即日で現金化できるファクタリング会社の選び方やおすすめ10選!注意点や成功のコツなども丁寧に解説

即日で現金化できるファクタリング会社の選び方やおすすめ10選!注意点や成功のコツなども丁寧に解説
目次
  1. 即日現金化ができるファクタリングとは?
    1. ファクタリングの基本
    2. ファクタリングのメリット
    3. ファクタリングのデメリット
    4. ファクタリングはどんな時に利用する?
    5. 即日で現金化できるファクタリングも存在する
  2. 即日で現金化したい時のファクタリング会社を選ぶポイント
    1. 手数料が安い
    2. 業者に対する信頼がおける
    3. 審査及び入金までが早い
    4. オンラインで手続きが完結する
    5. 【個人事業主の場合】個人のファクタリングを受け付けている
    6. 【個人事業主の場合】少額債権のファクタリングが可能か
  3. 即日でのファクタリングが可能な会社10選
    1. アクセルファクター
    2. ビートレーディング
    3. TRY
    4. いーばんく
    5. 日本中小企業金融サポート機構
    6. QuQuMo(ククモ)
    7. トップマネジメント
    8. ベストファクター
    9. OLTA(オルタ)
    10. PAYTODAY(ペイトゥデイ)
  4. 即日でのファクタリングを成功させるコツ
    1. 複数社のファクタリング会社に見積もりを依頼
    2. 必要書類は前もって全て準備しておく
    3. 2社間ファクタリングを利用する
    4. 午前中に申し込む
    5. 信用ある取引先の債権をファクタリングに出す
  5. 即日でのファクタリングを検討する際の注意点
    1. 審査に落ちれば現金化はできない
    2. 「即日可」でも、審査が遅れて即日現金化できない場合もある
    3. 土日の即日現金化はさらにハードルが高い
    4. 手数料がかかる
  6. ファクタリングを利用して即日で売掛債権を現金化しよう

個人事業主として仕事をしていると、報酬支払タイミングのずれなどにより、キャッシュフローが不安定になる局面は少なくありません。

生計を安定させるために、時には短時間で資金調達をしたいタイミングもありますが、いたずらに借金をするのは避けたいところです。

そんな時におすすめなのが、請求書や注文書を現金化することができるファクタリング。

現在では即日での現金化が可能であったり、個人事業主でも現金化を受け付けていたりする会社も複数あります。

この記事では、即日で現金化できるファクタリングのポイントやファクタリング会社の選び方、おすすめのファクタリング会社を10社ご紹介します。

新たな資金調達手段として、ファクタリングを検討する際の参考にしてください。

失敗しないファクタリング会社|信頼と実績で選んだ3社
ウィット
∟最短2時間で請求書を現金化
∟少額でも個人事業主でもOK
∟完全非対面手続き
運営会社:株式会社ウィット

 

事業資金エージェント
∟手数料は業界最低水準の1.5%~
∟500万円までなら最短3時間で対応
運営会社:アネックス株式会社

 

QuQuMo
∟オンライン完結
∟入金まで最短2時間
∟手数料は最安値水準の1%~
運営会社:株式会社アクティブサポート

即日現金化ができるファクタリングとは?

ファクタリングとは売掛債権を現金化するしくみで、借り入れのように負債を増やさず、短期間で現金化できるのが魅力です。

中には即日で現金化できるファクタリング会社もあり、企業や個人事業主に盛んに利用されています。

ファクタリングの基本

ファクタリングとは企業や個人事業主などが、ビジネスを運営する中で発生する売掛債権をファクタリング会社に渡す代わりに、資金を調達できる手段です。

売掛債権とは、「取引先に提供済みの商品やサービスに対する代金を受け取る権利」のことで、請求書などがこれに該当します。

本来請求書は、書面に定められた期日まで現金が支払われない可能性がありますが、ファクタリングを利用すれば、早期に現金化できるのです。

ファクタリングのメリット

ファクタリングのメリットは次のとおりです。

  1. 売掛債権を活用して早期に現金化ができる
  2. 借金ではないので負債を増やして財務を圧迫せずに済む
  3. 借入と異なり担保や保証人が不要
  4. 赤字でも利用できる可能性が充分にある

