即日で現金化できるファクタリング会社11選!選ぶポイントや注意点なども解説

即日で現金化できるファクタリング会社11選!選ぶポイントや注意点なども解説
本コンテンツには、紹介している商品(商材)の広告(リンク)を含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
目次
  1. 即日可能なファクタリング会社を選ぶ際の5つのポイント
    1. 手数料が債権額の10%以内かどうか
    2. 面談不要のオンライン完結方式かどうか
    3. 買取可能額が自社の売掛債権に合っているか
    4. ファクタリングの債権譲渡登記が必要かどうか
    5. 信用することができるファクタリング会社かどうか
    6. 個人事業主の場合
  2. 即日でのファクタリングが可能な会社おすすめ11選
    1. ビートレーディング|着金まで最短2時間
    2. アクセルファクター|着金まで最短3時間
    3. ペイトナーファクタリング|着金まで最短10分
    4. ベストファクター|着金まで最短24時間
    5. QuQuMo(ククモ)|着金まで最短2時間
    6. TRY(トライ)|着金まで最短即日
    7. いーばんく|着金まで最短即日
    8. 日本中小企業金融サポート機構|着金まで最短で当日
    9. トップマネジメント|面談時間は約30分
    10. OLTA(オルタ)|着金まで最短1営業日以内
    11. PAYTODAY(ペイトゥデイ)|着金まで最短30分
  3. 即日でのファクタリングを検討すべきケース
  4. 即日でのファクタリングを成功させるための5つのコツ
    1. 複数のファクタリング会社に依頼する
    2. 必要書類は前もって全て準備しておく
    3. 3社間でなく2社間ファクタリングを利用する
    4. できる限り午前中までに申し込みを終わらせる
    5. 信用力が高い取引先の債権をファクタリングに出す
  5. 即日でのファクタリングを利用する際の注意点
    1. 審査や入金が遅れて即日現金化できない場合もある
    2. ファクタリングの審査に落ちてしまうリスクがある
    3. 土日祝日に審査をおこなっていない会社は多い
  6. さいごに|ファクタリングを利用して即日で売掛債権を現金化しよう

事業を積極的に拡大しようとチャレンジする企業ほど、「どうしても当日中に資金を用意しなければならないが、手元にお金がない」という事態に陥る可能性はあるものです。

そのようなときは、即日対応可能なファクタリングサービスを検討しましょう。

ファクタリングとは、自社が保有する売掛債権を利用して資金を調達する方法のことです。

本記事では、即日対応が可能なおすすめのファクタリング会社や、即日現金化を実現するためのポイントを解説します。

【注目】即日現金化が望めるファクタリング会社をお探しの方へ
すぐに資金調達をしたいと考えているなら、審査がスピーディーで即日現金化が望めるファクタリング会社や、必要書類が少なく手続きの手間がかかりにくいファクタリング会社を選びましょう。

入金まで最短2時間のビートレーディングや、個人事業主向けで最短10分で現金化が望めるペイトナーファクタリングがおすすめです。

即日可能なファクタリング会社を選ぶ際の5つのポイント

即日入金に対応しているファクタリング会社を選ぶ際は、以下のポイントに注意しましょう。

手数料が債権額の10%以内かどうか

ファクタリングサービスを利用する際は、売掛債権額に応じた手数料が発生します。

たとえば、売掛債権額が200万円で手数料が15%の場合は、ファクタリング会社に30万円の手数料を支払う必要があります。

つまり、手数料が安いファクタリング会社を選べば、手元に残る資金をより増やすことができるのです。

手数料はファクタリング会社が独自に設定しているため、まずはそれぞれの公式ホームページやQ&Aなどをチェックしましょう。

なお、ファクタリングには2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの2種類があり、2社間ファクタリングのほうが手数料は高くなる傾向があります。

