【4月入社希望者必見】転職活動はどのくらいの期間が必要なのか徹底解説

           
編集者
本記事は転職エージェント公式サービス(ビズリーチ・マイナビ・リクルート等)のプロモーションを含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
有料職業紹介許可番号:13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが作成しています。

新年度が始まる4月の入社を目指して転職活動をしている方も少なくありません。

特に、初めて転職活動をする方は「何をすれば良いのかわからない」「いつから始めたらいいの?」など、わからないことがたくさんあるはずです。

この記事では、4月入社を目標に転職するためには、どのくらい前から転職活動を始めるべきか?そもそも4月入社は転職におすすめの時期なのか?について4月入社の転職のメリット・デメリットをもとに解説します。

あわせて、効率よくスムーズに転職活動を進めるためのコツや、おすすめの転職エージェントも紹介するので、4月入社の転職を希望している方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

1分で無料登録!
おすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7.1万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年5月1日時点
目次

4月入社を目指すための転職活動開始時期は?

4月入社を目指すためにはどれくらい前から転職活動を始めるべきなのでしょうか。転職活動では、履歴書や書類での選考や面接など、企業によって定められているさまざまな選考のステップをクリアする必要があります。

ここからは、4月入社を希望する方がどの時期から始めるのがベストなのか、2つの項目に分けて紹介します。

転職活動の選考にかかる期間の目安

転職活動にかかる期間の目安は、応募から内定までが1〜2ヵ月、そこから入社までが1ヵ月、最短でも3ヵ月かかるのが一般的です。そのため、転職活動を始めるのは入社希望月の3ヵ月前がベストといえるでしょう。

ただし、転職活動では失敗も多く、もちろん応募した企業に必ずしも内定をもらえるとは限りません。4月入社で転職したいという方は、4月に向けてスケジュールを逆算するのも良いですが、なるべく余裕を持って早めに転職活動を始めると安心です。

1月には転職活動を始めよう

4月入社希望で転職したい方は、遅くても1月には転職活動を始めることをおすすめします。4月から選考期間のスケジュールを逆算すると、最適なのは1月。

しかし、1月は多くの会社がボーナス支給後であり、転職者が増加するシーズンともいわれています。なるべく高い競争率を避けるためにも、少し早めの前年の12月から始めておくと安心です。

スムーズに採用が決まった場合でも、どうしても4月に入社したいということは企業側に事前に伝えておきましょう。

4月入社を目指して1月に転職活動を始めるべき理由とは

転職者が増えるシーズンといわれている1月ですが、4月入社を目指す方が転職活動を1月から始めるのをおすすめする理由はたくさんあります。

また、1月は年末年始で休みムードから抜け出せず「転職したい」と考えていても、まだ動き出している人は少ない可能性が高いのも理由の一つ。

転職エージェントやサイトも、まだ比較的求職者が集中していないのでより仕事が決まりやすいかもしれません。ここからは、4月入社希望の転職者が、1月には転職活動を始めるべき3つの理由を解説します。

  • 他の転職者がまだ動き出していない可能性が高い
  • 2月は求人が多い
  • 退職意思を伝えるのに良い時期

①他の転職者がまだ動き出していない可能性が高い

1月は、多くの会社の社員がボーナスの支給を終え、新年を機に転職を考える方も少なくありません。

しかし、実際は「新しい年になるし転職活動を始めようかな」と、ぼちぼち考え出す方はいますが、年末年始の休みムードからなかなか抜け出せず、本格的に転職活動を始める方は少ないといえます。

そのため、年始は特に転職エージェントやサイトも空いており、他の転職希望者よりも早いスタートダッシュを切ればスムーズに仕事を決められるチャンスです。

月末になると、転職者が動き出す可能性があるので、まだライバルが少ない月初の段階で気になる企業に応募しておきましょう。

②2月は求人が多い

4月入社希望の方に1月から転職活動を始めるのをおすすめする理由は、2月に求人が増加するからです。多くの企業が、1〜2月くらいから新年度の人材を確保するために動き出します。

「それなら2月から始めればいいのでは?」と考える方もいますが、転職活動には事前の準備期間も必要です。業界についての情報収集や自己分析ができていない方は、求人がたくさん出てからでは遅れを取ってしまうでしょう。

