手数料を抑えたいなら3社間ファクタリングがおすすめ!特徴やメリット・デメリットも紹介

手数料を抑えたいなら3社間ファクタリングがおすすめ!特徴やメリット・デメリットも紹介

ファクタリングを利用するときにネックになるのが手数料。

手数料が高ければ、その分売掛債権の額面より受け取れる現金が減ってしまうからです。

手数料をできるだけ抑えたい人には3社間ファクタリングがおすすめ。

取引先と事前に調整しておく必要はありますが、2社間ファクタリングよりコストを抑えて現金化可能です。

この記事では、3社間ファクタリングの特徴やメリット・デメリット、そして2社間ファクタリングがおすすめされるケースについて紹介します。

2社間ファクタリングでは手数料が高すぎる、と感じている方は、ぜひ3社間ファクタリングの利用を検討してみてください。

失敗しないファクタリング会社|信頼と実績で選んだ3社
ウィット
∟最短2時間で請求書を現金化
∟少額でも個人事業主でもOK
∟完全非対面手続き
運営会社:株式会社ウィット

 

事業資金エージェント
∟手数料は業界最低水準の1.5%~
∟500万円までなら最短3時間で対応
運営会社:アネックス株式会社

 

QuQuMo
∟オンライン完結
∟入金まで最短2時間
∟手数料は最安値水準の1%~
運営会社:株式会社アクティブサポート

3社間ファクタリングの基本的な仕組み

3社間ファクタリングは債権において資金を返済しなければならない取引先の了承を取って、現金化を進めるファクタリングの形式です。

まずは3社間ファクタリングの基本的な仕組みを、2社間ファクタリングとも比べながら解説します。

ファクタリングとは?

ファクタリングとは、商品やサービスの対価である代金を受け取る権利を示す「売掛債権」をファクタリング会社に譲渡することで、早期に現金化する手法です。

通常の商取引では売掛債権の返済期限まで現金が手に入りませんが、ファクタリング会社に手数料を支払って、債権を譲渡すれば、即日~1週間程度で現金化できます。

売掛債権とは、請求書を活用するケースが多いですが、商品・サービスの提供前に発行される注文書を活用できるファクタリング会社もあります。

3社間ファクタリングとは?

3社間ファクタリングではファクタリングを実行する際に、取引先の承諾を取らなければなりません。

ファクタリング会社は取引先から直接現金を回収します。

ファクタリング会社が、直接督促などができるため、現金回収ができないリスクが低いことから、一般的に手数料が低くなります。

一方で、取引先の承諾をとる過程で、ファクタリング利用の事実が取引先に伝わります。

そのせいで経営状況にあらぬ疑念を持たれて、今後のリレーションや取引に影響が出るリスクもあります。

また、取引先とのコミュニケーションが発生するために、現金化まで時間がかかります。

ファクタリングで即日現金化を謳う会社は少なくありませんが、そのほとんどは2社間ファクタリングで実現するものです。

2社間ファクタリングとは

対して、2社間ファクタリングは、利用者とファクタリング会社の間のみで契約が完結する仕組みです。

取引先への承諾などは不要なので、ファクタリング利用の事実は取引先には伝わりません。

売掛債権の期限が到来したら取引先より利用者に入金されますが、この現金は直ちにファクタリング会社に渡す必要があります。

また、ファクタリング会社が直接取引先から現金回収を督促することができないため、現金回収の高い仕組みであることから、手数料が高くなるとともに、審査が厳格におこなわれる傾向にあります。

3者間ファクタリングと3社間ファクタリングの違いは?

