栄養士・管理栄養士の勤務時間と休暇について解説|残業が多いって本当?

編集者
CUS編集部
株式会社アシロ
転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

管理栄養士が働く環境として、病院、介護施設、保育所やスポーツクラブ、一般企業などがあげられます。働く場所や勤務形態によって休暇・残業などの労働環境が異なります。

管理栄養士として働いている方の中には、残業が多すぎることに悩んでいる方もいるでしょう。

残業の量を減らすためには、雇用形態の変更や転職が対応策となるはずです。

あわせて読みたい
栄養士におすすめの転職エージェント比較ランキング|役立つ資格や転職先も紹介 転職エージェントは、コンサルタントの経験や知識、ネットワークを活かして適切な求人案件を提案してくれるため、栄養士の転職において非常に役立ちます。 一方、転職サ...
あわせて読みたい
栄養士におすすめの転職サイト比較ランキング|キャリアアップできる転職先も紹介 栄養士が求められる業界や職場は幅広く、キャリアやスキルアップのために、また、現在の待遇や給与面も改善したいなどの理由で、転職を考えている方もいるのではないで...
目次

栄養士・管理栄養士の勤務時間の仕組みとは

管理栄養士や栄養士は日本の健康を支えるプロフェッショナルの一つです。しかし、その勤務時間や形態は、一般的なオフィスワークとは異なる特徴を持つことも少なくありません。

特に、残業の多さや勤務時間の不規則さに関する情報が求められることが多いようです。

ここでは、管理栄養士の勤務形態の実態とその背景について詳しく解説します。

定時制

定時制の場合、勤務時間が固定され、一般的には朝9時から夕方5時や6時までの勤務となります。

この制度を採用している職場では、プライベートの時間もしっかり確保できる利点があります。

しかし、業務の繁忙期や特定のプロジェクトがある場合、一時的に残業が増えることもあるかもしれません。

シフト制

シフト制は、病院や介護施設など24時間体制を要する職場で主に見られる勤務形態です。

この場合、勤務時間は固定されていません。一日の中で複数のシフトに分かれており、夜勤や早朝勤務も含まれることが一般的です。

シフト制の採用は、利用者の24時間にわたるニーズに応えるため不可欠ですが、管理栄養士自身の体調管理や生活リズムの確保が課題となることもあるでしょう。

特に、夜勤が続くと体調を崩しやすく、その対策として十分な休息が必要となります。

栄養士・管理栄養士の職場別の勤務時間帯

管理栄養士や栄養士が働く職場は多岐にわたり、それぞれでの勤務時間帯や勤務形態には大きな違いがあります。

職場選びの際、これらの要因は重要なポイントとなるでしょう。そこで、具体的な職場の種類ごとの勤務時間帯について、確認しておきましょう。

なお、管理栄養士や栄養士の勤務時間帯は、同じ職種でも職場によって異なることがほとんどです。ここで紹介する内容はあくまでも参考としてください。

病院・介護施設など

病院や高齢者施設は、患者や利用者に提供する時間帯が決まっています。食事の準備が必要となるため、早朝6時ごろから出勤するケースが多いでしょう。

夜勤がある場合には、休憩1時間程度で17時から翌朝の9時ごろまでの勤務となります。夜勤の場合には夜勤手当が支給されるでしょう。

保育園

保育園での勤務は、栄養士が調理業務を担っていることが多く見受けられます。7時ごろからの早朝勤務が含まれることが特徴と言えるでしょう。

なお、早朝勤務の場合には、夜勤とは異なり手当の支給がない場合がほとんどです。

スポーツクラブ

スポーツクラブでの勤務は、シフト制で働くケースが多いでしょう。クラブの営業時間によっても異なりますが、早い時間帯での勤務開始時刻は早番で6時30分出勤、遅番での退勤期間は23時ごろと考えられます。