いつでも気になる企業に挑戦できるよう、1月からコツコツと応募に向けて転職活動を始めておくのをおすすめします。

③退職意思を伝えるのに良い時期

現在、正社員として企業で勤務している方が退職する場合、退職予定の2週間前に企業側に退職の意思を伝えなければならないと、民法上でも定められています。

第六百二十七条

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。

引用元:民法(e-GOV法令検索)|期間の定めない雇用の解約の申入れ(2023年1月8日時点)

4月入社での転職を考えている方は、3月には現在の企業を退職する必要があります。そのため、遅くとも3月の中旬に「退職したい」と伝えることで、民法上の規則を守って退職手続きをすることができます。

しかし、企業によっては退職の申請期日が設けられている場合があります。

民法上は、2週間前に申し入れをすれば退職することが可能ですが、しっかりとした段取りをおこなったうえで退職をした方が企業側も自分自身も気持ちよく退職手続きに進めるでしょう。

必ず企業の規定の期間までに申請するよう、事前に退職の申請期日を確認し、その期日を過ぎないように注意しましょう。

4月入社での転職がベストな理由

4月は新卒社員の入社と被ったり、人の入れ替わりが激しい時期であったりと「転職にはあまり向いていない時期ではないのか?」と、不安になる方もいるでしょう。

しかし、実は4月は最も転職にぴったりの時期。企業側も新年度に向けて気合を入れて採用活動をおこなっています。

ここからは、4月入社での転職がベストな理由を具体的に紹介します。

  • 新体制になる時期のため馴染みやすい
  • 内定をもらいやすい

新体制になる時期のため馴染みやすい

4月は新体制になる時期のため馴染みやすいというのが、4月入社の転職がベストな理由の一つ。4月は新しいことが始まるシーズンですよね。

そのため、企業内でも新しい社員が入社したり、新しいプロジェクトが始まったり、社内の人間関係が固まっていないことがほとんどです。

新しく入る転職者も馴染みやすく人間関係で悩む心配もないでしょう。働く中で人間関係や社風を、重視している方も少なくないはずです。新しい会社での慣れない環境に不安をお持ちの方、社内での人間関係が心配な方には、4月入社を目指した転職活動をおすすめします。

内定をもらいやすい

4月入社での転職がベストなのは、4月入社希望の内定はもらいやすいという理由があります。新しいことが始まる4月は、企業側にとっても新体制に移るシーズン

一方、転職希望や定年を迎えた退職者などが、3月に急激に増加し企業が人材不足に悩む時期でもあります。そのため、企業側は新年度の新しいプロジェクトなどに向けて、人材確保に積極的になる傾向にあります。

また、転職者は新卒社員と比べると、既にスキルや経歴を持っている可能性があり、企業側からしてもありがたい存在です。活用できるスキルや経歴がある方は、企業側にしっかりアピールしましょう。

1分で無料登録!
おすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7.1万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年5月1日時点

4月入社で転職するメリットとは?

1年を通して転職をする機会はいつでもあるけれど、4月入社が特におすすめの理由とは一体どのような点なのでしょうか。

ここからは、4月入社だからこその4つのメリットについて詳しく解説します。

  • 研修などの受け入れ体制が整っている
  • ボーナスを受け取ってからの転職が可能
  • 仕事のスタートラインに立てる
  • 企業が人材の受け入れを強化している

研修などの受け入れ体制が整っている

4月入社で転職すると、研修などの受け入れ体制が整っているのが大きなメリットです。4月は新入社員が多く、さらには人事異動や組織の変更の時期でもあるため、企業側は引き継ぎや研修など、社員の教育に力を入れます

そのため、中途入社の転職者でも、新卒社員や異動者と合同で研修を受けることができ、受け入れ体制が整っているので安心です。

また、合同の研修では同時期に入社した社員との接点ができるのも魅力の一つ。4月入社での転職をすると、交流会や歓迎会も開催される機会が多いため、周りとの交流を深めたい方にもおすすめです。

