・4週間
・8週間
・12週間
・16週間
オンライン・After Effects
・Premiere Pro
学生、フリーターなど集中的に学べる人
Winスクール・128,000円
・95,000円
・182,000円
・300,000円
・424,000円
・550,000円
・2ヶ月
・3ヶ月
・5ヶ月
・8ヶ月
・12ヶ月
・対面
・オンライン
・ブレンド
・Premiere Pro
・After Effects
・Photoshop
・Illustrator
社会人など本業が忙しい人
Famm184,800円1ヶ月オンライン・Premiere Pro
・After Effects
・Photoshop
・Illustrator
主婦など家事や育児と両立したい人

おすすめの動画編集スクール10選

おすすめの動画編集スクール10選を紹介します。

各スクールの特徴のほか、使用ソフトや身につけられるスキル、おすすめな人なども紹介しますので、自身が目指す目標を達成できるスクールを選ぶ参考にしてみてください。

studio US

studious
studio USの特徴
  • プロ講師による定期的なライブ授業&チャットで常時質問受付
  • 900を超える動画教材で基礎から実践まで学べる
  • 15~50本の動画作成で実践力を身につける

studio USは、プロ講師による定期的なライブ授業と900を超える動画教材で基礎から実践的なトレーニング、仕事の取り方まで、プロの動画クリエイターになるためのスキルを身につけられるオンラインスクールです。

講座内でとにかく動画をたくさん作るのが特徴で、それらの動画はポートフォリオとして転職や就職に活かすこともできます。

さらに、企業とも連携しているため、卒業後すぐに実案件にチャレンジすることができ、継続的な案件獲得や実績につなげることも可能です。

料金動画編集コース:55,000円
動画クリエイターコース:99,000円
動画クリエイター総合コース:220,000円
学習期間1ヶ月~
学習スタイルオンライン
使用ソフトPremiere Pro/After Effects/ Photoshop/Illustrator/Cinema 4D
身につくスキルディレクション/動画編集/画像加工/リテラシー/セールス
おすすめな人・未経験から動画スキルを身につけたい
・フリーランスとして動画制作や映像編集を本業にしたい
・動画編集で副収入を得たい
・スキルアップして本業収入を上げたい
公式サイトhttps://studio-us.org/

デジハク

デジハク
デジハクの特徴
  • プロの講師3人によるマンツーマンサポート
  • チャット質問への即時対応、作品添削、オンライン面談あり
  • 副業の相談や収益化へのサポートも

デジハクは、SNS口コミ件数No.1(※1)の動画編集スクールで、採用通過率5%以下の講師によるマンツーマンサポートが特徴です。「自分で稼ぐ力を育てる実践型のオンラインスクール」を掲げており、副業としてはもちろん本業で活躍する卒業生も多くいます。

常勤講師が即時対応してくれるチャットや、プロによる作品添削などの技術的なサポートはもちろん、モチベーション維持にも役立つオンライン面談も特徴です。

また、講座修了後も動画教材が閲覧でき、さらに追加教材も利用可能です。いつでも振り返り学習ができるため、卒業後も継続的にスキルアップできるでしょう。

※1 株式会社SL&COリサーチ『15万円以上の動画編集スクールSNS口コミ調査2023』

料金デジハクコースREG:148,000円
デジハクコースPRO:248,000円
学習期間デジハクコースREG:90日間
デジハクコースPRO:180日間
学習スタイルオンライン
使用ソフトPremiere Pro/After Effects/Photoshop/Illustrator
身につくスキルYoutube編集/サムネイル制作/モーショングラフィックス/編集力 など
おすすめな人・副業で収入を増やしたい
・本業の合間に効率良く学びたい
・マンツーマンサポートが受けられるスクールがいい
公式サイトhttps://digital-hacks.jp/

チャプターツー

ChapterTwo
チャプターツーの特徴
  • 未経験から1件数十万円レベルの動画制作スキルが身につく
  • 通常講座に加えて週1回のZOOM講座でグループ学習ができる
  • 専用サロン・商談への講師同伴など卒業後のサポートも充実

