おすすめのファクタリング16社を厳選!選び方やスムーズに進めるためのポイントも丁寧に解説

おすすめのファクタリング16社を厳選!選び方やスムーズに進めるためのポイントも丁寧に解説

ファクタリングに対応している会社は多いので、どのような観点で会社を決めればよいのか悩んでしまいますよね。

この記事ではファクタリング会社を選ぶうえでのポイントとおすすめのファクタリング会社16社を紹介。

後半では、スムーズにファクタリングを進めるためのポイントも紹介します。

この記事を読めば、自社に最適なファクタリング会社がわかるのでぜひお役立てください。

失敗しないファクタリング会社|信頼と実績で選んだ3社
ウィット
∟最短2時間で請求書を現金化
∟少額でも個人事業主でもOK
∟完全非対面手続き
運営会社:株式会社ウィット

 

事業資金エージェント
∟手数料は業界最低水準の1.5%~
∟500万円までなら最短3時間で対応
運営会社:アネックス株式会社

 

QuQuMo
∟オンライン完結
∟入金まで最短2時間
∟手数料は最安値水準の1%~
運営会社:株式会社アクティブサポート

ファクタリング会社の選び方のポイント

ファクタリング会社は多数存在するので、どこで契約するべきか迷ってしまう人も少なくありません。

手数料の低さや、自分の属性にあったファクタリング会社を選ぶなど、複数の着眼点があります。

まずは、ファクタリング会社選びのポイントをまとめました。

手数料の低さ

ファクタリングは売掛債権の額面から手数料を差し引いた金額が入金されるのが一般的です。

そのため、できるだけ多くの金額を資金調達するためには、手数料の低いファクタリング会社を選ぶとよいでしょう。

まずはファクタリング会社が公開している手数料の上限や下限から候補を絞ります。

実際の手数料水準は審査結果によって変わってくるので、希望に沿った手数料水準が実現しそうな複数の会社に相談をしてみるのがおすすめです。

現金化までのスピード

自社がいつまでに現金化が必要なのかを精査したうえで、期限に間に合いそうなファクタリング会社で審査をおこないましょう。

ファクタリング会社によって現金化までのスピードは様々です。

早いところでは数時間で審査及び入金が完了する会社もあります。

審査にかかる時間と、審査から入金までの時間のそれぞれを確認して、自社の希望に間に合いそうな会社に相談しましょう。

実際に現金化までにかかる時間は審査の進捗度合いによって変わってくるので、複数の会社で審査をおこなう方がより安全です。

自身の属性に合っているか

ファクタリング会社の中には、利用者の属性を限定していたり、特定の属性を得意としていたりする場合があります。

例えば、個人事業主もしくはフリーランスを得意としているファクタリング会社、逆に法人しか受けてつけていないファクタリング会社もあります。

また経営サポートなどのサービスを展開していて、中小企業に強いファクタリング会社などもあるのです。

業種に関しても、建設業など特定の業種に特化しているファクタリング会社があります。

自身の属性、扱っている業種などを踏まえて、その属性に適したファクタリング会社を選ぶのがポイントです。

買取の上限・下限の水準

ファクタリング会社によっては、ファクタリングに対応している売掛債権の金額に限度が定められている場合もあります。

特に数十万円以下の少額のファクタリング、逆に1億円を超えるような高額のファクタリングは、扱える会社が限られてくるので、会社が定める限度額に適合しているか調べたうえで手続きを進めましょう。

