ファクタリングは審査が緩い?その理由と審査が簡単な優良ファクタリング会社を解説

ファクタリングは審査が緩い?その理由と審査が簡単な優良ファクタリング会社を解説

ファクタリングは必ず審査が必要ですが、

など、審査が緩い会社もあります。

それは、銀行からの融資・借入とは異なる審査基準で資金を融通するためです。

ファクタリングの審査が緩い理由や、審査が緩い会社の見分け方、おすすめの業者について紹介していきます。

失敗しないファクタリング会社|信頼と実績で選んだ3社
ウィット
∟最短2時間で請求書を現金化
∟少額でも個人事業主でもOK
∟完全非対面手続き
運営会社:株式会社ウィット

 

事業資金エージェント
∟手数料は業界最低水準の1.5%~
∟500万円までなら最短3時間で対応
運営会社:アネックス株式会社

 

QuQuMo
∟オンライン完結
∟入金まで最短2時間
∟手数料は最安値水準の1%~
運営会社:株式会社アクティブサポート

ファクタリングは審査が緩い?

ファクタリングの審査は、早い業者であれば最短30分で結果を通知してくれます。

こうしたこともありファクタリングの審査は緩いといわれます。

なぜこうしたスピード審査が可能なのでしょうか。その理由を解説していきます。

審査対象は取引先

ファクタリングの審査対象は売掛先の企業です。

融資と異なり自社の経営状況に左右されないため、審査が緩いと考えられるようになりました。

取引先の経営状況が問題なく、また支払いの遅延といった履歴がなければ、ほとんどの場合審査を通過できます。

利用者の身元は重要

審査されるのは取引先ですが、利用者自身がまったく見られないわけではありません。

というのも、売掛先の企業と利用者が結託して、ファクタリングで得られる資金を詐取する可能性もあるためです。

このため、自身が結託の可能性がないことを証明する必要があります。

基本的には身元がわかるような身分証明等を用意しておけば問題ありません。

また、何かを担保にする必要もないので覚えておきましょう。

担保を要求してくるファクタリング会社は悪徳会社の可能性もありますので、注意してください。

財務内容は問われない

利用者の素性は重要な審査基準ではありますが、利用者自身の財務状況は一切触れられません。

その審査対象はあくまでも売掛先の企業です。

信用の低い個人や、支払遅延の前科がある取引先などの場合、売掛金の買い取り金額も安くなってしまいます。

信頼できる取引先やある程度規模のある企業からの売掛金を利用するようにしましょう。

審査が緩いファクタリング会社の特徴

ファクタリングの審査基準は利用する会社によって異なります。

審査が緩いと考えられるファクタリング会社の特徴をまとめましたので、参考にして下さい。

手数料が高額か、上限が明記されてない

審査が緩いファクタリング会社は、手数料が他社に比べて高額になる傾向があります。

また、会社によっては一定の幅を持たせて料金設定をしていますが、審査の甘いファクタリング会社の場合、手数料の上限が規定されていない傾向にあります。

売掛債権を買うということは、未回収のリスクを背負い、債権の回収に責任を持たなければなりません。

緩い審査をしてしまうと、どうしてもこれらのリスクは大きくならざるを得ません。

ファクタリングの手数料はこれらのリスクを負う対価であり、逆に言えば許容するリスクが大きいため手数料を高額に設定しなければならないのです。

即日入金など現金化が早い

「即日現金化」など、現金化までのスピードが速い会社も審査が緩い傾向にあります。

本来、会社の信用力の審査は財務諸表のチェックから始まり、融資等の信用情報の請求・チェックなど様々な機関と連携して調査しなければなりません。

現金化が早いということは、これらの調査を省いて審査を行っているということです。

結果、審査が緩くなってしまいます。

個人・フリーランスでも利用可能

審査の緩い会社は、個人事業主やフリーランスの売掛債権でも買い取ってくれます。

一定の規模があったり、審査の厳しいファクタリング会社では、個人・フリーランスへ発行した請求書は買い取ってくれません。

これは、個人・フリーランスが企業と比べ信用が低いためです。

特に従業員を雇わない個人の場合、簡単に行方をくらますことが可能です。

こうしたリスクを許容し、売掛債権を買い取るファクタリング会社の審査はかなり緩いといえます。

手続きが簡単で必要書類が少ない

通常、ファクタリング会社の審査には多くの書類が必要になります。

審査の厳しいファクタリング会社ほど、売掛先の企業の資金繰り状況やその他財務状況、経営状態を精査して審査を行うため、必然的に書類の数が増えていってしまうのです。

審査の必要書類が少ないということは、それだけ少ない情報で判断をするということなので、緩い審査になってしまいます。

極端に必要書類が少ない場合、ファクタリングを隠れ蓑にした闇金などの悪徳業者の恐れもありますので、必ず利用するサービスについて調査しておきましょう。

債権譲渡登記が求められる

2社間ファクタリングの場合、債権譲渡登記を求めてくるファクタリング会社は審査が緩い可能性があります。

債権譲渡登記とは、その売掛債権の所有者が変更されたことを公的証明として登記することです。

民法(債権法)では、債権の譲渡があった場合、債務者への証書による通知や債務者からの承諾が必要となります。

しかし、2社間ファクタリングではこれらのやり取りを省いて譲渡が行われます。

このため万が一、ファクタリングの利用者が破産・倒産してしまった場合、売掛先の取引先はファクタリング利用者に支払を行いますが、ファクタリング会社は破産・倒産もとから金銭を受け取ることが難しくなります。

債権譲渡登記を行うことで、ファクタリングの利用者が破産・倒産した場合には、売掛先の会社へファクタリング会社に支払いが必要であることを証明できるようになるのです。

ファクタリング会社からすれば、貸し倒れリスクを小さくできるので、審査を緩くしてもよくなるのです。

出典元:法務省|第1 債権譲渡登記制度とは?