チャプターツーは、動画制作スキルはもちろん人脈開拓術や商談の進め方など、クリエイター業に関する営業ノウハウまで幅広く学べるオンラインスクールです。

未経験者が対象ではありますが、卒業後は動画編集を本業として働くことを考えているカリキュラムで、1件数十万円の動画制作スキルを身につけることを目標としています。

講座修了後は専用サロンに入会することができ、添削やコミュニティ参加を継続しておこなうことも可能です。またサポート期間中であれば、講師が商談活動に3回まで同席してくれるサービスがあるため、安心して営業活動にのぞめるでしょう。

料金動画クリエイターコース:398,000円
学習期間12週間
学習スタイルオンライン
使用ソフトAfter Effects/Premiere Pro
身につくスキル  営業ノウハウ/企画構成術/絵コンテ作成/動画マーケティング/商談コミュニケーション術
おすすめな人・在宅で稼げるスキルを身につけたい
・ゆくゆくは動画編集を本業にしたい
・営業ノウハウまで身につけたい
・高単価な案件が受けられるようになりたい
・現役プロや卒業生との人脈を作りたい
公式サイトhttps://chaptertwo-school.com/

ムークリ

ムークリ
ムークリの特徴
  • 超少人数クラスだから講師に近い距離で学べる
  • 案件獲得から納品までの実務シミュレーションを積める
  • 卒業後も半永久的にチャットで相談OK

ムークリは、最大6名の超少人数クラスで学べる動画編集スクールです。プランによっては対面授業も実施しており、実務レベルのスキルを最短で習得することができます。

「高単価な案件が多いWebCMで使用されるAdobe After Effects中心のカリキュラム」「動画制作以外の営業力、企画・構成力を身につけられる」「案件獲得から納品まで実戦経験ができる」などの要素により、高単価なクリエイターを目指せるでしょう。

さらに卒業後も随時更新される追加の動画教材を無料で利用できたり、案件対応時の見積もりや技術的な相談ができるチャットが半永久的に利用できたりと、卒業後のサポートが充実している点もポイントです。

料金ゼロイチプラン:297,000円
クラスプラン:374,000円
マンツーマンプラン:594,000円
学習期間3~4ヶ月
学習スタイル対面、オンライン、ブレンド
使用ソフトAfter Effects/Premiere Pro/Photoshop
身につくスキル  デザイン基礎/デザイン応用/動画広告・マーケティング/案件獲得/案件を納品する経験/オリジナル作品制作/プロの動画クリエイターの視座/動画クリエイター仲間/講師との人脈
おすすめな人・After Effectsのスキルをメインで身につけたい
・少人数クラスで学びたい
・イニシャルコストを抑えたい
公式サイトhttps://techacademy.jp/moocres/

デジタルハリウッド STUDIO by LIG

デジタルハリウッド STUDIO by LIG
デジタルハリウッド STUDIO by LIGの特徴
  • 9万人以上のクリエイターを輩出したカリキュラム
  • 現役クリエイターによるLIVE授業
  • 通学/オンラインを併用できる学習スタイル

デジタルハリウッド STUDIO by LIGは、クリエイターを育てる専門学校や予備校等を運営するデジタルハリウッドとWeb制作会社のLIGが運営するWebデザインスクールです。現役のクリエイターが講師となり、実践的なクリエイター視点を学べるのが特徴です。

また、オンラインはもちろん、全国に校舎があるため通学でも学ぶことができ、その際は校舎の設備を使用できる点もポイントです。

現在のスキルレベルや目指したい姿に応じてプランが分かれており、セットで受講することも可能です。お得なセット料金で受講できるプランもあるのでぜひチェックしてみてください。

料金ネット動画ディレクター専攻:330,000円
動画編集入門プラン:132,000円
After Effectsデザイン集中講座:195,800円
クライアントワーク実践講座:184,800円
動画撮影スキル実践講座:77,000円
学習期間ネット動画ディレクター専攻:3ヶ月
動画編集入門プラン:2ヶ月
After Effectsデザイン集中講座:2ヶ月
クライアントワーク実践講座:2ヶ月
動画撮影スキル実践講座:1ヶ月
学習スタイル通学、オンライン、ブレンド
使用ソフトAfter Effects/Premiere Pro/Illustrator/Photoshop
身につくスキル  動画マーケティング/企画シナリオライティング/実写やアニメーション動画/オリジナル作品制作撮影機材 / インタビュー撮影 / カメラワーク / 企画・構成 / vlog撮影 / 店舗・施設紹介動画 / 撮影手法 など
おすすめな人・未経験からクリエイターになりたい
・副業やフリーランスで活躍したい
公式サイトhttps://liginc.co.jp/studioueno

