【即日現金化OK】個人事業主が利用できるおすすめのファクタリング会社

ファクタリング
【即日現金化OK】個人事業主が利用できるおすすめのファクタリング会社

ファクタリングとは、ファクタリング会社が事業者の有する売掛債権を買い取り、入金日よりも前に現金化する金融サービスのことです。

早期の資金調達が叶うため新たな事業を始めたときや企業の急成長が期待される場面で重宝されています。

ファクタリングサービスを提供する株式会社OLTA(オルタ)は創業2年で申込総額100億円を突破しており、多くの方がファクタリングサービスを活用していることが伺えます(参考:OLTAのプレスリリース

認知が進むファクタリングですが、主に企業だけが利用する資金調達方法であると認識している方も多いかもしれません。

確かに企業向けのファクタリング会社もありますが、個人向け・個人事業主向けのサービスを提供している会社も多数存在します。

「資金繰りが苦しい」
「在宅ワーク導入のための資金が手元にない」
「銀行融資を断られてしまった」

ファクタリングを活用することによって、個人事業主の方が抱える上記のような悩みを解決できるでしょう。

ただし、ファクタリングは緊急性・計画性がある資金調達のどちらにも適していますが、ファクタリング会社の選択によっては手数料が高額になる場合があり、また中には、ファクタリングを謳いながら、違法な貸付行為を行う業者も存在しています。

そのため、ファクタリングを活用したい場合には会社の選択が非常に大切です。

この記事ではファクタリングの利用条件やファクタリング会社を選ぶポイントを解説した上で【即日現金化が可能なファクタリング会社】を比較・解説します。

少しでも安く安全にファクタリングを活用するための参考にしてください。

失敗しないファクタリング会社|信頼と実績で選んだおすすめ3社

アクセルファクター

∟1,000万円までなら最短24時間以内に入金が可能

∟200万円までなら最短3時間での入金も対応

運営会社:株式会社アクセルファクター

 

事業資金エージェント

∟手数料は業界最低水準の1.5%~

∟500万円までなら最短3時間で対応

運営会社:アネックス株式会社

 

ビートレーディング

∟累計利用者数は21,350社(2019年時点)

∟累計買取債権額は544億8,000万円(2019年時点)

∟債権額3億円までなら即日資金調達が可能

運営会社:株式会社ビートレーディング

この記事の監修者

浅川 有三

浅川 有三(浅川倉方法律事務所)
売掛金回収、家賃の滞納金回収、横領された売上金回収など、幅広い分野で債権回収トラブルの解決に注力。顧問弁護士としての実績も多数あり。迅速丁寧な問題解決を目指している。

個人事業主でも利用できる?ファクタリングの仕組みと利用条件

ファクタリングは法人だけでなく、個人事業主による利用も法的には問題ありません。

ただ、ファクタリングサービスを提供する会社が企業向けのサービスしか提供していないということはよくあることです。

しかし、ファクタリング会社の中には、個人事業主向けのファクタリングサービスを提供している会社もあります。

このような個人事業主向けのファクタリングサービスは、基本的には法人向けのサービスと同じです。

すなわち、サービス提供会社においてファクタリングの対象となる債権の回収可能性を審査し、審査に通れば対象となる債権を買い取ってもらえます。

また、当該買取りにあたって一定のサービス手数料の支払いを求められる点も法人向けサービスと同じです。

ファクタリングの仕組みについて

ファクタリングとは、金銭債権を支払期限前に現金化して資金を調達するサービスです。

具体的には、ファクタリング会社がファクタリング対象となる債権を割引価格で買い取り、その代金をサービス利用者に交付します。

そのため、サービス利用者からすれば、支払期限前の金銭債権を売買代金に交換することで、現金化を実現できるというわけです。

資金が豊富な大企業であれば問題ありませんが、個人事業主が突発的に資金を必要とした場合などに、取引先からの入金を待たずに現金が手に入る便利な方法といえるでしょう。

なお、このようなファクタリングは基本的には金銭債権の売買取引を通じて現金化(資金調達)を実現するサービスであり、金銭を単純に貸し借りする金銭消費貸借取引とは異なるものと整理されています。