1ヶ月の労働時間としては160時間程度が目安です。シフトによって時間を調整しながら変則的な勤務が特徴です。

一般企業

一般企業での勤務は、8時から17時からなど一般的な会社員と同じ勤務時間帯となることが多いでしょう。企業で働く場合には、早朝勤務や深夜勤務は原則ありません。

残業は企業によって異なりますが、1日に1時間から3時間程度のケースが多いでしょう。

栄養士・管理栄養士の職場別の休暇・年間休日数

管理栄養士や栄養士が働く職場ごとに、休暇や年間休日数には大きな違いがあります。職場選びや転職を考える際、これらの要因も大きく影響してきます。

労働時間だけでなく、休日の取得方法や数もしっかりと確認することが、ワークライフバランスを保つ上での鍵となります。

病院・介護施設

病院や介護施設では、24時間365日の対応が必要とされるため、シフト制が主体です。このため、平日や祝日に関わらず休日が取得できる場合もあれば、逆に休みが取りづらい時期もあるでしょう。

年間休日数は施設により異なりますが、大手の病院や施設では120日以上の休日があることも。ただし、休日出勤や夜勤の後の休みなど、休日の取得方法に特徴があります。

保育園

保育園では、主に平日の日中に勤務する形態が一般的です。夏休みや冬休み、ゴールデンウィークなど、長期の休暇も確保しやすい職場となっています。

年間休日数は、一般的には土日祝を含めて110日程度。しかし、食事提供のタイミングや調理業務の都合上、連休の取得が難しい場合もあるかもしれません。

スポーツクラブ

スポーツクラブでの栄養士は、主に会員の健康サポートや食事の指導を行います。勤務時間はクラブの営業時間に沿ってシフト制となることが多く、休日も週休二日制を採用するところが多いようです。

年間休日数は、一般的には120日以上と考えられます。

一般企業

一般企業での栄養士は、社員の健康管理やカフェテリアの運営を担当することが多いです。勤務時間は定時制が主体となり、土日祝の休みが一般的。

年間休日数は、企業の規模や制度により異なりますが、一般的には125日以上の休日が確保されることが多いです。

管理栄養士の残業が多い場合の対処法

残業が多いと感じる場合、体調を崩す原因となるだけでなく、モチベーションの低下や仕事の質の低下にもつながります。

そんな時、どのように対処すればよいのか、具体的な方法を考えてみましょう。

上司に相談する

残業の多さに悩む前に、まずは上司や人事部門に相談をしましょう。具体的な業務の見直しや、職務の範囲の変更など、多岐にわたる提案が可能です。

相談室など、企業内でのサポート体制が整っている場合も多いので、気軽に声を上げることが大切です。

勤務形態を変える

勤務形態の見直しも一つの方法です。例えば、フレックス制度の導入や短時間勤務、テレワークの導入など、さまざまな選択肢が考えられます。

自分のライフスタイルや健康状態に合わせて、最適な形態を選びましょう。

残業が少ない職場に転職する

残業の少ない職場を希望する場合、転職を考えるのも一つの手段です。新しい職場での勤務時間や条件、待遇などをしっかりと確認しながら、自分に合った職場を選ぶことが大切です。

転職サイトや求人情報を利用して、情報収集を行いましょう。

残業が多い管理栄養士におすすめの転職エージェント

残業が多いことに悩んでいる管理栄養士に、おすすめの転職エージェントを紹介します。

栄養士人材バンク

栄養士人材バンク
栄養士人材バンクの特徴
  • 栄養士の転職に特化
  • 全国の求人を網羅
  • 専任のコンサルタントが転職をサポート
  • 運営会社が上場企業なので安心
  • 登録・利用は完全無料

栄養士の転職に特化している栄養士人材バンクは、栄養士の転職に特化した会社です。そのため、栄養士の転職に必要な情報やノウハウを豊富に持っています。

また、全国の求人を網羅しているため、大都市圏以外に住んでいる方も安心して利用できます。さらに、専任のコンサルタントが転職をサポートしてくれるため、求職者の希望や条件を理解し、それに合った求人を紹介してくれるでしょう。