償還請求権の有無

現代では多くのファクタリング会社は償還請求権なしでファクタリングを実行してくれます。

償還請求権とは、売掛金が回収できなくなった時に、利用者が現金を返還しなければならない条項です。

償還請求権がない方が、後になって現金を返還する事態に陥るリスクがないため安心です。

ただし、ファクタリング会社にとって資金回収のリスクが高くなるため、審査は一般的に厳しくなります。

償還請求権があるファクタリングは、審査が相対的にゆるい傾向にあるものの、後で資金の返還を迫られるリスクを残すことになるため注意しましょう。

2社間ファクタリングの要否

取引先にファクタリング利用の事実が発覚されないように現金化を進めたいと考える利用者は少なくありません。

こうしたニーズを抱えている場合、必然的に契約において取引先の承諾がいらない2社間ファクタリングを利用することになります。

2社間ファクタリングは対応可能な会社が限られるため、該当する会社から相談先を選ぶのが大前提になります。

ファクタリング会社の信頼性

ファクタリング会社を装う悪徳業者や、経営状況がずさんなファクタリング会社と契約してしまうリスクを避けるために、信頼のおけるファクタリング会社を選びましょう。

例えば、次のようなファクタリング会社なら安心です。

以上に該当するファクタリング会社に相談し、安全に現金化を進めましょう。

おすすめのファクタリング会社16社

現代ではとても多くのファクタリング会社が存在するので、利用したことがない人は、どこに相談するべきか迷ってしまうでしょう。

ここでは、そんな方におすすめのファクタリング会社を16社厳選しました。

ぜひ、ファクタリング会社選びの参考にしてください。

信頼のおける大手ファクタリング会社4選

大手金融機関の傘下に入っているファクタリング会社なら、少なくとも悪徳業者である、審査や対応が杜撰であるといったリスクはまずありません。

ファクタリング会社の質にこだわるなら、こちらの4社から利用先を選ぶのがよいでしょう。

オリックスファクタリング

オリックスは東証プライム市場(従来であれば東証一部)の上場企業で、言わずと知れたノンバンクの大手企業です。

ファクタリングのサービスを、多様な金融ソリューションサービスの一環として提供しています。

オリックスは3社間ファクタリングのみを扱っています。

大手金融機関との取引ということで、承諾などを得る際には取引先に対する悪影響を抑えることができるでしょう。

諸条件については明確な記載がなく、基本的に全て相談・交渉を通じて条件が定まっていきます。

ただし、300万円以上の額面でなければ断られるため、基本的には比較的大手の企業向けのファクタリング会社となります。

オリックスとのリレーションを築ければ、リースや融資など資金調達の手段が広がるでしょう。

NTTファイナンス

NTTファイナンスは、社名の通り大手通信会社のNTTのグループ企業です。

電話料金などの割賦、料金代行をやる一方で、ファクタリングサービスも提供する金融子会社です。

日本を代表する企業の子会社であることから、会社の質を心配する必要はありません。

3社間ファクタリングのみを扱っているため、取引先の承諾が必要になりますが、NTTファイナンスの審査を通過するとなれば、信用力に傷がつく心配もないでしょう。

条件は全て実際の交渉や審査を経て決定されるため、外向きには公開されていません。

しかし、基本的には大手企業向けと考えられるため、債権の最低金額は相応に大きく、また利用者と債権の信用力が認められれば、大きな金額の現金化にも応じてもらえる可能性が高いとみられます。