ボーナスを受け取ってからの転職が可能

4月入社で転職すると、ボーナスを受け取ってから転職できるのもメリットの一つです。企業では夏と冬、年に2回のボーナスを実施しているところがほとんどです。

そのため、3月末で現在働いている企業を退職すると、冬の分のボーナスを受け取ることが可能になります。

また、一般的に冬のボーナスは12月に支給されるため、ボーナスを受け取ってから企業に退職希望を伝えるのがポイントです。

さらに、転職先でも4月はボーナスの算定期間に入るため、減額されずに済みます。現在勤務している企業でも転職先でも、ボーナスが入る点が4月入社での転職の大きな魅力です。

仕事のスタートラインに立てる

4月入社で転職すると、他の社員と同じく仕事のスタートラインに立てるのもメリットです。企業では、4〜9月、10〜3月のように半年ごとに上半期と下半期で区切って目標設定や事業計画を立てているのが一般的です。

そのため、4月入社で転職すると、上半期の始めから周りと一緒に働くことができるため、区切りよく仕事をスタートできるでしょう。もし、わからないことがあっても、まだ周りの社員も新しいことに慣れていない状況なので、焦る必要はありません。

新体制に向けての研修もたくさんおこなわれるので、安心して業務を覚えられます。

企業が人材の受け入れを強化している

4月入社での転職の大きなメリットは、大企業を中心に企業側が採用を強化しているという点です。多くの企業が新年度の新プロジェクトや人員確保のために、新卒社員やその他人材を受け入れようと、4月に入社できる人材を探し始めます。

そのため、短期間で選考がおこなわれるスピード選考や、書類不要の面接のみの選考など、普段はハードルの高い企業の選考が思いがけずうまくいくことも珍しくありません。

4月入社を考えている転職希望者は、企業側が積極採用をおこなっているこのチャンスを逃さないよう、大手企業や優良企業への応募にチャレンジしてみてください。

4月入社で転職するデメリットや注意点

他の社員との交流を深められたり、企業側が人材の受け入れを強化している時期であったり、4月入社での転職にはさまざまなメリットがあるのがわかりました。

一方で、4月入社で転職するにはいくつかのデメリットもあります。ここからは、4月入社に向けての転職活動だからこその、3つのデメリットや注意点について解説します。

メリット・デメリットの両方を理解した上で、本当に4月入社での転職をするかどうか検討することが大切です。

  • 入社日を自分で決められない可能性がある
  • 複数での企業での比較が難しい
  • 人気企業は競争率が高い

入社日を自分で決められない可能性がある

4月入社で転職するデメリットは、企業によっては入社日を自分で選ぶことができない可能性があるという点です。もちろん、新年度に向けて多くの企業が積極採用をしているのは魅力的です。

しかし、「4月1日入社必須」など、前の企業との関係で4月1日以降の入社を希望していても、交渉不可能なケースも多くあります。

選考を受ける際は、入社日を指定できるのかどうか、現在の企業での退職交渉はなるべく早めにおこなっていると安心です。

複数の企業での比較が難しい

転職先への4月入社を目指して転職活動をする場合、複数の企業での比較が難しいのがデメリットの一つです。

この時期は、企業側としても新年度に入社してくれる人材を積極採用している時期でもあるため、回答期限を短く設定しているところも少なくありません。

そのため、想定より早く内定が決まってしまった場合は、他社と比較する時間もなく採用された企業に決めてしまうなんてこともあるため、注意しましょう。

入社してから後悔しないためにも、応募するタイミングや時期を考えてスケジュールを立て、余裕を持って転職活動をおこなうことが大切でしょう。

人気企業は競争率が高い

4月入社を目指して転職活動をおこなう場合、人気企業の競争率が非常に高まってしまうのもデメリットです。

「企業側が採用を強化している」、「選考のハードルが少し低い」など、企業側の採用熱が高まっている時期を狙って転職活動をする人は多くいます

そのため、大手企業や人気の企業への応募は殺到し、転職活動が思うようにいかないことも。周りが動き出す前に転職活動を初め、あらかじめ本命の企業がある方は、早めに応募して選考に進んでおくと安心です。

1分で無料登録!
おすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7.1万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年5月1日時点

転職活動を効率よく進めるためのポイント

転職活動をする誰もが、なるべく効率よく仕事探しをしたいと考えるもの。初めて転職活動をする方にとっては「そもそも転職活動とは何から始めるべきなのか?」と、わからないことがたくさんあるはずです。