ヒューマンアカデミー

ヒューマンアカデミー
ヒューマンアカデミーの特徴
  • 質問回数無制限&映像見放題&学び方が選べるなど挫折しない仕組みが充実
  • 専任カウンセラーやグループ内人材派遣会社が就職をフルサポート
  • Adobe Creative Cloudを特別価格で購入可能

ヒューマンアカデミーは、ITからビジネススキル、ウェルネス関連の資格まで幅広い分野の教育事業を手がけており、受講前から就業後までの手厚いサポートが魅力です。

未経験者でも挫折せずにクリエイターとしてのスキルを身につけられるのはもちろん、就職に関するサポートが充実しているのが特徴で、専任のカウンセラーが学習・就職プランを一緒に立ててくれるのがポイントです。

また、学習スタイルはオンライン、通学、ブレンドと3種類から選べるため、自分に合ったスタイルで学習を続けられます。

料金動画クリエイターコース:267,168円
動画クリエイター総合コース:465,692円
Web動画クリエイター総合コース:1,009,563円
学習期間動画クリエイターコース:6ヶ月
動画クリエイター総合コース:6ヶ月
Web動画クリエイター総合コース:12ヶ月
学習スタイル通学、オンライン、ブレンド
使用ソフトAfter Effects/Premiere Pro/Illustrator/Photoshop
身につくスキル  Web動画広告/ポートフォリオ制作/ITビジネスエッセンシャルガイド講座/制作実績講座(動画)/デザイン基礎/Webリテラシー/HTML・CSS/レスポンシブWebデザイン/XD/UIデザイン/サムネイル・バナー制作
おすすめな人・動画編集を副業にしたい
・転職や就職に活かせるスキルを身につけたい
・デザインにも興味がある
公式サイトhttps://haa.athuman.com/academy/videoeditor/

MOVA

MOVA
MOVAの特徴
  • 84%が未経験スタート!半年でフリーランスの動画クリエイターに
  • 20人の少人数オフライン授業でチーム制作も学べる
  • 広告代理店やプロのクリエイターとのパイプあり

MOVAは、フリーランスの動画クリエイターを育成することが目的の実践型スクールです。"実践"という点を重視しており、動画編集だけでなく企画から撮影、編集までワンストップで学ぶことができるのが特徴です。

広告代理店やプロのクリエイターとのつながりがあるため、受講中から実案件の受注・制作ができたりプロの現場に呼ばれたりするシチュエーションもあります。

授業は20人の少人数形式で、チーム制作の経験も積めます。半年間でプロのクリエイターとしての実践力を身につけたい方におすすめのスクールです。

料金825,000円
学習期間6ヶ月
学習スタイル対面
使用ソフトAfter Effects(メイン)/Premiere Pro/Photoshop
身につくスキル  インタビュー動画/ポートレートムービー・商品CM/サービス紹介動画/ポートフォリオ制作/企画スキル/コミュニケーションスキル など
おすすめな人・フリーランスの動画クリエイターになりたい
公式サイトhttps://mova-creator-school.com/

DMM WEBCAMP

DMMWEBCAMP
DMM WEBCAMPの特徴
  • 全プラン同カリキュラムから自分に合ったペースのプランを選択可能
  • 受講中~卒業後まで副業実績の獲得を徹底的にサポート
  • CCコンプリートプランが2ヶ月使い放題

DMM WEBCAMPの動画クリエイターコースは、DMM.comグループが運営するスクールです。プランは4~16週間までの4つありますが、どれもカリキュラム内容は同じです。短い期間で学んだほうがお得なので、学生など短期集中で学べる人におすすめです。

レビュー無制限&24時間質問OKなど、ゼロから動画クリエイターを目指す人向けのサポートが充実しており、本業というよりは副業で動画編集をしたい人向けのスクールです。

2023年8月に副業実績の獲得サポートを大幅リニューアルし、より徹底的に副業サポートが受けられるようになりました。卒業後も最大10名での相談会「寺子屋」や卒業後メンタリングを受けられるので、安心です。

