誰でも審査が通るファクタリングはある?通過率の相場と通過率が高い業者の注意点

誰でも審査が通るファクタリングはある?通過率の相場と通過率が高い業者の注意点
本コンテンツには、紹介している商品(商材)の広告(リンク)を含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
目次
  1. 誰でも通るファクタリングはない!一般的な通過率は70%程度
  2. 審査通過率が90%以上を誇るファクタリングサービスのカラクリ
    1. 1.手数料が高くなることがある
    2. 2.希望額の一部だけになることがある
    3. 3.3社間ファクタリングになることがある
  3. それでもファクタリングがおすすめの理由|資金調達がしやすい!
    1. 1.融資に比べて審査通過率が高いから
    2. 2.売掛債権の信用度が重視されるから
    3. 3.土日に審査をしている会社もあるから
  4. 審査通過率が高く即日入金にも対応したファクタリング会社5選
    1. 1.ビートレーディング|通過率98%、最短即日入金
    2. 2.日本中小企業金融サポート機構|通過率95%、最短3時間入金
    3. 3.アクセルファクター|通過率93%、最短即日入金
    4. 4.MSFJ|通過率90%以上、最短即日入金
    5. 5.No.1ファクタリング|通過率90%以上、即日入金可能
  5. ファクタリングの主な審査基準|通過率をアップさせるポイントも!
    1. 1.売掛先の信用力|公的機関や上場企業の売掛金なら有利に
    2. 2.売掛先との取引期間|取引期間が長い相手であれば有利に
    3. 3.売掛債権の健全さ|売掛金の回収可能性が高ければ有利に
    4. 4.売掛債権の支払いサイト|支払い日と契約日が近いと有利に
  6. 「審査なし」の誰でも通るファクタリングを利用するリスク
  7. さいごに|信用できるファクタリング会社から資金を調達しよう

ファクタリングは、資金繰りに困っている経営者や個人事業主にとって、魅力的な選択肢のひとつです。

特に、誰でも通るという言葉にひかれる方も多いでしょう。しかし、このような誘惑に流されず、信頼できるファクタリング会社を見極めることはとても重要です。

本記事では、審査通過率の高いファクタリング会社の仕組みやファクタリングの主な審査基準を解説します。ファクタリングの概要をつかみ、適切な選択をするための参考としてください。

誰でも通るファクタリングはない!一般的な通過率は70%程度

ファクタリングを検討している経営者や個人事業主の方にとって、審査の通過率は大きな関心事です。

市場には誰でも通るファクタリングとうたう業者も存在しますが、実際のところ、そのようなファクタリングは存在しません。審査に100%通過する保証は、どのファクタリング会社にもないのが実情です。

一般的な審査通過率は、70%程度とされています。

一部のファクタリング会社は審査通過率90%以上とうたっていますが、これは売掛先や申込企業の与信に応じたパーセンテージを設定してから契約を締結しているためです。

審査に通るには、下記が重要な要素となります。

  • 売掛先の信用力
  • 売掛金の健全さ

たとえば、大手企業や公的機関など信用力の高い売掛先は、審査に通りやすいでしょう。

また支払い期日が近い場合や、申込企業の信用力も審査に影響を与える要素となります。

誰でも通るという宣伝文句に惑わされず、ファクタリング会社の選定には慎重になることが重要です。

信頼できるファクタリング会社を見極め、自社の状況に合った適切なサービスを選ぶことが、資金調達成功につながるでしょう。

審査通過率が90%以上を誇るファクタリングサービスのカラクリ

市場には、審査通過率が90%以上を誇るファクタリングサービスも数多くあります。

ここからは、そのカラクリを解説します。仕組みを理解することで、よりよい選択が可能になるでしょう。

1.手数料が高くなることがある

審査通過率が90%以上とうたうファクタリングサービスで注意すべき点のひとつが、手数料の高さです。

審査通過率が高いファクタリングサービスでは、通常よりも高い手数料を設定していることがあります。その理由は、ファクタリング会社が負うリスクをカバーするためです。

高い審査通過率を実現するためにはより多くのリスクを負う必要があり、そのリスクを手数料に反映させることが一般的です。

また、審査通過率が高いということは、それだけ多くの企業がファクタリングを利用している可能性も示唆しています。

手続きに関するファクタリング会社の手間は金額によって変わらないため、案件数を重視する傾向もみられるでしょう。金額が少額の場合は、リスクを抑えるため手数料を高く設定しています。