また、売掛金(後払いで販売した売り上げ金額のこと)の入金遅延や貸倒れは資金難に繋がる可能性もありますので、そのような場合のリスク回避としてファクタリングを活用する方法もあります。

上記のようにファクタリングは大きく分けて資金調達を目的とした買取型と未回収リスク対策を目的とした保証型の二つに分けられます。

一般的に「ファクタリング」という時には買取型を指すことが通常です。

【ファクタリングの種類】
買取型 事業者が売掛債権(売上代金のうちでまだ受け取れていない代金を請求できる権利のこと)を早期に現金化したい場合に使われる。担保・保証人が不要で取引先の信用力が審査の対象となる場合が多い。
保証型 売掛先が倒産した場合など、売掛債権が回収できなくなった場合に保証会社が売掛債権の一部または全部を補償金として支払ってくれる。取引先との取引に不安がある場合に活用される。

ファクタリングを活用することによって取引先との取引に関して信用面で不安がある場合には売掛債権に保険をかけてリスクを回避することもできますし、売掛金(請求書)を売却して現金化することもできます。

ファクタリングのうち買取型には以下のように「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」という2つの手法があります。

  2社間ファクタリング 3者間ファクタリング
契約主体 事業者、ファクタリング会社 事業者、売掛先、ファクタリング会社
手数料の相場 10%〜20% 1%〜5%
資金調達の速さ 即日対応も可能 1週間程度
売掛先への通知と承諾 不要 必要
債権譲渡登記 業者によっては不要 必要
債権回収業務 通常通り ファクタリング会社が代行

2社間のファクタリング

2社間のファクタリング

2社間ファクタリングとは、ファクタリング会社とサービス利用者のみで完結するファクタリングです。

ファクタリング取引そのものに金銭債権の相手方取引先が関与することがないため、取引先にファクタリングを行っている事実を知られることがありません。

3社間のファクタリング

3社間のファクタリング

3社間ファクタリングは、ファクタリング会社とサービス利用者と金銭債権の相手方取引先の3社(三者)が関与するファクタリングです。

3社間ファクタリングは金銭債権の相手方取引先も関与するため取引先にファクタリングを行っていること(事業のキャッシュフローに難があること)が知られてしまいます。

また、取引先の合意など手間がかかるため現金化に時間がかかることも特徴です。

取引先に債権譲渡を通知する必要があるため、場合によっては関係性に悪影響が出ることもあるでしょう。

いずれも一長一短ですが、2者間ファクタリングの場合、ファクタリング会社の回収リスクが相対的に高いことから、サービス手数料が3者間ファクタリングに比して高いことが通常のようです。

個人事業主による利用について

法人であろうと、個人事業主であろうと、ファクタリングを利用する場合にはファクタリング会社による「審査」があります。

ファクタリングを利用したくても、この審査に通らなければサービス利用はできません。

消費者金融や銀行による融資審査が融資を申し込んだ者の信用力(収入や負債の状況等)が審査対象となるのに対し、ファクタリングの審査はファクタリングの対象となる金銭債権の信用力(回収可能性や支払期限等)が主な審査の対象となります。

要するに資金化したい債権について、いつ、どの程度の確度をもって回収できるのかがチェックポイントになるのです。

そのため、金銭債権の相手取引先について返済能力に不安がある場合には最初のファクタリング審査で落とされる可能性があります。

なお、ファクタリング会社による審査基準は会社毎に異なりますので、どのような場合に審査に通る、通らないという話は一概にはできません。

確実にいえるのは、たとえファクタリングを利用するのが個人事業主であったとしても、ファクタリングの対象債権についてそれなりに信用力のある適格な債権であれば、ファクタリングサービスの利用は難しくないということです。