三菱UFJファクター

三菱UFJファクターは、三菱UFJ銀行を中心とした超大手金融グループである三菱UFJフィナンシャルグループのファクタリング会社です。

会社としての信用力や安全性はトップクラスでしょう。

同社で扱うファクタリングは保証ファクタリングといって、取引先の資金回収が滞った時に、売掛債権の現金化をしてくれるサービスです。

手数料はかかりますが、同社では再建額面を100%保証してくれます。

国際的な金融グループとあって、海外から受けた売掛債権のファクタリングにも対応しています。

そのほか資金回収の代行や、電子債権サービスなど、様々な金融ソリューションを提供しています。

債権の規模や手数料率は交渉により決まるため非公開ですが、大手企業の取引における資金回収リスクを回避するために盛んに利用されています。

SMBCファイナンスサービス

SMBCファイナンスサービスは、三井住友銀行を中核とする三井住友フィナンシャルグループの一角です。

会社としての高い信用力や安全性があります。

同社のファクタリングは法人向けサービスとして展開されているため、基本的に企業の利用を想定しています。

ただし、対個人の債権に対するビジネスもおこなっているのが特徴で、一般消費者向けの債権や家賃回収などを取り扱っています。

ファクタリングとしては債権の回収が難しくなった時に、債権額面を肩代わりしてくれる保証ファクタリングが基本です。

ただし、同社では、ファクタリング業務の枠組みとして、請求書の発行、資金の請求や督促、資金回収までを一括管理してくれることを強みとしています。

同社を利用すれば、そもそもの債権にまつわる資金管理が大幅に効率化されるでしょう。

即日現金化が可能なファクタリング会社4選

素早く現金化したいという要望は、大手ファクタリング会社ではなかなか充足できません。

そこで続いては、最短即日での現金化を受け付けているおすすめのファクタリング会社を4社紹介します。

アクセルファクター

アクセルファクターは豊富な即日入金の実績を持っていて、これまで50%以上が即日入金を実現しています。

Webサイト上には資金調達可能額を10秒で診断する機能もあり、資金計画を立てやすいファクタリング会社です。

郵送・面談・オンライン全ての手続き方法に対応しており便利です。

また、限度額が30万円〜1億円と広く、特に中小企業のファクタリングに注力している様子が伺えます。

一方で、大口化すると手数料の加減が引き下がる仕組みのため、大手企業にも利用するメリットはあります。

同社は継続利用すると手数料が下がるサービスがあるため、中小企業の財務体質の改善に役立てやすいという特徴も。

長期的な財務改善のサポート提案もおこなってくれます。

TRY

TRYでは2社間については即日で現金化に対応しています。

手数料は最低5%〜となっており、即日・2社間ファクタリングとしては低めの手数料となっています。

豊富な活用事例が業種ごとにまとめられているのが特徴です。

中では個人事業主の事例もあるため、該当する属性の方も安心です。

債権額面の下限も10万円となっているので、小規模ビジネスを営む人も活用しやすい会社です。

尚、上限は5,000万円となっていますが、それより多額の債権も応相談で、信用力の高い債権であれば応じてくれる可能性はあるでしょう。

また、全国対応しているのも特徴で、本拠地が都心部にない企業や個人事業主も利用しやすいファクタリング会社です。

必要に応じて会社の担当者が出張して審査や手続きにあたってくれます。

いーばんく

いーばんくはニーズに応じて3つのプランを用意しているのが特徴です。

そのうちスピードプランが即日での現金化に対応しています。

また、休日や平日の時間外の振込も受け付けています。

スピードプランの限度額は2,000万円までで、下限の条件はありません。

過去の審査通過率は90%以上と高く、スムーズに手続きを進められます。

また手数料は最高でも一桁台のため、コストを抑えて現金化できます。

3社間ファクタリングを選べば、さらにコストを抑えることも可能です。

全国対応しているので、東京以外にオフィスを構える企業においても便利です。

Webサイト上では首都圏以外の利用実績も複数紹介されています。

QuQuMo(ククモ)

QuQuMoは入金までの手続きが最短2時間で完結する迅速対応が魅力。

かつ、Webサイトにはどの手続きプロセスにどのくらい時間がかかるのか案内されていて、スケジュールが立てやすくなっています。

また、審査はオンラインで完結します。

面談などが不要で、事務所などに訪れる必要もないため、業務負担をかけずにファクタリングを進めることが可能です。

会社によっては午前中に手続きしなければ即日で現金化できませんが、2時間で完結するので、午後からでも間に合う可能性が高いでしょう。

手数料の下限1%は業界でも最低水準です。

低コストで現金化を進めることができます。

また金額は無制限のため、債権金額の大小に関わらず柔軟に利用することができます。

少額現金化が可能で個人におすすめのファクタリング会社4選

ファクタリング会社によっては、個人事業主の人が利用できない、審査のハードルが高いケースがあります。

また、再建額面の下限が大きい場合も、個人事業主にとっては利用しづらいでしょう。

ここでは個人事業主におすすめの、下限の額面がない、もしくは小さいファクタリング会社を紹介します。

事業資金エージェント

事業資金エージェントの債権の下限は20万円で、上限は2億円となっています。

ビジネスが成長して債権規模が大きくなっても使いやすいファクタリング会社です。

下限の20万円の債権でも95%のファクタリング実績があります。

会社としても1000万円以下の少額ファクタリングを主軸にビジネスをおこなっているため、個人事業主には適しているといえるでしょう。

最短3時間程度と迅速に現金化が可能です。

審査の時間が1時間程度、その後の対応が2時間程度で進みます。

審査や手続きはオンラインベースで進めることができるため、オフィスに行く必要がないのも事業資金エージェントのメリットです。

ウィット

ウィットは30万円の少額債権からファクタリングに応じています。

また、30万円でも額面の最大95%の高率での現金化実績があります。

少額だからといって手数料率を高くしたくないという人にはおすすめです。

会社としても少額債権を強みとしています。

非対面での迅速対応が特徴で、最速で2時間程度の現金化を実現、実際に午前中に申し込んだところ銀行の営業時間内に現金化が完了した実績もあり、現金化を特に急ぐ人に適しています。