ここからは、よりスムーズに転職活動を行うために、知っておくと役立つ3つのポイントを紹介します。

  • 転職サイトやエージェントを利用する
  • 気になる求人にはすぐに応募する
  • 細かく活動スケジュールを立てる

転職サイトやエージェントを利用する

転職活動をより効率よく、スムーズに進めたいという方は、転職サイトやエージェントを利用するのがポイントです。

転職エージェントやサイトでは、転職活動に役立つツールやサポートシステムが用意されています。必要書類の書き方、面接でのビジネスマナーなど、基本的な知識から身につけることが可能です。

また、利用する転職サイト・エージェントによっては、スタッフがマンツーマンで直接サポートをしてくれるところもあります。初めての転職活動で不安な方手厚いサポートを受けたい方は、ぜひ転職エージェント・サイトの利用を検討してみてください。

気になる求人にはすぐに応募する

転職活動をスムーズに進めるためには、気になる求人にはすぐに応募するのがポイントです。スケジュールを組んで、なるべく他の企業との選考間隔を開けないということも重要です。

しかし、採用上限枠を決めている企業が多く、人気企業や大手企業では応募人数に達した際、すぐに求人の募集を打ち切るという可能性も少なくありません。

企業が求人を打ち切ってしまった場合は、応募すらもできなくなってしまいます。そのため、気になる企業や本命として狙っている企業が決まっている場合は、なるべく早めに応募して枠を確保するようにしましょう。

細かく活動スケジュールを立てる

転職活動をなるべく早く、効率よく進めるためには、細かく活動スケジュールを立てるのがポイントです。活動スケジュールは、日ごと・週ごとに細かく立て、いつ何をするべきなのかを明確にするのがおすすめです。

転職活動を始めた月の1週目は自己分析や業界分析に費やす、次の週は自己PRの何通りかのレパートリーを作成する、など事細かに書き記しておくと後々わかりやすいでしょう。

また、いつどの企業に応募するのか、それまでに用意すべきものは何なのかを逆算して考えるのも、転職活動を効率よく進める近道といえます。

転職サイト・エージェント選びで失敗しない方法

働き方が多様化している現代では、キャリアチェンジやキャリアアップを目的に転職する人も年々増加している傾向にあります。

そんな中、多くの転職サイトやエージェントが活躍しており、数多くの中から利用する会社を選ぶのは簡単ではありません。

ここからは、失敗しない転職サイト・エージェント選びの方法を紹介します。

  • 複数の転職サイト・エージェントを利用する
  • 担当者との相性を見極める
  • 自分の希望の業界に特化しているか確認する

複数の転職サイト・エージェントを利用する

転職サイト・エージェント選びで失敗しないためには、複数の転職サイト・エージェントに登録するのがおすすめです。転職サイト・エージェントによって、取り扱っている企業や紹介してもらえる企業、受けられるサービスやサポート内容が大きく異なります。

そのため、複数の転職サイト・エージェントを併用することで、各転職サイト・エージェントの良いとこ取りをすることができ、さらには他社と比較しながら利用できます。複数のサイト・エージェントを利用することで、得られる情報の質や量も増えることは間違いないでしょう。

担当者との相性を見極める

転職サイト・エージェント選びで失敗しないためには、担当者との相性を見極めることも大切です。特に転職エージェントでは、登録すると1人ひとりにマンツーマンでサポートをおこなう、担当者が付くことが一般的です。

実は担当者との相性は、今後の転職活動に大きく関係するといっても過言ではありません。転職希望者は、主に担当者のアドバイスや企業への交渉をもとに転職活動をおこないます。

もし、担当者との相性が少しでも合わないと感じた場合は、すぐに担当者を変更してもらいましょう。直接本人に伝え辛い方は、他のスタッフに相談するのをおすすめします。

自分の希望の業界に特化しているか確認する

自分の希望する業界や職種に特化しているかどうかを重視するのも、転職サイト・エージェント選びのポイントです。利用する転職サイト・エージェントによって、IT業界やサービス業、看護などそれぞれの業界への転職に力を入れているところがあります。