ファクタリングは金融機関の借入とは異なり、借金ではないので、企業の負債を増やすことはありません。

また、担保や保証人なども不要なので、申込の準備も少なくすみます。

また売掛債権の信用力が重視される一方で、利用者の信用力は、借入ほどは求められないため、赤字企業でも利用できる可能性が充分にあります。

ファクタリングのデメリット

一方、デメリットは次のとおりです。

  1. 利用時に手数料がかかる
  2. 売掛債権の信用力が低いと審査落ちするリスクがある
  3. 3社間ファクタリングでは取引先にファクタリング利用の事実が伝わる

ファクタリング会社には手数料を支払う必要があります。

また、売掛債権の出し手、すなわち取引先の信用力が低く、売掛債権からの現金回収にファクタリング会社が疑念を持つと、審査に落ちるリスクがあります。

最後に3社間ファクタリングの場合は、取引先にファクタリングを利用することについて承諾を得る必要があるため、必然的にファクタリング利用の事実が発覚します。

このことが資金状況に疑念を持たれるリスクもあります。

ファクタリングはどんな時に利用する?

例えば、次のような状況において、ファクタリングは有効な資金調達手段となります。

借金を増やすと利息支払いの負担が増大しますし、財務状況が悪化して、将来の企業経営に支障が出るリスクがあります。

ファクタリングは借金ではないのでこのような事態を避けられます。

また、借入は担保や保証人の手当と審査対応などで時間がかかりますが、ファクタリングは最短で即日など、短期間で資金調達が可能。

現金がすぐにでも欲しいという人にもおすすめです。

最後に、借入は経営状態が悪いと断られるリスクもある一方、ファクタリングは売掛債権の信用力に問題がなければ、資金調達ができる可能性が充分にあります。

よって、足元の経営状態が思わしくない企業にもおすすめです。

即日で現金化できるファクタリングも存在する

一般的に早期に現金化が可能なファクタリングですが、中には即日での現金化に応じているファクタリング会社も少なくありません。

特に急ぎでの資金調達を希望している人は、こうした即日対応をしているファクタリング会社を選択するのがおすすめです。

即日で現金化したい時のファクタリング会社を選ぶポイント

ファクタリング会社を選ぶうえでは、手数料の安さやファクタリング会社の信頼性などいくつか見るべきポイントがあります。

即日で現金化したい場合の、ファクタリング会社の選び方を整理しましょう。

手数料が安い

ファクタリングでは売掛債権の額面から手数料を引いた金額を受け取ることが可能です。

すなわち手数料が安ければ安いほど、売掛債権の額面に近い金額の資金調達ができることになります。

そのため手数料の安さは重要な着眼点となるのです。

業者に対する信頼がおける

ファクタリング会社を装って高い手数料などを要求する悪徳業者や反社会的勢力の団体も存在します。

また、ずさんな管理をしていて経営状態がよくないファクタリング会社などもあります。

円滑な現金化や企業のイメージ悪化などを避けるためには、こうした問題のある会社を利用せずに、信頼のおけるファクタリング会社を利用しましょう。

会社によっては過去のファクタリング実績、審査通過率や即日対応の実績などを公表しています。

こうした公表内容などをふまえて、信用できるファクタリング会社を見極めることが大切です。

審査及び入金までが早い

即日現金化を実現するうえでは、審査にかかる時間と審査後入金までの時間が早いファクタリング会社を選ぶのがポイントです。

即日対応している会社の中には、これらの時間について目安を明記している会社もあります。

対応が早ければ、それだけ即日で現金化できる可能性も高まるでしょう。

オンラインで手続きが完結する

オフィスにいながらオンラインで手続きが完結する会社を選びましょう。

郵送がプロセスにあると即日現金化は不可能ですし、対面でのコミュニケーションが必須の場合は、ファクタリング会社まで訪れるのが手間になってしまいます。

現在は、オンライン上のファイルアップロードや電話でのやり取りのみで手続きが完結するファクタリング会社が多数ありますので、こうした会社を利用しましょう。