また、ウィットでは中長期的な経営コンサルティングも実施しています。

個人事業主の場合は、将来的な法人化などを検討している場合はあわせて相談すると良いでしょう。

リレーション形成や安定した資金調達戦略の構築などが可能になります。

ベストファクター

ベストファクターは債権金額の上限・下限を設定していません。

少なくとも直近で30万円の債権のファクタリングがあるため、少額のファクタリングにも柔軟に対応可能なファクタリング会社です。

また、1億円以上の高額債権の買取実績もあるため、規模に関わらず柔軟に利用できる会社です。

65.2%が即日の現金化に成功しています。

来店が不要なので手続きや審査が迅速に進みます。

また2社間ファクタリング・3社間ファクタリング双方に対応しているので、急がないが手数料を抑えたいという人にもおすすめです。

一方で手数料は2%〜と低水準なのも同社を利用するメリットです。

平均買取率は92.2%と高水準なので、手数料のコストを抑えることができます。

MSFJ

MSFJは債権額面の下限が10万円となっていて、とりわけ少額対応が可能なファクタリング会社です。

属性や現金化までのスピードが異なる複数のプランを用意しています。

その中には個人事業主プランがあり、個人の少額現金化にも力を入れている会社です。

プランごとに手数料の上限・下限が明示されていて、個人事業主プランでは3.8〜9.8%になります。

個人でありながら10%を切る低率での現金化ができます。

個人以外の含めても、手数料率は1.8%〜と低水準です。

ちなみに最大5,000万円までの高額ファクタリングを利用するときに、こちらの低い手数料が適用されます。

大口債権をファクタリングする時にもおすすめです。

大口現金化も可能なファクタリング会社4選

ビジネスが順調に成長して来ると、債権の金額規模も大きくなります。

しっかりと審査してくれる適切なファクタリング会社に相談すれば、金額規模の大きな債権でもファクタリングを進められるでしょう。

OLTA

OLTA(オルタ)はオンラインで全ての手続きを完結させることが可能。

書類などのファイルアップロードで進められるので、事務所などを訪れる必要がなく便利です。

買取金額には明確な制限がなく、少額〜多額まで柔軟に対応してくれます。

提携銀行数が業界No1となっており、多額の資金調達となってもスムーズに案件を進められるのです。

累計取扱金額は800億円、累計事業者数も10,000を超えており、多くのファクタリングに実績があるので安心して利用できるファクタリング会社です。

また、2社間ファクタリングを含めても手数料は2〜9%です。

上限が明記されていて、かつ一桁台のファクタリングは少なく、コストを抑えて利用できるファクタリング会社です。

審査や契約は非対面で進められます。

審査にAIを活用することで、スピーディな対応を実現しています。

ビートレーディング

ビートレーディングも即日入金に確かな実績を持っています。

2社間ファクタリングでは審査時間わずか30分、最短5時間ほどで入金可能。

審査通過率は99%と非常に高いのも安心です。

月間件数800件以上、累計取引件数3.7万件、取扱残高900億円以上と確かな実績を持っているので、信頼のおけるファクタリング会社でもあります。

また、調達金額は無制限とありますが、過去の事例では3万円〜7億円までと少額から大きな金額まで柔軟に対応できるのが特徴です。

手数料は2社間で4〜12%、3社間で2〜9%と明記。

2社間ファクタリングの上限が10%台前半に留まるのも魅力です。

トップマネジメント

トップ・マネジメントは限度額が最大1億円となっているため、大口の債権でも現金化が可能です。

Webサイト上では幅広い業種の利用者の事例がある他、個人事業主の事例もあり、あらゆる業種の企業や個人事業主が柔軟に活用することができます。

オンライン手続きのため、全国どこからでもファクタリングを申し込むことができます。

対応も迅速で、最速即日での現金化も受け付けています。

また、通常の請求書ファクタリングだけでなく、注文書や見積書のファクタリングにも対応しています。