どれだけ求人数を多く持っている転職サイト・エージェントでも、自分の希望の業界が含まれていなければ利用する意味がありません。

業界に特化している転職サイト・エージェントには、業界に詳しいスタッフが在籍している可能性もあるため、受けられるアドバイスの質も大きく変わるでしょう。

転職サイトと転職エージェントの違い

転職サイトと転職エージェント、どう違うのか疑問に思う方も少なくないはずです。そのどちらもが、転職活動をサポートするサービスであることには変わりませんが、サポートの仕方が少し異なります。

以下では、転職サイトと転職エージェントの違いを、表にまとめています。

転職サイト ・掲載されている求人に自分で応募する
・サイトのツールを使って、転職知識を得る
・面談や事務所に足を運ぶ必要がない
転職エージェント ・キャリアアドバイザーなどの担当者によるマンツーマンのサポート
・面接練習や書類の添削をしてもらえる
・担当者が自分に合った仕事を提案してくれる

転職サイト・エージェントでは、サポート内容に大きな違いがあるのがわかります。手厚いサポートを受けたい方には転職エージェント、自分のペースで仕事を探したい方には転職サイトが向いているでしょう。

転職サイト・エージェントを利用するメリット5つ

もちろん転職活動は、転職サイト・エージェントの力を借りずに、自力でおこなうことも可能です。

しかし、転職をする人が増えている現代では、数多くの転職サイト・エージェントが活躍しており、転職といえば「転職サイト・エージェント」という認識になりつつあります。

ここからは、転職サイト・エージェントを利用する5つのメリットについて、詳しく解説します。まだ転職サイト・エージェントを利用したことのない方は、ぜひ以下を参考に検討してみてください。

  • 「何から始めていいのかわからない」を解消
  • レアな求人を紹介してもらえる
  • 研修やセミナーなどの制度が充実
  • 企業への交渉をしてもらえる
  • エージェントによっては就職後もサポートが続く

「何から始めていいのかわからない」を解消

転職サイト・エージェントを利用するメリットは、転職活動に慣れていない方の「何から始めていいのかわからない」という悩みを解消してくれる点です。

特に、転職エージェントではただ仕事を紹介するだけでなく、担当者が職務経歴書や履歴書、面接練習まで丁寧に細かくサポートしてくれるのが魅力です。

また、企業側への条件の交渉もおこなってくれる場合があるため、より自分の希望が叶う可能性が高まります。

転職活動をしたいと思い立ったものの、何から始めれば良いのかわからない、初めての転職活動が不安な方に、転職サイト・エージェントはおすすめです。

レアな求人を紹介してもらえる

転職サイト・エージェントを利用すると、自力で求人を探すより、レアな求人に出会えるのもメリットの一つ。

転職サイト・エージェントでは、誰もが見ることのできる公開求人から、登録者限定で見られる非公開求人まで幅広い求人を取り扱っています。

あわせて、利用する転職サイト・エージェントによっては、その転職サービスでしか出会うことのできない独占求人を持っている可能性も。

これらの非公開求人や独占求人などの多くは、競争率が比較的低いのも魅力です。レアな求人やライバルの少ない求人に出会いたい方は、ぜひ転職サービスの検討を利用してみてください。

研修やセミナーなどの制度が充実

転職サイト・エージェントなどでは、利用者のスキルアップを目的として、研修やセミナーがおこなわれているのがメリットです。転職活動をしている方の中には「スキルや経験値に自信がない…」という方も少なくないでしょう。

転職サイト・エージェントによっては、転職活動に役立つ研修やセミナーが無料でおこなわれていたり、特別価格での資格支援がおこなわれていたり、さまざまなサポートを受けることができます。

スキルや経験がなくて自信がない方も、転職サイト・エージェントを利用すれば、安心して転職活動にチャレンジすることができるでしょう。

企業への交渉をしてもらえる

転職サイト・エージェントを利用すると、担当者が企業に直接交渉を行ってくれるのが大きなメリットです。転職活動に慣れてくると、複数の企業の選考を同時期に受けることも増えてきます。

そうなると、日程の調節も難しくなり、時には企業側に日程の変更を交渉しなければならないことも。そんな時、特に転職エージェントを利用していれば、担当者が代わりに企業に交渉してくれます。