【個人事業主の場合】個人のファクタリングを受け付けている

個人事業主で即日での現金化を希望している人は、まず個人のファクタリングを受け付けているか確認しましょう。

ファクタリング会社の中には次のようなパターンがあります。

  1. 法人のファクタリングのみ対応
  2. 売掛債権の出し手が法人なら個人事業主可
  3. 売掛債権の信用力に問題がなければ個人事業主も可

個人事業主は、必然的に2か3に該当するファクタリング会社を選ぶことになります。

【個人事業主の場合】少額債権のファクタリングが可能か

多くの個人事業主の場合、売掛債権は10万円前後など少額なケースが多いと思います。

ファクタリング会社の中には、事業の効率性などを背景に少額のファクタリングを敬遠する会社も存在します。

個人事業主が現金化する場合には、ファクタリングに対応する債権額面の下限もチェックして、少額でもファクタリング可能な会社を選びましょう。

即日でのファクタリングが可能な会社10選

現在、即日でのファクタリングを可能としている会社は多数あります。

ここではその中でも信頼のおけるおすすめのファクタリング会社を10社紹介。

自分に合ったファクタリング会社選びの参考にしてください。

アクセルファクター

アクセルファクターは豊富な即日入金の実績を持っていて、これまで50%以上が即日入金を実現しています。

郵送・面談・オンライン全ての手続き方法に対応しており、自社にとって便利な方法で手続きが可能です。

また、限度額が30万円〜1億円と広く、特に個人事業主や小さな企業のファクタリングを得意としています。

審査通過率も93%と高いため、スムーズな現金化が期待できます。

手数料の下限は2%と低く、審査において評価の高い売掛債権であれば、低コストで現金化が可能です。

ビートレーディング

ビートレーディングも即日入金に確かな実績を持っています。

2社間ファクタリングでは審査時間わずか30分、最短5時間ほどで入金可能。

審査通過率は99%と非常に高いのも安心です。

月間件数800件以上、累計取引件数3.7万件、取扱残高900億円以上と確かな実績を持っているので、信頼のおけるファクタリング会社でもあります。

また、調達金額は無制限とありますが、過去の事例では3万円〜7億円までと少額から大きな金額まで柔軟に対応できるのが特徴です。

手数料は2社間で4〜12%、3社間で2〜9%と明記。

2社間ファクタリングの上限が10%台前半に留まるのも魅力です。

TRY

TRYは、2社間については即日で現金化に対応しています。

調達金額は10万円からと比較的少額の売掛債権から対応しており、個人事業主などでも利用しやすいファクタリング会社です。

尚、上限は5,000万円となっていますが、それより多額の債権も応相談で、信用力の高い債権であれば応じてくれる可能性はあるでしょう。

また、全国対応しているのも特徴で、本拠地が都心部にない企業や個人事業主も利用しやすいファクタリング会社です。

いーばんく

いーばんくはニーズに応じて3つのプランを用意しているのが特徴で、そのうちスピードプランが即日での現金化に対応。

その時の限度額は2,000万円までで、下限の条件はありません。

過去の審査通過率は90%以上と高く、スムーズに手続きを進められます。

また手数料は最高でも一桁台のため、コストを抑えて現金化できます。

全国対応しているので、東京以外にオフィスを構える企業においても便利です。

日本中小企業金融サポート機構

日本中小企業金融サポート機構は、最短30分で審査結果が出て、入金も最短即日で可能です。

その日の15時までに審査及び契約が完了すれば即時入金されます。

調達可能金額の上限・下限は明示されていませんが、経営サポートなどのサービスもおこなっており、個人事業主よりは企業に適したファクタリング会社といえるでしょう。

手数料の下限は1.5%と低水準です。

コストを抑えて売掛債権を現金化できます。

また最高10%と明記されているため、いたずらにコストが高くなってしまう心配はありません。

審査通過率が95%以上と高いのも魅力です。

QuQuMo(ククモ)