料金4週間:169,800円
8週間:224,800円
12週間:279,800円
16週間:334,800円
学習期間4週間~16週間
学習スタイルオンライン
使用ソフトAfter Effects/Premiere Pro
身につくスキル動画制作工程
おすすめな人・動画編集を副業にしたい方
公式サイトhttps://web-camp.io/courses/videoEditing/

Winスクール

winスクール
Winスクールの特徴
  • 講師が直接指導する少人数の個別レッスン
  • 実践的なカリキュラムと指導により就職率は96%
  • 受講期間中に資格取得を目指せる

Winスクールは「教えること」が得意な講師が、受講生の目的やレベルに合わせて指導してくれるスクールです。

平均3名、最大5名までの少人数制で授業を実施しており、全国に約50校の教室があるため、通学・オンラインを併用することも可能です。

また、「パソコン資格取得応援キャンペーン」を実施しており、受講期間中にクリエイター能力認定試験、アドビ認定プロフェッショナル試験などの資格取得を目指すこともできます。

講座数が豊富にあるため、目的に合わせて自分に合ったものを選べるのも魅力です。セットで受講することで割引になるプランもあるので、詳しくは公式サイトをチェックしてみてください。

料金Premiere Pro CC:128,000円
After Effects CC:128,000円
YouTube動画制作実習:95,000円
モーショングラフィックス実習:95,000円
YouTube動画クリエイター:182,000円
モーショングラフィックスクリエイター:182,000円
動画・映像デザイナー:300,000円
動画・映像マスター:424,000円
WEB・映像スペシャリスト:550,000円
学習期間Premiere Pro CC:2ヶ月
After Effects CC:2ヶ月
YouTube動画制作実習:2ヶ月
モーショングラフィックス実習:2ヶ月
YouTube動画クリエイター:3ヶ月
モーショングラフィックスクリエイター:3ヶ月
動画・映像デザイナー:5ヶ月
動画・映像マスター:8ヶ月
WEB・映像スペシャリスト:12ヶ月
学習スタイル通学、オンライン、ブレンド
使用ソフトAfter Effects/Premiere Pro/Illustrator/Photoshop ほか
身につくスキル  プロモーション動画/シェイプアニメーション/アニメーション効果/CM作成/ポートフォリオ制作 など
おすすめな人・動画編集を副業にしたい方
・必要なスキルをピンポイントで学びたい方
公式サイトhttps://www.winschool.jp/guidance/design/

Famm

Famm
Fammの特徴
  • 1ヶ月完結の短期集中型ママ専用オンラインスクール
  • シッターサービス&デザインソフト約3万円が無料
  • 卒業後、実際の案件発注を5件まで保証!長期案件もあり

Fammは、1ヶ月完結の短期集中型ママ専用オンラインスクールです。家事や育児で忙しいママが対象となっているため、講座中のシッターサービスが無料で利用できるのが最大のメリットです。

また、講座はライブ形式による最大8名の少人数クラスなので、受講生一人ひとりの理解度に合わせた講座が実現可能です。

さらに卒業後は、在宅ワークに役立つ100スキルのなかから、興味のある講座を無料で受けられるのもポイントです。

シッターサービスや約3万円のデザインソフトが無料で使えることを考えると、コスパの良いスクールだといえます。

料金184,800円
学習期間1ヶ月
学習スタイルオンライン
使用ソフトAfter Effects/Premiere Pro/Illustrator/Photoshop ほか
身につくスキル  Webデザイン/Webサイト設計/CMS運用/グラフィックデザイン/動画編集/Webマーケティング/ライティング/PCスキル/在宅ワーク準備 など
おすすめな人・子育てと両立しながら動画編集スキルを学びたい
・手に職をつけて経済的に自立したい
・子育てが落ち着いたら仕事復帰したい
公式サイトhttps://famm.us/ja/school

動画編集スクールの失敗しない選び方とは?

