簡単に売掛金を現金化できるファクタリングとは?お得なサービスと注意点を解説

簡単に売掛金を現金化できるファクタリングとは?お得なサービスと注意点を解説
本コンテンツには、紹介している商品(商材)の広告(リンク)を含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。
目次
  1. ファクタリングとは?簡単にいうと売掛金の買取サービスのこと
  2. 「簡単」に利用できるファクタリングサービスの特徴4選
    1. 1.2社間ファクタリングである
    2. 2.完全オンライン型である
    3. 3.会員登録がいらない
    4. 4.必要書類が少ない
  3. 手続きが簡単で利用しやすいおすすめファクタリング会社8選
    1. 1.ビートレーディング|審査通過率が驚異の98%
    2. 2.QuQuMo(ククモ)|手数料が1%~と安価
    3. 3.アクセルファクター|30万円からの買取に対応
    4. 4.買速|最短30分のスピード入金が魅力
    5. 5.えんナビ|土日祝日の即日入金も可能
    6. 6.MSFJ|目的別のファクタリングが充実
    7. 7.LINK(リンク)|AIによる事前査定が可能
    8. 8.ペイトナーファクタリング|個人事業主の利用に積極的
  4. ファクタリングに申し込んでから入金されるまでの簡単な流れ
    1. 1.申し込み|問い合わせをして、必要書類を提出する
    2. 2.審査|提出書類の確認やヒアリングがおこなわれる
    3. 3.契約|ファクタリング契約書を作成する
    4. 4.入金|指定口座にお金が振り込まれる
  5. 簡単だけど後悔する可能性も!ファクタリングの4つの注意点
    1. 1.手数料が高額になることがある
    2. 2.契約は対面でおこなわれることがある
    3. 3.土日祝日の入金に対応していないことがある
    4. 4.必ずしもファクタリングの審査に通るわけではない
  6. さいごに|急な資金調達には簡単・便利なファクタリングがおすすめ

ファクタリングを利用するにあたり、手数料の安さや入金スピードの速さを重視してサービスを選ぶ方も多いでしょう。

しかし、どれだけ手数料が安くても、審査時の提出書類が多岐にわたったり、対面での面談が必要だったりと手間や時間がかかってしまうと、利用をためらう方も少なくないはずです。

本記事では、簡単な手続きで利用できるファクタリングサービスを紹介します。

即日入金への対応可否、審査通過率や必要書類の数を比較しながら、各サービスの特徴を詳しく解説します。

サービスの選び方や利用する際の注意点にも触れるため、ファクタリングサービスの利用を検討している方は参考にしてください。

ファクタリングとは?簡単にいうと売掛金の買取サービスのこと

ファクタリングとは、売掛金を売却して資金調達する方法です。

企業が保有する売掛債権をファクタリング会社に売却し、手数料を引いた現金を得られます。

ファクタリングを利用すれば、売掛金の支払い期日よりも早いタイミングで資金を調達できるため、資金繰りが改善したり取引先の倒産リスクからも解放されたりするなどのメリットがあるでしょう。

「簡単」に利用できるファクタリングサービスの特徴4選

簡単な手続きで、手軽に利用できるファクタリングサービスの特徴を4つ解説します。

1.2社間ファクタリングである

ファクタリングには、大きく分けて次の2つの方法があります。

  • 2社間ファクタリング
  • 3社間ファクタリング

ファクタリングで即日入金を希望する方は、3社間ではなく2社間ファクタリングの利用がおすすめです。

3社間ファクタリングは、利用者とファクタリング会社だけでなく売掛先も契約に関与するため、手続きが煩雑になりがちです。

一方、2社間ファクタリングは売掛先を通さないため、即日入金に対応しているケースも多く、3社間ファクタリングよりも圧倒的に早く売掛金を現金化できます。

2.完全オンライン型である

入金スピードの速さを求める場合は、オンライン完結型のファクタリングサービスを選びましょう。

申し込み手続きから審査、入金まで全ての手続きをオンラインで進められ、訪問や書類郵送などに時間をかける必要がなくなります。

対面での手続きや面談が不要なため、非対面の契約を希望する場合にもおすすめの方法です。

完全オンライン型のファクタリングサービスは、手続きにかかる時間を短縮できることから、即日入金に対応しているケースが多くあります。

3.会員登録がいらない

ファクタリングサービスのなかには、利用に際して会員登録が必要な場合があります。

会員登録を済ませることで、契約時に提出する書類の枚数を最低限にできたり、複数回利用する際の手続きが簡素化されたりするメリットがある一方で、会員登録に時間がかかる恐れもあるでしょう。