  • 2社間ファクタリングの手数料相場:10~30%
  • 3社間ファクタリングの手数料相場:3~10%

即日入金が可能なケースは2社間ファクタリングがほとんどなため、手数料が相場より低めの10%以内に収まるサービスを選ぶとよいでしょう。

面談不要のオンライン完結方式かどうか

着金までのスピード感を重視するなら、面談不要のオンライン完結方式を採用しているファクタリング会社がおすすめです。

ファクタリング会社のなかには、契約前に担当者との面談を必須としているところもあります。

対面で面談する場合は日程調整が必要となるため、即日着金はどうしても難しくなってしまうでしょう。

必要書類の提出方法が郵送のみの場合、書類が到着するまでに少なくとも数日を要するため、即日着金は困難です。

一方、面談不要のファクタリング会社なら、面談のための日程調整が不要なためスピーディーな手続きがを実現できます。

オンライン完結方式なら書類のPDFや画像データをアップロードするだけのため、必要な情報を迅速に届けることが可能です。

なお、最近はオンライン面談に対応する企業も増えているため、面談ありでも即日着金が可能となるケースもあります。

買取可能額が自社の売掛債権に合っているか

ファクタリング会社を選ぶ際は、買取可能額を欠かさずチェックしましょう。

ファクタリング会社によっては、売掛債権の下限額や上限額を定めている場合もあります。

数万円の少額債権や、数千万円以上の高額債権を売却したい場合は、特に注意が必要です。

買取範囲はファクタリング会社が自由に設定でき、下限を50万円としているところもあれば、1万円としているところもあります。

なかには債権額の制限なしで買い取りしている会社もありますが、あまりに少額または高額な債権を売却する場合は、あらかじめ問い合わせておくと安心です。

ファクタリングの債権譲渡登記が必要かどうか

債権譲渡登記とは、誰が、いつ、どの債権を譲渡したのかを公的に証明する制度です。

売掛金のような債権は、不動産とは異なり目に見えないものなので、第三者に奪われるリスクがゼロではありません。

そこで平成10年から始まった制度が債権譲渡登記です。

債権を譲渡した記録を公的に残すことで、二重譲渡をはじめとするトラブルを防ぐことができます。

特に、債権を譲渡されるファクタリング会社にとっては大きなメリットがあるため、契約の際に登記手続きを求められることもあるでしょう。

しかし、ファクタリングを利用する側にとっては、以下のようなデメリットがあります。

  • 登記費用が必要
  • 個人事業主は利用できない
  • 売掛先に知られるリスクがある

債権譲渡登記をおこなうためには、ファクタリングの手数料とは別に登記費用が必要です。

債権譲渡登記は法人しかおこなえないため、個人事業主はサービスそのものを利用できないことになります。

登記情報は誰でも閲覧できるため、売掛先に債権を譲渡したことを知られるリスクも高まります。

上記のようなリスクを回避したい場合は、債権譲渡登記を必須としないファクタリング会社を選ぶのがおすすめです。

信用することができるファクタリング会社かどうか

ファクタリングは自社の債権を譲渡するため、信頼性の高さも重要なポイントです。

実績が少ない、質問への回答が明確ではないなど、少しでも不安に思うポイントがあれば別のファクタリング会社を検討しましょう。

また、ファクタリングはまだまだ認知度が低く、悪徳な業者が入り込みやすい状況でもあります。

なかにはファクタリング会社をかたったヤミ金業者も存在するため、十分注意が必要です。

運営会社の実績や口コミなどをチェックし、信用できるファクタリング会社を選びましょう。

個人事業主の場合

ファクタリング会社のなかには、法人とのみ取引をおこなっている会社もあります。

個人事業主の方は、個人事業主との取引に対応しているかどうか、法人と比べて制限はないか、といった点も確認しておきましょう。

また、少額債権のファクタリングに対応しているかどうかも重要なポイントです。

少額債権は手数料が高くなる場合があるため、手数料も合わせてチェックしておきましょう。

【個人事業主がファクタリング会社を選ぶときのポイント】

  • 個人のファクタリングを受け付けているか
  • 少額債権のファクタリングが可能か など

即日でのファクタリングが可能な会社おすすめ11選

ここからは、即日入金可能なおすすめのファクタリング会社を紹介します。

入金までの最短時間や申し込み方式、買取可能額などの情報をわかりやすくまとめたので、ファクタリング会社を選ぶ際はぜひ役立ててください。

ビートレーディング|着金まで最短2時間

ビートレーディング

最短入金スピード2時間
手数料2社間方式:4~12%程度
3社間方式:2~9%程度
申し込み方式オンライン・電話・メール・LINE
ファクタリングの方式2社間方式・3社間方式
買取可能額無制限(3万~7億円まで実績あり)
債権譲渡登記の有無公式サイトに記載なし
対象者法人、個人事業主
運営会社株式会社ビートレーディング
営業時間平日9時30分~18時

ビートレーディングなら必要書類を提出後、最短30分以内で審査が完了します。

審査書類は、売掛先からの入金が確認できる通帳のコピー(表紙付2ヵ月分)と売掛債権に関する資料(契約書・発注書・請求書など)の2点のみで、メールやLINEでも提出可能です。