動画編集スクールを選ぶときは、さまざまな要素を考慮しながら決めることが大切です。

以下で動画編集スクールを選ぶときの要素をいくつか紹介しますので、参考にしてみてください。

未経験から学べるカリキュラムがあるスクールを選ぶ

未経験者が動画編集を学ぶには、基礎からしっかりと教えてくれるカリキュラムが必要です。

動画編集ソフトの操作方法から、映像の構成、色調整、サウンドミキシングなど、動画制作に必要な技術を一から学べるスクールを選びましょう。

デジタルハリウッドbyLIGのような実績のあるスクールは、未経験者でも安心して学べる充実したサポート体制を整えています。

また、サンプル動画や実践的な課題を通して、動画クリエイターとしてのポートフォリオ作りも指導してくれるため、スピーディに副業を始められるでしょう。

自分の学習目的に適したコースがあるスクールを選ぶ

目的に応じて、必要な動画編集のスキルは多岐にわたります。

例えば「簡単な動画編集スキルを身につけて副業にしたい」「動画編集スキルを活かして制作会社に転職をしたい」「フリーランスとして活躍するために営業ノウハウも必要」など、目的によって必要なスキルが異なりますので、まずは動画編集を学ぶ目的を明確にしましょう。

高度なスキルを学べるスクールは費用も高い傾向がありますので、経済状況なども考慮しながらスクールを選ぶことも大切です。

ソフト購入割引や案件獲得サポートなどがあるスクールを選ぶ

動画編集スキルを学ぶうえで、Adobe Premiere ProやAfter Effectsといったプロ用ソフトの習得は必須です。

これらのソフトは高価なため、ソフト購入割引があるスクールという観点でスクールを選ぶのもいいでしょう。

また、スクール卒業後の案件獲得サポートや転職サポートが充実しているスクールは、学んだスキルを活かしてすぐに収入を得るための強い味方になります。

MOVAやDMMオンラインスクールなどは、副業やフリーランスとしての案件獲得に力を入れており、具体的な案件紹介や受講生向けのオンラインサロンでの交流も提供しています。

これらのサポートがあることで、スクール卒業後も安心してスキルを市場に活かすことができます。

クリエイター講師に質問しやすいスクールを選ぶ

動画編集は技術的な面だけでなく、クリエイティブなセンスも問われます。

そのため、現役の動画クリエイターが講師として在籍し、直接質問やフィードバックを受けられるスクールがおすすめです。

実際のプロジェクトでどのような問題が起きるか、またそれをどう解決していくかというリアルな経験を教えてもらえるのは、教材だけでは学べない貴重な知識です。

デジタルハリウッドやヒューマンアカデミーでは、業界で活躍するプロのクリエイターが講師を務めており、チャットサポートやマンツーマンの添削指導も行っています。これにより、受講者は実務に即した質の高い学習を受けられるのです。

受講生の状況別!おすすめの動画編集スクール

ここまでは動画編集スクールを選ぶ時のポイントを紹介しましたが、ここからは状況別におすすめのスクールを紹介します。

自分に近い状況のものがあれば、ぜひ参考にしてみてください。

副業として始めたい社会人の場合

月数万円程度の収益を目指すのであれば、高いスキルは必要ないためピンポイントで学べるスクールがおすすめです。また、スクールの中には副業についての相談や案件獲得をサポートしてくれるところもあります。

ぜひ副業サポートが手厚いスクールを選びましょう。

スクール名特徴
デジハク・副業相談&収益化サポート
・ポートフォリオサイトを制作
DMM WEBCAMP副業実績の獲得サポート
Winスクール必要なスキルのみピンポイントで学べる

受講料金を抑えたい人の場合

受講料金は期間や講座の内容により変わるため、安さだけでスクールを選ぶのはおすすめできませんが、「まずは入門から」「基礎的なスキルだけ身につけたい」という方は料金の安いスクールを選ぶのがいいでしょう。

スクールの中には、動画制作に必要なアプリを無料で利用できるところや入会金がかかるところなどもあるため、網羅的にチェックしましょう。

スクール名最安値
studio US55,000円(入会費なし)
デジタルハリウッド STUDIO by LIG132,000円(入会金なし)
Winスクール95,000円(入会金18,000円、教材費別)

とにかくやさしく教えてほしい場合

「未経験からスキルを身につけられるか不安」という方は、ライブ授業や少人数授業で講師に質問がしやすかったり、チャットなどで常時質問が可能だったりするスクールを選ぶのがおすすめです。

スクール名特徴
studio US・チャットで常時質問受付
・ライブ授業あり
Winスクール・「教えること」が得意な講師
・平均3名、最大5名までの少人数制
Famm・ライブ形式
・最大8名の少人数クラス
・基本的なパソコン操作からからサポート