即日振込に対応しているサービスでも、登録に時間がかかると即日入金されないケースも考えられます。

簡単な手続きや即日現金化を希望する場合は、会員登録が必要でないファクタリングサービスの利用を検討してください。

4.必要書類が少ない

利用するファクタリングサービスによって、必要書類の内容が大きく異なります。

手続きをより簡単に済ませたい場合は、提出書類の少ないファクタリング業者を選びましょう

ファクタリングサービスで必要な書類は、主に次の3つです。

  • 請求書
  • 本人確認書類
  • 通帳の写し

ただし、請求書と通帳の写しのみで手続きできる業者もあります。

利用者の状況によって、そのほかにも必要な書類が求められるケースもあるため、どのような書類が必要かを事前に確認しておきましょう

手続きが簡単で利用しやすいおすすめファクタリング会社8選

ファクタリング初心者でも、シンプルな手続きで利用しやすいファクタリング会社を紹介します。

1.ビートレーディング|審査通過率が驚異の98%

営業時間平日9時30分〜18時00分
申し込み方法・契約方法オンライン・来社・訪問
ファクタリング方式2社間ファクタリング・3社間ファクタリング
会員登録の有無なし
必要書類の数2点
・売掛先からの入金が確認できる通帳のコピー
・売掛債権に関する資料(契約書・発注書・請求書など)
審査通過率98%
買取可能額要問い合わせ
手数料2社間ファクタリング:4~12%程度
3社間ファクタリング:2~9%程度

ビートレーディングは、通帳のコピーと売掛債権に関する資料のみで利用できるファクタリングサービスです。

請求書だけでなく、契約書や発注書でも対応してもらえます。

申し込みから最短2時間で契約が完了し、原則即日振込に対応しているのも大きな特徴です。

2.QuQuMo(ククモ)|手数料が1%~と安価

営業時間要問い合わせ
申し込み方法・契約方法オンライン
ファクタリング方式2社間ファクタリング
会員登録の有無なし
必要書類の数2点
・通帳
・請求書
審査通過率要問い合わせ
買取可能額上限なし
手数料1%〜

QuQuMo(ククモ)は、オンラインで手続きが完結するファクタリングサービスです。

提出する書類は通帳と請求書の2点のみであるため、面倒な書類準備の必要もありません。

2社間ファクタリングのため、売掛先にファクタリングの利用が知られるリスクも最小限に抑えられます。

少額から高額まで柔軟な買い取りに対応しているため、個人事業主やフリーランスの方でも利用しやすいサービスといえるでしょう。

3.アクセルファクター|30万円からの買取に対応

営業時間平日10時00分〜19時00分
申し込み方法・契約方法オンライン・対面
ファクタリング方式2社間ファクタリング・3社間ファクタリング
会員登録の有無なし
必要書類の数4点
・売掛金が確認できる書類(請求書など)
・入金が確認できる預金通帳
・直近の確定申告書(所得税または法人税)
・代表者の身分証明書
※状況により上記以外の書類が必要な場合あり
審査通過率93%
買取可能額最低買取額:30万円
最高買取額:上限金額なし
手数料2社間ファクタリング:3〜10%
3社間ファクタリング:1〜8%

アクセルファクターは、原則即日入金をモットーとするファクタリングサービスです。

柔軟な審査や対応によって、申し込みの半数以上が即日対応を実現しています。

アクセルファクターでは、従来の対面による手続きのほか、オンラインでの契約方法も選択可能です。

最低買取額は30万円、上限金額なしで利用できるなど、幅広いニーズに対応しています。

4.買速|最短30分のスピード入金が魅力

営業時間平日9時00分〜19時00分
申し込み方法・契約方法オンライン
ファクタリング方式2社間ファクタリング・3社間ファクタリング
会員登録の有無なし
必要書類の数3点
・通帳のコピー
・請求書
・身分証明書
審査通過率80%
買取可能額最低買取額:10万円
最高買取額:1億円
手数料1〜10%

買速は、スピード買取に特化したファクタリングサービスです。

最短30秒で売掛金の買取金額がわかるオンライン査定や乗り換えシミュレーターを利用できます。

法人向けだけでなく個人事業主向けにもファクタリングサービスを展開しており、赤字決算や税金滞納などの状況でも申し込み可能です。

創業から10年以上の豊富な実績があるため、数多い資金繰り改善の経験をもとに最適なファクタリングプランを提案してもらえるでしょう。

5.えんナビ|土日祝日の即日入金も可能

営業時間要問い合わせ
申し込み方法・契約方法メール・電話・対面
ファクタリング方式2社間ファクタリング・3社間ファクタリング
会員登録の有無なし
必要書類の数要問い合わせ
審査通過率要問い合わせ
買取可能額最低買取額:50万円
最高買取額:5,000万円
手数料要問い合わせ