商品の生産やサービス提供前の早いタイミングでの現金化が可能です。

マネーフォワードアーリーペイメント

マネーフォワードアーリーペイメントは法人限定のファクタリング会社です。

最低金額は50万円と低めな一方、数億円の大口債権にも対応しています。

手数料は最初は2~10%程度ですが、2回目以降は1~10%程度に引き下げ。

特に下限の1%は業界でも有数の低水準です。

運営会社は東証プライムに上場しているマネーフォワードです。

信用のある大手企業なので、安心して譲渡を依頼できます。

多額のファクタリングでも、手続きは基本的に電話とメールなどオンラインベースで完了します。

対面での手続きや対応が不要なので、現金化に手間がかかりません。

初回利用時は現金化に5営業日ほどかかりますが、2回目以降は2営業日以内に短縮されます。

スムーズにファクタリングを実行するために大事なこと

ファクタリングをスムーズに進めるためには、ファクタリング選び以外にも気を付けるべきポイントがいくつかあります。

ここから紹介するポイントに留意して、思わぬ審査落ちを防ぎ、また手間なくスムーズにファクタリング手続きを進めましょう。

オンラインで手続きを完結させる

可能な限り手続きはオンラインで済ませた方が効率的です。

対面となるとオンラインと比較して手間がかかります。

例えば即日で対応しているといっても、面談のための準備や、訪問などをふまえると実質的に数日前から準備が必要なケースも少なくありません。

信用力の補完などの観点からどうしても大手金融機関系列のファクタリングを利用したいなど特段の理由がなければ、オンラインで完結する会社を優先的に選びましょう。

ファクタリングに出す売掛金を工夫する

ファクタリングは利用者の信用力以上に売掛債権の現金回収の確実性が重視されます。

そのため、ファクタリング会社が信用できる債権を使用したほうが、審査がスムーズに進み、現金化が実現する確率も高くなります。

例えば次のような売掛債権は、一般的に高い評価を得られます。

地方公共団体や公共機関の売掛金

地方自治体や公共機関は基本的に倒産がないため、きわめて売掛金の回収可能性が高いとみられます。

こうした公共性の高い売掛債権は、最も高い評価を得られるので、該当する債権があればまず最優先にファクタリングに利用しましょう。

上場企業など信用力の高い企業の売掛金

企業が相手となっている債権の場合は、取引先の信用力が高いほど評価されやすくなります。

東証の上場企業などの大手企業であれば、倒産などにより現金回収ができなくなるリスクは低いとみられるため、評価は高くなります。

同じ東証でもプライム市場の上場企業の評価が最も高く、次いでスタンダード、新興市場と続いていきます。

満期が確定してかつ、期間が短い売掛金

売掛債権の契約条件も評価には加味されます。

一般的に取引先の返済タイミングがはっきりしてない債権は評価されにくく、それだけで審査を通さないファクタリング会社もあります。

また、返済期限が明記されている場合は、期限が短いほど審査が通りやすいです。

あまりにも期限が長い場合は、実質的に期限がないのと同等とみられ、やはり審査は通りにくくなります。

必要書類をあらかじめそろえておく

Webサイトなどを見れば、必要な書類一式は簡単に調べることができるので、手続きを始める前にあらかじめそろえておきましょう。

書類がそろっていた方が迅速に審査が進みますし、対応はスムーズであればファクタリング会社からの印象もよくなります。

適度な規模の金額で現金化する

まず大前提として、ファクタリング会社が取り扱い債権の額面金額に上限・下限を設けている場合は、必ず従うようにしましょう。

さらに、極端に少額の債権や企業の規模に対して多額すぎる債権はファクタリング会社にあまり好まれません。

審査に通りにくくなりますし、通っても手数料が高くつくリスクがあります。

適度な額面の売掛債権をファクタリングに活用したほうが、手続きはスムーズに進みます。

自社に関する審査項目には誠実に対応する

ファクタリングでは売掛債権の審査が重視されるものの、利用企業や個人事業主も審査されています。