ファクタリングの利用が違法なケースとは

令和3年現在、ファクタリング会社の設立に営業許可や登録などの規制は設けられていません。

銀行や消費者金融会社とは異なり、誰もが参入可能な事業となっているためヤミ金融や違法業者がファクタリング会社を騙っていることもあるようです。

最近では、給与のファクタリングを称したヤミ金業者が増加していると注意喚起を促す自治体もあります。(参考:熊本市ホームページ

給与ファクタリングとは個人の給料をファクタリング会社に売却して給料日より前に現金化するサービスです。

給与ファクタリングは貸金業法に接触する違法なサービスですので利用は避けましょう。

トラブル事例のイメージ

引用元:国民生活センター

また、ファクタリングというサービス自体に違法性があるわけではありませんが、ファクタリングと称して売掛債権を担保に貸金業を営んでいる業者に利息制限法が適用されたり貸金業法が適用されたりすることもあるようです。

特に、2社間ファクタリングの場合、当該取引が適法な債権譲渡契約(ファクタリング)なのか、違法な担保付貸金契約なのか、その境目があいまいになり、裁判所でも判断が分かれています。

目安として、下記のような事情がある場合には、担保付貸金契約であると判断される可能性が高まりますので、注意が必要です。

  • 手数料の支払いに、保証人等の担保を要求している
  • 売掛債権の内の一部のみを譲渡の対象としている
  • 手数料が高額であるにも関わらず、ファクタリング会社に償還請求権が認められている
  • 手数料の分割弁済を認めている

ファクタリングは認可や登録が不要だからこそ、良い業者か悪い業者かを見極める必要があります。

ファクタリングの利用条件

個人事業主であろうが、法人であろうがファクタリングサービスを利用するためにはいろいろな条件があります。

具体的には、以下のような条件を満たす必要があるでしょう。

  • ファクタリングの対象となる金銭債権(金額や支払期日が明確なもの)を保有していること
  • ファクタリングの対象となる金銭債権がファクタリング会社の審査の結果、ファクタリング適用可能と認められること
  • ファクタリング会社の所定の手続書類を全て用意すること

なお、ファクタリング会社が要求する書類はケース・バイ・ケースですが、一般的には以下のような書類が必要となることが多いようです。

  • 本人確認書類
  • 対象となる債権に関する資料(契約書、請求書等)
  • ファクタリング利用者の確定申告書類、預金通帳等

実際の必要書類については、ファクタリングの申込先に確認してください。

ファクタリングを利用する5つのメリット

ファクタリングを利用するメリットは5つあります。

  • 売掛債権がしっかりしていれば審査に通りやすい
  • 資金調達までのスピードが早い
  • 繰り返し利用できる
  • 信用情報に残らない
  • 保証人や担保は不要

