売掛金を高く買い取ってもらうには?ファクタリングの種類と選び方

売掛金を高く買い取ってもらうには?ファクタリングの種類と選び方
本コンテンツには、紹介している商品(商材)の広告(リンク)を含みます。
ただし、当サイト内のランキングや商品(商材)の評価は、当社の調査やユーザーの口コミ収集等を考慮して作成しており、提携企業の商品(商材)を根拠なくPRするものではありません。

資金繰りに悩んでいる企業におすすめしたい資金調達方法のひとつが、売掛金買取サービス(ファクタリング)です。

売掛金買取サービスは迅速な資金調達が特徴であるため、緊急時の資金不足を脱する方法として有効です。

本記事では、売掛金買取サービスの基礎知識やおすすめの業者を紹介します。売掛金買取サービスについて知りたい方は、ぜひ参考にしてください。

売掛金買取サービスとは?ファクタリングの基礎知識

売掛金買取サービス(ファクタリング)は、企業が保有する売掛金を現金化するための手段です。

サービスを利用することで、企業は商品やサービスを提供したあとに発生する売掛金を支払い期日が来る前に受け取れます。

売掛金買取サービスは、主に下記の特徴を持っています。

  • 無担保・無保証人で利用可能
  • 銀行返済の支払い条件変更中でも利用可能
  • 赤字決算・債務超過でも利用可能
  • 創業まもない状態でも利用可能

売掛先に信用力があれば利用できるため、自社の状態に関係なく資金調達が可能です。

売掛金の買取サービスの利用がおすすめの方

売掛金買取サービスは、以下のような方におすすめです。

【売掛金買取サービスがおすすめの方】

  • キャッシュフローの改善を図りたい方
  • バランスシートのスリム化を実現したい方
  • 支払い義務を負いたくない方

【キャッシュフローの改善を図りたい方】

売掛金の買取サービスは、キャッシュフローの問題を抱えている企業に適しています。

支払い期日を待たずに売掛金を現金化することで、運転資金の短期的な調達が可能となり、キャッシュフローを効果的に改善できます。

【バランスシートのスリム化を実現したい方】

売掛金の買取サービスは、バランスシート上の負債を増やすことなく資金を調達できる方法です。

これにより、企業の財務健全性を保ちながら資金繰り改善を目指せます。

【支払い義務を負いたくない方】

売掛金の買取サービスは、従来の借入にともなう返済義務がないため、追加の負債負担を避けたい企業に向いています。

特にノンリコース型(償還請求権なし)の売掛金の買取サービスを利用すれば、売掛金の買い取り後に発生するリスクは買取業者が負うため、企業は財務上の安定性を保てます。

売掛金買取サービスは、これらのような特定の要件や目標を持つ企業にとって、効率的かつ効果的な資金調達手段となりえます。

売掛債権担保融資や売掛債権証券化との違い

売掛金買取サービスは、売掛債権担保融資や売掛債権証券化とは異なる資金調達手段です。

売掛債権担保融資は、売掛債権を担保として銀行などの金融機関から資金を借り入れる方法です。

この場合、売掛債権は融資の担保として機能し、返済ができないと売掛金を手放す必要があります

融資であるため返済の義務がある点が、売掛金買取サービスとの違いです。

売掛債権証券化は、売掛債権を証券化し、特別目的事業体に譲渡することで資金を調達する方法です。

売掛債権を譲渡する点から、売掛金買取サービスに比較的近い手法といえます。

売掛金買取サービスの仕組み|2社間と3社間の違い

ここでは、売掛金買取サービスの仕組みである2社間と3社間の違いについて解説します。

2社間の場合|自社とファクタリング会社だけで取り引きをおこなう

2社間ファクタリングでは、申し込み企業とファクタリング会社のみで取引が行われます。

この場合、ファクタリング会社は売掛金を直接申し込み企業から買い取ります。この際、取引先はファクタリングには直接関与しません

取引先にファクタリングをおこなっていることを知らせる必要がないため、関係性を損なう心配がない点が特徴です。

3社間の場合|自社、ファクタリング会社、取引先で取り引きをおこなう

3社間ファクタリングでは、申し込み企業、ファクタリング会社、取引先の3社が取引に関与します。この手法では、ファクタリング会社が取引先に直接売掛金の回収をおこないます。