動画編集スクール卒業後に動画クリエイターとして活躍するポイント

スクールを卒業した後、多くの動画クリエイターが直面するのが「どうやって市場で差別化を図り、活躍するか」という課題です。

卒業後に成功するためのポイントをいくつかご紹介します。

各メディアプラットフォームに適した企画力・技術力をアピール

他クリエイターと差別化し、「選ばれるクリエイター」になるには、個々のメディアプラットフォームに合わせた企画力と技術力が必要です。

例えばYouTubeやSNSなど、特定のプラットフォームをターゲットにした動画制作能力を磨くことで、その分野で求められるクリエイターになることができます。

デジタルハリウッドやstudio USなどのスクールでは、プラットフォーム特化型のコースを提供しており、受講生が市場のニーズに合わせたスキルを身につけることができます。

また、自身の作品をポートフォリオとして積極的に公開し、技術力だけでなくクリエイティブな企画力もアピールすることが重要です。

インフルエンサーとしての地位を確立する

「インフルエンサー」はSNSで大きな影響力を持つ人材のことです。インフルエンサーに製品やサービスを紹介してもらうことで消費者の行動を促す「インフルエンサーマーケティング」は、各企業がもっとも注目するPR手法の1つです。

YoutubeやInstagramなどのインフルエンサーとなることで、企業からコラボやPR案件を受けられる機会も増えるでしょう。インフルエンサーとなるには、特定の分野に突出した知識やそれをわかりやすく発信するスキルが必要です。

顧客とのコミュニケーションも重視する

「動画クリエイター」と言うと、動画制作に関する技術ばかりが重視されると思われがちですが、実は顧客のニーズを正確に把握し、理解するスキルや丁寧なコミュニケーションも求められます。

顧客にとってストレスなくやりとりができるクリエイターであることで、継続的に案件を受注することもできるでしょう。

配信アプリを利用して固定ファンを創出する

PatreonやYouTubeといった配信アプリの投げ銭機能を利用して収益をあげることも可能です。

ファンから安定的なサポートを受けるには、独自のコンテンツで固定ファンを作ることが重要です。

そのためには編集技術だけでなく、ストーリーテリングやキャラクター作りなど、コンテンツ制作のあらゆる側面が求められます。

動画編集を学ぶメリットとは

現代社会で動画コンテンツの需要は急速に高まっており、動画編集を学ぶことは多方面でのキャリアの橋渡しになる可能性を秘めています。

このセクションでは、動画編集を学ぶことの具体的なメリットを、将来性や職場での優位性、副業としての可能性といった観点から解説します。

将来性があるジャンルのスキルが身につく

動画編集は、Webマーケティングやソーシャルメディア、インフルエンサーの活動など、現代のデジタルコミュニケーションにおいて不可欠なスキルです。

特に動画マーケティングは需要が高く、企業は製品やサービスをプロモートするための動画制作に積極的に投資しています。

このような背景から、動画編集を学ぶことは、確実なキャリアパスとしての将来性が期待できるのです。

転職・就職が有利になる

動画編集のスキルは転職や就職市場においても強力なアドバンテージとなります。

多くの企業がデジタルコンテンツの専門家を求めており、特に動画関連のスキルは他の応募者との差別化に役立ちます。

動画編集スキルは、映像制作会社、広告代理店、そして多くの企業内コミュニケーション部門で重宝されるため、学んだ技術が就職市場での自己の価値を高めることに繋がります。

副業・フリーランスとして活躍できる

動画編集は、副業としても人気の分野です。本業に影響しない範囲で動画編集案件を請けたり、オンライン講座で使用する動画を制作したり講師として活動したりすることで+αの収入を得ることができます。

スキルレベルによっては、本業としてフリーランスの動画クリエイターや編集者になることも可能です。

自由な時間管理の下でプロジェクトに参加したり、自らクリエイティブなプロジェクトを立ち上げたりすることが可能です。

動画編集を学ぶデメリットとは

あらゆるスキル習得には利点と同時に欠点も存在します。動画編集を学ぶことのデメリットを以下で解説します。

スキル習得まで時間がかかる可能性がある

動画編集スキルは、比較的身につけるのが容易なスキルではありますが、求めるレベルによっては習得するまでに多くの時間と努力が必要になります。

長期的な視点でじっくりと学習に取り組む必要があり、さらにスキルを身につけた後も継続的な自己学習や実践経験が不可欠です。

これには、自身の時間管理とモチベーションの維持が求められるため、忍耐強さも必要とされるでしょう。

動画編集スキルをスクールで学ぶメリットとは

未経験から動画編集スキルを身につけるなら、スクールを活用するのがおすすめです。

コストはかかってしまいますが、専門的な知識と技術を体系的に、かつ効率的に身につけることができる大きなメリットがあります。しっかり技術を身につけることで、収入につなげることもできるでしょう。