さらには、求職者の希望の条件を企業側と交渉するなどの役割も果たします。働くうえでの希望の条件を叶えたい方にも、転職サイト・エージェントはおすすめです。

エージェントによっては就職後もサポートが続く

転職エージェントを利用すると、転職活動中だけでなく就職後もサポートが続くのもメリットです。利用する転職エージェントによっては、仕事の紹介や選考過程でのサポートだけでなく、入社後も手厚いサポートが続く場合があります。

中には「転職活動はうまくいったものの思っていたのと違っていた」など、入社後のギャップを感じる方も少なくありません。

場合によっては、担当者が企業側に条件の違いを指摘し、解決に繋げてくれることも。新しい環境での悩みや、出来事をいつでも相談できる環境があるのはとても心強いですよね。

転職活動に役立つおすすめの転職サイト・エージェント5選

転職サイト・エージェント選びをする際、数多くある転職サービスの中から利用するものを選ぶのは難しいと感じる方も少なくありません。

せっかく利用するのであれば、効率よく転職活動がおこなえる便利な転職サイト・エージェントを利用したいものですよね。

ここからは、転職活動をしている方であれば一度は耳にしたことがあるほど、知名度が高く人気度の高いおすすめの転職サイト・エージェントを5つ紹介します。

doda

doda

dodaは、パーソナルキャリア株式会社が運営する、業界でも大人気の転職情報サイトのことです。取り扱い求人数は、約20万件を超えており、その求人数の多さは他社と比較してもダントツです。(※2023年3月時点、非公開求人を含む)

さらにdodaでは、必要な情報をフォーマットに登録するだけで企業から直接スカウトがくるという便利なツールもあるため、選考がさらにスムーズになります。

キャリアアドバイザーにプレッシャーをかけられず、マイペースに転職活動をおこないたい方に、dodaはおすすめです。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントは、大手人材派遣グループであるリクルートが運営する、転職に特化した会社です。

転職成功実績は業界でもトップであり、国内最大級の求人数の多さや在籍するスタッフのサポートの質の高さに、利用者からの人気を集めています。

リクルートエージェントでは、転職希望者に向けて丁寧なヒアリングをおこない、ニーズに合った求人の紹介や企業への年収交渉までおこなってくれます。

若年層から高齢層まで幅広い年代に対応しているため、全ての方におすすめできる転職エージェントです。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

マイナビエージェントは、就職活動や転職活動などを経験したことがある方であれば、誰もが知っているほどの知名度を誇る、大手転職エージェントです。

大手人材派遣マイナビグループが運営しており、取り扱っている業種や職種の幅は非常に広い点が魅力です。

また、大手だけあって、企業側からの信頼も非常に厚いため、担当者の交渉次第では選考がスムーズに。大手の転職エージェントで手厚くサポートを受けたいという方は、ぜひマイナビエージェントをチェックしてみてください。

パソナキャリア

パソナキャリア

パソナキャリアは、人材派遣会社を運営しているパソナのグループ会社です。全国47都道府県に拠点を置き、都心部への転職だけでなく地方にお住まいの方でも安心して利用できるのが、パソナキャリアの最大の魅力です。

また、パソナキャリアには他社と比べると、年収の高い求人を多く取り扱っている傾向にあります。転職セミナーや相談会など、定期的に開催されているので、給料アップを目指して転職を検討している方は、パソナキャリアに相談してみてください。

ビズリーチ

ビズリーチ

近頃では、CMでもよく見られるようになったビズリーチ。ビズリーチは、スカウト型の転職サイトで、ハイクラス向けや質の高い求人を多く取り扱っているのが特徴です。

その多さは、年収1,000万以上の求人が全体の求人の3分の1を占めるほどです。

スカウト型であるため、ビズリーチでは自ら求人を探すのではなく、職務経歴書のフォーマットに必要事項を書き込んで企業からのスカウトを待つ流れになります。

現在の仕事が忙しい方、求人を自ら探すのが面倒な方は、ぜひビズリーチをチェックしてみてください。

まとめ

この記事では、4月入社を目標に転職活動をおこなう方に向けて、主に転職活動を始めるのに適切なタイミングや、4月入社での転職をおすすめする理由について解説しました。

日本人にとって4月は新年度であり、新しいことがたくさん始まるシーズン。この時期を境に新しいことに挑戦したい方も少なくないでしょう。

そのため、他の転職希望者が動き出す前に、事前にしっかりと準備をして、効率よく転職活動を進めることが大切です。自分で求人を見つけ出すこともできますが、転職サイト・エージェントは効率的な転職活動に役立ちます。