審査通過率の高さにひかれる前に手数料の詳細を確認し、総合的なコストを検討しましょう。手数料が高い場合、のちのちさらに資金繰りに悩む可能性も出てきます。

手数料と審査通過率のバランスを考慮し、自社にとって最適なファクタリングサービスを選択しましょう。

2.希望額の一部だけになることがある

審査通過率が90%以上のファクタリングサービスでは、希望するファクタリング額の一部しか資金化できない場合があります。

これは、下記によって左右されます。

  • 売掛債権の信用度
  • 売掛先の経営状況
  • リスク管理方針

結果として、利用者が希望する金額の全額ではなく、一部のみが資金化されるのです。

また、高い審査通過率を維持するために、ファクタリング会社がリスクを分散している可能性もあるでしょう。

複数の企業から少額ずつ売掛債権を買い取ることで、売掛金を回収できない可能性が低くなります。

ファクタリングサービスを選ぶ際には、審査通過率の高さだけでなく、実際に資金化できる金額や条件も十分に確認し、自社の資金繰り計画に合致するかを細かく検討しましょう。

3.3社間ファクタリングになることがある

審査通過率が90%以上のファクタリングサービスを利用する際、取引が3社間ファクタリングになる可能性もあります。

3社間ファクタリングは、下記の3社が関与する取引形態です。

  • 売掛先(取引先)
  • 利用者(売掛債権をもつ企業)
  • ファクタリング会社

ファクタリング会社が直接売掛先に対して支払いを請求し、売掛金を回収します。

ファクタリング会社は売掛先の信用度を直接確認できるため、リスクをより正確に評価でき、結果的に未回収リスクを低減できるでしょう。

3社間ファクタリングは、売掛先がファクタリングの存在を知ることになるため、一部の企業にとっては取引関係に影響を与える恐れがあります。

また、3社間ファクタリングは、2社間ファクタリングに比べて手続きが複雑になることもあります。

ファクタリングサービスを選択する際には、取引形態が2社間か3社間かをあらかじめ確認しましょう。

それでもファクタリングがおすすめの理由|資金調達がしやすい!

ここまでは、ファクタリングサービスのカラクリを解説しました。さまざまなカラクリはあれど、ファクタリングがおすすめのサービスであることに変わりはありません。

ここからは、ファクタリングがおすすめの理由を解説します。

1.融資に比べて審査通過率が高いから

ファクタリングがおすすめの理由は、融資に比べて審査通過率が高い点です。その理由は、審査がおこなわれるプロセスにあります。

通常の銀行融資では、下記が詳しく審査され、企業の融資適格性を決定します。

  • 企業の財務状況
  • 過去の業績
  • 信用情報

厳格に審査がおこなわれるため、特に新興企業や小規模事業者にとっては大きな障壁となるでしょう。

信用が乏しく、強固な財務基盤をもっていないため、融資を受けるのが難しいケースもあります。

一方、ファクタリングでは売掛債権の内容が主に審査されます。

ファクタリング会社は売掛債権がどの程度の信用性をもち、支払いが期待できるかを評価する点が特徴です。

企業自体の財務状況や信用情報は、売掛債権の内容に比べれば、審査においてハードルが高いでしょう。

そのため、ファクタリングはキャッシュフローの改善が必要な中小企業やスタートアップにとって、迅速かつ効率的な資金調達手段となります。

さらにファクタリングの審査は、銀行融資よりも迅速におこなわれます。売掛債権を審査基準とするファクタリング会社は、企業の全財務履歴を精査する必要がないためです。

結果として短期間で資金を受け取ることができ、急な資金ニーズに対応できます。

2.売掛債権の信用度が重視されるから

ファクタリングがおすすめの理由は、売掛債権の信用度が重視されるためです。

ファクタリングは、借入ではなく資産の売却として扱われます。そのため、金融機関が確認する返済能力とは異なり、売掛債権の信用度が重要な審査基準です。

また、売掛債権の信用度は売掛先の経営状況に大きく依存するため、売掛先が安定した経営をしている場合、自社の業績や経営状態が審査に大きく影響することは少ないといえます。

