審査なしでのファクタリングは可能?審査負担の軽減や審査落ちを防ぐためのポイントを解説

審査なしでのファクタリングは可能?審査負担の軽減や審査落ちを防ぐためのポイントを解説

ファクタリングは、売掛債権を活用して短時間で現金化できる便利な手法ですが、審査落ちのリスクがあるのがネックです。

審査対応の手間がかかるため、審査なしでファクタリングしたいという方は少なくありません。

しかしながら、結論から言うと、ファクタリングでは審査が必須であり、審査なしでおこなうことはできません。

この記事では、ファクタリングで審査が欠かせない理由を紹介したうえで、審査の負担や審査落ちのリスクを低減させる工夫について解説します。

ファクタリングの審査落ちや審査への負担に課題を感じている方は、ぜひ参考にしてください。

失敗しないファクタリング会社|信頼と実績で選んだ3社
ウィット
∟最短2時間で請求書を現金化
∟少額でも個人事業主でもOK
∟完全非対面手続き
運営会社:株式会社ウィット

 

事業資金エージェント
∟手数料は業界最低水準の1.5%~
∟500万円までなら最短3時間で対応
運営会社:アネックス株式会社

 

QuQuMo
∟オンライン完結
∟入金まで最短2時間
∟手数料は最安値水準の1%~
運営会社:株式会社アクティブサポート

そもそも審査なしのファクタリングを利用すべきではない

健全なファクタリング会社で審査が不要ということはありません。

まずは健全なファクタリング会社が必ず審査をおこなっている理由を解説します。

その理由をふまえると、審査なしを謳うファクタリング会社は利用すべきではないことがわかるでしょう。

ファクタリングには審査が必須

ファクタリング会社は、本来必ず審査を通過しなければなりません。

売掛債権の審査が重視され、利用する企業が赤字でも資金調達が可能なケースがあるため、「審査が不要」と誤解されがちな点があります。

実際には、売掛債権から高い確率で資金が回収できるよう、ファクタリング会社ではしっかりと審査をおこなっているので覚えておきましょう。

なぜ審査が必要なのか?

利用者や売掛債権の審査をしなければ、ファクタリング会社は次のような理由から、経営上高いリスクを負うことになります。

こうしたリスクをしっかり管理するためには、審査が欠かせないのです。

ファクタリング会社のビジネスは売掛債権から資金を回収しなければ損失を抱えることになります。

したがって、売掛債権が健全な相手が出したもので、確実に資金を回収できそうか審査したうえで、ファクタリングの実行可否を検討しています。

利用者が悪質である場合、売掛債権を偽造して現金化を試みる可能性もあります。

こうした詐欺などに遭うリスクをゼロにするためには、利用者が信用のおける人物、団体なのかを審査することも必要です。

最後に、ファクタリング会社にとっての収入減である手数料は、売掛債権の信用力も加味して決定されます。

そのため審査をしなければ手数料を定めることができないはずなのです。

「審査なし」を謳うファクタリングは利用すべきではない

審査をしなければ健全経営ができないファクタリング。

もし、「審査なし」でおこなうと謳っているファクタリング会社があっても、利用すべきではありません。

その会社は次のいずれかに該当する可能性が高く、企業に損害が及ぶリスクがありますし、健全な契約相手とはいえないでしょう。

3点目はとくに、償還請求権ありの契約を結んでいる場合に注意が必要です。

審査は厳しいが償還請求権がないファクタリングの方がよい

審査は厳しくなるものの、基本的には償還請求権がないファクタリングを利用するのがおすすめです。

償還請求権とは、売掛債権が回収不能となったときに、債権の買戻しを請求する権利。

この条項が付いていると、債権の出し手が資金を返済しなかった時に、調達した資金をファクタリング会社に返還しなければならなくなります。

日本においては償還請求権を付与すると貸金業登録が必要になるため、多くの健全なファクタリング会社は償還請求権無しでサービスを提供しています。

その分、売掛債権に対する審査は厳しくなるものの、思わぬ形で資金の返還を求められることのないよう、基本的には償還請求権がない形でのファクタリングをおすすめします。

ファクタリングの審査でよくある悩み

審査なしのファクタリングを実行するのはおすすめできません。

そもそも、なぜ「審査なし」でファクタリングをしたいと感じているのか考えてみましょう。

審査なしでのファクタリングを希望する背景にあるファクタリングに関する悩みを整理しました。

審査手続きに負担を感じている

ファクタリングの審査においては、売掛債権の発生根拠とのなった取引や売掛債権の出し手と自社の情報を整理し、また会社の依頼に応じてさまざまな資料を用意しなければなりません。

自社の信用を確認するための面談などが入る場合もあります。

審査を通過してしまえば現金化まで早くとも、こうした審査に向けた事前の準備やファクタリング会社とのやりとりに負担を感じているため「審査なしでファクタリングしたい」と考える企業は少なくありません。