えんナビは、24時間365日対応のファクタリングサービスです。

土日祝日も対応しており、最短即日で資金調達できます。

買取可能額は50万円から最高5,000万円までのため、法人から個人事業主の方まで幅広く利用できるのも特徴です。

6.MSFJ|目的別のファクタリングが充実

営業時間平日10時00分〜19時00分
申し込み方法・契約方法オンライン
ファクタリング方式2社間ファクタリング・3社間ファクタリング
会員登録の有無なし
必要書類の数4点
・身分証明書
・通帳のコピー
・請求書
・発注書
審査通過率法人・乗り換え:90%以上
個人事業主:93%
フリーランス:90.1%
買取可能額最低買取額:10万円
最高買取額:5,000万円
手数料1.8%〜

MSFJは、目的別のサービスが充実しているファクタリング会社です。

  • 法人専門ファクタリング
  • 乗り換え専門ファクタリング
  • 個人事業主専門ファクタリング
  • フリーランス専門ファクタリング

それぞれのサービスで90%以上の審査通過率を誇り、スピーディーな審査・契約を強みとしています。

業界最低水準の1.8%という手数料で利用できるのも大きなメリットです。

ほかのファクタリング会社から乗り換えを検討している方にもおすすめのサービスといえます。

7.LINK(リンク)|AIによる事前査定が可能

営業時間平日9時00分〜18時00分
申し込み方法・契約方法オンライン
ファクタリング方式2社間ファクタリング・3社間ファクタリング
会員登録の有無なし
必要書類の数5点
・買取対象の請求書
・身分証明書
・通帳全て・当座照合表
・決算書
・取引先との成因資料
審査通過率要問い合わせ
買取可能額最高買取額:1億円
手数料2〜14.9%

LINK(リンク)は、AIによる事前査定を利用できるファクタリングサービスです。

申し込みから契約まで全ての手続きをオンラインで完結でき、最短2時間で入金されます。

大口買取にも対応しており、最大1億円まで可能です。

他社から乗り換える際は、好条件を提示してもらえるため、気軽に相談してみましょう。

8.ペイトナーファクタリング|個人事業主の利用に積極的

営業時間平日10時00分~19時00分
申し込み方法・契約方法ホームページ
ファクタリング方式2社間ファクタリング
会員登録の有無あり
必要書類の数3点
・請求書
・本人確認書類
・入出金明細
審査通過率要問い合わせ
買取可能額初回申請可能枠:25万円
最大100万円まで
手数料10%

ペイトナーファクタリングは、個人事業主やフリーランス向けのファクタリングサービスです。

会員登録後、請求書のPDFファイルをアップロードするだけで申し込みが完了するため、手軽に利用できます。

申し込みから最短10分で入金が完了するのも大きなメリットです。

必要書類も最低限で簡単に手続きできるにもかかわらず、手数料は10%で固定なのも魅力といえます。

ファクタリングに申し込んでから入金されるまでの簡単な流れ

ファクタリングサービスに申し込みをしてから入金されるまでの大まかな流れを見ていきます。

ここで解説するのは、よりシンプルな手続きである2社間ファクタリングの例です。

1.申し込み|問い合わせをして、必要書類を提出する

利用予定のファクタリングサービスが決まったら、事前に問い合わせをしましょう。

自社の売掛債権が買取対象なのか、どの程度の手数料で買い取ってもらえるのかなどをチェックしてください。

そのほかにも、相談時の担当者の対応やサービス内容が自社にマッチしているか、契約時にどのような書類が必要なのかも併せて確認し、信頼できる業者であるかを見極めることが大切です。

自社に最適なファクタリングサービスを選びたい場合は、複数社に相談するのがおすすめです。

見積もりを依頼して、振り込みまでのスケジュールや手数料などを比較しながら利用する業者を決めましょう。

2.審査|提出書類の確認やヒアリングがおこなわれる

見積もりの内容に納得できたら、必要書類を提出し、ファクタリング業者からのヒアリングを受けます。

ヒアリング時に確認される内容は、次のとおりです。

  • 会社情報(会社規模、資本金、業種)
  • 希望金額
  • 売掛金額や取引先情報
  • 希望入金時期

ファクタリング業者や利用するファクタリング方式によっても異なるものの、仮審査や本審査が完了するまでに、即日から3営業日程度かかります。

3社間ファクタリングの場合は、3営業日から1週間程度時間がかかるケースがあることも覚えておきましょう。

3.契約|ファクタリング契約書を作成する

審査が完了し、契約内容や利用条件に納得したら、契約の締結をおこないます。

契約書は、審査が完了したタイミングで発行されるものです。

ファクタリング契約時は、次のポイントを確認しましょう。

  • 償還請求権の有無
  • 債権譲渡通知の有無
  • ファクタリングの手数料
  • 諸費用の妥当性
  • 担保取得の有無や内容
  • 損害賠償や違約金が発生する条件
  • ファクタリング契約が解除される条件
  • 契約期間の有無