原則即日振込みを徹底しており、最短2時間で入金が完了します。

契約までのやりとりは全て電話かメールで完結するため、忙しい方も無理なく利用できるでしょう。

公式サイトへ

アクセルファクター|着金まで最短3時間

株式会社アクセルファクター

最短入金スピード3時間
手数料~100万円:10%~
101~500万円:5%~
501~1,000万円:2%~
1,001万円以上:別途相談
申し込み方式対面・郵送・オンライン
ファクタリングの方式2社間方式・3社間方式
買取可能額30万~無制限
債権譲渡登記の有無柔軟対応
対象者法人、個人事業主
運営会社株式会社アクセルファクター
営業時間平日10時~19時

アクセルファクターでは、債権の見積もりと審査を同時に進めることで、スピーディーな買取を実現しています。

全体の半数以上が即日入金を受けており、売却を急ぐ方にぴったりです。

審査から契約まで、専属担当者がマンツーマンでサポートするため、初めてでも安心して利用できるでしょう。

また、少額債権の買い取りにも力を入れており、下限金額は30万円以上に設定されています。

債権額が高くなるほど手数料が低くなる方式を導入するなど、お客様ファーストの姿勢が魅力です。

ファクタリングによる資金化額を少しずつ減らしていくプランを提案するなど、経営の健全化もサポートしています。

継続利用の場合は手数料が減額されていくため、無理のない経営回復が可能です。

公式サイトへ

ペイトナーファクタリング|着金まで最短10分

ペイトナーファクタリング

最短入金スピード10分
手数料10%
申し込み方式オンライン
ファクタリングの方式2社間方式
買取可能額1万~100万円
債権譲渡登記の有無公式サイトに記載なし
対象者個人事業主、フリーランス
運営会社ペイトナー株式会社
営業時間平日10時~19時

ペイトナーファクタリングは、個人事業主やフリーランスを対象としたオンラインファクタリングサービスです。

請求書のPDFデータや画像データをアップロードするだけで、申し込みから最短10分で審査・入金が完了します。

申請可能金額の範囲内であれば何度でも利用できるため、数万円単位の請求書をまとめてファクタリングしたい場合にもおすすめです。

手数料は一律10%となっており、金額に応じて手数料が変動しない分、手元に残る資金を予測しやすいというメリットがあります。

開業届を出していないフリーランスや、個人間の取引にも対応可能です。

公式サイトへ

ベストファクター|着金まで最短24時間

ベストファクター

最短入金スピード24時間(契約完了後5分程度)
手数料2%~
申し込み方式電話・メール
ファクタリングの方式2社間方式・3社間方式
買取可能額30万~1億円
債権譲渡登記の有無柔軟対応
対象者法人、個人事業主
運営会社株式会社アレシア
営業時間平日10時~19時

ベストファクターなら申し込みフォームから請求書を送付するだけで、最短24時間で買取金額が入金されます。

電話で申し込み後最短5分で買取額を確認できるため、まずはいくらで売却できるか知りたいという方にもおすすめです。

年間相談件数8,455社、平均買取率92.2%の実績を持ち、業種や社歴、事業歴を問わず幅広い事例に対応しています。

スムーズで明確な手続きを心がけており、相談・問い合わせ、スピード審査、本審査・契約の3ステップで利用することが可能です。

ファクタリングを利用した方限定で無料の財務コンサルティングもおこなっており、資金計画についてプロの目線からアドバイスを受けられます。

公式サイトへ

QuQuMo(ククモ)|着金まで最短2時間

ククモ

最短入金スピード2時間
手数料1%~
申し込み方式オンライン、LINE
ファクタリングの方式2社間方式
買取可能額制限なし
債権譲渡登記の有無不要
対象者法人、個人事業主
運営会社株式会社アクティブサポート
営業時間10時~17時(電話サポート窓口の営業時間)

QuQuMo(ククモ)は高品質・スピーディーなサービスにこだわるファクタリングサービスです。

必要書類がそろっていれば申し込みから最短2時間で入金可能で、少額から高額まで幅広い売掛債権に対応しています。

手数料は最低1%と、リーズナブルな料金設定も魅力のひとつでしょう。

やりとりや契約が全てオンライン上で完結するのもメリットです。

パソコンとスマートフォンを使って、いつでもどこからでも手続きを進められます。

面談や債権譲渡登記も不要で、手間やコストを極力かけずに売掛債権を売却したい方におすすめです。

公式サイトへ

TRY(トライ)|着金まで最短即日

TRY

最短入金スピード即日
手数料3%~
申し込み方式電話、メール、LINE
ファクタリングの方式2社間方式
買取可能額10万~5,000万円
債権譲渡登記の有無柔軟対応
対象者法人、個人事業主
運営会社株式会社SKO
営業時間9時~18時(申し込み受付は24時間)