現金化を早く行いたい

ファクタリングを実行するためには、ファクタリング会社への申し込みや審査対応のために準備が必要になります。

他の手段と比べて早期に現金化できるファクタリングとはいえ、こうした準備に手間取れば、現金化までにかかる時間も延びてしまうでしょう。

この点は、早期の現金化を希望する会社にとっては厄介な悩みとなります。

もし審査がなければ、こうした準備にかかる時間も削減できるのでは、と考える企業もあるのです。

審査に落ちてしまった

一度審査に落ちてしまった企業が、審査なしでファクタリングしたいと考えるケースもあります。

審査に落ちてしまえば、現金化を実行することはできません。

そこで、審査なしで対応してくれる会社を利用して、実現できなかったファクタリングの実行を試みるのです。

さて、ここまでファクタリングを審査なしで済ませたいと考える背景にある3つの悩みを紹介しました。

ここからはそれぞれの悩みを軽減するための対策について解説します。

これらの対策をとれば、審査が必要なファクタリングもスムーズに進めることができるでしょう。

対策①審査手続きに負担を感じている

審査手続き自体に負担を感じている方は、審査の負担をできるだけ軽減する対策を考えてみましょう。

利用実績のある会社であれば審査はスムーズになりますし、オンラインで完結する、必要書類が少ないなど、審査手続き自体が簡単なファクタリング会社も存在します。

利用実績のあるファクタリング会社を選ぶ

通常、一度利用したことがあるファクタリング会社であれば、利用者の情報は既に把握したうえで、一度審査を通過させているので、少なくとも利用者自身の審査は簡便化します。

適切に完了した実績が多いファクタリング会社であるほど、審査はスムーズでしょう。

さらに、過去と同じ出し手の売掛債権を、同じファクタリング会社で現金化すればさらにスムーズです。

債権の出し手の情報も記録されているので、企業の経営状況などに大きな問題がなければ、審査に求められる情報は少なくすみます。

オンラインで完結する会社を選ぶ

審査手続きの中に郵送や対面での対応が入ると、余分な対応が増えてしまいます。

全てオンラインで完結すれば、オフィス内から全ての対応が可能なので便利でしょう。

現代では審査手続きは全てオンライン、または、会話する際も電話などを利用して対面でのコミュニケーションなく完了する会社もあるので、こうしたファクタリング会社を利用するのもおすすめです。

必要書類の少ないファクタリング会社を利用する

一般的に書類が多くなれば事前準備に必要な手間が増えます。

戸籍謄本など官公庁への手続きが必要な書類などがあると、さらに時間がかかる場合も。

審査の負担を少しでも減らしたいなら、必要書類の少ないファクタリング会社を利用するのも有効です。

ペイトナーファクタリングがおすすめ!

ペイトナーファクタリングでは、取引先に発送済みの請求書であれば、PDFでデータアップロードすれば手続きが完了します。

電話やメールでやり取りをする必要はありません。

必要な書類はアップロードする請求書と身分証明書のみ。

審査手続きに手間もかからないでしょう。

現金化までの早さも魅力です。

審査完了後は最短10分で現金が振り込まれるので、すぐに現金が欲しいという人に最適です。

対策②現金化を早く行いたい

早く現金化したいので、時間がかかりそうなイメージのある審査を省略したいと考える人も少なくありません。

しかし、現在では即日で対応してくれるファクタリング会社がいくつもあるので、これらの会社を利用すれば課題は解決します。

そのほか、2社間ファクタリングを利用するなどの工夫をすれば、入金までにかかる時間はさらに短縮化するでしょう。

即日で現金化できるファクタリング会社は複数ある

現在では即日での現金化に対応しているファクタリング会社が複数あります。

迅速性を重視するならこれらのファクタリング会社を利用するのがおすすめです。

ここでは、代表的な3つの即日現金化ができるファクタリング会社を紹介します。

おすすめのファクタリング会社①アクセルファクター

アクセルファクターは豊富な即日入金の実績を持つファクタリング会社で、5割以上が実現しています。

郵送・面談・オンライン全ての手続き方法に対応しているため、利便性も高いのが魅力です。

また、限度額が30万円〜1億円と広く、個人事業主からある程度の規模の企業まで幅広い人が利用しやすい会社。

手数料は2%~で、売掛債権の条件がよければ低コストで現金化が可能です。

おすすめのファクタリング会社②ビートレーディング

ビートレーディングも即日入金に確かな実績を持つファクタリング会社。

2社間ファクタリングを利用すれば最短5時間ほどで入金が可能です。

手数料は2社間で4〜12%、3社間で2〜9%と明記されているので安心。

2社間ファクタリングの上限が10%台前半に留まるのも魅力です。

対応する債権の限度額は明確に決められていませんが、過去には3万円〜7億円までの実行実績があるとのこと。

大小さまざまな取引の債権をファクタリングに利用できます。

おすすめのファクタリング会社③QuQuMo(ククモ)