自社の経営状態や創業年数が不利であっても、売掛債権の信用度が高ければ、ファクタリングを利用して資金調達をおこなえるでしょう。

3.土日に審査をしている会社もあるから

土日に審査をしている会社もある点が、ファクタリングをおすすめできる理由のひとつです。

ファクタリングは、土日や祝日に急な資金調達が必要な事業者にとって、有効な選択肢です。

通常、金融機関は土日祝日に休業しますが、ファクタリングサービスを提供する会社のなかには、土日祝日でも審査や入金をおこなっている会社もあります。

また、最短60分で入金をおこなっている企業もあり、急ぎの資金調達にも対応してもらえます。

また、面談や訪問が不要で、完全オンラインでの手続きが可能な会社がある点も大きなメリットです。独自のAI審査を導入している場合もあり、迅速かつ効率的な審査が期待できます。

土日祝日に対応しているファクタリング会社を選ぶポイントとしては、下記が挙げられます。

  • 土日祝日でも入金まで対応している
  • 必要書類が少ない
  • 2社間ファクタリングである
  • 債権譲渡登記が不要である
  • オンラインに対応している

土日祝日対応のファクタリングを利用する際には、必要書類を平日のうちに集めておくとよいでしょう。

審査通過率が高く即日入金にも対応したファクタリング会社5選

ここでは、審査通過率が高く即日入金にも対応しているファクタリング会社を5つ紹介します。

1.ビートレーディング|通過率98%、最短即日入金

営業時間平日9時30分~18時00分
申し込み方法Webフォーム・電話・メール・LINE
入金スピード最短即日
ファクタリング方式2社間方式・3社間方式
来店・面談の有無オンラインで完結可能(来店も対応可能)
調達可能額無制限
手数料2社間方式:4~12%

3社間方式:2~9%

ビートレーディングは、通過率98%・最短即日入金が魅力のファクタリング会社です。そのため、高い審査通過率を求めている方におすすめできます。

サービスの利用に必要な書類は、売掛債権に関する資料と通帳のコピーだけであるため、簡単に準備を整えられる点もポイントです。

決算書や財務諸表がなくても審査できるため、急ぎの際にもおすすめといえるでしょう。必要資料さえそろっていれば、専任の担当者がすぐに対応してくれるため、最短即日で資金を調達できます。

2.日本中小企業金融サポート機構|通過率95%、最短3時間入金

営業時間平日9時30分~18時00分
申し込み方法電話・Webフォーム
入金スピード最短3時間
ファクタリング方式2社間方式・3社間方式
来店・面談の有無オンラインで完結可能
調達可能額無制限
手数料1.5~10%

日本中小企業金融サポート機構は、関東財務局長・関東経済産業局長が認定する経営革新等支援機関です。

主に国内の中小企業を対象として、ファクタリング事業を営んでいます。同機構は審査通過率95%とうたっているため、さまざまな売掛金現金化に対応してもらえるでしょう。

メインは中小企業に対してのサービス提供であり、創業1年未満の企業であっても問題なく活用可能です。

オンラインで取引が完結し、1.5%〜の低手数料で利用できる点も特徴です。

3.アクセルファクター|通過率93%、最短即日入金

営業時間平日10時00分~19時00分
申し込み方法Webフォーム
入金スピード最短即日
ファクタリング方式2社間方式・3社間方式
来店・面談の有無オンラインで完結可能
調達可能額30万円~無制限
手数料1~10%