TRY(トライ)は、24時間365日いつでも申し込み可能なファクタリング会社です。

電話窓口も24時間受付対応しているため、困ったときにすぐ相談できるというメリットがあります。

また、他社からの乗り換えで手数料が3%割引となるサービスも実施しており、契約中のファクタリング会社の対応や、手数料に不満があるという方にもおすすめです。

ただし、同一債権でのファクタリング会社の乗り換えは不可能なため注意しましょう。

ファクタリング後の資金繰りについてアドバイスするコンサルティングサービスや、新たな事業展開・獲得のため企業同士を紹介するマッチングサービスなど、アフターフォローも充実しています。

公式サイトへ

いーばんく|着金まで最短即日

いーばんく

最短入金スピード即日
手数料4~9%
申し込み方式電話・メール(LINE無料診断もあり)
ファクタリングの方式2社間方式・3社間方式
買取可能額~2,000万円
債権譲渡登記の有無公式サイトに記載なし
対象者公式サイトに記載なし
運営会社株式会社アクシアプラス
営業時間平日9時~19時(メールは24時間受付)

いーばんくは、電話・メール・LINEを使った無料査定をおこなっており、LINEならたった10秒で調達可能額を診断できます。

来店および対面が不要なクラウド契約に対応しているため、全国どこからでも気軽に利用可能です。

審査通過率90%以上の実績を持ち、他社で審査がとおらなかった企業も歓迎しています。

また、シンプルでわかりやすいプランも魅力のひとつです。

最短即日入金可能なスピードプラン、3社間方式に対応したノーマルプラン、50万円を限度額として3社間方式でファクタリングをおこなうリーズナブルプランの3つのプランが用意されており、それぞれのニーズに合わせて選択できます。

公式サイトへ

日本中小企業金融サポート機構|着金まで最短で当日

日本中小企業金融サポート機構

最短入金スピード最短3時間
手数料1.5~10%
申し込み方式電話・オンライン
ファクタリングの方式2社間方式・3社間方式
買取可能額無制限
債権譲渡登記の有無公式サイトに記載なし
対象者法人、個人事業主
運営会社一般社団法人 日本中小企業金融サポート機構
営業時間平日9時30分~18時

日本中小企業金融サポート機構は、日本企業の99%以上を占める中小企業の課題解決をサポートするために設立された一般社団法人です。

非営利団体としてサービスを提供しており、手数料は1.5%からと低めに設定されています。

申し込みは電話またはオンラインフォームとからとなっていますが、書類の提出はメールやLINEでも可能です。

クラウドサインを導入しているため、オンライン上で契約を締結することもできます。

買取金額に下限や上限はなく、少額でも申し込み可能です。

なお、中小企業だけでなく個人事業主もファクタリングサービスを利用できます。

公式サイトへ

トップマネジメント|面談時間は約30分

トップマネジメント

最短入金スピード即日(面談に約30分、契約締結に約30分)
手数料2社間方式:3.5%~12.5%
3社間方式:0.5~3.5%
申し込み方式電話・FAX・オンライン
ファクタリングの方式2社間方式・3社間方式
買取可能額30万~3億円
債権譲渡登記の有無公式サイトに記載なし
対象者法人、個人事業主
運営会社株式会社トップ・マネジメント
営業時間9時~19時30分(メールは24時間対応可能)

トップマネジメントは、”顔の見えるファクタリング会社”をコンセプトにサービスを展開しています。

契約前には約30分の面談が必須ですが、出張やオンライン面談にも対応しているため遠方の方も安心です。

また、依頼主の事情に最大限配慮し、銀行の取引時間外の着金にも柔軟に対応しています。

面談に約30分、契約締結に約30分の時間を要したあとは、速やかな着金が可能です。

人材派遣業や情報通信業、工事請負代金債権や診療報酬債権など幅広い業界への買取実績を持ち、個人事業主やフリーランスからの相談にも対応しています。

公式サイトへ

OLTA(オルタ)|着金まで最短1営業日以内

OLTA

最短入金スピード1営業日
手数料2~9%
申し込み方式オンライン
ファクタリングの方式2社間方式
買取可能額制限なし
債権譲渡登記の有無公式サイトに記載なし
対象者法人、個人事業主
運営会社OLTA株式会社
営業時間平日10時~18時