中小・独立系のファクタリング会社

ファクタリング会社は、大手金融機関や証券会社の系列会社や独立系など、様々なルーツを持つ会社があります。

その中で、比較的審査が緩いと考えられるのが、独立系のファクタリング会社です。

大手の系列や一定規模の親会社を持つファクタリング会社は、貸し倒れリスクの基準を厳しく設定しています。

これに対し独立系は、自社の経営状況に合わせて柔軟にリスク許容度を設定しているため、比較的審査が緩くなる傾向にあるのです。

審査通過率・買取実績も参考に

審査通過率や買取実績などを公開し、アピールしている会社は審査が緩めです。

公開している数値が高いほど、審査が緩いということになります。

ただし、審査通過率や買取実績、買取率といった言葉の定義には注意が必要です。

業者によって「申し込みに対する比率」なのか「金額に対する比率」なのか、定義がまちまちのため、しっかり確認をしておきましょう。

また、こうしたファクタリング会社は利用者の足元を見て手数料や掛け目を高く設定してくる可能性もあります。

審査に自信がない場合、複数会社に審査の依頼をするようにしましょう。

自営業・フリーランスがファクタリング審査を通りやすくするには

ファクタリングの審査は融資と比較して緩いことは間違いありませんが、それでも買い取ってもらえない売掛債権はあります。

個人・フリーランスでも審査を通りやすくする方法を解説していきます。

売掛先は信頼できる取引先を選ぶ

ファクタリングの審査において最も重要なのは、「売掛先の会社」です。

貸し倒れリスクが限りなく低い売掛債権の場合、例え利用者が個人でも問題なく審査を通過できるでしょう。

売掛先の信用力は、下記の点で確認できます。

これらを参考にし、信頼できる取引先を選ぶようにしましょう。

売掛債権は支払期日が短いものを選ぶ

支払期日も審査に影響を与えます。

支払期日が長い売掛債権は、購入するファクタリング会社の資金繰りへの負担があります。

また、期日までの間に売掛先の経営状況が悪化するなど、貸し倒れリスクが増加してしまうこともあります。

ファクタリングで対象となる売掛債権の支払期日は、通常1週間から3ヵ月程度です。

数週間であれば、前述した負担もリスクも小さくすみますが、2ヵ月・3ヵ月となれば経営状況の変化は免れません。

審査に通ったとしても、手数料が高くなるなどの対応は覚悟しておきましょう。

自身の身元をはっきりさせる

前述のとおり、売掛先の企業と利用者が結託しているリスクをファクタリング会社は負わなければなりません。

このため、その可能性が限りなく0であることをファクタリング会社にアピールする必要があります。

例えば身分証明書や電話番号といった連絡先など、審査の際に求められる自身に関する情報は、すぐ開示できるように準備しておきましょう。

必要書類をしっかり準備する

必要書類はしっかりと準備して挑みましょう。

特に、売掛債権の存在を証明する成因資料は必ず準備しておきましょう。

成因資料とは、取引先との契約書や発注書・受領書・請求書などといった書類です。

審査が緩く提出書類が少ないファクタリング会社は、請求書のみで審査を行いますが、場合によってはこれら成因資料の提出を求められる場合があります。

提出を求められている時点で審査に何らかの問題があった可能性が高いです。

すぐに資料を提出できるよう、事前に準備しておきましょう。

審査が緩い優良ファクタリング業者一覧

ここからは、独立系ファクタリング会社や、最短即日対応が可能なファクタリング会社など、審査が緩いと考えられる特徴があるファクタリング会社を紹介していきます。

うりかけ堂

うりかけ堂は株式会社hs1が運営するファクタリングサービスです。

手続きはオンラインで完結できるので、全国どこでも利用可能です。

郵送での対応も行っています。

必要書類は成因資料と通帳のコピー(2~3か月分)の2つだけです。

また、手数料の上限が明記されていないので、審査が緩いファクタリング会社の特徴をほぼすべて満たしています。

日本中小企業金融サポート機構

日本中小企業金融サポート機構は、財務局長認定の経営革新等支援機関として、ファクタリング等の資金調達支援やコンサルティングを手がけている一般社団法人です。

必要書類は通帳のコピー・成因資料・身分証明書の3つ。