あまりも対応がずさんだったり、失礼な態度をとるなどすると、取引相手として疑念を持たれてファクタリング実行を断られるリスクもあります。

契約相手として信頼されるために、ファクタリング会社からの問い合わせや依頼には誠実に対応しましょう。

ファクタリングを利用する際の注意点

ファクタリングは必ず現金化が実現するとはかぎらず、また売掛債権の額面がそのまま現金化できるわけではありません。

ファクタリングを利用するときは、次のような点に留意しましょう。

審査に落ちれば現金化はできない

適切に経営されているファクタリング会社であれば必ず審査をおこないます。

もし売掛金の信用力や、利用者に疑念を持たれた場合は審査が通りません。

審査が通らない場合には現金化は実現しないので、いつでも必ず現金化できるとは限らないということをおさえておきましょう。

なお、審査なしで対応してくれると謳うファクタリングは悪徳業者の可能性が高いので利用すべきではありません。

審査に時間や手間がかかる

審査の際には取引先や債権、取引内容、利用者である自社の情報などさまざまな書類や情報提供をしなければなりません。

その種類はファクタリング会社によりますが、中には取得に手間がかかる書類が必要な場合もあります。

また、審査自体には一定の時間がかかります。

早いところが即日対応してくれますが、大手金融機関系のファクタリング会社を中心に1週間程度かかる会社も少なくありません。

しっかり準備したうえで時間に余裕をもって手続きに入るか、どうしても急ぐ場合は即日対応してくれる会社の中から利用先を決めましょう。

手数料がかかるため売掛債権の額面より現金化金額は低くなる

ファクタリングは売掛債権の額面から手数料を引いた金額が現金として手に入る仕組みです。

この手数料はファクタリング会社の収益源であるため、ゼロになることは通常ありません。

すなわち、ファクタリングを利用すると、現金として手に入る金額は、必ず債権の額面より低くなることに留意しましょう。

できるだけ高い金額で現金化したいなら、手数料の低いファクタリング会社に相談してください。

手数料率は審査しなければわからない

手数料を決める際には、売掛債権の信用力なども加味されるため、審査を経なければ最終的な手数料は確定しません。

ファクタリング会社によっては、下限の手数料が示されている場合もありますが、これが実現するとは限らないので、注意しましょう。

売掛金を受け取ったら速やかに一括入金が必要(2社間ファクタリングの場合)

2社間ファクタリングでは利用者が売掛債権の返済を受けたら、ただちにファクタリング会社に入金しなければなりません。

基本的には入金日のその日に一括でファクタリング会社に入金することが求められます。

ここにタイムラグが生じたり、分割支払いにしたりするとファクタリング会社は「貸金業」とみなされるリスクがあるため、即日での一括入金しか応じていません。

売掛金の入金日の対応を遅滞なくおこなうよう、あらかじめ準備しておきましょう。

最適なファクタリング会社を選んでスムーズに現金化しよう

ファクタリング会社は多数あり、それぞれ異なる特徴を持っています。

自社の属性やニーズなどを整理して、それに合ったファクタリング会社に依頼するのがよいでしょう。

また、使用する売掛債権の選別や審査、手続きの準備などをしっかりしておくことも、着実にファクタリングを進めるうえでは大切です。

今回の記事を参考に、スムーズに売掛債権の現金化を進めてください。

失敗しないファクタリング会社|信頼と実績で選んだ3社
ウィット
∟最短2時間で請求書を現金化
∟少額でも個人事業主でもOK
∟完全非対面手続き
運営会社:株式会社ウィット

 

事業資金エージェント
∟手数料は業界最低水準の1.5%~
∟500万円までなら最短3時間で対応
運営会社:アネックス株式会社

 

QuQuMo
∟オンライン完結
∟入金まで最短2時間
∟手数料は最安値水準の1%~
運営会社:株式会社アクティブサポート

この記事の調査・編集者
みーさん
2017年にライターとしてアシロに入社し、主に交通事故とIT分野の執筆に携わる。2019年によりIT媒体の専任ディレクターになり、コンテンツの執筆・管理などを行っている。