OLTA(オルタ)は、最短24時間(1営業日)で着金可能なオンライン型ファクタリングサービスです。

累計申し込み金額は1,000億円を突破し、中小企業経営者や個人事業主を対象としたイメージ調査では、オンライン型ファクタリング部門でNo.1※を獲得しています。

必要書類をオンラインでアップロードするだけで手続きが完了するため、日本全国どこからでも利用することが可能です。

オンライン手続きやAI審査の導入によって、手数料を2~9%に抑えています。

事業用銀行口座の入出金履歴が4ヵ月以上あれば初年度でも利用できたり、売掛金の全額ではなく一部金額を指定した売却も可能だったりと、柔軟な対応も魅力です。

※日本マーケティングリサーチ機構調べ
(調査概要 : 2021年6月期_ブランドのイメージ調査)

公式サイトへ

PAYTODAY(ペイトゥデイ)|着金まで最短30分

最短入金スピード30分
手数料1~9.5%
申し込み方式オンライン
ファクタリングの方式2社間方式
買取可能額10万~上限なし
債権譲渡登記の有無不要
対象者法人、個人事業主、フリーランス
運営会社Dual Life Partners株式会社
営業時間平日10時~17時

PAYTODAY(ペイトゥデイ)は、申し込みから最短30分で着金可能なオンラインファクタリングサービスです。

AI審査を導入しているため、面談不要でスピーディーにファクタリングを実施できます。

手数料も1~9.5%とリーズナブルな設定で、登録料や月額利用料は一切かかりません。

通常は30~45日までのところ、最大90日先までの請求書を買い取り可能です。

ベンチャー企業やスタートアップ、地方中小企業や個人事業主を対象としたファクタリングに力を入れており、起業して間もない方やフリーランスにも柔軟に対応しています。

公式サイトへ

即日でのファクタリングを検討すべきケース

以下のいずれかのケースに当てはまる場合は、即日入金可能なファクタリングサービスを検討しましょう。

  • 借入金を増やしたくない
  • 借入金の審査に通過する可能性が低い
  • スピーディーに現金化したい

借り入れは一時的な資金調達として有効な手段ですが、借入金があまりに増大すると、会社の財務状況が悪化してしまう恐れがあります。

さらに借入金には利息がつきものです。

複数の会社から融資を受けるうちに、いつの間にか想像以上に利息が膨らみ、支払いが困難になってしまうリスクもゼロではありません。

一方、ファクタリングは借り入れではないため、こうした財務面におけるリスクを低減できます。

支払い時に手数料は発生するものの、返済が長期に及ぶリスクや、利息の支払いに追われるリスクを回避できるでしょう。

ファクタリングの審査で重要となるのは、自社ではなく売掛債権の信用力です。

自社の経営状況が芳しくない場合でも、売掛先の信用力が高ければ問題なく審査に通過する可能性が高いでしょう。

そのため、経営状況を理由に融資を断られてしまった場合にもおすすめできます。

ファクタリングは審査にかかる時間も短く、スピーディーな現金化が可能な点も魅力です、近年はAIの導入により審査が最短数十分で完了するサービスも登場しており、申し込みから数時間後には着金可能なファクタリング会社も増えてきました。