入金スピードも最短即日です。

実績等は公開していませんが、審査の緩い会社の特徴を満たしています。

ビートレーディング

ビートレーディングは独立系ファクタリング会社として、創業10年の歴史を持つ老舗企業です。

仙台・大阪・福岡に支店を構えています。

クラウドサインを導入し、完全オンラインで審査が可能です。

必要書類は2点のみとなっていますが、詳細はHPに記載されていませんでした。

将来債権である注文書ファクタリングにも対応していて、最短即日の入金も可能なので、審査が緩い会社の特徴をしっかりと備えています。

ウィット

ウィットは独立系として、現金化スピード業界No1を目指しているファクタリング会社です。

小口特化のサービスを展開しているほか、運送業・建設業専門の窓口も開設しています。

特徴は何といっても入金速度です。

申し込み・審査から入金まで最短2時間で対応してくれます。

手数料は下限上限ともに公開されていません。

アクセルファクター

アクセルファイターは最大1億円まで即日融資が可能なファクタリング会社です。

カード決済代行など複数のファイナンシャル事業を展開するネクステージグループのファクタリング部門です。

必要書類は最低4つのほか、場合によって印鑑証明が必要です。

また、確定申告の提出も求められるので、審査は厳し目のように見受けられます。

それでも最短即日、通過率93%という水準は、かなり審査が緩いといえます。

事業資金エージェント

事業資金エージェントは、ANNEX(アネックス)株式会社が運営するファクタリングサービスです。

最短即日入金可能で、さらに20万未満の小口債権でも95%の買い取り実績を有しています。

必要書類などはHPに記載されていませんでした。

手数料は審査の緩い会社にしてはかなり低く抑えられていますが、これらはあくまでも目安であって実際にはさらに増えることもあると注書きがあります。

オッティ

株式会社オッティは、独立系ファクタリング会社として「日本が誇る ビジネス大賞 2020」にも掲載される実力派企業です。

この他、2020年11月の日本トレンドリサーチによれば、ファクタリング適正価格満足度・ファクタリング対応スピード満足度・初めてでも安心のファクタリング業者でそれぞれNo1の座に輝いています。

必要書類等は開示されていませんでしたが、手数料の上限もなく、かなり審査の緩い会社だと考えられます。

アクティブサポート

アクティブサポートはオンライン完結のファクタリングサービスQuQuMoを運営する独立系ファクタリング会社です。

QuQuMoで使用する書類は通帳のコピーと買い取り対象の請求書のみです。

審査は約30分、入金まで2時間足らずで完了できます。

手数料も上限が示されていないなど、審査の緩いファクタリング会社の特徴をしっかりと満たしています。

MSFJ

MSFJは事業者向けファクタリングサービスを提供する独立系ファクタリング会社です。

個人・法人に対応しており、それぞれで必要書類や買い取り対象債権の額が異なります。

個人事業主向けであれば審査率は90%を超えており、必要書類も3つだけです。

審査・入金も即日対応可能となっています。

オンラインですべて完結できるという点も、審査の緩いファクタリング会社ならではです。

ファクタリングは「優良業者」を選ぶ

ファクタリングはあくまで売掛債権の売却ですが、一部の悪徳業者によりファクタリングを装った貸付をされるといった事例があります。

ファクタリング会社を利用する場合、審査の内容だけでなく会社の信用度も吟味して、契約内容をしっかりチェックしましょう。

失敗しないファクタリング会社|信頼と実績で選んだ3社
ウィット
∟最短2時間で請求書を現金化
∟少額でも個人事業主でもOK
∟完全非対面手続き
運営会社:株式会社ウィット

 

事業資金エージェント
∟手数料は業界最低水準の1.5%~
∟500万円までなら最短3時間で対応
運営会社:アネックス株式会社

 

QuQuMo
∟オンライン完結
∟入金まで最短2時間
∟手数料は最安値水準の1%~
運営会社:株式会社アクティブサポート

この記事の調査・編集者
みーさん
2017年にライターとしてアシロに入社し、主に交通事故とIT分野の執筆に携わる。2019年によりIT媒体の専任ディレクターになり、コンテンツの執筆・管理などを行っている。