下記に動画編集スキルをスクールで学ぶメリットを解説します。

オンラインなら効率よく学ぶことができる

オンラインスクールは、場所を選ばず、自宅やカフェからでも学習を進めることができるため、本業や家事・育児などで忙しい方も無理なく学習を続けられます。

DMMオンラインスクールやMOVAなどのオンライン型のスクールでは、受講生の学習スタイルやペースに合わせた柔軟なカリキュラムを提供しているため、時間を有効活用できるでしょう。

案件獲得や就職・転職などのサポートを受けられる

多くのスクールでは、受講生がスキルを活かして実際に仕事を獲得できるよう、案件紹介や転職サポートを提供しています。

これにより、受講生は学んだ知識と技術を直接市場で活用し、収入を得る機会を持つことができます。

例えば、ヒューマンアカデミーやデジタルハリウッドでは、卒業生向けの就職・転職支援プログラムが充実しており、動画編集スキルを活かした新たなキャリアを築くための強力なバックアップを受けることができます。

プロによるフィードバックをうけることができる

多くのスクールでは、現役動画クリエイターが講師として現場で活かせるスキルを教えてくれます。スクールによっては24時間チャットや対面で質問ができたり、実際に作成した成果物のフィードバックを受けられることも珍しくありません。

プロの意見を取り入れながら成果物をブラッシュアップしていく経験は、スキルアップに直結するでしょう。

動画編集スクールについてよくある質問

動画編集スクールに関する疑問は多岐にわたります。

ここでは、特によくある質問に対して明確な答えを提供し、これから動画編集を学ぼうとしている方々の不安や疑問を解消します。

全くの未経験者でも講座を受けることはできますか?

はい、多くの動画編集スクールでは、未経験者を対象とした入門コースが設けられています。これらのコースでは、動画編集の基礎から丁寧に教えてくれるため、全くの初心者でも安心して学習を始めることができます。

動画編集スクールから本当に案件紹介を受けられるのでしょうか?

はい、スクールによっては実際に案件紹介をおこなっているところもあります。制作会社が運営しているスクールだと、受講中に報酬が発生する案件を受けられるケースもあります。

これらのサービスは、受講生が学んだスキルを実践の場で活かすための大きな助けとなります。

動画編集スクールに通うのは無駄って本当?

いいえ、動画編集スクールに通うことで、効率的に学び、質の高い教育を受けることができます。また、業界の最新のトレンドや技術を学ぶことができるため、自己学習だけでは得られない知識や経験を積むことが可能です。

さらに、講師からのフィードバックや、同じ目標を持つ仲間との交流は、独学では体験できない大きなメリットです。

独学で動画編集を学ぶことはできますか?

はい、独学で動画編集を学ぶことは可能です。インターネット上には無料で利用できる教材やチュートリアルが豊富にあります。

しかし、独学だとモチベーションの維持が難しかったり、つまづいたときに聞ける相手がいなかったりと専門的な知識や実践的な技術、業界の動向などを効率的に学ぶには限界もあります。

忍耐強い方や時間が豊富にある方、管理能力がある方であれば独学でも動画編集スキルを身につけることができるかもしれません。

まとめ

この記事を通じて、動画編集スクールの選び方から、学ぶメリット、よくある質問に対する答えまでを網羅的に解説しました。

動画編集は、現代のコミュニケーション手段として不可欠なスキルであり、副業や転職、フリーランスとしてのキャリアを築くためにも非常に有益です。

ただし、適切なスクール選びが成功の鍵となるため、自身の目的に合ったスクールを選ぶことが重要です。

また、卒業後にはサポート体制が整っているスクールから得られる案件紹介や転職支援を活用し、スキルを市場で活かすことが可能です。

動画編集スキルを習得し、クリエイティブな分野での活躍を目指しましょう。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。