売掛債権がしっかりしていれば審査に通りやすい

個人事業主が使える資金調達方法として銀行融資やノンバンクなどのビジネスローンがありますが、これらは融資の判断に信用情報が重視されます。

そのため、法人ではない個人事業主では審査に落ちてしまうこともあります。

その点、ファクタリングは売掛先の信用が重視されるため、信用力の高い売掛先であれば個人事業主でも利用可能です。

資金調達までのスピードが早い

通常、銀行などから融資を受ける場合には資金調達できるまで数週間〜数カ月の時間がかかってしまいます。

ファクタリングでは売掛債権がしっかりしていれば即日の資金調達が叶う可能性もあります。

繰り返し利用できる

ファクタリングは月ごとに繰り返し利用できます。

また、個人事業主は売掛先を数社に限定しているケースが殆どですが、継続的に特定の売掛先から入金されている場合、審査に通りやすくなるでしょう。

信用情報に残らない

個人事業主の場合、一般のキャッシングやクレジットカードと同様に銀行融資の可否が信用情報に残ります。

したがって、銀行やノンバンクの審査に落ちたことが個人的なキャッシングに影響することもあるかもしれません。

ファクタリングは審査に落ちたとしても信用情報に残りませんので、安心して申し込むことができます。

保証人や担保は不要

銀行融資には保証人や担保が必要ですがファクタリングにはそれらを用意する必要はありません。

売掛債権があれば申込み可能ですので、ファクタリングは個人事業主向きの資金調達方法といえるでしょう。

ファクタリングを利用する上での3つの注意点

ファクタリングを利用する上で注意すべきことは以下の3つです。

  • 審査に通らない債権がある
  • 必ず即日で振り込まれるとは限らない
  • 会社によって手数料が異なる

審査に通らない債権がある

ファクタリングを利用するためには審査を通過する必要があります。

審査では売掛先の信用度が重視されます。

債権の売掛先が中小企業であったり個人事業主であったりする場合には審査に通らない可能性が高いことを知っておきましょう。

必ず即日で振り込まれるとは限らない

即日現金化できることがファクタリングの大きなメリットですが、審査に落ちた場合には即日現金化はできません。

不備を訂正した書類の提出や他の売掛債権での申し込みなどの対応をとる必要があるでしょう。

また、審査に通ったとしても申し込みの時間帯によっては振込が翌日になることもあるかもしれません。

会社によって手数料が異なる

会社によって手数料が異なることにも注意しておきましょう。

申し込みの前に多くのファクタリング会社を比較し、できるだけ安く済ませられる会社を選択するようにしましょう。

個人事業主がファクタリング会社を選ぶ際のポイント

個人事業主OKのファクタリング会社を探す

ファクタリング会社の中には個人事業主不可と定めている会社も多数存在します。

個人事業主でも利用可能であるか予め確認するようにしましょう。

売掛債権額(売掛金)が低いと利用できない会社がある

一般的に、ファクタリング会社は最低買取金額として50万円を下限と設定しています。

したがって、20万円の売掛債権の売却を希望している場合、多くの会社から最低買取金額20万円の会社を探し出さなければなりません。

できるだけ手数料が安いファクタリング会社にする

多くのファクタリング会社を比較して、できるだけ手数料が安い会社を選びましょう。

ただし、ファクタリング会社の中には手数料を安くする代わりに長期継続が条件であったり最低利用額が高額であったりする場合もありますので、慎重に会社を選ぶようにしましょう。

たとえ手数料が安くても付いてきた条件によって資金繰りを圧迫する可能性もありますので注意しましょう。

対面相談して対応の質をみる

一般的に対応の良いファクタリング会社は社内体制が整っていると想定できます。

対面相談時の対応が良ければ取引の候補にあげても良いでしょう。

一方で対応が悪かったり、会社の所在地が不明だったりと、不信感を抱くようなことがあれば取引は控えた方が無難でしょう。

個人事業主におすすめのファクタリング会社11社

サービス名 手数料 調達可能額 対応スピード 契約方法 営業時間 ホームページ
アクセルファクター 2%〜 1億円 最短当日入金 出張契約・郵送契約・オンライン契約・来店契約 平日9:30〜19:00 公式サイト
QuQuMo 1%〜 金額上限なし 入金まで最速2時間 オンライン契約 平日9:00~19:00 公式サイト
事業資金エージェント 1.5%〜 2億円 1,000万円まで即日対応 電話契約・オンライン契約 平日土曜9:00〜19:00 公式サイト
ベストファクター 2%〜20% 20万〜5,000万円 最短即日対応 出張契約・電話契約・オンライン契約 平日10:00〜19:00 公式サイト
えんナビ 2%〜20% 50〜5,000万円 最短即日対応 出張契約・電話契約・メール契約 24時間年中無休 公式サイト
株式会社No.1 5%〜15%(3者間の場合1%~5%) 50万〜5,000万円 最短即日対応 出張契約・電話契約・オンライン契約 平日9:00〜20:00 公式サイト
ウィット 30万〜 最短2時間で対応 電話契約・オンライン契約・メール契約 平日9:00〜20:00 公式サイト
ビートレーディング 2%〜 無制限 最短12時間で対応 電話契約・オンライン契約・メール契約 平日9:30〜18:30 公式サイト
OLTA 2%〜9% 無制限 最短即日対応 オンライン契約・メール契約 平日10:00〜18:00(webは24時間) 公式サイト
FREENANCE 3%〜10% 1万円〜 最短即日対応 オンライン契約 24時間対応 公式サイト
MSFJ 3.8%〜9.8% 10万円〜500万円 最短即日対応 電話契約・訪問契約・オンライン契約 平日10:00〜20:00 公式サイト