QuQuMoは入金までの手続きが最短2時間で完結する迅速対応が魅力です。

Webサイトにはどの手続きプロセスにどのくらい時間がかかるのか案内されていて、スケジュールが立てやすくなっています。

入金までの手続きが2時間なので、スムーズに進められれば、午後から手続きを始めても入金に間に合うでしょう。

手続きは全てオンラインで完結するので、オフィスから出る必要がないのも便利です。

金額は無制限で個人事業主の少額債権の現金化が可能な一方、多額の現金化も受け付けています。

また、手数料は業界最低水準の下限1%。

適切な売掛債権を活用すれば、低コストで現金化が可能です。

トップマネジメント

トップマネジメントはZoomなどによる面談も活用しながら、手続きの完全オンライン化を実現したファクタリング会社です。

オンラインでの手続きなら最短即日での入金が可能。しかも、オンラインのため全国対応をしています。

金額は上限が3億円。

少額での現金化も相談可能としており、さまざまな金額の債権も柔軟に対応しています。

これまで4.5万件、累計100億円以上の現金化を扱っており、確かな実績を持っているのも特徴です。

手数料は2社間ファクタリングでも上限が12.5%と明記されているので、安心して利用できます。

ベストファクター

ベストファクターでは事前に必要書類などを用意しておけば、最短即日で現金化ができます。

約65%が即日振込を実現しており、高い確率で即日現金化ができるファクタリング会社です。

買取金額に明確な制限はありません。

2022年4月の実績では30万円〜1.1億円の実績を持っており、幅広い金額に対応していることがわかります。

手数料は2%〜ですが、平均買取率は92.2%となっており、多くの方は実際の手数料が10%以内で現金化できているということになります。

OLTA(オルタ)

OLTA(オルタ)はオンラインで全ての手続きを完結させることができます。

書類などのファイルアップロードで進められるので、事務所などを訪れる必要がなく便利です。

買取金額には明確な制限がなく、少額〜多額まで柔軟に対応してくれます。

多くの銀行と提携しており、累計取扱金額は800億円。

確かな実績を持っており、安心して利用できるファクタリング会社です。

また、2社間ファクタリングを含めても手数料は2〜9%と、上限でも一桁台の低コスト。

高い手数料が引かれることなく現金化できます。

PAYTODAY(ペイトゥデイ)