アクセルファクターは、審査通過率93%・最短即日入金を実現しているファクタリング会社です。

特に即日入金に力を入れており、全体取引の50%以上で申し込み当日中に入金しています。

契約が締結されてから入金までの時間が短いため、すぐにお金を手に入れたい場合に向いているでしょう。

また、売掛債権の下限金額を30万円に設定している点も特徴です。これにより、少額の売掛債権を買い取ってほしいと考えている場合にも活用できます。

4.MSFJ|通過率90%以上、最短即日入金

営業時間平日10時00分~19時00分
申し込み方法電話・メール・LINE・Webフォーム
入金スピード最短即日
ファクタリング方式2社間方式・3社間方式
来店・面談の有無オンラインで完結可能
調達可能額10万~5,000万円
手数料1.8%~

MSFJは、通過率90%以上を特徴としているファクタリング会社です。限度額などがそれぞれ異なる下記3つを提供しています。

  • クイックファクタリング
  • プレミアムファクタリング
  • 個人事業主専用ファクタリング

用途ごとに選択できるため、活用しやすいファクタリング会社といえるでしょう。

利用にあたってはオンラインで手続きが完結します。そのため、急ぎで資金を手にしたい方にもおすすめです。

5.No.1ファクタリング|通過率90%以上、即日入金可能

営業時間平日9時00分~20時00分
申し込み方法電話・メール・FAX
入金スピード最短即日
ファクタリング方式2社間方式・3社間方式
来店・面談の有無オンラインで完結可能
調達可能額10万~5,000万円
手数料1~15%

No.1ファクタリングは、通過率90%以上のファクタリング会社です。

スピード査定依頼もできるため、すぐに資金を手に入れたい方は最初にスピード査定を試してみましょう。

また、通常のファクタリングだけではなく、下記のファクタリングにも対応しています。

  • 診療報酬ファクタリング
  • 介護報酬ファクタリング

コンサルティングも含め、幅広くファクタリング事業を展開しているため、資金に困っている方はぜひ相談してみてはいかがでしょうか。

ファクタリングの主な審査基準|通過率をアップさせるポイントも!