2社間ファクタリングよりも手数料は低くなりますが、取引先の協力が必要な点に注意しましょう。

売掛金買取サービスを利用するメリット・デメリット

ここでは、売掛金買取サービスを利用するメリットとデメリットについて解説します。

メリット|売掛金を迅速に現金化できることなど

売掛金買取サービスを利用することには、いくつかのメリットがあります。具体的なメリットは、下記のとおりです。

【売掛金買取サービスのメリット】

  • 支払い期日より早いタイミングで現金化できる
  • 資金調達に取引先の信用力を活用できる
  • 自社の借入金に計上されない

【支払い期日より早いタイミングで現金化できる】

売掛金買取サービスの最大の利点は、支払い期日を待たずに売掛金を現金化できる点です。

これにより、資金繰りの改善や緊急時の資金調達が可能になります。

【資金調達に取引先の信用力を活用できる】

売掛金買取では、取引先の信用力が影響します。取引先が信用力の高い企業であれば、よりよい条件で資金を調達できる可能性があります。

【自社の借入金に計上されない】

ファクタリングは借入ではなく、売掛金の買い取りという形を取るため、バランスシート上の借入金として計上されません。これにより、財務健全性を保ちつつ資金を調達可能です。

売掛金買取サービスを利用する際には、得られるメリットについてあらかじめ確認をしておきましょう。

デメリット|手数料が高額になってしまうことなど

売掛金買取サービスを利用する際には、メリットだけではなくデメリットも考慮する必要があります。具体的なデメリットは、下記のとおりです。

【売掛金買取サービスのデメリット】

  • 手数料がかかる
  • 売掛債権以上の金額は現金化できない

【手数料がかかる】

売掛金買取サービスの主なデメリットのひとつは、手数料が発生することです。

そのため、現金として受け取る金額は、売掛債権の額面金額よりも低くなります。

【売掛債権以上の金額は現金化できない】

ファクタリングでは、売掛債権の金額以上の資金を調達することはできません

そのため、必要な資金が売掛債権の金額を超える場合、追加の資金調達方法を探す必要があります。

これらのデメリットを押さえたうえで、売掛金買取サービスを利用するかどうかを決めましょう。

初めてのファクタリングに!おすすめ売掛金買取サービス5選

ここでは、初めての方におすすめの売掛金買取サービスを5つ紹介します。

1.ビートレーディング

営業時間平日9時30分~18時00分
対象者法人、個人事業主
申し込み方式オンライン・電話・メール・LINE
入金スピード最短2時間
ファクタリング方式2社間方式・3社間方式
来店・面談の有無オンラインで完結可能
買取可能額無制限
手数料2社間方式:4~12%

3社間方式:2~9%

ビートレーディングは、取引実績5.2万社以上、累計買取額1,170億円以上の実績を持つ売掛金買取サービスです。

特に注目すべきは、利用に必要な書類が売掛金に関する資料と銀行口座のコピーのみであることです。

決算書や財務報告書が不要であるため、手軽に利用できる点が魅力といえるでしょう。

顧客サポートも充実しており、ファクタリングに関する疑問や問題に対してオンライン上での相談が可能です。

2.アクセルファクター

営業時間平日10時00分~19時00分
対象者法人、個人事業主
申し込み方式対面・郵送・オンライン
入金スピード最短即日
ファクタリング方式2社間方式・3社間方式
来店・面談の有無オンラインで完結可能
買取可能額30万円~無制限
手数料2%~10%

