つなぎ資金や前払金の手当てに最適!建設業にはファクタリング利用がおすすめ

つなぎ資金や前払金の手当てに最適!建設業にはファクタリング利用がおすすめ
目次
  1. そもそもファクタリングとは?
    1. ファクタリングの基本
    2. 2社間ファクタリングとは?
    3. 3社間ファクタリングとは?
  2. 建設業でファクタリングが注目されている理由
    1. 完成まで報酬が発生せず、多額の売掛金が蓄積しやすい
    2. つなぎ資金や前金支払いへの対応が恒常的に発生
    3. 銀行融資と異なり財務を圧迫させる心配がない
    4. 売掛金を短期間で現金化できる
    5. 赤字でも比較的利用しやすい
  3. 建設業のファクタリング会社の選び方
    1. 手数料の低さ
    2. 信頼できる会社である
    3. 現金化までのスピード
    4. 買取限度額の高さ
    5. 建設業を得意としているか
    6. 2社間ファクタリングの要否
  4. 建設業におすすめのファクタリング会社6社を比較
    1. 建設業に特化したファクタリング会社3選
    2. 建設業に強いファクタリング会社3選
  5. 建設業でファクタリングを利用するときの注意点
    1. 手数料がかかる
    2. 売掛債権の状況によっては断られるリスクがある
    3. 資金繰りの悪化を懸念されるリスクがある
    4. 申込業者の信用も審査される
  6. 建設業のファクタリング審査落ちを防ぐには?
    1. 信用力の高い売掛債権をファクタリングに出す
    2. 売掛債権の成因資料をまとめてしておく
    3. 支払期間が短い売掛債権から利用する
    4. 申込業者の審査に誠実に対応し、信頼してもらう
  7. 建設業の資金調達手段としてファクタリングを活用しよう

売掛金が恒常的に発生し、工事費用の手出しが多い建設業において、資金手当はしばしば悩みの種となりますよね。

財務状況を悪化させない新たな資金調達手段として、ファクタリングが建設業において注目されています。

売掛金を短期間で現金化できるファクタリングは、建設業の運転資金などの手当てに適しているのです。

この記事では、建設業にファクタリングが適している理由や会社の選び方と共におすすめのファクタリング会社を紹介します。

また後半ではファクタリングを利用するうえでの注意点なども解説します。

新たな建設業の資金調達手段としてファクタリングに目を向け始めている経営者の方は、この記事を参考に、自社でのファクタリング利用を検討してみてください。

失敗しないファクタリング会社|信頼と実績で選んだ3社
ウィット
∟最短2時間で請求書を現金化
∟少額でも個人事業主でもOK
∟完全非対面手続き
運営会社:株式会社ウィット

 

事業資金エージェント
∟手数料は業界最低水準の1.5%~
∟500万円までなら最短3時間で対応
運営会社:アネックス株式会社

 

QuQuMo
∟オンライン完結
∟入金まで最短2時間
∟手数料は最安値水準の1%~
運営会社:株式会社アクティブサポート

そもそもファクタリングとは?

ファクタリングとは、売掛債権を活用して短期間で現金化する手法です。

大きく分けて2社間ファクタリングと3社間ファクタリングがあります。

まずはファクタリングの基本について抑えておきましょう。

ファクタリングの基本

ファクタリングは、「売掛債権」をファクタリング会社に譲渡することで、現金化をする手法です。

取引において、商品・サービスの提供が完了しても、代金の受け取りは後日になるケースが少なくありません。

その場合、請求書などの形式で明文化して「後日支払う」ことを約束します。

このように提供した商品・サービスの対価を後日受け取る権利が「売掛債権」です。

売掛債権は、定められた期日までに支払えばよいのが一般的なので、長い場合には期日まで現金が受け取れないことになります。

商品・サービスが完了しても現金が受け取れないことが、事業の経営を圧迫するリスクになりかねないのです。

そこでファクタリングを利用すれば、将来決済される債権を前倒しして現金化できます。

2社間ファクタリングとは?

2社間ファクタリングは、「ファクタリング会社」と「債権者」の間だけで契約を行います。

債権者は自ら売掛金を取引先から回収し、期日までにファクタリング会社に納める必要があります。

つまり、取引先からの現金回収は自社で行うということです。

この場合、通常の取引と変わらないため、ファクタリング利用の事実が発覚しないというメリットがあるのです。

一方、ファクタリング会社の立場からすれば、売掛金の回収が債権者に委ねられるので、リスクの高い契約になります。

そのため、一般的に3社間ファクタリングよりも手数料が高い傾向にあります。

3社間ファクタリングとは?