ここでは、ファクタリングの審査通過率を高めるためのポイントを解説します。

全ての情報を把握し、適切に対策を講じることで、ファクタリングの利用をよりスムーズに進められるでしょう。

1.売掛先の信用力|公的機関や上場企業の売掛金なら有利に

ファクタリングの審査において、売掛先の信用力は重要な判断基準のひとつです。

特に公的機関や上場企業などの売掛金は信用度が高いため、有利に働く傾向があります。

これらの売掛先は財務的に安定しており、支払い能力が高いと一般的に評価されるため、ファクタリング会社にとって未回収リスクが低いと判断できるでしょう。

また公的機関や上場企業からの売掛金は支払い遅延のリスクが低く、契約に基づく支払いが厳守される傾向にあります。

そのためファクタリング会社が低い手数料を設定でき、結果として利用者にとっても有利な条件で資金調達が可能です。

一方、信用力の低い売掛先からの売掛金は、審査で不利になることがあります。

より有利な条件で資金調達をおこなうためには、信用力の高い売掛先からの売掛金を選択するのが重要です。

公的機関や上場企業など信用度の高い売掛先をもつことは、ファクタリングを利用する際の大きなアドバンテージとなるでしょう。

2.売掛先との取引期間|取引期間が長い相手であれば有利に

ファクタリングの審査基準のひとつは、売掛先との取引期間です。長期にわたる取引関係は、安定したビジネスを示す指標となり、ファクタリングの審査で有利に働きます。

過去に売掛金の支払いが適時におこなわれてきたことを示唆し、ファクタリング会社にとって未回収リスクが低いと判断されるためです。

一方で、下記のような場合は、審査で不利になることがあります。

  • 取引期間が短い
  • 取引実績が乏しい

短期間の取引では売掛先の支払い行動や財務状況を十分に評価するのが難しいため、ファクタリング会社にとってリスクが高いとみなされるでしょう。

より有利な条件で資金調達をおこなうためには、長期間にわたる安定した取引履歴をもつ売掛先を選択するのが重要です。

3.売掛債権の健全さ|売掛金の回収可能性が高ければ有利に

ファクタリングの審査において、売掛債権の健全さは重要な要素です。

売掛債権の健全さは、売掛金の回収可能性を示す指標であり、回収可能性が高いほどファクタリングの審査で有利に働きます。

売掛債権が健全であるとは、売掛先が財務的に安定しており、過去に支払い遅延やデフォルトの履歴がないことを意味します。

また売掛金が適切な契約に基づいて発生しており、法的な問題がないことも含まれるのです。

一方で、不良債権や過去に支払い遅延がある売掛債権は、ファクタリングの審査で不利になります。最悪、高い手数料が課される恐れもあるでしょう。

ファクタリングを有利に進めるためには、健全な売掛債権を選択するのが重要です。

4.売掛債権の支払いサイト|支払い日と契約日が近いと有利に

ファクタリングの審査基準のひとつは、売掛債権の支払いサイトです。

売掛債権の支払いサイト、すなわち支払い日と契約日との間隔は、ファクタリングの審査に大きく影響します。

支払い日が契約日に近い売掛債権は、ファクタリングの審査で有利になるでしょう。

ファクタリング会社が売掛金を回収するまでの期間が短くなり、それにともない貸し倒れのリスクが低減されるためです。

一方で、支払いサイトが長い売掛債権は、審査で不利になりがちです。

長い支払いサイトは、売掛先の財務状況に不確実性があることを示す可能性があり、ファクタリング会社にとっては未回収リスクが高まることを意味します。

その結果、審査が厳しくなるか、高い手数料が課される恐れがあります。

有利なファクタリングをおこなうためには、支払いサイトが短い売掛債権を選択するのが重要です。

支払いサイトの短さは、ファクタリング利用時のリスク低減と効率的な資金回収を促進し、審査通過の可能性を高める要因となります。

「審査なし」の誰でも通るファクタリングを利用するリスク

審査なし・誰でも通るとうたっているファクタリングの利用は、一見魅力的に思えます。

しかし、実際には多くのリスクをともなう点を押さえておきましょう。

審査がないことは、ファクタリング会社がリスク管理を適切におこなっていない可能性があることを意味します。

通常、ファクタリング会社は売掛債権の健全性や売掛先の信用力を評価するために審査をおこないます。

しかしそれがない場合、重要なチェックが省略されるため、トラブルに巻き込まれるリスクが高まるのです。

また、審査なしのファクタリングサービスは、通常よりも高い手数料を請求するのが一般的です。

ファクタリング会社が負うリスクが高いため、そのリスクをカバーするため、利用者に高額な手数料を課すことになります。

結果として、利用者は不必要に高いコストを負担することになるでしょう。

さらに、ファクタリング会社が不正行為をしたり悪徳業者であったりする可能性もあります。

そのため、法的な問題を引き起こすリスクや、将来的な信用失墜につながる恐れもあるでしょう。

審査なしのファクタリングを利用する際には、これらのリスクを十分に理解し、慎重に検討するのが重要です。

さいごに|信用できるファクタリング会社から資金を調達しよう

ファクタリングを利用する際には、信用できるファクタリング会社を選ぶことが重要です。

信頼できる会社を選ぶことで不必要なリスクを避け、安心して資金調達をおこなえるでしょう。

信用できるファクタリング会社は下記を提供し、長期的なビジネス関係を築くことに重きを置いています。

  • 透明性の高い手数料体系
  • 明確な契約条件
  • 良好な顧客サービス

また適切な審査を通じて、健全な売掛債権のみを取り扱うことで、利用者のリスクも最小限に抑えてくれます。

ファクタリングの利用を検討する際は慎重に会社を選び、安全かつ効率的な資金調達をおこないましょう。

この記事の調査・編集者
アシロ編集部
本記事は法律相談ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。※法律相談ナビに掲載される記事は、必ずしも弁護士が執筆したものではありません。本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。