アクセルファクター

株式会社アクセルファクター
画像参照元:株式会社アクセルファクター

アクセルファクターはスピード対応を重視したファクタリング会社です。

申し込みの半数以上が即日対応となっており、現金がすぐに必要な場合の緊急窓口として機能してくれるでしょう。

手数料 2%〜
調達可能額 1億円
対応スピード 最短当日入金
契約方法 出張契約・郵送契約・オンライン契約・来店契約
営業時間 平日9:30〜19:00
ホームページURL https://accelfacter.co.jp/

QuQuMo

QuQuMo
画像参照元:株式会社アクティブサポート

株式会社アクティブサポートが提供するオンライン完結型資金調達サービス「QuQuMo」は、現金化に必要な書類は請求書と通帳のみで、最速2時間で現金化ができるサービスです。

手数料 1%〜
調達可能額 金額上限なし
対応スピード 入金まで最速2時間
契約方法 オンライン契約
営業時間 平日9:00〜19:00
ホームページURL https://ququmo.com/

事業資金エージェント

事業資金エージェント
画像参照元:アネックス株式会社

事業資金エージェントは業界最低水準の手数料1.5%〜を設定しています。

手数料の低さを重要視する方にオススメのファクタリング会社です。

手数料 1.5%〜
調達可能額 2億円
対応スピード 1,000万円まで即日対応
契約方法 電話契約・オンライン契約
営業時間 平日土曜9:00〜19:00
ホームページURL http://js-agent.com/

ベストファクター

ベストファクター
画像参照元:株式会社アレシア

ベストファクターも個人事業主が利用できるファクタリング会社です。

ベストファクターは、ファクタリング業界の中でも手数料を低めにおさえているとのことです。

なお、実際の申込の際はベストファクター側の訪問や面談を伴う審査があるようです。

手数料 2%〜20%
調達可能額 20万〜5,000万円
対応スピード 最短即日対応
契約方法 出張契約・電話契約・オンライン契約
営業時間 平日10:00〜19:00
ホームページURL https://bestfactor.jp/

えんナビ

えんナビ
画像参照元:株式会社インターテック

えんナビは24時間365日対応可能なファクタリング会社です。

「資金ショートをいますぐに解決したい」と考える事業主の悩みを迅速に解決してくれるでしょう。

手数料 2%〜20%
調達可能額 50〜5,000万円
対応スピード 最短即日対応
契約方法 出張契約・電話契約・メール契約
営業時間 24時間年中無休
ホームページURL https://bestfactor.jp/

No.1ファクタリング

株式会社NO1
画像参照元:株式会社No.1

株式会社No.1は東京都に拠点をおくファクタリング会社です。

訪問契約が可能な他、名古屋と福岡に支店を構えています。

手数料 5%〜15%(3者間の場合1%~5%)
調達可能額 50万〜5,000万円
対応スピード 最短即日対応
契約方法 出張契約・電話契約・オンライン契約
営業時間 平日9:00〜20:00
ホームページURL https://no1service.co.jp/

ウィット

ウィット
画像参照元:株式会社ウィット

ウィットは中小企業、個人事業主に特化したファクタリング会社です。

少額でも利用可能なようですので、他社で断られた方も一度相談してみるとよいでしょう。

手数料
調達可能額 30万〜
対応スピード 最短2時間で対応
契約方法 電話契約・オンライン契約・メール契約
営業時間 平日9:00〜20:00
ホームページURL https://witservice.co.jp/lp/