2社間に対して3社間ファクタリングは、「ファクタリング会社」「債権者」「取引先」で契約を締結します。

そしてファクタリング会社は、受け取った売掛金を直接債権者から回収します。

この場合ファクタリング会社自身が売掛金を回収しにいけるため、現金回収の確実性が高く、手数料が低い傾向にあります。

一方で取引先は、ファクタリング会社がコンタクトしてくることで、あなたがファクタリング会社を利用していることを認識します。

すると、「この会社は資金手当てに困っているのでは?」という印象を持ち、取引に悪い影響が出る可能性もあります。

3社間ファクタリングを利用するときは、ファクタリング利用が発覚したからといって、その後の取引に影響が出ない取引先(の売掛金)を選ぶとよいでしょう。

建設業でファクタリングが注目されている理由

ファクタリングは、売掛金が発生しやすい建設業と相性の良い資金調達方法なので、盛んに活用されています。

以下では、建設業の企業においてファクタリングが注目されている理由を詳しく解説します。

完成まで報酬が発生せず、多額の売掛金が蓄積しやすい

建設業では「請負契約」という形式の契約により、工事完成後に引き渡し、工事代金を受領するのが一般的です。

そのため、引き渡しまでの工期の間にかかる次のような費用を、代金を受領する前に自社で負担することになります。

これらの費用を手当てする手段としてファクタリングが活用されます。

また、工事金額は一般的に大きな金額となるため、建設業では金額の大きい売掛金が発生します。

他にも、さまざまな工事で外注・受注を組み合わせておこなうため、取引も多くなりがちです。

こうした事情から、ファクタリングに使用できる売掛債権も発生しやすいのです。

つなぎ資金や前金支払いへの対応が恒常的に発生

請け負っているそれぞれの工事において代金の受領より先に費用が発生することから、建設業では、売り上げに当たる代金を受領するまでのつなぎ資金の手当てを工夫する必要があります。

また、工事代金の規模が大きい案件では前払金を支払わなければならないこともあり、案件を下請け先に発注する場合に資金が必要になるケースも少なくありません。

ファクタリングでは、売掛債権があれば資金ニーズが発生した時に短時間で現金化が可能です。

そのため、こうした資金の手当てに盛んに利用されています。

銀行融資と異なり財務を圧迫させる心配がない

ここまで紹介した資金の手当てについて、金融機関の借り入れでまかなう方法もあります。

しかしその場合、借り入れた資金は負債として扱われるので企業の財務状況が悪化してしまいます。

また、借り入れは利息支払いが発生するのもネックです。

ファクタリングであれば、財務を圧迫することなく現金化が可能なうえ、利息などは発生しないため、借り入れのデメリットは回避できます。

売掛金を短期間で現金化できる

建設業では引き渡しから代金受領までの期間や一時的な工事費用の増加など、短期間の資金調達ニーズが発生する場合が多いです。

長期にわたる資金調達としてしばしば活用される金融機関の借り入れは、短期の資金ニーズにはマッチしないケースも少なくありません。

ファクタリングであれば、最短即日~数日で資金調達が可能なので、建設業にとって利便性が高いのです。

赤字でも比較的利用しやすい

金融機関の借り入れでは、企業の財務状況や収支状況を厳しく審査されます。

特に中規模以下の企業で収支が赤字の状態では、借り入れが難しくなる場合もあります。

一方でファクタリングでは売掛債権の請求先、すなわち取引先の状況が審査上重視されます。

そのため自社が赤字でも現金を調達できる可能性は充分にあるのです。

建設業のファクタリング会社の選び方

建設業でファクタリングを利用する際には、適したファクタリング会社を選べば、よりスムーズに現金化が可能です。

ここではファクタリング会社を選ぶうえでのポイントを紹介していきます。

手数料の低さ

ファクタリングでは、ファクタリング会社に手数料を支払う必要があります。

売掛債権を譲渡すると、債権の金額から手数料を差し引いた金額を現金化できます。

当然のことながら手数料が低くなる会社を選んだ方が、コストをかけずに現金化ができるのでおすすめです。

信頼できる会社である

ほとんどのファクタリング会社は実績もある優良な会社ですが、中には闇金に近い悪徳業者もあり、過去にトラブルが発生したケースもあります。

ファクタリング実績が豊富で、信頼のおける会社を選ぶようにしましょう。

現金化までのスピード

手数料があまりかわらないのであれば、現金調達にかかる期間は短いほど便利です。

もし、即日、翌日に支払いが発生する場合には、必然的に迅速対応してくれる会社を選ばなければなりません。

現金化までのスピードは、ファクタリング会社を選ぶうえで重要なポイントです。

買取限度額の高さ

建設業の場合は、売掛債権も、必要となる資金の規模も大きくなるケースが少なくありません。

そのため、買取限度額が高いファクタリング会社の方が便利です。

中には数億円~10億円クラスの限度額を設定している会社もあるので、必要な額に応じて選んでください。

建設業を得意としているか

ファクタリング会社には、特定の業種を得意としている会社や、業種に特化した会社もあります。

建設業を得意としている会社であれば、業界の事情を深く理解しているため、審査がスムーズに進んだり、他社では断られたファクタリングに対応したりしてもらえる可能性も高まります。