転職活動を少しでもスムーズに進めたいという方に、少しでもこの記事を参考にしていただけると幸いです。

1分で無料登録!
おすすめの
転職エージェント5社
総 合
詳 細
評 判

エージェント 求人数 ポイント 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
公開求人数
11万件
非公開求人数
非公開
転職者の3人に1人が年収アップに成功!レジュメ登録してスカウトを待つだけで自分の市場価値がわかる。優秀なコンサルタントを指名することも可能。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
公開求人数
7.1万件
非公開求人数
1.4万件
人材大手マイナビが運営する転職エージェント。特に20~30代からの支持が高く、有名大手企業から勢いのあるベンチャー企業まで、幅広い求人を保有。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
公開求人数
38.3万件
非公開求人数
33.5万件
まず必ず登録すべき、業界最大手エージェント。圧倒的求人数と内定数で、各業界や職種に精通したキャリアアドバイザーも多数在籍。

doda

doda

4.2
公開求人数
24.2万件
非公開求人数
3.8万件
新しい環境にチャレンジしたい方にも、今までのキャリアを活かしたい方にもおすすめの、圧倒的な顧客満足度を誇る最大級の転職エージェント

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
公開求人数
1万件
非公開求人数
1.7万件
1都3県(東京・千葉・埼玉・神奈川)に絞って質の高い求人情報を提供しているエージェント。企業との間に太いパイプがあり、年収アップ率はなんと71%。
2024年5月1日時点

エージェント 相性のいい年代 相性のいい地域 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

doda

doda

4.2
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
20代
30代
40代
50代
首都圏
名古屋
大阪
兵庫
福岡
札幌
仙台
その他
2024年5月1日時点

エージェント 評価 クチコミ 公式サイト

ビズリーチ

ビズリーチ

5.0
口コミを読む
・情報収集目的で使いましたが、多くのスカウトをもらえました。
・無課金でも年収アップ転職ができるときいて使いました。無料期間を有効活用することをお勧めします。

マイナビエージェント

マイナビエージェント

4.8
口コミを読む
・面接対策や履歴書添削などを手厚く行ってくれました。
・ハイキャリア向けの求人は少なめですが、未経験分野への転職も可能で、自分の可能性を広げられます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

4.6
口コミを読む
・求人数、セミナーが充実していて、アドバイザーさんのサポートが手厚かったです。
・HPの使い勝手が良く、絞り込み検索機能が使いやすい!

doda

doda

4.2
口コミを読む
・比較的、業種分けがしっかりとされていて、特定の業種の求人だけを確認できて便利。
・テレビCMや転職サイトの王手企業ということと20代30代向けの求人が多いことから利用しました。

type転職エージェント

type転職エージェント

4.0
口コミを読む
・サイトがシンプルな作りで見やすい。
・関東圏で、すぐに転職をしたいと考えているような人には向いているかなと思いました。
2024年5月1日時点

運営者情報

キャリアアップステージ」は、有料職業紹介事業許可番号13-ユ-313782)の厚生労働大臣許可を受けている株式会社アシロが運営する転職メディアです。
会社名 株式会社アシロ(ASIRO Inc.)
2021年7月20日 東証グロース上場(7378)
URL https://asiro.co.jp/
本社所在地 160-0023
東京都新宿区西新宿6丁目3番1号
新宿アイランドウイング4F
法人番号 9011101076787
設立日 2009年11月
代表者(代表取締役社長) 中山博登
主な事業内容 HR事業、インターネットメディア事業(リーガルメディア、派生メディア)、少額短期保険事業
許認可 有料職業紹介事業(厚生労働大臣許可 許可番号13-ユ-313782)
グループ会社 株式会社アシロ少額短期保険
株式会社ヒトタス
運営者情報の詳細はこちら
  • URLcopy
CAREERUPSTAGE編集部のアバター
株式会社アシロ

CAREERUPSTAGE編集部

転職サイトやエージェントは何を選ぶかではなく、『どう使いこなすか』にフォーカスしたWEBメディア。株式会社アシロの転職メディア編集部による、転職エージェントの賢い『使い方』とキャリアアップ実現の方法論を解説。