対応エリア 日本全国
公開求人数 非公開
公式サイト https://ejb.eichie.jp/
2023年11月時点

栄養士ワーカー

栄養士ワーカー
栄養士ワーカーの特徴
  • 転職成功者数は年間約30,000人(※)
  • 栄養士専門のアドバイサーが対応
  • 面接対策や条件交渉をしっかりサポート

※【参考記事】栄養士ワーカー トライトグループ合計 20204月~20213月実績

栄養士ワーカーは、全国の求人を掲載しており、多くの求職者が転職に成功しています。

栄養士専門のアドバイザーが面接対策や条件交渉もおこなうため、転職が初めての方でも安心して利用できるでしょう。

対応エリア 日本全国
公開求人数 9,957件
公式サイト https://eiyoushi-worker.com/
2023年11月時点

レバウェル栄養士

レバウェル栄養士
レバウェル栄養士の特徴
  • 栄養士に特化
  • キャリアアドバイザーが丁寧にカウンセリング
  • 給与や勤務時間の相談も可能
  • 職場の雰囲気を教えてくれる

レバウェル栄養士は、栄養士や管理栄養士の求人が豊富であり、キャリアアドバイザーのサポートも充実しています。

給与や勤務時間の相談も可能なので、年収をアップさせたい方やフレックスを希望する方なども、条件に合った転職先を見つけられる可能性が高まるでしょう。

また、職場の雰囲気について事前に知ることができるのため、特に人間関係のトラブルを避けたい方や働きやすさを重視している方におすすめします。

対応エリア 日本全国
公開求人数 非公開
公式サイト https://levwell.jp/profession/rd/
2023年11月時点

栄養士転職ナビ

栄養士転職ナビ
栄養士転職ナビの特徴
  • 栄養士に特化
  • 全国の求人を網羅
  • コンサルタントの手厚いサポートが受けられる
  • 検索条件を細かく設定できる
  • コラム記事で有益な情報が得られる

栄養士転職ナビは、栄養士や調理師に特化している転職サイトであり、コンサルタントの手厚いサポートが特徴です。

全国の求人を網羅しており、また、検索条件を細かく設定できるため、転職が初めての方でも希望の転職先を見つけやすいといえるでしょう。

また、公式サイトに掲載されているコラム記事の内容が充実しているため、うまく利用することで有益な情報が得られる可能性があります。

対応エリア 日本全国
公開求人数 9,986件
公式サイト https://eiyoushi-tensyoku.com/
2023年11月時点

しんぷる栄養士

しんぷる栄養士の特徴
  • 栄養士に特化した転職支援サービス
  • 求職者に寄り添った転職サポートに特徴あり
  • 一都三県で転職したい方におすすめ

しんぷる栄養士は、栄養士に特化した転職支援サービスです。一都三県の求人を中心に取り扱っており、保育園、病院、介護施設など、さまざまな施設の求人を紹介してもらえます。

求人提案の際には、職場の雰囲気や上司の人柄などの詳しい情報の共有も受けられるため、入職後のギャップを最小限に抑えられるはずです。

登録すると、一人ひとりに専属の担当者がつき、きめ細やかなヒアリングがおこなわれます。転職に対する求職者の思いをもとに、希望のキャリアプランに寄り添ったアドバイスをしてもらえるのが特徴です。

サポートは基本的に電話・LINEで実施されるため、忙しい栄養士にもおすすめのサービスといえるでしょう。

対応エリア東京、神奈川、千葉、埼玉が中心
公開求人数非公開
公式サイトhttps://simple-eiyoushi.com/entry/sp_92/
※2023年11月時点

栄養士・管理栄養士の勤務時間・休暇は職場によって異なる

栄養士や管理栄養士の勤務時間や休日は、職場や職種により大きく異なります。そのため、自分自身のライフスタイルやキャリアプランに合わせて、職場選びをすることが重要です。

仕事内容や待遇だけでなく、勤務時間や休日の条件も転職活動の際の大きなポイントとなるでしょう。

残業が多いことに悩んでいる場合には、一度、管理栄養士の転職に注力している転職エージェントに相談してみると良いかもしれません。

  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。