不動産に関する
記事一覧

不動産問題を解決する情報をお届けします。

2023.11.17 2024.01.25
不動産売買で失敗しないための必読ガイド!トラブルの原因と対策法を徹底解説

不動産は金額の大きな財産であるゆえ、その売買には誰しも慎重になるものです。 これから売買を考えている方の中にも、あらかじめ起こり得るトラブルを知って、予防策を講じておきたいという方もいるでしょう。 不動産売買におけるトラ...

不動産売買で失敗しないための必読ガイド!トラブルの原因と対策法を徹底解説
2023.09.29 2024.01.25
家賃滞納のリスクと対策|オーナー必見の防止策と対応策

不動産オーナーにとって、家賃滞納は深刻な問題です。 「家賃滞納をされないためにはどうすればよいのか」「万が一されてしまったときには、どう対処すればよいものか」事前に知って、備えておきたいという方も多いでしょう。 家賃滞納...

家賃滞納のリスクと対策|オーナー必見の防止策と対応策
2023.09.29 2024.01.25
家賃滞納から強制退去までの流れと対処法|オーナー必見の督促方法と注意点

家賃の滞納は不動産オーナーにとって深刻な問題です。 早期に回収すべく、すぐに督促しようと考えている方もいるでしょう。 しかし、オーナーからすると、「具体的にどのように督促すればよいだろう?」「督促しても支払ってもらえなか...

家賃滞納から強制退去までの流れと対処法|オーナー必見の督促方法と注意点
2023.09.22 2024.01.25
不動産トラブルの解決法は弁護士に相談!「ベンナビ不動産」でお悩みの内容から探せる

不動産の売買・賃貸借などに関するトラブルが生じた場合、個人での対応が難しければ弁護士にサポートを依頼する必要があります。 しかし、どのように弁護士を探せばよいのか、どの程度の費用が掛かるのかなど、さまざまな疑問や不安を抱...

不動産トラブルの解決法は弁護士に相談!「ベンナビ不動産」でお悩みの内容から探せる
2023.07.20 2024.01.25
不動産売買契約書の特約条項で損をしない方法【記載例付き】

不動産を売買する際、買取条件や金額などをまとめて不動産売買契約書を作成します。 ネット上で、雛形を探すことができますが、物件や事情によっては内容が不足していることもあるでしょう。 そのような場合は、契約ごとに「通常の条項...

不動産売買契約書の特約条項で損をしない方法【記載例付き】
2023.07.20 2024.01.25
不動産売買契約書とは|作成の流れや記載内容を分かりやすく解説

不動産売買は、非常に高額な費用がかかるため、あらかじめ不動産売買契約書を売主側と買主側で交わすのが通常です。 もちろん不動産売買契約書を交わさなくてはならないという義務はありません。 しかし、実務的には不動産取引に契約書...

不動産売買契約書とは|作成の流れや記載内容を分かりやすく解説
2023.07.20 2024.01.25
不動産売買契約で弁護士に依頼できる6つのこと

不動産売買など高額なお金が動く上に、トラブルに発展しやすい取引に関して、不動産売買契約書を作成する際は弁護士に作成または確認してもらうことで不要な紛争を回避できます。 この他にも、弁護士に依頼できること主に5つあります。...

不動産売買契約で弁護士に依頼できる6つのこと
2023.07.06 2024.01.25
不動産事業を始める前に顧問弁護士を付けよう!メリットや顧問料の目安を解説

不動産事業を安心して行うため、顧問弁護士をつけるべきか迷っている方は多いのではないでしょうか。 また、弁護士と顧問契約をしたいと考えているけれど、「弁護士を選ぶ基準がわからない」「費用がどれくらいかかるのかわからない」「...

不動産事業を始める前に顧問弁護士を付けよう!メリットや顧問料の目安を解説
2023.07.06 2024.01.25
瑕疵物件とは?代表的な4つの種類と貸し出す際の注意点を解説

瑕疵物件(民法改正後の契約不適合物件も含みます。以下「瑕疵物件」と総称します。)と聞くと、過去に事故や事件があった「事故物件(訳あり物件)」を連想する方も多いと思います。 ご自身が所有する土地の売却や賃貸をする場合には、...

瑕疵物件とは?代表的な4つの種類と貸し出す際の注意点を解説
2023.06.30 2024.01.25
借地代の増額請求の方法と注意点|弁護士に依頼する場合の費用相場とメリット

固定資産税が上がってしまい、貸している土地の借地代を増額したいと考えている方も多いのではないでしょうか。 借地借家法第3条では、借地権の存続期間は30年と定められており、30年より短い契約期間を定めた場合には無効となるた...

借地代の増額請求の方法と注意点|弁護士に依頼する場合の費用相場とメリット
    弁護士の方はこちら