2社間ファクタリングの要否

ファクタリング会社にとってリスクの高い2社間ファクタリングは、扱っていない会社もあります。

しかし、取引先への発覚を絶対に避けたいという場合は、2社間ファクタリングを選ぶようにしましょう。

建設業におすすめのファクタリング会社6社を比較

ここでは建設業に特化もしくは強みを持つファクタリング会社を6社紹介します。

実際にどのようなファクタリング会社があるのかよくわからない、という方はぜひ参考にされてください。

建設業に特化したファクタリング会社3選

まずは、建設業に特化したファクタリング会社を3社紹介します。

けんせつくん

けんせつくんは建設業界専門とうたっているファクタリング会社で、建設業であれば最短2時間と迅速に現金化が可能です。

すぐに資金が必要な方にはとても便利です。

また、上限が設定されていないので、数億円単位の大口の債権の現金化も可能。

一方で少額の現金化にも柔軟に対応しているので、個人事業主や小規模な企業にもおすすめです。

2社間ファクタリングを基本としているため、取引先にファクタリング利用の事実が発覚する心配もありません。

さらに、工事が完成する前に振り出される注文書でのファクタリングにも対応しています。

工事の完成を待たずに現金化できるため、資金調達の自由度がさらに高まります。

株式会社No.1

株式会社No.1も建設業に特化することで審査を迅速化し、最短即日で現金化が可能。

顧客満足度も95%以上と高くなっています。

現金化金額は500~5,000万円であるため、中規模の企業には特におすすめ。

3社間ファクタリングの手数料は1%程度からと業界最低水準を目指しています。

また、2社間、3社間を柔軟に選択できるのも特徴です。

当社のファクタリングはすべてノンリコース形式。

ノンリコースとは、売掛金の保証が不要という意味で、売掛金が回収できなかった時にも、ファクタリング会社に売掛金相当の現金を支払わなくても良いというものです。

売掛先の倒産リスクを負わずにすむので、安心です。

ローカルワークスペイメント

ローカルワークスは建設業に対する多様なサービスを展開している会社で、その中の一つのサービスに債権の回収代行があり、これが実質ファクタリングとして機能します。

オンラインで手続きが完結し、工事完了後最短で翌日に現金化が可能です。

回収代行なので、回収はローカルワークスが行う3社間ファクタリングが基本です。

ローカルワークスは、ITを活用して営業支援、業務支援などファクタリング以外にもさまざまな建設業向けサービスを展開しているため、企業経営を効率化、強化することができます。