アクセルファクターは、スピーディーな審査と融資を得意とする業者です。

契約完了から融資実行までが迅速で、半数以上の顧客が即日での入金を実現しています。すぐに現金を手に入れられるため、資金繰りを改善する際に役立つでしょう。

さらに、アクセルファクターは融資の上限額を設けていないため、額面が大きい場合にも柔軟に対応可能です。多くの資金を必要とする場合にも安心して活用できます。

3.ベストファクター

営業時間平日10時00分~19時00分
対象者法人、個人事業主
申し込み方式電話・メール
入金スピード最短即日
ファクタリング方式2社間方式・3社間方式
来店・面談の有無有り
買取可能額30万円~1億円
手数料2%~

ベストファクターは、手数料2%という低価格が特徴の業者です。

そのため、なるべくコストを抑えてサービスを利用したい方におすすめできます。

審査も柔軟におこなわれており、平均買取率は92.2%にのぼっています。

買取率が高いため、他社から断られてしまった売掛債権にも対応してくれる可能性が高いでしょう。手数料も低いため、コスト面でも安心です。

4.ベストペイ

営業時間平日10時00分~19時00分
対象者法人、個人事業主
申し込み方式電話・メール・オンライン
入金スピード最短翌日
ファクタリング方式2社間方式・3社間方式
来店・面談の有無有り
買取可能額15万円~約3億円
手数料5%~

ベストペイは、利用者が取引債権を簡単かつ迅速にファクタリングできるサービスです。

3億円程度までの幅に対応しているため、高額の売掛債権を現金化したい際も安心して利用できるでしょう。

特筆すべきは、注文書の買い取りにも対応している点です。

注文書が発行された時点で利用できるため、よりスピーディーな資金調達を実現しています。

5.GMO BtoB早払い

営業時間平日9時00分~18時00分
対象者法人
申し込み方式電話・オンライン
入金スピード最短2営業日
ファクタリング方式2社間方式・3社間方式
来店・面談の有無有り
買取可能額100万円~1億円
手数料1%~

GMO BtoB早払いは、担当営業者が対面サポートを丁寧におこなってくれる業者です。

そのため、売掛金買取サービスの利用が初めてで勝手がわからない方でも安心して利用できるでしょう。対面だけではなく、オンラインでの対応もおこなっています。

また、請求書だけではなく注文書も資金化できる点も魅力です。早めに現金を手に入れたい方におすすめといえるでしょう。

売掛金買取サービスを上手に利用するための3つのコツ

ここでは、売掛金買取サービスを上手に利用するためのコツを3つ解説します。

1.条件に合うサービスを選ぼう

売掛金買取サービスを利用する際には、自社のニーズに最適なサービスを選択しましょう。

以下6つの要素を基準に選ぶことで、条件に合うサービスを選定できます。

【売掛金買取サービスを選ぶときのポイント】

  • 買取可能額で選ぶ
  • 手数料率で選ぶ
  • 入金スピードで選ぶ
  • 会社の信頼性で選ぶ
  • 償還請求権の有無で選ぶ
  • 債権譲渡登記の有無で選ぶ