当日中に資金を確保しなければ重大な機会損失につながるなど、急を要するようなケースでも心強い味方になってくれるでしょう。

即日でのファクタリングを成功させるための5つのコツ

即日でのファクタリングを成功させるためには、以下の5つのポイントを押さえることが重要です。

複数のファクタリング会社に依頼する

ファクタリング会社は1社に絞り込まず、できるだけ複数の会社に依頼しましょう。

ファクタリングの審査基準は会社によって異なるため、A社では審査がとおらなかった場合も、B社ではとおる可能性が十分あります。

申し込んでも審査に落ちると時間をロスしてしまうため、急いでいるときこそ複数のファクタリング会社に見積もりを依頼することが大切です。

審査や送金までのスピードはファクタリング会社によって異なります。

あらかじめ複数のファクタリング会社に申し込んでおけば、そのなかで最も対応が速い会社に依頼が可能です。

必要書類は前もって全て準備しておく

ファクタリングを利用するためには、いくつかの書類を提出する必要があります。

書類の収集で余計な時間を取られないよう、必要書類はあらかじめ準備しておきましょう。

必要書類はファクタリング会社によって異なりますが、おおむね以下のような書類を求められます。

詳しくはファクタリング会社の公式ホームページなどから確認しましょう。

【ファクタリング会社からも提出を求められる主な書類】

  • 取引銀行口座の通帳
  • 売掛先との基本契約書
  • 売掛金の請求書 など

3社間でなく2社間ファクタリングを利用する

ファクタリングには、2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの2種類があります。

2社間ファクタリングは自社とファクタリング会社の間で取引が完了するのに対し、3社間ファクタリングは売掛先の企業とのやりとりも発生します。

自社とファクタリング会社の契約前に債権譲渡通知を売掛先の企業に届ける必要があるため、即日入金を実現するのは困難でしょう。

2社間ファクタリングと比べて手数料が安いなどのメリットはあるものの、スピード感を重視する場合はあまりおすすめできません。

即日でのファクタリングを希望する場合は、2社間ファクタリングに対応しているサービスがおすすめです。

債権譲渡通知が届かないため、ファクタリングを売掛先に知られる心配がないというメリットもあります。

できる限り午前中までに申し込みを終わらせる

即日入金が可能なファクタリング会社も、基本的には営業時間内での対応となります。

たとえば営業時間が18時までの場合、15時に申し込むと審査や契約手続きなどで営業時間を過ぎてしまう恐れがあるでしょう。

より確実性を高めるためには、できるだけ早い時間帯に申し込みを終わらせることが大切です。

即日入金を実現するのであれば、少なくとも当日の午前中には申し込みを完了するようにしましょう。

信用力が高い取引先の債権をファクタリングに出す

ファクタリングの審査では、売掛先の信用力が重要です。

審査に時間がかかることを防ぐためにも、できるだけ審査にとおる可能性が高い売掛先の債権を選びましょう。

たとえば、上場企業や大手企業、公共団体などは信用性が高いと判断される傾向があります。

過去にファクタリングの実績がある売掛先や、返済期限が近い売掛金もおすすめです。

即日でのファクタリングを利用する際の注意点

即日でのファクタリングを利用する場合は、いくつかの点に注意する必要があります。

審査や入金が遅れて即日現金化できない場合もある

即日対応可能なファクタリング会社に依頼しても、必ず当日中に現金化されるとは限りません。

申し込みや審査のタイミング、書類がそろうまでの時間、売掛先の信用力などにより、現金化までに時間がかかってしまうケースもあります。

対策としては、やはり早い時間に申し込みを完了すること、信用力の高い売掛先を選ぶことが重要です。

ただし、万全を期しても現金化が遅れる可能性は捨てきれません。

即日現金化ができない場合も含めて、さまざまなケースを想定して備えておくことが大切です。

ファクタリングの審査に落ちてしまうリスクがある

ファクタリングは申し込めば誰でも利用できるものではなく、ローンやクレジットカードのように審査にとおる必要があります。

基本的には売掛先の信用力によって判断されるため、保有する債権のなかからより信頼性の高いものを選択しましょう。

自社の経営状況はあまり関係ないものの、必要書類がそろっていないなどの理由から審査に落ちる場合もあります。

特に、複数の会社に依頼する場合は、それぞれの必要書類が混同してしまう恐れもあるため、しっかり確認しながら準備を進めましょう。

土日祝日に審査をおこなっていない会社は多い

土日祝日に営業しているファクタリング会社は、それほど多くありません。

土日祝日に必要書類を送っても、審査や入金が翌営業日となってしまう可能性が高いでしょう。

ファクタリング会社が営業していても、提携する金融機関が営業時間外の可能性は十分あります。

このように土日祝日は即日対応が難しい場合が多いため、ファクタリングはできるだけ平日中に利用できるよう、計画的に資金管理をおこないましょう。

さいごに|ファクタリングを利用して即日で売掛債権を現金化しよう

ファクタリングは、便利な資金調達方法として高い人気を集めています。

なかでも即日対応のファクタリング会社なら、まとまった資金をスピーディーに調達することが可能です。

必要書類を準備し、信用力の高い債権を選択すれば、売掛債権を即日現金化できる可能性は十分あります。

ぜひ今回紹介した内容を参考に、売掛債権のスムーズな現金化を実現しましょう。

この記事の調査・編集者
みーさん
2017年にライターとしてアシロに入社し、主に交通事故とIT分野の執筆に携わる。2019年によりIT媒体の専任ディレクターになり、コンテンツの執筆・管理などを行っている。