QuQuMoは入金までの手続きが最短2時間で完結する迅速対応が魅力です。

午後から手続きを始めても入金に間に合う可能性があります。

この迅速対応を支えているのが、オンラインで完結する申請フローで、オフィスから全ての手続き対応を完結させることができます。

また、手数料の下限が1%〜と非常に低コストなため、信用力の高い売掛債権を利用すれば、ファクタリングのコストを引き下げることが可能です。

限度額は特段の定めがなく、さまざまな規模の債権の現金化に利用できます。

2社間ファクタリングを利用する

2社間ファクタリングは、契約を利用者とファクタリング会社の間だけで進められるため、一般的にスピーディに現金化が完了します。

これが3社間となると、売掛債権の出し手との交渉が必要になるため、時間がかかってしまうのです。

そのため、現金化までの時間を短縮するなら、2社間ファクタリングを利用するとよいでしょう。

スムーズに審査を進める工夫をする

審査が早く進むように可能な工夫をしておくのも大切です。

まず基本として、利用を検討しているファクタリング会社の必要書類は事前に準備しておきましょう。

また、午前中に申し込んだ方が、日数ベースで現金化が早くなるケースが多いです。

その日のうちに審査を進めて、最速で即日で現金化できる場合もあります。

このように事前準備や申し込むタイミングの工夫をすることで、現金化を早められるでしょう。

対策③審査に落ちてしまった

審査に落ちた時に、銀行などと同じように自身の信用力に問題があると考えてしまう人も少なくありません。

しかし、ファクタリングにおいては、利用者の審査よりも売掛債権の審査の方が重要です。

この点を踏まえて、審査への対策を進めましょう。

自社の信用力は、審査に大きくは影響しない

ファクタリングは借金ではないので、本来利用者の信用力は、あまり関係がありません。

大事なのは、売掛債権が適切に回収可能かどうかです。

従って多くの場合は、利用者自身の信用力を高める工夫をしても効果は薄いので注意しましょう。

取引先として疑念を持たれないよう誠実に対応する必要がある

利用者の信用力をあまり加味しないと言っても、契約先として問題のある企業とみなされれば、やはり審査に影響を与える可能性があります。

審査の問い合わせには正直に対応する、書類は遅滞なく提出する、税の滞納や法令に抵触する行動はしないなど、誠実な対応が大切です。

ファクタリングに出す債権を再検討する

自社に問題がないのに審査落ちするのであれば、売掛債権に問題がある可能性が高いです。

したがって、ファクタリングに出す売掛債権を再検討しましょう。

一般的に次のような売掛債権は信用されやすく、審査の通過率も高まります。

以上に該当する債権から優先的にファクタリングに出すとよいでしょう。

現金化の金額が上限・下限に抵触していないか再確認する

ファクタリング会社によっては、現金化の金額に限度を設けています。

上限だけでなく、下限がある場合も多いので注意が必要です。

限度に抵触している売掛債権は、どれだけ優れていても審査に通りません。

適切な金額の売掛債権を選んで審査に出しましょう。

複数社に見積もりを依頼する

ファクタリングの審査条件は会社によって全く異なります。

そのため、ある会社で審査落ちした債権でも他の会社では通過する可能性は充分にあります。

少しでも審査通過の可能性を高めたいなら、様々なファクタリング会社に審査依頼するのがおすすめです。

審査なしのファクタリングは不可能だが負担軽減や審査通過率の改善は可能

健全にファクタリングを運営しているのであれば審査は必須です。

審査のないファクタリングは、何らかの問題を抱えている可能性が高いので、絶対に利用しないようにしましょう。

審査なしでファクタリングをしたいと考える理由をふまえて、適切な対策をとることで、早期の現金化や審査通過の可能性を高められます。

この記事を参考に、うまくファクタリングの手続きを進めましょう。

失敗しないファクタリング会社|信頼と実績で選んだ3社
ウィット
∟最短2時間で請求書を現金化
∟少額でも個人事業主でもOK
∟完全非対面手続き
運営会社:株式会社ウィット

 

事業資金エージェント
∟手数料は業界最低水準の1.5%~
∟500万円までなら最短3時間で対応
運営会社:アネックス株式会社

 

QuQuMo
∟オンライン完結
∟入金まで最短2時間
∟手数料は最安値水準の1%~
運営会社:株式会社アクティブサポート

この記事の調査・編集者
みーさん
2017年にライターとしてアシロに入社し、主に交通事故とIT分野の執筆に携わる。2019年によりIT媒体の専任ディレクターになり、コンテンツの執筆・管理などを行っている。