ビートレーディング

ビートレーディング
画像参照元:株式会社ビートレーディング

ビートレーディングは、2社間ファクタリングや3社間ファクタリングなど、幅広いファクタリングサービスを提供しています。

ビートレーディングは起業してすぐの個人事業主でも利用できる場合があるようです。

そのため、起業後すぐに行ってイオン資金調達が必要であれば、利用を検討してみてはいかがでしょうか。

手数料 2%〜
調達可能額 無制限
対応スピード 最短12時間で対応
契約方法 電話契約・オンライン契約・メール契約
営業時間 平日9:30〜18:30
ホームページURL https://betrading.jp/

OLTA

OLTA
画像参照元:OLTA株式会社

OLTA(オルタ)はオンライン申し込みで迅速に債権の資金化ができるファクタリング会社です。

最短で即日の資金調達にも対応しているようです。

ファクタリングの範囲についてある程度柔軟に対応してくれる点が特徴のファクタリング会社のようです。

手数料 2%〜9%
調達可能額 無制限
対応スピード 最短即日対応
契約方法 オンライン契約・メール契約
営業時間 平日10:00〜18:00(webは24時間)
ホームページURL https://www.olta.co.jp/

FREENANCE

FREENANCE
画像参照元:GMOクリエイターズネットワーク株式会社

FREENANCE(フリーナンス)は個人事業主やフリーランスに特化したファクタリング会社のようです。

なお、FREENANCEはファクタリングサービスとは別に怪我や入院時の所得について「あんしん補償」という保険サービスも提供しているようです。

手数料 3%〜10%
調達可能額 1万円〜
対応スピード 最短即日対応
契約方法 オンライン契約
営業時間 24時間対応
ホームページURL https://freenance.net/

MSFJ

MSFJ株式会社
画像参照元:MSFJ株式会社

MSFJは個人事業主専用のファクタリングサービスを取り扱っているようです。

最短で即日入金も対応できる場合があり、また、来店せずにインターネットで手続を進められる場合もあるようです。

手数料 3.8%〜9.8%
調達可能額 10万円〜500万円
対応スピード 最短即日対応
契約方法 電話契約・訪問契約・オンライン契約
営業時間 平日10:00〜20:00
ホームページURL https://msfj.co.jp/

個人事業主がファクタリング以外に資金調達できる方法

個人事業主のファクタリング以外の資金調達方法について簡単に紹介しておきます。

個人事業主として資金調達を予定しているのであれば、これらの方法も参考にしながらより事情や状況にあった適切な資金調達方法を選ぶことが重要です。

金融機関から融資を受ける

金融機関から融資を受けるというのは基本的な資金調達方法です。

金融機関の融資といえば、銀行融資を想像するかもしれません。ノンバンク(消費者金融等)から借入を行うという方法もあります。

ただ、当然ですが、ノンバンクからの借入は銀行借入れよりも利息等で不利な側面が大きいです。

そのため、できれば銀行からの融資を積極的に検討するべきでしょう。

補助金、助成金の活用

国や地方自治体が一定の事業に対して補助金や助成金を支給している場合があります。

補助金・助成金の中には返済義務のないものもありますので、もし気になる場合は近くの役所等に相談してみてはいかがでしょうか。

クラウドファンディング

クラウドファンディングとは、インターネットを通じて不特定多数から出資を募るサービスです。

クラウドファンディングは非常に新しいサービスで自身でアカウントを起ち上げて出資を募る方法もあれば、クラウドファンディングのプラットフォームビジネスを実施している業者に依頼する方法もあります。

もし一般消費者から興味を持ってもらえれば、資金調達に繋がるかもしれません。

最後に

ファクタリングは資金調達方法が限られる個人事業主にとって画期的な資金調達方法といえるかもしれません。

一方で、ファクタリング会社の運営には資格や登録が必要ないため、ファクタリング会社を選択する際には違法性がないかを判断する必要があるでしょう。

また、手数料が低いという理由だけで会社を選んでしまうと、不利な条件が付いているなど、後々問題に発展するケースもあるかもしれません。

安全な会社と取引するためには、この記事で紹介した個人事業主向けのファクタリング会社を比較して直接相談してみることをおすすめします。