【買取可能額で選ぶ】

企業の必要とする資金額を満たすかどうかは、サービス選択の基本です。買取可能額が高いサービスを選ぶことで、必要な資金を確実に調達できます。

【手数料率で選ぶ】

サービスのコストを考慮することも大切です。手数料率が低いサービスを選ぶことで、費用を節約し、より多くの資金を手元に残せます。

【入金スピードで選ぶ】

資金の緊急性に応じて、入金スピードが早いサービスを選択することが重要です。迅速な現金化が必要な場合は、特にこの点を考慮する必要があるでしょう。

【会社の信頼性で選ぶ】

サービス提供会社の信頼性と実績は、安心してサービスを利用するための重要な要素です。評判が良く、信頼できる業者を選ぶことで、リスクを避けられます。

【償還請求権の有無で選ぶ】

リコースファクタリング(償還請求権あり)とノンリコースファクタリング(償還請求権なし)を理解し、企業のリスク許容度に合わせて選択します。

リスクを負いたくない場合はノンリコースファクタリングを選びましょう

【債権譲渡登記の有無で選ぶ】

債権譲渡登記があるサービスを選ぶことで、取引の透明性が高まり、取引先に対しても安心感を与えることができます。

しかし、登記にはコストと時間がかかるため、これらの要素も考慮に入れる必要があります。

これらの要素を総合的に考慮し、最適な売掛金買取サービスを選択するよう意識しましょう。

2.審査に通りやすい債権で申し込もう

売掛金買取サービスの利用を考える際には、審査をスムーズに通過しやすい債権を選ぶことが重要です。以下の3つの点を考慮して、審査に通りやすい債権を選びましょう。

【売掛金買取サービスで審査に通りやすい債権の特徴】

  • 信用度が高い
  • 支払い期日までの期間が短い
  • 債権譲渡禁止特約がない

【信用度が高い債権】

信用度の高い取引先からの債権は、審査を通過しやすくなります。

取引先の財務状況が良好で、過去に支払いの遅延やデフォルトの履歴が少ない場合、その債権は信用度が高いとみなされます。

【支払い期日までの期間が短い債権】

支払い期日が近い債権は、リスクが低いと判断されやすいでしょう。審査では、支払い期日までの残り期間が短ければ短いほど、債権の価値が高いとみなされます。

【債権譲渡禁止特約がない債権】

債権譲渡禁止特約がない債権は、業者にとって好ましい債権です。

この特約がある場合、債権の譲渡が法的に制限されるため、審査において不利になることがあります。

これらの点を考慮して選んだ債権は、ファクタリング会社の審査をスムーズに通過しやすいため、迅速な資金調達につながります。

3.必要書類などは事前に用意しておこう

売掛金買取サービスの申し込みには、いくつかの書類が必要です。

以下の6つの書類を事前に用意しておくことで、手続きを迅速かつ円滑に進められます。

【売掛金買取サービスを利用する際の必要書類】

  • 履歴事項全部証明書
  • 印鑑証明書
  • 売買契約書・基本契約書など
  • 法人税確定申告書・決算報告書
  • 売掛金の入金日がわかる書類
  • 試算表

【履歴事項全部証明書】

会社の登記簿謄本にあたるこの書類は、会社の法的な状況を証明する重要な書類です。発行日から3ヵ月以内のものが必要です。

【印鑑証明書】

取引には、法人の印鑑証明書が求められます。こちらも、発行日から3ヵ月以内のものが必要です。

【売買契約書・基本契約書など】

売掛金が発生した取引の根拠となる契約書類がサービス利用のためには必要です。

【法人税確定申告書・決算報告書】

会社の財務状況と信用度を証明するために必要な書類です。

【売掛金の入金日がわかる書類】

売掛金の支払い期日や条件を証明する書類です。この書類によってファクタリング業者は売掛金の期限やリスクを評価します。

【試算表】

会社の最新の財務状態を示す試算表も、審査において重要な書類です。

特に資産・負債の状況や利益状態を正確に把握するために必要です。

これらの書類を事前に準備しておくことで、売掛金買取サービスの申し込みがスムーズに進み、迅速な資金調達が実現可能となります。

売掛金買取サービスを利用するときの注意点

ここからは、売掛金買取サービスを利用するときの注意点について解説します。

売掛債権によっては買い取ってもらえない

売掛金買取サービスは、企業のキャッシュフローを改善する有効な手段ですが、全ての売掛債権がこのサービスの対象となるわけではありません。売掛債権の買取可否は、債権の質によって決まります。