契約締結後は、原則キャンセルできません

契約書に記載されている内容を全て確認し、疑問点や不安な部分がある場合は担当者に説明を求めましょう。

4.入金|指定口座にお金が振り込まれる

契約締結後、売掛金の額面から手数料を差し引いた金額が支払われます。

振り込まれた金額と契約書の内容に相違がないかを確認しましょう。

簡単だけど後悔する可能性も!ファクタリングの4つの注意点

ファクタリングは、金融機関からの融資よりも手軽に利用できる資金調達方法であるものの、利用する際にはいくつか注意点もあります。

後悔しないために知っておきたいファクタリングの注意点を4つ解説します。

1.手数料が高額になることがある

ファクタリングサービスを利用する際は、業者に対して手数料の支払いが必要です。

しかし、手数料はファクタリング会社ごとの独自の審査によって決まるため、実際に審査を受けてみないとどの程度の手数料がかかるかを把握できません。

一般的に、ファクタリングにかかる手数料は、次の4つのポイントを総合的に審査したうえで決まります。

  • ファクタリングの契約方式
  • 売掛金の金額
  • 売掛先から売掛金が支払われるまでの日数
  • 売掛先の信用力

なかでも売掛先の信用力は、ファクタリングの手数料を大きく左右する要素です。

会社規模や業種、これまでの取引実績などを踏まえて、売掛先の信用力が判断されます。

確実に売掛金を回収できそうだと業者に判断されれば、比較的安い手数料で利用できるでしょう。

ファクタリングにかかる手数料は、1〜20%が相場とされています。

あまりにも相場とかけ離れた手数料を提示するサービスは、悪徳業者が運営している恐れもあるため注意が必要です。

さらに手数料以外にも、登記費用や印紙税、出張費などが発生するケースもあります。

業者から発行された見積書に目を通し、最終的にかかるコストをあらかじめ確認してください。

2.契約は対面でおこなわれることがある

利用予定のサービスが完全オンライン型かどうかを事前に確認しておきましょう。

近年は、感染症対策として、オンラインで完結するファクタリングサービスが増えてきましたが、業者によっては契約時に対面での手続きを求めるケースも少なくありません。

完全オンラインで契約可能とうたっている業者でも、初回の契約時は対面での手続きが必要な場合もあります。

対面での手続きは手間と時間がかかるため、即日入金を希望する場合はあらかじめ契約方法についてチェックしてください。

3.土日祝日の入金に対応していないことがある

即日入金に対応するとアピールするファクタリング業者であっても、土日祝日の入金に対応していないケースも考えられます。

実際、土日祝日に入金対応する業者は非常に少ないのが現状です。

平日の営業時間内に限って入金対応している業者の場合、週末に依頼すると入金が週明けになるケースもあります。

週末や長期休み中に急遽現金が必要になった場合は、24時間365日対応しているファクタリングサービスを選択しましょう

4.必ずしもファクタリングの審査に通るわけではない

ファクタリングの平均的な審査通過率は70%程度といわれており、必ずしも審査を通過できるわけではありません。

ただし、公的機関や金融機関の借入の通過率は40〜50%とされており、ファクタリングのほうが圧倒的に審査を通過しやすいといえます。

ファクタリングサービスのなかには、審査通過率90%以上の水準を誇る業者も存在するため、確実に資金調達したい場合は通過率の高いサービスを選びましょう

さいごに|急な資金調達には簡単・便利なファクタリングがおすすめ

本記事では、簡単な手続きで申し込めるファクタリングサービスを解説しました。

急な資金調達が必要な場合は、手軽に手続きができる便利なファクタリングサービスの利用をおすすめします。

簡単な手続きで完結するファクタリングサービスの特徴は次の4つです。

  • 2社間ファクタリングである
  • 完全オンライン型である
  • 会員登録がいらない
  • 必要書類が少ない

本記事で紹介したおすすめの業者や利用時の注意点を参考にしながら、自社に最適なファクタリングサービスを見つけましょう。

この記事の調査・編集者
アシロ編集部
本記事は法律相談ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。※法律相談ナビに掲載される記事は、必ずしも弁護士が執筆したものではありません。本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。