PAYTODAY(ペイトゥデイ)は完全オンライン対応により、迅速に手続きが完了するファクタリング会社です。

最短30分で入金まで完了します。

オンラインのため、全国の企業や個人事業主からのファクタリングを受け付けています。

金額は10万円から上限はありません。

比較的大きな取引の債権でもファクタリングに活用することが可能です。

一方で、個人事業主でも利用することはできます。

手数料は1~9.5%と、下限が業界でも有数の低さで、上限も10%以内と低コスト。

債権の額面から金額を大きく減らさずに現金化が可能です。

即日でのファクタリングを成功させるコツ

即日での現金化を成功させるためには、業者選び以外にもいくつかコツがあります。

事前の準備や申し込みタイミングの工夫などおこない、即日での現金化を実現させましょう。

複数社のファクタリング会社に見積もりを依頼

ファクタリング会社によって審査基準は様々なので、ある会社で審査落ちする債権が別の会社では通る、というケースは珍しくありません。

そのため、複数社に同時に見積もりを依頼したほうが、その中のどれか一社が受け付けてくれる可能性が高くなります。

また、即日現金化を謳っているファクタリング会社の中でも、審査スピードは異なるため、複数社に申し込めば特に対応が早い会社でファクタリングを進められます。

必要書類は前もって全て準備しておく

ファクタリング会社の対応がいくら早くても、書類不備があったり、書類の提出が遅れたりすれば、即日での現金化はたちまち難しくなります。

多くのファクタリング会社は審査に必要な書類についてWebサイトに記載しているので、参考にしてあらかじめ全ての必要書類を準備しておきましょう。

ファクタリング会社が書類を求めてきたときにすぐに提出すれば、審査や手続きのスピードも早まります。

2社間ファクタリングを利用する

3社ファクタリングでは売掛債権の出し手である取引先がかかわるため、どうしても手続きに時間がかかります。

そのため、即日での現金化の可能性を高めたいなら2社ファクタリングを利用するのが基本です。

2社ファクタリングなら利用者とファクタリング会社のやりとりだけで完結するため、自社が迅速に対応すれば、手続き・審査はスムーズに進むでしょう。

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの違い

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの違いを簡単に紹介します。

2社間ファクタリングは利用者とファクタリング会社の間だけで契約を交わします。

そのため迅速に契約が進む、取引相手にファクタリング利用の事実が知られないなどのメリットがあります。

一方で、ファクタリング会社にとってはリスクが高い契約であるため、一般的に手数料が高くなります。

3社間ファクタリングは、売掛債権をファクタリング会社に譲渡するときに取引先の承諾が必要です。

そのため、時間がかかる、取引先にファクタリング利用の事実が発覚するといったデメリットがあります。

一方で、手数料は一般的に3社間ファクタリングの方が低いため、コストを抑えたい人にはおすすめです。

午前中に申し込む

即日に現金化といっても、一般的に手続きや審査に数時間程度はかかります。

時間外でも手続き・入金を進めてくれるかは不確実なので、少しでも即日現金化の可能性を高めたいなら、一日の営業時間が多く残っている午前中に申し込むのがおすすめです。

信用ある取引先の債権をファクタリングに出す

売掛債権の信用力が高く、現金回収の確実性が高い方が、審査は簡便かつ迅速に進むでしょう。

一般的には次のような取引先の信用力が高いとみなされる傾向にあります。

これらに該当する売掛債権があれば、優先的にファクタリングに出すようにしましょう。

即日でのファクタリングを検討する際の注意点

即日現金化が可能というファクタリング会社を利用しても、必ずすぐに現金が手に入るとは限りません、それどころか、審査に落ちて現金化が進まないリスクだってあります。

次のようなポイントには注意しておきましょう。

審査に落ちれば現金化はできない

ファクタリング会社の審査に落ちれば現金化は当然できません。

適切な売掛債権をファクタリングにかける、必要書類をもれなく用意するなど、必要な準備はおこなったうえで、万が一現金化が進まない場合の対策もしっかり考えておきましょう。

「即日可」でも、審査が遅れて即日現金化できない場合もある

即日可能となっているファクタリング会社でも、全債権の現金化が即日で実行できているわけではありません。

審査の開始のタイミングや書類がそろうまでの時間、債権や利用者の信用力などにより時間がかかるケースもあります。

即日で実行できるよう最善を尽くしつつも、万が一即日での現金化が進まないケースについても備えておくことが大切です。

土日の即日現金化はさらにハードルが高い

土日は多くのファクタリング会社が営業していません。

また、営業していても提携する金融機関が開いていないなどの理由で、現金の出し入れはできないケースが多いです。

土日の現金化は特にハードルが高いので、土日に大きな資金需要が発生しないように、適切に資金管理をおこないましょう。

手数料がかかる

即日か否かにかかわらず、ファクタリング全体にいえることですが、ファクタリングは手数料がかかるため、売掛債権から本来回収できる金額よりも現金化の金額は低くなります。

特に即日でのファクタリングにしばしば利用される2社間ファクタリングは、手数料が高い傾向にあり、額面と現金化できる金額に開きができることが多いので注意が必要です。

ファクタリングを利用して即日で売掛債権を現金化しよう

個人事業主の少額債権でも、数億円単位の大きな金額でも、適切なファクタリング会社を利用すれば、即日での現金化は充分可能です。

今回紹介したコツや注意点に留意しながら、事前準備をしっかりと進めることで、即日で現金化できる可能性がさらに高まるでしょう。

もし、依頼するファクタリング会社に悩むようなら、ぜひ今回紹介したおすすめのファクタリング会社を参考にしてください。

失敗しないファクタリング会社|信頼と実績で選んだ3社
ウィット
∟最短2時間で請求書を現金化
∟少額でも個人事業主でもOK
∟完全非対面手続き
運営会社:株式会社ウィット

 

事業資金エージェント
∟手数料は業界最低水準の1.5%~
∟500万円までなら最短3時間で対応
運営会社:アネックス株式会社

 

QuQuMo
∟オンライン完結
∟入金まで最短2時間
∟手数料は最安値水準の1%~
運営会社:株式会社アクティブサポート

この記事の調査・編集者
みーさん
2017年にライターとしてアシロに入社し、主に交通事故とIT分野の執筆に携わる。2019年によりIT媒体の専任ディレクターになり、コンテンツの執筆・管理などを行っている。