質の高い債権とは、支払いの確実性が高く、リスクが低いものを指します。これに対し、リスクが高い債権は買い取られる可能性が低くなるでしょう。

たとえば、支払い能力が疑われる取引先からの債権や、支払い期日が過度に長期にわたる債権が該当します。

また、下記の場合にも売掛債権は買い取ってもらえません。

  • ひとつの債権を複数のファクタリング会社に買い取らせる二重譲渡の疑いがある
  • 契約書に譲渡禁止特約が付いている
  • 売掛金の実態がない

売掛金買取サービスを利用する際には、債権の状態をあらかじめ確認しておきましょう。

手数料率が融資より割高になる場合がある

売掛金買取サービスを利用する際には、手数料率に注意が必要です。多くの場合、手数料率は、通常の銀行融資の利息率よりも高くなります。

これは、売掛金買取サービスが短期間で資金を提供する特殊なサービスであるためです。

売掛金買取の手数料率は、いくつかの要因によって変わります。特に、債権のリスクが高いと判断される場合、手数料率は高くなる傾向にあります。

企業が売掛金買取サービスを選択する際には、コスト面を慎重に考慮する必要があるでしょう。

特に、資金調達の緊急性が高くない場合や、ほかの資金調達手段が利用可能な場合には、その手段を選ぶのも選択肢のひとつです。

ファクタリングの種類を間違えないようにする

ファクタリングには、さまざまな種類があり、それぞれ異なる特徴と用途を持っています。

そのため、ファクタリングの種類を間違えないように気をつけましょう。以下、買取ファクタリング以外のファクタリングの種類を紹介します。

【保証ファクタリング】

保証ファクタリングは、一般的なファクタリングが金銭の支払いを目的とするのに対し、取引先の売掛債権に対する支払いをファクタリング会社が保証する仕組みです。

これは、取引先の支払い能力に不安がある場合や、契約先がひとつの企業に集中している際に特に有効です。

【一括ファクタリング】

一括ファクタリングは、売掛債権を金融機関が一括で買い取り、債権者に代金を直接振り込む方式です。

企業の信頼性が高くなければ利用できないことが多く、手数料は一般的なファクタリングよりも低めに設定されています。

【国際ファクタリング】

国際ファクタリングは、海外企業との輸出取引において利用されます。

国内ファクタリングに比べて料金は割高ですが、国際取引のリスクを管理するうえで有効な手段です。

【医療ファクタリング】

医療ファクタリングは、医療機関が社会保険や国民健康保険から受ける診療報酬債権を現金化する方法です。

診療報酬債権は通常、取引発生から2~3ヵ月後に支払われますが、医療ファクタリングを利用すると、このお金を即座に現金化できます。

これらのファクタリング形式は、企業のニーズや状況に合わせて選択することが重要です。それぞれのファクタリング形式を理解し、適切に活用しましょう。

悪徳業者の売掛金買取サービスは絶対に使わない

ファクタリング市場には多くの正規業者が存在しますが、残念ながら悪徳業者も存在しています。過度な手数料や不透明な契約条件などを設定する点が特徴です。

そのため、業者選びは慎重におこないましょう。あらかじめ全ての契約条件を明確に理解し、不明瞭な点や不公平な条項がないかの確認が重要です。

契約内容に疑問点がある場合は、契約前にファクタリング業者から納得のいく回答を得ておきましょう。

悪徳業者との取引は、企業の財務状況に重大なリスクをもたらすおそれがあります。

安全で信頼できるファクタリングサービスを利用するためにも、業者選びと契約内容の精査を丁寧に進めましょう。

さいごに|すぐに資金調達したいなら売掛金買取サービスを検討しよう

短期間での現金化が必要な場合には、売掛金買取サービスは非常に有効な選択肢です。このサービスを利用することで、企業は迅速に現金を手に入れられます。

特に、融資などほかの資金調達方法と比べて、迅速かつ売掛金の回収を待たずに資金を得られる点は大きなメリットといえるでしょう。

これにより、キャッシュフローの改善や緊急時の資金繰りなど、さまざまな財務的ニーズに対応可能です。

売掛金買取サービスは迅速な資金調達を求める企業にとって有効な手段です。

お困りの際には、ぜひ売掛金買取サービスの利用を検討ください。

この記事の調査・編集者
アシロ編集部
本記事は法律相談ナビを運営する株式会社アシロの編集部が企画・執筆を行いました。※法律相談ナビに掲載される記事は、必ずしも弁護士が執筆したものではありません。本記事の目的及び執筆体制についてはコラム記事ガイドラインをご覧ください。