建設業に強いファクタリング会社3選

続いて、建設業特化ではないものの、建設業に強みを持つファクタリング会社を3社紹介します。

アクセルファクター

アクセルファクターは最短即日で現金化可能な会社で、建設業に限らず多様な業種の債権を扱っています。

審査通過率が93%以上と高いのが特徴です。

限度額は1億円までですが、下限がないので、小規模の債権も現金化に利用できます。

また手数料が2%~とWebサイトに記載されているのも安心できるポイントです。

成功事例の中では建設業の現金化事例を掲載。

同社として建設業を「ファクタリングとの相性が良い業種」として挙げており、建設業の方に適した会社であることがうかがえます。

ビートレーディング

ビートレーディングは最短で即日対応が可能なファクタリング会社。

限度額は明示されていませんが、過去2.1万件、551億円の現金化実績があるので、1件当たり平均200~300万円程度の現金化実績があります。

注文書の現金化にも対応しているため、工事が完成する前に資金調達をすることが可能。

また、赤字・税金滞納など資金繰りに懸念がある企業でも相談可能であることが明記されており、いざという時に心強いファクタリング会社です。

株式会社アンカーガーディアン

株式会社アンカーガーディアンはWebサイト上に基本情報を入力すれば30秒で現金化可能額がわかります。

また現金化自体も最短即日で対応可能です。

限度額は明示されていませんが、建設業の事例が掲載されていて、80万円~800万円の範囲は少なくとも現金化が可能です。

手数料は最安水準では3社間が3%、2社間が5%ですが、建設業の相場としては5%~程度となることが一般的です。

このように建設業が利用する場合の事例や相場が詳しく掲載されているため、利用時の参考となる情報が多く確認できます。

検討を進めやすく、かつ信頼して利用できる業者です。

建設業でファクタリングを利用するときの注意点

ここまで、建設業にはファクタリングがおすすめという内容でお話ししてきました。

しかし、いくら財務状況を悪化せず現金化できるからといって、むやみに利用してよいものではあ。りません。

こちらにまとめた注意点を理解したうえで、ファクタリングの利用を検討しましょう。

手数料がかかる

ファクタリングは必ず手数料がかかります。

手数料率は債権金額や会社、過去の実績などによってその都度決定されますが、優良な会社でも10%~の手数料が発生するケースもあります。

手数料が発生するということは売掛債権の額面より現金化できる金額は少なくなる、ということを意味するので注意しましょう。

売掛債権の状況によっては断られるリスクがある

ファクタリング会社は、売掛金から確実に現金回収ができるかを特にチェックします。

そのため、請求先の財務状況が悪化していたり、請求先が個人だったりすると、現金回収にリスクがあると考えられて審査落ちする可能性があります。

また、請求書に期限が書かれていない、あまりにも期限が遠い売掛債権は敬遠される傾向にあります。

資金繰りの悪化を懸念されるリスクがある

3社間ファクタリングを利用した場合、取引先にファクタリング利用の事実が発覚します。

即日や短期間の現金化が必要である、すなわちそれだけ資金繰りに困っているという印象を持たれる可能性があります。

最悪の場合、その後のリレーションや取引に影響が出るリスクもあるのです。

こうしたリスクを減らすためには、節度を持ってファクタリングを利用したり、2社間ファクタリグを利用したりするのがおすすめです。

申込業者の信用も審査される

ファクタリングでは債権の請求先の信用力を重視するものの、申込業者も審査対象です。

明らかに人柄や企業の存続性に懸念がある場合、反社会勢力であることが疑われる場合などは、そもそもビジネスをおこなう相手としてふさわしくないとみられ、審査で落ちるリスクもあります。

また、税金滞納は最悪の場合脱税などの温床になりかねないため、通常の赤字よりも厳しく判断されるケースもあります。

ファクタリングをスムーズに利用するためには審査に対して誠実に対応する、最低限法制度はしっかりと遵守することが大切です。

建設業のファクタリング審査落ちを防ぐには?

ファクタリングを実現するには審査に通過する必要があります。

審査落ちを防ぐためには、次のようなポイントに留意しましょう。

信用力の高い売掛債権をファクタリングに出す

まずは信用力の高い売掛債権を優先的に利用するようにします。

特に重要なのは資金の請求元で、例えば次のような請求先の債権は信用力が高いとみられがちです。

どの売掛債権が円滑に審査を通過するか考えて、使用する債権を工夫しましょう。

売掛債権の成因資料をまとめてしておく

売掛債権が正当なものであると信頼されるには、それが正当な取引の中で発生していることを証明することも大切です。

審査の過程で次のような「成因資料(売掛が発生した要因を示す資料)」の確認を求められるケースもあります。

例えば次のような書類です。

これらを速やかに提出できるようにあらかじめまとめておくと、審査がスムーズに進みますし、心象もよくなります。

支払期間が短い売掛債権から利用する

経済環境の変化などを加味すると、支払期間が長い売掛債権ほどリスクが高いとみられがちです。

したがって期限の短い売掛債権を優先的にファクタリングに回した方が、スムーズに現金化ができる可能性が高まります。

申込業者の審査に誠実に対応し、信頼してもらう

ファクタリング会社から見れば、申込業者はビジネスパートナーに当たります。

そのため信頼のおける業者とファクタリング契約を結びたいと考えています。

審査における面談などには丁寧に対応し、また提出書類を不備なく迅速に提出するなど、誠実に対応して信頼を得ることも、審査をスムーズに通過するうえでは大切です。

建設業の資金調達手段としてファクタリングを活用しよう

売掛金が発生しやすく、また一時的な資金手当てが必要な状況も起きやすい建設業の資金調達にはファクタリングがおすすめです。

今回紹介した注意点や審査通過のポイントに留意すれば、短期間でのまとまった資金の現金化に役立つでしょう。

また、スムーズな現金化のためには適したファクタリング会社を選ぶことも大切です。

今回紹介した選び方のポイントやおすすめのファクタリング会社を参考にしてみてください。

失敗しないファクタリング会社|信頼と実績で選んだ3社
ウィット
∟最短2時間で請求書を現金化
∟少額でも個人事業主でもOK
∟完全非対面手続き
運営会社:株式会社ウィット

 

事業資金エージェント
∟手数料は業界最低水準の1.5%~
∟500万円までなら最短3時間で対応
運営会社:アネックス株式会社

 

QuQuMo
∟オンライン完結
∟入金まで最短2時間
∟手数料は最安値水準の1%~
運営会社:株式会社アクティブサポート

この記事の調査・編集者
みーさん
2017年にライターとしてアシロに入社し、主に交通事故とIT分野の執筆に携わる。2019年によりIT媒体の専任ディレクターになり、コンテンツの執筆・管理などを行っている。