3社間ファクタリングはしばしば3者間ファクタリングと表記されることもありますが、両者のサービス内容は変わりません。

ファクタリングの中には、個人事業主へ積極的にサービスを提供している会社もあります。

その場合は利用者が「会社」ではないため、会社を表す「社」を使用せず、3者間ファクタリングと表現する場合があるのです。

3社間ファクタリングのメリット・デメリット

3社間ファクタリングにはメリット、デメリット双方が存在します。

両者を比較したうえで、自身のニーズに合っているかふまえて、3社間ファクタリングの利用を検討しましょう。

3社間ファクタリングのメリット

3社間ファクタリングのメリットは次のような点です。

それぞれのポイントについて、詳しく解説していきます。

ファクタリング手数料が安い

3社間ファクタリングはファクタリング会社が自分で資金回収を積極的に進めることが可能です。

そのため現金回収の確実性が高く、会社にとってファクタリングのリスクが低い取引であると考えられます。

そのため、リスクの対価として支払うファクタリングの手数料は低くなる傾向に。

近年は最も低水準では1%前後の手数料を示す会社もありますが、こうした極端な低水準は3社間ファクタリングで実現する傾向にあります。

審査が比較的通りやすい

ファクタリングにおける現金回収の確実性が高いことから、2社間ファクタリングと比較して審査が通りやすいという特性もあります。

2社間で断られた債権を3社間ファクタリングで再チャレンジするのも一案です。

売掛金の回収の手間がない

3社間ファクタリングは売掛金の回収をファクタリング会社が実質的に代行してくれます。

万が一取引先の資金返済が滞ったとしても、その回収対応をファクタリング会社がおこなってくれるため、資金回収の手間もファクタリングを実行することで解消されます。

信頼できる大手企業も扱っている

相対的にリスクの高い2社間ファクタリングは、優良企業をメインターゲットとする大手金融機関では扱っていないケースも少なくありません。

対して、3社間ファクタリングは信頼のおける大手金融機関でも対応可能なケースが多いです。

中小企業の成長過程では、優良な金融機関と取引を作ることが重視されるケースもあります。

金融機関とのリレーションも意識して大手金融機関と取引をおこないたいなら、3社間ファクタリングの実行も一案です。

3社間ファクタリングのデメリット

3社間ファクタリングのメリットは次のような点です。

それでは詳しくみていきましょう。

ファクタリング利用が取引先にわかる

3社間ファクタリングは売掛債権の払い手である取引先の承諾をとるのが大前提です。

その過程でファクタリングを利用していることが取引先に伝わります。

早期の現金化が主目的となるファクタリングを利用しているということは、資金繰りに困っているとうがった見方をされる場合があります。

経営状況が悪化しているとの印象が取引先との関係性に影響を与える可能性もあるのです。

取引先に一部対応をお願いしなければならない

取引先に対しても会社として承諾の意思表示をするための対応をお願いしなければなりません。

小さい企業であれば普段相対するカウンターパーティとの交渉だけで済む場合もありますが、大きな企業の場合は、意思決定者が異なります。

承諾を得る作業に、利用者だけでなく取引先にも手間がかかるケースも少なくありません。

資金調達に時間がかかる

取引先から承諾を得るプロセスが発生するため、2社間ファクタリングよりも現金化まで時間がかかります。

取引先の意思決定が遅れれば、さらに現金化は遅くなるため、資金調達が完了するまでにかかる期間を予想しづらいというデメリットもあります。

例えば即日もしくは翌日には現金化したいと考えている企業には、不向きの手法といえるでしょう。

3社間ファクタリングはこんなときにおすすめ

3社間ファクタリングの特徴やメリット、デメリットをふまえて、どのような企業にこの手法が適しているのかを解説していきます。

少しでもファクタリング手数料を抑えたい人

手数料を抑えられるのは、3社間ファクタリングの大きなメリットです。

売掛債権の信用力や額面の規模によっては1~2%のきわめて低い手数料で現金化ができる場合もあります。

手数料を徹底的に抑えたいなら3社間ファクタリングを利用しましょう。

ファクタリング初心者もしくは未経験者

初めてファクタリングを利用する企業や、不慣れな企業は3社間ファクタリングを利用したほうが賢明です。

3社間ファクタリングなら信頼できる大手企業もサービスを提供しています。

2社間ファクタリングを提供する企業も、ほとんどは信頼できる企業なのですが、悪徳業者がファクタリングをおこなって高額な手数料を請求するトラブルがおこる場合もあります。

ファクタリングに精通していなければ、信頼のおけるファクタリング会社を見分けるのも難しいため、まずは優良企業で3社間ファクタリングをおこなうのがおすすめです。

信頼のおける大手企業や銀行と契約したい人

3社間ファクタリングは多くの大手金融機関でもサービスを提供しています。

中には東証プライム上場企業のような一流企業もあります。

こうした金融機関とリレーションを築くことは、将来の資金調達手段の安定化や、企業のステータスを高めるのに寄与する場合もあります。

信頼のおける金融機関とのリレーション構築を重視するなら、3社間ファクタリングを利用しましょう。

ただちに現金不足に陥るわけではない人

資金管理を計画的に進められており、直ちに資金不足に陥る心配がないのであれば、即日・翌日で現金化する必要はありません。

その場合は、手数料を抑えられる3社間ファクタリングを利用したほうが、より売掛債権の額面金額に近い金額を現金化できます。

中長期的に潤沢な資金を得る観点からは、3社間ファクタリングの方がおすすめです。

ファクタリング利用が発覚しても影響のない取引先がある人

これまで長期にわたり安定的に取引をおこなっているような優良取引先であれば、ファクタリングの事実を伝えただけでリレーション関係にひびが入ることはあまり考えられません。

そのような信頼のおける取引先の売掛債権があるなら、3社間ファクタリングの大きなデメリットである「取引先にファクタリング利用が発覚する」ことの影響がないため、3社間ファクタリングを前向きに検討することができます。

3社間ファクタリングなら低コストで売掛債権の現金化が可能

3社間ファクタリングの魅力は、なんといっても手数料が低いため、低コストで売掛債権を現金化できることにあります。

またプライム上場クラスの大手金融機関でもサービスを提供していますので、信頼のおけるファクタリング会社を利用することができます。

現金化まで日数がかかっても問題ない、またファクタリング利用が発覚しても影響の出ない、信頼のおける取引先がある企業においては、3社間ファクタリングで現金化をおこなうのがおすすめです。

失敗しないファクタリング会社|信頼と実績で選んだ3社
ウィット
∟最短2時間で請求書を現金化
∟少額でも個人事業主でもOK
∟完全非対面手続き
運営会社:株式会社ウィット

 

事業資金エージェント
∟手数料は業界最低水準の1.5%~
∟500万円までなら最短3時間で対応
運営会社:アネックス株式会社

 

QuQuMo
∟オンライン完結
∟入金まで最短2時間
∟手数料は最安値水準の1%~
運営会社:株式会社アクティブサポート

この記事の調査・編集者
みーさん
2017年にライターとしてアシロに入社し、主に交通事故とIT分野の執筆に携わる。2019年によりIT媒体の専任ディレクターになり、コンテンツの執筆・管理などを行っている。